きそう 235 ドラマ。 機捜235 : 今野敏

中村梅雀主演、2時間ミステリーの新作『機捜235』 原作者・今野敏氏が現場訪問

きそう 235 ドラマ

機捜235動画配信ドラマ2020年4月24日春 今野敏サスペンス 2020年4月24日19時57分から『今野敏サスペンス 機捜235 春の新作! 野心家イケメン(平岡祐太)とバディを組み、意外な力で事件の真相を痛快に暴く! 番組内容 警視庁第二機動捜査隊の高丸卓也(平岡祐太)は怪我をした相棒の代わりに定年間際の男・縞長省一(中村梅雀)とバディを組むことになる。 ガッカリする高丸だったが、縞長との捜査初日、渋谷の高架下で男性の遺体が見つかる。 その遺体を見た縞長はポケットにあった写真入りの身分証明書が偽造されたものであること、男が常習窃盗で指名手配されている人物だと瞬時に見抜く。 そう、縞長は思いがけない実力を秘めた刑事だったのだーー!警察小説の旗手、今野敏原作の傑作エンターテインメント! 今野敏サスペンス 機捜235 キャスト 縞長省一…中村梅雀 高丸卓也…平岡祐太 榎本睦美…釈由美子 鈴木剛…金井勇太 徳田一誠…東根作寿英 井川栄子…柳ゆり菜 諸岡仁志…岡田浩暉 梅原健太…染谷俊之 富岡理香…階戸瑠李 佐野亜里沙…安座間美優 春日徹…吉岡睦雄 志田信夫…芦川誠 安永知世…山本未來 熊井勝…神保悟志 天童隆一…榎木孝明 今野敏サスペンス 機捜235 動画ストーリー性 今野敏サスペンス 機捜235は、平岡祐太さんと中村梅雀というかなりあべこべな2人が、年の差のコンビを組むということなのでどんなバディになるのか楽しみだなと思いました。 ものすごくアンバランスな感じがするけど、うまく協力して真実にたどり着くことはできるんだろうかと楽しみです。 縞長は定年間近のおじさんだけど、思いがけない実力を秘めているそうなので、その力がどんなものなんだろうかと気になります。 殺された遺体の男性が指名手配犯であることを見抜いてしまうそうなので、記憶力や勘が冴えているのかもなと思いました。 また、平岡祐太さんの演じる高岡という刑事も、野心にもえる人物だということなので、熱い刑事なのかなと楽しみです。 はじめは縞長と組むことをとても嫌がるそうだけど、縞長の知られざる能力を目の当たりにするうちに、どんどん良いバディになっていくのかもなと思いました。 今回の被害者は、縞長が犯人を捕まえられなかった事件の遺族の家族だということなので、並々ならぬ思いがあるだろうなと感じました。 縞長がどんな気持ちで事件を追うのかが気になります。 盗みに入られたというのに何も盗まれたものがないというのは変なのでどんな真相が隠されているのか楽しみです。 今野敏サスペンス 機捜235 動画 楽しみな点 年の差バディ 機捜235は、今野敏さんの同名小説が原作ということなのでそれだけでもう期待している人もおおいかもしれませんね。 警察小説の名手の作品から、中村梅雀さんと平岡祐太さんのバディが誕生。 異色で年の差の2人がどんな活躍をみせてくれるのか楽しみですね。 機捜とは機動捜査隊のこと。 面白そうだなと思ったのが、ちょっと野心家でやる気に溢れる若い高丸 平岡祐太 とバディを組む縞長 中村梅雀。 高丸としては自分とバディを組むのが定年間近の縞長でガッカリ。 だけど実はその縞長は凄腕だった、という能ある鷹は爪を隠すというけどまさにこの縦縞がそういう感じだから、高丸もそこに驚かされていったりするんでしょうね。 一見頼り無さそうだと思ってた男が驚きの実力で活躍なんて痛快ですよね。 指名手配犯の顔をすぐに見抜いたり、身分証明書をみてそれが偽物だと早くに気がつけたりと、思わぬ能力の高さを持つバディの存在。 2人のタッグで事件を解決していく様子が面白そうです。 色々違う2人だけど、きっと高丸は縞長の能力に驚かされ、認めて、影響を受ける部分もあるかもしれませんね。 見た目も年もやり方も違う2人、若手機動捜査隊にとっても良い刺激をうけることになっていきそうな気がします。 今野敏サスペンス 機捜235は、平岡祐太さんと中村梅雀というかなりあべこべな2人が、年の差のコンビを組むということなのでどんなバディになるのか楽しみだなと思いました。 ものすごくアンバランスな感じがするけど、うまく協力して真実にたどり着くことはできるんだろうかと楽しみです。 縞長は定年間近のおじさんだけど、思いがけない実力を秘めているそうなので、その力がどんなものなんだろうかと気になります。 殺された遺体の男性が指名手配犯であることを見抜いてしまうそうなので、記憶力や勘が冴えているのかもなと思いました。 また、平岡祐太さんの演じる高岡という刑事も、野心にもえる人物だということなので、熱い刑事なのかなと楽しみです。 はじめは縞長と組むことをとても嫌がるそうだけど、縞長の知られざる能力を目の当たりにするうちに、どんどん良いバディになっていくのかもなと思いました。 今回の被害者は、縞長が犯人を捕まえられなかった事件の遺族の家族だということなので、並々ならぬ思いがあるだろうなと感じました。 縞長がどんな気持ちで事件を追うのかが気になります。 盗みに入られたというのに何も盗まれたものがないというのは変なのでどんな真相が隠されているのか楽しみです。 今野敏サスペンス 機捜235 動画 視聴者感想 楽しみな所は、人気作家の今野敏先生の原作ドラマを観れる所です。 しかも中村梅雀さんとタッグを組むのは、淺見光彦シリーズで主演を務めたイケメン俳優の平岡裕太さんという所も楽しみです。 定年間近の見当たり捜査官という設定が、面白そうです。 定年間近まで事件を捜査してきたので刑事としての経験もありますし見当たり捜査官なので犯人の顔を記憶しているのでそれが、今回の事件とどう絡んでくるのか楽しみです。 機動捜査隊を舞台にした作品は、過去にも観ていますが、捜査に時間も関わってくれるのでそこが、見どころでもありますね。 機動捜査の時間内にどれだけ事件の真実に近づけるのかも注目ポイントです。 物語は、過去に犯罪を犯していた犯人が、殺害されたという事で見当たり捜査官としての縞長の腕が、事件に役立ちますね。 高丸は、若いので犯人を追いかけるなどのアクションシーンに期待したいです。 面白そうな所は、定年間近の刑事と組まされてやる気をなくしていた高丸が、縞長の刑事としての実力を知って相棒として認めるようになるシーンです。 本当の相棒は、ケガをしているのでその間だけの相棒になるのか今後も相棒としてタッグを組むのかも注目ポイントです。 まとめ 若手機動捜査隊と定年間近の主人公 若手機動捜査隊の高丸卓也 平岡祐太 とバディを組むことになるのがなぜ定年間際の縞長省一 中村梅雀 だったのか。 警察官としての縞長の高い捜査能力は知る人ぞ知るみたいな感じなのかもしれませんね。 警視庁刑事部直轄の執行部隊である機動捜査隊。 それが機捜。 街を覆面パトカーで密行というのもカッコイイですね! そして通報があったらまず真っ先に駆け付ける。 そこに年齢も行った人がポッと来ちゃったと思ったら、ガンガンやる気の若手にしたらガクッときてしまいそう。 しかしそれこそがこのドラマの醍醐味になっていそうなんですよね。 縞長の持つ意外な実力。 水戸黄門みたいな痛快さがありそう。 ただのおじいちゃんだなんてあなどっていたら火傷することになっちゃうかも? 驚くべき、縞長の警察としての能力の高さ。 機捜が次々に事件の真相を暴いていく活躍、楽しんで観られそうですね。 イケイケな平岡祐太さんの姿も楽しみです。 デビューした頃の平岡祐太さんはそれこそ爽やかでかっこよくて、可愛らしさもある癒し系の顔立ちだと思っていました。 今はちょっと毒のある悪め役などもあるし、こういうギラつきのある役というのも。 機動捜査隊の若手隊員の高丸が、縞長と関わってどう変化していくのか、成長もありそうですね。

次の

【テレ東・機捜235ドラマ・ネタバレ・感想】縞さん(中村梅雀)さすが!

きそう 235 ドラマ

この度、2時間ミステリーの新作 「今野敏サスペンス 機捜235」を 4月24日(金)夜7時57分に放送することを決定しました。 原作は警察小説の旗手・ 今野敏『機捜235』(光文社刊)。 警視庁第二機動捜査隊の若手隊員・高丸卓也の相棒として現れたのは定年間際の男・縞長省一。 ) 定年間際に警視庁第二機動捜査隊に配属される主役・縞長省一を演じるのは、 中村梅雀。 そんな年の離れた縞長と図らずもタッグを組むことになる若手隊員・高丸卓也を演じるのは 平岡祐太。 この異色のタッグが機捜235=覆面パトカーに乗り込み、次々と事件の真相を暴いていきます。 また本作には、 釈由美子、 金井勇太、 東根作寿英、 山本未來、 神保悟志、 榎木孝明といった実力派俳優陣が集結!放送を前に場面写真も新たに公開します。 【中村梅雀コメント】 見た目ウダツが上がらない縞長は、定年間近でいながら未だに若い高丸と同じ巡査部長という階級。 それはただ単にペーパーテストが苦手で出世欲が無かったというだけ。 実は見当たり捜査暦10年、指名手配犯の顔(目)と名前を1,000人記憶している、というとかなりの特殊技能保持者。 それでもどこまでも謙虚という、今時あまりいないタイプの人物です。 「この人物の素性をもっと知りたい」と思って頂けたら嬉しいです。 撮影は天候にも恵まれ、非常に順調に進みました。 スタッフもキャストも良い人ばかりで、素敵な空気感でした。 「機捜235号車」の車内の撮影は、何度も何度も様々な角度を撮るので、なかなか手間が掛かりました(笑)。 今野敏先生が撮影現場にいらっしゃったのはとても光栄でした。 嬉しかったです。 人気作品の実写化にはプレッシャーが付き物ですが、よく見かける2時間ドラマ的な、説明的な演技をしないようにしたい。 なので主役だからといって力を込めて踏ん張るようなことはしませんでした。 機動捜査がどういう役割を果たしているのか、とても分かりやすく描かれています。 縞長の、機動捜査という立場を逸脱してでも事件解決のために現場に向かいたい、という意地も、警察官としての魅力です。 若い高丸が年配の縞長を、次第に理解していくところも面白い。 今回の事件が何故起きてしまったのか。 その真相が分かった時、グッと心に響きます。 【平岡祐太コメント】 高丸卓也は捜査一課に引き上げられるよう奮闘しているのですが、熱心なあまり時に空回りぎみです。 そんな高丸と縞長さんとの凸凹コンビ感を楽しんで頂けたらと思います。 中村さんが、ベースが大好きだとお聞きして、自分もギターが好きなので、撮影の合間に音楽の話を沢山させて頂きました。 次は是非、バンドでもご一緒させて頂けると嬉しいです。 原作は最前線での様子がリアルかつ臨場感のある小説ですので、カーチェイスや犯人を追い詰めるシーンなどでは、その臨場感が出せればいいなと思っていました。 みどころは縞長さんのある能力。 それが撮影していても面白く感じていました。 中村梅雀さんと内藤剛志さん、そして原作者の今野敏さんと私がたまたま同じ歳であることも嬉しい偶然です。 中村梅雀さんは役者としてとても尊敬する存在であり、同世代としての親近感を覚えます。 梅雀さんの存在感と芝居の説得力に視聴者も安心感を覚えることと思います。 (『機捜235』は)今野先生ご自身が武術家でいらっしゃるために、物語の行動心理に無理と無駄がなく、ハードボイルドタッチの世界観を遺憾なく発揮させてもらえている作品だと思います。 老練とフレッシュの2人の機動捜査隊隊員が織りなす心理の変化が、物語に見事に生かされています。 合わせて管理官との過去の共通の体験が多重構造となり、物語の厚みを増していると思います。 【今野敏コメント】 機動捜査隊は、その名のとおり機動力を活かした警視庁刑事部の執行部隊です。 そこに風変わりな隊員が配属されるという設定です。 原作は短編集なので、それがドラマでどう料理されるか、興味津々です。 収録を見学させていただきましたが、中村梅雀さんのお人柄でしょうか、とてもいいムードの現場でした。 樋口シリーズでお馴染みの、榎木孝明さん演じる天童管理官の登場にも注目していただきたいです。 梅雀さん、榎木さん、そして私は同学年です。 【あらすじ】 定年間近の見当たり捜査官が突如機動捜査隊へ!やる気満々の若手隊員とバディを組むが…。 ロートル警察官が意外な力を発揮し次々と事件の真相を暴く傑作痛快サスペンス! 機動捜査隊、通称・機捜は警視庁刑事部直轄の執行部隊。 機捜235=覆面パトカーで街を密行し、通報があれば真っ先に駆け付けるのが職務だ。 警視庁第二機動捜査隊の高丸卓也(平岡祐太)は怪我をした相棒の代わりに定年間際の男・縞長省一(中村梅雀)とバディを組むことに。 ガッカリする高丸だったが、2人で機捜235に乗り込み街を巡回していると、男女がもみ合っているという通報が。 現場に急行すると春日徹(吉岡睦雄)が富岡理香(階戸瑠李)の腕を掴み口論していた。 そこに理香の担当弁護士・榎本睦美(釈由美子)が駆けつける。 理香は元上司・春日をセクハラで訴えていて…。 春日を制服警官に引き渡すと、今度は渋谷の高架下で男の遺体が見つかったと通報が。 現場に駆け付けた高丸は近くの飲食店の店主・鈴木剛(金井勇太)に聞き込みを行う。 一方の縞長は遺体の顔を見て、常習窃盗で指名手配されている志田信夫(芦川誠)であると見抜く。 縞長は元見当たり捜査班で指名手配犯の顔を記憶して逮捕する部署にいたのだ。 志田の自宅を家宅捜索すると、睦美の法律事務所に盗みに入った痕跡を見つける。 睦美に事情を聞くが、何も盗まれたものはないという。 睦美を複雑な思いで見つめる縞長。 実は20年前、蒲田中央署の同僚だった縞長と管理官・天童隆一(榎木孝明)は強盗放火殺人事件を担当。 その被害者・榎本雄一郎は睦美の義理の父だった。 被疑者はすぐに浮かんだが、逃走中に死亡。

次の

4月下旬は“梅雀さん沼”にハマりそう…!まずは『今野敏サスペンス 機捜235』中村梅雀さん&平岡祐太さんの“年の差機捜バディ”に注目!|テレビ東京公式note

きそう 235 ドラマ

4月11日に放送されたNHK Eテレ『SWITCHインタビュー達人達』に、『機捜235』(光文社)の著者・今野敏さんが、元厚生労働省事務次官・村木厚子さんとともに出演されました。 外から組織を描いてきたプロと、組織を登りつめてきた達人として語り合った二人。 番組は4月18日(土)午前0:00~午前0:50に再放送される予定です。 バディ刑事小説の傑作! 渋谷署に分駐所を置く警視庁第二機動捜査隊の高丸の新しい相棒が着任した。 それは白髪頭のどう見ても定年間際の男・縞長だった。 心の中で溜め息をつく高丸だったが、縞長は苦労を重ね、思いがけない実力を秘めた刑事だった! 【著者紹介】 今野 敏(こんの びん) 1955年、北海道生まれ。 '78年「怪物が街にやってくる」で第4回問題小説新人賞を受賞。 2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞、'08年『果断隠蔽捜査2』で第21回山本周五郎賞、第61回日本推理作家協会賞をダブル受賞。 '17年「隠蔽捜査」シリーズで第2回吉川英治文庫賞を受賞。 日本推理作家協会代表理事。 詳細は近日公開します。

次の