トイレ 底。 トイレ底の汚れは必ず落ちる!実際にやってみて得た要点とコツ。

トイレタンクの仕組み・構造・中身と交換費用や部品代について

トイレ 底

アキママです^^いつもご訪問してくださり 本当にありがとうございます! 大雪警報が出ていたとき、用を足せないなぁ〜 と心配で、テレビで言ってた水道管に タオルを巻くというのを真似て 無事、水道が凍らなかったのでホッとしました^^ トイレと言えば便器、便器と言えば汚れ 便器の底に茶色の汚れがついてしまい なかなか取れなくて 割り箸やドライバーなどの道具でこすってはいませんか? 今、このサイトに来てくださっているのは? 主婦の方で、トイレ掃除もやってるはずなのに 便器の底に茶色い汚れがついてしまい 取れないのではないでしょうか? なんで、便器の底に汚れがつくの? って思ってしまいますが この便器の底につく茶色い汚れについて 今回はお話ししたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします^^ 管理人は掃除屋の嫁で、お掃除の現場にも行きます。 年間に2〜300器ほどの便器の掃除をし思うのですが、 便器の底の茶色汚れも見た目よりも 簡単に落ちるものと落ちないものがあるなと思います。 身近でよく聞く話や、ネットで調べていると 便器の茶色い汚れは落ちるよ!という方と 落ちない!という方がいらっしゃるようです。 その違いは 放置期間と水を流す回数が少ないからかな? と経験上思います。 管理人が掃除屋の現場で 実際に便器の底の茶色い汚れを 見てきて思うのが、ほんとに濃い茶色の汚れでも、 ちょっとこすっただけで取れたり 尿石専用の業務用洗剤を 塗ってこすってと繰り返しても取れない汚れがあります。 疑問に思うのが、便器の底についてしまう茶色い汚れって どうして付くの!?って思いますよね? 尿は、だいたいが黄色いもので なんで、茶色の汚れ?になるのってね^^; そこで、管理人自信もちょっと調べてみたのですが トイレの便器は、人の排泄物を処理するところですが そんな便器の中って、やっぱりばい菌がいるらしいです。 そのばい菌たちは、私たちが排泄する尿を分解して アンモニアを作り出すそうです。 よく言う、トイレが臭い!あるいはアンモニア臭い! って、よく言いますよね?その臭いの原因の1つ。 その臭いを作るだけではなく、アンモニアは便器の中を アルカリ性にしてしまい そして、アルカリ性になった便器には尿に含まれている カルシウムなどがくっつきやすい状態になってしまい 少しずつ積み重なっていき、あのカチカチの尿石になります。 あ、白いカチカチした尿石のようなものも便器に ついていることがあると思いますが 管理人は、あの白いカチカチしたものは 水道水に含まれるカルシウムだと思います。 白いカチカチしたものは、主に便器の水が出る部分から 排水部分にかけて筋状についている場合が多いので 水道水に含まれるカルシウムもつきやすい 状態になっているのだと。 で、この厄介な茶色な尿石を落すためには 酸性の洗剤を使いますが、アルカリ性の汚れというと 尿石や黄ばみ、手垢などです。 逆に、酸性の汚れを落すには アルカリ性の洗剤を使います。 酸性の汚れというと、アンモニア臭と 簡単に言えばばい菌ですね。 これが、トイレには2つの汚れがあると言われる。 はじめに、この茶色の汚れは 落ちやすいものと落ちにくいものがあると 管理人の経験上、そう思ったのは まず、水を流す回数が少ないかなと感じています。 ひとり暮らしだったり、家族は少なく昼間は仕事でいない なので、ほとんどトイレは使わないからキレイなはず・・ そう思うかもしれませんが、使わないトイレほど 尿石や黒ずみ、いわゆる水位の部分につく 「わっか」がつきやすいです。 トイレは、やっぱりキレイにしていても 人の排泄物を流すところなので ばい菌は少なからずとも潜んでいます。 なのではじめにお話した通りばい菌が尿を分解して アンモニアを作り出し尿石を付きやすくする。 用を足して、水を流したとしても 次にトイレに行くまでの時間があけば 残った尿が乾き、カルシウムだけを更に残しやすくする。 少しずつ残ってきた尿石の部分は 水を流しても流しきれず ドンドン積み重なってくるものです>< また、便器をこする回数が少ないと ドンドン固くなってしまいます。 特に、水底に溜まっている茶色い尿石は 上に積み重なってくるので ほんと、石のようにカッチカチになっています(汗) ここまでくると、管理人は業務用の強力な 洗剤で浸け置き、ヘラや耐水ペーパーで 何度もやりますがビクともしない場合もあります。 お客様にはきちんと説明をし、作業を終わらせます。 滅多にないですけど いやいや、面倒じゃないんですよ^^; 酸性の洗剤は、塩酸のようなものなので 使いすぎると素材を痛めますし 無理に尿石を取ろうとすると 便器を割ったりする可能性もあるからです。 あと、茶色い尿石とは言えど、盛り上がった尿石ではなく 水底一面についた尿石は、わりと落としやすいです。 一般家庭で使う酸性洗剤と言えば サンポールが有名でロングセラー商品ですが このサンポールがご家庭で使うには 一番、取りやすいと思います。 酸は、固い石でも溶かしますが それは塩酸などの強いもので サンポールは、弱めの酸で尿石くらいは十分解かせます。 サンポールを使うときのポイントとしては 水が溜まる部分は、そのままサンポールをかけても 水で薄まってしまうので 灯油を入れるポンプや雑巾に水を含ませ 水を空にしてしまいます。 そこにトイレットペーパーを引きつめサンポールを流し込み 30分ほど放置します。 1時間〜2時間放置とも言われる方もいますが 管理人は、根気よくやったほう 便器に負担がかからないと思っています。 今日30分、1週間後にまた同じように30分 それでも取れないなら2週間後に30分と 期間を開けたほうがいいです。 なぜなら、やっぱり酸です。 長く浸け置きした後に、こすったりすれば 素材もキズが付きやすくなると感じます。 管理人は、掃除屋ですがスタッフは職人なので 薬品と道具の使い方は 加減と手加減が重要ポイントになっています。 このちょっとしたポイントがずれると キズをつけたりするので 一般のご家庭で尿石を取られる場合は 根気よく期間をあけてやった方が キズをつけにくく尿石が取れるかと思います。 本当は、水を流す回数を増やしプラスしてトイレを使う 3〜4回に一回でもいいのでトイレブラシで、 便器内を軽くこするのがおすすめです。 特に、水底の四隅と奥の部分はブラシが届きにくいので そこだけは、丁寧にこするとだいぶ違ってきますよ。 ここまでお話した事をまとめてみますと、 掃除屋の嫁の管理人が年に2〜300器 トイレ掃除をしてきて 便器の水底の茶色い汚れ、尿石が落ちやすい 落ちにくいのがあると言うのは 放置期間が長すぎる(トイレ掃除回数が少ない) のが一番の原因と思うのと 残ったアンモニアを極力残さないために 水を流す回数を増やすことかなと プラスして、排泄物を流すその後に もう一度トイレブラシで便器内全体をこする。 水道代が上がる!管理人もそう思いましたが(笑) 尿石が取れなくなくなり、本格的に 掃除する時には手がかかる あるいは、尿石がカッチカチに 石のように固くなりどうにもならない・・ そうなった場合を考えると、 ちょっと上がるくらいならと考えました。 (そんなにあがりませんでしたよ) それに、サンポールを使って 浸け置きしてお掃除するのも 結構、手が掛かるし面倒臭いものですから こまめにを心がけることが少しは楽じゃないかと トイレがキレイだと気持ちがいいと思いませんか? トイレの神様がいるとか 女性はキレイになるとかいいますしね^^ また、トイレ掃除は心のお掃除ともいいます。 心のあり方も変えられると信じてやってみるのも 良いことだと思います。 数週間後、数ヶ月後、尿石以外にも 感じる思いがあるかもしれませんよ^^ 管理人もアキママもそうでしたのでから ちょっと試してみるのもアリです! アキママのひとり言 トイレの黄ばみや黒ずみを取るには「サンポール」 昔から、トイレ洗剤=サンポールって思ってた。 17年前、家を新築した時に合併浄化槽を設置して 汲み取り式とは違い、2ヶ月に一回業者の人が点検と バクテリアを入れていってくれる。 たまに家の中や浄化槽周辺が臭う時は バクテリアが弱っている可能性があるらしく (ブロアーが壊れかけている時もだけど) 浄化槽の管理業者の人が、サンポール使ってない? って聞かれたことがあり「使ってます」と答えたら あーダメダメ! 「サンポールは、バクテリアが死ぬから使わないで」と それだけではなく、合併浄化槽なので トイレもお風呂も台所の汚水も 全部、同じところに流れるので、 入浴剤もハイター類もよくないって(汗) えーーっ!じゃあ、どんどん汚れるやん!と言おうとしたら たまーに、少量使って水を多めに流すか、 トイレは浄化槽用のサンポール使うといいって。

次の

夜中に起きて「トイレに行く」を防ぐ方法3選

トイレ 底

関連記事• 尿石はアルカリ性のため、 酸性で中和すると汚れが落としやすくなります。 それでは、尿石に効果的な掃除方法について詳しく紹介します。 【尿石】自分で尿石は落とせるの?尿石を落とす4つの方法 それでは、 こびりついた尿石を落とす方法を紹介します。 別々の洗剤や道具を使った 4つの方法です。 自分に合った方法を試してみてください。 どの方法で掃除するにも、まずは便器の水を抜いてから始めましょう。 便器に水がたまっている状態では、 洗剤を流し込んでも薄まってしまい、効果が弱まってしまいます。 底にこびりついた尿石を落とすのは難しいでしょう。 灯油ポンプを使って水を抜くと簡単です。 コップで水をすくう方法もあります。 3 トイレブラシでこすり洗いをして洗い流す トイレブラシで尿石をこすって尿石を落とします。 水で洗い流して完了。 【尿石を落とす】耐水サンドペーパーを使って尿石を落とす方法 この方法は、尿石を耐水サンドペーパーで削る方法になります。 多くの尿石は、この方法で落とせます。 ただし、 尿石を落とすと同時に、便器に傷をつけるリスクもあります。 便器に傷ができると、その傷に汚れがたまりやすくなります。 新たな汚れが入り込むと、落とすのは大変です。 便器になるべく傷をつけないためには、 耐水サンドペーパーの選び方がポイントになります。 耐水サンドペーパーの番号が小さくなるほど、目が粗くなっていくことを覚えておきましょう。 まずは 1500番や 1000番といった、 目の細かい耐水サンドペーパーを選ぶようにします。 耐水サンドペーパーでこすって尿石が落ちないのであれば、 800番などの、少し目が粗い耐水サンドペーパーでこすりましょう。 耐水サンドペーパーは、 ホームセンターなどで購入できますよ。 もちろん注意することはあるよ~! 今回ご紹介する尿石の掃除方法では、いくつかの洗剤を使いますが 使い方を誤ると事故や、怪我につながる恐れがありますので、用法用量を守ってください。 【尿石】洗剤を混ぜると毒ガスが発生する場合があるので注意しよう! 酸性洗剤と、塩素系漂白剤を混ぜると 有毒ガスを発生します。 直接混ぜない場合でも、便座などに洗剤が残っている場合は、有毒ガスが発生する恐れがあるので、 洗剤を水で流しきってからご使用ください。 【尿石】洗剤が体につくと怪我をする場合があるので注意しよう! 洗剤が体につくと皮膚につくとただれたり、失明することもあります。 酸性洗剤はもちろん、 業務用の尿石除去剤を使う時には特に注意が必要です。 掃除の前にはかならず、ゴム手袋やゴーグルなどを活用しましょう。 もしも皮膚についたり目に入ったりした時には、すぐに水で洗い流します。 症状がある場合は、医師に相談しましょう。 【尿石】便器やトイレ器具を傷めてしまう場合があるので注意しよう! 洗剤を必要以上に 長い時間、放置しておくと便器を傷めてしまう場合があります。 洗剤の説明書を確認して、用法用量を正しく守ってください。 (一度で汚れを落ちない場合は洗剤を水で流して、繰り返し掃除してください) また強力な洗剤を便器以外に使用した場合、傷んでしまうことがあります。 金属や人造大理石、タイルなどは変色や劣化することもあるため、注意して使いましょう。 【尿石を予防】トイレに尿石が付かないように予防する方法 尿石の掃除方法を知っていれば、尿石がついても怖くありませんが、そもそも尿石ができないのが一番掃除がラクになりますよね。 そこで 尿石を予防する方法を、 2つ紹介します。 【尿石予防】尿石が固まる前にこまめにトイレを掃除して予防しよう! 最も効果がある方法は、 尿石ができないようにこまめに掃除することです。 尿が便器についただけでは、尿石にはなりません。 また、尿石になる前に掃除すれば、強力な洗剤も不要です。 週に1回程度、曜日を決めるなどして定期的に掃除するようにしましょう。 余裕のある方は 3日に1回程度掃除できればより安心です。 【尿石予防】尿石予防グッズを使って尿石ができないように予防しよう! 掃除以外にも尿石を予防する道具を使う方法もあります。 トイレを流すだけで 便器を洗浄してくれるタイプの道具や、塗るだけで尿石予防ができる洗剤などもあります。 これらの方法を組み合わせて、尿石を予防しましょう。 自分で落とせなかった尿石は業者に依頼しよう! 今回は、 トイレ掃除の天敵の尿石を落とす方法や、トイレに尿石が付かないように予防する方法について紹介しました。 掃除が大変な尿石ですが、 適した方法で掃除すれば落とせます。 こまめに掃除できれば一番いいのですが、なかなか難しい方もいるでしょう。 そんな時は、トイレ掃除専門の業者に依頼するのもひとつの方法ですよ。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 トイレクリーニングをプロに依頼するなら トイレクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

トイレの尿石に悩んでいる方へ朗報!こびりついた尿石を落とす方法

トイレ 底

トイレの汚れ・尿石とは トイレの汚れというとカビや水垢、そして尿石でしょう。 排泄する場所である以上、尿石はトイレ内の汚れの代表と言えます。 尿石とは尿路結石の略で、尿に含まれる成分が便器内で固まった汚れです。 尿素やカルシウムイオン、その他有機物が含まれており、アルカリ性の性質を持っております。 アルカリ性ということは塩酸やクエン酸などのいわゆる酸性の洗剤が有効ということですね。 有効な洗剤 前述の通り、酸性洗剤が有効です。 ドラッグストアなどにも売っている商品で言うとサンポールなどですね。 しかし今回のように広範囲にがっちり固まった尿石がある場合、弱い洗剤では歯が立ちません。 有効なのは工業用薬品を取り扱う薬局などに売っている「塩酸」そのものか、それを主成分としている強力な酸性洗剤です。 日本曹達さんの尿石除去剤「テイクワンL」などは当店でも取り扱いがあります。 しかし強力であるがゆえに取り扱いには注意が必要です。 オススメの洗剤 今回使用した洗剤は文化雑巾さんの「セイフティボウル」です。 クエン酸を主成分としており、劇物などは一切使用していない安全性に優れた洗剤ですが、尿石に対して非常に効果があります。 もちろんテイクワンなどに比べれば威力は落ちますが、やはり安全性は大事です。 使い方は簡単。 トイレの底に溜まった水を抜きます。 セイフティボウルを原液で投入。 30分放置してからブラシで擦り、流す。 これだけでOKです。 参考になれば幸いです。 ご依頼・お問い合わせ ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。 お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。

次の