気管支 炎 市販 薬。 【咳や痰を改善】気管支炎の市販薬を選ぶ8つのポイント。子ども用は?

気管支炎の治し方で市販薬や漢方薬は有効?自力で即効効くツボ押しも紹介!

気管支 炎 市販 薬

メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 3位 胃腸薬・散剤 7,776円 効果・効能 胃酸過多症,急性・慢性胃カタル,感冒,気管支炎 メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 4位 胃腸薬・散剤 35,424円 効果・効能 胃酸過多症,急性・慢性胃カタル,感冒,気管支炎 メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 5位 風邪薬・顆粒 561円 効果・効能 『カンポアズマ』は,漢方処方である「神秘湯」と「半夏厚朴湯」の配合生薬を合わせたものから抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。 <こんな症状に効果があります>・のどに違和感があり,いらいらしてせき込む。 ・たんはあまりでないが,せきが多くでる。 メーカー ツムラ 分類 指定第2類医薬品 6位 風邪薬・顆粒 581円 効果・効能 『ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒』は,漢方処方である「麻黄湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。 <こんな症状に効果があります>・さむけや発熱があり,からだのふしぶしの痛む,かぜのひきはじめや鼻かぜ。 メーカー ツムラ 分類 第2類医薬品 7位 風邪薬・液剤 611円 効果・効能 体力充実して,かぜのひきはじめで,寒気がして発熱,頭痛があり,せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:感冒,鼻かぜ,気管支炎,鼻づまり メーカー 興和新薬 分類 第2類医薬品 8位 風邪薬・液剤 620円 効果・効能 麻黄湯は,漢方薬の原典である「傷寒論」に収載されている漢方薬です。 (眠くなる洋薬成分が入っていません) メーカー 第一三共ヘルスケア 分類 第2類医薬品 9位 風邪薬・顆粒 764円 効果・効能 コルゲンコーワ顆粒かぜ薬は,漢方処方である「麻黄湯」を満量*配合した顆粒剤です。 「麻黄湯」は古くよりかぜのひきはじめの「寒け」,「発熱」,「ふしぶしの痛み」等に用いられており,これらの症状にすぐれた効果を発揮することが知られています。 かぜのひきはじめに「寒けがする」,「熱がある」等の症状がみられるときは,お早めにコルゲンコーワ顆粒かぜ薬の服用をおすすめします。 なお,コルゲンコーワ顆粒かぜ薬は,眠くなる成分を含んでいません。 また,朝と夕の1日2回だけの服用で効くようになっていますので,飲み忘れが少なく,昼間忙しい方にも服用しやすくなっています。 *出典に記載されている全ての生薬の一日最大配合量を配合しています。 メーカー 興和新薬 分類 第2類医薬品 10位 風邪薬・シロップ 1,039円 効果・効能 せきやたんは,かぜや気管支炎などの時に起こる典型的な症状ですが,激しいせきが続くと,のどや気管支の粘膜を痛めるだけでなく,体力の消耗を招いたり,睡眠や安静がさまたげられたりして,病気自体の回復を遅らせたり,二次感染をひき起こす恐れもありますので,早めに治療することが大切です。 ジスコールせきどめシロップは,激しいせきをしずめるとともに,のどにからんだしつこいたんの粘りを下げてとりやすくするセネガエキスや,アレルギー性のせきに効果的なオウゴンエキスも配合し,せきやたんに優れた効果をあらわす,飲みやすいシロップ剤です。 メーカー カシマ薬品商事 分類 指定第2類医薬品 11位 風邪薬・錠剤 1,428円 効果・効能 せきやたんは,かぜや気管支炎などの時に起こる典型的な症状ですが,激しいせきが続くと,のどや気管支の粘膜を痛めるだけでなく,体力の消耗を招いたり,睡眠や安静が妨げられたりして,病気自体の回復を遅らせたり,二次感染を引き起こす恐れもありますので,早めに治療することが大切です。 ジスコールせきどめ錠Sは,激しいせきをしずめるとともに,のどにからんだしつこいたんの粘りを下げてとりやすくするトコン末や,炎症を起こしているのどや気管支粘膜を保護し,たんを出しやすくするカンゾウ末などを配合し,せきやたんに優れた効果をあらわします。 メーカー カシマ薬品商事 分類 指定第2類医薬品 12位 風邪薬・散剤 1,639円 効果・効能 ・三和生薬ぜんそく散は喘息の苦しい発作をしずめ,痰の切れをよくし,咳をおさえ,苦しい咳をやわらげます。 メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 17位 風邪薬・散剤 22,356円 効果・効能 体力衰え,貧血気味,冷え症の人の慢性気管支炎,気管支ぜんそく,肺気腫 メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 18位 風邪薬・散剤 22,356円 効果・効能 神経痛,風邪,気管支カタル メーカー 剤盛堂薬品 分類 指定第2類医薬品 19位 鼻炎薬・顆粒 638円 効果・効能 『ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒』は,漢方処方である「小青竜湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。 <こんな症状に効果があります>・花粉症,鼻炎等で鼻水がとまらない。 ・うすい水の様な痰を伴った咳や鼻水がでる。 メーカー 本草製薬 分類 第2類医薬品 22位 鼻炎薬・顆粒 1,230円 効果・効能 『ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒』は,漢方処方である「小青竜湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。 <こんな症状に効果があります>・花粉症,鼻炎等で鼻水がとまらない。 ・うすい水の様な痰を伴った咳や鼻水がでる。 メーカー 山本漢方製薬 分類 第2類医薬品 26位 漢方薬・顆粒 682円 効果・効能 「小青竜湯」は,漢方の成書といわれる中国の医書「傷寒論 しょうかんろん 」,「金匱要略 きんきようりゃく 」に収載されている漢方薬です。 アレルギー性鼻炎,感冒,花粉症などで鼻水が多量に出て止まりにくい鼻炎,水っぽい痰を伴った咳や気管支ぜんそくなどの病気は,漢方では水毒 体内の水分代謝が悪い が原因と言われています。 『阪本漢法の小青竜湯エキス顆粒』は,からだを温め体内の水毒をとることによって鼻水,鼻炎,うすい水様の痰を伴う咳に効果があります。 生薬を抽出したエキスを最大量配合しておりますので,効果の手ごたえを感じていただけます。 飲みやすく服用量を調節しやすい顆粒ですので,1歳の子供から大人まで幅広く服用できます。 眠くなる成分は入っておりませんので,仕事や車の運転にも支障はありません。 メーカー クラシエ 分類 第2類医薬品 28位 漢方薬・ 718円 効果・効能 体力中等度又はやや虚弱で,うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎,気管支ぜんそく,鼻炎,アレルギー性鼻炎,むくみ,感冒,花粉症 メーカー ツムラ 分類 第2類医薬品 29位 漢方薬・顆粒 726円 効果・効能 麻杏甘石湯 マキョウカンセキトウ は,漢方の古典「傷寒論」に収載されているせき,ぜんそくの代表処方です。 本処方は麻黄 マオウ ,杏仁 キョウニン ,甘草 カンゾウ ,石膏 セッコウ からなり,麻黄はせきを鎮め,杏仁は痰をとり,石膏は熱をさまします。 麻黄,杏仁,石膏が協力して,熱を冷まし,血行を盛んにしてのどのとおりをよくしてせきをしずめます。 [麻杏甘石湯エキス顆粒「トーア」はこんなときに]せきが強く出て,口がかわき,自然に汗が出て熱感を伴うようなときせき,気管支ぜんそくでたんが切れにくいとき小児ぜんそく,気管支ぜんそくにも用いられます。 メーカー クラシエ 分類 第2類医薬品 32位 漢方薬・細粒 820円 効果・効能 本方は,『傷寒論』に収載されている漢方薬で,甘味があってのみやすいので,ぜんそくの小児に用いるのに都合のよい薬です。 メーカー 松浦薬業 分類 第2類医薬品 33位 漢方薬・細粒 820円 効果・効能 本方は,傷寒論の代表的な発汗剤で,平素丈夫で頑健な体質の人の感冒に適した漢方処方ですが,小児は新陳代謝が盛んで陽気が強いので,この証のものが意外に多いものです。 メーカー 松浦薬業 分類 第2類医薬品 34位 漢方薬・顆粒 848円 効果・効能 麦門冬湯エキス顆粒KM(分包)は,古くから中国に伝わる漢方処方「麦門冬湯」を飲みやすくしたエキス顆粒剤です。 たんが切れにくく,ときに強くせきこむような,からぜき,気管支炎などによく効きます。 メーカー クラシエ 分類 第2類医薬品 39位 漢方薬・顆粒・粉末 935円 効果・効能 麻杏甘石湯は比較的体力があり,せきが出て,ときにのどが渇く方の感冒,ぜんそく,痔の痛みなどを改善します。 胸部の熱を除き,炎症を鎮める働きがあります。 本剤は漢方処方である麻杏甘石湯の生薬を抽出し,乾燥エキスとした後,服用しやすい顆粒剤としました。 メーカー ジェーピーエス製薬 分類 第2類医薬品 40位 漢方薬・細粒 945円 効果・効能 本方は,下から突き上げてくるようなたんの切れにくい咳,のどのカサカサするような状態に効を奏します。 これは処方中の麦門冬や粳米の滋潤作用によるもので,のどに湿りを与えて咳を止めます。 メーカー 松浦薬業 分類 第2類医薬品 41位 漢方薬・細粒 957円 効果・効能 本方は,平素から心下に停水のある人で,感冒やその他の熱病にかかったその刺激で喘鳴を発するものに有効です。 涙や鼻水等の多い人が本方の適応症と言えます。 メーカー 松浦薬業 分類 第2類医薬品 42位 漢方薬・液剤 1,001円 効果・効能 体力中等度以下で,たんが切れにくく,ときに強くせきこみ,又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症:からぜき,気管支炎,気管支ぜんそく,咽頭炎,しわがれ声 メーカー ジェーピーエス製薬 分類 第2類医薬品 43位 漢方薬・細粒 1,055円 効果・効能 本方は,咽喉・食道部の異物感,動悸,めまい等の症状を伴うぜんそくや気管支炎などに用いられる処方です。 発作が起きないかと気にするようなタイプで精神的に不安症状がある場合に用いられます。 メーカー 松浦薬業 分類 第2類医薬品 44位 漢方薬・細粒 1,080円 効果・効能 本方は「金匱要略」に収載されている処方で,胃腸が弱り,冷え症で薄い水様のたんが多い人の気管支炎や気管支喘息に奏効します。 5才から服用できます メーカー ロート製薬 分類 第2類医薬品 48位 漢方薬・顆粒 1,180円 効果・効能 「麦門冬湯」は,漢方の原典といわれる中国の医書「金匱要略」に収載されている漢方薬です。 体力が中等度以下で,たんが切れにくく,ときに強くせきこみ,又は咽頭の乾燥感がある場合の「からぜき」,「気管支炎」,「気管支ぜんそく」,「咽頭炎」,「しわがれ声」に用いられます。 本剤は,「麦門冬湯」の最大分量の生薬より抽出したエキスを配合した満量処方で,飲みやすく服用量を調節しやすい顆粒です。 眠くなる成分は入っておりませんので,仕事や車の運転などにも支障がありません。 メーカー 阪本漢法製薬 分類 第2類医薬品 49位 漢方薬・顆粒・粉末 1,230円 効果・効能 麻黄湯は体力があり,さむけがして身体のふしぶしが痛く,汗が出ていない方のかぜのひきはじめ,鼻づまり,気管支炎などを改善します。 体を温め,比較的強く発汗を促す働きがあります。 本剤は漢方処方である麻黄湯の生薬を抽出し,乾燥エキスとした後,服用しやすい顆粒剤としました。 メーカー ジェーピーエス製薬 分類 第2類医薬品 50位 漢方薬・顆粒 1,250円 効果・効能 小青竜湯は比較的体力がなく,うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出る方の花粉症,鼻炎,気管支ぜんそく,かぜなどを改善します。 水分の代謝を調整し,アレルギーを抑える働きがあります。 本剤は漢方処方である小青竜湯の生薬を抽出し,乾燥エキスとした後,服用しやすい顆粒剤としました。 メーカー ジェーピーエス製薬 分類 第2類医薬品.

次の

気管支喘息をおさえる市販薬12選!市販薬に効果はある?

気管支 炎 市販 薬

気管支炎の分類と特徴 気管支炎は気管支が炎症を起こし、咳や痰が長く続く状態を指します。 気管支炎は症状が1週間~3か月程度で治まる急性気管支炎と、3か月以上続く慢性気管支炎とに分けられます。 慢性気管支炎の場合は通常、吸入薬などの処方箋医薬品による治療が必要となります。 このため、症状が3か月以上続いているというお客様には医療機関の受診をご案内してあげましょう。 一方、急性気管支炎はウイルスや細菌などによって引き起こされますが、重症例でなければ自然に治癒することも多いため、市販薬で咳や痰の症状を抑えながらようすを見るという対処も可能です。 OTC薬をお勧めするのは急性気管支炎のお客様が対象となります。 急性気管支炎にお勧めの市販薬は? 急性気管支炎は、免疫力によって自然治癒させることを基本としますが、つらい咳や痰の症状を抑えるためには市販薬が有効となることもあります。 症状がひどく日常生活に支障をきたすというお客様には以下のようなお薬をお勧めしてあげると良いでしょう。 【第2類医薬品】「クラシエ」漢方麦門冬湯エキス顆粒SII 気管支炎に適用のある漢方薬です。 原則として1歳以上から服用することができ、眠気などの副作用もありません。 甘草(カンゾウ)を含んでいるので、他の甘草含有製剤との併用には注意が必要です。 痰が切れにくく喉に絡むような症状に良く効きます。 【指定第2類医薬品】『パブロンSせき止め 24カプセル』大正製薬 痰を出しやすくするブロムヘキシン塩酸塩、咳を止めるジヒドロコデインリン酸塩とノスカピン、気管支を広げて呼吸を楽にするメチルエフェドリン塩酸塩などの成分を含んでおり、気管支炎の辛い症状に良く効きます。 咳止めの効果は強めですが、眠気を催す可能性がある点には注意が必要です。 また、ジヒドロコデインやメチルエフェドリン塩酸塩などは服用禁忌の疾患もあるので注意してください。 【第2類医薬品】『アネトンせき止め液』タケダ 液体タイプの咳止めで即効性が期待できます。 直ちに症状を鎮めたい方や、会議前などここ一番という時に咳を止めたいお客様に向いています。 ジヒドロコデインリン酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩に加えて、アレルギーを原因とする咳を鎮めるクロルフェニラミンマレイン酸塩などが配合されています。 ただし、眠気を催したり、服用禁忌の疾患があることには注意が必要になります。 急性気管支炎薬の服用に注意が必要になる方 急性気管支炎の薬のうち、以下の成分については服用に際してやや注意が必要になります。 禁忌疾患や副作用のリスクには十分に気を付けてお客様に適切なご案内をしてあげるようにしましょう。 ・コデインリン酸塩水和物(リン酸コデイン) 便秘のあるお客様は症状が悪化する可能性があるため、服用を避ける方が良いでしょう。 これらの疾患のあるお客様には服用前に主治医の先生と相談することをお勧めしましょう。 ・クロルフェニラミンマレイン酸塩 クロルフェニラミンマレイン酸塩などの第一世代の抗ヒスタミン成分は、緑内障や排尿障害(前立腺肥大)のある方には禁忌となっています。 特に高齢のお客様にはこうした疾患のある方が多いので注意が必要です。 最近の投稿• アーカイブ• 3 フォローはこちら•

次の

「気管支炎」に効く市販薬 おすすめランキング|胃腸薬

気管支 炎 市販 薬

気管支炎って放置していいの?薬飲まなくても治るのでは? 気管支炎は風邪をこじらせて発症することが多く、治療方法は自然治癒となるケースも確かにあります。 これだけ聞くと「放置でいいよね?」って思ってしまうかもしれませんが、はっきり言って放置はやめた方が良く、悪化する危険性があります。 だからと言って安易に市販薬に頼るのも悪化の危険性があるためあまりお勧めできません。 そして、悪化した場合、肺炎になることがあり入院するケースも多々あるのですが、ここで勘違いしてほしくないところは気管支炎と肺炎は別物であるということです。 別物であるとなんで記載したかというと、別物であるため併発することがあり、併発した場合は非常に症状が重くなって体力のない子供や高齢者の場合はかなり危険な状態になってしまうのです。 もう一つの危険性として、放置するということはマスク等の対処もしないということになり、周りの人にうつして歩いているからです。 もし気管支炎の原因がアレルギーなどのウイルスや細菌以外のものである場合、うつることはありませんが、風邪からくる気管支炎の場合はたいていウイルスや細菌が原因であるため、周りの人にうつる危険性があります。 「あいつ風邪なのにマスクしないでうつして歩いた!」なんて噂が学校や職場で広がってしまったら、もう大変、気管支炎どころの話ではなくなってしまいますよね。 確かに、一般的な市販薬の咳止めなどを飲めば効果は出るでしょうが、その場合気管支の中にある痰が出にくくなって逆効果になり、今度は痰を溶かす去痰薬が必要になってしまいます。 したがって、素人の判断で市販薬を飲むと、このように症状が悪化してしまうので、病院に行って必要な薬を処方してもらい、必ず放置しないで、処方された薬をきちんと飲みきるようにしましょう。 つまり、大切なことは市販薬にはあまり頼らないで医師に処方された薬を飲むことです! 放置はしないけど、病院には行きたくない!という方の対処法 基本的に風邪によって併発する気管支炎の症状にはどのようなものがあるのかというと、疲労感・のどの痛み・熱・食欲不振・鼻水などがあります。 つまり、これらの症状に対する効果的な対症療法を行うようにすればいいということです。 5~38. 5度の間になり、耐えられないものではありませんが、それによる寝苦しさや食欲不振に悩まされるケースがあります。 しかし、その場合でも必ず水分不足にはならないように、水分の補充は必ず行うようにしましょう。 ただ、これは痰を出しやすくもなるため非常に効果的ですが、子供の場合には量が多いと吐いてしまう危険性があるため、必ず少しずつこまめに飲ませるようにしてください。 また、熱がでると、汗を大量にかくためこまめに身体を拭いて着替えを行い、体を冷やさないようにすることも大切です。 ちなみに、食欲不振がひどい場合には、一度に食べる量を減らして食事の回数を増やしてあげることで、十分な栄養を確保するようにしましょう。 そこで、まず初めに行ったほうがいいのは、熱の項目でも説明した水分補給になります。 これは痰を積極的に排出する効果が期待できて気道の清潔さを保てるようになるので、非常に効果的です。 次に、部屋の環境を改善した方が良いのですが、乾燥が大敵になるため加湿器を使って適度な湿度を保つようにしてください。 また、喉の痛みにより食事がツライときは熱の項目でも説明したとおり、食事の量を減らして回数を分けることも考慮する必要があります。 スポンサーリンク 正しい対処をするためにも気管支炎の種類を知っておこう! 気管支炎には急性気管支炎と慢性気管支炎があります。 急性気管支炎はその名前の通り急に症状が出る気管支炎で、慢性気管支炎は数カ月から長い場合には数年もの期間で慢性的に症状が出る気管支炎のことです。 そして、急性気管支炎の症状は発熱・咳・痰・疲労感・悪寒が主だったものなのですが、原因は細菌やウイルスが気管支の粘膜に感染することです。 一方、慢性気管支炎の症状は呼吸困難や慢性的な咳・痰などで、原因は長期の喫煙や大気汚染または家庭や職場における刺激物質の吸入です。 このように症状も微妙に異なる2つの気管支炎ですが、対処方法も異なっており急性気管支炎は対症療法が基本で、眠れないほどつらい咳にはせき止め薬を、痰がよくでるなら去痰剤を用います。 一方、慢性気管支炎への対処方法は気道をきれいにすることが中心で、喫煙から始まって去痰薬や気管支拡張薬を用いた治療を行うことになります。 しかし、違いはあれども2つとも放置は厳禁で、早めに治療を始めないと他の病気を併発してしまい症状が悪化する危険性が高まってしまうため、必ず適切な対応をとり、可能なら病院に行って適切な治療を受けて正しい薬を処方してもらうようにしましょうね。 また、気管支炎の時に安易に市販薬で対処すると、悪化することがありますので、できるだけ病院を受診して適切な薬を処方してもらうべきということでしたね。 風邪の症状に似ていて油断しがちですが、たかが気管支炎と軽視しないで、肺炎などを合併させないように早めの対処を心がけるようにしていきましょう! スポンサーリンク.

次の