アシンメトリー 歌詞。 アシンメトリー MINT mate box 歌詞情報

アシンメトリー

アシンメトリー 歌詞

A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q よく、フォトジェニックな被写体とか、 フォトジェニックな写真とか聞くのですが、 そもそも「フォトジェニック」ってなんなんでしょうか? 英語なのでしょうか?一応辞書を引いてみたのですが 載っていなかったので、和製英語?とも思ったりしていますが、webでいろいろ検索してみても やはり明確な意味が分かりませんでした。 私は特に写真を趣味とはしていませんが、 綺麗な写真は好きですし、動物などを 携帯で撮ってブログに載せたりします。 やはりその際に間違った言葉を使うのも どうかと思うので、 「フォトジェニック」という言葉の 正確な意味を、またどういう使い方?が 正しいのかをどなたかご教授ください。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

アシンメトリー 歌詞『cosMo@暴走P』

アシンメトリー 歌詞

ファンクやソウルとポップスが混ざる絶妙な音楽性は他の模倣を許さない。 多くの世代から愛されるスガシカオの音楽が素晴らしいのはもちろんだが、ミュージシャンとしても常に挑戦を忘れてはいない。 想像できる未来を嫌う彼は2011年に所属事務所から独立を果たし、インディーズでの活動を始めたのだ。 その音楽に触れるとスガシカオは、そこらにいるミュージシャンとは一線を画すと理解できるはずだ。 テレビなどで見かけるとひょうきん者でトークも面白い。 明るい人というイメージを持ってしまうが、奥底に眠る繊細さは計り知れないはずだ。 誰もが気づかないような感覚を持っているからこそ、スガシカオにしかできない曲ができるのだ。 「涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから 自分が思ってるよりも 君は強い人間じゃないし 抱きしめるぼくにしたって 君と何もかわりなんてしない」 曲の構成がとても面白い。 冒頭でサビのメロディを二小節分歌い、何事もなかったかのようにスムーズに曲へと入っていく。 一度聞けば頭から離れないサビのメロディの性質を見事に生かしている。 ファンク調の同曲は決して音数が多いと言えないが、その心地よさは抜群だ。 無駄な音は一つもなくボーカルの声が一直線にリスナーへと届く。 こういったところに計算され尽くしたスガシカオの稀有なセンスがうかがえる。 非対称だからこそ意味を持つ歌詞 「半分に割った赤いリンゴの イビツな方をぼくがもらうよ 二人はそれでたいがいうまくいく」 同曲は決して難しい詩ではないが、「半分に割ったリンゴのイビツな方をぼくがもらうよ」という部分には驚かされる。 リンゴを半分に割ったのだから、片方がイビツだともう片方もイビツになってしまうという事実に気づいただろうか。 非対称を意味する「アシンメトリー」というタイトルをつけたのも、非対称だからこそ意味を持つとスガシカオが考えているからなのかもしれない。 対称はどちらにも差異がない。 それは、誰にも気づかれず存在の意義を失ってしまう可能性もある。 同曲の歌詞にあるようにイビツだからこそ、対称ではないからこそ「たいがいうまくいく」のだろう。 スガシカオにしか出せない世界観 「きっとぼくらの明日なんて ヤミでも光でもなく そこにぼくと君がいるだけで いつでも心の色なんて にじんでぼやけてしまうから そう…だから何度も ぼくは言葉で確かめる」 スガシカオの詩の世界は綺麗だとは言えず、少し薄情で鬱屈としている。 しかし、彼の独特な声によって響きわたれば、その詩は魅惑的な優美さを備える。 それは紛れもなく彼の個性であり、 リスナーは不確実で怪しげなスガシカオの世界へと羽ばたける。 やはり、スガシカオの音楽を創れるのはスガシカオしかいない。 音楽は比較するものではないが、彼が頭ひとつ飛び抜けていることは言うまでもない。 スガシカオだけが持つ世界観からはいつまで経っても抜け出せそうもない。

次の

千本桜 歌詞「黒うさP feat.初音ミク」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

アシンメトリー 歌詞

ファンクやソウルとポップスが混ざる絶妙な音楽性は他の模倣を許さない。 多くの世代から愛されるスガシカオの音楽が素晴らしいのはもちろんだが、ミュージシャンとしても常に挑戦を忘れてはいない。 想像できる未来を嫌う彼は2011年に所属事務所から独立を果たし、インディーズでの活動を始めたのだ。 その音楽に触れるとスガシカオは、そこらにいるミュージシャンとは一線を画すと理解できるはずだ。 テレビなどで見かけるとひょうきん者でトークも面白い。 明るい人というイメージを持ってしまうが、奥底に眠る繊細さは計り知れないはずだ。 誰もが気づかないような感覚を持っているからこそ、スガシカオにしかできない曲ができるのだ。 「涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから 自分が思ってるよりも 君は強い人間じゃないし 抱きしめるぼくにしたって 君と何もかわりなんてしない」 曲の構成がとても面白い。 冒頭でサビのメロディを二小節分歌い、何事もなかったかのようにスムーズに曲へと入っていく。 一度聞けば頭から離れないサビのメロディの性質を見事に生かしている。 ファンク調の同曲は決して音数が多いと言えないが、その心地よさは抜群だ。 無駄な音は一つもなくボーカルの声が一直線にリスナーへと届く。 こういったところに計算され尽くしたスガシカオの稀有なセンスがうかがえる。 非対称だからこそ意味を持つ歌詞 「半分に割った赤いリンゴの イビツな方をぼくがもらうよ 二人はそれでたいがいうまくいく」 同曲は決して難しい詩ではないが、「半分に割ったリンゴのイビツな方をぼくがもらうよ」という部分には驚かされる。 リンゴを半分に割ったのだから、片方がイビツだともう片方もイビツになってしまうという事実に気づいただろうか。 非対称を意味する「アシンメトリー」というタイトルをつけたのも、非対称だからこそ意味を持つとスガシカオが考えているからなのかもしれない。 対称はどちらにも差異がない。 それは、誰にも気づかれず存在の意義を失ってしまう可能性もある。 同曲の歌詞にあるようにイビツだからこそ、対称ではないからこそ「たいがいうまくいく」のだろう。 スガシカオにしか出せない世界観 「きっとぼくらの明日なんて ヤミでも光でもなく そこにぼくと君がいるだけで いつでも心の色なんて にじんでぼやけてしまうから そう…だから何度も ぼくは言葉で確かめる」 スガシカオの詩の世界は綺麗だとは言えず、少し薄情で鬱屈としている。 しかし、彼の独特な声によって響きわたれば、その詩は魅惑的な優美さを備える。 それは紛れもなく彼の個性であり、 リスナーは不確実で怪しげなスガシカオの世界へと羽ばたける。 やはり、スガシカオの音楽を創れるのはスガシカオしかいない。 音楽は比較するものではないが、彼が頭ひとつ飛び抜けていることは言うまでもない。 スガシカオだけが持つ世界観からはいつまで経っても抜け出せそうもない。

次の