ぺ ニス 赤い 発疹。 虫刺されで赤い斑点が出る3つの理由とは?

身体中に謎の発疹が大量発生「原因不明が一番怖い」恐怖のどん底に(ノД`)

ぺ ニス 赤い 発疹

両腕(手の甲も)全体に赤い湿疹・・・というか、赤いまだら模様のようなものが広がっています。 腕以外は何とも無いです。 痛みもかゆみも無かったのでいつからそうなったのかは気付かなかったのですが、 気付くと気になって仕方がありません。 数分間ですが、日焼け止めを塗らずに日光に当たったからでしょうか。 食べ物でアレルギーは特にありません。 ちなみに、今日食べたものはカフェのモーニング(サンドウィッチとカフェラテ)セットだけです。 他に変わったことと言えば、10日程前に急性喉頭蓋炎になり、3日間ステロイド剤を点滴したことくらいです。 点滴後、胃が痛くなったりはしましたが、現在は回復しつつあります。 何か原因で思い当たることがあれば教えていただけると幸いです。 私も 薬疹 を疑うのがベターかと思います。 経験したのですが 私は バファリンでした。 どうしても 頭痛が酷く 今迄は ノーシン を服用してましたが 夫は 頭痛には バファリン と言う人間なので その時に バファリンしか家に置いてなかったのです。 服用し 数日後に 二の腕等に 赤い小さな発疹が無数にあり 皮膚科を受診しました。 そこで 薬疹 の可能性あり と言われました。 体内から消えるには 数日 と言われました。 その後 風邪を引いた 等で病院を受診するにも アレルギーがある事を伝えてます。 私の場合は 自宅にて 市販薬ですが 病院で投与を受けたのなら 一応連絡し 休日ではあるけど入らして下さい と言われたら行けば良いですし 明日受診してみて下さい と言われたら 明日行けば良いと思います。 それと 胃が痛くなったのに カフェラテは まずいんじゃない? 乳製品の方が多いでしょうけど それでも カフェインは入ってるし。 まずは、病院へ行きましょう。 ここですべて解決するのは愚かです。 情報が限られているので、この情報からだけだと、診断を見逃してしますからね。 とりあえず、これまでの情報から一番怖いものは「薬疹」です。 薬疹はどんな薬でも起こり、今回ステロイドの使用が初めてであったのであれば可能性として上がりますし、それ以前に解熱剤などを飲んでいればそれも、原因の薬剤として考えられます。 まずは採血して肝酵素異常あれば入院ですし、そのほか大事な後遺症につながる注意すべき症状があるので、病院にいけばそれについて聞かれます。 一番軽傷であれば、ウイルス感染後の皮疹。 急性喉頭蓋炎の起炎菌はインフルエンザ菌とかなんで、可能性としては考えられます。 いずれにしても、ここで解決するなら医者はいりません。 ちゃんと診てもらって、皮疹をみてもらって、採血必要か、ほっといてもよさそうか、判断してもらいましょう。 Q 私の知人の話ですが、腕に赤い点々がある時から現れ始めました。 腫れたりしているわけではないようで凹凸はなく、 表面非常にに小さな点がポツポツと描かれているような感じです。 腕の裏(でいいのかな?皮膚の薄い、白っぽい側)だけで、 表には特になかったと思います。 これは何でしょうか?うつったりしないのでしょうか? 盗難に遭い保険証が無い状態ですので、まだ皮膚科検診を受けられずにいます。 こちらで検索したところ似たような症状は見つかったのですが 肝臓が悪いとか、心配することはないとか、いろいろあり、 また、同じ症状であるか確信が持てませんでしたので、 写真などありましたら参照させていただけると助かります。 同じような点々のある写真は見つからなくて… ちなみに知人は、男性、肥満、高血圧、煙草とお酒も少々です…。 それが無くてもどこか悪そうですが…; 原因や改善法などもわかれば教えていただけると幸いです。 Q どなたか同じ症状の方がいらっしゃらないか、と思い質問させていただきます。 現在、脚の付け根の前面(鼠蹊部近く)と、腹部、脇腹に、何かを散らしたような赤い発疹が出ていますが、痛みも痒みもまったくありません。 最初に気づいたのは5月1日の夜に、脚の付け根の前面に、10個くらいの大小さまざまな発疹が出ているのに気づきました。 そのときは、下着の締め付けの汗疹かな?と思いながらも、痒みもなく4月29日からの3連休ということもあり、締め付けるような下着は着ていなかったことで、変だな、とは思いましたが、塗り薬を塗ってそのままにしておきました。 しかし翌日の夜の入浴時には、前日に加え腹部、脇腹に多数の赤い発疹が出ていました。 帯状疱疹かと思いましたが痛みがないため、前日と同じ塗り薬を塗り、そのままにしていました。 2、3日で消えるだろうと思っていたのですが、1週間経過した今も消えず、数は増えずに色も薄くなったように思えますが、入浴など体が温まるとまた目立ってきます。 薬疹の可能性も考えましたが、薬は一切服用した覚えがありません。 なお、胃のペプシノーゲン検査で陽性が出て病院にいかなければならないと思いながら、今に至っていますが、胃の症状と何か関係はあるのでしょうか? また同じような経験をお持ちの方がいらっしゃればご意見など伺いたいと思います。 よろしくお願いします。 どなたか同じ症状の方がいらっしゃらないか、と思い質問させていただきます。 現在、脚の付け根の前面(鼠蹊部近く)と、腹部、脇腹に、何かを散らしたような赤い発疹が出ていますが、痛みも痒みもまったくありません。 最初に気づいたのは5月1日の夜に、脚の付け根の前面に、10個くらいの大小さまざまな発疹が出ているのに気づきました。 そのときは、下着の締め付けの汗疹かな?と思いながらも、痒みもなく4月29日からの3連休ということもあり、締め付けるような下着は着ていなかったことで、変だな... Q 半月ほど前から、両足のふくらはぎの内側と太ももの内側に、内出血のような赤いぷつぷつが広範囲にわたって出ています。 初めは左足のふくらはぎの内側、それから他の場所へと出ました。 痛みもかゆみも全くなく、肌表面の凹凸もないので、直に治るだろうと放っておいたのですが、少しづつ範囲が広くなってきているようなんです。 お風呂上りには、鮮やかな赤色になります。 ちょうど、強く掻きすぎてしまった後に出る内出血に似た感じなのですが、ぶつけたり、こすったりしたわけではありません。 これは、何かアレルギーなどによって起こる皮膚の症状なのでしょうか? ちなみに、一部の果物を生で食べると口の中などがかゆくなる、というアレルギーは持っています。 あとは動物アレルギーもあります。 ですが、これといって、その二つのアレルギーのせいであるような原因は考えられません。 ちょうどこの赤いぷつぷつの出る少し前に、左足薬指の爪の脇を化膿させてしまいました。 しばらく病院に行けず、長く膿の出る状態が続いたのですが、もしかしたらそのせいかと外科での受診の際、軽い感じで訊いてみたところ、関係ないだろうとのことでした。 左足薬指はほぼ治っていますが、赤いぷつぷつは一向に消える気配がありません。 かといってかゆみなどもないので、どうしてよいか困っています。 皮膚科に行くべきなのでしょうか? ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。 半月ほど前から、両足のふくらはぎの内側と太ももの内側に、内出血のような赤いぷつぷつが広範囲にわたって出ています。 初めは左足のふくらはぎの内側、それから他の場所へと出ました。 痛みもかゆみも全くなく、肌表面の凹凸もないので、直に治るだろうと放っておいたのですが、少しづつ範囲が広くなってきているようなんです。 お風呂上りには、鮮やかな赤色になります。 ちょうど、強く掻きすぎてしまった後に出る内出血に似た感じなのですが、ぶつけたり、こすったりしたわけではありません。 これは... Q 正確には良く覚えてないのですが、10日ほど前から発疹が出始めました。 もしかするとそれよりも前かもしれません 初めは両方の手からひじの間に数個出来ていて、 「汗疹とかなんかだろ」とすぐ治ると思い放置していたのですが、日がたつにつれて数個ずつ増えていったんです。 1週間ほどたつと違う部分にまで発疹が出るようになりました。 特に風呂上りがひどいです。 今現在、結構な痒みが体中にきてます。 痒くてのたうちまわってます。 陰部と首から上だけにはまだ出ていませんが、時間の問題のような気がします。 昨日皮膚科に行き、ウイルス性の~だろうと風邪の一つの症状だと言われました。 体から発疹が出る風邪もあるんだとか。 その際にアレグラというアレルギー性の物を抑える薬と塗り薬ももらいましたが、効果あるようなないような微妙な結果です。 飲んでからも、体の発疹が徐々に広がってます。 いったいなんなんでしょうか。 初めての症状で治る気配がなく、戸惑っています。 年は19ですが腎臓とか肝臓とかに関連していたりするんでしょうか。 内科行って血液検査とか行ってきた方がいいと言われたんですが、内科で良いんでしょうか。 知識ある方是非回答お願いします。 助けてください。 正確には良く覚えてないのですが、10日ほど前から発疹が出始めました。 もしかするとそれよりも前かもしれません 初めは両方の手からひじの間に数個出来ていて、 「汗疹とかなんかだろ」とすぐ治ると思い放置していたのですが、日がたつにつれて数個ずつ増えていったんです。 1週間ほどたつと違う部分にまで発疹が出るようになりました。 A ベストアンサー 風呂上りにひどくなるのは痒みのことだと思いますが、体温が上昇すると痒みは増強してしまいます。 痒みが軽減するまでは、入浴はぬるめの湯で短時間で済ませるほうが良いでしょうし、 睡眠中も必要以上に身体が温まらないようにしないと、痒くて更に眠り辛くなります。 もちろん(とても辛いでしょうが)掻かないこと。 内科的な原因があってのことなのかどうかを確認するためですので、 内科で血液検査を受けて下さい。 皮膚科で血液検査しても構わないのですが、内科的に問題があった場合に対処がスムースです。 尚、昨日(もう一昨日ですね)の受診以降、発疹が拡大しており、痒みも強くなっているとのことですので、 本日もう一度、皮膚科受診することをお勧めします(前回と同じ皮膚科で良いです)。 その際、G. W期間に入りますので、症状の改善が見られなかった場合はどうすれば良いか医師に確認して おくと良いです。 発疹の原因は特定できないケースは非常に多く、初めに貰った薬では効果が得られないという場合も 全く珍しくありません。 大変お辛いとは思いますが、あまり不安にならず、少しでも身体を休めて下さい。 どうぞお大事に。。。 風呂上りにひどくなるのは痒みのことだと思いますが、体温が上昇すると痒みは増強してしまいます。 痒みが軽減するまでは、入浴はぬるめの湯で短時間で済ませるほうが良いでしょうし、 睡眠中も必要以上に身体が温まらないようにしないと、痒くて更に眠り辛くなります。 もちろん(とても辛いでしょうが)掻かないこと。 内科的な原因があってのことなのかどうかを確認するためですので、 内科で血液検査を受けて下さい。 皮膚科で血液検査しても構わないのですが、内科的に問題があった場合に対処がスム... Q 教えて頂けましたら幸いです。 2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。 既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。 2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。 おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。 赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。 掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。 一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。 また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。 が、治るどころかむしろ広がって行くんです。 これってなんの病気なのでしょうか? じんましん?アレルギー? 2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。 毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが… 詳しい方、教えてください!!困っています… 教えて頂けましたら幸いです。 2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。 既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。 2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。 おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。 赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。 掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。 A ベストアンサー 私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。 (長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい) 単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。 日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。 今から8年くらい前にパン屋で働いていました。 丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。 だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。 皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。 と言われステロイドの塗り薬をもらいました。 使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。 といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。 ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。 皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。 それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。 という生活が始まりました。 その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。 やはり水仕事が原因だったか。 とその時は思いました。 完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。 丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。 以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。 水仕事はしていないのに、おかしい。 と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。 中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。 おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。 ずいぶんぶっきらぼうだな。 と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。 使い始めてから2週間で、一気に治ったのです! その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。 そ こから、私のリサーチが始まりました。 ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。 それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。 その中でカンジダ菌という文字が目につきました。 もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。 『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。 8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。 一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。 このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。 ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。 と書い てあります。 このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。 しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。 そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。 そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus というプロバイオティクスでした。 これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。 この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。 それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。 約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。 アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。 なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。 ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。 カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。 また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。 つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。 以上、長々と書きました。 すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。 病気の名称もわかりません。 また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。 でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。 いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。 私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。 一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。 私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。 (長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい) 単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。 日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。 今から8年くらい前にパン屋で働いていました。 丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ... Q 1月頃から両腕がかゆくなりました。 特に内側がかゆく、発疹もたまに出るんです。 「乾燥してるのかな?」と思ったのですが、今シーズン初めてです。 毎年、冬に手の甲はすごく乾燥するのですが、腕がかゆくなる事などありませんでした。 で、皮膚科に行くと「乾燥ですね」と言われました。 今シーズンからいきなり乾燥してかゆくなる事ってあるんでしょうか? この先、毎年そうなってしまうのでしょうか? 塗り薬をもらったのですが、あまり効き目がありません・・・。 やはりかゆいです。 他の部分は乾燥していてもかゆくないですし、腕だけなんです! 乾燥で発疹って出るんでしょうか? 体も洗う回数を少なくしました。 ゴシゴシ洗ってません。 ちなみに普段、肌は強い方です。 他の事が原因かな・・?と思うんですが、経験者の方おられませんか? Q 成人女性です。 色々検索してみましたがお子さんの事例が多いですね。 丸二日間の発熱の後(最高が38. 今日になって数が増えたかどうかは分からないものの、一つづつのポツポツが 巨大化してきているので、赤い面積が広がり、酷くなった様な気がします。 痒みはありますが、それほど酷くはありあせん。 飲んだお薬は、市販薬のパブロンゴールド 最後に飲んでから、発疹がでるまで丁度24時間程です。 風邪発疹は大人でも出るのでしょうか? それとこういう場合、受診するのは内科か皮膚科の、どちらがいいのでしょうか? かかりつけ医は内科のみです よろしくお願いします A ベストアンサー 高熱の後に発疹が出る疾患は「突発性発疹症」といわれます。 主なウイルスにHHV6、HHV7があり、ほとんどの方は遅くとも3歳までに感染します(症状が出ないことも多い)。 しかし夏カゼなの他のウイルスでも起こることがわかっており成人でも罹患します。 発疹は3日程度で自然消失します。 そういった類のウイルス感染症(所謂カゼボロ)かもしれません。 あと、頻度が高いのは「溶連菌感染症」です。 大抵発疹は発熱と同時ですし、細かくてきれいな発疹です。 咽頭痛があれば可能性あります。 成人ではあまり合併症の心配は無いですが、かかるなら小児科もやっている内科が良いと思います。 咽頭ぬぐい液の検査で10分でわかります。 薬疹の可能性は否定できませんが、アレルギー体質でなく、以前から服用している薬であればあまり関連はないでしょうか。 「伝染性紅斑(りんご病)」は発熱しませんし、体の発疹のまえに頬部の発疹があります。 「風疹」の発疹は発熱と同時に出現、頚部のリンパ節がぐりぐりに腫脹し、発疹は細かいきれいなものです(発疹が出ると昔からすぐに風疹と誤診されます)。 「麻疹」は咳、鼻汁を伴い、発疹出現後も高熱が続きます。 いずれも合わないですね。 高熱の後に発疹が出る疾患は「突発性発疹症」といわれます。 主なウイルスにHHV6、HHV7があり、ほとんどの方は遅くとも3歳までに感染します(症状が出ないことも多い)。 しかし夏カゼなの他のウイルスでも起こることがわかっており成人でも罹患します。 発疹は3日程度で自然消失します。 そういった類のウイルス感染症(所謂カゼボロ)かもしれません。 あと、頻度が高いのは「溶連菌感染症」です。 大抵発疹は発熱と同時ですし、細かくてきれいな発疹です。 咽頭痛があれば可能性あります。 成人ではあまり合併...

次の

教えてください。亀頭の先端に赤い発疹が・・・

ぺ ニス 赤い 発疹

体に痒みのある赤い発疹が出る蕁麻疹。 発疹が全身に広がることもあります 全身のアレルギー反応が原因で起こる、蕁麻疹(じんましん)。 体の一部に痒みを伴う赤い発疹が出ます。 発疹が身体全身に広がることもあります。 「湿疹」と違い、触ってもがさがさしておらず、また普通は1日の中で発疹の出る場所が移り、出たり消えたりするのが特徴です。 また、「虫刺され」による赤くぷくっとした発疹を蕁麻疹と間違えることもあるようですが、虫刺されは狭い範囲に発疹が出て、場所が移動せず、同じところに出続ける点で蕁麻疹と区別できます。 蕁麻疹の症例画像・写真 蕁麻疹にはただ赤みが出るだけではなく、いくつかのタイプがあります。 実際の写真を見てみましょう。 これも蕁麻疹です。 蕁麻疹の原因……9割は原因不明だが食物アレルギーも多い 9割ほどの患者さんでは、何が蕁麻疹を出現させるアレルギーの原因になったのか不明のことが多いです。 原因不明で突然出てくる蕁麻疹を、「特発性蕁麻疹」と呼びます。 以下で、蕁麻疹の原因と考えられるものの例を挙げます。 子どもの蕁麻疹の原因となる食材としては、卵、牛乳、大豆に対するアレルギーが多く、大人の蕁麻疹の原因となる食材としては、エビ、カニが多いです。 これは血流が良くなることで、蕁麻疹の反応が出やすくなるためでしょう。 また、疲れたときやストレスがかかったときに蕁麻疹が出る場合もあります。 実際に、テスト勉強をする度に発疹が出て、休みになると蕁麻疹の症状が治まるという患者さんを診たことがあります。 また、薬を飲んで出る発疹の「薬疹」は蕁麻疹と区別が難しい場合がありますので、皮膚科医に診断してもらう必要があります。 急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹の違い 蕁麻疹は、数日ですぐに治まる「急性蕁麻疹」と、6週間以上続き、場合によっては年単位で症状が出たり消えたりする「慢性蕁麻疹」の2つに大きく分けられます。 食べ物などの原因がある場合は、原因がなくなれば症状も治まるので、急性蕁麻疹で済むことが通例です。 この場合は症状のあるときだけ飲み薬の治療を行い、症状がなくなれば治療をストップして問題ありません。 一方、慢性蕁麻疹の場合には長期間、原因がはっきりしないにもかかわらず症状が出続けるので、毎日定期的に飲み薬を飲んでおさえる必要があります。 特定の原因が疑われる場合には、アレルギーテストを含めて採血を行い検査することもあります。 蕁麻疹の治療の基本は抗ヒスタミン薬……市販薬・処方薬 蕁麻疹の治療の基本は「抗ヒスタミン薬」という飲み薬です。 蕁麻疹で赤く盛り上がった発疹が出るのは、「ヒスタミン」という物質が体内で放出されることが原因なので、これを抑えることでアレルギー反応を和らげることができます。 治療の基本は飲み薬ですが、皮膚表面を掻きこわして荒れてしまった場合、炎症を抑えるためのステロイドの塗り薬も効果があります。 「アレグラ」や「アレジオン」といった市販薬は処方薬と同じ成分ですので、蕁麻疹に対する効果が期待できます。 副作用もごく軽い眠気しかありませんので、ここまでに解説したような症状があり蕁麻疹が疑われるけれども、すぐに病院受診をすることができないような場合、大人ならまず市販薬で対処するのもよい方法です。 蕁麻疹の痒みが原因で掻きこわして、皮膚表面が荒れてしまった場合、皮膚科で処方されるステロイドの塗り薬が効果的 蕁麻疹治療の基本は抗ヒスタミン薬の飲み薬ですが、掻きこわしがある場合は、このようなステロイドの塗り薬を使用することもあります。 慢性蕁麻疹が治る期間……年単位の治療が必要なことも 蕁麻疹、特に慢性蕁麻疹の場合、抗ヒスタミン薬を毎日飲まなければ赤みのある発疹が出現してしまうことが多いので、毎日定期的に服薬して治療に当たる必要があります。 この場合も眠気以外の副作用はほとんどありませんので、大きな心配はありません。 なかには年単位で治療を続けている患者さんもいます。 慢性蕁麻疹の場合によく聞かれるのが「この病気は治りますか?」「いつになったら治るのですか?」という質問です。 これには明確な答えがなく、抗ヒスタミン薬を数カ月間飲み、止めても症状が出ずに治った人もいれば、5年間内服しているけれども止めるとすぐに症状が出てしまう人もいたりと、様々です。 まずは薬を飲んで症状を完全に抑える状態を続け、それから徐々に薬を減量して症状がなければ治療終了とするのがよいでしょう。 治療を焦ると症状がなかなか改善しませんので、自分に合った抗ヒスタミン薬を見つけ、長い目で見て治療していきましょう。 幸い内服薬の副作用は軽い眠気以外はほとんどないですので、安心して使うことができます。 子どもの蕁麻疹の原因・治療法 冒頭の症例画像でにも挙げた通り、大人と同じように、子どもにも蕁麻疹は起きます。 症状は大人と同じで、赤く痒い発疹が全身に出ますが、子どもの場合は一過性の急性蕁麻疹が多く、卵などアレルゲンになる食べ物を取った後や、風邪などをひいて体調が悪い時に出るケースが多いです。 特に子どもの場合は、原因がなくなると1~3日で蕁麻疹がひく場合が多いです。 中には大人によくみられるように長期間にわたって赤みや痒みが出たり消えたりすることがありますが、その場合も数カ月以上続くことはまれで、たいていは2ヶ月もすると発疹が出なくなります。 治療も大人と同じですが、慢性蕁麻疹になり長期化することは少ないので、抗ヒスタミン薬も症状がある期間のみ飲むことになります。 6ヶ月以上症状が続く場合は、子どもの場合は保険内でシロップまたはドライシロップの抗ヒスタミン薬を処方することができます。 皮膚科で効果的な治療を受けるのがよいでしょう。 まとめ 蕁麻疹になった場合、治療のメインは抗ヒスタミン薬という飲み薬です。 痒みで掻きこわして皮膚が荒れてしまった場合は、皮膚表面の炎症を抑えるステロイドの塗り薬も効果があります。 蕁麻疹は長期化する場合もありますが、皮膚科を受診して適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

次の

教えてください。亀頭の先端に赤い発疹が・・・

ぺ ニス 赤い 発疹

両の手首から発生した小さな点々の赤いポツポツが、年々増え続け、次第に手首から腕、そして足の甲にまで発生し、足の裏、くるぶし、ふくらはぎ、ふともも・・・。 手の平、二の腕、肩と広がっていく恐怖。 帯状疱疹を治してくれた皮膚科医ですら「う~ん・・・なんだろうね。 」と判断できなかったのですから素人の自分に分かるはずがなかったのです。 スラっとした長身と美貌でテレビで活躍しているモデルの菜々緒さん。 彼女は2014年に 原因不明の湿疹(しっしん)に悩まされていることを明かしたのを覚えています。 菜々緒は12月19日、「マンゴーの食べ過ぎで、マンゴーアレルギーになりました」と報告。 「 体に今まで見たことのない量のブツブツ」 と語っており、なかなか症状は重い様子。 だが、それでも明るい調子で、「でも、元気です! なんでも食べ過ぎは良くないですね。 程々に!」とコメントしていた。 しかし、菜々緒は12月22日、ブツブツについて再びツイート。 その後、病院で診察を受けたところ、 ブツブツの原因はマンゴーではないことがわかったそうで、 「 原因不明が一番怖い。 この酷い体のブツブツは一体…」 とさすがに嘆いている。 クッソーあいつらめ!という(笑)。 怒りと不安と悩みとストレスと頭の中が訳がわからなグチャグチャ状態になると、身体が危険な信号?サイン?みたいな知らせなのか蕁麻疹がぶわー!と大爆発するのです。 もう、ホント勘弁して下さい・・・(汗)。 うん、書いていて思ったんですが私の蕁麻疹の発症時期って今現在の職場に転職してきてからなんだな・・・。 はぁ、でも辞めるわけにはいかないしな・・・。

次の