きゅうり 蛇腹。 本格きゅうりの漬物、浅漬けレシピ、保存期間や作り方のコツも解説

蛇腹きゅうりの生姜漬け

きゅうり 蛇腹

蛇腹切りのやり方について 蛇腹切りは、きゅうりを切り離さずに1本が伸び縮みするような切り方で、飾りとしてはもちろん形がキレイで味がなじみやすいという点もあるそうです。 ただ「切り離さず」という部分や、細かく切り込みを入れる部分が少し難しいんだそうです。 蛇腹切りの前に きゅうりやオクラなど切る前に、ひと手間かけると食べた時に味が違うんだそうですよ。 その方法は 「板ずり」という方法で、きゅうりを軽く洗ってまな板の上に置き、きゅうり1本につき小さじ1杯ぐらいをふりかけるそうです。 そしてまな板の上のきゅうりを手のひらで押さえて、塩をすりこむようにゴロゴロと転がし表面をなめらかにするそうです。 そのあと、きゅうりとまな板についた塩を洗い流し、キッチンペーパーなどで拭き、切りたい形へと包丁を入れるんだそうですよ。 「板ずり」をすることにより、きゅうりの表面がなめらかで食べやすいことや、表面を塩ですりこみ転がすことで、きゅうりに傷がつき、味がなじみやすいんだそうです。 また、きゅうりの苦味や青くさい感じが取れて、食べた時の食感がいいそうですよ。 スポンサードリンク 蛇腹切りの切り方• 板ずりをしたきゅうりをまな板に置き、両方の端を切り落とし一方の端から包丁を斜めに入れますが、切り離さないように3分の2ぐらいの深さで止めるそうです。 そして1mm幅ぐらいに細かく包丁を入れ端の方まで切り込みを入れるんだそうです。 その場合45度ぐらいの角度がいいんだそうですよ。 次に裏返し、今度はもう少し斜めの60度ぐらいに包丁を入れ、細かく刻んでいくと完成だそうです。 角度は切りやすい角度がいいそうですよ。 蛇腹切りのコツ 蛇腹切りは切り込みを入れつつ、切り離さないことが大事な部分で難しいそうですが1つコツがあるんだそうですよ。 それは板ずりが終わった後、きゅうりをまな板に置いた時に割りばし2本できゅうりを挟むんだそうです。 そうして切ることで、包丁がきゅうりを切り離さずに切ることが出来るんだそうです。

次の

蛇腹きゅうりの酢の物

きゅうり 蛇腹

切れ目は1~2mm程度に細く入れましょう。 太すぎると、伸ばしたときに切れてしまいます。 割り箸を手前に置いて切れば、切り離す心配がないです。 切り込みが深すぎると切りくずがたくさん出たり、蛇腹が途中で切れてしまいます。 きゅうりの太さにもよりますが、手前に割り箸を重ねて置いて切れば簡単にできます。 割りばしの本数で高さを調節して下さい。 表と裏を同様に切り進めることが出来ていれば、きゅうりの真ん中(中心部)で互い違いに切り込みが重なり合うので、蛇腹が切れることなく伸び縮みするはずです。 また、切り込みの 角度(斜めの角度)が浅いほうがあまり伸びず食感が残り、逆に切り込みの 角度が深ければよく伸びて食感が少なくなります。 お好みで切り込みの角度を調節して下さい。 添え物に(漬物) 添え物とする場合の、基本の塩漬けのやり方です。 ビヨーンとのばして盛り付けてもいいし、そのまま盛り付けてビックリさせるのもアリです。 クルッと巻けば蛇みたいに盛り付けることもできます。

次の

きゅうりのレシピ

きゅうり 蛇腹

レシピ• きゅうり … 2本• 塩 … 小さじ1• しょうが … 1かけ• 調味料A• しょうゆ … 大さじ1• 酢 … 大さじ4• 砂糖 … 大さじ4• 砂糖 … 大さじ4• ごま油 … 小さじ1• ラー油 … 小さじ1 作り方はまずはきゅうりを縦に4等分して、5cmの長さに切り分け、ボールに移して塩を振り、軽く揉みこんでから30分ほど置いておきます。 しょうがはせん切りにします。 次に鍋に調味料Aと千切りにしたしょうがを加え、一煮立ちさせたら水けをきったキュウリを加えて軽く混ぜ合わせ、冷まします。 冷める間に味が染み込みます。 これで完成です。 冷蔵庫で保存すれば3日ほど持ちます。 レシピ• きゅうり … 2本• にんじん … 長さ1. 5cm分• しょうが … 1かけ• 調味料A• 水 … 100ml• しょうゆ … 50ml• 酒 … 50ml• 赤唐辛子 … 1本• 砂糖 … 大さじ1• 酢 … 小さじ1• 塩 … 少々 作り方はまずはきゅうりを0. 7mmの厚さに小口切りにします。 しょうがとにんじんはそれぞれ皮をむき、1. 5cmの長さに千切りにします。 鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたら火を止め、カットしたきゅうりとしょうが、にんじんを加えて時々かき混ぜながら冷めるまで待ちます。 きゅうりとしょうがとにんじんをこしたら、再び残った汁を再加熱して一煮立ちさせて火を止めます。 きゅうりとしょうがとにんじんを再び加えて冷まします。 冷める過程で一番味が染み込むのでこの工程を3〜4回は繰り返します。 さいごはつけ汁を切って保存します。 保存は冷蔵庫で1週間ほど可能です。 レシピ• きゅうり … 2本(200g)• みょうが … 3個• 調味料A• みりん … 50ml• 酒 … 50ml• 調味料B• 酢 … 200ml• 薄口しょうゆ … 50ml• 赤唐辛子 … 1本 作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。 大根は1cmの厚さのいちょう切りにします。 みょうがは縦に4等分に切ります。 保存瓶にきゅうりと大根とみょうがをランダムに詰めていきます。 小鍋に調味料Aを加えて中火にかけ、40秒ほどしたら調味料Bも加えて一煮立ちさせます。 野菜の入った瓶に熱いうちに回しかけ、冷めたら蓋をして3時間ほど室温で漬けたら完成です。 保存は冷蔵庫で1ヵ月ほど可能です。

次の