プロテイン デメリット。 ホエイ、カゼイン、ソイってなに?プロテインの種類について

プロテインのデメリットは?飲みすぎや食事の代わりするのは危険!

プロテイン デメリット

BCAAは「 バリン」「 ロイシン」「 イソロイシン」のことで、この 3つのアミノ酸の総称です。 「branched chain amino acids 分岐鎖アミノ酸 」の頭文字をとって「BCAA」といいます。 アミノ酸とは人の体を構成するタンパク質が分解された物質のことで20種類あります。 そのうち体内で合成できるアミノ酸を「非必須アミノ酸」といい11種類あり、体内で合成されないアミノ酸を「必須アミノ酸」といい9種類あります。 BCAAの3つのアミノ酸はすべて 必須アミノ酸になります。 BCAAのサプリメントは粉末のものだけでなく、カプセルで摂取するタイプもよく売られています。 プロテインを買うメリット・デメリット BCAAと比較したメリット・デメリットです。 プロテインのメリット プロテインは水に溶かすとすぐに飲めて、手軽にタンパク質を補給できます。 タンパク質というのは体内で分解されて20種類のアミノ酸に分解されます。 ようするに 「 プロテインを飲んでおけば20種類のすべてのアミノ酸を摂取できる」ということです。 他のメリットとして BCAAに比べてプロテインは体内へ の吸収速度が遅いです。 吸収速度が遅いので プロテインはトレーニングの直前やトレーニン グ中の栄養補給には向きません。 トレーニング中にプロテインで栄養補給をするとお腹にたまってしまい、トレーニングの妨げになるかと思います。 他のデメリットとしてプロテインは種類が多いので、どれを買えば良いのか初心者の人はわかりずらいかもしれません。 「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」「カゼインプロテイン」などの種類があり、原料や吸収速度に違いがあります。 種類が多すぎて初心者の人は何を基準にどれを選んで買ったらいいのかなり迷うかと思います。 プロテインを飲む目的・理由 プロテインを飲む主な目的や理由は トレーニング後のタンパク質の補給 タンパク質の不足分を補う ダイエット中の栄養補給 筋肉の増量や維持 美容・健康のため こういった感じです。 飲む目的がなんなのかを明確にすればプロテインとBCAAのどっちを買えばいいか見えてきますよ。 BCAAとの比較で悩んでいるということは恐らくトレーニングをされている方かと思います。 タンパク質の不足分を補う、トレーニング後のタンパク質の補給をすぐしたいという目的ならプロテインは 必須でしょう。 プロテインを買ったほうがいい人 タンパク質を食事だけでは必要な分を摂れていない人は断然プロテインを買うことをおススメします。 トレーニングをして筋肉を大きくしようとしても材料となるタンパク質が不足していると筋肉は大きく成長しません。 なのでタンパク質が不足している人はまずはプロテインを買うことをおススメします。 ダイエットや減量でもタンパク質を食事から摂れていないならプロテインをおススメします。 そして BCAAの特徴は「体内への吸収速度が速い」ことです。 このような効果や特徴から BCAAは トレーニング中の栄養補給として定番のサプリメントとなっています。 これらのことから BCAAは筋肉を守りトレーニングのパフォーマンスを上げてくれるサプリメントだと言えます。 さらにBCAAは人の体の筋肉を構成するタンパク質の必須アミノ酸の約35%を占めています。 なので筋肉の材料としても重要なのです。 BCAAもプロテインと一緒で、買うメリットはたくさんあります。 BCAAのデメリット デメリットは プロテインと比較するとBCAAは値段は高いということくらいかと思います。 デメリットとは違いますがプロテインとは違い、BCAAはトレーニングやスポーツをしていない人は飲む必要は特にありません。 プロテインの場合はタンパク質を補う目的ならトレーニングをしていない人でも飲むべきだとは思います。 BCAAの場合はタンパク質を摂取すればBCAAも摂取できるので、トレーニングしていない人がサプリメントを買ってまで摂取する必要はないです。 BCAAを飲む目的・理由 プロテインがタンパク質の補給の目的なら、BCAAはトレーニング中の筋肉を守る目的や疲労の回復を狙って摂取したいサプリメントです。 トレーニングやスポーツをしている人のサポートをするといった感じですね。 なので 激しいスポーツやトレーニングをしている人はBCAAを積極的に摂取したいです。 BCAAを買ったほうがいい人 トレーニングやスポーツをしている人はBCAAを摂取するに越したことはありません。 激しいトレーニングやスポーツをしている人で、タンパク質の摂取を食事から摂れているならプロテインではなくBCAAを買うことをおススメします。 ただしトレーニングやスポーツをしていても食事でタンパク質を摂れていないならプロテインを優先して買うべきだとは思います。 またトレーニングやスポーツで疲労がたまりやすい人は、疲労回復効果を狙ってBCAAを買うのをオススメですよ。 個人的にはBCAAは疲労回復効果をかなり実感しています。 ジョギングやランニング等の有酸素運動をしていて、BCAAを飲んで脂肪燃焼を促進させたいという目的でもBCAAを買うのもいいかと思います。 プロテインとBCAAどっち買う?まとめ 以上、プロテインとBCAAどっちを買うかについてでした。 まとめると.

次の

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

プロテイン デメリット

プロテインは寝る前に摂っても大丈夫?? 筋トレの効果アップや、置き換えダイエットなど、様々なことに使えるプロテイン。 「運動後に摂ったほうがいい」「夕飯を置き換えるとダイエットになる」とか色々なことを聞くけど… それって、 プロテインを摂るのが寝る前になっちゃっても大丈夫なの!? 仕事で帰るのが遅くなって、夜ご飯が遅くなったとき… ジムでのトレーニングを夜遅くに終えたとき… 夜お腹が空いて我慢できなくて、プロテインを摂りたいと思ったとき… いくらプロテインはいいものだっていっても、寝る前に摂って太ったりしないの!? なんて疑問を持った方もいるはず!! たしかに、せっかく筋力アップやダイエットなど、良い効果を求めてプロテインを摂っているのに、体に悪影響があったら本末転倒。 このタンパク質、実は三大栄養素(タンパク質・脂質・糖質)の中で、 一番脂肪になりにくい栄養素なんです!!! だから、同じ寝る前の食事だとしても、普通の食事をするのと、タンパク質を摂るのとでは話は別。 効率よくタンパク質だけを摂取できるプロテインなら、罪悪感なく摂ることが出来ます!!! 寝る直前に摂ると、胃に負担がかかる? でも、寝る直前にタンパク質を摂ったら、次の日胃もたれしちゃうなんてことない? 確かに寝る直前の飲食は、胃に負担をかけてしまう可能性があります。 なので、ベッドに入る 1時間前くらいまで に摂っておくのがおすすめ! そうすれば胃や腸もしっかり休ませることができますよ。 こんないいことも!寝る前にプロテインを摂るメリット 寝る前にプロテインを摂ると、こんな良い影響も。 理想の体づくりを助けてくれる 寝ている間、私たちの体には成長ホルモンが多く分泌されています。 え?成長ホルモンって、子供の身長を伸ばすホルモンじゃないの? と思った人もいるかもしれません。 実は成長ホルモンは、運動やトレーニングによって傷ついた筋肉を修復したり、増量したりする働きがあり、大人にとっても大事なホルモンなんです。 そこで寝る前にタンパク質を摂っておくと、タンパク質の吸収を高め、より筋肉増強が期待できます。 だから、ほど良く筋肉をつけてメリハリのあるスタイルを手に入れたい人にも、実は寝る前のプロテイン摂取は良いんです。 美肌・美髪も夢じゃない!? 筋肉だけでなく、肌や髪、爪などもタンパク質からできています。 健康的な美しさをキープするためにも、プロテインはおすすめです。 食事だけで十分なタンパク質を摂るのは難しいもの。 それどころか余分な脂質・糖質も一緒に摂取してしまう可能性もあります。 効率よくタンパク質を摂取できるプロテインで、食事で摂りきれなかったタンパク質を補いましょう。 実践!寝る前にプロテインを摂るコツ ここで、実際に寝る前にプロテインを摂る際のポイントなどをアドバイス。 量はどれくらいが良いの? 寝る前に摂るプロテインの目安は、およそ20g程度が理想。 体重60kgの人なら、約60gが理想です。 でもこの量を一度に摂っても吸収しきれないので3回に分け、1回約20gずつ分けて摂るのがおすすめということ! 筋トレなどの運動をする場合は、その1~2倍程度の量を摂るのが理想です。 それ以上に摂っても、ただのカロリーの摂りすぎになってしまったり、尿として排出されたりしてしまいます。 摂りすぎには気をつけましょう。 脂質・糖質を抑えたプロテインを見極めよ! いくらタンパク質は太りにくいといっても、少なからずカロリーはあります。 寝る前だから…というわけではありませんが、特に寝る前は余分なカロリーは控えたいもの。 ドリンクとして飲む「粉タイプ」だけがプロテインではありません。 できるだけ手間をかけたくない人は、そのまま食べられる「バータイプ」がおすすめです! バータイプのプロテインって太りやすいんじゃないの!? 「バータイプ」ってお菓子みたいなやつでしょ?糖質や脂質も多いんじゃないの!? 本当に夜に摂っても大丈夫なの!? そう、実はプロテインの中には、タンパク質以外の脂質や糖質が多く含まれているものも多数あります。 せっかくプロテインでタンパク質を摂ろうとしているのに、それ以外の脂質や糖質が多く含まれていては意味がありませんよね。 だからこそ、余計な脂質や糖質を抑え、タンパク質を効率的に摂取できるプロテインを選ぶ必要があります。 寝る前に摂るプロテインなら、なおさら気を付けたいポイントですね。 寝る前に摂るのにおすすめなのは「SIXPACK プロテインバー」!!! 寝る前に摂るプロテインには 「SIXPACK プロテインバー」がおすすめ。 タンパク質量は20gと理想的な量なのに、脂質・糖質は10g未満と 低く抑えられています。 その上、一口サイズに割りやすく、短時間で食べやすい! ほど良くお腹を満たせるから、帰宅が遅くなった日の夕食代わりにもピッタリです。 まとめ買いしておけばラクチン! そうと分かれば、さっそく「SIXPACK プロテインバー」を買いに行きたいところ。 まとめ買いしてストックしておけば、食べたい時にいつでも食べられるのでラクチンです! でも、コンビニで10個も20個も買うのって、ちょっと店員さんの目が気になる… そもそもそんなにたくさん置いてなかったり… だから「SIXPACK プロテインバー」を買うなら通販がおすすめ! 今なら安い!!お得に始められる し・か・も! UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、 10個セットの購入で20%オフ!! 今ならお得に始められますよ。 寝る前のプロテインは選び方が大事! 選び方や摂り方を間違えなければ、寝る前のプロテインは筋トレや美容にも嬉しい効果が期待できますよ。

次の

医者がプロテインをオススメしない怖い理由

プロテイン デメリット

先日プロテインが食欲を抑えてくれるしダイエットにもいいということを紹介したら、管理栄養士の方からプロテインは体に毒だからやめたほうがいいと言われたというようなお便りをもらいましたのでそれにお答えしようと思います。 結論としては、 全く大丈夫です。 もちろん、ありえないぐらいの量を飲んでしまうと健康被害も考えられますが、それはどう考えても飲めないぐらいの量ですから安心して飲んでください。 高タンパク質のデメリット タンパク質を摂りすぎた時のデメリットもありますので一応紹介しておきます。 タンパク質の摂り過ぎのデメリットは2つあります。 タンパク質を分解するときにアンモニアが出てアンモニアは強烈な毒素ですからこれが出過ぎるとよろしくありません。 そして、腸内細菌がタンパク質を分解すると毒素を出しやすくなります。 実際にはこのようなデメリットもありますが、メリットの方が大きいのではないかというのが今回の話です。 タンパク質は体内でエネルギーやグルコースを生成する時にアンモニアが出ますが、通常は肝臓で尿素に変えられて尿として外に出るので本来は問題ありません。 ところが、プロテインを摂りすぎるとその処理能力を超えてしまうのではないかという話があります。 少し古いですが1973年にこのことを調べた研究があります。 その研究の結論としては、 1日に230 g からのタンパク質を摂るとその処理能力を超えるのではないかとされています。 これは上限と考えられますので常識的に考えて1日に150 g から200 g ぐらいまでであれば飲んでも大丈夫なのではないかとされています。 これはプロテインの量ではなくタンパク質自体での量ですから現実的には問題にならないと思われます。 よほど激しい運動をしている人やボディビルダーの人を除いた普通の人の目安としては、 体重に対して1 g 程度、つまり体重65 kg の人であれば65 g ぐらいは全く大丈夫ですし、運動する場合はもう少し増えても大丈夫です。 もうひとつの腸内細菌の問題に関しては、炭水化物を食べた後は腸内細菌が酪酸やプロピオン酸というような体にとって良いものを作ってくれますが、タンパク質を食べた場合は硫化水素やインドールという有害物質を作りやすいです。 おならがやたらと臭い人がいますがそれはこの硫化水素です。 高タンパクな食事をし過ぎるとおならが臭くなるということです。 肉食動物の排泄物が臭いということにはこのような理由もあります。 例えば前回紹介した ホエイプロテインであれば、腸の壁に穴を開けてしまういわゆるリーキーガットというものがありますがこれを治す働きがあったり、適切に摂れば腸にとっても悪いものではありません。 高タンパク質な方がむしろ・・・ 古い研究だけだと疑問を持つ人がいるかもしれませんので最近の研究もご紹介しておきます。 最近の研究ではタンパク質はもっと摂った方が良いのではないかと言われています。 先ほどの研究では体重に対して1 g 程度としましたがもっと摂っても大丈夫です。 近年の科学会では 体重1 kg 当たり 1. 5 g から2. 2 g ぐらいまでは摂った方がいいとされています。 2 g までは摂った方がいいと覚えておいてください。 僕の場合は体重が65 kg なので130 g は摂っても良いということになります。 130 g のタンパク質となるとかなりの量ですから気にしなくてもいいと考えられます。 プロテインは肝臓や腎臓に負担をかけるという話もよくされますが、調べてみると、腎臓病の患者さんがタンパク質の摂取量を制限したら腎臓の機能が良くなったという研究を 誤読していただけです。 腎臓はタンパク質が代謝した時に出てくる毒素をフィルタリングしてくれています。 確かに腎臓がうまく機能しなくなると血圧が維持できなくなったり様々な問題が生じます。 ただしこれは腎臓の調子が元々悪い人のデータです。 腎臓が健康な人が高タンパク質な食事をしてダメージが出たような研究はありません。 腎臓が健康な人であれば高タンパク質な食事をしても問題はありません。 例えば2014年にコクラン共同計画が行った系統的レビューによると、過去に行われた腎臓とプロテインに関する30件のデータを精査したものですが、高タンパク食は腎臓のフィルタリング速度を上げてくれて尿として排出される尿素やカルシウムや尿酸の量を増やします。 これは高タンパク食によって腎臓が適応してしっかり処理をしてくれているということです。 腎臓に病気を抱えたりしているわけでもなければ高タンパク食は全く問題ないということです。 そもそも、 人間の体はたんぱく質の量を満腹感によって調整できるようになっています。 プロテインのことを気にするぐらいであれば、それよりも砂糖を気にしたほうがいいと思います。 タンパク質よりも精製された砂糖を気にした方がいいです。 腎臓の働きは肝臓と密接に結びついていてジャンクフードやコンビニスイーツなどの精製糖がたくさん使われているお菓子を食べると腎臓への負荷が大きくなります。 高タンパク質は太らない タンパク質は体重1 kg 当たり 1. 5 g から2. 2 g ぐらいまでは摂った方がいいというのが今の科学会のトレンドということでしたが、上限としてはどこまで摂ってもいいのかということをノバ サウスイースタン大学が調べてくれています。 14人の普段から筋トレが大好きな人たちを対象に超高タンパク質な食事を1年間続けてもらうという実験を行っています。 筋トレをしているのでもともと1日に2500キロカロリーを摂っている人達でした。 実験前の参加者の平均タンパク質量は体重1 kg あたりに対して1日に2. 5 g でしたから元々結構多い方です。 これを3. 3 g まで増やしましたからこれはボディビルダーを上回るぐらいのレベルです。 その状態で1年経った結果として、 超高タンパク質な状態でも悪影響はありませんでした。 しかも、ライフスタイルは一切変えずに2900キロカロリーまで摂取カロリーが増えているのに太ってもいませんでした。 1年経った後の超高タンパク食の人と従来の普通の食事をした人を比較すると、腎臓の機能に関する差は全くありませんし、肝臓の健康状態にも全く影響がありませんでした。 コレステロールや中性脂肪にも影響はなく体重もほぼ変わりませんでした。 つまり、 摂取カロリーはかなり増えているのに太ってもおらず健康マーカーにも影響がなかったということです。 元々筋トレをしている人ですしサンプル数が少ないというのもありますが、やはりタンパク質は太りにくいのではないかと考えられます。 というわけで、プロテインは飲んでも大丈夫です。

次の