とんねるず いいとも。 石橋貴明「だからフジテレビはダメに...」 ダウンタウンめぐり「ほとほと」あきれたコト: J

共演NGの芸能人・俳優・女優・お笑い芸人まとめ!ダウンタウン&とんねるずから広瀬すず&ジャニーズ&若手俳優まで

とんねるず いいとも

ソロの活動が中心となっている石橋(手前)と木梨 一時代を築いた長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が2018年3月に幕を閉じてから、はや2年が経過した。 いまではソロの活動が中心となっている2人だが、驚くほど明暗がクッキリと分かれてしまった。 テレビのレギュラー番組を必死にキープしようとする石橋貴明(58)に対し、木梨憲武(58)はここにきて若者人気が急上昇中で多方面から引っ張りだこだ。 4月からは同局で新番組「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0時25分)がスタートし、何とか地上波レギュラーゼロのピンチからは脱したが…。 「石橋はフジの黄金期を支えた功労者であり、同局の日枝久元会長(フジサンケイグループ代表)とは蜜月関係にある。 『たいむとんねる』がダメだった以上、本来ならばバッサリと切られてもおかしくなかったが、石橋がレギュラー続行を望んだことや、様々な事情を考慮して、新番組という形に落ち着いた」(テレビ局関係者) それでも苦しい立場に追い込まれているのは間違いない。 「たいむとんねる」が、月曜午後11時からの全国放送だったのに対し、新番組は火曜深夜の関東ローカル。 石橋にとって『薪を焚べる』はラストチャンスだろう。 ここで評判が悪かったら、いよいよレギュラー番組ゼロの日が迫ってくる」(同) 一方、相方の木梨もテレビではレギュラー番組はない。 だが、テレビの枠から飛び出して様々なフィールドで活躍している。 昨年12月に初のソロアルバム「木梨ファンク ザ・ベスト」をリリースしたところ、オリコン週間デジタルアルバムランキングで初登場1位を獲得するなど、チャートを席巻した。 「木梨は歌手としての評価も上々。 石橋も同時期に元野猿のメンバーと新ユニット『B Pressure』を結成しシングルを発売したが、ほとんど話題になっていない」と音楽関係者。 また2月末には、パーソナリティーを務める「土曜朝6時 木梨の会。 」(TBSラジオ)で、落語家の林家正蔵に入門を直訴し快諾された。 新作落語を作り、落語家としてデビューするつもりだという。 さらに木梨の現状を象徴しているのは、インスタグラムだろう。 様々な職業になりきった写真が大きな話題となったことは本紙で既報した通り。 なりきり写真に代表されるように、投稿されるたびに「おしゃれ」などと話題になって若者のファンが増加し、フォロワーは2日時点で100万人以上もいる。 テレビで大活躍していた時代を知らない若い子たちもSNSを通して次々とファンになっており、還暦手前にして幅をどんどん広げている」と広告代理店関係者は分析。 テレビに見切りをつけたわけではないだろうが、新しいことにどんどんチャレンジする木梨に対し、石橋は今も自分たちが大きくなったテレビを基軸に活動している。 コンビで別々の道を選んだ2人だが、現時点ではハッキリと明暗が分かれてしまった。 石橋は巻き返すことができるか?.

次の

石橋貴明が語った「フジテレビの凄さ」と『いいとも!』最終回の裏話

とんねるず いいとも

今やお笑い界では大御所となった とんねるずと ダウンタウンですが、 二組の共演は滅多に見れないほど、希少なものでした。 その共演シーンをいくつか振り返ってみようと思います。 『秋の祭典 なるほど! ザ・ワールド』 出典: まずは、94年に放送されていたフジテレビ系バラエティ特番秋の祭典 『 なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ)です。 その時 どういった絡みが見られたのでしょうか。 当時の視聴者の感想などを見てみましょう。 94秋の祭典 なるほど!ザ・ワールドを見るととんねるずが回答しているときに浜田が近づいて「早く答えろ」と言い石橋が「無視、無視」と言いました。 結局とんねるずは優勝を逃しそれで仲が悪いのかなと思いました。 出典: 現在ではダウンタウンの二人が、とんねるずとの関係について、「 仲が悪い訳ではない」と 『 ガキの使い』などの番組で語っていましたが、当時の二組は、芸人としては中堅的な位置に居た為、お互いにライバル意識していたのかも知れません。 『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』 タモリさんが司会を努めたお昼のバラエティ番組 『 笑っていいとも』(フジテレビ)の最終回 『 笑っていいとも! 耳を澄ませてみると、客席にいた タカアンドトシや SMAPの香取慎吾、草彅剛の歓声や、ガレッジーセールのゴリが指笛が聞こえますし、同じ芸能人達でさえ、大きく興奮していたのが分かります。 それほど、貴重な共演だったということでしょう。 また、トーク場面でも 初共演の話に触れたり、タカさんが 「 乱入のきっかけは松本人志」と本人に語るなど、貴重なシーン満載の内容となりました。

次の

とんねるず明暗 余裕の木梨・怯える石橋 差がついた理由とは

とんねるず いいとも

『森田一義アワー 笑っていいとも!』公式サイト(「フジテレビ HP」より) 1982年10月に放送がスタートして以降、約32年続いた長寿テレビ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)が、ついに3月31日に最終回を迎えた。 正午から放送された通常版では、ビートたけしや明石家さんま(電話のみ)がゲスト出演するなどして、最終回に華を添えた。 中でも、以前から不仲説が囁かれていた 松本人志(ダウンタウン)と石橋貴明(とんねるず)、さらには松本と太田光(爆笑問題)が共演を果たし話題を呼ぶなどし、平均視聴率28. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。 華やかに32年間の歴史に幕を閉じた。 マル1:明石家さんま、マル2:ダウンタウン、マル3:ウッチャンナンチャン、ここでブロックひとつ終わり。 ちょっと空いて、ナインティナイン、って書いてある下から、爆笑問題、とんねるず、笑福亭鶴瓶」と出演順が決められていたという。 その理由について岡村は、「これは言うたら、不仲説やとか、大人の事情とかいろいろあるかもわかりませんけども、スタッフの気遣いで、さんまさん、ダウンタウンさん、ウンナンさんまでクリアすれば、あとはみんなガッーっといけるでしょっ、ていうことだったんですよ」と、不仲説の流れていた出演陣に対する配慮が働いていたためではないかと語った。 松本さんが(生放送の)本番中に『とんねるず』っていう単語出さなかったら、とんねるずさんの乱入なかったかもしれない」と分析。 そう考える理由について、「『とんねるず』って(松本の口から)出たから、その瞬間に(石橋が)マネージャーさんに、『(相方の木梨)憲武に行くぞって言ってくれ』って言って、行くついでに、(爆笑問題の)太田(光)さんに『殴り込み行くぞ』って。 松本さんが言わなかったら実現しなかった」と語った。 そして「本来なら交わることのなかった人たち」(岡村)が一堂に会したことで、番組スタッフも動揺していたようで、「あんだけのレジェンド来たら収拾付かないじゃないですか。 あの時に(スタッフから)出たカンペって、何か知ってます? 細いペンで、全員に出したんですよ、一枚だけ、『みんなで仲良く話しましょう』っていうカンペ、ポーンって出たんですよ。 あの面々を前にして出せるカンペって、あれしかなかったんですよ」と明かした。

次の