ナンバー 変更。 車のナンバープレートの変更費用はいくら?安く抑える方法をご紹介!

県外ナンバーの車が被害 「ナンバーの変更」手続きについて【岩手県】

ナンバー 変更

車のナンバープレートがめくれ上がるように折り曲げられている。 ナンバーの住所登録は東京の「多摩」。 5月10日に岩手県盛岡市の商業施設が集まる駐車場で被害に遭ったという。 被害にあった男性(2018年県内へUターン)は… 「岩手県は心が温かい人が多いという印象があるので、盛岡にもそういうことやる人がいるのだというところでやっぱり悲しい気持ちですね。 本当はナンバーを変更しなくてはいけないと分かっていて、自分も責任はあるんですけれど」 岩手県内では他にも「何しに来た」と怒鳴られたり、あおり運転をされたりといった被害が報告されている。 こうした事態を避けようと動く企業もある。 5月14日、金ケ崎町では「他県ナンバーですが岩手県在住者です」というシートが作成され、町に寄贈された。 金ケ崎町や隣の北上市には他の県に本社を置く企業の工場が多くあり、県外から移り住む人も多くいる。 嫌がらせが続くと「今後の誘致にも悪影響が出るのでは」という声も上がっている。 こうした状況に、5月15日、達増知事が「復興支援の恩を忘れず県外の人にも親切にしてほしい」と呼び掛けた。 達増知事 「岩手県は、東日本大震災津波の救援から復興で県外の方々に大変助けられていて、今でもそうですし。 全国でも大規模な製造業の集積の発展がある。 全国平均以上に、他県の方には親切に寛容にしてほしいということを、改めて申し上げたいと思います」 震災直後に、全国の皆さんに支えてもらった感謝の思いは絶対に忘れたくないものだ。 それを大前提としたうえで、こんな規定があるのを知っているだろうか。 「道路運送車両法」では、車の所有者の住所が引っ越しで変わった場合、住所を変更した後15日以内に手続きをすることが定められている。 もし手続きを怠ると50万円以下の罰金が科されることもある。 意図的な犯罪である場合を除いて、罪に問われることは稀だが、しっかりと手続きをしなくてはいけない。 それでは、「ナンバーの変更」について見ていくと… 手続きをできる場所は、普通自動車と軽自動車で異なる。 岩手県内にはそれぞれ1ヵ所ずつある。 普通自動車は矢巾町にある東北運輸局岩手運輸支局で、軽自動車は盛岡市の軽自動車検査協会岩手事務所で受け付けている。 通常のナンバーであれば申請した当日に受け取ることができる。 一方、特定の番号を希望するときは、申請から10日ほどかかるという。 なお番号の希望がない通常のナンバープレートを申請した場合は、登録手数料も含め約2000円で交付される。 中には「古いナンバーを記念にとっておきたい」という人もいるかもしれない。 その場合は新しいナンバーを受け取るときに依頼すると穴を開けて返してくれるという。 自動車税は登録されている都道府県の税収になる。 それを考えると、県外ナンバーをつけている人には、地域貢献の意味も込めて岩手、盛岡、平泉のいずれかのナンバーに変えてほしい。

次の

ナンバー変更に必要な種類の書き方 | 車検登録手続きDIY

ナンバー 変更

Contents• そもそもなぜナンバープレートを変えないといけないの? トラックドライバーの仕事をしていても、ナンバープレートを変える必要が生じる場面はめったにありません。 ですが、実際にはナンバープレートを変えなくてはならない場面が存在します。 ナンバープレートを変えなかったらどうなる? ナンバープレートを変えなければならないのは、引っ越しをして陸運局の管轄が変わる場合です。 もし、引っ越しをしてもナンバープレートを変更しないと不便が生じるケースがあります。 車検をうけることや保険の加入・更新は可能ですが、以下の事態が発生します。 車がリコールされた時に案内が届かなくなる• 廃車するときに、書類で住民票の履歴を証明しなければならない 特に廃車の手続きが煩わしくなってしまうので気をつけましょう。 手続きはどこで行えばいいの? では、ナンバープレートの変更手続きはどこで行えばいいのでしょうか? ナンバープレートの変更手続きは、引っ越し先の新たに自動車を運転する住所を管轄する運輸支局の窓口で行います。 所有者と使用者が同一名義の場合、当日は必要書類として• 住民票• 委任状• 車検証• 車庫証明書• 手数料納付書• 自走車税・自動車取得税申告書• 申請書 が必要になります。 他にも希望するナンバープレートの種類などによって必要な書類が増えることもあるので、よく確認しましょう。 手続きに必要な費用は? ナンバープレートの変更のための手続きには、いくつかの書類が必要になってきます。 書類を用意するのは簡単なので、しっかり説明を読んでください。 申請用紙の購入に必要な費用 ナンバープレートの変更手続きには、申請用紙が必要です。 手続きに必要な書類は「申請書(第3号様式)」と呼ばれる用紙です。 申請書(第3号様式)とは、車検の再発行や番号変更などの際に新しい車検証を発行するために必要な用紙です。 入手方法としては、• 手続き当日に運輸支局窓口で用紙をもらう• 用紙をダウンロードして印刷しておく があり、 どちらの場合も費用はかかりません。 家庭用のプリンターではうまく印刷できない場合もあるので、当日もらう方をおススメします。 ナンバーの取り外し・取り付け ナンバープレートの変更手続きが終わったとは、 新しく支給されたナンバープレートと古いものを交換しなくてはなりません。 ナンバーの着脱は、自分で行うことも可能ですが、代行業者に頼む場合は費用がかかってきます。 ただし、ナンバープレートを取り付けた後の「封印」という作業は陸運事務所の職員に行ってもらう必要があります。 変更手数料、ナンバープレート代 ナンバープレートの変更にかかる費用のうち、登録手数料とナンバープレート代は、以下の通りになっています。 変更登録手数料:350円• ナンバープレート代は、希望するナンバープレートによって変わってきます。 住民票、車庫証明 ナンバープレートの変更にかかる費用としては、他にも「住民票」と「車庫証明」の取得費用があります。 こちらは書類を発行する際にかかる費用です。 住民票の発行費用:300円• 車庫証明書の取得費用:2,500~3,000円 「車庫証明書の取得費用」は、車庫証明書を申請するときと発行するときに必要になってくる費用です。 希望ナンバーを取得する場合 希望のナンバーにしたいという方も、中にはいらっしゃるかもしれません。 その場合は、別途で4,000~7,000円程度の費用がかかってきます。 小型・普通自動車の場合は4,000~4,500円程度、大型自動車の場合は5,000~5,500円程度となっています。 ナンバーの中には、「字光式」と呼ばれる光るナンバーがありますが、この字光式のナンバーを希望する場合は上記の金額に1,300円ほどの追加料金がかかってきます。 まとめ ナンバープレートは、引っ越しをする際に、新しく自動車を使用する先の運輸支局にて変更手続きを行う必要があります。 その際には、「ナンバープレート代」や「変更登録手数料」の他にも、「車庫証明書」と「住民票」の取得のための費用がかかってきます。 ナンバープレートの変更の際には、 最低でも5,000円の費用がかかってきますので、しっかり準備しておきましょう。 安く抑えたい場合は、ナンバープレートの取り付けや書類の記入を自分で行うのがいいでしょう。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

3ナンバーを1ナンバーに変更できる条件と手続き方法について

ナンバー 変更

車のナンバープレートがめくれ上がるように折り曲げられている。 ナンバーの住所登録は東京の「多摩」。 5月10日に岩手県盛岡市の商業施設が集まる駐車場で被害に遭ったという。 被害にあった男性(2018年県内へUターン)は… 「岩手県は心が温かい人が多いという印象があるので、盛岡にもそういうことやる人がいるのだというところでやっぱり悲しい気持ちですね。 本当はナンバーを変更しなくてはいけないと分かっていて、自分も責任はあるんですけれど」 岩手県内では他にも「何しに来た」と怒鳴られたり、あおり運転をされたりといった被害が報告されている。 こうした事態を避けようと動く企業もある。 5月14日、金ケ崎町では「他県ナンバーですが岩手県在住者です」というシートが作成され、町に寄贈された。 金ケ崎町や隣の北上市には他の県に本社を置く企業の工場が多くあり、県外から移り住む人も多くいる。 嫌がらせが続くと「今後の誘致にも悪影響が出るのでは」という声も上がっている。 こうした状況に、5月15日、達増知事が「復興支援の恩を忘れず県外の人にも親切にしてほしい」と呼び掛けた。 達増知事 「岩手県は、東日本大震災津波の救援から復興で県外の方々に大変助けられていて、今でもそうですし。 全国でも大規模な製造業の集積の発展がある。 全国平均以上に、他県の方には親切に寛容にしてほしいということを、改めて申し上げたいと思います」 震災直後に、全国の皆さんに支えてもらった感謝の思いは絶対に忘れたくないものだ。 それを大前提としたうえで、こんな規定があるのを知っているだろうか。 「道路運送車両法」では、車の所有者の住所が引っ越しで変わった場合、住所を変更した後15日以内に手続きをすることが定められている。 もし手続きを怠ると50万円以下の罰金が科されることもある。 意図的な犯罪である場合を除いて、罪に問われることは稀だが、しっかりと手続きをしなくてはいけない。 それでは、「ナンバーの変更」について見ていくと… 手続きをできる場所は、普通自動車と軽自動車で異なる。 岩手県内にはそれぞれ1ヵ所ずつある。 普通自動車は矢巾町にある東北運輸局岩手運輸支局で、軽自動車は盛岡市の軽自動車検査協会岩手事務所で受け付けている。 通常のナンバーであれば申請した当日に受け取ることができる。 一方、特定の番号を希望するときは、申請から10日ほどかかるという。 なお番号の希望がない通常のナンバープレートを申請した場合は、登録手数料も含め約2000円で交付される。 中には「古いナンバーを記念にとっておきたい」という人もいるかもしれない。 その場合は新しいナンバーを受け取るときに依頼すると穴を開けて返してくれるという。 自動車税は登録されている都道府県の税収になる。 それを考えると、県外ナンバーをつけている人には、地域貢献の意味も込めて岩手、盛岡、平泉のいずれかのナンバーに変えてほしい。

次の