ディズニー。 ディズニーとは

【公式】ディズニープラス

ディズニー

ウォルト・ディズニー・スタジオ製作の実写映画 [ ]• Treasure Island ()• The Sword and the Rose ()• The Living Desert ()• Rob Roy, the Highland Rogue (• Vanishing Prairie (• 20'000 Leagues Under the Sea ()• Davy Crockett, King of the Wild Frontier ()• African Lion ()• Littlest Outlaw ()• Great Locomotive Chase ()• Davy Crockett and the River Pirates ()• Secrets of Life ()• Westward Ho the Wagons! 邦題不明 Johnny Tremain ()• Perri ()• Old Yeller ()• Light in the Forest ()• White Wilderness (• Tonka ()• Shaggy Dog ()• Third Man on the Mountain (• Toby Tyler, or Ten Weeks with a Circus ()• Kidnapped (• Pollyanna (• Sign of Zorro (• Jungle Cat (• 邦題不明 Ten Who Dared (• Swiss Family Robinson ()• The Absent-Minded Professor ()• The Parent Trap ()• Nikki, Wild Dog of the North ()• 邦題不明 Greyfriars Bobby ()• Babes in Toyland ()• Moon Pilot (• Bon Voyage (• Big Red (• Born to Sing ()• The Legend of Lobo (• In Search of the Castaways (• Son of Flubber (• Miracle of the White Stallions (• 邦題不明 Savage Sam (• Summer Magic (• The Incredible Journey (• The Three Lives of Thomasina ()• Misadventures of Merlin Jones (• A Tiger Walks (• The Moon-Spinners (• Mary Poppins ()• Emil and the Detectives (• Those Calloways (• That Darn Cat! Ugly Dachshund (• Robin Crusoe, U. The Fighting Prince of Donegal (• Follow Me, Boys! 邦題不明 Monkeys, Go Home! The Adventures of Bullwhip Griffin (• The Happiest Millionaire (• The Gnome-Mobile ()• Charlie the Lonesome Cougar ()• Blackbeard's Ghost ()• One and Only, Genuine, Original Family Band (• Never a Dull Moment (• The Horse in the Gray Flannel Suit (• The Love Bug ()• 邦題不明 Smith! 邦題不明 Rascal (• The Computer Wore Tennis Shoes (• Pablo and the Dancing Chihuaua (• King of the Grizzlies (• The Boatniks (• The Wild Country (• The Barefoot Executive (• 邦題不明 Scandalous John (• Bedknobs and Broomsticks ()• 邦題不明 The Biscuit Eater (• Napoleon and Samantha (• Run, Cougar, Run (• Snowball Express (• 邦題不明 Charley and the Angel (• One Little Indian (• 邦題不明 Superdad (• Herbie Rides Again (• The Bears and I (• 邦題不明 The Castaway Cowboy (• The Island at the Top of the World (• The Strongest Man in the World (• Escape to Witch Mountain (• The Apple Dumpling Gang (• 邦題不明 One of Our Dinosaurs is Missing (• 邦題不明 Ride a Wild Pony (• 邦題不明 No Deposit, No Return (• Gus (• Treasure of Matecumbe (• The Shaggy D. Freaky Friday (• 邦題不明 The Littlest Horse Thieves (• Herbie Goes to Monte Carlo ()• Pete's Dragon ()• Candleshoe (• Return from Witch Mountain (• The Cat from Outer Space (• 邦題不明 Hot Lead and Cold Feet (• 邦題不明 The North Avenue Irregulars (• 邦題不明 The Apple Dumpling Gang Rides Again (• 邦題不明 Unidentified Flying Oddball (• The Black Hole ()• Midnight Madness ()• Herbie Goes Bananas ()• The Devil and Max Devlin ()• Amy ()• Condorman ()• The Watcher in the Woods ()• Night Crossing ()• Tron ()• Tex ()• Trenchcoat ()• Something Wicked This Way Comes ()• Never Cry Wolf ()• Tiger Town ()• Return To OZ ()• The Journey of Natty Gann ()• One Magic Christmas ()• Flight of the Navigator ()• Benji the Hunted ()• Return to Snowy River ()• Honey, I Shrunk the Kids ()• Cheetah ()• White Fang ()• Shipwrecked ()• Newsies ()• The Mighty Ducks ()• The Muppet Christmas Carol ()• Homeward Bound: The Incredible Journey ()• A Far Off Place ()• Adventures of Huck Finn ()• Hocus Pocus ()• Cool Runnings ()• The Three Musketeers ()• Iron Will ()• Blank Check ()• D2: The Mighty Ducks ()• White Fang 2: Myth of the White Wolf ()• Angels in the Outfield ()• The Santa Clause ()• Heavyweights ()• Man of the House ()• Tall Tale ()• Operation Dumbo Drop ()• The Big Green ()• 邦題不明 Frank and Ollie ()• Tom and Huck ()• Muppet Treasure Island ()• Homeward Bound II: Lost in San Francisco ()• First Kid ()• D3: The Mighty Ducks ()• 101 Dalmatians ()• That Darn Cat (、のリメイク)• Jungle 2 Jungle ()• George of the Jungle ()• Air Bud ()• RocketMan ()• Flubber (、 のリメイク• Magoo ()• Meet the Deedles ()• The Love Bug ()• The Parent Trap (、のリメイク)• Mighty Joe Young ()• My Favorite Martian ()• 邦題不明 Endurance ()• Inspector Gadget ()• 邦題不明 The Hand Behind the Mouse: The Ub Iwerks Story ()• The Straight Story ()• 邦題不明 Whispers ()• Remember the Titans ()• 102 Dalmatians ()• The Princess Diaries ()• Snow Dogs ()• The Rookie ()• The Country Bears ()• Tuck Everlasting ()• Santa Clause 2 ()• Ghosts of the Abyss ()• Holes ()• The Lizzie McGuire Movie ()• Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl ()• Freaky Friday (、のリメイク)• The Haunted Mansion ()• The Young Black Stallion ()• Miracle ()• Confessions of a Teenage Drama Queen ()• ' ()• Around the World in 80 Days ()• The Princess Diaries 2: Royal Engagement ()• National Treasure ()• Aliens of the Deep ()• The Pacifier ()• Ice Princess ()• Herbie: Fully Loaded (、のリメイク)• Sky High ()• 邦題不明 Valiant ()• The Greatest Game Ever Played ()• The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe ()• Glory Road ()• 邦題不明 Roving Mars ()• The Shaggy Dog (、のリメイク)• Eight Below (、製作の『』のリメイク)• Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest ()• Invincible ()• The Santa Clause 3: The Escape Clause ()• Bridge to Terabithia ()• Pirates of the Caribbean: At World's End ()• Underdog ()• Dan in Real Life ()• Enchanted ()• National Treasure: Book of Secrets ()• The Game Plan ()• College Road Trip ()• The Chronicles of Narnia: Prince Caspian ()• Beverly Hills Chihuahua ()• Morning Light ()• High School Musical 3: Senior Year ()• Bedtime Stories ()• Jonas Brothers: The 3D Concert Experience ()• Race to Witch Mountain (、のリメイク)• Hannah Montana The Movie ()• G-Force (• 邦題不明 X-Games 3D: The Movie (• 邦題不明 The Book of Masters (• Old Dogs (• Alice in Wonderland ()• Prince of Persia: The Sands of Time ()• Secretariat ()• Tron: Legacy ()• Prom ()• Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides ()• The Muppets ()• John Carter ()• The Odd Life of Timothy Green ()• Oz: the Great and Powerful ()• The Lone Ranger ()• Saving Mr. Banks ()• Million Dollar Arm ()• Muppets Most Wanted ()• Maleficent ()• Into The Woods ()• Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day ()• McFarland, USA ()• Cinderella ()• Tomorrowland (、主演)• The Finest Hours ()• Alice Through the Looking Glass ()• The Jungle Book ()• The BFG ()• Pete's Dragon ()• Queen of Katwe ()• Beauty and the Beast ()• Pirates of caribbean: Dead men tell no tales ()• A Wrinkle in Time()• Christopher Robin()• The Nutcracker and the Four Realms• Mary Poppins Returns()• Dumbo()• Aladdin()• The Lion King()• Maleficent Mistress of Evil()• Mulan()• Artemis Fowl()• Jungle Cruise() 短編アニメーション映画作品 [ ] 「」を参照 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品 [ ] によって製作された長編アニメーション映画作品。 広告の目的のために、 は、 1980年代後半から長篇アニメーション作品に番号を付与するようになった。 これを近年ではディズニークラシックスと日本独自に呼ぶことがあった。 本来ディズニークラシックスのカテゴリは1983年4月18日にの立ち上げの際話し合われたもので、白雪姫など初期の15作品から選ばれたものを指していた。 やがてホームビデオ作品として販売される「レーベル名」となった このレーベル名を日本では1998年10月まで「名作ビデオコレクション」と称した。 「ディズニークラシックス」はこうして販売促進で混同され、新しく公開される作品や、あたかもディズニー長編アニメーション全体を指すように使用される事もあったが、公式においてウォルト・ディズニークラシックスはホームビデオ作品の「レーベル名」として認知されている。 これらのうち、2007年9月の時点で『』までは日本におけるが終了したと考えられることから、現在が発売中(パッケージには「パブリックドメイン」の標記が入る)。 下記の公開日はアメリカでの公開日。 番号 邦題 原題 公開日 監督 1 Snow White And The Seven Dwarfs 12月21日 2 Pinocchio 02月07日 3 Fantasia 1940年11月13日 4 Dumbo 10月23日 5 Bambi 08月13日 デイヴィッド・ハンド 6 Saludos Amigos 1942年08月24日 7 The Three Caballeros 12月21日 8 Make Mine Music 04月20日 9 Fun and Fancy Free 09月27日 10 Melody Time 05月27日 ベン・シャープスティーン 11 The Adventures of Ichabod and Mr. 番号 邦題 原題 公開日 監督 1 The Brave Little Toaster 1988年02月27日 2 The Nightmare Before Christmas 1993年10月09日 ヘンリー・セリック 3 James and the Giant Peach 1996年04月12日 4 The Brave Little Toaster to the rescue 1998年 5 The Brave Little Toaster goes to mars 1999年 6 The Wild 2006年04月14日 7 A Christmas Carol 2009年11月06日 8 Mars Needs Moms 2011年03月11日 サイモン・ウェルズ 9 Frankenweenie 2012年10月05日 実写+アニメーション合成作品 [ ] 実写主体でアニメーションが合成された劇場用長編映画作品。 番号 邦題 原題 公開日 監督 1 Toy Story 1995年11月12日 2 A Bug's Life 1998年11月25日 3 Toy Story 2 1999年11月24日 4 Monsters, Inc. 2001年11月02日 5 Finding Nemo 2003年05月30日 6 The Incredibles 2004年11月05日 7 Cars 06月09日 ジョン・ラセター 8 Ratatouille 2007年06月29日 ブラッド・バード 9 WALL-E 2008年06月27日 アンドリュー・スタントン 10 Up 2009年05月29日 ピート・ドクター 11 Toy Story 3 2010年06月18日 12 Cars 2 2011年06月24日 ジョン・ラセター 13 Brave 2012年06月22日 14 Monsters, University 2013年06月21日 15 Inside Out 06月19日 16 The Good Dinosaur 2015年11月25日 17 Finding Dory 2016年06月14日 アンドリュー・スタントン 18 Cars 3 2017年06月16日 19 Coco 2017年11月22日 リー・アンクリッチ 20 Incredibles 2 2018年06月15日 ブラッド・バード 21 Toy Story 4 2019年06月21日 22 Onward 2020年03月06日 ダン・スキャンロン 23 Soul 2020年11月20日 ディズニートゥーン・スタジオ映画作品 [ ] によって製作された劇場公開用映画作品。 この会社は、『』等のビデオ用作品も製作している。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2017年3月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2017年3月) ウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品や、テレビ・シリーズから派生した作品。 、ウォルト・ディズニー・アニメーションのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したが、「」のである「」のクオリティの低さを問題視し、それを境に今までの続編商法の作品からOVAの全作品の制作中止を明らかにした [ ]。 これにより、「おしゃれキャット2」「チキン・リトル2」「ルイスと未来泥棒2」「ピーター・パン3 Peter Pan III: Back To Neverland 」の企画を全て中止させた。

次の

東京ディズニーランド(R)ホテル

ディズニー

受賞 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 1953年『』 1953年『』 『』 1953年『』 『』 長年の功績に対して 1938年『』の製作に対して 1941年『』の製作に対して 1941年 長年に渡るアニメ映画製作への功績に対して 審査員特別賞 アニメ映画の革命に対して 『』 『』 芸術メダル 『白雪姫』 特別メダル 『』 ベルリン市政府特別賞 特別賞 『白雪姫』 『ファンタジア』 プロデューサー賞(録画番組部門) 『』 特別賞 『』 『砂漠は生きている』 名誉賞 その他の賞 ウォルト・ディズニー(Walt Disney, - )は、・に生まれた、、、、、、、。 世界的に有名な「」をはじめとするキャラクターの生みの親で、『』の創立者であり、兄のと共同で設立したは数々の倒産、失敗を繰り返すも、350億ドル以上の収入を持つ国際的な大企業に発展した。 本名は ウォルター・イライアス・ディズニー Walter Elias Disney。 一族はからの移民であり、姓の「ディズニー」(Disney)は元々「d'Isigny」と綴られ、の地方のの ()から11世紀にイギリスやアイルランドに渡来したノルマン人の末裔であることに由来し、後に英語風に直され「ディズニー」となった。 「イライアス」は父名。 を支持しとして知られていた。 生涯 [ ] 生い立ち [ ] の鉄道員でカナダ生まれのイライアス・ディズニーと、ドイツ人とイギリス人の血を引くフローラ・コールの4番目の子としてシカゴで生まれた。 父イライアスは元々で金鉱を探して暮らしていたが、妻のフローラのために定職を求めてカンザスやに移り、後に仕事の関係でシカゴへと移住していた。 しかしウォルトが幼い時に一家は叔父のロバート・ディズニーの住むマーセリーンへ更に引っ越して農業を始めたので、結局の所はミズーリ州で少年期を過ごす事になった。 しかし、父親のイライアスはこの地においても農業に失敗して、数年後に家族を連れて同地を去った。 イライアスとフローラは息子4人と娘1人を儲けたが、父親のイライアスは子供達に対して愛情に欠けた厳格な態度で接しており、ウォルトとロイが1920年代に成功をおさめても、彼らに対して冷やかな態度は変わらなかった為、ディズニー親子は長年距離を置いて交流はしなかった。 イライアスはリタイアするまで転職を重ねたが、結局結婚する前に金鉱で働いて小金を得た以外は、どの仕事に就いても成功出来ず、妻のフローラに苦労を掛け、1930年代後半にウォルトやロイが破格の成功をおさめた後に、彼らが両親を呼び寄せロサンゼルスに豪邸をプレゼントするまでは貧しい生活を送っていた。 ディズニー一家の畑の近くにはが走っており、その鉄道の走る音が好きだった。 アルバイトで、鉄道構内で新聞やを売る仕事をしていたこともある。 後に持ったウォルト自身の家では、8分の1スケールのミニチュア鉄道を庭に走らせていた が、そのミニチュアの汽車に乗って遊ぶのがウォルトの一番の趣味だった。 少年時代から絵を描くことやアートそのものに大変興味があり、7歳の時には自分の描いた小さなスケッチを近所の人たちに売っていたこともあった。 学校では勉強をしながらも、動物や自然などの様々な絵を描いていた。 青年期 [ ] 父のイライアスがシカゴで工場経営に加わり、再び一家はシカゴに舞い戻る事になった。 青年期を迎えていたウォルトも地元のマッキンリー高校に通いながら、当時無名であった夜間部のコースで絵を学ぶ生活を送っていた。 同時に、カンザスの新聞社で新聞配達のアルバイトを始め、朝4:30に起床して配達に行き、放課後に再度配達をするというハードな働き方をしていた。 そのためか、学校では居眠りをしたり、悪い成績をとることがたびたびあった。 学校では学級新聞の漫画欄を担当してその才能の片鱗を見せていたが、その内容はに沿った内容だった。 当時、不安定な国際情勢の中でアメリカでも愛国心が国民の間で高まっていた。 を切っ掛けにが勃発、アメリカが未曾有の大戦争に参戦すると、愛国心に駆られたウォルトは高校と美術学校を退学し、陸軍に志願した(兄のロイも同様に志願して兵士となっている)。 実はこの時ウォルトは16歳であり、軍に志願するには年齢が1歳足らなかったが、受付の列に並んでいる途中でこっそりとペンで生年月日を書き換えて誤魔化した。 しかし兄と違い若年であったために軍に説得され、兵士としての勤務の代わりに、のとして負傷した兵士の治療や輸送に従事した。 同じ衛生隊にはの創業者として知られるも居た。 大戦終結時、廃墟となったに居たウォルトは、一年振りに故郷のアメリカに帰国した。 帰国後、父の経営する工場以外で仕事を見つける事を望んだウォルトは家を出て、単身カンザスシティーへ戻った。 漫画家としての活躍を目指したウォルトは、取りあえず新聞で漫画を書く仕事を請け負った。 だが当時は一介の新人に過ぎないウォルトへの仕事の依頼は多くはなく、成功どころか日々の生活にも困る苦しい時代を過ごしていた。 見かねた兄のロイ(地元銀行の職員として働いていた)が知人に頼み、ペスマン=ルービン・コマーシャル・アート・スタジオでの広告デザインの仕事をウォルトに紹介した。 ウォルトはここで生涯の友人となると知り合った。 アイワークスとウォルトは翌年にアート・スタジオから契約更新を打ち切られて失業すると、二人で新しい創作活動を始める計画を立てた。 アニメーターへの転身 [ ] Newman Laugh-O-Gram 1921 1920年1月、ウォルトとアイワークスはデザイン会社「ウォルト・アイワークス・カンパニー」を創立して共同経営者となった。 だが、設立早々にウォルトはアイワークスを置いてカンザスフィルム社にとして雇用されてしまったので、会社は長続きしなかった。 初めは生活の為に雇われたウォルトだったが、短編アニメの作画を担当する中でアニメーターとしての資質に目覚めていき、漫画からアニメへと興味が移っていった。 社員としての仕事の傍らで、映像制作の為の機材を借り入れてアニメーション制作に没頭、それまでの切り抜き手法からに高い可能性がある事を確信した。 、独立して個人事務所を設立したウォルトは、フリーランスの製作者として仕事を募集、カンザスシティーの事業家フランク・L・ニューマンからの出資で初のオリジナルアニメ作品『ニューマン劇場のお笑い漫画』を制作した。 質の高い娯楽作品は良い評価を得て、ウォルトの元にはアニメ制作の仕事が順調に舞い込む様になった。 個人製作では事業の拡大に追いつかないと判断したウォルトは個人事務所からアニメ制作会社へと会社を拡張するべく、アブ・アイワークスを初め、や、、などの数人のアニメーター仲間を呼び寄せた。 弱冠20歳のウォルトにとってこのLaugh O'Gram Studio社は最初の成功となったが、制作に没頭する余りに資金のやり繰りが乱雑になり、最終的にスタジオは倒産してしまった。 これはウォルトに経営面のサポート役を立てる事の必要性を痛感させた。 倒産後の整理を終えたウォルトは再起を図って映画産業の本場ハリウッドへと移住した。 ディズニー社設立 [ ] とウォルト() ハリウッドでは兄のロイ・ディズニーと共にカンザス時代に一本だけ制作した「アリスの不思議の国」シリーズの続編商品を販売する会社「ディズニー・ブラザーズ社」を興した。 事業の過程でアリスシリーズのアニメを再度制作する機会を得たウォルトは以前の様にアニメーター仲間を集めた。 そこには、Laugh O'Gram studios時代のスタッフだけでなく、、といった新人アニメーターを雇った。 ディズニー・ブラザーズ社はアニメ製作会社へと転進した。 これが実質的な「ディズニー社」の設立であると考えられ、ロスアンジェルス市ダウンタウンの北側:シルバーレーク地区ハイペリオン通りに開設された制作スタジオは1939年のバーバンクへの移転による閉鎖までディズニーアニメを世に送り出し続けた。 少女子役の実写にアニメーションを織り交ぜた「アリスコメディシリーズ」は人気を博し、ディズニー社の経営は軌道に乗っていった。 、会社の従業員だったリリアン・バウンズ()と結婚し流産を経て実娘の(Diane)儲けた後に、養女のシャロン(Sharon)を迎え、忙しい生活を送りつつも、父親に愛されなかった反動もあり 後年、長期の南米旅行中ということで、彼は父親の葬儀にも出席しなかった 二人の娘を溺愛しながら育てた。 ユニバーサルによる引き抜き [ ] 1927年、興行師チャールズ・B・ミンツの紹介でと繋がりを得たウォルトは、自社キャラクターとして「」を考案、オズワルドを主人公にしたアニメをユニバーサル配給で制作した。 オズワルドはシリーズスタートと同時に子供の間で大ヒットを飛ばし、一躍ディズニー社躍進の切っ掛けを作った。 ウォルトはカンザスフィルム時代の旧友達を次々に会社へと誘って、ディズニー社はアメリカでも屈指のアニメ製作会社に急成長した。 だが1928年2月、チャールズ・B・ミンツと契約料の取引に臨んだウォルトはそこで大きな悲劇に見舞われた。 ミンツはユニバーサル社に法外な配給手数料を支払う様に要求、ウォルトがこれを拒否すると露骨な社員への引き抜き工作を仕掛けた。 ウォルトを二重に落胆させたのは、この引き抜き工作にアイワークスを除く殆どのアニメーター達が応じてしまった事だった。 (その例がハーマン=アイジングである)。 契約書上、オズワルドが配給会社の管理下に置かれていた事も不利に働き、ディズニー社は配給元と自社キャラクター、そしてスタッフの大半を失って倒産寸前に追い込まれた。 しかし、諦めきれなかったウォルトはその後も頑張って仕事を続けた。 ミッキーマウスの誕生 [ ] 再建するにあたって、オズワルドに代わる新たな自社キャラクターを必要と感じたウォルトは、それまでにもうさぎのオズワルドやアリスコメディの中で、ライバルとして度々登場させていた「敵役のねずみ」を主役に抜擢することを決定する デザインはルドルフ・アイジング。 アブ・アイワークスのスケッチでは、オズワルドそっくりのキャラクターとなった。 カンザスフィルム時代に飼っていたに思い当たり、幾つかのラフスケッチを制作したというのは権利処理の問題をクリアするために後年の後付け設定である。 すでにアリスコメディには当時高い人気を集めていたに似せたジュリアス・ザ・キャットも登場させており、フェリックス側のプロデューサーであるパット・サリバンから何度も警告されていた。 これに当時、監督や演出に専念し始めていたウォルトから作画監督を委ねられたアイワークスが、ウォルトの原案に動かす事を念頭に置いたアレンジを加えた。 かくして世に知られる「ミッキーマウス」は完成した。 後にディズニー社の従業員は「ミッキーの動きはアイワークスが、魂はウォルトが生み出した」と語っている。 因みに当初名前は「モーティマーマウス」とされる予定だったが、妻のリリアン・ディズニーが「悔しがる・恥をかく」の動詞である「モーティファイ」に言い方が近いため猛反対し「ミッキーマウス」と変更された。 [ ]モーティマーの名は後に初期作品でのミッキーのライバルキャラクターに用いられた。 ミッキーマウス・シリーズの初期作品において、秀逸な動きの描写をアイワークスが書き出す一方で、ウォルトは演出面で高い才能を発揮した。 ミッキーマウスの登場第一作『』(『飛行機狂』)および第二作『』はサイレント映画として作られたが、第三作『蒸気船ウィリー』で効果音や声を吹き込んでの短編アニメとしての制作が行われると、場面の転換や物語のテンポに合わせて効果的に音や音楽を使用し、また自らもミッキーマウス・ミニーマウスの声を演じた。 この演出技法は長らくディズニー映画の象徴とも言うべき手法となり、優れた作画と共にミッキーマウス・シリーズのヒットに貢献した。 対照的にウォルトの演出とアイワークスの作画を失ったオズワルドは次第に人気を失い、1930年代には完全にミッキーに取って代わられる事になる。 ミッキーはオズワルドを凌ぐ人気キャラクターとなり、世界的な知名度を得てディズニー社の再建に大きな力を発揮した。 ディズニーと(右) ディズニーは1948年ごろから、テーマパークの建設を具体化させていく。 ディズニーがいつからテーマパーク建設の意図を持っていたかははっきりせず、娘たちを遊園地に連れてベンチに座ったときに手持ち無沙汰な親の姿を見て、「大人も楽しめるテーマパークの建設」を思い立ったとも、趣味であるの製作が高じて大規模なテーマパークの制作を思い立ったとも言われている。 いずれにせよ、このころからディズニーはアニメーションの制作に代わってテーマパークの建設計画に熱中するようになっていった。 1951年3月にはスタジオのある市にテーマパーク建設計画を提出したが、これは遊園地建設による騒音などの住環境悪化を懸念した市当局によって拒否された。 また、このころには計画は当初のものを大きく超えた大規模なものとなっていたため、ディズニーは広大な土地の確保できる代替地の確保に乗り出し、1953年9月にはカリフォルニア州に160エーカー 730,000m2 の土地を購入し用地を確保した。 しかしこれほどの大規模な建設計画を行う資金はディズニーにはなかったため、彼はこの時期に登場した新たなメディアであるとの連携を考え付いた。 こうして、新たなテーマパークの建設計画を各企業や市民に売り込むために、には「」というTV番組をで放映し、ディズニー自らが出演してアトラクションやアニメ作品の紹介などを行った。 この番組は大好評となり、ディズニーランド建設後も変遷を経ながらまで54年間にわたって放映され続ける長寿番組となった。 ABCはこの成功によって業績を大幅に向上させ、またこの成功を見た大企業がこの計画に次々と資金提供や資本参加を申し出るようになった。 こうして無事に資金を調達したディズニーランドは、1954年7月21日に着工された。 実際の建設においてはカリフォルニア州オークランドにに作られた、最初の子供用遊園地「チルドレンズ・フェアリーランド」や、にに作られた遊園地など既存のさまざまな遊園地を参考としていたものの、ディズニーはこの遊園地を既存のものとは全く異なる小さな新しい世界にしようと考えていた。 彼はこのテーマパークの建設に熱中し、日夜建設現場に足を運んでは様々な指示を行った。 7月17日には正式にオープンし、上記の「ディズニーランド」番組内で全米にその様子が中継された。 ディズニーランドは瞬く間に大成功をおさめ、ディズニー社の経営の柱の一つとなり、現在まで続く多面的な経営の基盤を作った。 ウォルトはディズニーランド開設前に「いつでも掃除が行き届いていて、おいしいものが食べられる。 そんな夢の世界を作りたい」と語っていた。 無論これは現在のディズニーランドの土台となっている大事な思想であり、現に他のテーマパークでは何の変哲も無く行われている地面の掃除も、ディズニーランド内ではまるで1つのショーであるかの如く行われている。 また、ウォルトはディズニーランドのオープン時のスピーチの中で、「 私はディズニーランドが人々に幸福を与える場所、大人も子供も、共に生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出を作ってもらえる様な場所であって欲しいと願っています。 」と言った。 その「誰もが楽しめる」というファミリーエンターテイメントの理念は、今も各ディズニーのパークで受け継がれている。 ディズニーランドの成功は、ディズニーに二つ目のテーマパーク建設を構想させるのに十分なものだった。 二つ目のテーマパーク予定地にはなどいくつかの場所が挙げられていたが、やがての中心部、に目をつけた。 ここに着目したのは湿地帯が広がっていて土地代が安く広大な土地が確保できたことや、アメリカ西端のカリフォルニアにあるディズニーランドに加え、ディズニーブランドを広める拠点が東部に求められたことによる。 、ディズニーはフロリダに二つ目のディズニーパークを作ることを公表した。 この新たなパークはアメリカ都市の生活の質を問題とし、アメリカ産業の創造性を見せるためのという名のパークを中心としており、マンハッタン島の2倍程にもなる広大な土地を買い、エプコットの他、ディズニーランド、ホテル等を取り入れたを作り始めた。 ウォルトの訪日が幾度か検討されたが、多忙のため実現しなかったという。 死去 [ ] 12月15日、によるで、ディズニー・ワールドの完成を見ないままバーバンク市内の病院で死去(満65歳没)。 その後ロイによってディズニー・ワールドは ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートへと改名された。 生前は大変なヘビースモーカーで、禁煙を勧められても「ヘビースモーカーでも長生きした人はいくらでもいる」と言ってとりあわなかった。 翌年、遺作となる『』が公開された。 晩年は酒に溺れ、朝食はドーナッツをスコッチ・ウィスキーに浸けて食すのが一番のお気に入りだった。 直後に発行されたフランスの週刊誌パリマッチでは表紙にミッキーマウスを用いた。 ミッキーマウスは誕生からこれまでの38年間滅多に見せなかった涙を流した。 [ ] LIFE誌が1999年に選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれている。 人物 [ ] 従業員との関係 ウォルトは優秀なアニメーターには厚遇する事もあったが、アシスタントに対しては「誰にでも出来る仕事をしている人間に何故、高い報酬を支払わないといけない」と下に見て薄給でこき使い、アシスタント達を中心としてストライキを起こされた事もある。 ウォルトはウォルト・ディズニー・カンパニーの創業者で、ミッキーマウスの生みの親であるが、ウォルトが自分で原画を書いて映画を作っていたのは初期の頃であり、後世に名を遺すディズニー映画の大作のほぼ全ては脚本家とアニメーターが制作しており、ウォルトは金と口を出すのが仕事だった。 映画を製作する際は何度も意見が分かれ、ウォルトと制作陣が衝突・喧嘩にも似た侃々諤々の議論をする事は日常茶飯事だったという。 倹約家 アニメ界、映画界の大成功者であり、世界的企業の創業者であるにも関わらず借入が多かった事と倹約家だった為、人々が想像する程裕福でも無く、娘達曰く「家も車も人より少し良い程度」の質素な暮らしを送っていたという。 政治との関係 [ ] プロパガンダ映画の制作 [ ] 1941年12月8日のの開戦と第二次世界大戦へ参戦したアメリカは戦時体制への協力を国内産業へ求め、映画産業に対しても協力を要請するが当初は成功しなかった。 これは検閲や行政指導ができないことに加え、高度に資本化された映画産業は政府の要請よりも利潤追求を優先させる体制となっていたためである。 しかし、ディズニーは大衆がヨーロッパに関心を持ちはじめていると気づくと「反ドイツ」の色を薄めた「反」の形で戦意高揚の映画を制作した。 大衆文化史の研究者にはディズニーが孤立主義から友邦の援助へ大衆の意識が変わっていたのを見抜いた上で統合の象徴としてミッキーを選択させた点や、彼が没した今日でもミッキーマウスは「アメリカの象徴」として自己増殖を続けている旨を指摘するものもいる。 政治家や政府のプロパガンダにより大衆を説得することは難しい(出典『心理戦争』)。 しかし 大衆自身が願う形へミッキーを作り変える作業を続けることでディズニーは成功を収め、同時にアメリカ政府を顧客とすることにも成功した。 当時のウォルトディズニー社は白雪姫の大ヒットで得た莫大な収益を注ぎ込んで製作したピノキオやファンタジアがヒットしなかったせいで、あっという間に膨大な借金を抱える羽目になり、さらにヨーロッパも戦争中で映画の輸出も出来なくなり、株価も1株が25ドルから4ドルまで大暴落し倒産の危機に陥ったが、プロパガンダ映画の制作により、ある程度の収益を得て経営を建て直すことが出来た為、戦後も引き続きディズニーは経営の安定させる理由で政府の核実験、原子力開発キャンペーンのために 我が友原子力 という映画を作成するなどに参加している。 大戦当時に同スタジオで製作された以下のアニメ映画に、ミッキーマウスが戦闘機でのを撃墜するシーンがあったり、ドナルドダックのアニメ映画「」にやを風刺するシーンがあるが、これらは国の要請や強制を受けたものでもなく、ウォルトが積極的に自ら制作したものである。 Victory Through Airpower(1943年)• 新しい精神 The New spirit(1943年) このほかにものために文字を使用せず、漫画のコマ割り風に絵を配置して説明するマニュアルや、の兵士向けの映像教材など細かな依頼も引き受けている。 反共姿勢 [ ] 第二次世界大戦後、生前のと親友だったことなどから、当時吹き荒れていたの「()」の嵐に巻き込まれる。 彼は公聴会に出頭し、「(前の)ソ連に『三匹の子ぶた』(1933年)を売ったことがある。 非常に好評だった」と証言している。 最終的には無実とされた。 この様な形で赤狩りにこそ巻き込まれたが、戦時中や冷戦中、自らが版権を持つキャラクターを軍や政府に無償で提供したり、自社のと激しく対立していた事から、当人はむしろ熱烈な保守派、、者と考えられている。 マッカーシーの赤狩りでは、、、らも対象となった。 委員会への召喚や証言を拒否した10人の映画産業関係者()は議会侮辱罪で訴追され有罪判決を受け、業界から追放された()。 、、、、、、(バンド・リーダー)、らは赤狩りに対する反対運動を行った。 グレゴリー・ペックは、リベラルの代表格だった。 一方でウォルト・ディズニーとともに、政治家のや、(当時(SAG)委員長)、、、らは告発者として協力した。 この様な指摘に関連して、『闇の王子ディズニー』を著したマーク・エリオットは、「赤狩りの時代に、ウォルトはハリウッド内の映画人達の思想についてへの熱心な密告者であった」と指摘している他、ディズニーランドのモノレールの開通時に、アナハイムの近隣のヨーバリンダ出身で、赤狩り時代にマッカーシーに近い者で知られた共和党選出の元(後に)を招待している。 なお、7年に及ぶ調査とディズニー社の事前チェック無しに出版されたゲイブラーの執筆による伝記、「Walt Disney」(邦題:創造の狂気)の中では、大戦中のプロパガンダへの協力姿勢は、当時、労働組合との争いや大戦による海外市場の縮小により、経営が圧迫されていたスタジオの生き残りのための方策の一環であったこと、彼にとっても政府への協力には意義を見出していなかったことが記述されている。 同時に、戦後の赤狩り時代、彼の反共的な姿勢は、労働組合によりスタジオが壊滅的打撃を受けたことにたいする嫌悪感であったことを指摘している。 ともあれ、ウォルトは最晩年の1964年には、右派の共和党員として、大統領選に出馬したタカ派のを熱心に支持していた。 人種・性差別姿勢 [ ] ゲイブラーは、ウォルトが製作したミュージカル映画『』でのの描かれ方から、ウォルトがのレッテルを貼られたことについては、「製作に熱中するあまり、人種に関する配慮に欠けていたのだ」と主張している。 ウォルト自身は読書をほとんどせず、世相に対して鈍感な面を持ち合わせていたというのである。 この『』は、公開直後から「」()の激しい抗議を受け続けており、アメリカ本国では再上映やビデオ化が阻止され、「幻の作品」となっている(日本でビデオ発売が実現したが、廃盤)。 しかし、ウォルトに対する「者」、「人種差別主義者」との批判は、彼が死ぬまで浴びせられ続けたものであって、別に『南部の唄』に限ったことではない。 ウォルトは『南部の唄』では封切りイベントに主演の黒人俳優を出席させなかったほか、『南部の唄』の以前にも その二年後にも 、ミッキーマウスやミニーマウスがアフリカで野蛮で猿のように描かれた黒人を差別的に扱う民族侮辱的な漫画を出版しており、現在も批判の対象となっている。 また、彼は亡くなるまでウォルト・ディズニー社の要所に黒人と女性を雇い入れなかった。 彼の制作した作品群のほとんどすべてに、様々な民族に対する彼の白人中心視点から成る、および男尊女卑的なが指摘されている。 主な製作作品 [ ]• - (1929年)• - (1928年)• - 1937年• - 1940年• - 1940年• - 1941年• - 1942年• - 1942年• - 1944年• - 1946年• - 1947年• - 1948年• - 1950年• - 1951年• - 1953年• - 1955年• - 1959年• - 1961年• - 1963年• - 1967年 受賞歴 [ ] アカデミー賞 [ ] ディズニーのサイン の個人受賞最多記録をもつ。 1931年 - 1932年 『』• 1932年 名誉賞 ミッキーマウスの創造に対して• 1932年 - 1933年 短編アニメ賞 『』• 1934年 短編アニメ賞 『』• 1935年 短編アニメ賞 『三匹の親なし子ねこ』• 1936年 短編アニメ賞 『田舎のねずみ』• 1937年 短編アニメ賞 『』• 1939年 名誉賞 『』• 1938年 短編アニメ賞 『牡牛のフェルナンド』• 1939年 短編アニメ賞 『みにくいアヒルの子』• 1942年 名誉賞 『』• 1941年 短編アニメ賞 『プルートのなやみ』• 1941年• 1942年 短編アニメ賞 『』• 1948年 短編二巻賞 『あざらしの島』• 1950年 短編二巻賞 『ビーバーの谷』• 1951年 短編二巻賞 『大自然の片隅』• 1952年 短編二巻賞 『水鳥の生態』• 1953年 『』• 1953年 短編二巻賞 『熊の楽園』• 1953年 短編アニメ賞 『プカドン交響曲』• 1954年 長編ドキュメンタリー映画賞 『滅びゆく大草原』• 1958年 短編実写賞 『グランドキャニオン』• 1968年 短編アニメ賞 『プーさんと大あらし』 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ウォルトはで、後に彼が作ったには必ず鉄道が走っている 出典 [ ]• ニール・ゲイブラー著/中谷和男訳『創造の狂気 : ウォルト・ディズニー』(ダイヤモンド社)p425-426 2007年7月26日第1刷• ニール・ゲイブラー著/中谷和男訳『創造の狂気 : ウォルト・ディズニー』(ダイヤモンド社)p439 2007年7月26日第1刷• ニール・ゲイブラー著/中谷和男訳『創造の狂気 : ウォルト・ディズニー』(ダイヤモンド社)p464 2007年7月26日第1刷• 『ディズニーリゾート物語』第9巻 2002年 講談社• 『ネズミの罠、ディズニーの夢のマシンの中で』(『NI』誌、1998年12月号)• 『ネズミの罠、ディズニーの夢のマシンの中で』(『NI』誌、1998年12月号)• 『MICKEY MOUSE ANNUAL』(1932年)• 『Thursday from Mickey Mouse and the Boy Thursday』(1948年)• 『The 9 Most Racist Disney Characters』()• 『ネズミの罠、ディズニーの夢のマシンの中で』(『NI』誌、1998年12月号) 参考文献 [ ]• グリーン夫妻著/山口和代訳 『魔法の仕掛人ウォルト・ディズニー』(ほるぷ出版) 1994年• マーク・エリオット著/古賀林幸訳 『闇の王子ディズニー(上、下)』(草思社) 1994年• ラッセル・シュローダー著/スタジオジブリ編集/田畑正儀訳 『Walt Disney : 伝記・映像の魔術師』(徳間書店) 1998年• ボブ・トーマス著/山岡洋一, 田中志ほり訳『ディズニー伝説 : 天才(ウォルト)と賢兄(ロイ)の企業創造物語』(日経BP社)1998年• ニール・ゲイブラー著/中谷和男訳『創造の狂気 : ウォルト・ディズニー』(ダイヤモンド社)• ボブ・トマス著『ウォルト・ディズニー』(講談社)1995年 (日本図書館協会選定図書・全国学校図書館議会選定図書) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 1928年11月18日に公開された、ミッキーマウスとミニーマウスのデビュー作。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (2016年11月2日アーカイブ分) - ジャンナルベルト・ベンダッツィ著『カートゥーン:アニメーション100年史』第6章。 1930年代末までのウォルト・ディズニーの伝記を、彼が生み出したアニメーション作品を中心にして語っている。 先代: - 原語版声優 初代(1928年~1947年) 次代:• 1937• 1938• 1939• 1941• 1942• 1943• 1944• 1946• 1948• 1950• 1951• 1952• 1953• 1956• 1958• 1961• 1963• 1965• 1966• 1967• 1970• 1973• 1975• 1976• 1977• 1979• 1981• 1986• 1988• 1991• 1994• 1996• 1998• 1999• 2000• 2009• 2010•

次の

【公式】shopDisney(ショップディズニー)

ディズニー

概要 [ ] 映画製作と経営を主軸とした、世界有数のメディア・エンターテインメント系総合企業体。 をシンボルに、全世界で事業を展開している。 としての収益はに次ぐ。 取締役会長はロバート・A・アイガー、最高経営責任者はボブ・チャペックである。 本社は。 に上場し 、の銘柄にも選ばれている。 略称は DIS。 会社のキャッチフレーズは、「我々が最上に掲げる目標は、株主価値の創造です。 」である。 2月まで続いたをめぐる「」では、容量の大きさやプロテクトの強さから終始のみを支持していた。 製品化に関してはBlu-ray Disc陣営でも最も高画質化に力を入れている。 輝かしい実績の一方で、作品そのものではなく人権抑圧・侵害 ()と並行した、としての事業拡大への抗議批判も多い。 主要事業部門 [ ] 次の4大主要事業部があり、それぞれに多数の傘下企業を抱えている。 - 映像製作。 - テーマパークやリゾート。 - テレビ放送。 - ホームメディアと国外展開。 ウォルト・ディズニー・スタジオ [ ] の創業以来、多くの傑作を生み出し、歴史的な業績を残した。 ウォルトの死後()低迷するが、に再び黄金期を迎えた。 以降は顧客層の拡大を狙って買収を繰り返し、巨大なスタジオに成長した。 映画製作の他、演劇と音楽事業も専門とする。 の一員でもある。 詳細は「」を参照 主な傘下企業 [ ]• - アメリカ3大のひとつ。 - スポーツ専門放送局。 - を代表するの一角。 - 製作会社。 - の設立した映像製作会社。 () - の大手出版社。 - 動画配信サービス。 また、外部と運営する合弁企業では、との 、とのなどがある。 略史 [ ]• - ディズニー・ブラザース・カートゥーン・スタジオ(Disney Brothers Cartoon Studio)、の共同経営で開始。 - ウォルト・ディズニー・スタジオ(Walt Disney Studios)と名を改め、と契約を結ぶ。 - 配給先をに変更。 - 配給先をに変更。 で会社が軍の私物となり、ウォルトの単独経営で映画製作を続行。 - 法に基づく法人を設立。 - 社名を ウォルト・ディズニー・プロダクション(Walt Disney Productions)とする。 - 代表取締役会長にウォルト、代表取締役社長にロイ。 - 代表取締役会長にロイ 、代表取締役社長に。 - が完成。 2か月後、ロイは亡くなり、代表取締役会長にドン、代表取締役社長にウォルト側近の。 - 経営執行委員会議長にドン、代表取締役会長にウォーカー、代表取締役社長に(ウォルトの長女の夫)。 - フロリダ建設資金のため市場へ放出した株式がに買い集められ、騒動が発生。 会長に(社長)、社長に(元社長)。 「奇跡」と呼ばれた発展を遂げることになる。 - 「ウォルト・ディズニー・プロダクション」(Walt Disney Productions)は「ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー」へ商号変更。 - カリフォルニア州法で設立された法人から、法人として「ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー」を再設立。 - (ABC)の買収が完了。 - 「ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー」は「ディズニー・エンタープライゼズ・インク」へ、「DCホールドコ・インク」は ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーへ各々商号変更。 - の買収を完了。 - の買収を完了。 - の買収を完了。 - のテレビ・映画部門を買収を発表。 (を参照。 - 21世紀フォックスの買収が正式に完了。 - の全経営権を取得。 - 世界的に流行している流行で経営悪化のため、 従業員10万人以上に対する給与支払いを停止することを発表• - とディズニーが協議。 ディズニー社と著作権 [ ] 「」および「」も参照 ウォルト・ディズニー社は、自社作品のとその維持・擁護に非常に執着しており、過剰さがしばしば批判されている。 これはの、かつて以前の看板キャラクターだったウサギのキャラクター「」の版権がすべて配給側ののものになったという過去の苦い経験、そして1930年代から40年代にかけてのライバル会社であったがその配給元だったに事実上乗っ取られている現状を見てきたことなどからきたものである。 そのため、ウォルトは著作権に非常に敏感になり、彼の死後も会社の方針として残り続けている。 アメリカで1998年に制定されたは、ミッキーを始めとする主要なキャラクターの著作権が切れる直前に、を延長する旨定める改訂を繰り返している。 一私企業の都合で法律が改変され(が議会へを行なっているであろうことは敢えて述べるまでもない)、あくまで既得権の維持に執着する強引さに対する皮肉の意味を込めて「 ミッキーマウス保護法」とも呼ばれている。 これは、著作権を保持できればやグッズの売上に対する料やなどの名目で金銭を徴収できるが、これらのキャラクターや作品の著作権が消滅すると、ライセンスによる金銭の徴収ができなくなるため、多大な経済的損失を伴うことになるからである。 ただし、仮に著作権が消滅しても、(作品名・キャラクター名・ブランド名など)その他のは保護されるため、全ての権利が消滅するわけではない。 なお、日本法人のでは著作物の外部による使用は一切認めない方針をとっている。 やなどのの世界では、ディズニー社が「著作権に対して厳しい」という強い印象から、ディズニー社に関連する二次創作物の執筆・発行は忌避される傾向にある。 2002年には、がディズニーキャラクターの登場するゲーム『』の同人誌発行について「場合によっては印刷を断る」表明をしている。 しかし実際にはコミックマーケットなどでディズニーの二次創作同人誌が複数のサークルから発行されており、オンリーイベントも開催されているが訴えられた例はない。 には現CEOのが以下のように述べている。 誰もがコンテンツを楽しみ自由に創造活動ができるように、コピーや(パロディーなどの)二次利用に対する制限を今より柔軟にすべきだろう。 — ボブ・アイガー、「そこが知りたい ネット時代のコンテンツ産業は?」『』2006年7月23日付、第7面。 ディズニー社の人気キャラクターの多くは、、、など「すでに著作権を失効した古典」から拝借して生み出されており、「著作権の消滅したキャラクターを元に、自社で新たに著作権を発生させて儲けているにもかかわらず、自分たちの著作権が失効することは許さない」とは、ディズニー社が永年浴び続けている批判である。 そもそもの思想を無視し、人類の文化遺産を私企業が私物化するディズニー社の姿勢自体が、文化の発展を阻害する反社会的行為であるとの批判も強い。 著作権侵害や商標に関する批判・裁判 [ ] 中には「明確な著作権のある近代作品」をモデルにしたアニメーションやディズニーの名称を盗用した店舗名もあり、こちらは抗議だけでなく実際の裁判問題が発生している。 原作者からキャラクター使用などの契約をしたイギリス童話「」は、元絵の主人公やキャラクターをアメリカテイストに変更したり、勝手にストーリーを作り続けるなどして原作者とイギリス本国から裁判を起こされている。 (元年)には、にオープンした「ディズニー清川支店(西日本ディズニー社が運営・数回の店名変更後現在は閉店済 )」に対し、誤認混同と違反を理由としてウォルト・ディズニーがに提訴、名称使用の差し止めという形でウォルト・ディズニー側が勝訴している。 2003年(平成15年)には、『』が、「自書の『』の盗作である」として、フランス人作家Franck Le Calvezから提訴され、翌年にわたっての係争となっている。 2006年(平成18年)3月10日には、映画企画の題名が、ロサンゼルスの暴走族集団から「我々のグループ名『Wild Hogs』の商標ロゴとマークを盗用している」として著作権侵害訴訟を起こされている。 「明確な原作がない独自のストーリー」としては、映画会社との協同作品があるが、これについてはディズニー作品というよりも、最先端のCG技術を持ったピクサーによる別会社作品として、ディズニー作品としての類似点は見られない(役割分担として配給や販売促進を担当)。 しかし、同会社をディズニーが買収したことにより、「原作使用を訴えられるので今度は映画会社そのものを取り込んだ」というような内容で批判されている。 ディズニー社による児童奴隷労働 [ ] ディズニー社が、自社の映画と連動した玩具や衣服の商品化を初めて行ったのは、1937年の『白雪姫』の公開に合わせてのことだった。 同年末までにディズニー社は、この映画の関連商品から800万ドル(当時)を稼ぎ出したのである。 ウォルト・ディズニーは前年の1936年に、「我々の主要な観客は女性である」とコメント。 ウォルトの死後、低迷期を経たディズニー社は、1980年代に「主要な観客は彼女らの家族である」とした。 こうして、ディズニー社はその言葉通り、幼い女児を対象とした映画作りと、これに合わせた商品開発を連綿と続けるに至った。 こうして「家族向け」に制作されるディズニー社の映画作品における、「キャラクターグッズ」の生産工場は、東南アジア、中南米、中央アジア、中近東、東欧などのを拠点として、約3000の工場と数千人の労働者を擁しており、児童労働、社会保障無視、給料遅延、有害な溶剤や材料からの健康被害などの常態化、その労働環境の劣悪さが批判されている。 ディズニー社から正式ライセンスを受けたこれら「労働搾取工場」「スウェットショップ(sweatshop、日本でいう)」には、「Nathan J. Company」、「Too Cute」、「L. これらの工場は労使間の規制が厳しく、労働者は賃金交渉ができない仕組みになっている。 またそもそも賃金自体が違法なレベルである。 これらの工場では、児童労働者の雇用拡大のために、成人労働者の多くを解雇している。 児童のほうが、より低賃金でかつ従順な労働力となるからである。 1995年、アメリカ連邦政府の調査機関は、ロサンゼルスの2つのディズニー搾取工場を強制捜査した。 うちひとつの「Nathan J社工場」は、12歳程度の子供向けの衣服の製造のために、同じ年頃の児童を働かせていた。 もう一方の工場「Too Cute」は、タイの密航請負業者と結託し「Too Cute(可愛過ぎる)」とのラベル商品の製造にタイからの密航者(業者から借金している)を充て、児童を含む彼らに事実上無報酬の奴隷労働を強いていた。 1998年、アメリカのNGO組織「人と労働者の権利を支援する国際労働委員会()」は、におけるディズニーのキャラクターグッズの生産工場が、ハイチ人の労働者に時給60セント の条件を呑ませようとしているとし、また「人間扱いされていない」とのハイチ人労働者の声を伝えた。 NLCは、ディズニー社の経営陣に対し、「少しは人間性を見せてほしい」と要求している。 このハイチの工場では、労働組合を作ろうとした従業員150人が即座に解雇されている。 またNLCは前年の1997年に、メキシコ国境のアクーニャにある『ヘラクレス』や『ライオンキング』、『』などのキャラクターの子供用シャツの縫製工場「Classic Apparel」を調査し、強制的な残業、清潔な飲料水の不足、トイレ休憩の制限を報告している。 作業場はネズミが走り回る不潔なもので、飲料用水道は便所の脇にあり、この水を飲んだ多くの女性従業員が罹病していた。 2001年12月、カリフォルニア州にあるディズニー傘下のグッズ工場「KTB社」で、7歳から15歳の子どもを含む約800人の非白人系従業員が、時給1. 35ドルでディズニーアニメのキャラクターグッズの生産に従事していることが明らかになった。 ディズニー社は当初知らぬ存ぜぬの姿勢を採ったが、後に労働者たちに対し補償金の支払い表明を行っている。 またでも同様に、によるわずか5000円程度の月給での、児童を含む休日なしの1日18時間労働実態がによって報告されている。 では年休なしの1週間109時間労働を強いられている従業員の時給が 約10円だった。 対するディズニーCEOの月給(役員報酬)は、この時期で約8億5千万円だった。 また、現在のディズニーCEOロバート・アイガー()の場合は2071万ドル(20億円超)である(2008年度報告)。 また、工場のマネージャーは、これら児童、女性従業員に日常的に体罰を加えていた。 この「Keyhing Toys」工場やの工場従業員の時給は6セントだった。 こういった労働搾取工場の従業員は、ほとんどが10歳から30歳までの女性・児童であり、彼女らの解雇を恐れての避妊の奨励や、工場責任者からの愛人関係の強要、また60セントから35ドルまでの頻繁に課せられる「罰金」制度、強制残業などによる奴隷労働が、これらアジアの搾取工場では一般的とされている。 インドネシアの工場では、子供たちが逃げ出さないよう、出入り口が針金で施錠されていた。 タイの「Eden Group」は、成人従業員1145人を解雇し、これを児童従業員に切り替えている。 ここで注意したいのは、ウォルト・ディズニー社が「」が掲げる 「児童労働と性的搾取からの保護を含む、子供の権利保護」で、最も活動的なメンバー組織ということである。 ディズニー社はこれらの搾取工場の違法状態をすべて把握しているにもかかわらず、自社のキャラクター製品の生産のためにこれら児童奴隷の搾取工場を使用し続けているのである。 「人と労働者の権利を支援する国際労働委員会(NLC)」のチャールズ・カーナガンは、「ディズニーのシャツを作っている人々は、言語に絶する悲惨さの中で生きている」とコメントし、ハイチの子供たちは『』、『ポカホンタス』、『ライオンキング』、「ミッキーマウス(「子供のためのミッキー」ブランド)」の衣類、香港とベトナムの子供たちは、中国の子供たちは『リトルマーメイド』、『』、および「物」を作らされており、これらの工場では満足な換気設備もなく、また防毒マスクも支給されず、有害な溶剤の蒸気吸入によって、すでに3人の労働者が死亡したと報告している。 また、アメリカのTV報道番組「」では、ジョー・アレンによって、「ロサンゼルスの工場では子供たちは時給6セントで働かされており、たいていの場合、これらの児童労働者たちは有機溶剤によって手を腐食されている」、「では12歳前後の子供が、の詰めもの作業をさせられており、工場所有者は『子供のほうが従わせるのがより簡単なので、労働力として子供を使うほうがいい』と誇らしげに語った」との実情が報じられている。 『ポカホンタス』や『眠れる森の美女』などのキャラクターシャツの搾取工場としては、上記の国の他にマカオ、、ビルマ、などがある。 ディズニー社の販売する『リトルマーメイド』のティアラとスティックの玩具は、これらの国の物価を吊り上げるまでの経済的影響を与えている。 2000年代に入って、シャーリー・スレシンジャー() はNLCと共同で、これらディズニー搾取工場に対する改善要求を開始、最晩年まで抗議を行っている。 また、ディズニー製品のハイチ工場の責任者が「より安い生産拠点」として中国に拠点を移すと発表した際には、米国政府は宛てに労働条件改善を促す親書を送ったが、アイズナーはこれを無視。 ハイチの工場は閉鎖縮小され、中国への移転が行われた。 歴代経営者 [ ] 社長(Presidents)• 1923—45:• 1945—66:• 1966—71:• 1971—77:• 1978—83:• 1984—94:• 1995—97:• 2000—12: 最高経営責任者(Chief Executive Officers)• 1929—71:• 1971—76:• 1976—83:• 1983—84:• 1984—2005:• 2005—20:• 1945—60:• 1964—71:• 1971—80:• 1980—83:• 1983—84:• 1984—2004:• 2004—2006:• 2007—12: ジョン・E・ペッパー・ジュニア• 2012—2021: 代表取締役副会長(Vice Chairman of the Board)• 1984—2003:• 1999—2000: サンフォード・リトヴァック 最高執行責任者(Chief Operating Officers)• 1984—94:• 1997—99: サンフォード・リトヴァック• 2000—2005:• 2015—16: トム・スタッグス 脚注 [ ] [] 注釈• にウォルトが亡くなり、高齢のため引退を考えたロイは計画を実現するために会社に残って社員たちを指揮。 2005年の「IHS児童奴隷労働ニュース」による報告では、最高級待遇で時給28セントに下げられている• カリフォルニア州法での労働者の最低賃金は、時給6. 25ドル(当時)であり、完全な州法違反である• マクドナルド社も「児童奴隷労働」によって国際的な抗議批判を浴びている多国籍企業の一つである• 「」のアメリカでの権利者の妻である 出典• - ニューヨーク証券取引所• Taniguchi, Munenori. Engadget JP. 2020年4月14日閲覧。 hisgo. 2020年4月12日閲覧。 prtimes. 2020年4月12日閲覧。 Bloomberg. com. 2020年4月12日閲覧。 アメリカ部. 2020年4月12日閲覧。 tv asahi america 2017年5月12日. 2020年4月12日閲覧。 STORIES. 2020年4月12日閲覧。 CNET Japan. 2020年4月5日閲覧。 www. com. 2020年4月12日閲覧。 ITmedia NEWS 2017年12月15日. 2020年4月12日閲覧。 FASHIONSNAP. COM 2019年11月9日. FASHIONSNAP. COM [ファッションスナップ・ドットコム]. 2020年4月12日閲覧。 www. com. 2020年4月12日閲覧。 CNET Japan. 2020年4月5日閲覧。 com. 2020年4月5日閲覧。 日経クロステック(xTECH). 日経クロステック(xTECH). 2020年4月5日閲覧。 アニメ!アニメ!. 2020年4月5日閲覧。 www. animatetimes. com. 2020年4月5日閲覧。 gigazine. net. 2020年4月5日閲覧。 ねとらぼ. 2020年4月5日閲覧。 com. 2020年4月5日閲覧。 Ittousai. Engadget JP. 2020年4月6日閲覧。 THE RIVER 2018年6月21日. 2020年4月6日閲覧。 com. 2020年4月6日閲覧。 Ha, Anthony 2017年12月14日. TechCrunch Japan. 2020年4月6日閲覧。 com. 2020年4月5日閲覧。 www. asahi. com. 2020年4月5日閲覧。 Tane, Kiyoshi. Engadget JP. 2020年4月5日閲覧。 cinemacafe. net. 2020年4月5日閲覧。 「」『BBC News ニュース』、2020年4月20日。 2020年5月28日閲覧。 www. sportingnews. com. 2020年5月28日閲覧。 ジョセフ・メン(Joseph Menn)『結局そのネズミは誰のものなんですか?』 2008年8月22日付• 福井健策 2013年6月18日. INTERNET Watch インプレス. 2019年4月2日閲覧。 西日本新聞 西日本新聞社. 2011年1月19日. の2011年1月19日時点におけるアーカイブ。 2019年4月2日閲覧。 2015年2月3日閲覧。 『 変革の世紀(3)「知」は誰のものか 〜インターネット時代の大論争〜』(2002年7月14日放映)• - ここって昔はパチンコ屋? ここパチ? 、2020年1月10日閲覧。 - 、2020年1月10日閲覧。 『ディズニーの映画企画がヘルズ・エンジェルズから訴えられる』(『紙』2006年3月11日付記事)• 『ディズニーを再考する:個人のコントロール、公的な規模(Rethinking Disney: Private Control, Public Dimensions)』(Mike Budd、Max H. Kirsch共著、Wesleyan社、2005年)• 『良い女の子と邪悪な魔女:ディズニーの主要なアニメーションの中で変遷する女性像、1937年〜2001年(Good Girls and Wicked Witches: Changing Representations of Women in Disney's Feature Animation, 1937-2001)』(Amy Davis著、John Libbey Publishing刊、2007年)• 『Sweated Work, Weak Bodies: Anti-Sweatshop Campaigns and Languages of Labor』(Daniel E. Bender著、Rutgers University Press、2004年)• 『Sweatshop USA: The American Sweatshop in Historical and Global Perspective』(Daniel E. Bender、Richard A. Greenwald共著、社、2003年)• 『Unraveling the Garment Industry: Transnational Organizing and Women's Work』(Ethel C. Brooks著、ミネソタ大学刊、2007年)• 『ネズミのための労働(Working for the rat)』(『NI』誌、1998年12月号)• 『紙』2001年12月の連続記事• 『ディズニー、児童労働違反の王国(Disney - the Kingdom of Child Labor Violations)』(「anomalies unlimited. com」)• 『ウォルト・ディズニー社における児童奴隷労働(Child Slave Labor in the Walt Disney Company)』(「IHS児童奴隷労働ニュース( Child Slave Labor News)」2005年11月、Frederick Koppによる報告) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語)• (日本語)• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 100. 万科企業.

次の