女王の教室 批判。 「女王の教室」を批判している人って、実は自分たちが今までバカみたいに...

「女王の教室」から14年… 元子役たちの現在は?

女王の教室 批判

ただ、『ドラゴン桜』のつくりの稚拙さは論外として、『女王の教室』を階層格差ドラマとしてだけとらえるのはやや浅薄だ。 むしろ「ゆとり教育」批判と見るべきだろう。 子供が将来自分の力で生きられるようになるために、大人は本当は何を教えるべきか。 天海祐希の妙にハマった担任教師役は「ゆとり教育」の正反対を極端にまで推し進めたキャラクターとして、かなり真剣な問題提起をしている。 もう一つ、このドラマはいかにも日本的な悪平等主義、結果の平等主義に対する強烈な批判にもなっている。 天海祐希の受け持つ生徒たちは、みんなが1位でゴールする徒競走を演出する大人たちの価値観を見事に体現している。 一人の落伍者も出さず、みんな仲良くやっていくのが一番という価値観だ。 このサイトで取り上げた高橋伸介が『虚妄の「成果主義」』で書いているように、高度経済成長期の日本、つまり成果主義が導入される前の日本は、実際には大量の同期入社どうしが管理職のポストを争う、今より競争の激しい時代だった。 「ゆとり教育」や「結果の平等主義」はそんな社会を生きた「おじさん」たちの偽善の具現化だ。 「純粋な」子供たちには、こんな非人間的な競争をさせてはいけない。 みんな友達。 みんな平等。 それが偽善でなくて何だろうか。 それこそ本当の競争社会なのに。 検索: 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

土曜ドラマ 女王の教室 を不快に思う方、打ち切り希望派の方に質問で

女王の教室 批判

— Y O T A. 0922YOTA 愚か者や怠け者は、差別と不公平に苦しむ。 賢いものや努力をしたものは、色々な特権を得て、豊かな人生を送ることが出来る。 それが、社会というものです。 この国では100人のうち6人しか幸せになれないの。 このクラスには24人の児童がいます。 ということは、この中で将来幸せになれるのは、一人か二人だけなんです。 残りの94%は毎日毎日不満を言いながら暮らしていくしかないんです。 いい加減、目覚めなさい。 日本という国は、そういう特権階級の人たちが楽しく幸せに暮らせるように、あなたたち凡人が安い給料で働き、高い税金を払うことで成り立っているんです。 そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでるか知ってる? 今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。 世の中の仕組みや不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら上司の言うことをおとなしく聞いて、 戦争が始まったら、真っ先に危険なところへ行って戦ってくればいいの。 したいと思うものです。 これからあなた達は知らないものや理解できないものに沢山出会います。 美しいなとか、楽しいなとか、不思議だなと思うもの沢山出会います。 そのとき、もっともっとそのことを知りたい、勉強したいと自然に思うから人間なんです。 好奇心や探究心のない人間は人間じゃありません.猿以下です。 自分たちの生きているこの世界のことを知ろうとしなくて何ができるというんですか。 いくら勉強したって、生きている限り分からないことはいっぱいでもあります。 世の中には、何でも知ったような顔した大人がいっぱいいますが、あんなものは嘘っぱちです。 良い大学に入ろう良い会社に入ろうが、いくつになっても勉強しようと思えばいくらでもできるんです。 好奇心を失った瞬間、人間は死んだも同然です。 勉強は、受験のためにするのではありません。 立派な大人になるためにするんです。

次の

『女王の教室』のゆとり教育批判

女王の教室 批判

ただ、『ドラゴン桜』のつくりの稚拙さは論外として、『女王の教室』を階層格差ドラマとしてだけとらえるのはやや浅薄だ。 むしろ「ゆとり教育」批判と見るべきだろう。 子供が将来自分の力で生きられるようになるために、大人は本当は何を教えるべきか。 天海祐希の妙にハマった担任教師役は「ゆとり教育」の正反対を極端にまで推し進めたキャラクターとして、かなり真剣な問題提起をしている。 もう一つ、このドラマはいかにも日本的な悪平等主義、結果の平等主義に対する強烈な批判にもなっている。 天海祐希の受け持つ生徒たちは、みんなが1位でゴールする徒競走を演出する大人たちの価値観を見事に体現している。 一人の落伍者も出さず、みんな仲良くやっていくのが一番という価値観だ。 このサイトで取り上げた高橋伸介が『虚妄の「成果主義」』で書いているように、高度経済成長期の日本、つまり成果主義が導入される前の日本は、実際には大量の同期入社どうしが管理職のポストを争う、今より競争の激しい時代だった。 「ゆとり教育」や「結果の平等主義」はそんな社会を生きた「おじさん」たちの偽善の具現化だ。 「純粋な」子供たちには、こんな非人間的な競争をさせてはいけない。 みんな友達。 みんな平等。 それが偽善でなくて何だろうか。 それこそ本当の競争社会なのに。 検索: 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の