織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か。 丹羽長秀

2019/12 : 本牧Jack『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か

[0]• 村上水軍(海賊)について• 投稿者: 屋代源三• 投稿日:2012年 7月21日 土 08時04分43秒 屋代島の海賊と言えば、村上水軍(海賊)が有名ですが、今、子孫たちはどうなって いるのでしょうね? 来島村上家は秀吉に走り、後に森藩久留島家となり、明治を迎えます。 大島にやってきたのは、能島村上と因島村上ですが、今、子孫たちの消息がわかりません。 能島村上宗家の図書家の人たちは屋代島からいなくなりました。 能島村上分家の一学家の人たちはわづかに和田に残っていると聞きますが、健在なのでしょうか? 因島村上家の末裔たちも在島と思われますが、こちらもよくわかりません。 なにか情報がありますでしょうか?• Re: 能島水軍の青木理兵衛• 投稿者: 屋代源三• 投稿日:2014年 7月11日 金 04時01分31秒• ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大変ですね。 昭和13年福岡県発行の「福岡県資料」に万延年中の福岡藩分限帳があります。 青木理兵衛が慶長年中藩士でいるので、この万延年中分限帳は幕末の青木家の子孫たちかもしれません。 見覚えの人はいませんか? 貴家が本家の「改正原戸籍」を本籍地の市町村役場で採っていれば幕末の先祖の名があるはずです。 上記の人名はありませんか?.

次の

滝川一益

織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か

朝廷より惟住(これずみ)の姓を賜ったので 惟住長秀ともいう。 羽柴越前守とも称した。 丹羽長秀邸址(西区児玉) 天文4年(1535年)9月20日、の次男として児玉(現在の)に生まれる。 は元々の家臣であったが、長秀は天文19年()からに仕えた。 天文22年()、梅津表の合戦にて19歳で初陣。 2年()のでは信長方に付き、3年()のにもの攻撃部隊には入っていないものの従軍はしている。 『』などからとのにおける戦いで台頭したと考えられ、永禄11年()にを奉じて信長が上洛した際、南の征伐で箕作城を攻めるなど武功を挙げた()。 の直後から信長は8ヶ月におよぶ近江の包囲を続けていたが、2年()に城将のが開城勧告を受けて退城すると、代わって長秀が佐和山城主となった。 若狭の支配 [ ] やで勢力を振るっていた討伐に加わり、信長の命令で義景の母(高徳院)や妻()、子のを処刑した。 元年()9月、長秀は一国を与えられ、織田家臣で最初の国持大名となった。 若狭国内での当初の大まかな知行宛行はが長秀、が粟屋氏、が逸見氏であり各領主は所領内に独立した支配権を持っていた。 この頃の長秀の家臣として・・・山田吉蔵・沼田吉延などがおり、与力としては信長直臣となった若狭衆(・・・山県秀政・内藤・熊谷等の若狭武田氏及び旧臣)が他国への出兵時に長秀の指揮下として軍事編制に加えられた。 更に軍事の他に若狭の治安維持や流通統制などの一国単位の取りまとめについても長秀が担っていた。 なお、大飯郡は逸見昌経の死によって、溝口秀勝が長秀家臣から信長直臣に取り立てられ、独立した知行を受けた。 本能寺の変に際して若狭では武田元明が明智方について没落したのに対し、粟屋・熊谷・山県・寺西の与力各氏は長秀の支配下に入り、家臣となった。 織田家の双璧 [ ] その後も長秀は、や征伐など、各地を転戦して功を挙げる。 さらに長秀は軍事だけではなく、政治面においても優れた手腕を発揮し、普請の総奉行を務めるなど多大な功を挙げている。 天正7年(1579年)にはのとともに、に攻め込みのに勝利している。 天正9年()には、主のを信長の命令で近江で誅殺した。 越中主・父子も、信長の命令で、長秀が城主をつとめる近江で幽閉の後、切腹となった。 同年のにおいても、一番に入場するという厚遇を与えられている。 またにも従軍しており、などで戦っている。 家老の席順としては、筆頭格の失脚後この位置に繰り上がったに続く二番家老の席次が与えられ、両名は織田家の双璧といわれた。 本能寺の変後 [ ] 天正10年()6月、・と共にの四国派遣軍(征討軍)の副将を命じられる。 また、上洛中のが大坂方面に向かうにあたり、案内役のから引き継ぐ形でと共に接待役を信長から命じられていた。 しかし、出陣直前にが起こると、長秀は信孝を補佐し、逆臣・の娘婿にあたる津田信澄を共謀者とみなして殺害した。 その後、信孝と共にの軍に参戦してで光秀を討った。 変に際して大坂で四国出陣の準備中だった長秀と信孝は、光秀を討つには最も有利な位置にいたが、信孝と共にで蜂屋頼隆の接待を受けており、に駐軍していた四国派遣軍とは別行動をとっていた。 このため、大将不在の時に本能寺の変の報せが届いたことで四国派遣軍は混乱のうちに四散し、信孝・長秀の動員できる兵力が激減したため、大規模な軍事行動に移ることができなかった。 長秀と信孝はやむをえず守りを固めて羽柴軍の到着を待つ形となり、山崎の戦いにおける名目上の大将こそ信孝としたものの、もはやその後の局面は秀吉の主導にまかせるほか無かった。 また、本能寺の変の直後には長秀の佐和山城は明智方についた父子に入城されてしまったが、山崎の戦いの後に回復した。 で長秀はと共に秀吉が信長の後継者に推す信長の嫡孫・を支持。 結果として、諸将が秀吉の織田家の事業継続を認める形となった。 秀吉と勝家とが天下を争った一戦である天正11年()のでも秀吉を援護し、戦後に若狭に加え(・の一部・の一部を除く)及び二郡(うち一郡は溝口秀勝が領する)を与えられ、約123万石の有数の大名となった。 天正13年()4月16日、(寄生虫病)のために死去した。 跡目は嫡男のが継いだ。 『秀吉譜』によれば、長秀は平静「積聚」に苦しんでおり、苦痛に勝てず自刃した。 火葬の後、灰の中に未だ焦げ尽くさない積聚が出てきた。 拳ぐらいの大きさで、形は石亀のよう、くちばしは尖って曲がっていて鳥のようで、刀の痕が背にあった。 秀吉が見て言うには、「これは奇な物だ。 医家にあるべき物だろう」と、竹田法印に賜ったという。 後年、これを読んだ平戸藩主・は、この物を見たいと思っていると、6年()初春、当代の竹田法印の門人で松浦邸に出入りしていた者を通じて、借りることができた。 すると、内箱の銘は『秀吉譜』と相違があり、それによれば久しく腹中の病「積虫」を患っていた長秀は、「なんで積虫のために殺されようか」と、短刀を腹に指し、虫を得て死去した。 しかし、その虫は死んでおらず、形はすっぽんに似て歩いた。 秀吉が侍医に命じて薬を投じたが、日を経てもなお死ななかった。 竹田法印定加に命じて方法を考えさせ、法印がひと匙の薬を与えると、ようやく死んだ。 秀吉が功を賞してその虫を賜り、代々伝える家宝となったとあった。 外箱の銘には、後の世にそれが失われることを恐れ、高祖父竹田法印定堅がその形を模した物を拵えて共に今あると書かれていた(内箱・外箱の銘は、7年()に竹田公豊が書いたものであった)。 しかし、静山が借りたときには、本物は別の箱に収められて密封されていたため持って来なかったというので、年月を経て朽ちて壊れてしまい、人に見せることができなくなってしまったのだろうと静山は推測し、模型の模写を遺している。 これらによると、石亀に似て鳥のような嘴をもった怪物というのは、の虫(ただしではなく と見るのが妥当である。 証拠の品を家蔵する竹田譜の記事に信憑性が認められるからである。 割腹して二日後に死亡したことから判断して、いわゆる切腹ではなかった。 人物 [ ]• 長秀は信長の養女(信長の兄・の娘で姪)を妻に迎え、嫡男の長重も信長の五女を娶っている。 さらに、長秀は信長から「長」の字の偏諱を受け、親しい主従関係であった。 2代に渡って信長の姻戚となった例は、他の家臣には一切無いところを見てもわかるように、長秀は信長から「長秀は友であり、兄弟である」と呼ばれるという逸話が残るほど、厚く信頼されていたことがうかがえる。 織田家中では「木綿藤吉、米五郎左、掛かれ柴田に、退き」という風評があった(『翁草』)。 木綿(羽柴秀吉)は華美ではないが重宝であるのに対し、 米五郎左は長秀を評したもので、非常に器用でどのような任務でもこなし、のように、上にとっても下にとっても毎日の生活上欠くことのできない存在であるというような意味である。 方面軍司令の地位こそ得られなかったが安土城のなどの畿内の行政の仕事をそつなくこなし、各方面の援軍として補給路の確保や現地の戦後処理において活躍をするなど行政と軍事両面で米五郎左の名に恥じない働きを続け、信長の信頼も変わらなかった。 でも織田家の今後を決める宿老の1人として参加しているが、この頃の長秀は決して秀吉と対等な立場ではなく、その勢力差は歴然としていた。 それを裏付けるように、山崎の戦い後にが秀吉の1家臣であると、立場上は織田家の重臣である長秀に送った戦勝祝いは贈答品の内容から、付けられた書状の中身まで一言一句同じもので、他大名からも「秀吉の家臣」という認識があったようである(蜂須賀文書、毛利家四代実録考証)。 天正3年(1575年)7月、信長が家臣達への官位下賜と贈姓を上奏し、羽柴秀吉が筑前守、明智光秀が九州の名族である惟任(これとう)の姓を与えられた。 この際、長秀にも同じく九州の名門である惟住(これずみ)の姓が与えられた。 しかし、長秀はこれを一度「拙者は、生涯、五郎左のままで結構」と断っている。 長秀は名刀「」を所有していたことがあった。 しかし、それを手に入れてからというものの長秀は眼病に悩まされるようになった。 実はこの刀はかつての神職でもあった織田方の武将である千秋季光の所有していたものであり、で千秋が戦死した際にの家臣である陰山一景が「あざ丸」を鹵獲したものの、直後の織田方との戦いで陰山は両目を射抜かれてしまった、といういわくつきの刀剣であった。 そこで長秀は周囲の人々の助言に従って熱田神宮へ「あざ丸」を奉納し、以降は眼病に悩まされなくなったという。 武田家滅亡後、長秀は信長の計らいにより休暇を与えられ、、とともにで湯治したとされる。 子孫 [ ] 長秀の子の生母は、長重と稲葉典通室が正室(深光院)、長正と青山宗勝室と古田重治室が堤教興の姉、高吉と長紹(長次)が杉若無心娘とされている。 残りの子は不明だが、長紹と赤田堅室、粟屋勝久室は姓未詳の同母だという(『丹羽家譜』)。 長秀の死後、後を継いだ長重は軍律違反があったとして秀吉から領国の大半と、長秀時代の有力家臣まで召し上げられている。 これは秀吉による丹羽氏の勢力削減政策であったと言われている。 その長重はで西軍に与してされたが、後にとなり大名として復活を遂げた。 その後の丹羽家は、、と転封され、長重の子・の代にに転封となり、その後は代々二本松藩主としてを迎えた。 12代目のは男子に恵まれず、複数養子を迎えた中で宇和島伊達家から入った婿養子の長徳の子孫が跡を継いでおり、本家の男系は断絶している。 三男のは、当初羽柴秀吉の弟のの養子 となったが、のち秀長家臣のの養子となった。 高吉はの分家・の祖となり、この家系も明治時代を迎えた。 四男のは の養子となったが、早世した。 六男のは幕府旗本として1,500石で仕えた。 長次ののち長吉(長一?)--と続いていたが、本家である二本松藩第3代藩主のは子に恵まれなかったため、長道の長男を養子とし秀延の妹をその妻とさせた。 この養子が第4代藩主・となった。 旗本家は次男のが相続し、以降も継続した。 稲葉典通室を通じての先祖に当たるため、その血筋は現在のに繋がっている。 格闘家の、プロサッカー選手のの兄弟は子孫の可能性が指摘されており 、特に大輝は末裔を自称するが真偽のほどは不明である。 家臣 [ ]• 尾張衆:、、、、上田重氏、、大谷吉秀、、、、、、種橋成章、、寺西正勝、、 、、、山田高定• 美濃衆:、、、、揖斐光正、、、、長江景隆• 近江衆:、、、浅見忠実、赤田堅、安養寺高明、猪飼秀貞、国領半兵衛、多賀貞能、、渡辺半左衛門• 若狭衆:、、、、白井政胤• 越前衆:、堤教利、松原直元 長秀を題材とした作品 [ ]• 『第10巻、第24号』。 「丹羽越前守長秀室、號深光院」の記述• , p. 289. 「織田権力の若狭支配」(戦国史研究会編『織田権力の領域支配』2011年、岩田書院 、 所収)• 「」には、元々「木下」姓だったが双方の字を取って「羽柴」の姓を信長に申請したという逸話があるが、真偽は不明。 信澄は信長の実弟・(信勝)の子(つまり信長の甥)。 信長から才覚を買われ一門衆では実子と同格に扱われ、秘書的な役割を果たしていた。 歴とした後継候補の1人であり、信澄は後継者争いにより殺害されたとする説もある。 , p. , p. 168. 「丹羽長秀の腹中より出る虫の事幷図」『続篇』1、・、平凡社、1979年、76 - 79頁。 170. 祖田(1991)pp. 215-216• 『信長公記』• 高吉の母とされる長秀側室の父・杉若無心は越前の戦国大名の遺臣と伝わるが、その後羽柴秀長に仕えている。 蜂屋頼隆の室は長秀の妹。 長秀-女(典通室)----女(勧修寺顕道室)--()-仁孝天皇• スポニチアネックス. 2015年8月12日時点のよりアーカイブ。 2015年8月2日閲覧。 Jリーグプレーヤーズガイド2017(スクワッド)、p97 参考文献 [ ]• 祖田浩一『事典 信長をめぐる50人』、1991年10月。 『検証 本能寺の変』、2007年。 ; (監修) 『織田信長家臣人名辞典』 吉川弘文館、1995年。 戦国史研究会編『織田権力の領域支配』岩田書院、2011年。。 堀田正敦 『寛政重脩諸家譜. 第4輯』 國民圖書、1923年。 国立国会図書館デジタルコレクション。 『知られざる「養生日記」』KKベストセラーズ、1993年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - となり改修した.

次の

QMA5問題集

織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か

〇 おい。 (おいち)。 《人名》。 お市の子・浅井三姉妹の一人の、初 つ(は)は、 京極高次(きょうごくたかつぐ) の正室夫人となる。 お市の子・浅井三姉妹の一人の、江 (ごう)は、 江与(えよ)とも呼ばれ、江戸 幕府・第2代将軍・徳川秀忠(とくがわひで ただ)の正室夫人となり、 江戸幕府・第3 代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の生 母となる。 その際、浅井長政は、小 谷城で自害し、 長政の妻子のお市と浅井 三姉妹 (茶々、初、江)は、小谷城から落ち 延びた。 その際、お 市と柴田勝家は北庄城で自害し、お市の子・ 浅井3姉妹(茶々、初、江)は、北庄城から 落ち延びた。 その際、淀殿(茶々)と豊臣秀 頼は豊臣大阪城で自害し、 江と徳川秀忠 との間の娘の千姫(せんひめ)は豊臣大阪 城から落ち延びた。 〇 おい 花魁。 (おいらん)。 《高級遊女》。 〇 おう 王。 (おう)。 《天皇家》。 前近代日本 (奈良〜江戸時代) の、 親王 (しんのう)とは、 親王宣下を 受けた男性皇 族であり、主に天皇の男性皇子や兄弟であ る。 一方、 前近代日本 (飛鳥〜 江戸時代) の、 王(おう)とは、男性皇族である。 前近代日本の奈良時代から江戸時代 までは、大宝令の 律令制以後は、 親王宣 下 (しんのうせんげ) を受けた男性皇族(主 に天皇の男性皇子(みこ)や兄弟)を、 親王 ( しんのう)と呼び、 それ以外の男性皇族 (親王宣下がない男性皇族)で、天皇より 5世以下の皇族男子を王(おう)と呼ぶ場 合がある。 〈王(おう)の例〉 天皇の孫(まご)、 曾孫(ひまご)の男子。 〇 おう 応安。 (おうあん)。 《和暦》。 1368年・応安元年・2月18日〜 1375年・応安 8年・2月27日。 〇 おう 応永。 (おうえい)。 《和暦》。 〇 おう 王家。 (おうけ)。 《天皇家》。 (古代日本ー現代日本)。 〇 おう。 (おうごんのちゃしつ)。 《茶の湯》。 1590年(天正18年)の天下統一(日 本本土・全土統一統治)の前に、 豊臣秀 吉は、天下人(天下統一者)を目指して、 接待のため、千 利休 (千 宗易) と相談して、 1584年(天正12年)から1587年(天正 15年)までの間、4大茶会(イベント茶会) を開いた。 その4大茶会(イベント茶会)とは、(1) 有名茶人接待のための1584年(天正12 年)10月の大坂城茶会、 (2) 皇族・公家 接待のための1585年(天正13年)10月の 禁裏 (禁中)茶会、 (3) 九州征伐参加大 名・武将接待のための1587年(天正15年) 1月の大坂城茶会、 (4) 民衆接待のため の1587年(天正15年)10月の北野天満宮 茶会(北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ) で ある。 黄金の茶室は、 豊臣秀吉によって、 天皇をもてなす禁裏 (禁中)茶会(きんり(き んちゅう)ちゃかい) のためにつくられた。 千 利休(千 宗易)は、 禁裏(禁中) 茶会に参加 する僧侶身分を得るため、 正 親町(おおぎまち)天皇より利休居士(りき ゅうこじ)の号を与えられる。 〇 おう 奥州。 (おうしゅう)。 《旧地域名》。 (律令制定後・古代・中世・近世 日本・旧地域名の旧国 (令制 国)の 別称)。 〇 おう 奥州再仕置。 (おうしゅうさいしおき)。 《豊臣政権》。 〇 おう 奥州仕置。 (おうしゅうしおき)。 《豊臣政権》。 〇 おう。 (おうしゅうふじわらし)。 《武家の氏族》。 (おうせいふっこのだいごうれい)。 《クーデター》。 1867年(慶応3年)12月9日に、 徳川 慶喜は、 公議政体派の松平春嶽の告知によ り事前に王政復古のクーデターを知っていた が、京都に進軍してきた薩摩藩兵と在京会 津・桑名藩兵との間で内乱が起こるを避ける ため、様子を見ることとした。 1868年(慶応 4年)1月5日に、鳥羽伏見の戦場で、薩 長軍は「錦の御旗」(にしきのみはた)を掲 げ、戦況が薩長軍に有利となり、 1868 年(慶応4年)1月6日に、戦況が不利とな り、また、賊軍となったことを知った徳川 慶喜は、大坂城から脱出し船で江戸に向 い、 旧幕府軍も、敗走を続け、敗戦する。 〇 おう 応長。 (おうちょう)。 《和暦》。 〇 おう 大塔宮。 (おうとうのみや、だいとうのみや)。 《人名》。 〇 おう 応徳。 (おうとく)。 《和暦》。 〇 おう 応仁。 (おうにん)。 《和暦》。 〇 おう。 (おうにんのらん)。 《戦い》。 (1467年ー1477年)。 京(京都)での戦いでは、 東西両軍 は勝敗がつかないまま1477年に京(京 都)から撤退して応仁の乱は終わった。 〇 おう (年代別・詳細)。 (おうにんのらんかんれんできごと (ねんだいべつ(しょうさい))。 《戦い関連出来事》。 〇 おう 応保。 (おうほう)。 《和暦》。 〇 おう 近江 国。 (おうみ のくに)。 《旧地域名》。 (律令制定後・古代・中世・近世 日本・旧地域名の、 旧国 (令制国)の正式名 )。 <東山道 (旧広域地方)。 <五畿七道 (日本本土)。 〇 おう。 (おうみばつ)。 《政治派閥》。 近江閥 の一人は、石田三成であり、 豊臣家臣団内で、近江閥(近江派)と尾張閥 (尾張派)との間の対立が起こる。 〇 おう 近江屋事件。 (おうみやじけん)。 《事件》。 〇 おう 応和。 (おうわ)。 《和暦》。 ・ 応和 A年+960年=西暦 B年。 ・ 西暦 B年 ー 960年=応和 A年。 964年・康保元年・7月10日〜 968年・康保 5年・8月13日。 〇 おえ お栄。 (おえい)。 《人名》。 〇 おえ。 (おえよ)。 《人名》。 (別名: 、 、(落飾後) )。 (1573年ー1626年)。 〇 おお。 (おおいし くら のすけ(よしたか・よしお))。 《人名》。 (1659年ー1703年)。 しかし、その後、赤穂浅野家のお家再興 の望みがなくなり、 1702年(元禄15 年)7月28日の円山(まるやま)会議後、 大石内蔵助(良雄)は、仇討に踏み切る。 〇 おお。 (おおいし だ いさぶろう )。 《人名》。 ( 1702 年ー 1770年 )。 〇 おお 大石 主税(良金)。 (おおいし ちから(よしかね))。 《人名》。 (幼名:松之丞 (まつのじょう) )。 (1688年ー1703年)。 1702年(元禄15年)12月14日 〜15日の赤穂浪士の吉良邸討ち入り時、 大石 主税(良金) は、裏門部隊の隊長で あり、主税(良金)の父の大石内蔵助(良 雄)は、表門部隊の隊長であった。 〇 おお 大分県。 (おおいたけん)。 (現都道府県)。 《現地域名》。 〇 おお 大内 政弘。 (おおうち まさひろ)。 《人名》。 (1446 年ー 1495年)。 〇 おお。 (おおうち よしおき)。 《人名》。 (1477年ー1528年)。 〇 おお。 (おおうら けい)。 《人名》。 〇 おお。 (おおえの ひろもと)。 《人名》。 (1148年ー1225年)。 〇 おお 大岡政談(裁き)。 (おおおかせいだん(さばき))。 《作り話》。 大岡越前守忠相 (おおおか えちぜんのかみだだすけ)を主人公とする、 創作(架空の作り話)である。 〇 おお。 (おおおか ただすけ)。 《人名》。 (1677年ー1751年)。 〇 おお。 (おおおく)。 《後宮》。 (1590年ー1868年)。 伏魔殿でもあ った。 ここに、江 戸城の大奥の歴史が始まる。 ここに、江戸城の大奥の歴史は終わ る。 〇 おお。 (おおおくがいどぶっく)。 《後宮ガイドブック》。 〇 おお。 (おおおく かんりゃくねんぴょう)。 《後宮簡略年表》。 〇 おお。 (おおおく しょうさいねん ぴょう)。 《後宮詳細年表》。 〇 おお 大垣。 (おおがき)。 《地名》。 〇 おお 大垣城。 (おおがきじょう)。 《城》。 1600年(慶長5年) 9月14日 の昼間の時点で、大垣城に籠城 (駐留)する奉行衆・毛利方の西 軍の兵は、約3万3500人であり、 小西・宇喜多・ 石田・島津勢等の 軍・約3万人の兵 と、福原・熊谷 ・垣見・秋月・相良勢等の軍・ 約 3500人の兵である。 9月14日の夜以後、奉行 衆・毛利方の西軍の 福原・熊谷・ 垣見・秋月・相良等の軍・ 約 3500人の兵は、 大垣城残留 兵として、大垣 城に残留し、 1600年(慶長5年) 9月23日 に、徳川方の東軍に降伏し、 開城する。 結果、東軍が勝利 を得る。 美濃赤坂から移動してきた東 軍 の徳川家康と徳川本隊は、 16 00年(慶長5年) 9月15日に、 山中(やまなか) 村 に向かう途中で、 関ヶ原盆地南西部で、 早朝、 奉行 衆・毛利方の西軍の大谷軍と対峙 し(遭遇し)戦い、勝利を得る。 次に、 家康と徳川本隊は、 美濃赤 坂から移動してきた徳川方の東軍 の 福島勢と合流し、東軍主力軍は、 山中村の東側に布陣する。 大垣城から移動してきた 宇喜 多秀家と宇喜多軍は、 1600年 (慶長5年) 9月15日に、 山中村 の西側に布陣する。 大垣城から移動してきた 石田 三成と石田軍は、 1600年(慶長5 年) 9月15日に、山中付近の 藤 下 の自害峯 (とうげのじがいみね)に 移動し、その後、すぐ近くの山中村 で西軍主力軍と合流し、山中村の 西側に布陣する。 美濃国の山中(やまなか)村 で、 1600年(慶長5年) 9月15 日 の 午前10時頃から、美濃赤坂から 移動し山中村の東側に布陣する東 軍主力軍の福島勢と徳川本隊は、 大垣城から移動し山中村の西側に 布陣する奉行衆・毛利方 の 西軍主 力軍 の小西・宇喜多・ 石田・島津勢 等の軍と対峙し、戦い、正午頃に、 勝利を得る。 結果、東軍が勝利を得る。 徳川家康と徳川本隊は、 16 00年(慶長5年) 9月15 日に、 最初は(午前8時頃)、関ヶ原盆地 の東側の、桃配山(ももくばりやま、 家康最初陣地)に本陣(陣地) を置 き、 その後(午前10時頃以後)、移 動し、関ヶ原盆地中央部の 陣場野 (じんばの、家康最終陣地)に 本陣 (陣地) を置き、徳川方の東軍 主力 軍を指揮する。 大垣城から移動してきた 石田 三成と石田軍は、 1600年(慶長 5年) 9月15 日に、関ヶ原盆地の 西側の、笹尾山 (ささおやま) に本 陣(陣地) を置き、石田方の西軍 主力軍を指揮する。 大垣城から移動してきた 宇喜 多秀家と宇喜多軍は、 1600年 (慶長5年) 9月15日に、 関ヶ原盆 地 の西側の 天満山(てんまんやま) に布陣する。 美濃国の関ヶ原盆地で、 1600 年(慶長5年) 9月15日の 午前8時 頃から、 関ヶ原盆地の東側 に布陣 する徳川方の東軍主力軍は、大垣 城から移動し 関ヶ原盆地の西側 に 布陣する石田方 の 西軍主力軍と 対峙し、戦い、午後2時頃に、勝利 を得る。 〇 おお。 (おおがきのたたかい)。 《戦い》。 合戦の結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 一方、徳川方の東軍の中心人 物は、徳川家康である。 その決戦は、主戦場(決戦場) の山中(やまなか、美濃国山中村) であり、 1600年(慶長5年) 9月 15日 の午前10時頃から正午頃 まで、徳川方 の東軍主力軍と 奉行 衆・毛利方 の西軍主力軍との間で 行われ た。 戦いの結果、 徳川方 の 東軍主力軍が勝利を得る。 〇 おお。 (おおがき・やまなかのたたかい)。 《戦い》。 一方、徳川方の東軍の中心人 物は、徳川家康である。 (1) 1600年 (慶長5年) 8、9月の 時点で、徳川方の東軍は、尾張国 (おわりのくに、現・愛知県西部の相 当地域)の清須城(きよすじょう、清 州城)を本拠地にし、 奉行衆・毛利 方の西軍は 、美濃国(みの のくに、 現・岐阜県南部の相当地域)の大垣 城(おおがきじょう)を本拠地にし、 幾本もの川を挟んで対峙していた。 (2) 徳川方の東軍は、 清須城を 出て、1600年 (慶長5年) 8月23日 に奉行衆・毛利方の西軍の岐阜城 を落城させ、 徳川方の東軍は、8月 26日頃より、大垣付近の美濃赤坂 (みのあかさか)に移動し布陣して、 9月14日まで奉行衆・毛利方の西 軍の大垣城を攻撃する。 (3) 1600年 (慶長5年) 9月14日 夜に、奉行衆・毛利方の西軍の大垣 城にいた大部分の軍は大垣城を抜け 出し関 ヶ原盆地・山中(やまなか)方 面へ移動し、また、9月14日夜に、 大垣付近の美濃赤坂にいた徳川方 の東軍の多くの軍は、西軍主力軍を 追って、関ヶ原盆地・山中(やまなか )方面へ移動し、9月15日に、 東西 両主力軍は、美濃の平野の山中 (や まなか) で決戦を行った。 山中 (やまなか)の 戦いの東西 両主力軍の決戦では、 徳川方の 東 軍主力軍が勝利を得る。 (4) 大垣付近の美濃赤 坂にいる徳 川方の東軍は、1600年 (慶長5年) 9月15日から9月23日まで奉行衆・ 毛利方の西軍の大垣城を攻撃し、 9月23日に西軍の大垣城を落城さ せる。 その決戦は、主戦場(決戦場) の山中(やまなか、美濃国山中村) であり、 1600年(慶長5年) 9月 15日 の午前10時頃から正午頃 まで、徳川方 の東軍主力軍と 奉行 衆・毛利方 の西軍主力軍との間で 行われ た。 戦いの結果、 徳川方 の 東軍主力軍が勝利を得る。 その決戦は、主戦場(決戦地) の関ヶ原盆地であり、 1600年(慶 長5年) 9月15日 の午前8時頃 から 午後2時頃まで 、徳川方 の東軍主 力軍と石田方の西軍主力軍との間 で行われ た。 戦いの結果、 徳川 方の 東軍主力軍が勝利を得る。 〇 おお。 (おおがき・やまなかのたたかいかんれん できごと(ねんだいじゅん・しょうさい))。 《戦い関連出来事》。 〇 おお 扇谷上杉家 (おうぎがやつうえすぎ け)。 (関東管領上杉氏)。 《武家の氏族》。 関東管領 職や東国の各国守護職の 任免権は、 室町幕府の将軍にあり、関 東公方( 鎌倉公方、古河公方) )にはなか った。 関東公方 (鎌倉公方、古河公方) と 関東管領は、対立するようになる。 〇 おお 大王。 (おおきみ、だいおう)。 《天皇》。 〇 おお。 (おおくに さねより )。 《人名》。 (1562年ー1622年)。 〇 おお。 (おおくぼ としみち)。 《人名》。 (1830年ー1878年)。 〇 おお。 (おおくぼ ひこざえもん)。 《人名》。 (1560年ー 1639年)。 〇 おお。 (おおくらきょうのつぼね)。 《人名》。 〇 おお 大御所。 (おおごしょ)。 《幕府》。 〇 おお 大阪城。 (おおさかじょう)。 《城》。 築城完成年 には、諸説あり。 その後、同跡地に、徳川大阪城を、 徳川秀 忠が築城し、1868年(慶応4年)に大部分 を焼失した。 〇 おお。 (おおさかのじん)。 《戦い》。 (1614年ー1615年)。 一方、天下分け目の戦いの関ヶ原の戦い は、石田方と徳川方との戦いであった。 徳川家康は、 豊臣氏勢力の指導者の 豊臣秀頼や淀殿が豊臣大阪城引き渡しに応 じず、豊臣氏政権復活にこだわったため、自 害に追い込み、殺害してしまった。 主に、豊臣大阪城の籠城戦(ろうじょうっせん、 城攻防戦) であった。 1614年(慶長19年)10月 11日に、徳 川家康は、大坂地域に向かい、駿府城(すん ぷじょう)を出発する。 1614年(慶長19年)11月に、約20万人 の兵(軍勢)の徳川方は、 約10万人の兵 (軍勢)がいる豊臣大阪城を囲み、11月19日 に、開戦となる。 1614年(慶長19年)12月 20日に、 豊 臣方と徳川方の和議が成立し、終戦となる。 豊臣方は、惣堀(そうぼり、城の一番外 側の堀)のみを埋めると認識していたが、和 議成立後、すぐ急いで、徳川方は、 約1カ月 をかけて、豊臣大阪城の本丸の堀以外のす べての堀( 二の丸の堀 、 惣堀 等) を埋め、 本 丸以外の殆どの構築物(二の丸、惣構(そう がまえ、三の丸)、 真田丸等)を壊した ので、 豊臣大阪城は、無防備となり、非武装化され、 裸城(はだかじろ)同然となる。 主に、豊臣大阪城の南方での野戦(やせん、 野外戦)であった。 1615年(慶長20年)4月 4日に、徳川家 康は、大坂地域に向かい、駿府城(すんぷじ ょう)を出発する。 1615年(慶長20年)4月 に、約15万人 の兵(軍勢)の徳川方は、 豊臣大阪城の南 方に陣取り、約5万人の兵(軍勢)の豊臣方に 対峙し、 4月26日に郡山城の戦いが起こり、 豊臣方と開戦する。 1615年(慶長20年)5月に、 徳川方は 、 豊臣大阪城の南方 で、豊臣方主力部隊に野 戦(野外戦)で勝ち、 その後、 豊臣大阪城 を 攻めて5月7日に落城(陥落)させ、 5月8日 に淀殿・秀頼母子が自害し、終戦となる。 徳川方は 、 生き残った豊臣方の残党や 牢人(ろうにん、浪人)を捕(とら)え、豊臣大 阪城のすべて を取り壊す。 後に、徳川方は、 同地に、新しい徳川 大阪城を築城する。 (おおさかのじんかんれんできごと (ねんだいじゅん・しょうさい)。 《戦い関連出来事》。 (おおさかふ)。 (現都道府県)。 《現地域名》。 (現・47都道府県の1つ)。 <近畿地方。 < 日本本土 (本州、四国、九州)。 < 日本国。 <畿内 (きない、 旧 広域地方)。 < 五畿七道 (ごきしちどう、日本本土)。 (おおすみ のくに)。 《旧地域名》。 (律令制定後・古代・中世・近世 日本・旧地域名の、 旧国 (令制 国)の正式名 )。 <西海道 (旧広域地方)。 <五畿七道。 (おおた ぎゅういち)。 《人名》。 「安土日記」の信長公記が、 一次史料 として評価が高い。 〇 おお。 (おおたに よしつぐ)。 《人名》。 (1559年ー1600年)。 大谷 吉継は、関ヶ原の戦いで西軍につ き、戦死する。 (おおとの)。 《封建制》。 〇 おお 大塔宮。 (おおとうのみや、だいとうのみや)。 《人名》。 〇 おお 大友宗麟。 (おおとも そうりん)。 《人名》。 (1530 年ー 1587年)。 〇 おお。 (おおの はるなが)。 《人名》。 〇 おお。 (おおばのつぼね)。 《人名》。 〇 おお 大判(金)。 (おおばん(きん))。 《日本流通貨幣》。 (安土桃山・江戸時代の日本 流通 貨幣)。 <安土桃山・ 江戸時代・贈答・恩賞用金貨。 <安土桃山・ 江戸時代・贈答・恩賞用貨幣。 <安土桃山・ 江戸時代・日本流通貨幣。 <近世・ 日本流通貨幣。 < 日本流通貨幣。 〇 おお 大姫。 (おおひめ)。 《人名》。 その後、大姫は、婚儀を拒否し、21 歳で死ぬまで、義高を思い続けた(吾妻鏡)。 〇 おお。 (おおまんどころ)。 《人名》。 (1513年ー1592年)。 〇 おお 大御台(所)。 (おおみだい(どころ))。 《幕府》。 〇 おお 大村益次郎。 (おおむらますじろう)。 《人名》。 その後、故郷の長州へ帰り、村医者にな る。 その後、 大村益次郎は、 1853年 (嘉永6年)に、伊予国(いよのくに、現・愛 媛県の相当地域)の宇和島藩へ行き、洋 学の才により、蘭学翻訳をし、兵学を教え、 兵学者となる。 それから、江戸幕府の招 きで、江戸で、蘭学翻訳をし、兵学を教え、 幕臣となる。 それから、長州藩の招きで、 幕府を辞め、長州藩で兵学を教える。 大村益次郎は、 1866年(慶応2 年 )の第2次長州征討や戊辰戦争(1868 年ー1869年)で、作戦指揮を行い、長州 藩の軍隊の中核的人物となる。 大村益次郎は、1869年(明治2 年)に、明治新政府(近代日本政府)の兵 部大輔(ひょうぶたいふ)となり、近代軍制 の樹立に尽力する。 〇 おお 大山 巌。 (おおやま いわお)。 《人名》。 〇 おお 大山 捨松。 (おおやま すてまつ)。 《人名》。 大山巌 は、1883年(明治16年)11月 8日に、大山捨松と婚儀を結び、 その1ヶ月後、完成したばかり の鹿鳴館で結婚披露宴を催(も よお)した。 大山捨松は、1871年(明治 4年)から1882年(明治15年)ま で、アメリカに留学する。 そして、大山捨松は、鹿鳴館 (1883年(明治16年)〜1887 年(明治20年)) で活躍する。 また、大山捨松は、日本の 女子教育に貢献する。 大山捨 松は、下田歌子と共に、1884 年(明治17年)の華族女学校 (後の学習院女子中・高等科)の 設立の準備を行う。 また、19 00年(明治33年)の津田梅子 の女子英学塾(後の津田塾大学) の設立を援助する。 鹿鳴館 (ろくめいかん、18 83年(明治16年)ー1887年(明 治20年))は、 日本初の迎賓館 (げいひんかん)であり、 外務卿・ 井上馨(いのうえかおる)の進め る欧米との不平等 条約改正のな どの目的で、条約改正の第一歩 として社交を通じて欧米各国の 政府高官との信頼関係を築こう と設立され、 国賓(こくひん)や 外交官などの外国客を招待、接 待するための社交場 であり、 園 遊会や舞踏会など が頻繁に開か れ、 バッスルスタイルの煌(きら) びやかなドレスをまとう、華族(か ぞく、 1869 年ー1947年 )や政 府高官などの上流夫人が、活躍 した。 〇 おか。 (おかだ いぞう)。 《人名》。 (1838年ー1865年)。 (おがた こうあん)。 《人名》。 (1810年ー1863年)。 〇 おか。 (おかつ)。 《人名》。 〇 おか。 (おかっぴき)。 《治安》。 〇 おか 御上。 (おかみ)。 《封建制》。 〇 おか 岡山県。 (おかやまけん)。 (現都道府県)。 《現地域名》。 (現・47都道府県の1つ)。 <中国地方。 < 日本本土 (本州、四国、九州)。 < 日本国。 <山陽道・旧広域地方。 < 五畿七道 (ごきしちどう、日本本土)。 〇 おが 小川御所。 (おがわのごしょ)。 《室町幕府》。 《足利将軍家の邸宅》。 (1471年頃ー1493年)。 その後、義 政も義尚も小川御所を去り、日野富 子のみの居所となり、1493年(明応 2年)に、明応の政変時、焼失した。 〇 おき 沖縄県。 (おきなわけん)。 (現都道府県)。 《現地域名》。 (現・47都道府県の1つ)。 <南西諸島。 < 日本国。 <琉球国(りゅうきゅうこく)。 〇 おき。 (おきなわせん)。 《戦い》。 (1945年(昭和20年))。 沖縄の本島や離島では、在沖縄・旧日 本軍の幹部は、軍事力不足を補(おぎな)う ため、 「防衛召集」(ぼうえいしょうしゅう)に より、 避難させるはずの民間人を、戦争直 前に、軍と行動を共にする、軍務要員 や 「斬り込み」(きりこみ、手製の爆弾等をもっ て敵陣に突っ込む戦闘行為)等の兵士 な どとして徴用し、 民間人・約10万人以上の 死亡者の犠牲を出してしまった。 〇 おき。 (おきなわのれきし)。 《地域史》。 〇 おき (おきなわのれきし・しょうさいねんぴょう)。 《地域詳細年表》。 〇 おき 隠岐 国。 (おき のくに)。 《旧地域名》。 (律令制定後・古代・中世・近世 日本・旧地域名の、 旧国 (令制 国)の正式名 )。 <山陰道 (旧広域地方)。 <五畿七道。 〇 おき お喜世。 (おきよ)。 《人名》。 〇 おく 奥。 (おく)。 《後宮》。 奥は、 現代日本の敬語の「奥様」の 語源の一部である。 〇 おく 奥御殿。 (おくごてん)。 《後宮》。 大名が対面を重んじ、奉 行所に被害届を出さなかったため。 史実では、最後には捕まり、奉行所の 取調べにより、鼠小僧は、盗品で得た金を 博打(ばくち)、女性などに使い果たし、人助 けには使われなかった。 〇 おく 奥山朝利の娘 (実名不詳)。 (おくやまともとしのむすめ)。 《人名》。 (例) 書物(史料)では、 「奥山朝利女」 (奥山朝利の娘)、「井伊直親室」(井伊 直親の夫人)などと記されている。 また、ドラマ、映画、小説などでは、 名 がないと不便なので 、女性の仮称が 使わ れることが多し。 〇 おぐ 小倉百人一首。 (おぐらひゃくにんいっしゅ)。 《 詩歌》。 〇 おぐ。 (おぐり ただまさ)。 《人名》。 (1827年ー1868年)。 小栗上野介は、 1860年に、 徳川氏遣 米使節の 一員となり、アメリカを見て回り、日 本の近代化の必要性を痛感する。 幕末、小栗忠順(上野介)は、横須賀造 船所での造船・機械類造り により、日本の工 業力を高め、 徳川氏の手によって、近代国 家を建設し、日本の近代化をはかろうとした ためである。 〇 おけ。 (おけはざまのたたかい)。 《戦い》。 (1560年5月)。 今川軍は、大将(総指揮官、大寄親)を失 い、混乱し、引き揚げ、 織田信長は、桶狭 間の戦いで勝利を得た。 〇 おご。 (おごう)。 《人名》。 (別名:(ごう) 、 (おえよ) 、 (落飾後) (すうげんいん) )。 (1573年ー1626年)。 〇 おご。 (おごう かん れんできごと)。 《人物関連出来事》。 〇 おご。 (おごう かんりゃくねんぴょう)。 《人物簡略年表》。 〇 おご。 (おごう しょうさいねんぴょう)。 《人物詳細年表》。 〇 おし 御師。 (おし)。 《職業》。 例えば、御師は、神社の札(お守 り等)を信仰者に配布したりした。 〇 おし。 (おしづ)。 《人名》。 (生没年:1584年ー1635年)。 〇 おし お褥下がり。 (おしとねさがり)。 《江戸幕府・大奥のしきたり》。 前近代日本では(江戸時代まで)、 平均寿命が短く、女性の婚期は10代 であり、女性の30代以降の子づくり は、高齢出産と考えられた。 〇 おせ。 (おせん)。 《人名》。 (1557年ー1637年)。 〇 おだ 於大の方。 (おだいのかた)。 《人名》。 そして、1542年(天文 11年)12月26日に、 於大の 方 は、 松平広忠 の継子の、竹千代 (徳川家康)を、 松平広忠 の居城・ 岡崎城で、出産する。 その後、 於大 の方は、 久松俊勝との間に、三男 三女を儲ける(得る)。 〇 おだ。 (おだ うらくさい)。 《人名》。 (1547年ー1621年)。 〇 おだ。 (おだし・おだうじ)。 《武家の氏族》。 (16世紀頃ー19世紀)。 〇 おだ。 (おだせいけん)。 《政権》。 (1573年頃ー1582年頃)。 〇 おた。 (おたてのらん)。 《戦い》。 (1578年ー1579年)。 〇 おだ 織田 長益。 (おだ ながます)。 《人名》。 〇 おだ。 (おだにじょう)。 《城》。 そして、遂に、1573年に、小谷城は、 織田信長配下の秀吉に攻められて、落城し た。 その際、浅井長政は、小谷城で自害し、 長政の妻子のお市と浅井3姉妹 (茶々、初、 江)は小谷城から落ち延びた。 〇 おだ。 (おだ のぶかつ、おだ のぶお)。 《人名》。 (15 58年ー1630年)。 〇 おだ。 (おだ のぶかね)。 《人名》。 (1543年ー1614年)。 〇 おだ。 (おだ のぶたか)。 《人名》。 (1558年ー1583年)。 〇 おだ。 (おだ のぶただ)。 《人名》。 (15 57年ー1582年)。 〇 おだ。 (おだ のぶなが)。 《人名》。 (1534 年ー 1582 年)。 織田信長に対する明智光秀の謀 反の有力な説の1つとしては、 織田信長の重臣の1人の明智光秀は、 老齢になるが、跡継ぎの男子は大き な成果をあげる実力がなく、引退でき ず、重臣の 林通勝(林秀貞)や佐久間 信盛のように、 明智家 も信長にリスト ラされると予期し(使い捨てにされる と予期し)、信長の1580年代領地 転換方針により、 明智光秀は、今ま で築いた領地や家臣団などを奪われ るのを恐れ、謀反を起こし、京(きょう、 京都)の本能寺を急襲し、信長を殺害 する(自害させる)。 〇 おだ。 (おだのぶなががいどぶっく)。 《人物歴史ガイドブック》。 〇 おだ。 (おだのぶながかんれんできごと)。 《人物関連出来事》。 〇 おだ。 (おだ のぶなが ねんぴょう)。 《人物年表》。 (16世紀)。 〇 おだ。 (おだ のぶひで)。 《人名》。 (1511年ー1552年)。 即ち、織田信秀は、尾張国内で 国内諸勢力と戦い、 東方面の三河 国で今川氏勢力と戦い、 西北方面 の美濃国で斎藤氏勢力と戦う。 〇 おだ。 (おだ のぶゆき)。 《人名》。 〇 おだ。 (おだ ひでのぶ)。 《人名》。 (1580年ー1605年)。 〇 おた お玉。 (おたま)。 《人名》。 〇 おた 小田村 伊之助。 (おだむら い のすけ)。 《人名》。 〇 おだ。 (おだわらかっせん )。 《 戦い》。 (1590年3月〜7月)。 〇 おだ。 (おだわらほうじょうし)。 《武家の氏族》。 (武家の大名の小田原北条氏: 15世紀頃ー16世紀、 1495年頃ー1590年)。 その後、小田原北条氏2代目から北 条氏を名乗る。 申次衆(もうしつぎしゅう)は、室町 幕府の将軍との取次役であり、 奉公 衆(ほうこうしゅう)とは、室町幕府の将 軍直属軍の武将であった。 その成果により、伊勢宗瑞は、 今川氏 家臣となり駿河国に所領を与えられ、 伊豆国(いずのくの、静岡県東部の相当 地域)、相模国(さがみのくに、神奈川県 の相当地域)への進出の足がかりとし た。 〇 おち 落合 与左衛門(勝信)。 (おちあい よざえもん(かつのぶ)。 《人名》。 (生没年不明)。 〇 おち。 (おちむしゃがり)。 《略奪行為》。 〇 おち お茶々。 (おちゃちゃ)。 《人名》。 〇 おど 御土居。 (おどい)。 《土塁》。 北野天満宮(きたのてんまんぐ う)の境内にも、 御土居の跡 が残る。 〇 おと。 (おちょう)。 《人名》。 〇 おと お伽衆。 (おとぎしゅう)。 《身分》。 〇 おと。 (おとせ)。 《人名》。 (1832年ー1877年)。 〇 おと 乙若。 (おとわか)。 《人名》。 (義円の幼名)。 〇 おな お夏。 (おなつ)。 《人名》。 〇 おな お奈津。 (おなつ)。 《人名》。 〇 おに 鬼平犯科帳。 (おにへいはんかちょう)。 《 時代小説・劇 》。 〇 おに。 (おにわばん)。 《身分》。 (江戸中期〜幕末)。 〇 おね おね。 《人名》。 (生没年: 1549年ー 1624年)。 〇 おの お濃。 (おのう)。 《人名》。 〇 おの。 (おののこまち)。 《人名》。 (生没年不詳)。 〇 おの 小野 政次。 (おの まさつぐ)。 《人名》。 (生年不詳ー1570年)。 〇 おの 小野 政直。 (おの まさなお)。 《人名》。 (生年不詳ー1554年)。 〇 おは。 (おはつ)。 《人名》。 (1570年?〜1633年)。 その際、浅井長政は、小谷城で自害 し、 長政の妻子のお市と浅井3姉妹 (茶 々、初、江)は小谷城から落ち延びた。 その際、お市と柴田勝家 は北庄城で自害し、お市の子・浅井3姉妹 (茶々、初、江)は北庄城から落ち延びた。 その際、お初とお初の夫・京極高次(きょう ごくたかつぐ)は、かろうじて命が助かった。 〇 おは。 (おはつかんれんできごと)。 《人物関連出来事》。 〇 おふ。 (おふじ)。 《人名》。 〇 おふ お福。 (おふく)。 《人名》。 〇 おへ お部屋様。 (おへやさま)。 《 子を産んだ 夫人》。 〇 おね。 《人名》。 〇 おま お万。 (おまん)。 《人名》。 〇 おま お万。 (おまん)。 《人名》。 〇 おみ。 (おみのかた)。 《人名》。 ( 1513年ー没年不詳)。 〇 おみ お美代。 (おみよ)。 《人名》。 お美代は、その 中で、徳川家斉に 特に寵愛された、側室夫人 であった。 家斉の命(命令)により、娘 の溶姫は、加賀藩藩主(加賀藩主・前田斉泰) に嫁いた。 溶姫が 嫁ぐときに 徳川家斉 が その記念 (祝い)に 造らせた門が、 (現在、東京大学 に残る)赤門(あかもん)である。 更に、お美代は、 次期12代将軍に、加 賀藩に嫁いだ自分の子の溶姫(ようひめ)が 生んだ男子(前田慶寧)をすえようと考え、幕 府の3人の老中と謀(はか)って、将軍・家斉 の遺言書を偽造した。 しかし、 その件が発 覚してしまった。 そして、お美代は、 お美 代の子の溶姫の嫁ぎ先の加賀藩に、「お預 け」となった。 〇 おも 表十五人。 (おもてじゅうごにん)。 《身分・地位》。 〇 おも。 (おもと)。 《人名》。 〇 おも 御物奉行。 (おものぶぎょう)。 《身分・地位》。 〇 おや 親方。 (おやかた)。 《身分・地位》。 〇 おや 御屋形様。 (おやかたさま)。 《尊称》。 〇 おや おやつ。 《間食》。 〇 おや 小山評定。 (おやまひょうじょう )。 《会合》。 (1600年7月)。 奉行衆・毛利方(石田方) との戦 いは、徳川家康の単独では決められ なかったため、 反奉行衆・毛利方(反 石田方)の豊臣氏家臣の諸大名と相 談する、小山評定が開かれた。 小山評定以後、 反奉行衆・毛利 方(反石田方)の諸大名は、 慶長の 天下分け目の戦いで、徳川方の東軍 の大名となった。 〇 おゆ。 (おゆら)。 《人名》。 ( 1795年ー1866年)。 〇 およ およそ。 《言葉》。 〇 おら お楽。 (おらく)。 《人名》。 〇 おり。 (おりょう)。 《人名》。 (1841年?〜1906年 )。 〇 おわ 尾張 国。 (おわり のくに)。 《旧地域名》。 (律令制定後・古代・中世・近世 日本・旧地域名の旧国 (令制 国)の正式名 )。 <東海道 (旧広域地方)。 (おわりばつ)。 《政争グループ》。 〇 おわ。 (おわりはん)。 《藩》。 〇 おん 隠 州。 (おんしゅう、いんしゅう)。 《旧地域名》。 (律令制定後・古代・中世・近世 日本・旧地域名の、 旧国名 (令制 国)の 別称)。 〇 おん 恩賞・贈答貨幣。 (おんしょう・ぞうとうかへい)。 《日本流通貨幣》。 〇 おん 御曹司。 (おんぞうし)。 《敬称》。 〇 おん 女戦国大名。 (おんなせんごくだいみょう)。 〇 おん。 (おんみょうじ)。 《占い・呪術師》。 (奈良時代 ー明治時代初期)。 平安時代の上層階層の人々は、 もののけや 怨霊(おんりょう)を信じ、恐 れ、占いや呪術(じゅじゅつ)を行う陰陽 師(おんみょうじ)に頼った。 陰陽道(おんみょうどう)に基づく吉 凶の判断や呪術を行う者である 陰陽師 の安倍晴明 (あべのせいめい)が、平 安時代に登場し、活躍する。 〇 おん。 (おんみょうどう)。 《思想》。 陰陽五行説は,中国で漢代に成立 し,日本には、5〜6世紀頃に、伝わっ た。 〇 おん。 (おんみょうりょう)。 《朝廷》。 (奈良時代ー明治時代初期)。 〇 おん 厭離穢土 欣求浄土。 (おんりえど ごんぐじょうど)。 《標語》。 〇 おえ (おえよ)。 〇 おお (おおおく かんりゃくねんぴょう)。 〇 おお (おおおく しょうさいねんぴょう)。 〇 おお (おおくぼ としみち)。 (薩摩藩士)。 〇 おお (おおさかのじん)。 (1614〜15年)。 〇 おか (おかだ いぞう)。 (1838〜65年)。 (1810〜63年)。 〇 おか (おかっぴき)。 〇 おき (おきなわ のれきし・しょうさいねんぴょう)。 〇 おご (浅井 3 姉妹の一人)、(徳川秀忠の正室 夫人))、 (別名、 (ごう) 、 (お えよ)、 (落飾後) (すうげんいん) )。 〇 おご (おごう かんりゃくねんぴょう)。 〇 おご (おごう しょうさいねんぴょう)。 〇 おご。 〇 おし (おしず) (徳川秀忠・側室、 会津藩祖・保科正之の生母)。 〇 おせ (おせん)。 〇 おだ 《内容》。 〇 おだ (おだし)。 〇 おだ 《内容》。 〇 おだ (おだせいけん)。 〇 おだ 《内容》。 〇 おだ (おだのぶなが)。 〇 おだ (概要) (おだのぶながかんれんで きごと(がいよう))。 〇 おだ (おだのぶ ながしょうさいねんぴょう)。 〇 おだ。 〇 おだ 《内容》。 〇 おだ (おだのぶひで)。 〇 おだ 《内容》。 〇 おだ (おだ うらくさい)。 〇 おだ (おだ のぶかね)。 〇 おだ (おだ のぶゆき)。 〇 おだ 《内容》。 〇 おだ (おだ のぶただ)。 〇 おだ (おだ のぶかつ・のぶお)。 〇 おだ (おだ のぶたか)。 〇 おだ (おだ ひでのぶ)。 〇 おだ (おだし)。 〇 おだ (おだせいけん)。 〇 おだ (おだのぶなが)。 〇 おだ (概要) (おだのぶながかんれん できごと(がいよう))。 〇 おだ (おだのぶ ながしょうさいねんぴょう)。 〇 おだ。 〇 おだ (おだ うらくさい)。 〇 おだ (おだ のぶかね)。 〇 おだ (おだ のぶただ)。 〇 おだ (おだ のぶかつ・のぶお)。 〇 おだ (おだ のぶたか)。 〇 おと (おとせ) (1832〜77年)。 〇 おは (おはつ)。 〇 おは。 〇 おゆ (おゆう)。 (仮称、伝説上の人物)。 (16世紀) (上杉謙信の侍女、 直江実綱(景綱)の娘)。 〇 おゆ (おゆら) (島津斉興 しまづなりおき の側室夫人)。 ( 1795〜1866 )。 (坂本 龍馬夫人)。 〇 おん (おんみょうじ)。 〇 おん (おんみょうどう)。 〇 おん (おんみょうりょう)。 明智光継 やその子の明智光綱は、 美濃国の 明智荘(あけちのしょう、現・岐阜 県可児市(かにし))の、 明智長山城(あけ ちながやまじょう)の城主である。 (利政)の子供達は、斎藤道 三(利政)の側室夫人・深芳野 が生母 の、 (よしたつ) と、 斎藤道三(利 政)の正室夫人・小見の方が生母 の、孫四 郎、喜平次、 帰蝶() とが対立する。 (TBSテレビ・2017年9月25日・ 本放送・歴史ドキュメンタリー番組)。 歴史のドラマ、映画は、歴史的事実(史実) と 架空の出来事 が、混じって、描かれています。 また、 現代風にアレンジしてあります。 (NHKテレビ・2020年大河ドラマ)。 (池端俊策 作・脚本)。 一方、 9月14日の日没後、 その西 軍主力軍を追って徳川方の福島勢と家康 の徳川本隊の東軍主力軍・約5万1000人 の兵は大垣付近から 関ヶ原盆地・ 山中(や まなか)方面へ向う。 奉行衆・毛利方の西軍主力軍は 9月 15日の午前4時頃、山中(やまなか)付近 に布陣する。 その後、 西軍主力軍を追って移動し てきた徳川方の東軍主力軍・約5万1000 人の兵と奉行衆・毛利方の西軍主力軍・ 約3万人の兵とが、1600年(慶長5年) 9月15日の 午前10時頃から正午頃まで、 関ヶ原盆地の南西方向・約2kmにある、 山中(やまなか)村 で決 戦を行い、徳川方 の東軍主力軍が勝利を得、奉行衆・毛利 方の西軍主力軍が敗北する。 「従来説(伝説)の関ヶ原の戦い」は、 江戸時代に自慢話が重なってつくられた 後世の創作の 関ヶ 原の戦いである。 そして、 関ヶ原の戦いの結果、徳川方の 東軍が勝利 を得、 徳川家康が政権基盤を固め、その 後、1603年(慶長7年)に、家康が将軍宣下 (せんげ)を受け、 江戸幕府が出現した。 (1) 1600年 (慶長5年) 8、9月の時点で、 徳川方の東軍は、尾張国(おわりのくに、現・ 愛知県 西部の相当地域)の清須城(きよす じょう、清州城)を本拠地にし、 西軍は、美 濃国(み ののくに、現・岐阜県南部の相当 地域)の大垣城(おおがきじょう)を本拠地に し、幾本もの川を挟んで対峙していた。 (2) 徳川方の東軍は、清須城を出て、16 00年 (慶長5年) 8月23日に西軍の岐阜 城を落城させ、 徳川方の東軍は、8月26 日頃より、大垣付近の美濃赤坂(みのあか さか)に移動し布陣して、9月14日まで西軍 の大垣城を攻撃する。 (3) 1600年 (慶長5年) 9月14日夜に、 西軍の大垣城にいた大部分の軍は大垣 城を抜け出し関ヶ原盆地方面へ移動し、 また、9月14日夜に、大垣付近の美濃赤 坂にいた東軍の多くの軍は関ヶ原盆地方 面へ移動し、9月15日に、 東西両主力軍 は、美濃国の平野で決戦を行った。 東西両主力軍の決戦では、 徳川方の 東軍主力軍が勝利を得る。 (4) 大垣付近の美濃赤坂にいる徳川方の 東軍は、1600年 (慶長5年) 9月15日か ら9月23日まで西軍の大垣城を攻撃し、 9月23日に西軍の大垣城を落城させる。 結果的に、美濃国で戦 う西軍の勢力の一部が削(そ)がれた。 その決戦は、主戦場(決戦場)の山中 (やまなか、美濃国山中村)であり、1600年 (慶長5年) 9月15日 の午前10時頃から正 午頃まで、徳川方 の東軍主力軍と 奉行 衆・ 毛利方 の西軍主力軍との間で 行われ た。 戦いの結果、 徳川方の 東軍主力軍が 勝利を得る。 一方、全体の戦いの徳川方の東軍の 中心人物は、である。 徳川方の勝利。 時期 : 1600年(慶長5年) 8月26日頃 から 9月23日まで。 場所 : 美濃国の 大垣 付近 (美濃赤坂(みのあかさか)、大垣城 (おおがきじょう)、南宮山 (なんぐう さん) などの地域)。 徳川方の勝利。 時期 : 1600年(慶長5年) 9月15日 の夜明けから正午頃まで。 場所 : 美濃国の 山中(やまなか)付近 ((関ヶ原盆地南西部、山中(やまなか) 、 藤下(とうげ)、松尾山(まつおやま) 山麓などの地域 )。 その決戦は、主戦場(決戦地)の関ヶ 原盆地であり、 1600年(慶長5年) 9月 15日 の午前8時頃 から午後2時頃まで 、 徳川方 の東軍主力軍と石田方の西軍主 力軍との間 で行われ た。 戦いの結果、 徳川方の 東軍主力軍が 勝利を得る。 一方、 全体の戦いの徳川方の東軍の中心 人物は、である。 1600年(慶長5年)9月14日に、徳川家康の 率いる東軍の徳川方の徳川本隊・約3万2000人 の兵が美濃赤坂エリアに到着した。 1600年(慶長5年)9月14日に、 南宮山(なん ぐうさん)に布陣し、 約1万3000人の兵を率いる 西軍の 奉行衆・毛利方の 毛利秀元(もうりひでもと) は、美濃赤坂エリアにいる、東軍の徳川方の先手 勢・約4万人の兵(福島勢・約1万9000人の兵と 池田勢・約2万1000人の兵) と 東軍の徳川方 の徳川本隊・約3万2000人の兵の東軍の徳川方・ 計約7万2000人の兵を、 南宮山から見た。 そして、 西軍の 奉行衆・毛利方 の 毛利秀元は、 南 宮山 の陣より、野戦に強い東軍の徳川方の大軍 を見て、西方からの西軍の援軍を待つことにし、 東軍の徳川方と戦いを避け、動かなかった。 更に、1600年(慶長5年)9月15日も、約 1万3000人の兵を率い る南宮山布陣の 西軍の 奉行衆・毛利方の 毛利秀元は、 徳川方の先手 勢の池田勢・約2万1000人の兵が 南宮山 の前 面に残留し、行く手を阻み、西軍の主力軍・約3 万人の兵の援軍に駆けつけられず、 関ヶ原盆 地・山中(やまなか)方面に出陣した東軍の徳川 方の主力軍・約5万1000人の兵を挟み撃ちに できなかった。 大垣城(おおがきじょう)を出た西軍の 奉行 衆 ・ 毛利 方 の主力軍・約3万人の兵は、 南宮 山 布陣の 毛利軍の後詰(ごずめ)として、 西方の 山中(やまなか)に布陣し、 東方の 南宮山 布陣の 西軍の毛利秀元 の約1万3000人 の兵と協力し、 関ヶ原盆地や山中に出てきた東軍の徳川方の 主力軍・約5万1000人の兵 (徳川本隊・約3 万2000人の兵と福島勢・ 約1万9000人 の兵 ) を挟み撃ちにしようと考えていた。 しかし、1600年(慶長5年)9月15日に、 東方の 南宮山 布陣の西軍の毛利秀元は、 東軍 の徳川方の先手勢の池田勢に行く手を阻(はば) まれて、動けなかった。 このため、西軍の 奉行 衆 ・ 毛利 方 の 南宮山 の毛利秀元の援軍もなく、 西軍の 奉行 人 衆 ・毛利 方 の主力軍・約3万 の兵 は、山中(やまなか)での決戦で、一方的に攻め られ、総崩れとなり、その 結果、 西軍の 奉行衆 ・ 毛利 方 の 主力軍は、 東軍の徳川方の主力軍に 敗北した。 一方、 徳川方の東軍の中 心人物は、徳川家康である。 奉行衆3人と は、 の中の3人で あり、 増田長盛 (ましたながもり)、 長束正 家(なつかまさいえ)、 前田玄以 (まえだげ んい) である。 徳川方の東軍は、戦いを 有利にすすめ、勝利を得る。 結果は、徳川方の 東軍 が勝利を得た。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 しかし、 その決戦は、美濃国の主戦場の山中(やまな か)で行われた。 徳川方の東軍 が有利に戦いをすすめ、勝 利を得た。 最初 は 、 東軍(徳 川方)の徳川方先手勢の 池田勢・福島勢の豊臣恩顧の大名の軍 と、 西軍 奉行衆・毛利方)の本隊の大垣城籠城衆 (駐留軍)との大垣城の攻防戦である。 次に、東軍(徳川方)の徳川方先手勢の池 田勢・福島勢の豊臣恩顧の大名の軍 や (後か ら来た)徳川本隊の軍 と、 西軍 奉行衆・毛利 方)の、本隊の大垣城籠城衆(駐留軍) や (大 垣城後詰軍 として 後から来た)南宮山 (なんぐう さん)東側に布陣する 毛利勢の軍 との 対峙であ る。 次に、東軍(徳川方)の徳川方先手勢の 福島勢の豊臣恩顧の大名の軍 や 徳川本隊 の軍 と 西軍 奉行衆・毛利方)の本隊の大垣 城籠城衆(駐留軍)は、関ヶ原分地・山中方面に 移動し、 大垣付近に残留した、東軍(徳川方) の徳川方先手勢の池田勢の豊臣恩顧の大名の 軍 と、 大垣付近に残留した、西軍 奉行衆・ 毛利方)の、大垣城少数残留軍 や 南宮山東 側に布陣する 毛利勢の軍 との 対峙である。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得、 奉行衆・毛利方の西軍が敗北する。 最初に、関ヶ原盆地南西部で、 (大垣付近 から来た) 東軍(徳川方) の徳川本隊 や ( 西軍 から東軍(徳川方) に寝返り関ヶ原盆地南方の 松尾山山麓布陣の)小早川 隊 と、 西軍 奉行 衆・毛利方)の (関ヶ原盆地南西部布陣の)大谷 軍との合戦であり、大谷軍が全滅する。 次に、関が原盆地の 南西方向・約2km にあ る山中(やまなか)で、 東軍 (徳川方)の (大垣付近の美濃赤坂から来た) 徳川方先手勢 の福島勢 や 徳川本隊等の軍 と、 西軍 奉 行衆・毛利方) の(大垣付近の大垣城から来た) 小西・宇喜多・ 石田・ 島津勢等の軍 との間で 行 われた合戦であり、 西軍が総崩れとなる。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得、 奉行衆・毛利方の西軍が敗北する。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利をる。 大垣の戦い は、 1600年 (慶長5年))8月 26日から9月15日までの 大垣(おおがき)付近で の 戦いであり、 最初に、東軍(徳川方) の徳川方 先手衆の福島勢や池田勢の軍 と 西軍 奉行衆・ 毛利方)の大垣城在留軍との大垣城の攻防戦で あり、 次に、東軍(徳川方)の徳川本隊や徳川方 先手衆の福島勢・池田勢の軍 と、 西軍 奉行衆・ 毛利方)の、大垣城後詰軍 として 南宮山 (なんぐう さん)東側に布陣する 毛利勢 や 大垣城在留軍 との対峙 である。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が 勝利をる。 山中の戦いは、1600年(慶長5年)9月15 日の夜明けから 正午頃 までの間の戦いであり、 最初に、関ヶ原盆地西南部で、次に、関が原盆 地の 南西方向・約2km にある主戦場 の 山中(や まなか)で行われた戦いである。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 大垣の戦いは、最初に、東軍(徳川方) の徳川方先手勢 と、 西軍 奉行衆・毛利方)の 大垣城籠城衆(駐留軍)が戦った大垣城攻防戦 の 合戦であり、 次に、東軍(徳川方)の徳川本 隊・徳川方先手勢 と、 西軍 奉行衆・毛利方) の南宮山(なんぐうさん)東側布陣の大垣城後 詰軍の毛利勢や大垣城籠城衆(駐留軍) との 対峙である。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝 利を得る。 山中 (やまなか)の 戦いは、 最初に、東 軍(徳川方)の徳川本隊や西軍から東軍に寝 返り小早川の軍 と、 西軍 奉行衆・毛利方) の大谷軍とが戦った関ヶ原盆地 南 西部の合戦 であり、 次に、東軍(徳川方)の徳川方先手勢 の福島勢や徳川本隊等の軍 と、 西軍 奉行衆 ・毛利方)の 小西・宇喜多・ 石田・ 島津勢等の軍 とが戦った、主戦場の 山中(やまなか)での 合戦 である。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を 得る。 一方、弾劾された 徳川家康に味方した大名・ 武将は、東軍(徳川方)となる。 徳川方が有利に 戦いをすすめ、勝利を得た。 (注意) 「従来説(伝説)の関ヶ原の戦い」は、 後世につくられ、創作が多く、信憑性(しんぴょ うせい)があまりない。 「物語の関ヶ原の戦い」 である。 一方、 徳川方の東軍の中心人物は、徳川家康 である。 徳川 方の東軍は、苦戦をして、勝利を得る。 戦いの結 果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 結果は、徳川方の東軍が勝利 を得る。 結果は、徳川方の東軍が、勝利を 得る。 1600年(慶長5年) 9月14日夜に、家康と 徳川本隊(約3万2000人)は、 西軍(奉行衆・毛 利方)の主力軍の関ヶ原盆地・山名方面への移動 の情報を聞きつけ、 西軍(奉行衆方)を追って、 徳川方先手勢の福島勢(約1万9000人)と共に、 関ヶ原盆地・山中(やまなか)方面へ移動し、9月 15日夜明けに関ヶ原盆地南西部に移動し、関ヶ 原西南部に布陣する西軍(奉行衆・毛利方)の 大 谷 軍(約1200人)と遭遇し戦い勝利を得、 その 後、 山中(やまなか)に移動し、山中(やまなか)に いた西軍(奉行衆・毛利方)の小西・宇喜多・ 石田・ 島津勢 等の軍(約3万人)と戦い、勝利を得る。 「山中の戦い」 の 合戦の第1段階として、 16 00年(慶長5年)9月15日夜明けに、 関ヶ原 盆地 南西 部で、 西軍 (奉行衆 ・毛利 方) の先方隊の大 谷軍は、 東軍 (徳川方) の徳川本隊の軍と戦い、 更に松尾山山麓から移動して来た、東軍 (徳川方) に寝返った 小早川軍と戦い、 挟み撃ちにされて、 大谷吉継 は自害(自刃) し、大谷軍は、全滅した。 西軍(奉行衆・毛利方) の 南宮山 の大垣 城後詰軍の毛利勢が 9月15日 以後に予想され る 東軍 (徳川 方)から攻撃を受け 敗北すると 西 軍(奉行衆・毛利方)が駐留する 大垣城が孤立し 不利になるので、 石田三成は、9月15日の東 軍(徳川方)による西軍(奉行衆・毛利方)の南 宮山布陣の毛利勢への攻撃に備えて(の後詰 として)、 1600年(慶長5年) 9月14日の日没 後、大垣城を出て、関ヶ原盆地・山中(やまなか) 方面へ向う。 石田三成は、 9月15 日の午前四時頃、 山中(やまなか)近くの、(関ヶ原の笹尾山から 南3kmの) 藤下(とうげ)の (以前より整備して いた)自害峯(じがいみね)という場所に布陣し、 石田三成は、大垣付近から来るかもしれない 東軍(徳川方)の軍 や 東軍(徳川方)に寝返 るかもしれない松尾山山麓に布陣する西軍(奉 行衆・毛利方)の小早川秀秋の軍と対峙する。 石田三成は、 すぐ近くの山中(やまなか)に 移動し、 9月15日の 午前10時頃から正午頃ま で、 大垣付近から追って来て 山中に現れた 東 軍(徳川方)の徳川方先手勢の福島勢や徳川本 隊等の軍と戦い、敗北する。 西軍 (奉行衆 ・毛利方) の小早川秀秋は、 1600年(慶長5年) 9月14日に、 松尾山山麓 に布陣する。 石田三成は、 1600年(慶長5年) 9月14 日の日没後に、大垣城から出て、山中(やまな か)付近の(関ヶ原盆地の笹尾山から南3kmに ある) 藤 下(とうげ)の 自害峯(じがいみね)とい う場所に 、午前4時頃、 布陣し、石田三成は、 大垣付近から来るかもしれない東軍(徳川方)の 軍 や 東軍(徳川方)に寝返るかもしれない松尾 山山麓に布陣する西軍(奉行衆・毛利方)の小早 川秀秋の軍と対峙する。 その後、石田三成は、 すぐ近くの山中(やまなか)に移動し、9月15日の 午前10時頃から正午頃まで、 大垣付近から追っ て来て山中(やまなか)に現れた東軍(徳川方)の 徳川方先手勢の福島勢や徳川本隊等の軍と戦い、 敗北する。 1600年(慶長5年)9月15日の夜明けに、 関ヶ原盆地南西部で、 東軍(徳川方)の徳川本隊 が、 西軍 (奉行衆・毛利方) の大谷軍を攻撃してい る時、 西軍 (奉行衆・毛利方) の小早川秀秋は、 東軍(徳川方)に寝返り、大谷軍を攻撃し、挟み撃 ちにして、大谷軍を全滅させる。 大垣の戦いの時期 : 1600年(慶長5年) 8月 26日 〜9月15日。 結果、大垣城攻防戦で大垣城は落城せず。 結果、 西軍(奉行衆 ・毛利 方) の南宮山布 陣の毛利勢(約1万3000人) は、 9月14日の 昼間、東軍(徳川方)合計・約7万2000人の大 軍に恐れをなして戦わず、即ち、 強力な東軍の 徳川方の 大軍を見て、勝ち目がないとみて、西 方からの西軍の援軍の到着を待ち、戦いを避け る。 一方、 西軍 奉行衆 ・毛利 方)は、 9月15 日以後の南宮山の毛利勢攻撃に備えて (南宮 山布陣の毛利勢が敗退すれば 西軍 の大垣城が 孤立し不利となるので、南宮山の毛利勢の後詰 軍(後援軍)として)、 西軍 奉行衆 ・毛利 方)の 大垣城籠城衆(駐留軍)(約3万3500人)は、 9月14日の日没後、大垣城に残留 在番衆 部隊 (約3500人) を残して、 大垣城を出て、関ヶ原 盆地・山中方面へ向う。 それを知った東軍(徳 川方)は、9月14日夜、 西軍(奉行衆・毛利方) の小西・宇喜多・ 石 田・島津勢等の軍(約3万人) の主力軍を 追撃するため、 徳川方先手勢の池 田 勢の 軍(約2万1000人)を大垣付近に残して、 徳川本隊(約3万2000人)と 徳川方先手勢の 福島勢 の軍(約 1万9000人) の主力軍 が、関ヶ 原盆地・山中方面へ向う。 結果、 山中(やまなか)の戦いでの西軍(奉 行衆方)の敗北を知り、 西軍(奉行衆 ・毛利 方) の 南宮山 の毛利勢は戦場を離脱し(追撃され)、 東軍(徳川方)が勝利を得る。 一方、大垣城残留勢 (約3500人、 福原・熊 谷・垣見・秋月・相良等の軍 )は、戦いを続ける。 1600年(慶長5年)9月14日に、徳川家康の 率いる東軍の徳川方の徳川本隊・約3万2000人 の兵が美濃赤坂エリアに到着した。 1600年(慶長5年)9月14日に、 南宮山(なん ぐうさん)に布陣し、 約1万3000人の兵を率いる 西軍の 奉行衆・毛利方の 毛利秀元(もうりひでもと) は、美濃赤坂エリアにいる、東軍の徳川方の先手 勢・約4万人の兵(福島勢・約1万9000人の兵と 池田勢・約2万1000人の兵) と 東軍の徳川方 の徳川本隊・約3万2000人の兵の東軍の徳川方・ 計約7万2000人の兵を、 南宮山から見た。 そして、 西軍の 奉行衆・毛利方 の 毛利秀元は、 南 宮山 の陣より、野戦に強い東軍の徳川方の大軍 を見て、西方からの西軍の援軍を待つことにし、 東軍の徳川方と戦いを避け、動かなかった。 更に、1600年(慶長5年)9月15日も、約 1万3000人の兵を率い る南宮山布陣の 西軍の 奉行衆・毛利方の 毛利秀元は、 徳川方の先手 勢の池田勢・約2万1000人の兵が 南宮山 の前 面に残留し、行く手を阻み、西軍の主力軍・約3 万人の兵の援軍に駆けつけられず、 関ヶ原盆 地・山中(やまなか)方面に出陣した東軍の徳川 方の主力軍・約5万1000人の兵を挟み撃ちに できなかった。 大垣城(おおがきじょう)を出た西軍の 奉行 衆 ・ 毛利 方 の主力軍・約3万人の兵は、 南宮 山 布陣の 毛利軍の後詰(ごずめ)として、 西方の 山中(やまなか)に布陣し、 東方の 南宮山 布陣の 西軍の毛利秀元 の約1万3000人 の兵と協力し、 関ヶ原盆地や山中に出てきた東軍の徳川方の 主力軍・約5万1000人の兵 (徳川本隊・約3 万2000人の兵と福島勢・ 約1万9000人 の兵 ) を挟み撃ちにしようと考えていた。 しかし、1600年(慶長5年)9月15日に、 東方の 南宮山 布陣の西軍の毛利秀元は、 東軍 の徳川方の先手勢の池田勢に行く手を阻(はば) まれて、動けなかった。 このため、西軍の 奉行 衆 ・ 毛利 方 の 南宮山 の毛利秀元の援軍もなく、 西軍の 奉行 人 衆 ・毛利 方 の主力軍・約3万 の兵 は、山中(やまなか)での決戦で、一方的に攻め られ、総崩れとなり、その 結果、 西軍の 奉行衆 ・ 毛利 方 の 主力軍は、 東軍の徳川方の主力軍に 敗北した。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 第2段階として、西軍(奉行衆・毛利方)の 大垣城後詰軍の毛 利勢を降参させ西軍(奉行 衆・毛利方)拠点の大垣城を孤立させるため、 1600年(慶長5年) 9月14日に、東軍(徳川方) の 徳川家康は、東方 から来て美濃赤坂(みのあか さか)付近に布陣し、西軍(奉行衆・毛利方)の毛 利勢や大垣城籠城衆(駐留軍)と対峙し、 西軍 (奉行衆・毛利方)の南宮山の大垣城後詰軍の 毛利勢は、9月14日に、東軍(徳川方)の大軍を 恐れて戦わず、 即ち、 強力な東軍の徳川方の 大 軍を見て、勝ち目がないとみて、西方からの西軍 の援軍の到着を待ち、戦いを避ける。 第3段階として、その後、西軍(奉行衆・毛利 方)の南宮山の毛利勢は、9月15 日に、 戦場を離 脱し(追撃され)、 東軍(徳川方) は勝利を得る。 その後、 大垣城の西方にある南宮山(なんぐう さん)東側に 9月7日より 布陣する大垣城後詰軍 の約1万3000人の 西軍(奉行衆・毛利方)の 毛利 勢を攻め降伏させ大垣城を孤立させるた め、 1600年(慶長5年)9月14日 の昼間に、 東方から来て美濃赤坂に入った東軍(徳川方) の 徳川家康率いる約3万2000人の徳川本隊 (井伊直政、本多忠勝、家康馬廻り 衆等の軍) は、 東軍(徳川方)の徳川方先 手勢の福島勢・ 池田勢(計・約4万人)と共に、 西軍(奉行衆・ 毛利方)の 毛利勢の軍 (約1万3000人)や 大垣 城籠城衆(駐留軍) (約3万3500人) と対峙す る。 しかし、 9月14日の昼間、西軍(奉行衆・ 毛利方)の南宮山東側布陣の 毛利勢の軍(約1万 3000人)は、 大垣付近にいる 東軍(徳川方)の 大軍・計約7万2000人に恐れをなし戦わず、 即ち、 強力な東軍の徳川方の 大軍を見て、勝ち 目がないとみて、西方からの西軍の援軍の到着 を待ち、戦いを避ける。 一方、 西軍の小西・宇喜多・ 石田・ 島津 勢 などの軍(約3万人)が 9月14日の日没後 に、 大垣城を出て関ヶ原盆地・山中(やまなか) 方面に転進(移動)したことを 東軍 ( 徳川方 ) は 知り、 東軍( 徳川方)は、 西軍(奉行衆・毛利 方)の 南宮山の毛利勢や大垣城残留勢に対峙 させるため、 徳川方先手勢の 池田勢(約2万 1000人)を南宮山東側に残し、 9月14日夜、 大垣付近の東軍(徳川方)の 徳川本隊や 徳川方 先手勢の 福島 勢等の軍は、 西軍(奉行衆・毛 利方)を 追って(追撃するため)、関ヶ原盆地・山 中(やまなか)方面へ移動する。 9月15日に、 山中(やまなか)の戦いでの 東軍(徳川方)の勝利・西軍(奉行衆・毛利方)の 敗戦を知り、 西軍(奉行衆・毛利方) の 南宮山の 毛利勢の軍は、戦場を離脱する (そして、追撃さ れる)。 一方、 1600年(慶長5年) 9月7日に、南宮山(なんぐ うさん)に、西軍(奉行衆・毛利方) の 大垣城 後 詰軍の毛利勢(約1万3000人)が布陣する。 「大垣の戦い」 では、美濃国 (みののくに、 現・岐阜県南部の相当地域) で、 豊臣恩顧 の 徳川方の東軍の諸将は、 岐阜城攻略・落城 後、 西軍(奉行衆・毛利方) の美濃の本拠地の 大垣城(おおがきじょう)に近い美濃赤坂(みの あかさか)付近に布陣し、大垣城攻防戦を行っ ていたが、9月7日に大垣城の西方の南宮山 (なんぐうさん)に大垣城後詰部隊の毛利勢(約 1万3000人)が布陣し、それ以後圧力を受け、 総大将の徳川家康と徳川本隊(約3万 2000人 ) の到着を待っていた。 合戦の第2段階として、西軍(奉行衆・毛利 方) の 大垣城後詰軍の毛利勢(約1万3000人)を 降参させ大垣城を孤立させるため、 1600年 (慶長5年) 9月14日に、東方から来た 東軍(徳 川方)の 徳川家康は、徳川本隊( 約3万2000人、 井伊直政・本多忠勝・家康馬廻り衆等の軍) と共 に、美濃赤坂(みのあかさか)付近に布陣し、 1600年(慶長5年) 9月14日 の昼間に、 東軍 (徳川方)の 徳 川家康と徳川本隊( 約3万2000 人) や 徳川方先手勢の福島勢・池田勢 (約4 万人) は、 西軍(奉行衆・毛利方) の 南宮山の 大垣城後詰軍の毛利勢(約1万3000人) や 大垣城籠城衆(駐留軍)(約3万3500人) と対 峙し、 9月15 日以降に、 東軍(徳川方)は、 南宮山の毛利 勢や 大垣城籠城衆の駐留軍を 総攻撃する予定であった。 しかし、 9月14日の昼間、西軍(奉行衆・ 毛利方)の南宮山東側布陣の 毛利勢の軍(約1 万3000人)は、 大垣付近にいる 東軍(徳川方) の 大軍・計約7万2000人に恐れをなし戦わず 、 即ち、毛利秀元は、 強力な東軍の徳川方の 大軍 ・計約7万2000人を 南宮山より 見て、勝ち目が ないとみて、西方からの西軍の援軍の到着を待 ち、静観し、戦いを避ける。 一方、 9月15日以降に予想される 東軍 (徳川方)による西軍 奉行衆方) の南宮山の毛 利勢攻撃に備えて、9月14日に、日没後、毛利 勢後詰軍(後援軍)として、西軍(奉行衆・毛利 方) の 大垣城籠城衆(駐留軍)の 小西・宇喜多・ 石田・島津勢等の軍(約3万人) は、 大垣城に 残留 勢 (約3500人)を残して、 大垣城を出て 、 関ヶ原盆地・山中(やまなか)方面 へ転進 する (移動する)。 その後、合戦の第3段階として、 1600年 (慶長5年) 9月15日に 、山中 (やまなか)の戦 いでの 西軍(奉行衆・毛利方) の敗北を知り、 西軍(奉行衆・毛利方) の南宮山の毛利勢は 戦 場を離脱 し (追撃され)、 東軍(徳川方)は勝利を 得た。 また、 1600年 慶長5年)9月15日の 山中 (やまなか)の戦いで 東西両軍の戦い の 西軍(奉 行衆・毛利方) の敗北 の趨勢が決した後も、 西 軍(奉行衆・毛利方) の 福原・ 垣見・熊谷・秋月・ 相良の大垣城残留 勢 (約3500人) は、 戦いを 続け 、 寝返りも出て、最後に、 9月23日 に、東軍 (徳川方)に降伏し、大垣城は開城する。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得、 奉行衆・毛利方の西軍が敗北する。 山中の戦いの場所 : 美濃国の 山中(やまなか) 付近 (関ヶ原盆地西 南 部、山中の付近)。 結果、 西軍 奉行衆・毛利方)の大谷軍は 全滅し、 東軍(徳川方)は勝利を得る。 結果、 西軍 奉行衆・毛利方)は、総崩れとな り敗走し、敗北し、東軍(徳川方)が勝利を得る。 1600年(慶長5年)9月14日に、徳川家康の 率いる東軍の徳川方の徳川本隊・約3万2000人 の兵が美濃赤坂エリアに到着した。 1600年(慶長5年)9月14日に、 南宮山(なん ぐうさん)に布陣し、 約1万3000人の兵を率いる 西軍の 奉行衆・毛利方の 毛利秀元(もうりひでもと) は、美濃赤坂エリアにいる、東軍の徳川方の先手 勢・約4万人の兵(福島勢・約1万9000人の兵と 池田勢・約2万1000人の兵) と 東軍の徳川方 の徳川本隊・約3万2000人の兵の東軍の徳川方・ 計約7万2000人の兵を、 南宮山から見た。 そして、 西軍の 奉行衆・毛利方 の 毛利秀元は、 南 宮山 の陣より、野戦に強い東軍の徳川方の大軍 を見て、西方からの西軍の援軍を待つことにし、 東軍の徳川方と戦いを避け、動かなかった。 更に、1600年(慶長5年)9月15日も、約 1万3000人の兵を率い る南宮山布陣の 西軍の 奉行衆・毛利方の 毛利秀元は、 徳川方の先手 勢の池田勢・約2万1000人の兵が 南宮山 の前 面に残留し、行く手を阻み、西軍の主力軍・約3 万人の兵の援軍に駆けつけられず、 関ヶ原盆 地・山中(やまなか)方面に出陣した東軍の徳川 方の主力軍・約5万1000人の兵を挟み撃ちに できなかった。 大垣城(おおがきじょう)を出た西軍の 奉行 衆 ・ 毛利 方 の主力軍・約3万人の兵は、 南宮 山 布陣の 毛利軍の後詰(ごずめ)として、 西方の 山中(やまなか)に布陣し、 東方の 南宮山 布陣の 西軍の毛利秀元 の約1万3000人 の兵と協力し、 関ヶ原盆地や山中に出てきた東軍の徳川方の 主力軍・約5万1000人の兵 (徳川本隊・約3 万2000人の兵と福島勢・ 約1万9000人 の兵 ) を挟み撃ちにしようと考えていた。 しかし、1600年(慶長5年)9月15日に、 東方の 南宮山 布陣の西軍の毛利秀元は、 東軍 の徳川方の先手勢の池田勢に行く手を阻(はば) まれて、動けなかった。 このため、西軍の 奉行 衆 ・ 毛利 方 の 南宮山 の毛利秀元の援軍もなく、 西軍の 奉行 人 衆 ・毛利 方 の主力軍・約3万 の兵 は、山中(やまなか)での決戦で、一方的に攻め られ、総崩れとなり、その 結果、 西軍の 奉行衆 ・ 毛利 方 の 主力軍は、 東軍の徳川方の主力軍に 敗北した。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を 得る。 「山中の戦い」では、 第2段階として、 関が原盆地の 南西方向・約2km にある主戦場 の山中(やまなか)で、 1600年(慶長5年) 9月 15日の午前10時頃から正午頃 までの間、 東軍 (徳川方) の徳川方先手勢の福島勢、徳川 本隊 などの軍 と 、 西軍(奉行衆・毛利方)の 小西・宇喜多・ 石田・島津勢 などの軍との間で 戦われ、 西軍 (奉行衆 ・毛利方) が総崩れとな り敗走し、敗北し、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 山中(やまなか)の戦いでは、 西軍(奉行衆・ 毛利方)は、 9月14日夜に 大谷吉継の軍は関ヶ 原盆地南西部に布陣し、 9月15日未明に小西 行長、宇喜多 秀家、 石田三成、島津勢(島津義弘・ 島津豊久)の軍は、 山中(やまなか)付近に布陣 する。 石田三成の軍は、 山中付近の藤下(とうげ) の(以前より整備していた)自害峰(じがいみね) という場所に布陣し、その後、すぐ近くの山中(や まなか)に移動し、山中へ攻めてきた東軍 (徳川 方)と戦う。 第1段階として、関ヶ原盆地南西部で、東軍 (徳川方) の 徳川本隊が、 1600年(慶長5年)9 月15日 の 夜明けに 西軍 (奉行衆 ・毛利方) の先 方隊の大谷軍と戦い、 更に西軍(奉行衆・毛利 方)の小早川秀秋の小早川軍が東軍 (徳川方)に 寝返り 、後 方から西軍 (奉行衆・毛利方) の大谷軍 を攻め、 挟み撃ちにして、大谷軍を全滅させる。 第2段階として、その後、 9月15日午前10 時頃から正午頃までの約2時間、 東軍 (徳川方) の徳川方先手勢の福島勢や徳川本隊等の軍は、 西軍 (奉行衆方) の 小西・宇喜多・ 石田・島津勢等 の軍と 山中 (やまなか) で戦い、 山中で防戦する 西 軍 (奉行衆・毛利方) の 小西・宇喜 多・ 石 田・ 島津勢等の軍は、総崩れとなり敗走し、敗北し、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 第2段階として、関が原盆地の 南西方向・ 約2km に ある主戦場の山中(やまなか)で、 1600年(慶長5年) 9月15日の午前10時頃か ら正午頃 までの間、 東軍(徳川方)の徳川方先 手勢の福島勢(約1万9000人)や徳川本隊(約 3万2000人)等の軍 と、 西軍 奉行衆・毛利方) の 小西・宇喜多・ 石田・ 島津勢等の軍(約3万人) との間で戦いが行われ、 西軍 奉行衆・毛利方) が総崩れとなり敗走し敗北し、 徳川方の 東軍が勝 利を得た。 9月15日以後に予想される東軍(徳川方) の南宮山(なんぐうさん)攻撃に備えて(の後詰 として)、西軍(奉行衆・毛利方) の 小西行長、 宇 喜多秀家、 石田三成、 島津勢(島津義弘・島津 豊久)等の軍(約3万人)は、 9月14日の 日没 後、 西軍(奉行衆・毛利方)の大垣城から 出て、 夜を徹して1600年(慶長5年)9月15日午前4 時頃に、 山中(やまなか)付近に 移動し 、 布陣す る。 一方、大谷吉継の軍は、 既に、9月14日 夜に、 西軍(奉行衆・毛利方) の先方隊として、 関ヶ原盆地西 南 部に移動し、布陣する。 山中(やまなか)の戦いでは、 西軍(奉行衆・ 毛利方)は、 大谷吉継の軍は関が原盆地西 南 部に布陣し、 小西行長、石田三成、 宇喜多秀 家 、 島津勢(島津義弘・島津豊久)等の軍は山 中(やまなか)付近に布陣する。 西軍 (奉行衆・毛利方)の石田三成の軍は、 山中(やまなか)付近の 藤下(とうげ)の自害峰(じ がいみね)に布陣する。 その後、すぐ近くの山中 に移動し、山中で東軍( 徳川方)と戦う。 一方、 西軍の小西・宇 喜多・ 石田・ 島津勢 などの軍(約3万人)が 9月14日の日没後に 大垣 城を出て関ヶ原盆地・山中(やまなか)方面に転進 (移動)したことを 東軍 ( 徳川方)は 知り、 東軍( 徳 川方)は、 南宮山の毛利勢に対峙させるため 徳 川方先手勢の 池田勢(約 2万1000人)を南宮山 東側に残し、 東軍( 徳川方) の 徳川方先手勢の 福島勢(約1万9000人)や徳川本隊(約3万20 00人)等の軍は、 西軍 (奉行衆・毛利方) を 追撃 するため、 関ヶ原盆地・山中(やまなか)方面へ 移動する。 山中(やまなか)の戦いでは、 東軍( 徳川 方) の徳川本隊の軍は、 関ヶ原盆地西 南 部で、 西軍(奉行衆・毛利方)の先方隊の大谷軍と対 峙し、 東軍( 徳川方) の 徳川方先手勢の 福島 勢 の軍は、山中(やまなか)で、西軍の 小西・ 宇喜 多・ 石田・ 島津勢等の 軍と対峙 し た。 合戦の第1段階として、1600年(慶長5年) 9月15日夜明けに、 関ヶ原 盆地西 南 部で、 東軍 ( 徳川方) の徳川本隊の軍が西軍(奉行衆・毛利 方)の先方隊の大谷軍と戦い、 更に 松尾山山 麓に布陣していた西軍(奉行衆・毛利方)の小早 川軍は東軍 (徳川方)に寝返り、 関ヶ原盆地西 南 部に出撃して、 南側から 西軍 (奉行衆・毛利方) の大谷軍を攻め、挟み撃ちにして、大谷軍を全 滅させる。 その後、 合戦の第2段階として、 東軍の 徳 川方先手勢の 福島勢の軍(約1万9000人)や 徳川本隊(約3万人)は、 山中 (や まなか) で、 9月15日午前10時頃から正午頃までの約2 時間、 小西・宇喜多・ 石田・ 島津勢 などの軍 (約3万人)を攻め、 最終的に、山中で防戦す る西軍 (奉行衆方) の 小西・宇喜多・ 石田・ 島津 勢等の 軍 を敗走 させ、敗北させ、 徳川方の 東軍 が勝利を得る。 その後、 第2段階として、1600年(慶長5 年)9月15日の午前10時頃から正午頃まで、 主戦場の山地の 山中 (やまなか)で、 山中や 隣の藤下(とうげ)に布陣していた西軍 (奉行 衆・毛利方) の小西・宇喜田・石田・島津勢な どの軍 と、 山中(やまなか)の東側に現れ た 東軍(徳川方)の 徳川方先手勢の福島勢 や徳川本隊などの軍が、戦い、 東 軍 (徳川方) が優勢の中で、 奉行衆・毛利方の 西軍 (奉行 衆・毛利方) が敗退し、徳川方の東軍が勝利 を得る。 山中にいた西軍 (奉行衆・毛利方)の 亀 井軍は、 東軍(徳川方)に寝返る。 山中にいた西軍 (奉行衆・毛利方)の 島 津勢 (島津義弘・島津豊久の軍) は、 「大垣 城への退却」を決意し、 山中(やまなか)の 東側にいた徳川方の東軍 (徳川方) の中を 「 敵中突破 」し、逃走し、 大垣城に向って脱 出し、 追撃され、 途中で大垣城も危ない と知 るや伊勢街道を通り、南下し、大阪に向い、 大阪湾で船に乗り、薩摩に帰国する。 敗走途中、 東軍 (徳川方)の追撃で島 津勢の多くの兵が勇敢に戦い戦死し、島津 義弘(しまづよしひろ)の甥・島津豊久(しま づとよひさ)も 戦死し、結局、 敗走途中、 東軍 (徳川方)の追撃や落ち武者狩り などで、 約 1500人いた島津勢の兵のうち無事帰国でき たのは、 島津義弘と 約70人の島津氏家臣 だ けであった。 (TBSテレビ・2018年1月6日・本放送・ 歴史ドキュメンタリー番組)。 (TBSテレビ・2017年9月2日・本放送・ 歴史ドキュメンタリー番組)。 (おおがき・やまなかのたたかいかんれん できごと(ねんだいじゅん・しょうさい))。 奉行衆・毛利方と反目する多くの豊臣恩 顧(おんこ)の大名が家康に付き従って、会津・ 上杉討伐の軍に加わっ て、大阪城から出陣し た。 その後、それが、全国の大名に送付され る(出回る)。 徳川家康は、この時点から、公儀上、豊 臣氏の敵となる。 一方、徳川方の東軍の中 心人物は、徳川家康である。 奉行衆3人と は、 の中の3人で あり、 増田長盛 (ましたながもり)、 長束正 家(なつかまさいえ)、 前田玄以 (まえだげ んい) である。 一方、徳川方の東軍の中心人物は、徳川家康 である。 というのも、小山評定(おやまひょうじょう) の時点で、奉行衆・毛利方西軍の「内府ちがひ の条々」や奉行衆・毛利方西軍が集めた約10 万人の大軍勢の規模を、 徳川 家 康や家康に 付 き従った徳川方東軍の豊臣恩顧の諸将・大名 は、詳しく知らなかった。 徳川家康に 付き従った 徳川方東軍の 豊 臣恩顧の諸将・大名が家康に味方すると約束 した、 小山評定後、 徳川方東軍の豊臣恩顧 の諸将・大名が、家康を批判する 「内府ちが ひの条々」 や 奉行衆・毛利方西軍が約10 万人もの兵を集めたことを知り、徳川方東軍の 豊臣恩顧の諸将 ・大名 が家康を裏切るのでは ないかと徳川家康は、恐れていたためである。 小山評定後、 奉行衆・毛利方西軍の豊 臣氏三奉行 の名で 公布され た「内府 ちがひ の条々」(ないふちがいのじょうじょう)が、 徳川方東軍の豊臣恩顧の諸将 ・大名 に詳し く伝わり、 徳川家康に正当性がないと主張 するのではないかと家康は案じていた。 徳 川家康は、小山評定で味方となった徳川方 東軍の豊臣恩顧の諸将 ・ 大名 の裏切りを恐れ るようになった。 しかし、奉行衆・毛利方西軍の毛利輝元は、 豊臣大坂城を動かなかった。 江戸城にいる徳川家康は、 尾張にいる 徳川方東軍の豊臣恩顧の諸将・大名に、美濃 (みの、現・岐阜県南部)の奉行衆・毛利方西 軍を攻撃するように促す。 その後、 徳川方東軍の豊臣恩顧の諸将・ 大名は、 奉行衆・毛利方西軍の 美濃の本拠 地の大垣城の駐留軍を攻撃し、大垣城攻防 戦を行っていたが、 9月7日に大垣城の西方 の南宮山(なんぐうさん)に、 奉行衆・毛利方西 軍の 毛利秀元(もうりひでもと)が率いる毛利 勢が布陣する。 家康の江戸城出陣時、 家康は、真田氏討 伐に向かった秀忠の徳川氏主力攻撃部隊 ・約3 万8000人 に、「真田氏 討伐をやめ、一刻も早く 東山道(中山道)経由で尾張・美濃に向かい 二手 に分かれた徳川氏の軍は尾張・美濃あたりで 合流する」という家康の伝達の使者を送った。 しかし、使者は、利根川の洪水に阻まれて、伝達 が遅れた。 1600年9月13日に、 は、 徳川 秀忠の率いる徳川氏別動隊(主力攻撃部隊)・ 約3万8000人を待たず、 尾張の清州城を出て、 9月14日の正午頃に、徳川方の東軍の集結す る、美濃赤坂付近に到着する。 1600年9月13日に、 は、 徳川 秀忠の率いる徳川氏主力攻撃部隊・約3万8000 人を待たず、 尾張の清州城を出て、 9月14日の 正午頃に、徳川方の東軍の集結する、美濃赤坂 付近に到着する。 松尾山の陣地は、石田方西軍が、石田 方西軍の毛利輝元のために用意した陣地で あった。 しかし、その一部が、抗瀬川の戦いであ ったかどうかは不明である。 徳川方東軍の中の徳川本隊と石田方 西軍の大垣垣城籠城勢(駐留軍)の中の石田 隊が 抗瀬川付近で戦い、石田方西軍の島左 近の率いる石田隊が勝つ。 結果は、大谷軍が全滅する。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 結果は、西軍 奉行衆・毛利方) の小西・ 宇喜多・ 石田・島津勢等の軍は、総崩れとなり 敗走し、敗北し、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 結果は、西軍 奉行衆・毛利方) の小西・ 宇喜多・ 石田・島津勢等の軍は、総崩れとなり 敗走し、敗北し、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 戦いの結 果、 徳川方 東軍が 勝利を得る。 大谷 吉継は、 で西軍につき、 戦死する。 「山中の戦い」 の 合戦の第1段階として、 16 00年(慶長5年)9月15日夜明けに、 関ヶ原 盆地 南西 部で、 西軍 (奉行衆 ・毛利 方) の先方隊の大 谷軍は、 東軍 (徳川方) の徳川本隊の軍と戦い、 更に松尾山山麓から移動して来た、東軍 (徳川方) に寝返った 小早川軍と戦い、 挟み撃ちにされて、 大谷吉継 は自害(自刃) し、大谷軍は、全滅した。 歴史のドラマ、映画は、歴史的事実(史実) と 架空の出来事 が、混じって、描かれています。 また、 現代風にアレンジしてあります。 (NHKテレビ・2016年大河ドラマ)。 ( おおがきのたたかい)。 合戦の結果、東軍 の徳川方 が 勝利を得る。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を得る。 次に、9月14日の昼間に、大垣付近 で、 東軍(徳川方)の徳川本隊 や 徳 川方先手勢の福島勢や池田勢の軍 と、 西軍 奉行衆・毛利方)の大垣城後詰軍 の 南宮山東側布陣の毛利勢の軍 や 大垣 城籠城衆(駐留軍) とが対峙 する。 次に、 9月14日の夜に、大垣付近の 西軍 奉行衆・毛利方)の大垣城の大部分 の軍が関ヶ原盆地・山中方面に移動し、 それを追って、9月14日の夜に、大垣付 近にいた、東軍(徳川方)の徳川本隊 や 徳川方先手勢の福島勢の軍が、関ヶ原盆 地・山中方面に移動する。 次に、9月15日に、大垣付近で、移 動せず残った、東軍(徳川方)の徳川方先 手勢の池田勢の軍 と、 西軍 奉行衆・毛 利方)の 南宮山布陣の毛利勢の軍 や 大垣城残留軍 とが対峙 する。 その後、大垣付近で、西軍 奉行衆・ 宮 毛利方)の 南山東側布陣の毛 利勢の軍 は、戦線を離脱し、 西軍 奉行衆・毛利方) の大垣城の残留軍は、降参し、開城する。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を 得、奉行衆・毛利方の西軍が敗北する。 次に、9月14日の昼間に、大垣付近 で、 東軍の徳川方の徳川本隊・約3万 2000人の兵(徳川家康、井伊直政、本多 忠勝、家康馬廻り衆等の軍) や 徳川方 先手勢の福島勢や池田勢の軍・約4万人の 兵 と、 西軍の奉行衆・毛利方の大垣城 後詰軍 の南宮山布陣の毛利勢の軍・約1 万 3000人の兵(毛利秀元・吉川・ 安国寺・長 束・長宗我部等) や 大垣城籠城衆(駐留 軍)・ 約3万3500人 の兵(小西・宇喜多・ 石 田・島津勢等の軍・約3万人の兵と福原・垣 見・熊谷・秋月・相良の軍・約3500人の兵) とが対峙 する。 次に、 9月14日の夜に、大垣付近 の西軍の奉行衆・毛利方の大垣城の大部 分の軍・約3万人の兵( 小西・宇喜多・ 石田・ 島津勢等の軍)が、関ヶ原盆地・山中方面 に移動する。 それを追って、 9月14日の 夜に、大垣付近にいた、東軍の徳川方の 徳川本隊・約3万2000人の兵 や 徳川方 先手勢の福島勢の軍・ 約1万9000人 の兵 が、関ヶ原盆地・山中方面に移動する。 次に、9月15日に、大垣付近で、移 動せず残った、東軍の徳川方先手勢の 池田勢の軍・ 約2万1000人 の兵 と、 西軍の奉行衆・毛利方の 南宮山 布陣の 毛利勢の軍・約1万3000人の兵 や 大垣城の残留軍 ・約3500人の兵 と が対峙 する。 その後、西軍の奉行衆・毛利方の 南 宮山布陣の毛利勢の軍・約1万3000人 の兵は、戦線離脱し、 西軍 の奉行衆・毛 利方の大垣城の残留軍・ 約3500人の兵 は、降参し、開城する。 戦いの結果、 徳川方の 東軍が勝利を 得、奉行衆・毛利方の西軍が敗北する。 一方、 1600年 (慶長5年) 9月 7日に、南宮山(なんぐう さん)に、伊勢方面から来た 西軍 の奉 行衆・毛利方 の 大垣城後詰軍の毛利 勢・ 約1万3000人が布陣する。 第2段階として、 西軍 の奉行衆・毛利 方 の 大垣城後詰軍の南宮山布陣の毛利 勢・約1万3000人 の兵を降参させ大垣城 を孤立させるため、 1600年(慶長5年) 9月14日に、東方から来た 東軍 の徳川方 の 徳川家康は、徳川本隊・ 約3万2000人 の兵(井伊直政・本多忠勝・家康馬廻り衆 等の軍) と共に、美濃 赤坂(みのあかさか) 付近に布陣し、 1600年(慶長5年) 9月 14日の昼間、 東軍 の徳川方の 徳川家康 と徳川本隊・ 約3万2000人 や 徳川方 先手勢の福島勢・池田勢 ・約4万人 は、 南宮山布陣の 西軍 の奉行衆 ・毛利方の 大垣城後詰軍の毛利勢 ・約1万3000人 の兵 や 大垣城籠城衆(駐留軍) ・約3 万3500人の兵と対峙し、 翌日の9月 15日以降に、 東軍 の徳川方は、 南宮山の 毛 利勢や 大垣城籠城衆(駐留軍)を総攻 撃する予定であった。 一方、9月14日の昼間、 西軍 の奉行 衆・毛利方 の南宮山布陣の毛利 勢・約 1万3000人の兵 は、大垣付近にいる 野戦に強い東軍・家康方の合計・約7万 2000人の大軍に恐れをなして戦わず。 大垣城の西軍は、9月 15日以後 に予想される東軍の大軍の総攻撃で 南宮山の 西軍 の毛利勢が敗れ大垣城 が孤立するのを恐れて、 9月14日の夜 に、 西軍主力軍・約3万人の兵は、大 垣城に約3500人の兵を残し、大垣城 を 出て 、関ヶ原盆地・山中方面に向う。 一方、 9月14日の夜に、 徳川本隊や 徳川方先手勢の福島勢 の東軍主力軍・ 約4万1000人の兵は、東軍 の池田勢 ・ 約2万1000人の兵 を大垣付近に残し、 西軍 主力軍 を追って、大垣付近より去 り関ヶ原盆地・山中方面に向う。 9月15日以降に予想される 東 軍の徳川方による西軍の奉行衆・毛利 方 の南宮山 布陣の毛利勢攻撃に備え て、 9月14日に、日没後、南宮山の 毛 利勢後詰軍(後援部隊)として、西軍 奉 行衆・毛利方) の 大垣城籠城衆(駐留軍) の 小西・宇喜多・ 石田・島津勢等の軍 ・約 3万人 の兵 の西軍主力軍は、 大垣城 に残留 勢 ・約3500 人の兵を残して、大 垣城を出て 、南宮山西方の関ヶ原盆地・ 山中(やまなか)方面に転進する(移動 する)。 その後、第3段階として、9月15日 午前中、南宮山布陣の西軍の毛利勢・ 約1万3000人の兵は、南宮山の前面に いる 東軍の徳川方 残留の先手勢の池田 勢・ 約2万1000人の兵 と対峙し、動け ず、山中(やまなか)にいる西軍主力軍 の援軍に駆けつけられず、15日正午頃 の山中(やまなか)の戦いでの西軍の奉 行衆・毛利方の敗北を知り、 その後、 南宮山の 西軍 の 毛利勢は 戦場を離脱 し(追撃され)、 西方に向い、大垣付近 でも、 東軍 の徳川方は勝利を得た。 また、 9月15日の 山中(やまなか) の戦いで西軍の奉行衆・毛利方が敗北 し 東 西両軍の戦いの趨勢 (すうせい)が 決した後も、 西軍 の奉行衆・毛利方 の 福原・垣見・熊谷・秋月・相良の大垣城 残留勢 ・約3500人 の兵 は、 戦いを続け 、 寝返りも出て、最後に、1600年(慶 長 5年) 9月 23日 に、東 軍の徳川方に降 伏し、開城する。 戦いの結果、東軍 の徳川方 が勝 利を得、西軍の奉行衆・毛利方が敗北 する。 才能と美貌に恵まれ た女性であった。 『 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身 世にふる ながめせしまに 』。 小野小町は、 数多くの男性に思いをよせられ、 多くの恋文を受け取ったが、ほとんど応じなかった。 しかし、 小野小町は、 深草少将(ふかくさのしょ うしょう)という男性には、心ひかれ、好意を寄せた。 しかし、恋が実る前に、深草少将は死去してしまった。 (テレビ朝日・2017年2月7日・本放 送・テレビ・ドキュメンタリー番組)。 小田原合戦は、 1590年(天正18年)3月1日に 開戦し(秀吉が出陣し)、 1590年(天正18年)7月5 日に終戦となった(小田原城が落城した)。 小田原合戦では、 秀吉は、 北条氏本城の 小田 原城を約10万人の兵で取り囲み、補給路を完全に 絶ち、 更に、北条氏本城の 小田原城を見下ろす山に、 秀吉は、総石垣の、石垣山一夜城(いしがきやまいち やじょう)を約80日で築城し、長期戦の構えを見せ、 短・中期の 籠城戦(ろうじょうせん)を目指していた 北条氏を圧倒し、父で隠居の北条氏政は反対したが、 子で北条氏当主の北条氏直は、籠城戦を あきらめ、 小田原城を開城し降伏した。 秀吉により、関東の北条氏は領地を没収され、 は 自害(切腹)をさせられ、 は高 野山へ追放となった。 ここに小田原合戦は終わり、5代100年続 いた戦国大名の北条氏は、滅んだ。 一方、小田原合戦で関東地方を攻める、豊臣秀 吉の率いる、総勢・兵士約16万人の豊臣方の大軍を 知った、東北地方の、陸奥国(むつのくに、現・青森・ 岩手・宮城・福島県の相当地域)や出羽国(でわの くに、現・秋田・山形県の相当地域) の諸領主 は、 小田原合戦での秀吉の関東平定後、秀吉が大軍で 東北地方の陸奥国・出羽国に侵入し攻撃され領地を 没収をされるのを恐れて、 次々に秀吉のいる小田 原に使者を送ったり、参陣したりして、臣従した。 小田原合戦の後期には、陸奥国の戦国大名の、 (だてまさむね)も、 秀吉のいる小田原に 参陣し、臣従を誓い、 減封(げんぽう、領地減少) になったが、改易(かいえき、領地没収)は免れた。 1590年(天正18年)に、 秀吉の命(命令) により、 は、三河、遠江、駿河、甲斐、信 濃などの中部地方の領地から相模、武蔵、上総、 下総、上野、伊豆などの旧北条氏領土の関東地方 の領地に移る。 1590年(天正18年)に、 当時政治の中心地 の大坂・京都に近い、中部地方に大勢力をもつ、徳 川家康の勢力拡大を恐れた、 豊臣秀吉は、 小田 原合戦で北条氏の降伏後、政治の中心地の大坂・ 京(都)から遠い、未開墾地の多い、北条氏から没収 した、旧北条領のうちの約230万石の領地に、徳川 家康を封じ込め、領地替え(転封(てんぽう))させた。 1590年(天正18年)に、 徳川家康 は、関東 地方の徳川の領地の中心地を、江戸 (えど、現・東 京23区地域の相当地域) とし、 ここに、徳川氏に よる江戸(現・東京)の都市開発が始まる。 更に、豊臣秀吉は、 北条氏を討伐し滅ぼした 後、徳川家康の領地を、当時政治の中心地の大坂・ 京(都)から遠い、北条氏領地の関東に移し、家康 の三河・遠江・駿河・甲斐・信濃の中部の領地に、豊 臣恩顧の大名を配置し、家康が大坂・京(都)に攻め 上るのを防ごうと考えた。 ところが、その後、 1589年(天正17年)11月 に、 北条氏の家臣が、真田領の名胡桃城(なぐるみ じょう)を占領し、奪取する。 豊臣秀吉の意を受けた、 真田昌幸(まさゆき、真田幸村(信繁)の父)が、策略 で北条氏の家臣に名胡桃城を占領するように仕向け たと推測される。 その後、豊臣秀吉は、北条氏による真田領の 名胡桃城(なぐるみじょう)占領事件で、北条氏が秀 吉の許しなく勝手に戦いを行い占領したとし、 惣無 事令(そうぶじれい)違反とし、 秀吉への臣従によ る領土安堵(あんど)を望んでいた北条氏を討伐する ため、 1589年(天正17年)12月に、 既に秀吉に 服属する全国の諸大名に、北条討伐の討伐令を通 知した。 (TBSテレビ・2016年12月2日・本放送・ 歴史ドキュメンタリー番組)。 歴史のドラマ、映画は、史実(歴史上の事実) と 架空の出来事が 混じって描かれています。 また、現代風にアレンジしてあります。 (NHKテレビ・2016年大河ドラマ)。 (日本映画)。 小谷山に 浅井氏の本城の 小谷城があ り、周辺の山々 には、 浅井氏の支城があった。 そして、遂に、1573年(天正元年)8月に、小谷城 は、 織田信長配下の秀吉に攻められて、落城した。 その際、浅井長政は、小谷城で自害し、長政の妻子の お市と浅井3姉妹 (茶々、初、江)は小谷城から落ち延 びた。 1573年(天正元年)8月8日に、織田信 長は、北近江 (きたおうみ、現・滋賀県北部 の相当地域) に、約3万人の軍勢を率いて 出兵し、8月10日に、 浅井氏の 小谷城の向え にある(の喉元にあたる)、虎御前山(とらご ぜんやま)の砦(とりで)に入り、浅井氏(あざ いし、あさいし)の小谷城(おだにじょう)を包 囲する。 1573年(天正元年)年8月10日に、越 前国 (えちぜんのくに、福井県東部)から 北近江に浅井氏の救援にきた約1万5000 人の兵の朝倉軍が現れ、8月13日に、北近 江で、織田信長は、朝倉軍と戦い、撃破する。 その後、織田信長は、小谷城の攻撃を 後回しにして、織田信長の織田軍は、敗走 する朝倉遠征軍を追撃し、8月14日に、朝 倉義景(あさくらよしげ)と朝倉軍を刀根坂 (とねざか)の戦いで撃破し、刀根山を越え、 越前国に敦賀(つるが)に着陣し、その後、 敦賀を平定し、敦賀を経由して、8月16日 には、木芽峠(きのめとうげ)を越え、織田 信長は、8月18日に、越前府中(えちぜん ふちゅう)の龍門寺(りゅうもんじ)に着陣す る。 1573年(天正元年)年8月18日に、 織田信長は、越前の朝倉氏の本拠地の一 乗谷の市街地を襲撃制圧し、焼き払う。 柴田勝家らの織田軍が 8月18日に、一乗 谷に攻め込み、放火は三日三晩続いた。

次の