シバター 撮影場所。 YouTuberへずまりゅう、シバターの妻子を公開し炎上も「これがYouTubeだ」宣言|ニフティニュース

【大炎上】人気YouTuberさん、シバターの自宅にアポなし凸 → 結果wwwwww: 思考ちゃんねる

シバター 撮影場所

本人と電話で話もしたんだけど かずきむぎちゃの最新動画、アレはないわ。 そもそも売名目的で迷惑行為を繰り返してる奴が、これまた売名目的で東京からマスクもせず移動してきて大騒ぎして、 奴の行動には正義がないだろうに。 正義がない目立ちたいだけの奴と一緒に行動して、正義を吠えてても言葉に何の力もないよ。 パチ屋を反社とか言ってたけど 今はパチンコ業界にヤクザは殆どいない訳で… 先入観で決めつけてて 業界や現状の理解度が全く足らないし あんなことはチンピラとかバカッターとかとやってる事変わらない。 ヒップホップって言葉に重みがなきゃ成立しないんじゃないのか? あんな行動してたら彼の口から出る言葉に重みが無くなってしまうよ。 しかし俺はむぎちゃに変わってほしいとも、変われるとも思わないので… 今後一切絡むのをやめようと思います。 ただ、悲しかったです。 再生数稼ぎに、YouTubeに飲み込まれてはいけないよ。 jtshibata がシェアした投稿 - 2020年 5月月5日午後6時58分PDT かずきむぎちゃさんの意見• シバターさんはパチンコの事情に詳しいようだが、フェニックスを運営している上の企業をネットで調べればわかると思うがそれなりに事情がある• へずまりゅうさんに誘われて軽い気持ちでパチンコ店に凸したわけではない• 音楽活動をしていうるのでナイトクラブやライブハウスの知り合いがいるが、そこも業種指定されている業種は従業員や家賃など同じ痛みだし、知り合いも苦しんでいるしそれをどうにかしたいと思っている• その中で未だに兵庫のパチンコ店は2店舗自粛せずにクラスターになるような場所を作っているのはなんで?法律で罰せられないからというだけで営業できるのは何故なのか?と憤りを感じた• へずまりゅうさんがフェニックス摩耶店に凸した翌日に、し、他のところでも爆破予告がされてるのに、普通の経営者ならこのまま営業しているのはマズイと思うはず• フェニックス長田店でもこれから公開される摩耶店でも自分は騒いでないし「なんで営業しているのか?」質問しに行っているだけだし、お客さんとして並びに来た感じではない人に蹴られたしおかしな雰囲気だった• へずまさんが暴走していたせいで店員さんも発言が荒かったが、自分は従業員さんに寄り添って話に行ったところ「経営者に直接言え」と言われたが、県から言われても自粛しないのに自分が行ったところで自粛すると思いますか?• 「業界への理解度が足らない」とシバターさんに言われたが、理解度が足らないのはシバターさんの方• HIPHOPの無観客配信イベントでも言ったが、みんなが自粛している中で休業指示に従わないパチンコ店があることを言わなかったらラッパーじゃないし、音楽で世の中を変えたいし休業してくれたら動画は全部消す• シバターさんも営業している2店舗の肩を持つより、休業するように言ったほうが今後のパチンコの営業も増えると思う• へずまさん達の行動はやりすぎだと思うしその場で注意したが、彼らのやり方を批判する気はないし、気に入らないなら自分の動画を見ないで下さい• 「再生数稼ぎに、YouTubeに飲み込まれてはいけないよ。 」って書いてますけど、これは自分の活動ですし政治的な活動だしこれに言わなかったらリアルじゃないし言葉に重みはない.

次の

【顔写真】シバタ―YouTuberの奥さん(嫁)はかわいい?ゴリラ?馴れ初めまとめ|ゆるぴっく

シバター 撮影場所

ステイホームというキャッチコピーがやたらと耳に残った 2020年のゴールデンウィークでしたね。 例年であれば、大型連休なので里帰りや旅行にデートなどで全国の 娯楽施設が輝きを増す時期でしたが今年はそうは行きませんでした。 基本的に三密と呼ばれる密閉・密集・密接に当てはまりそうな施設どころか不要不急の外出に相応しくない 娯楽施設は思い切り世間から叩かれたように感じます。 そのあおりを受けて甚大な被害にあったYouTuberがいます。 その人はパチンコYouTuberの 桜鷹虎さんです。 桜鷹虎さんは恐らく今の「 パチンコ」というジャンルのユーチューバの中でも後発組ながら、毎日更新と視聴者のニーズに応える実践動画などで有名になった人です。 今回はそんな 桜鷹虎さんについて記事にまとめました。 ぜひ、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。 スポンサーリンク ただ人の容姿を 形容詞で褒めるというのは表現した人の主観の部分があまりにも強すぎるので 桜鷹虎さんがめちゃイケメンかは不明です。 合コンなどでは女性が連れてくる友達は100%近く可愛い友達を連れてくるとおっしゃるようですが、それも読んだ友達の主観であり、 形容詞の怖いところです。 ですが、個人的に 桜鷹虎さんの動画を毎回視聴していて、時々パチンコの液晶がブラックアウトした時に映る撮影者である 桜鷹虎さんは輪郭としては今風のカッコいい人に見えたことはあります。 桜鷹虎の動画の特徴 個人的には 桜鷹虎さんの動画はよく見ていましたし、 高い編集技術を持っているのでけっこう臨場感のある実践動画はまさに時間泥棒と言える質の高いものでした。 使う金額や遊戯データなども見せてくれるので、自分がお店で売っているような感覚で見れるのでファンも多く、パチンコYouTuberの中では再生数から推測できる広告収入は軍を抜いています。 その叩き出す 金額はYou Tubeの月間売上は600万~700万とも言われています。 ただ、あまりにも質が高い編集と内容や毎日更新などの高いハードルを連日乗り越えていることから 桜鷹虎さんは1人だけでは無いという説も出ています。 さらには会社勤めや借金というのもリスナーに共感を持たれるための設定と言う噂も流布していますね。 桜鷹虎がシバターを訴える動画で見せる静かな怒り 頑張れ桜鷹虎! — ゼンマイ manndamuo 桜鷹虎さんは今流行の 自粛警察や自粛ヤクザという 匿名性の高い相手から批判を受けたのではありません。 バッシングの相手は同じYouTuberである シバターさんという凄まじき影響力を持つ人から執拗にバッシングを受けて悪い意味で知名度が上がってしまいました。 その被害は普段なら聞き流すという 桜鷹虎さんの忍耐がブチ切れるほどのもので、ついには 民事訴訟と 刑事告訴という訴えを決断することになり、Twitter上では桜鷹虎さんとシバターさんのファンの間で話題になっています。 ちなみに下記の記事でも詳しく 桜鷹虎さんがシバターさんを訴えるに至った経緯を説明していますので、お時間を分けていただけるようでしたら読んでいただけたら嬉しいです。 上記に貼らせていただいた動画は、 桜鷹虎さんのシンプルな主張です。 動画タイトルにもあるように黒い背景に白地のふと文字で「 シバター訴えます」という恐ろしくシンプルな動画タイトルです。 この訴えにいたるまでの過程は他の記事でも紹介させていただきましたが、上記の動画はスライド動画という文字が下から上に流れるだけの単純な構成ですし、言葉もすごく丁寧なのですが、 明らかに本気で怒っていることがわかります。 今回の訴えは個人情報の公開を示唆する動画による 身の危険を感じ、訴えるしか手段がなかったとありますが、これはあくまでも建前ようのに思えます。 桜鷹虎さんは自粛を半ば強要されている状況でも、リスクを顧みずに休業要請を受けているパチンコ店に行き実践するほどタフな人です。 訴える動機としての本命は2つめの理由です。 誹謗中傷やデマの拡散による業務妨害行動への本気の怒りだと思います。 今回はあまりにも シバターさんによる一方的な挑発行為や業務妨害は度が過ぎていたと思いますが、 桜鷹虎さんも自粛をせずに休業要請を受けているパチンコ屋さんに動画を撮りに行くという負い目があります。 そこで、 桜鷹虎さんは今回の訴訟はお 金ではなくて自己防衛という主張をしています。 桜鷹虎さんの雇った弁護士との話しでは、今回の件は 仮に勝訴した場合は数千万円の損害賠償金になるそうです。 しかし、話しはここで終わりではありません。 仮にシバターさんを相手に勝訴して多額の損害賠償金を受け取ることになったら、その金額を 寄付するとありました。 この損害賠償金を寄付するという善行はやらない偽善よりもやり偽善として僕は応援したくなりましたし、 桜鷹虎さんとシバターさんの対立は桜鷹虎さんに追い風が吹くと思います。 これは 桜鷹虎さん ご自身の利益を捨ててでもシバターさんを潰すという本気の姿勢のように思えました。 今後の進捗も動きがあり次第動画で知らせてくれるとのことなので、今後も桜鷹虎さんとシバターさんの動きに注視していきたいと思います。 今回の記事も読んでくださってありがとうございました。

次の

YouTuberへずまりゅう、シバターの妻子を公開し炎上も「これがYouTubeだ」宣言

シバター 撮影場所

監禁罪 刑法第二百二十条 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三月以上 七年以下の懲役に処する。 「不法に」とは,違法性が阻却されるようなものを除く趣旨であることを注意的に記載されたものである。 「監禁」とは,人が一定の区域から出ることを不可能又は著しく困難にしてその行動の自由を奪うことをいう。 恐怖心を利用する監禁も(裁決昭33• 19) 最判昭和28年6月17日 不法監禁罪は、 暴行によると脅迫によるとを問わず、他人を一定の場所の外に出ることができなくした場合に成立するので、その行為に出た動機目的が他に存すると否とを問わない。 最決昭和33年3月19日 刑法二二〇条一項にいう 「監禁」とは、人を一定の区域場所から脱出できないようにしてその自由を拘束することをいい、その方法は、必ずしも所論のように 暴行又は脅迫による場合のみに限らず、偽計によつて被害者の錯誤を利用する場合をも含むものと解するを相当とする。 つきまとい (軽犯罪法・迷惑防止条例) 拘留30日未満・科料1万円未満(軽犯罪法) 6月以下・50万円以下(迷惑防止条例) へずまりゅうは逮捕されるか? ラファエル氏などが威力業務妨害罪等で被害届・告訴状提出の準備をしているよう。 警視庁のみならず,県警も動いている? 上記の情報についてはアトム法律事務所の岡野先生(タケシ弁護士)のyoutube動画参照 このような状況下においては,そろそろ内偵捜査が入る可能性がある。 もしかしたら,もう警察は内偵捜査に動いている可能性も。。 半年程度の内偵捜査後逮捕等の動きか? へずまりゅう氏が今後も同様の活動を続けていくのであれば,内偵中の現行犯逮捕もあり得るところではないだろうか。

次の