ツイッターセンシティブ解除英語。 身に覚えがない凍結が多発? Twitterのアカウント凍結の原因と解除方法は?

Twitterで設定を解除しているのに「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示される詳細と対処法を徹底解説

ツイッターセンシティブ解除英語

ブログも開設2ヶ月がたち、記事の数も増えてきたのでTwitterも始めてみようと、新しくTwitterのアカウントを作成しました。 画面とにらめっこし、あれやこれやといじった結果、なんとか自力で日本語化に成功しましたが、いきなりの英語表記で戸惑っている方が他にもいらっしゃると思うので、Twitterの日本語化の方法を画像付きで紹介します。 やり方がわかれば数十秒で日本語化ができるので参考にしてくださいね。 Twitterの表示を英語から日本語に設定する方法 まずは、英語版のTwitterアカウントへログインしましょう。 Twitterアカウントへのログインが終わりましたら、赤く囲った人の影のマークをクリックし、下に伸びたメニューバーから 「Settings and privacy」をクリックしましょう。 「Settings and privacy」をクリックするとAccount情報が表示されます。 恐らくここの Languageが「English」となっている為、英語で表示されてしまっていると思われるのでLanguageを変更しましょう。 Languageをクリックすることで、言語を選択できますので下へスクロールし 「日本語-Japanese」を選択しましょう。 「Osaka」や「Sapporo」も選択できますが時差がないので好きな都市を選択しましょう。 LanguageとTime zoneの変更が終わったら、ページを下にスクロールしページ下部にある 「Save changes」をクリックしましょう。 次にポップアップでTwitterアカウントのパスワード入力を求められますので、パスワードを入力後 「Save change」をクリックしましょう。 私はここで少し躓きました、、、。 「Save change」をクリックすることで設定変更が保存され無事に日本語化が出来ました。 これでやっとTwitterを始める準備が整いました。 この後はプロフィール画像を設定したりしながら、自分のTwitterホーム画面を充実させていけばいいと思われます。 それでは、皆さん充実したTwitterライフを楽しみましょう。 2019年注目ポイントサイト 私の選ぶ2019年大注目ポイントサイトは 「warau(ワラウ)」です。

次の

Twitterのセンシティブを解除する設定方法

ツイッターセンシティブ解除英語

続いて「Language」へと進みEnglishから「Japanese-日本語」に変更し「Save」を押せば日本語表示になります。 アプリから行う場合 Twitterの公式アプリから言語設定を変更することはできないので、 アプリ上の言語が英語で表示されているということは端末側の設定が英語になっているということを意味しています。 ですので、以下の解説のように端末の言語設定を変更するようにしてください。 端末側の設定が日本語であるにも関わらず、アプリが英語表示になる場合は再起動や再インストールをお試しください。 iPhone編 まずは端末の「設定」を開いて「Twitter」へとお進みください。 続いて「言語」へと進み、優先する言語を英語から日本語に切り替えてください。 これでアプリ内の言語が日本語表示に変わります。 iOSのバージョンが13以降であるにも関わらず、 「言語」がない場合は iPhoneの使用言語に日本語以外の言語を追加しましょう。 次に「ほかの言語」へと進み、「English」を選択して「日本語のまま」にします。 これで言語が切り替えられるようになります。 Android編 まずは「Settings(設定)」を開いて「System(システム)」へとお進みください。 PCから行う場合 PC版Twitterをご利用の場合は、まず画面左側の「More」をクリックして「Settings and privacy」へとお進みください。 英語表示になっている場合は、この項目がEnglishになっているので「Japanese-日本語」に変更して、最後に「Save」をクリックすれば日本語表示に変更されます。 まとめ 英語表示になったTwitterを日本語表示にする方法は以上です。 英語表示になる現象はPC版Twitterで多く見られ、急な出来事に焦ってしまうかと思うのですが、本記事の内容を参考にして冷静に対処していただければ幸いです。

次の

Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

ツイッターセンシティブ解除英語

続いて「Language」へと進みEnglishから「Japanese-日本語」に変更し「Save」を押せば日本語表示になります。 アプリから行う場合 Twitterの公式アプリから言語設定を変更することはできないので、 アプリ上の言語が英語で表示されているということは端末側の設定が英語になっているということを意味しています。 ですので、以下の解説のように端末の言語設定を変更するようにしてください。 端末側の設定が日本語であるにも関わらず、アプリが英語表示になる場合は再起動や再インストールをお試しください。 iPhone編 まずは端末の「設定」を開いて「Twitter」へとお進みください。 続いて「言語」へと進み、優先する言語を英語から日本語に切り替えてください。 これでアプリ内の言語が日本語表示に変わります。 iOSのバージョンが13以降であるにも関わらず、 「言語」がない場合は iPhoneの使用言語に日本語以外の言語を追加しましょう。 次に「ほかの言語」へと進み、「English」を選択して「日本語のまま」にします。 これで言語が切り替えられるようになります。 Android編 まずは「Settings(設定)」を開いて「System(システム)」へとお進みください。 PCから行う場合 PC版Twitterをご利用の場合は、まず画面左側の「More」をクリックして「Settings and privacy」へとお進みください。 英語表示になっている場合は、この項目がEnglishになっているので「Japanese-日本語」に変更して、最後に「Save」をクリックすれば日本語表示に変更されます。 まとめ 英語表示になったTwitterを日本語表示にする方法は以上です。 英語表示になる現象はPC版Twitterで多く見られ、急な出来事に焦ってしまうかと思うのですが、本記事の内容を参考にして冷静に対処していただければ幸いです。

次の