スープ パスタ 簡単。 【保存版】パスタの人気レシピランキング20選!簡単なのに本格おすすめ!クックパッド一位は!?

簡単で美味しい!スープパスタのおすすめレシピ20選

スープ パスタ 簡単

別茹でなし!フライパンパスタの作り方• フライパンに水を入れて 強火で加熱する• 沸騰したら半分に折ったスパゲティを入れて ふたをする• フライパンから泡がふきこぼれそうになったら焦げ付かないよう 中火にする• そこからパッケージに書かれたゆで時間加熱する• 加熱が終わった際に水気が多く残った場合は 弱火で水分を飛ばす ソース別:フライパンだけで作れる美味しいパスタレシピ ソース別のおすすめレシピを紹介するので、気になったソースを是非作ってみてください。 トマトソースパスタのレシピ エビのトマトソーススパゲティ 出典:• パスタ:80g• 冷凍むきエビ:7尾• ニンニク:1片• 料理酒:少々• 小麦粉:少々• 料理酒:大1• 粉チーズ:小1• 塩:小1• レシピもわかりやすく、料理が苦手な人でも簡単に作ることが出来ます。 エビをプリッとさせるために料理酒と小麦粉をまぶしておくのがポイントです。 レシピ: 超簡単ペスカトーレ 出典:• パスタ:100g• 白ワイン:大さじ1. コンソメ:小さじ1• 砂糖:大さじ0. 塩:小さじ0. オレガノ:適量• にんにく(チューブ):1~2㎝ ポイント:白ワインがなかったら、料理酒大さじ2弱に、レモン汁を小さじ1弱加えれば代用できます。 お好みでイカや貝類など好きなシーフードを入れてみてもいいでしょう。 パスタ:100g• ウィンナー:お好みで• オリーブオイル:適量• 卵:1個• ケチャップ:適量 ポイント:ケチャップだけでなく、トマト水煮を使うことで 甘くなりすぎず、 さっぱりとしたナポリタンが出来上がります。 お好みでピーマンを入れても美味しいです。 パスタ:80g• 春キャベツ:80g• ソーセージ:4~5本• 鷹の爪(輪切り):適量• オリーブオイル:大さじ2• 白ワイン:大さじ1• 顆粒コンソメ:小さじ1 ポイント:春キャベツを使うことで 季節感を感じるパスタが出来上がります。 塩コショウ、パルメザンチーズをお好みでどうぞ。 レシピ: ボンゴレビアンコ 出典:• パスタ:100g• あさり:適量• ニンニク(チューブ):少々• 鷹の爪:1本• オリーブオイル:大さじ1• みりん(もしくは料理酒):大さじ1 ポイント:下準備としてあさりの 塩抜き、 砂抜きをパスタが茹であがる前にやっておく必要があります。 少し手間ですが、このひと手間で美味しいボンゴレビアンコができます。 レシピ: ズッキーニのアーリオオーリオ 出典:• パスタ:100g• ズッキーニ:1本• にんにく:1片• 赤唐辛子:お好みで• オリーブオイル:大さじ1. 塩腰用:お好みで• パルメザンチーズ:大さじ3~4 ポイント:食感の柔らかいズッキーニをせん切りにして炒めるとパスタに良く合います。 クセのない野菜なので食べやすいです。 さっぱりしすぎないよう、パルメザンチーズでコクを出します。 レシピ; クリームソースパスタのレシピ ローマ風カルボナーラ 出典:• パスタ:100g• パンチェッタ(またはベーコン):30g• オリーブオイル:大さじ0. 白ワイン:大さじ1• 塩コショウ:少々• 卵:1個• 卵黄:1個分• パルメザンチーズ:大さじ1 ポイント:卵と卵黄とチーズはあらかじめよく混ぜ合わせておき、パスタが茹であがったら 手早く絡めるのがとろりと仕上げるポイントです。 パスタ:100g• バター:30g• クリームチーズ:60g• ガーリックパウダー:小さじ0. 牛乳:100cc• パルメザンチーズ:40g• 胡椒:少々 ポイント:パルメザンチーズは粉だと溶けるまで時間がかかってしまうので、できたら削るタイプの方がいいです。 ソースが出来たらチーズが固まらないうちに 素早くパスタにからめましょう。 レシピ: 秋鮭のトマトクリームパスタ 出典:• パスタ:100g• 鮭:1切れ• トマト:1個• 白ワイン:50cc• 生クリーム:130cc• オリーブオイル:大さじ1• 塩コショウ:適量 ポイント:白ワインとトマトの酸味が生クリームがくどくなるのを抑えてくれます。 白ワインは なるべく辛口のものを選びましょう。 レシピ: バジルソースパスタのレシピ 青じそのジェノベーゼパスタ 出典:• パスタ:100g• 青じそ:15枚• オリーブオイル:大さじ2. にんにく:1片• 松の実:大さじ1• パルメザンチーズ:大さじ1. 塩コショウ:少々 ポイント:バジルの代わりに和ハーブである青シソを使っています。 残ったソースは 2週間程度保存がきくので便利です。 レシピ: 梅干しとバジルのスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• 梅干し:1~2個• オリーブオイル:大さじ1• ちりめんじゃこ:大さじ1• バジル:5枚• 塩コショウ:少々 ポイント:オリーブオイルやバジルと、じゃこや梅干しなどの和素材は、 以外な組み合わせにみえますが、 相性は抜群です。 レシピ: パスタ・アッラ・ジェノベーゼ 出典:• パスタ:100g• スイートバジル:7g• 松の実:10g• オリーブオイル:25cc• 塩コショウ:少々 ポイント:ミキサーで簡単にジェノベーゼソースが出来上がります。 いつもは買ってしまうソースも 手作りで簡単に出来てしまいます。 レシピ: ミートソースパスタのレシピ ミートソース 出典:• パスタ:100g• 合挽き肉:100g• セロリ:4cm• マッシュルーム:2個• 赤ワイン:50cc• ケチャップ:小さじ1• 砂糖:少々• 顆粒コンソメ:小さじ1• ローリエ:1枚 ポイント: 王道のミートソースです。 パスタにはもちろんラザニアやグラタンにも使えるので作りすぎて残ってしまっても大丈夫です。 レシピ: 鶏ひき肉の白いミートソース 出典:• パスタ:100g• 鶏ひき肉:75g• アンチョビ:1枚• 白ワイン:50cc• オリーブオイル:小さじ2• 粉チーズ:大さじ1• 粗引き黒こしょう:少々• ニンニク:0. 5片 ポイント:トマトで煮込まず、白ワインで煮込むため 珍しい白いミートソースが出来上がります。 いわしを塩漬けにしたアンチョビは肉にもよく合います。 レシピ: 簡単パスタ!きのこのボロネーゼ 出典:• パスタ:100g• 挽き肉:100g• 塩コショウ:少々• 粗引きにんにく:1片• しめじ:適量• ケチャップ:大さじ2• ウスターソース:大さじ2• 顆粒コンソメ:大さじ0. 5 ポイント:粗引きにんにくを使うことで 時間が短縮できます。 生のにんにくを使う場合は、細かく刻んで入れます。 材料は少ないですが、 本格的なボロネーゼが出来上がります。 レシピ: チーズソースパスタのレシピ ほうれん草のチーズソースパスタ 出典:• パスタ:100g• ゴルゴンゾーラチーズ:30g• 粉チーズ:大さじ3• 白ワイン:50cc• 生クリーム:150cc• 塩コショウ:少々 ポイント:ゴルゴンゾーラチーズは 個性的な風味がしますが、粉チーズと合わせることで マイルドな風味になります。 白ワインを加えることでクリームもあっさりとした味わいになります。 パスタ:120g• アボガド:1個• クリームチーズ:50g• ヨーグルト:大さじ3• 胡椒:少々• バジル:お好みで ポイント:味つけはクリームチーズと胡椒だけでシンプルですが、 ヨーグルトのおかげで さっぱりとした味わいになります。 アボガドは半分ずつ潰しながらの方がよく混ざります。 レシピ: チーズクリームのワンポットパスタ 出典:• パスタ:80g• ベーコン:1~2枚• アスパラガス:1~2本• とろけるスライスチーズ:1枚• あらびき黒こしょう:少々• バター:7g• 牛乳:75ml• 水:200ml• 顆粒コンソメ:小さじ0. 塩:少々 ポイント: 牛乳はふきこぼれやすいので注意が必要です。 牛乳を直茹でして作るのでとろりとした 濃厚なチーズソースが出来上がります。 レシピ: 和風ソースパスタのレシピ 大葉としらすの和風パスタ 出典:• パスタ:100g• しらす:適量• 大葉:7枚ほど• めんつゆ:大さじ2• 砂糖:小さじ1• みりん:小さじ1• 醤油:小さじ1• 胡椒:お好みで ポイント:大葉の香りが食欲をそそる簡単和風パスタです。 大葉はクセがあるのでざっくり切るより 細かく刻んだほうがいいです。 レシピ: シンプルたらこスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• たらこ:1腹• オリーブオイル:大さじ1. 塩こしょう:少々 ポイント:炒めたたらこをパスタにからめるだけの、 シンプルな定番パスタです。 辛いのが好みなら明太子を使ってもいいでしょう。 淡いピンクの色合いも、食卓を明るくしてくれます。 レシピ: きのこのわさびじょうゆスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• しいたけ:2個• しめじ:1パック• 酒:大さじ0. 塩、こしょう:少々• しょうゆ:小さじ1• 練りわさび:小さじ1• バター:大さじ0. オリーブオイル:大さじ0. 万能ねぎ:1本 ポイント:しいたけとしめじの香りが広がる和風パスタです。 辛みで味を引き締めてくれるわさびは、 仕上げの段階で加えることで風味や香りを残してくれます。 レシピ: フライパンで作るパスタの特徴と注意点 フライパンひとつで作るパスタは 手間いらずで 光熱費の節約にもなるのですが、それだけではありません、フライパンで作るパスタは普通に茹でて作るパスタとどのように違うのでしょうか。 普通にパスタを茹でた場合、糊化したデンプンが水の中に流れ出るため 表面がつるつるになります。 一方、蒸して作るフライパンパスタのデンプンは、いったんは流れ出ますが最終的にパスタの表面に戻ります。 デンプンが残っている ざらざらした表面は、ソースとより 絡みやすくなります。 フライパンパスタの注意点 フライパンパスタを作るときに注意するべきことが2つあります。 茹であがったパスタをソースと炒める(もしくは煮る)場合、茹で時間を調節しないとパスタに火を通す時間が長くなってしまい、 柔らかくなりすぎてしまうことです。 茹であがったパスタを具材と炒める場合は その分茹でる時間を短くしなければいけません。 大量のお湯で茹でる普通のパスタと違って 少量のお湯で茹でるため、 焦げやすくなっています。 茹でている間は目を離さないなどの 注意が必要です。

次の

簡単で美味しい!パスタに合うスープのおすすめレシピ

スープ パスタ 簡単

スープパスタを美味しく作るポイント スープパスタと言うと、パスタを各々好みに調理された スープに浸して食べる料理であることから、軸となるスープで美味しさが決まると思われている方が多いと思います。 実際にスープ自体の美味しさは全体の美味しさに直結するため、当然の事実ではありますが、それはそれぞれの レシピによってコツが違うため、それに合わせるしかありません。 それでは美味しく作るコツはそれだけしかないか、と言われるとそうでもないのです。 実は パスタの選び方、そして茹で方にポイントがあります。 まず スープパスタに合うパスタの種類は以下のものになります。 ヴェルミチェッリ• カペリーニ• カペッリ・ダンジェロ• カッペッレッティ• リゾーニ• ラビオリ 上記の3つになりますが、上3つはロングパスタ、下3つはショートパスタに属しています。 そのため どのような食べ方をしたいかでパスタを選ぶのも大切です。 例えばスープを絡めながら食べたいと言う方であればロングパスタ、 スープの具材の1つとして食べたいと言う方であればショートパスタになります。 続いて茹でる際のポイントですが、パスタは茹でるときに塩を入れます。 あれは下味をつける意味もありますが、もう1つ、必要以上に 水分がパスタから出てくるのを抑える働きもあります。 スープパスタは水分が多いため、 余分な水分が出てくると薄くなってしまいます。 これはソース系も同じなのですが、上手く調理したスープの美味しさをそのままいただくためにも、パスタからの水分は出来るだけ抑えたいところです。 この2点を守って、あとは レシピに従って作っていただくのが、美味しいスープパスタを作るポイントとなります。 スープパスタの レシピは多種多様なものが存在しますが、それ故に美味しいレシピを探すのは大変です。 そこでこちらはそんな千差万別のレシピの中から特に おすすめのレシピを20種選ばさせていただきました。 バター(チューブのものでOK) 適量(3gくらい)• すりおろしにんにく(チューブのものでOK) 少々• ハーフベーコン(ハムやソーセージでも可) 2枚• 水 250cc• 固形コンソメの素 1個• パスタ 100g• 牛乳 100cc• お好きなチーズ(ピザチーズ・スライスチーズなど) 30g• 塩 少々• コショウ 少々 固形コンソメの味を活かしつつ、牛乳とチーズで まろやかかつパスタに絡みやすいスープになっています。 味が染みたベーコンやシメジなども歯ごたえのある具材も美味しい一品です。 キャベツ 2枚(100g)• ベーコン 1枚• ニンニク(すりおろし) 小さじ1• ラーマ バター好きのためのマーガリン 小さじ1• 水 600cc• コンソメ 小さじ1• ラーマ バター好きのためのマーガリン 小さじ1• パスタ80g• 黒コショウ 少々• ラーマ バター好きのためのマーガリン(仕上げ用) 小さじ1 こちらもコンソメをベースに バター風味のあっさりと仕上げたスープになります。 この味付けだと細めのフェデリーニやカペリーニの方が合わせやすいです。 パスタ 200g• あさり(冷凍を使いましたがむき身や殻付きでも) 適量• ニンニクチューブ 5cm位• バター小包装 1個(8g)• 水 500cc• コンソメ顆粒 1袋(キューブなら1個)• 塩コショウ 適量• 乾燥パセリあれば 適量 あさりを加えるとコンソメスープの中にあさりの旨味が溶け出して美味しくなります。 こちらも比較的あっさりなので、細めのパスタでいただいてください。 豚肉(豚コマやバラなど) 100g• パスタ(1. 6mm) 200g• 水 1L• ヒガシマルうどんスープの素 2袋• 白ワイン(料理酒) 大さじ2• ニンニク 1~2片• 塩コショウ 適量• 黒コショウ 適量• 炒りゴマ 適量• きざみ葱 適量 スープパスタの肝はやはりパスタと絡めるスープです。 こちらは 豚肉や茸からの旨味をうどんスープに合わせることで、美味しいスープが出来上がります。 これにパスタを入れることで美味しくいただけるのは間違いなしでしょう。 トマト缶(ホール) 1缶• ニンニク 6cm位(3片)• 玉ネギ 半分• オリーブオイル 大さじ1• 塩 少々• バター 大さじ1• シーフードミックス 150〜200g• 牛乳 200cc• 生クリーム 100cc• 解凍した出汁 120cc〜200cc• ダシダあさり(入れるのであれば) 大さじ1〜1. パセリ 少々• ニンニク 2cm• マヨネーズ 大さじ2 シーフードを使用したスープパスタはまさに地中海を思わせる料理になっています。 魚介類から出る旨味を含んだスープはパスタとの相性も抜群であり、ロングパスタだけでなくショートパスタとも合うスープになります。 パスタ 50g• バター(マーガリンでも) 10g• ベーコン 2枚• 牛乳 200cc• コンソメ 小さじ1• 味噌 小さじ1• スライスチーズ(とけないタイプ) 1枚• コーン(缶でも冷凍でも) 大さじ2• 塩コショウ 少々• パセリ(あれば) 少々 こちらはチーズの香りと濃厚な味わいが感じられるスープパスタとなっています。 そこに ジャガイモやコーンによる甘味やベーコンの旨味が溶け出して、パスタの絡みもいいスープとしておすすめです。 パスタ2人分• オリーブオイル(炒め用) 大さじ1• にんにく(みじん切り) 1片• 椎茸 4枚• しめじ 1パック• ウインナー(ベーコン可) 8本ぐらい• 水 400cc• コンソメキューブ 2個• 醤油 大さじ1半~2• 料理酒 大さじ1• 刻み海苔 適量• 大葉(千切り) 4枚分• ごま油 適量 スープと言えば洋風のイメージがありますが、和風スープパスタも存在します。 コンソメに日本特有の醤油や料理酒を使うことで 和と洋が合わさったスープとなっています。 鶏むね肉 350g• 片栗粉 大さじ2• トマト缶 1缶• 塩コショウ 少々• 水 600ml• コンソメ 2個• パスタ 60g• なす 3個• ブロッコリー 1株 パスタと切っても切れないのがトマトですが、それを使用し、 鶏肉の旨味を内包することで美味しいスープになります。 トマト缶を使用するので、調理も簡単です。 マ・マー 早ゆで1分30秒クルル 50g• ウインナー 70g• 卵 2個• 顆粒コンソメ 小さじ2• 水 400ml• とろけるチーズ 40g• パセリ(乾燥) 適量• 塩 少々 とろーり溶けたチーズと卵の相性は抜群です。 さらにウインナーの旨味も溶け出したスープは パスタとの絡みも非常に良いです。 パスタ 200g• シーフードミックス(冷凍) 適宜• ベーコン 40g• おろしにんにく(チューブ) 大さじ1• オリーブオイル 大さじ1• 白ワイン 50cc• トマト缶 1缶• 水 300cc• 固形コンソメ 1個• 塩 適宜• こしょう 適宜• パルメザンチーズ 適宜 魚介類とトマトの相性も良いです。 魚介から出た出汁をトマトの旨味でまとめたスープは絶品で、これだけでも美味しくいただけますが、パスタと絡めても楽しめる一品です。 冷蔵庫に残っている野菜 お好きな量(玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、コーン、ナス、キノコ類など)• ベーコン(またはウインナー) 40g位• ホールトマト缶 1缶(400g)• 塩コショウ 少々• ニンニク(みじん切り) 1片• オリーブオイル 大さじ3• 粉チーズ 少々• スパゲティ(今回は茹で時間5分を使用) 200〜250g位• 水 4カップ(太めの麺の場合は茹で時間が長いので増やしてください)• 固形コンソメ 2個• 酒 大さじ1• 砂糖 大さじ1• 乾燥バジル 適宜 トマトを使ったレシピが続きますが、こちらは パスタの別茹でが必要のないレシピになります。 調理をする上でパスタが茹で上がるのと時間差ができないため、そのようなことを考えるのが面倒な方にはおすすめのレシピです。 パスタ お好みの量• 牛乳 500cc• 固形コンソメ 2個• ベーコン 4〜5枚• ほうれん草 1束• エリンギ(きのこならなんでも) 1本 ほうれん草は鉄分が豊富に含まれており、 貧血気味になりやすい女性の方にもおすすめです。 ベーコンの旨味が溶け出したミルクスープで優しい味わいなのもポイントです。 パスタ 80g• キャベツ 2枚(約100g)• ベーコン 1枚• オリーブオイル 小さじ1• 水 150cc• コンソメ(顆粒) 小さじ1• 豆乳(牛乳でも可) 150cc• 粉チーズ 大さじ2• ガーリックパウダー 適量• 塩 少々• ブラックペッパー 適量 こちらもミルクスープですが、 春キャベツの甘味を活かしたスープパスタになっています。 柔らかな味わいでこちらも食べやすいパスタです。 あらびきウインナー 2~3本• 明治おいしい牛乳 200cc• ケチャップ 大さじ1. ウスターソース 小さじ1. あらびき胡椒 適量• 粉チーズ 適量(お好みで無くても可) 日本生まれの ナポリタンをミルクスープでまとめたのがこちらのレシピです。 ナポリタンが好きな方はこちらも試してみてください。 納豆 1パック• 水 180cc• 本ダシ 大さじ1• 醤油 大さじ2• 鰹節 適宜• ネギ 適宜 納豆が苦手な方には少し厳しいですが、和風にまとめたスープで 材料も少ない簡単レシピになります。 冷蔵庫に納豆が余ってしまっている方は是非作ってみてほしいレシピです。 パスタ2人分 200g位• にんにく 1片• ベーコン 3切れ~• あさり 200g位• 生クリーム 50ml(お好みで)• 牛乳 250ml• 白ワイン(酒でも可) 大さじ2• オリーブ油 適量• コンソメ キューブ1(小さじ2)• 塩コショウ 適量• バター 10g(お好みで)• きのこ(好きなもの) お好みで(旨味が増します) ギリシャで作られるレシピが公開されています。 材料にもありますが、 キノコを入れることで旨味が増しますが、日本でよく使われるしいたけやしめじなどがおすすめです。 スパゲティ 200g• ベーコン(ハーフサイズ) 5枚• ホールコーン 大さじ山盛り5~6杯• 牛乳 2カップ• 固形コンソメ 1個• オリーブオイル 大さじ1• 薄力粉 大さじ1• 塩 適量• こしょう 適量• 粉チーズ お好みで• ドライパセリ お好みで ベーコンとコーンを入れた オーソドックスなスープではありますが、パスタを入れた時の相性がいいスープになります。 小麦粉とチーズによるとろみによってよく絡んで美味しいです。 ベーコン 2枚• にんにく 1粒• 牛乳 300cc• 生クリーム 100cc• オリーブオイル 大さじ1• コンソメ 1. 塩 少々• こしょう(黒コショウでも良い) 少々• パセリ(なくても可) 適量• スパゲティ 200g パスタではトマトソースと同様にお馴染みのソースがクリームなわけですが、その 濃厚な味わいをスープにしたのがこちらです。 玉ねぎ、ベーコン、しめじの旨味でしっかりとまとめられています。 パスタ 2束• バター 15g• 茹で汁 おたま2〜3杯分• 松茸のお吸い物の素 2袋• 醤油 大さじ1• 刻みネギ 適量• ブラックペッパー 適量 松茸のお吸い物は様々な料理に利用できることで有名ですが、こちらのスープの下地にも使われています。 和風の味わいに 茸を加えることでさらに旨味が増し、美味しくいただくことができるスープになります。 同量のお水と牛乳 適量(各200mlほど)• お好きなお野菜 適量• ハムやウインナー、ベーコン(ささみやむね肉でも) 適量• クレイジーソルト(なければ塩) 適量• 胡椒 適量• パルメザンチーズ 適量(小さじ1程度)• とろけるチーズ(あれば) 適量(小さじ1程度)• コンソメの素 1個 2種類のチーズを使用して濃厚に作られたミルクスープはパスタの絡みも非常に良いのが特徴です。 ハムやウインナー、ベーコンなどの旨味も溶け出しているので、その美味しさもプラスして何度も食べたくなる一品です。

次の

カップスープの素&パスタクッカーで作る絶品本格パスタ5選 [一人暮らし] All About

スープ パスタ 簡単

スープパスタを美味しく作るポイント スープパスタと言うと、パスタを各々好みに調理された スープに浸して食べる料理であることから、軸となるスープで美味しさが決まると思われている方が多いと思います。 実際にスープ自体の美味しさは全体の美味しさに直結するため、当然の事実ではありますが、それはそれぞれの レシピによってコツが違うため、それに合わせるしかありません。 それでは美味しく作るコツはそれだけしかないか、と言われるとそうでもないのです。 実は パスタの選び方、そして茹で方にポイントがあります。 まず スープパスタに合うパスタの種類は以下のものになります。 ヴェルミチェッリ• カペリーニ• カペッリ・ダンジェロ• カッペッレッティ• リゾーニ• ラビオリ 上記の3つになりますが、上3つはロングパスタ、下3つはショートパスタに属しています。 そのため どのような食べ方をしたいかでパスタを選ぶのも大切です。 例えばスープを絡めながら食べたいと言う方であればロングパスタ、 スープの具材の1つとして食べたいと言う方であればショートパスタになります。 続いて茹でる際のポイントですが、パスタは茹でるときに塩を入れます。 あれは下味をつける意味もありますが、もう1つ、必要以上に 水分がパスタから出てくるのを抑える働きもあります。 スープパスタは水分が多いため、 余分な水分が出てくると薄くなってしまいます。 これはソース系も同じなのですが、上手く調理したスープの美味しさをそのままいただくためにも、パスタからの水分は出来るだけ抑えたいところです。 この2点を守って、あとは レシピに従って作っていただくのが、美味しいスープパスタを作るポイントとなります。 スープパスタの レシピは多種多様なものが存在しますが、それ故に美味しいレシピを探すのは大変です。 そこでこちらはそんな千差万別のレシピの中から特に おすすめのレシピを20種選ばさせていただきました。 バター(チューブのものでOK) 適量(3gくらい)• すりおろしにんにく(チューブのものでOK) 少々• ハーフベーコン(ハムやソーセージでも可) 2枚• 水 250cc• 固形コンソメの素 1個• パスタ 100g• 牛乳 100cc• お好きなチーズ(ピザチーズ・スライスチーズなど) 30g• 塩 少々• コショウ 少々 固形コンソメの味を活かしつつ、牛乳とチーズで まろやかかつパスタに絡みやすいスープになっています。 味が染みたベーコンやシメジなども歯ごたえのある具材も美味しい一品です。 キャベツ 2枚(100g)• ベーコン 1枚• ニンニク(すりおろし) 小さじ1• ラーマ バター好きのためのマーガリン 小さじ1• 水 600cc• コンソメ 小さじ1• ラーマ バター好きのためのマーガリン 小さじ1• パスタ80g• 黒コショウ 少々• ラーマ バター好きのためのマーガリン(仕上げ用) 小さじ1 こちらもコンソメをベースに バター風味のあっさりと仕上げたスープになります。 この味付けだと細めのフェデリーニやカペリーニの方が合わせやすいです。 パスタ 200g• あさり(冷凍を使いましたがむき身や殻付きでも) 適量• ニンニクチューブ 5cm位• バター小包装 1個(8g)• 水 500cc• コンソメ顆粒 1袋(キューブなら1個)• 塩コショウ 適量• 乾燥パセリあれば 適量 あさりを加えるとコンソメスープの中にあさりの旨味が溶け出して美味しくなります。 こちらも比較的あっさりなので、細めのパスタでいただいてください。 豚肉(豚コマやバラなど) 100g• パスタ(1. 6mm) 200g• 水 1L• ヒガシマルうどんスープの素 2袋• 白ワイン(料理酒) 大さじ2• ニンニク 1~2片• 塩コショウ 適量• 黒コショウ 適量• 炒りゴマ 適量• きざみ葱 適量 スープパスタの肝はやはりパスタと絡めるスープです。 こちらは 豚肉や茸からの旨味をうどんスープに合わせることで、美味しいスープが出来上がります。 これにパスタを入れることで美味しくいただけるのは間違いなしでしょう。 トマト缶(ホール) 1缶• ニンニク 6cm位(3片)• 玉ネギ 半分• オリーブオイル 大さじ1• 塩 少々• バター 大さじ1• シーフードミックス 150〜200g• 牛乳 200cc• 生クリーム 100cc• 解凍した出汁 120cc〜200cc• ダシダあさり(入れるのであれば) 大さじ1〜1. パセリ 少々• ニンニク 2cm• マヨネーズ 大さじ2 シーフードを使用したスープパスタはまさに地中海を思わせる料理になっています。 魚介類から出る旨味を含んだスープはパスタとの相性も抜群であり、ロングパスタだけでなくショートパスタとも合うスープになります。 パスタ 50g• バター(マーガリンでも) 10g• ベーコン 2枚• 牛乳 200cc• コンソメ 小さじ1• 味噌 小さじ1• スライスチーズ(とけないタイプ) 1枚• コーン(缶でも冷凍でも) 大さじ2• 塩コショウ 少々• パセリ(あれば) 少々 こちらはチーズの香りと濃厚な味わいが感じられるスープパスタとなっています。 そこに ジャガイモやコーンによる甘味やベーコンの旨味が溶け出して、パスタの絡みもいいスープとしておすすめです。 パスタ2人分• オリーブオイル(炒め用) 大さじ1• にんにく(みじん切り) 1片• 椎茸 4枚• しめじ 1パック• ウインナー(ベーコン可) 8本ぐらい• 水 400cc• コンソメキューブ 2個• 醤油 大さじ1半~2• 料理酒 大さじ1• 刻み海苔 適量• 大葉(千切り) 4枚分• ごま油 適量 スープと言えば洋風のイメージがありますが、和風スープパスタも存在します。 コンソメに日本特有の醤油や料理酒を使うことで 和と洋が合わさったスープとなっています。 鶏むね肉 350g• 片栗粉 大さじ2• トマト缶 1缶• 塩コショウ 少々• 水 600ml• コンソメ 2個• パスタ 60g• なす 3個• ブロッコリー 1株 パスタと切っても切れないのがトマトですが、それを使用し、 鶏肉の旨味を内包することで美味しいスープになります。 トマト缶を使用するので、調理も簡単です。 マ・マー 早ゆで1分30秒クルル 50g• ウインナー 70g• 卵 2個• 顆粒コンソメ 小さじ2• 水 400ml• とろけるチーズ 40g• パセリ(乾燥) 適量• 塩 少々 とろーり溶けたチーズと卵の相性は抜群です。 さらにウインナーの旨味も溶け出したスープは パスタとの絡みも非常に良いです。 パスタ 200g• シーフードミックス(冷凍) 適宜• ベーコン 40g• おろしにんにく(チューブ) 大さじ1• オリーブオイル 大さじ1• 白ワイン 50cc• トマト缶 1缶• 水 300cc• 固形コンソメ 1個• 塩 適宜• こしょう 適宜• パルメザンチーズ 適宜 魚介類とトマトの相性も良いです。 魚介から出た出汁をトマトの旨味でまとめたスープは絶品で、これだけでも美味しくいただけますが、パスタと絡めても楽しめる一品です。 冷蔵庫に残っている野菜 お好きな量(玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、コーン、ナス、キノコ類など)• ベーコン(またはウインナー) 40g位• ホールトマト缶 1缶(400g)• 塩コショウ 少々• ニンニク(みじん切り) 1片• オリーブオイル 大さじ3• 粉チーズ 少々• スパゲティ(今回は茹で時間5分を使用) 200〜250g位• 水 4カップ(太めの麺の場合は茹で時間が長いので増やしてください)• 固形コンソメ 2個• 酒 大さじ1• 砂糖 大さじ1• 乾燥バジル 適宜 トマトを使ったレシピが続きますが、こちらは パスタの別茹でが必要のないレシピになります。 調理をする上でパスタが茹で上がるのと時間差ができないため、そのようなことを考えるのが面倒な方にはおすすめのレシピです。 パスタ お好みの量• 牛乳 500cc• 固形コンソメ 2個• ベーコン 4〜5枚• ほうれん草 1束• エリンギ(きのこならなんでも) 1本 ほうれん草は鉄分が豊富に含まれており、 貧血気味になりやすい女性の方にもおすすめです。 ベーコンの旨味が溶け出したミルクスープで優しい味わいなのもポイントです。 パスタ 80g• キャベツ 2枚(約100g)• ベーコン 1枚• オリーブオイル 小さじ1• 水 150cc• コンソメ(顆粒) 小さじ1• 豆乳(牛乳でも可) 150cc• 粉チーズ 大さじ2• ガーリックパウダー 適量• 塩 少々• ブラックペッパー 適量 こちらもミルクスープですが、 春キャベツの甘味を活かしたスープパスタになっています。 柔らかな味わいでこちらも食べやすいパスタです。 あらびきウインナー 2~3本• 明治おいしい牛乳 200cc• ケチャップ 大さじ1. ウスターソース 小さじ1. あらびき胡椒 適量• 粉チーズ 適量(お好みで無くても可) 日本生まれの ナポリタンをミルクスープでまとめたのがこちらのレシピです。 ナポリタンが好きな方はこちらも試してみてください。 納豆 1パック• 水 180cc• 本ダシ 大さじ1• 醤油 大さじ2• 鰹節 適宜• ネギ 適宜 納豆が苦手な方には少し厳しいですが、和風にまとめたスープで 材料も少ない簡単レシピになります。 冷蔵庫に納豆が余ってしまっている方は是非作ってみてほしいレシピです。 パスタ2人分 200g位• にんにく 1片• ベーコン 3切れ~• あさり 200g位• 生クリーム 50ml(お好みで)• 牛乳 250ml• 白ワイン(酒でも可) 大さじ2• オリーブ油 適量• コンソメ キューブ1(小さじ2)• 塩コショウ 適量• バター 10g(お好みで)• きのこ(好きなもの) お好みで(旨味が増します) ギリシャで作られるレシピが公開されています。 材料にもありますが、 キノコを入れることで旨味が増しますが、日本でよく使われるしいたけやしめじなどがおすすめです。 スパゲティ 200g• ベーコン(ハーフサイズ) 5枚• ホールコーン 大さじ山盛り5~6杯• 牛乳 2カップ• 固形コンソメ 1個• オリーブオイル 大さじ1• 薄力粉 大さじ1• 塩 適量• こしょう 適量• 粉チーズ お好みで• ドライパセリ お好みで ベーコンとコーンを入れた オーソドックスなスープではありますが、パスタを入れた時の相性がいいスープになります。 小麦粉とチーズによるとろみによってよく絡んで美味しいです。 ベーコン 2枚• にんにく 1粒• 牛乳 300cc• 生クリーム 100cc• オリーブオイル 大さじ1• コンソメ 1. 塩 少々• こしょう(黒コショウでも良い) 少々• パセリ(なくても可) 適量• スパゲティ 200g パスタではトマトソースと同様にお馴染みのソースがクリームなわけですが、その 濃厚な味わいをスープにしたのがこちらです。 玉ねぎ、ベーコン、しめじの旨味でしっかりとまとめられています。 パスタ 2束• バター 15g• 茹で汁 おたま2〜3杯分• 松茸のお吸い物の素 2袋• 醤油 大さじ1• 刻みネギ 適量• ブラックペッパー 適量 松茸のお吸い物は様々な料理に利用できることで有名ですが、こちらのスープの下地にも使われています。 和風の味わいに 茸を加えることでさらに旨味が増し、美味しくいただくことができるスープになります。 同量のお水と牛乳 適量(各200mlほど)• お好きなお野菜 適量• ハムやウインナー、ベーコン(ささみやむね肉でも) 適量• クレイジーソルト(なければ塩) 適量• 胡椒 適量• パルメザンチーズ 適量(小さじ1程度)• とろけるチーズ(あれば) 適量(小さじ1程度)• コンソメの素 1個 2種類のチーズを使用して濃厚に作られたミルクスープはパスタの絡みも非常に良いのが特徴です。 ハムやウインナー、ベーコンなどの旨味も溶け出しているので、その美味しさもプラスして何度も食べたくなる一品です。

次の