ストライク・ザ・ブラッド 最新刊。 『ストライク・ザ・ブラッドIV』、2種類のKVを公開!新キャラ&キャスト情報

ストライク・ザ・ブラッド

ストライク・ザ・ブラッド 最新刊

20年後の未来からやって来た少女・暁零菜の正体が明かされて完結となるストブラ最終回の今回です。 その少女こそ、やっぱり暁古城&雪菜ちゃんの娘だったわけで、その零菜ちゃんを通して暁夫婦の絆が描かれるお話で完結となる最終章です。 親子3人で敵を撃破した後にはストライプのパンツネタも登場して、結局、雪菜ちゃんのパンツで始まりパンツで終わるストブラでしたw そして、20年後のエピローグシーンでは、絃神島が第四真祖・暁古城の帝国になっていることも明かされてサブタイトルの謎も解けます。 また、そこに藍羽浅葱の娘の萌葱ちゃんも登場して、萌葱ちゃんが誰の子なのかが気になる暁古城のハーレムエンドで完結した本作でした。 お話は、未来からやって来た零菜ちゃんが、叶瀬夏音と一緒にお風呂に入るサービスシーンからスタート! 叶瀬夏音の裸体に欲情して、吸血衝動を起こす零菜ちゃんが百合百合しいことになっていますw また、お風呂にはミニサイズになった錬金術師のニーナもいました。 ミニサイズエロが最高なニーナ・アデラードです。 また、未来からやって来た人造魔獣が絃神島を滅ぼしかねない危険なバケモノであること説明する零菜ちゃんでした。 愛人一号の浅葱ちゃんも、最後の最後まで絃神島を守るために頑張ります。 一方、正妻の雪菜ちゃんは、雪霞狼を失って獅子王機関からの帰還命令を受けてしまうという、メランコリーモードが続いていました。 夫婦がすれ違ってしまうという最終回シリアス展開です。 ここで、愛人二号の煌坂紗矢華が、ふがいない暁古城をビンタして雪菜ちゃんを追わせます。 自分のことは置いておいて、愛しの男を正妻の元に向かわせる煌坂紗矢華の愛人愛が熱すぎることになっています(涙 また、雪菜ちゃんの元に走るシーンでは、浅葱ちゃんがあの時のキスが本気だったと告白しかける場面も登場。 しかし、ここは邪魔が入って、マジ告白にまではいかなかった浅葱ちゃんですw そんな感じで、暁古城を巡るハーレム展開もクライマックスを迎えている最終回です。 そして、ウジウジしている頑固者のママの本音を引き出す、零菜ちゃんの説教シーンが登場します。 ここで、古城とずっと一緒にいたいと叫ぶ雪菜ちゃんがついに本音を明かしました。 最終章は、雪菜ちゃんのこの本音を引き出す物語だったと言えそうです。 そんな本音を娘に明かした雪菜ちゃんには、20年後の世界から持ってきた雪菜ちゃん仕様の新雪霞狼がプレゼントされます。 また、不死身の人造魔獣とのバトルでは、アスタルテ、那月ちゃん、煌坂紗矢華が参戦するというお祭りバトル展開に。 吉野弘幸お得意のお祭り全員集合のオリジナル展開が炸裂する今回です。 さらに、暁古城のハーレム第三勢力のホモヴァトラーも古城を助けにやってまいりました。 なんとここにも暁古城を熱く思う人がw しかし、ホモはお断りということで、正妻の雪菜ちゃんが颯爽登場して、ヴァトラーの手出しを許しません。 最後にフトモモ雪霞狼アクションを見せてくれる雪菜ちゃんが最高です。 そして、ガッツリと抱擁しあった暁古城と雪菜ちゃんの人目をはばからない吸血エッチタイムが始まります。 最終章の最終回ということを、もちろん吸血エッチもある今回です。 首筋を見せて古城を誘う雪菜ちゃんがエッチなことになっています。 そんな雪菜ちゃんに瞬速でむしゃぶりつく野獣暁古城です。 なんという驚きの速さを見せる野獣暁古城w そんな暁古城の野獣行為に、周り人達たちもタジタジです。 ホモヴァトラーの嫉妬に、うらやま顔から諦めて笑顔を見せる煌坂紗矢華と、なかなか見どころ満載のシーンになっていますw そして、お約束の「ここから先はオレの喧嘩だ!」「いいえ先輩、私達の喧嘩です!」の決めゼリフもここで登場! これがなきゃストブラじゃありません! さらに、娘の零菜ちゃんも喧嘩に参加するという、最終回は親子3人の喧嘩になっています。 最終決戦は、そんな親子3人の共演で見事に不死身の魔獣を撃破することになりました。 大勝利展開に浅葱も満面の笑みを見せてくれます。 しかし、そんな大勝利展開でしたが、例の絃神の名字を花江夏樹キャラが、この魔獣を送り込んだのが誰なのかなど、気になる言葉を残します。 さらに、絃神の話し相手が浅葱ちゃんのAIのモグワイだったりだったりして、大きな謎を残して終わることになる本作でした。 そして、戦闘後には、雪菜ちゃんの帰還命令がただの健康診断だったとうドジっ娘アピールシーンも登場。 最後に勘違いドジっ娘萌ポイントも披露してくれる雪菜ちゃんが流石ですw そんな中、ついに20年後の未来からやって来た暁零菜が帰還する時が来ます。 最後に雪菜ちゃんに「ママ」と言い残して、やんわりと両親に正体を明かす零菜ちゃんでした。 そして最後は、零菜ちゃんが脱ぎ捨てて行った雪菜ちゃんのピンクのストライプパンツを、暁古城がマジマジと見つめるシーンが登場! やっぱり、第1話で衝撃の雪菜ちゃんのこのパンツでのパンチラで始まった本作なので、締めももちろんこのパンツですw というわけで、見事な雪菜ちゃんのパンツ締めで終わったところで、それぞれのその後が描かれるエピローグEDが登場。 最後は、一緒に帰る暁古城&雪菜ちゃん夫妻の一緒に帰るシーンで締められます。 末永くお幸せに・・・ と、雪菜ちゃんと暁古城の物語が完結したところで、20年後の零菜ちゃんが帰った世界が描かれるエピローグ延長戦が登場します。 ここで、全裸で帰還した零菜ちゃんを迎える謎の女の子も登場。 それにしても零菜ちゃんのおっぱいが凄いことに。 そんな中、その謎の女の子が藍羽浅葱の娘の萌葱ちゃんであることが明かされます。 というわけで、雪菜ちゃんの一人勝ちかと思われましたが、萌葱ちゃんの暁古城父説が浮上して、未来のハーレム事情がややこしくなっていますw もしや、暁古城が煌坂紗矢華たちも孕ませているという子だくさんハーレムの未来がそこに? そして最後に、さらに巨大化した絃神島が、暁古城の帝国になっているという衝撃の事実も明かされます。 やっぱり、サブタイトルから予想していた通り、20年後に帝国を築き上げていた暁古城です。 そら第四真祖ですしw そんなわけで、未来でも暁古城のハーレム生活が続いているということを匂わせる、見事なハーレムエンドで完結となった本作です。 というわけで、毎回お約束のパンチラとチャプター完結編でのヒロインの誰かと吸血行為をするというエロスと、お約束の熱いラノベバトルを上手いこと組み合わせて毎回楽しませてくれたストブラが、見事なハーレムアニメの一つの形を見せてくれたと思います。 jp).

次の

「ストライク・ザ・ブラッド」 最終話「暁の帝国篇Ⅱ」感想ー脳とアニメーションー

ストライク・ザ・ブラッド 最新刊

アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』の新作制作が決定した。 スペシャルOVA『ストライク・ザ・ブラッド 消えた聖槍篇』とOVA第4期シリーズ『ストライク・ザ・ブラッドIV(フォース)』が2020年にリリースされる。 『ストライク・ザ・ブラッドIV』ロゴ 『ストライク・ザ・ブラッド』は三雲岳斗が「電撃文庫」にて刊行中の小説が原作。 世界最強の吸血鬼・第四真祖の能力を手に入れた高校生・暁古城と、そんな彼を監視する任務を負った見習い剣巫・姫柊雪菜を中心に、さまざまな事件が展開する学園アクションファンタジーだ。 2013年にTVアニメの放送がスタート。 OVAシリーズは第3期まで制作された人気作だが、このたび新作OVAの制作が決定した。 スペシャルOVA「消えた聖槍篇」は本作初のオリジナルストーリー。 発売日は2020年1月29日で、ファン待望のシーンも数多く含まれているエピソードとなっている。 そのリリースに先駆けて19年12月15日には「消えた聖槍篇」の上映イベントを開催予定。 最新作をいち早く鑑賞できる嬉しい機会となっている。 『ストライク・ザ・ブラッド 消えた聖槍篇』最新ビジュアル 『ストライク・ザ・ブラッドIV』はOVA第4期シリーズ。 こちらはOVA第3期の続きを描いたストーリーだ。 全6巻を予定しており、第1巻は2020年3月25日にリリースされる。 どちらのOVAもオープニング・テーマは岸田教団&THE明星ロケッツ、エンディング・テーマは姫柊雪菜(CV:種田梨沙)が担当。 前作に引き続き、お馴じみの面々が歌声を披露する。 さらに「消えた聖槍篇」とOVA第4期を全巻購入すると、店舗によって異なる特典も用意された。 そんな折、絃神島の周辺海域で起きている原因不明の海難事故について、 獅子王機関と太史局が合同調査を行うことに。 一方、自分を呼ぶ声で目を覚ました古城。 記憶もおぼろげな彼の視界に飛び込んできた光景は、 自分がくるまって寝ていたらしい一枚の毛布と頬を赤らめ、 涙ながらに訴えかけてくる雪菜の顔。 (C)2019 三雲岳斗/KADOKAWA/PROJECT STB OVA 《高橋克則》.

次の

ストライク・ザ・ブラッド OVAI

ストライク・ザ・ブラッド 最新刊

電撃文庫刊『 ストライク・ザ・ブラッド』第22巻が2020年8月7日に発売されることが決定した。 原作小説は2011年に刊行をスタート。 第22巻は本篇完結の最終巻となる。 2013年から2014年にかけてTVアニメ化、その後はOVAシリーズが展開され続けており、2020年4月よりOVA第4期『ストライク・ザ・ブラッドIV』もリリースがスタートしている。 9年以上に渡って刊行されてきた大長編シリーズが、ついに最大の節目を迎えることになる。 十二体もの眷獣《けんじゅう》を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。 その〝第四真祖〟監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は〝剣巫《けんなぎ》〟と呼ばれる攻魔師《こうまし》の派遣を決定。 しかしなぜか監視役として選ばれたのは、見習い〝剣巫〟の少女、姫柊雪菜《ひめらぎゆきな》だった。 対真祖用の最強の霊槍《れいそう》を携え、魔族特区〝絃神《いとがみ》市〟を訪れる雪菜。 私達の聖戦(ケンカ)です!」は、作品を象徴する決め台詞として広く認知された。 多くのファンを魅了し続けている学園アクションファンタジー『ストライク・ザ・ブラッド』第22巻は、電撃文庫より2020年8月7日発売予定。

次の