亀田 史郎 やく みつる。 亀田史郎(興毅の父)一家の現在や離婚した元妻は?やくみつるとの確執についても

亀田史郎の現在の仕事&年収ややくみつるとの不仲のその後は?

亀田 史郎 やく みつる

略歴 [ ] 生まれ、育ち。 現在は大阪府大阪市西成区在住。 小学校時代のクラスメイトに柏原芳恵がいる。 を目指し、に通い、中学卒業後に正式に入門。 だが、同時に就いたの孫請けとの両立が不可能として、一度もプロテストを受けることなく断念する。 20歳の時、1歳年上の女性と結婚(教育方針をめぐり2003年に離婚)。 子供達に自分の果たせなかった夢を託し、幼い頃からボクシング、などのの道を歩ませた。 一部のマスコミ(特に、)が父親と三兄弟に注目し、報道を行ったことから、一般的に知られるようになる。 として亀田三兄弟を指導してきたが、2007年、対戦での一連反則行為に対し、セコンドライセンスの無期限停止を受ける。 2009年10月19日、JBCにライセンス再交付を求める嘆願書を提出した。 2010年3月には東日本ボクシング協会が処分解除を求める署名をJBCに提出した が差し戻され 、にポンサクレック戦後の発言(後述)をめぐってJBCより資格取り消し処分を受けた。 8月1日、で行われた三男・の試合にセコンドとして帯同。 史郎は2007年にJBCからセコンドライセンスの無期限停止を受けているが、フィリピンはJBCの管轄外であるため史郎のセコンド復帰は叶った。 2013年12月のに絡み、JBCは亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めないことを2014年4月に発表し、亀田ジムの国内活動が事実上停止された。 その際に「ライセンスを有しない人物が実質的なクラブオーナーであり、プロモーターであることを物語っている」と指摘した上で、亀田三兄弟の国内活動再開には「ライセンスを有していない人物の影響力を完全に排除するなどしないとライセンスは与えることはできない」としている。 2018年1月31日より、娘のととして活動を開始する。 人物 [ ]• 亀田三兄弟の父として広く知られているが、史郎自身も三兄弟の三男であり、「元祖亀田三兄弟」と呼ばれている。 自身の、息子のボクシングのといったことが重なった時期、過酷な練習に「ボクシングをやめたい」という息子には、「お前がボクシングをやめたら、亀田家は食べて行けん! 」と当時自分が働いていた解体現場で兄弟に銅線を拾わせて生活費にしていた。 (自伝より)• 教育については独自の考えがあるが、中学生である三男のを学校に登校させていなかった。 が終わっている興毅や大毅のに、平日で通常であれば中学校に行っているはずの和毅までも合宿に参加している様子が報じられている。 既述の独特の練習を行うために、ときおり海や山で合宿を行うことがある。 夏季や冬季といった、中学校の長期休暇期間ではない場合もある。 これには報道関係者が取材で同行するが、カメラマンが気遣って和毅のみを構図から外そうとしても、史郎は三兄弟を並ばせることが多い。 練習内容を報道しても、和毅が学校に行かずに合宿に同行している件には全く触れないという不自然な事態が続いている。 和毅の不登校を取り上げるのはやなどのみである。 史郎の指導法を支持するが、を「牛若丸あきべぇ」に変えて、一時期弟子入りしていた。 2006年8月7日放送のテレビ番組で長男の興毅に宛てた直筆の手紙が紹介されたが、その内容がテレビアニメ『』最終回のセリフと酷似していたことが後に話題となる。 『侍〜』の著作権者であるは「私的引用の範疇に当たると考えており、問題視しません」とコメントした。 オフィシャルブログ『亀田三兄弟の親父』では、「俺はそう考えてる」という言葉が頻繁に使われており、記事を締めくくる恒例の決めゼリフとなっている。 2012年1月からは「俺はそう考える」に変わった。 2014年6月、にアマチュアボクシングジム「」を開設。 指導方法 [ ] 「 三兄弟全員を世界チャンピオンにさせたる! 」と公言してはばからず、以下のようなボクシング指導を行っている。 「 世界のジャブ」 - 一対一で行う。 史郎がやの先端にグローブをつけたもので高速のジャブを繰り出し、息子たちがそれを避けるというもの。 何度もモリが刺さり、流血した。 「 砂袋アッパー」 - 両腕に砂袋を装着、その状態でアッパーの練習をするというもの。 「 畳ミット」 - サンドバッグよりも拳を鍛えられるを殴った方がパンチが強くなるとの理論。 「 丸太スクワット」 - 数十キログラムの丸太を肩に担ぎスクワットを行う。 バランス感覚も身に付くとされている。 「 しごき棒」• 「 ピンポン玉よけ」 - 数メートル離れた場所から史郎がピンポン玉を投げ、それを興毅らが避ける。 の特訓になるという。 「 ホームランフック」 申告漏れ [ ] 2009年10月、当時代表取締役を務めていたマネジメント会社「亀田プロモーション」がを受け、2年間に約1000万円の申告漏れを指摘された。 「既に修正申告し、納付も済ませている」 批判・騒動 [ ] マッチメイクに関する批判 [ ] 亀田三兄弟のには、父・史郎の意向が大きく関わっていた。 過去にWBCフライ級王者(当時)から対戦を申し込まれたときに威嚇するだけして結局、対戦をしなかったことや、日本王者の(当時)に対し「6回戦レベル」と発言し、その後、内藤から対戦要求を受けたがこれを回避していることから、「強敵との対戦を避けている」との批判があった。 これに対し史郎は「それほど実績を残していないボクサー達の発言には反応しない」「プロモーターのマッチメイクの都合で仕方ない」と発言していたが、世界王者、日本王者などからの対戦要求も回避してきたことから、この発言は矛盾している。 亀田興毅世界王者決定後の論争 [ ] 興毅が2006年8月2日、ライトフライ級世界タイトル戦に判定勝利した後、疑惑の判定との声が多く寄せられたため、その位置づけをめぐり論争となったが、父でありトレーナーでもある史郎自身もテレビ出演するなどして当事者として論争に参加した。 2006年8月7日の『』に生出演した際、が史郎にを渡し「これで亀(ここでは息子の興毅とされている)を縛っとき」との発言を行った。 仕付け糸の「仕付け」と「」をかけたと思われるが、それを聞いた史郎は激昂し「あとで表出て話そ、このままで済むと思うなよ」と怒声を浴びせた。 また、興毅が世界戦の前に「ベルトはおやじに渡したい」と発言していたことを受けて、WBAは、 亀田史郎に対する特製チャンピオンベルトを事前に用意。 「勝利」確定後、史郎に授与した。 この主催者の行為には批判や疑問の声が上がった。 観客への暴行未遂騒動 [ ] 2006年9月27日に行われた大毅のプロ第6戦において、判定について、観客から批判の言葉があったことに対して、周囲の一部の亀田ファンが猛反発、口論となった。 たちまちその周囲で小競り合いになったが、その場に史郎本人が介入しようとし、叫びながらリングを飛び降りて、発言を行った観客を直接殴りつけようとした。 周囲の関係者が必死に押さえつけたため、暴行はで終わったが、この行為に対し、会場となったの所轄であるが関係者に事情聴取を行うという事態に発展した。 史郎は「観客同士でケンカが起きたので仲裁に入っただけ」と主張したが、目撃者からは、「観客に罵声を浴びせていた」「止めに入る動きではなかった」という複数の発言やその様子が新聞などにも掲載されたため、その発言を疑問視する声が多くあがった。 この騒動に対しては、(JBC)が10月13日、「乱闘の当事者とみなすことはできないが、加担したと誤解される行為があったのは事実。 セコンドライセンスを持つ人間として適切な行動をとってもらいたい」という理由で、厳重注意処分を行った。 レフェリーに対する暴言騒動 [ ] 2007年3月24日、亀田興毅対エベラルド・モラレス戦においてレフェリーを務めた に対して暴言を吐いた。 試合役員会で問題視され、「恫喝や脅迫とも受け取れる。 史郎氏の謝罪がなければ、史郎氏がかかわる試合への役員派遣を拒否する」など、ライセンス停止を含む厳正な処分を求める要望書をJBCに提出した。 この問題は、5R終了間際に興毅が奪ったダウンで浦谷が試合を止めなかったことや、興毅がバッティングを注意されたことに史郎が抗議したことによる。 史郎は 「何で5Rのダウンで止めんねや。 (バッティングを注意され)亀田だけのルールを作んな! 」と反則行為にもかかわらず強い口調でレフェリーに詰めより、関係者に制止されると 「今度はきちんとボクシングが分かる人間にやってもらわな」などの暴言を吐いたとされる。 協栄ジム会長は「本人のサインを添えた謝罪文をJBCに提出する」と表明、同年4月16日に史郎は謝罪文をJBC役員会に提出。 JBCは史郎と金平会長に対し「言動注意」を文書で通達。 さらに「今度問題を起こした場合、今後史郎氏が関わる試合全てに役員を一切派遣しない」ことを通告した。 ただし史郎本人への処分はなく、口頭での厳重注意のみに留まった。 このことから「JBCの対応は甘すぎる」との批判があった。 内藤大助対亀田大毅戦にて [ ] 2007年10月11日に行われた対亀田大毅のWBC世界フライ級タイトル戦では、リング上で相手に罵声を浴びせて威嚇するなどの場面があったほか、試合後半から終盤にかけて、大毅に対して、故意のバッティングやサミングなどの反則行為を行えと不適切な指示を出した。 兄の興毅も反則行為を促す不適切な指示をした。 それを確認した視聴者などからTBSに、12日午前9時までの約半日の間に電話857件、電子メール628通もの抗議が届いた。 JBCにも非常に多数の抗議・問い合わせが集中し、12日、倫理委員会を15日に開き史郎を含めた亀田一家を処分を検討することを決めた。 12Rの「レスリング行為」による減点3は日本のボクシングタイトルマッチでは前例のない出来事であり、一連反則行為について15日の倫理委員会でJBCは、史郎トレーナーのセコンドライセンスの無期限停止を決定した。 その他、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長に3か月のクラブオーナーライセンスの停止、セコンドについた興毅に厳重戒告、次男・大毅に1年のライセンス停止の処分を決定した。 17日、これに対する謝罪会見を開き、反側指示をしたことを問われた際に「反則行為を指示していません」と言うと記者から具体的に何を言ったのかと聞かれると「とりあえず最後はポイントも取られているから悔いのないように戦えと。 後はどう捉えようがそっち側 マスコミたち は自由やけど俺らは言うてません」と反省の言葉を述べる一方で開き直りともとれる発言をしたことで世間から一層の批判を買い、24日、金平桂一郎会長は亀田史郎に、さらに謝罪会見を行うよう指示。 25日亀田一家との会談で、翌日である26日の会見に姿を現さなければ、解雇するという旨を伝える。 26日金平桂一郎会長の指示通り、2度目の謝罪会見を開くことになったが、史郎は出席せず、興毅が代わりに謝罪した。 亀田史郎自身は所属ジムである協栄ジムを辞職しボクシング界での一切の活動を行わないことを宣言した。 日本ボクシング界永久追放 [ ] 2010年3月27日に行われたポンサクレック・ウォンジョンカムとの興毅の初防衛戦で、判定負けで興毅は王座から陥落するが、この判定に不服を覚えた史郎はJBC関係者を控え室に呼び出し判定について恫喝をした。 この行動に対しJBCは、処分としては最も重い「資格取り消し」を下し、史郎はボクシング界を事実上永久追放された。 著書 [ ]• 脚注 [ ]• yutura• 2010年3月16日. 2010年4月13日閲覧。 YOMIURI ONLINE. 2010年3月29日. 2010年4月13日閲覧。 この前日にはライセンスの自主返上を表明していた。 YOMIURI ONLINE. 2010年4月13日. 2010年4月13日閲覧。 Sponichi Annex• SANSPO. COM• これは、で規定された教育を受けさせる義務()を怠っている。 就学義務は保護者などの義務であり、当事者の義務ではない。 ただし和毅本人が自由意志で不登校を選択するのであれば、本人・保護者ともなんら罰則は与えられない。 逆に、本人が学校に行きたいのに、家事を強制するなどして保護者が通学をしないようにした場合は、就学義務違反となる。 (JCASTニュース、2007年10月16日)• JBC試合役員会会長。 浦谷は審判歴約20年、裁いた試合数は一万試合を超えるベテランであり、そのジャッジ内容がWBCにおけるビデオ教材としても採用されているほどの審判。 2007年10月15日閲覧。 2007年10月15日閲覧。 2007年10月26日閲覧。 2010年3月28日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• Powered by (2008年11月18日 - ).

次の

やくみつる

亀田 史郎 やく みつる

今から10年以上前に、ある生放送番組で行われた亀田兄弟の父・ 亀田史郎と、漫画家の やくみつるの口喧嘩をご存知でしょうか。 当時は大きな話題となりましたが、討論以降、2人の 再共演は実現していません。 そこで今回は、2人の共演シーンを振り返ってみたいと思います。 『 スーパーモーニング』で共演。 テレビ朝日で放送されていたニュース番組『 スーパーモーニング』にて、2人は 初共演を果たしました。 2人のやりとりを振り返ってみましょう。 亀田史郎vsやくみつる 亀田:『ほんであの、おたく、ねっ?』 やく:『おたくじゃない、やくさんって言いな。 』 亀田:『ええっ?』 やく:『俺は47(歳)だ。 』 亀田:『名前ほんならぶら下げときーな。 分からへんがな!俺初めて見んのやから!』 やく:『土産があるんだよ今日は。 これ、 金亀印のしつけ糸だ。 その糸で亀を縛っとき。 』 亀田:『あんたな、つまんないドラマ見てる?』 やく:『 やっすいドラマや。 予定調和の。 』 亀田:『それどういう事?』 やく:『結果どうの言いに来たんやない』 亀田:『それどういう事?( しつけ糸をブン投げる)』 やく:『人の土産、これはねえだろ。 お前よ。 』 亀田:『それどういう事?なあ?』 やく:『これ腹立つやろ?(しつけ糸を見せて)』 やく:『 あんたの倅はこれと同じ事やっとるんや。 俺はこれ見せつける為に、ここに来とるんや。 』 亀田:『俺は話し合いに来てんねん。 戦うんか?』 やく:『喧嘩はやだよ。 俺は非力だからね。 』 やく:『俺は おっさんの教育の為に来とるんや。 』 亀田:『やっすいドラマってどういう意味や?それを聞きにきとんねん。 』 亀田:『やっすいドラマ撮った人も、 一生懸命やってるんやで!』 やく:『それは認めるよ。 わしはその 前後のパフォーマンスがやっすい言うとるんじゃ。 』 亀田:『何?』 やく:『1時間半にもわたって、だらだらパフォーマンス見せとるのが嫌じゃつっとるんじゃ。 』 亀田:『お前見やんでいいねん。 それやったら。 』 やく:『いや俺はベネズエラ(ファン・ランダエタ)を応援しとるから見とったんじゃ。 』 亀田:『興毅に教育って言うことないやろ。 その言い方やったら!』 やく:『それは怒らせるためにわざと着とるんじゃ。 普段はこんな格好ようせんわ。 』 やく:『アクセサリーもグラサンもせんわ。 』 やく:『今日はあえて、 「お宅の倅がこういう態度で人に接しているんだぞ」見せつける為に着た。 』 やく:『これ腹立つやろ?』 亀田:『俺は今話し合いに来とるんや。 喧嘩するんやったら喧嘩するで。 』 ガッツ:『やくさん、それを亀田さんにやっちゃダメだ。 』 ガッツ:『だけど亀田さん、やくさんの言う言葉も認めなくちゃいけないよ。 』 亀田:『ガッツさんね。 勝負の世界やから、 命懸けやんか。 相手を挑発するのも駆け引きやんか。 』 亀田:『わしは話し合いに来てんねん。 』 やく:『わしは挑発に来たんじゃ。 』 亀田:『ほんなら、表で話しよや。 後で表行ってキッチリ話しよ。 』 やく:『そんな暇ないわ。 』 亀田:『 お前これで済むと思っとったらアカンぞ。 』 やく:『は?』 朝の8時に行われたバトルだったので、当時見逃した方はたくさんいらっしゃったでしょう。 また、亀田史郎の『 後で表行ってキッチリ話しよ。 』『 お前これで済むと思っとったらアカンぞ。 』という終盤の発言は、当時の視聴者から大バッシングを浴びる要因となっています。

次の

亀田史郎

亀田 史郎 やく みつる

亀田3兄弟に対して罵声を浴びせながらも指導している姿は今でも印象に残っています。 またマスコミに対しての態度もふてぶてしく、日本国民から ヒールとして見られていましたよね。 本人もプロボクサーになりたかったって本当? もう始まりますよー! 8時からです! お見逃しなく!! — 亀田姫月 1109Himechan この亀田史郎さんも中学卒業後に新日本大阪ジムに入門し、 プロボクサーを目指していた時期がありました。 しかし当時就職していた 解体業の仕事が忙しく、トレーニングとの両立が難しいと判断しプロボクサーの道を断念しています。 実はプロボクサーはプロ野球選手やJリーガーとは違い、ドラフトではなくテストに合格しないとプロライセンスがもらえません。 そのため他の仕事を両立させながらプロボクサーを目指している選手が多いんです。 しかもプロボクサーになっても一番下のC級ライセンスは1試合のファイトマネーが 数万円程度なので、他に仕事をしなければ生活できません。 亀田史郎さん以外にも仕事との両立が難しくてボクシングをあきらめた人も多いと思います。 あきらめた人の中には世界チャンピオンになれるほどのセンスがあった人もいたのではないでしょうか。 そう考えるとボクシング界にとって損失ですよね。 亀田史郎さんが3兄弟に対して熱心に指導していたのは、 自分が果たせなかった夢を子供たちに叶えさせたいという気持ちの表れだったのでしょう。 亀田史郎さんの奥さんは? 亀田史郎さんは麺類が自分より1つ上の女性・ 以智子さんと20歳のときに結婚しています。 参照元: しかし教育方針を巡って2003年に離婚しています。 亀田史郎さんの 勉強よりボクシングを優先させる教育方針に拒否をしていたのでしょう。 やはり母親としては運動も大事だけれども、勉強もしっかりして欲しいと思いますよね。 以智子さんは離婚後に亀田3兄弟と連絡を取っていないのか?と心配になりますよね。 長男の亀田興毅さんが2階級制覇の試合前に 「2本目の世界のベルトはお母さんに捧げたい」と述べ、 2階級制覇を達成します。 このコメントに対して以智子さんは、亀田興毅さんにお礼を電話で伝えたようです。 たとえ離れて生活していても母と子はしっかり繋がっているようですね。 これがその動画です。 この番組が放送される前に長男の亀田興毅さんは世界チャンピオンになりましたが、 「疑惑の判定」など様々なバッシングがありました。 それに対して亀田史郎さんは抗議を目的に番組に出演したと思います。 これに対してやくみつるさんは父である亀田史郎さんの態度が良くないと苦言を述べています。 個人的な感想として確かに亀田史郎さんの試合前や試合後の態度は悪いです。 やくみつるさんの言うことはわかりますが、最初から挑発している態度では討論に臨んでは相手も素直に応じないと思います。 メッセージは伝え方も大事ですよ。 兄弟でボクシングをしている選手は多いと思いますが、全員世界チャンピオンになる兄弟は今後出てくるかわかりません。 「兄弟3人チャンピオン」っていうのはそれほどの 偉業なんです。 しかし2007年の次男・亀田大毅さんが内藤大助さんとの世界タイトルマッチの時、セコンドで反則を指示したことが判明してしまい、セコンドライセンスの 無期限停止処分を受けてしまいます。 2010年には亀田興毅さんが判定負けした試合結果に納得がいかず、日本ボクシング協会関係者を控室で恫喝したことが問題になり、 資格取り消し処分を受けてしまいます。 これにより亀田史郎さんはボクシングに関わることができなくなってしまうんですね。 2013年には亀田大毅さんの世界タイトルマッチで対戦相手が事前軽量で失敗したことで、亀田大毅さんが試合で負けてもチャンピオンの地位を保持できることになっていました。 しかしそれを事前に周知されていなかったことが問題になり、亀田3兄弟の所属ジムである亀田ジムは 国内の活動停止処分を受けてしまいます。 これらの問題が重なり亀田史郎さんも全盛期のようにメディアに登場することはなくなりました。 Sponsored Links 亀田3兄弟の現在は? 亀田史郎さんの現在はわかりましたが、選手だった亀田3兄弟は現在何をしているのでしょうか? 亀田興毅さん まもなく仙台放送の「あらあらかしこ」に生出演!! 2015年の10月に世界タイトルマッチで敗れて引退を表明します。 現在はタレントとしてテレビに出演しているだけでなく、 実業家としても活動しています。 またプライベートでは 3人のお子さんのお父さんでもあります。 2015年に網膜剥離を理由に現役引退をしています。 現在は タレントとして活動しているようで、兄の亀田興毅さんと一緒にテレビ出演している場面も見受けられます。 イラスト書きや音楽の才能もあり多彩であった印象を受けています。 また亀田興毅さんは試合のマッチメイクに批判を浴びていましたが、亀田大毅さんの場合は 強い相手とマッチメイクすることが多く、それについてはボクシングファンから評価を得ていました。 12 男性プロボクサー。 元WBO世界バンタム級王者。 日本人選手として初めてWBO世界王者となった。 亀田三兄。 — マッスル図鑑 musclezukan 亀田和毅選手は3兄弟のなかで唯一の 現役選手です。 単身でメキシコにボクシング修行に行っており、ボクシングの実力は 3兄弟のなかで一番ではないかと言われています。 世界ランキング10位以内に入っており、再び世界チャンピオンになる可能性大です、 ちなみに4番目の亀田姫月さんについては、下記に記事をかいてあるので読んでみてくだね。 関連記事: まとめ いよいよ明日に迫った亀田史郎、約10年ぶりのメディア出演! これまで決して語る事のなかったしくじりを語っています。 また元奥さんとは連絡とっているかは不明ですが、子供たちは連絡をとっているようです。 もし亀田史郎さんが普通に3人兄弟を教育していたら、 3人とも世界チャンピオンにはなれなかったでしょう。 やはり偉業を達成するためには、常識を壊さなければいけないことはあると思います。 ただ子供たちの将来を考えると教育も大事なんです。 うーん、このバランスって難しいですよね。

次の