伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ。 さよならの今日に(あいみょん) / コード譜 / ギター

さよならの今日に

伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ

あいみょん 『さよならの今日に』。 現在YouTubeではvery short movie が公開されています。 《それでもどこかで今も 求めているものがある》 過ぎ去った日々をやり直せたりなんかしないし、後悔しても何も変わらない。 それでもどこかで、此処にはない何かを必死に求めてしまう。 そんな私たちは一体明日をどう生きればいいんだろう。 そんな誰しもが他人事にはできない、答えの無い問いをふと投げかけたあいみょんらしいナンバーです。 ここでは歌詞に注目して楽曲の魅力を紐解いていければと思います。 歌詞解釈 1番 泥まみれの過去が纏わり付く日々だ 鈍くなった足でゴールのない山を登る 恋焦がれたこと 夢に起きてまた夢みたこと これまでを切り取るように頭の中を巡る 人はいつだって、 過去の思い出や トラウマに囚われながら今を生きています。 あの日の恋を振り返り、昔の夢を掘り起こしては、無性に懐かしくなったり時には後悔したり。 もしもあの時に戻れたら。 そして歳を重なるにつれ振り返るべき過去は大きくなっていき、今の私たちに纏わりついてきます。 そんな日々鈍くなっていくこの足で、私たちは人生を歩んでいくのです。 明日が来ることは解る 昨日が戻らないのも知ってる できればやり直したいけれど 切り捨てた何かで今があるなら 「もう一度」だなんてそんな我儘 言わないでおくけどな さよならの今日に あいみょん 彼女の楽曲は、ありもしない理想を追いかけたりはしません。 《明日が来ることは解る 昨日が戻らないのも知ってる》。 誰かに言われるまでもなく、過去が戻らないなんて現実はわかっているんです。 もしできることならもう一度今日をやり直したい。 だけど、何かを切り捨てた過去があるから今があるというのなら、やり直したいなんてのは我儘だ。 私たちは理屈ではそんなことわかっています。 しかしそれでも過去を悔やんでしまうのが人間というものです。 それでもどこかで今も 求めているものがある 不滅のロックスター 永遠のキングは 明日をどう生きただろうか さよならの今日に あいみょん たとえ明日が来ることを解っていても、昨日が戻らないことを知っていても、それでもどこかで 求めているものがあるのです。 もしもあの時ああしていれば。 あの頃にもう一度戻れたら。 切り捨てた何かを今日も私たちは悔やみ続けています。 《切り捨てた何かで今があるなら「もう一度」だなんてそんな我儘 言わないでおくけどな》 だけど切り捨てた何かで今があるなんて思えない自分がどこかにいるから、こんな我儘を今日も言ってしまうのです。 彼女の憧れの象徴です。 ただし《明日をどう生きただろうか》という歌詞からも読み取れるように、今はもう墓の中。 《永遠のキング》も同様に、きっと今は亡き英雄なのでしょう。 そんなスターたちは、明日をどう生きたのだろう。 誰に尋ねるわけでもなく、ふとそんなことを考えてみるのです。 2番 傷だらけの空がやけに染みてく今日 鈍くなった足で河川敷をなぞり歩く 荒んだ心のように荒れた空模様を見て、やけにセンチメンタルになる今日という日。 もしも生まれてきた時の真っ新な心だったなら、そんな空を見てもきっと何も感じないはずです。 心が荒むような 辛い過去があるからこそ、そんな空模様が心に染みるのです。 日々鈍くなっていくその足で、今日も河川敷をなぞり歩きます。 絶えず新たな水が流れ、元の水が流れることなどない川と、戻ることなどできない人生を重ね合わせているのかもしれません。 涙が出ることはわかる 気持ちが戻らないのも知ってる それならやめてしまいたいけれど 辛いことがあれば涙が出る。 恋が冷めてしまえば気持ちが戻ることはない。 私たちはとっくにそんなことわかっています。 わかっているから、それならいっそやめてしまいたい。 つらい経験を伴う挑戦も、誰かを愛することも、明日を生きることもやめてしまいたい。 《それならやめてしまいたいけれど》 そうは思っているけれど、やめることもできないのが人間です。 殘された何かで今が変わるなら 「もう一度」だなんてそんな情けは 言わないでおくけどな それでもどこかで今も望んでいることがある 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつは 明日をどう乗り越えたかな Ah.... 過去の辛い思い出で今が変わるとは信じきれない。 いっそ全てをやめてしまいたい。 そうわかっているけれど、 それでも何かを望んで生きてしまう自分がいるのです。 いつかは後悔することになるとわかっていても、何かを追い求めている自分がいるのです。 伝説のプロボクサー。 謎に満ちたあいつ。 一体彼らは、この葛藤の中で明日をどう乗り越えたんだろう。 答えのなどどこにも無い問いを必死で追いかけています。 3番 吹く風に任せ 目を閉じて踊れ 甘いカクテル色の空を仰げ そんな声が聞こえる 吹く風に身を任せろ。 目を閉じて踊れ。 難しいことなんて考えず、過去なんか悔やんでないで、もっと甘い未来を見つめていこう。 そんな声がどこからか聞こえてきます。 きっとこれが すべての答え。 そうやってあっけらかんに生きていれば、きっと傷つくことなんてないのです。 だけどすべてを諦めきることなどできないのが私たち人間。 切り捨てた何かを拾い集めても もう二度と戻ることはないと 分かっているのにな もう切り捨ててしまった過去をどれだけ悔やんだって、必死に拾い集めたって、もう元になんか戻りません。 そんなこと諦めて、吹く風に身を任せてやれば楽に生きられる。 そんなこともう分かっているんです。 だけど、 過去を悔やむことをやめることなどできるはずがないのです。 切り捨てた何かで今があるなら 「もう一度」だなんてそんな我儘 言わないでおくけどな それでもどこかで今も求めているものがある 不滅のロックスター 永遠のキングは 明日をどう生きただろうか 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつは 明日をどう乗り越えたかな 風の吹くまま生きることも、過去に意味を見出すこともどうしてもできず、どこかで今も過去を追い求めてしまう。 やめることもできず、また今日という日が終わっていってしまう。 こんな私は、 一体明日をどう生きていけばいいのだろう。 どう乗り越えればいいんだろう。 あの英雄たちは、謎に満ちたあいつは、一体どうしていたのだろう。 さよならの今日に、1日の終わりに、そんなどうしようもない問いを彼女は投げかけているのです。 感想・まとめ 人間の 人間らしい感情がありのまま描かれた、いかにもあいみょんらしい楽曲です。 過去が戻らないのなんて知ってる。 切り捨てた何かで今がある。 だからもう一度あの時に戻れたら、なんてのはきっと我儘だ。 だけどそれでも、私たちはどこかで求めてしまうのです。 もしあの時ああしていれば。 もしもあの時勇気があれば。 切り捨てた何かを、これから切り捨てるかもしれない何かを、私たちは必死に追い求めています。 『さよならの今日に』は 「news zero」エンディングテーマ。 番組で曲に乗せ、ニュース映像が流れると私は胸が締め付けられます。 大切な人の死を悲しむ人々。 取り返しのつかない罪を犯した人気女優。 どうしても考えてしまうのです。 もしこんなことが起こっていなければ。 もしもう一度今日をやり直せたら。 そんな願いは我儘だってわかっているけれど、考えずにはいられないのです。 私たちが願おうと願うまいと、明日は必ずやってきます。 そしてどれだけ必死に願おうと、昨日は二度と戻っては来ません。 そんなこととうに解っています。 憧れ続けたあのロックスターは、民衆を導いたあのキングは、一体明日をどう生きたんだろう。 『さよならの今日に』。 今日という一日の終わりに、彼女はそう投げかけています。 決して他人事ではなく、他でもないあなたに、そう問いかけているのです。 おすすめ記事はこちら ご意見・ご感想はお気軽にコメントください zz-1.

次の

DIGITAL SINGLE「さよならの今日に」|あいみょん OFFICIAL SITE

伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ

3か月に及ぶ自身最大規模の全国ツアー「AIMYON TOUR 2019 —SIXTH SENSE STORY-」を全公演ソールドアウトで走り抜けたあいみょん。 ホールやアリーナならではの照明や映像演出もさることながら、ライブ中盤ではステージに一人残って弾き語りでじっくりと歌を聴かせ、後半では一転して広いステージを駆け回り、ロックスターのようなパフォーマンスを見せる場面もあったりと、アーティストとしての確かな成長を刻むツアーとなった。 あいみょん:全国各地一本一本全然違うライブができたなって。 一期一会を大事にして、その日にしかできひんライブをっていうのは常に思ってるので、それをお客さんみんなが楽しんでくれたら何より。 でも、不思議な感じもします。 ライブ終わった後にみんながタグ付けしてくれてるのを見に行くと、いろんな世代の人が「あいみょんのライブが~」って書いてくれてて、すごいことやなって思うし、ホントにありがたいなって。 これだけ大きいツアーは初めてだったし、「とりあえず、やったことないことをやってみよう」っていう感じで、ホールはホール、アリーナはアリーナで自分に合ったやり方を探って、いろいろ気付きはあったんですけど……やっぱり私は歌を歌うことしかできないから、もっともっと上手く歌いたい。 パフォーマンス的なことよりも、感動してもらえる歌を歌うことが私にとっては一番やなって、それは日々思ってます。 「ニュースを『じぶんごと』に」という番組テーマを元に書き下ろされた一曲で、「サブスクの女王」とも言われるあいみょんだが、配信オンリーのシングルは意外にも初となる。 あいみょん:ニュースってどうしても「ひとごと」になってしまいがちだから、「ニュースを『じぶんごと』に」っていうテーマはめちゃめちゃいいなって。 ただ、今回は書き下ろしだけど書き下ろしじゃない感じっていうか、ドラマや映画みたいに台本があるわけじゃないから、ホンマに素直に、今の自分の感じを書かせてもらって、ひさびさにこういう曲が出せて嬉しいです。 渋谷駅桜丘口地区の再開発エリアを舞台に撮影されたミュージックビデオや、鋭い眼光を全面にフィーチャーしたアートワークも含め、決してただポップなだけではない、あいみょんが持っているエッジーな側面を改めて伝える仕上がりとなっている。 あいみょん:ギターがジャキジャキしたロックっぽい感じがいいなっていうのは最初から考えてました。 「さよなら」がテーマだから、最後はフェイドアウトにして消えていく感じにしたり、ストリングスに関してもいろいろ注文させてもらって、レコーディングはめっちゃ楽しかったです。 わりと温度感がずっと低めで、その感じもいいなって。 <切り捨てた何かで今があるなら/「もう一度」だなんて/そんな我儘 言わないでおくけどな/それでもどこかで今も求めているものがある>というサビの歌詞からは、ニュースで切り取られる「今日」に簡単にはさよならを言うことができずに、どうしても過去に捉われてしまう心情が浮かぶ。 あいみょん:私たちは日々何かを切り捨てて生きてるじゃないですか?同時に誰かからご飯に誘われて、片方を断った結果、鬼つまんない方に行っちゃって、「あっちを選んでたらどうなったかな?」とか思うのって、「選んだの自分自身じゃん」ってわかりつつ、それでも「もう一回あの分かれ道に戻れたらな」と思ってしまう。 同じように「音楽の道を選んでなかったら、どうなってたかな?」って思ったときに、自分が憧れてたロックスターとか、かっこいい人たちだったら、どういう選択をしてたのかなって……メジャーデビューから3年経って、「これでいいのかな?」って思ったりすることもあるし、みんな明日をどうやって生きようと思ってるんやろうなって。 <不滅のロックスター/永遠のキングは/明日をどう生きただろうか><伝説のプロボクサー/謎に満ちたあいつは/明日をどう乗り越えたかな>という印象的なラインは、「思うがままに書いたらこうなった」とのことだが、あいみょんがかねてより「憧れ」と公言するアーティストからの影響が反映されているようだ。 あいみょん:「永遠のキング」は私の中ではマイケル・ジャクソンで、「謎に満ちたあいつ」はうっすら尾崎豊なんですけど、「不滅のロックスター」は特に誰っていうのはないです。 「伝説のプロボクサー」も、プロボクサーってヒーローっぽいから書いただけで、特に誰っていうのはなくて。 ちなみに、「明日」というキーワードから、「<伝説のプロボクサー>は矢吹丈(『あしたのジョー』の主人公)なのでは?」という指摘には、「全く意識してなかった」という。 あいみょん:ミュージックビデオの最後で椅子に座ってるのも『あしたのジョー』を意識したわけじゃなくて、私の中ではホアキン・フェニックスだったんですよ(笑)。 まあ、どっかヒリヒリしてたいんでしょうね。 みんなに緊張感を与えたい。 ボクシングも、ヒリヒリするじゃないですか?自分もみんなをヒリヒリさせたいし、何かざわつく感じを与えたい。 鳥肌が立つ、涙が出る、モヤモヤする……何でもいいから、聴く人の中に何か変化があればそれでいいんです。 「感動してもらえる歌を」というあいみょんの想いをよりストレートに、生々しく体験できる、絶好の機会になるはずだ。 あいみょん:弾き語りツアーは私が「やりたい」って言って組んでもらったんです。 「ツアーを組んでください」なんて、これまで一回も言ったことなかったし、正直前までは弾き語りのワンマンってあんまり好きじゃなかったんですよ。 武道館に関してはやりたくてやったんですけど、そもそもはあんまり好きじゃない。 「飽きさせてしまうんじゃないか?」とか、いろいろ考えちゃうんで。 でも、最近はずっとバンドセットだったせいか、今は弾き語りがめちゃめちゃ楽しみなんです。 まあ、あんまり気張り過ぎるのも好きじゃないんで……「集い」みたいな感じっていうか。 ナチュラルな感じで、でも歌はしっかり歌いたいなって思います。

次の

さよならの今日に(あいみょん) / コード譜 / ギター

伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ

3か月に及ぶ自身最大規模の全国ツアー「AIMYON TOUR 2019 —SIXTH SENSE STORY-」を全公演ソールドアウトで走り抜けたあいみょん。 ホールやアリーナならではの照明や映像演出もさることながら、ライブ中盤ではステージに一人残って弾き語りでじっくりと歌を聴かせ、後半では一転して広いステージを駆け回り、ロックスターのようなパフォーマンスを見せる場面もあったりと、アーティストとしての確かな成長を刻むツアーとなった。 あいみょん:全国各地一本一本全然違うライブができたなって。 一期一会を大事にして、その日にしかできひんライブをっていうのは常に思ってるので、それをお客さんみんなが楽しんでくれたら何より。 でも、不思議な感じもします。 ライブ終わった後にみんながタグ付けしてくれてるのを見に行くと、いろんな世代の人が「あいみょんのライブが~」って書いてくれてて、すごいことやなって思うし、ホントにありがたいなって。 これだけ大きいツアーは初めてだったし、「とりあえず、やったことないことをやってみよう」っていう感じで、ホールはホール、アリーナはアリーナで自分に合ったやり方を探って、いろいろ気付きはあったんですけど……やっぱり私は歌を歌うことしかできないから、もっともっと上手く歌いたい。 パフォーマンス的なことよりも、感動してもらえる歌を歌うことが私にとっては一番やなって、それは日々思ってます。 「ニュースを『じぶんごと』に」という番組テーマを元に書き下ろされた一曲で、「サブスクの女王」とも言われるあいみょんだが、配信オンリーのシングルは意外にも初となる。 あいみょん:ニュースってどうしても「ひとごと」になってしまいがちだから、「ニュースを『じぶんごと』に」っていうテーマはめちゃめちゃいいなって。 ただ、今回は書き下ろしだけど書き下ろしじゃない感じっていうか、ドラマや映画みたいに台本があるわけじゃないから、ホンマに素直に、今の自分の感じを書かせてもらって、ひさびさにこういう曲が出せて嬉しいです。 渋谷駅桜丘口地区の再開発エリアを舞台に撮影されたミュージックビデオや、鋭い眼光を全面にフィーチャーしたアートワークも含め、決してただポップなだけではない、あいみょんが持っているエッジーな側面を改めて伝える仕上がりとなっている。 あいみょん:ギターがジャキジャキしたロックっぽい感じがいいなっていうのは最初から考えてました。 「さよなら」がテーマだから、最後はフェイドアウトにして消えていく感じにしたり、ストリングスに関してもいろいろ注文させてもらって、レコーディングはめっちゃ楽しかったです。 わりと温度感がずっと低めで、その感じもいいなって。 <切り捨てた何かで今があるなら/「もう一度」だなんて/そんな我儘 言わないでおくけどな/それでもどこかで今も求めているものがある>というサビの歌詞からは、ニュースで切り取られる「今日」に簡単にはさよならを言うことができずに、どうしても過去に捉われてしまう心情が浮かぶ。 あいみょん:私たちは日々何かを切り捨てて生きてるじゃないですか?同時に誰かからご飯に誘われて、片方を断った結果、鬼つまんない方に行っちゃって、「あっちを選んでたらどうなったかな?」とか思うのって、「選んだの自分自身じゃん」ってわかりつつ、それでも「もう一回あの分かれ道に戻れたらな」と思ってしまう。 同じように「音楽の道を選んでなかったら、どうなってたかな?」って思ったときに、自分が憧れてたロックスターとか、かっこいい人たちだったら、どういう選択をしてたのかなって……メジャーデビューから3年経って、「これでいいのかな?」って思ったりすることもあるし、みんな明日をどうやって生きようと思ってるんやろうなって。 <不滅のロックスター/永遠のキングは/明日をどう生きただろうか><伝説のプロボクサー/謎に満ちたあいつは/明日をどう乗り越えたかな>という印象的なラインは、「思うがままに書いたらこうなった」とのことだが、あいみょんがかねてより「憧れ」と公言するアーティストからの影響が反映されているようだ。 あいみょん:「永遠のキング」は私の中ではマイケル・ジャクソンで、「謎に満ちたあいつ」はうっすら尾崎豊なんですけど、「不滅のロックスター」は特に誰っていうのはないです。 「伝説のプロボクサー」も、プロボクサーってヒーローっぽいから書いただけで、特に誰っていうのはなくて。 ちなみに、「明日」というキーワードから、「<伝説のプロボクサー>は矢吹丈(『あしたのジョー』の主人公)なのでは?」という指摘には、「全く意識してなかった」という。 あいみょん:ミュージックビデオの最後で椅子に座ってるのも『あしたのジョー』を意識したわけじゃなくて、私の中ではホアキン・フェニックスだったんですよ(笑)。 まあ、どっかヒリヒリしてたいんでしょうね。 みんなに緊張感を与えたい。 ボクシングも、ヒリヒリするじゃないですか?自分もみんなをヒリヒリさせたいし、何かざわつく感じを与えたい。 鳥肌が立つ、涙が出る、モヤモヤする……何でもいいから、聴く人の中に何か変化があればそれでいいんです。 「感動してもらえる歌を」というあいみょんの想いをよりストレートに、生々しく体験できる、絶好の機会になるはずだ。 あいみょん:弾き語りツアーは私が「やりたい」って言って組んでもらったんです。 「ツアーを組んでください」なんて、これまで一回も言ったことなかったし、正直前までは弾き語りのワンマンってあんまり好きじゃなかったんですよ。 武道館に関してはやりたくてやったんですけど、そもそもはあんまり好きじゃない。 「飽きさせてしまうんじゃないか?」とか、いろいろ考えちゃうんで。 でも、最近はずっとバンドセットだったせいか、今は弾き語りがめちゃめちゃ楽しみなんです。 まあ、あんまり気張り過ぎるのも好きじゃないんで……「集い」みたいな感じっていうか。 ナチュラルな感じで、でも歌はしっかり歌いたいなって思います。

次の