ティガレックス 倒せない。 ボス攻略/ティガレックス

ティガレックス

ティガレックス 倒せない

スポンサードリンク ゲーム攻略めもタイトル• 596• 247• 179• 113• 180• 247• 231• 131• 121• 253• 399• 299•

次の

ティガレックス

ティガレックス 倒せない

今まで痕跡が発見されなかったモンスター。 原始的な風貌を色濃く残す飛竜。 強靭な脚力から繰り出される凄まじい突進と苛烈な咆哮が特徴。 【解説】 モンスターハンターシリーズでおなじみのモンスター。 フィールドを縦横無尽に移動して突進攻撃など激しい攻撃を繰り返す。 特に怒り状態になると行動が激しくなる。 【ティガレックスの特徴と攻略のポイント】 ・ 怒り状態になると皮膚に血がにじんで赤い状態になる。 攻撃が激しくなるが肉質は変化して爪などの特定の部位に対してダメージを与えやすくなる。 ・ 疲労状態になると突進後に倒れ込むようになり、攻撃する隙ができる。 ・ 攻撃が激しいので、罠や閃光玉を使って動きを止めるのが有効。 ・ 雪エリアでの戦闘時は、飛ばしてくる岩が雪玉になり、雪玉に当たると氷属性やられになる。 氷属性やられになると一定時間スタミナ消費量が上昇するため、ウチケシの実や、氷属性耐性を上げたり耐寒の装衣で対策するのも有効。 【縄張り争い】 ・ オドガロンと同じエリアに入ると縄張り争いを開始する。 お互いに大ダメージを与え合う。 ティガレックスの攻撃パターン 攻撃方法 詳細 噛みつき攻撃 目の前を噛み付いて攻撃する。 回転攻撃 力を溜めるような動作の後、回転して周囲を攻撃する。 力を溜めるような動作が見えたらすぐに離れるかガードで対処したい。 連続突進攻撃 連続で突進して攻撃する。 突進した後にUターンして複数回突進を繰り返す。 岩飛ばし攻撃 腕で岩を飛ばして前方の中距離を攻撃する。 雪のフィールドでは飛ばすのが氷の玉に変化し、当たると氷属性やられになるので注意が必要。 氷属性やられになるとアクションでのスタミナの消費量が増大する。 打ち消しの実か時間経過で回復できる。 飛びかかり攻撃 ジャンプして飛びかかって攻撃する。 防具・スキルデータ• アイテムデータ• クエストデータ• 武器データと操作• 人気装備・スキルランキング• アイスボーン情報• 冒険の拠点アステラ• 新要素• 狩りの基礎知識• コラム• 基本情報• モンスターデータ• モンハンワールド関連リンク集• 当サイトについて•

次の

【MHWアイスボーン】 ティガレックス亜種の倒し方、対策装備公開:水属性ランス編 #14 【攻略・プレイ日記】

ティガレックス 倒せない

用意したい道具• アステラジャーキー• 回避の装衣 ナルガクルガは尻尾に棘を持っていてその棘を飛ばしてくる攻撃があります。 その棘に当たると「 裂傷状態」になってしまい動きを制限されてしまいます。 裂傷状態とは?( 回避やダッシュなどの大きなアクションを起こすと追加ダメージを受ける) 裂傷状態は肉類などの一部のアイテムを使うと回復することができます。 その中でも「 アステラジャーキー」は使用時間が短く自然回復力も高めてくれるのでおすすめです。 ナルガクルガの攻撃は直線的なものが多く回避がしやすい部類のモンスターになります。 なので「 回避の装衣」との相性が良いのでおすすめです。 参考までに「回避の装衣」の効果は回避行動中の無敵時間が長くなりモンスターの攻撃を直前で回避すると一時的に攻撃力が上がります。 立ち回り方 ナルガクルガを正面から見たときに右側で戦うようにしましょう。 ナルガクルガの攻撃の一つに薙ぎ払いがあり左回転に攻撃してくるので右側にいればナルガクルガの動きと合わせて回転するだけで避けることができます。 あとは尻尾たたきつけがあるのですが直線に攻撃してくるので左右に回避すれば避けることができそこまで難しくありません。 尻尾たたきつけの後は隙が大きいのでそこを狙いにいきましょう。 無理に追いかけても攻撃が当たらないので確実に隙を突いていくようにしましょう。 ただ尻尾たたきつけは2連続でやってくる時があるのですこし間をおいてから攻撃をするようにしましょう。 おすすめ武器 個人的におすすめな武器は「 太刀」と「 弓」です。 ナルガクルガは「太刀」の練習に最適とも言われるほどでもし太刀を使ってみたいと思っている方がいたらナルガクルガは練習におすすめなモンスターです。 理由としては直線的な攻撃が多く予備動作が大きいので「 見切り」をしやすく慣れてしまえばほとんどダメージを受けずに勝つこともできるほどです。 「弓」はある程度距離を取って戦うことができるので動きが速いナルガクルガも視界にとらえやすく攻撃を当てやすいです。 それにCS(チャージステップ)で避けつつ攻撃を当てることができます。

次の