排水管 つまり ワイヤー 使い方。 DIYで解消する排水つまり・排水管つまり

流しのつまりを一瞬で解消する5つの簡単な方法

排水管 つまり ワイヤー 使い方

排水パイプの洗浄器具には、いくつかの種類があります。 その特徴を知っておき、詰まった排水管に一番適したものを選んで使うようにしましょう。 1-1.ラバーカップ 主にトイレのつまりに使用される事が多いラバーカップ。 スッポンとも呼ばれますが皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?学校のトイレなどに置いてあったと思います。 実はラバーカップはトイレ以外の排水溝の詰まりを取り除く道具としても使われます。 使い方 ゴム製の半球形のカップを排水溝にぴったり当てて使います。 このとき、カップの上くらいまで水が溜まった状態でないと効果が出ないので、水が引いている場合は、水を溜めてから使いましょう。 そのうえで、押し付けるときはゆっくり グッーと、引き上げるときは ポンと一気に力を入れるのがコツです。 その動作を何度か繰り返し行うと、水が引き上げられる力で、詰まっている物の位置がずれたり、吸い上げられたりして詰まりが解消されます。 なお、カップは、特大、大、小などサイズがあります。 排水溝のサイズにあったものを選ぶと作業が効率よくできます。 又、トイレ用には洋式タイプと言われる形が違うものがあります。 詳しくはやを参考にするといいでしょう。 1-2.真空式パイプクリーナー 真空式パイプクリーナーも同様にトイレのつまりで使用される道具の一つです。 ラバーカップよりも強力な力で吸い上げる為、これ一つで直ってしまうことが多いです。 詰まりを直す原理はラバーカップと同じですが、ポンプを使うことで、より強力な吸引力と押し上げ圧力がかかり、効果は抜群。 ラバーカップでは直らなかった詰まりが真空式パイプクリーナーを使うと一発で直ってしまうこともあります。 また、色々なメーカーから発売されていますが太陽プレス工業の製品の場合、サイズは4種類あります。 おすすめとしては、No81-Aタイプ。 これは直径110mmのカップとカップの中が丸く飛び出していて小さな排水溝にぴったり合う直径70mmのカップが付いていて、取り替えて使うことが出来るようになっています。 また、カップの直径が170mmのNo81-Lは、トイレにも使えるタイプです。 カップを洗って使えばよしとすれば、他の排水溝と兼用することもできます。 ただし、このサイズは洗面所の排水溝には大きすぎる場合があります。 使い方 使い方は、本体に排水溝に合ったカップを取り付け、ラバーカップと同じように水を溜めた状態にしてから、カップを排水溝にぴったりと当てます。 ハンドルをグッと押すと水圧がかかり、力を入れて引くと水が勢いよく引き上げられます。 キッチンのシンクのつまりに使う場合は、バスケットや椀など部品を全てとってから、直径70mmのカップを直接排水溝に当てて使います。 また、シンクに水を溜めて直径100mmのカップを使うことも出来ます。 この場合も、椀など部品はすべて外してから使いましょう。 1-3.ワイヤー式パイプクリーナー ワイヤー式パイプクリーナーは、ワイヤーの先端にらせん状のヘッドが付いているものです。 パイプに沿って入っていき、つまり部分に到着すると詰まっているゴミなどをヘッドで引っ掛けて取り除くことが出来るようになっています。 ワイヤーの長さは色々ありますが、家庭用ならば2~3mあれば十分です。 なお、ワイヤー式パイプクリーナーには、ブラシ付きのもの、ワイヤーが収納式になっているものがあります。 また、ハンドルの形状はメーカによって異なりますが、使い方は基本的に同じです。 でも紹介していますが排水溝であれば、殆どがこれで直すことができます。 使い方 1.ビニールシートのほか、使い捨ての雑巾や布、新聞紙などを多めに用意し、ビニール手袋をしてから作業を始めます。 2.ワイヤーに付いている固定ネジを緩めてから、手で排水溝からゆっくり入れていきます。 ワイヤーが入りにくくなったり、進まなくなったところが詰まっている箇所と考えられます。 3.ワイヤーの進みが悪くなったら、排水溝から3~5cmのところに、ハンドルの先が来るようにしてワイヤー固定ネジを締めます。 その後、クランクハンドルをまわして、ワイヤーを回転させます。 4.ハンドルを数回まわしたら、ワイヤーを引き抜きます。 このとき、雑巾を持った手でワイヤーを軽く握り、もう一方の手でワイヤーを引き抜くようにして、ワイヤーに付いた汚れを拭き取りながら抜いていきます。 ワイヤーが全て出たら、ヘッド部分に付いた汚れも拭き取りましょう。 5.最後に水を少しずつ流して、詰まりが解消されたかどうか、確認します。 1-3-1.ワイヤー式パイプクリーナー(収納式)の使い方 収納式は、ワイヤーが本体の中に巻き込まれているので、ハンドルを回すときにワイヤーが暴れず、保管しやすいのが利点です。 また、ヘッドはドロップヘッドといって直角に曲がるようになっているので、曲がりの強い排水管にも入りやすくなっています。 このタイプも固定ネジを緩めた状態で排水溝に差し入れ、ワイヤーが入りにくくなったら、固定ネジを締めてからハンドルを回して押し入れ、汚れを拭き取りながら抜いて、再度、押し入れるを何度か繰り返します。 1-3-2.使用後の片づけ方 使い終わったワイヤーは、使い捨てのスポンジやボロ雑巾などに洗剤をつけてきれいに洗ってから、よく乾かしましょう。 最後に、防錆潤滑剤をスプレーしてからしまいます。 収納式タイプも同じようにしまいましょう。 2.まとめ.

次の

配管・排水管の詰まりを解決するプロの道具と技術

排水管 つまり ワイヤー 使い方

その場合は、まずは、専門業者さんを呼ぶことを前提に考えた方がいいです。 ただ、私の経験でも、お風呂場の排水が全く流れなくなったときに、業者さんにお願いして高圧洗浄したのですが、合計で5万円程かかった経験があります。 それぐらいはかかるという可能性があることを、まず認識しておいたほうがいいでしょう。 そんな覚悟を持った上で、自分でやれることを試してみて、うまくいけばラッキー、だめならすぐに業者さんを呼ぶようにするぐらいの気持ちでやることをおすすめします。 つまり、自分でやる場合は、駄目もとの気持ちでやりましょう。 それぐらいのほうが気が楽ですよ。 その際の自分で扱うことのできる道具を、3つおすすめしましょう。 一つ目は、加圧空気で汚物を一気に押し流してしまうことのできる道具です。 ここでは、「加圧式」と呼びます。 下水枡とは、家の排水口から配管が公共の下水本管へ繋がっていますが、その途中に中継する30cmくらいのコンクリート製の四角い排水枡や、直径30cmぐらいの樹脂製の円形の排水枡のことですね。 一度も中を見たことのない人も多いと思いますが、排管管が詰まったと思ったら、まず、この排水枡を確認しましょう。 もし、排水枡に油や汚物等が堆積して水が流れなくなっているようなら、この堆積物を取り出して、排水枡を清掃する必要がありますね。 排水枡に問題がなくて、家の排水口から水が流れないということは、家の台所やお風呂場の排水口から、この排水枡までの間の配管がどこかで詰まっていることになります。 それでは、その排水管の詰まりを自分で取り除いてみましょう。 「加圧式」のパイプクリーナーの正しい使い方とは? 以前、私がお風呂場の排水が詰まって業者さんにお願いしたときは、高圧洗浄機で配管の詰まりを除去していました。 あの強力な高圧洗浄機の機能を家庭で簡単に使えるようにしたのが、この「加圧式」です。 圧縮空気を溜めて、それを一気に吐き出すことによって、高圧エアーで詰まりを解消するという物です。 使い方は簡単で、まず、加圧ポンプを前後に10回程動かして加圧します。 次に、排水口に合った先端ゴムを取り付けて、排水口にピッタリと隙間なく押し付けます。 最後に、トリガーを引くと、エアーが勢い良く飛び出して、詰まりを押し込んで解消します。 この方法は、手を汚さずに汚物を見ることも触ることもなく、超簡単というところが最大の特徴ですね。 一方、ちょっとしつこい詰まりには限界もありますので、普段からちょっと臭いがするとか、少し流れが悪くなってきたというときに、早めの段階で使うのがおすすめです。 超簡単なだけに、効果もそれなりっていうところですね。 スポンサードリンク 「真空式」のパイプクリーナーの正しい使い方とは? やっぱりトイレの詰まりといえば、昔から「ラバーカップ」が一般的ですね。 ラバーカップの使い方のコツは、詰まったものを為に引っ張り出すことなんですね。 ですから、便器の排水口のところを覆うようにしてラバーカップの吸盤を合わせてから、ゆっくりとカップを潰していって、しっかりと潰れたら、そこから一気に引っ張り上げて真空引きをするわけです。 ちょっとした詰まりなら、ラバーカップでも貫通しますが、これをもっと高性能にしたのが「真空式」のパイプクリーナーですね。 これの使い方もラバーカップと同じですが、パイプクリーナーを排水口の穴にピッタリとスキマがないように強く押し付けて、その状態のままで、ハンドルレバーを勢い良く引き上げます。 よくある間違いは、ハンドルレバーを引く時に本体も一緒に引き上げてしまうことですが、本体はあくまでも排水口に押し付けつつ、レバーだけを引き上げることがコツですね。 何度か押し引きをすると、抵抗がなくなって、詰まりが抜けたのがわかります。 この「真空式」の場合は、排水口の形状に隙間なくフィットするのであれば、トイレでも台所でもどの排水口でも使えるので、とっても便利です。 もし、この方法でも詰まりが取れない場合には、最後の手段の「ワイヤー式」のパイプクリーナーを試すしかありませんね。 「ワイヤー式」のパイプクリーナーの正しい使い方とは? ワイヤー式の場合は、ワイヤーの長さがどれ位必要かということになりますが、自宅の排水口から下水枡までの距離をざっくりと目測で測って決めます。 通常の場合なら、大体、3~5m程度で充分だと思いますね。 10mのものもありますが、とても使い難いので、もし、10mぐらい先が詰まっているようなら、それは業者さんにお願いしたほうがいいでしょう。 ワイヤーの先端には、らせん状のヘッドが付いていて、それでゴミを引っ掛けて取り出すというものですね。 便器に使うと、便器を傷を付けてしまうこともあるので、基本は台所の流し台や洗面所やお風呂の排水管に使うほうがいいでしょう。 特に、台所から流れ出る排水には油分も多く、配管の中が汚れやすいので、この「ワイヤー式」がおすすめですね。 ワイヤー先端にブラシが付いているタイプもありますが、らせん状の針金がついているほうがしつこい詰まりには向いています。 ブラシでは先に進めなくなったら、それ以上いけなくなってしまいますからね。 また、大切なのはワイヤー自身の剛性ですね。 このワイヤーの剛性がある程度ないと、詰まり部分をグイグイを押せません。 フニャフニャなワイヤーでは、詰まり部分にグイグイねじ込んでいけないんですね。 さて、使い方ですが、まず、これを使うときは2人で作業したほうが楽ですので、だれかに手伝って貰うことをおすすめします。 ワイヤーはまっすぐにピンと張った状態にしてワイヤーを時計回りの方向に回す必要があります。 そうすることで、ワイヤーが回って、先端のらせん部がドリルのように、詰まりにゴリゴリと先端部分をねじ込んで行けます。 まず、1人はワイヤをまっすぐに張りつつワイヤを回します。 そして、もう1人はワイヤを排水口から入れていって先端の手応えを感じながら出し入れの操作をします。 配管が詰まっていると、そこで前に進まなくなりますね。 ここからが勝負です。 ワイヤを回しながら、ワイヤを入れたり出したりして、しつこく何度も続けます。 そのうちにスポーンと抜けたら、先へ進む、という具合です。 一つの詰まりだけでなく、何箇所もある場合もあるので、要注意です。 全ての詰まりが抜けたと思ったら、水を少し流してみて、貫通していることを確認して、完了ということになりますね。 なお、作業する前にはピーピースルーなどで、ある程度、汚物の溶かせる部分は溶かしておくことも、作業の手助けになるでしょう。 また、作業するときは、結構汚れるので、それなりの服装と雑巾やタオルを沢山用意して、廻りも汚れが飛び散っても大丈夫なように養生してから、始めましょうね。 これでも、詰まりを解消できないときは、やっぱり業者さんにお願いして、高圧洗浄機で一気に綺麗にしてもらうしかないでしょうね。 トイレの詰まりに最適ですね。 台所の詰まりに最適ですね。 2人作業で効率的に行いましょう。 これで、効果がなければ専門業者さんを呼びましょう。

次の

排水管の詰まりを自分で解消する方法!洗浄剤とカップとワイヤーで!

排水管 つまり ワイヤー 使い方

排水溝つまりのトラブルで困っていませんか? 台所、お風呂場、洗面所など、水まわりの設備には排水溝が設置されていますが掃除をきちんとしていてもつまってしまうことはありますよね。 また、そういったつまりを直そうと思っても専用の道具がなくて諦めたり、自分でどうやって直したらいいのかわからなくて水道業者にいきなり電話してしまうという人も多いと思います。 しかし、軽度な排水溝つまりであれば専用の道具がなくても自分で簡単につまりを直せてしまうこともあります。 とはいえ、何を使ってどのように直したらいいのかわかりませんよね。 そこで今回は、台所、お風呂場、洗面所などの排水溝つまりを自分で直す方法や水道業者に依頼した場合の料金などをご紹介したいと思います。 【目次(ここをクリックで移動します)】• 台所の排水溝つまりの原因 まずはじめに、台所の排水溝つまりの原因が何なのか分からないという人に向けて「台所の排水溝つまりの原因」についてご紹介しておきたいと思います。 排水溝つまりの原因はいろいろありますが、主に下記のことが原因でつまりが発生します。 【排水溝つまりの原因】• ・植物油脂や動物油脂• ・洗剤や石鹸カス• ・食材カスやヌメリ 日頃から排水溝や排水管の掃除をしていればつまりが発生する可能性は低くなりますが、年数が経過していると掃除をしていても長年蓄積したつまりが原因で水が流れなくなることはあります。 今回紹介する排水溝のつまりの直し方は、そういった蓄積したつまりなどにも有効ですので掃除をしているのにつまったという人も試してみてください。 また、排水溝以外にも床下の配管や排水枡などでつまりが起こっている可能性もあり、そういった場合は原因などが異なります。 調査のやり方などについては、下記記事で紹介しているので気になる人はチェックしてみてください。 台所の排水溝つまりの直し方 排水溝つまりを直す際は、ラバーカップなどの専用の道具を使った方法と家にあるものだけで直す方法とがあります。 やはり専用の道具を使った方が、つまり解消にかかる時間が少なく効果的です。 しかし、家にそういった道具を置いていないという人も多いですよね。 そこで今回は、専用の道具を使った方法だけでなく「家にあるものを使ったつまりの直し方」も一緒にまとめてご紹介したいと思います。 タオルとお湯を使った排水溝つまりの直し方 最初は、よく知られている「タオルとお湯を使った排水溝つまりの直し方」からご紹介したいと思います。 非常に簡単な方法で、道具もお湯とタオルだけですのですぐに試すことができますよね。 やり方 やり方は簡単で、下記の4つの手順通りに進めるだけです。 排水溝の排水トラップを外す• 排水管の入り口にタオルを詰める• シンクにお湯(50~60度)を貯める• タオルを一気に引き抜く 軽微なつまりであれば、上記の方法でつまりを解消することができます。 この方法で水が流れるようになれば、液体パイプクリーナーなどを使って徹底的につまりを溶かすといいでしょう。 ペットボトルを使った排水溝つまりの直し方 ラバーカップの代用品として使えるのが「ペットボトル」です。 使い方にすこしコツが必要ですが、その分つまり解消の効果も高いのが特徴です。 やり方 基本的にはペットボトルをペコペコとへこませるだけですが、少しコツが必要です。 排水溝の排水トラップを外す• 排水管とペットボトルの口をピッタリと合わせる• ペットボトルを何度かペコペコへこませる 大切なのは「排水管とペットボトルの口をピッタリ合わせる」ことです。 隙間ができてしまうと、上手くつまりが解消できないので注意しましょう。 「どうしても隙間ができる・へこませる時にペットボトルがずれる」といった場合は、ペットボトルのまわりに薄いタオルをまいておくと隙間が防げて安定するようになります。 針金ハンガーを使った排水溝つまりの直し方 油や洗剤カスのつまりが結晶化しているような場合は、針金ハンガーを使った排水溝つまりの直し方がおすすめです。 つまり解消専用の道具にパイプクリーナー(ワイヤーブラシ)というワイヤーの先端に金具がついた道具がありますが、針金ハンガーはその代用品になります。 やり方 簡単に説明すると、針金ハンガーを切って排水溝・排水管に突っ込むだけですので非常に簡単にできます。 針金ハンガーをペンチなどで切って、持ち手部分以外まっすぐにする。 排水溝の排水トラップを取り外す• 排水管にまっすぐにした針金ハンガーを入れる• 排水管内でつまりにぶつかったら、つまりを貫くようにハンガーを刺す• つまりに穴が空いた感触があれば水を流して確認する つまりが排水溝やシンク下の配管などの浅い部分で起こっていれば、この方法でつまりを解消することができます。 ただし、シンク下の排水枡に繋がる排水管などでつまりが起こっている場合はパイプクリーナー(ワイヤーブラシ)などの専用の道具が必要です。 重曹とお酢とお湯を使った排水溝つまりの直し方 排水溝の排水トラップ内での軽微なつまりの場合は、「重曹・お酢・お湯」を使った定番の掃除方法でもつまりを直すことが可能です。 重曹などは、ドラッグストアや100円ショップ、コンビニ・スーパーなどで誰でも手に入れられて家の掃除でいろいろと使えるので1個常備しておくのもおすすめです。 やり方 分量については、「重曹とお酢の割合が1:2」になれば問題ありません。 最初に、重曹を排水溝・排水トラップにふりかける• 次にお酢を重曹の2倍の量まんべんなくふりかける• お湯をお酢と同じくらいの量用意してかける• 1時間放置してから水を流す この方法で、汚れの蓄積による軽微なつまりは解消することができます。 重曹とお酢による除菌もできるので、掃除方法としてもおすすめです。 ラバーカップを使ったつまりの直し方 トイレなどで使うラバーカップは、台所でも使用することができます。 「ラバーカップをわざわざ買うのはもったいない気がするな~」 と思うかもしれませんが、ちゃんとしたつまり解消用の道具なので「解消までにかかる時間」「つまり解消の効果」は家にある道具を使ったときよりも上です。 また、多くの人がラバーカップの間違った使い方をしているので正しい使い方を知ってもらうためにも紹介したいと思います。 やり方 ラバーカップは、つまりを押し込むためではなく、引き抜くために使います。 やり方を知っていれば、力の弱い女性でも簡単につまりを解消できるのでやってみてください。 排水溝の排水トラップを取り外す• 排水溝をピッタリと塞ぐようにラバーカップを密着させる• 水が流れたら完了 定番のつまり解消道具ですが、その分効果はあります。 ちなみに、ラバーカップと同様の仕組みでより強力なつまり解消道具に「真空式パイプクリーナー」があります。 真空式パイプクリーナーを使った排水溝つまりの直し方 ラバーカップよりも楽に、そしてより強力なつまり解消道具が欲しい人に選ばれているのが「真空式パイプクリーナー」です。 ホームセンターやネットショップなどで誰でも購入でき、力も必要ないのでご高齢の方にもおすすめです。 やり方• 排水溝の排水トラップを取り外す• 真空式パイプクリーナーをぴったり排水溝に密着させる• レバーを何度か上げ下げする• 排水溝から真空式パイプクリーナーを引き上げる• 水が流れるまで繰り返す ラバーカップを使うよりも、真空式パイプクリーナーのレバーを上げ下げする方が力が必要ないので楽です。 ただし、つまりが排水管の奥の方で起こっている場合は効果が薄いため、パイプクリーナー(ワイヤーブラシ)の方がおすすめです。 パイプクリーナー(ワイヤーブラシ)を使った排水溝つまりの直し方 キッチンのシンク下の配管よりも更に奥の排水管でつまりが起こっている場合は、パイプクリーナー(以下ワイヤーブラシ)を使うことでつまりを解消できる可能性があります。 ワイヤーブラシも、ホームセンターやネットショップで購入することができますが「先端のブラシの形状」や「ワイヤーの長さ」が製品ごとによって違うので注意しましょう。 やり方 ワイヤーブラシの使い方は針金ハンガーで紹介した方法とほとんど同じです。 排水溝の排水トラップもしくは、シンク下の配管を取り外す• 排水管の中にワイヤーブラシの金具がついた方を入れる• ワイヤーブラシがつまりにぶつかったら、つまりに穴を空けるようにワイヤーブラシを押し込む• つまりに穴が空いたら、水が流れるか確認する(配管は元に戻す) 排水溝・排水管奥のつまりは、ワイヤーブラシを使うことで解消できますが、排水枡に近い場所や排水枡自体がつまっている場合は水道修理業者でトーラーや高圧洗浄、排水枡清掃などが必要になります。 台所排水溝のつまりを予防する掃除法 ここまで、台所の排水溝つまりの解消方法についてご紹介しましたが、できればつまりが起こる前に予防などをしておきたいですよね。 そこでおすすめなのが、「シンク下の配管を取り外しての清掃」です。 台所のシンク下の配管掃除のやり方 あなたは、シンク下の配管を取り外して掃除したことがありますか? 大掃除であっても、配管を取り外して掃除するという人はあまりいませんよね。 しかし、一度経験すると定期的にやりたくなるくらい簡単でキッチンをきれいに保つことができます。 配管に溜まった汚れから発生する悪臭なども防ぐことができるので、一度試してみてください。 配管の取り外し方 シンク下の配管掃除は、配管を取り外すことさえできれば後はブラシや洗浄液を使って簡単に掃除することができます。 【配管の取り外し方】• 新聞紙や雑巾を配管のまわりに敷いて、近くにバケツを準備する• 排水トラップと配管のつなぎ目にある大きなナットを手で回して外す• 床に埋まっている配管を上に引き上げて配管を取り外す• 配管内に溜まっている汚れはバケツに捨てて、後で可燃ごみに出す 配管は、シンク下の大きなナットで固定されているのでこれさえ外せば、後は床から配管を引き抜くだけで取り外すことができます。 ただし、輸入製品や一部のキッチンでは構造が違っていることもあるので取り外せない場合は無理に取り外すのはやめましょう。 楽に掃除したいときは液体パイプクリーナー 配管を取り外して丸洗いするのが一番効果的な掃除方法ですが、さすがに毎日は無理ですよね。 そういった場合は、ドラッグストアやスーパーで売られている「液体パイプクリーナー」を使うのがおすすめです。 液体パイプクリーナーの効果を最大限発揮する 液体パイプクリーナーを使う際に、排水溝の上からそのまま垂れ流しにしていませんか? もし、垂れ流しにしているのであれば液体パイプクリーナーの効果は半減しています。 液体パイプクリーナーの効果を最大限発揮したいときは、きちんと排水とラップを分解して配管に直接液体パイプクリーナーを流しいれましょう。 排水トラップが取り付けられたままだと、配管内に薬剤が少ししか流れず排水トラップばかりがきれいになってしまうので注意してください。 お風呂場の排水溝つまりの原因 お風呂場の排水溝がつまっている場合、まずユニットバスなのか戸建てで使われる在来工法なのかを確認しましょう。 ユニットバスは洗い場と浴槽の排水溝がつながっており、在来工法は洗い場と浴槽で排水溝が別々になっています。 簡単な見分け方ですが、排水溝が1つならユニットバス、排水溝が2つなら在来工法と覚えておくと簡単です。 ユニットバスなのか、在来工法なのか分かったら今度は排水溝つまりの原因を確認してみましょう。 【排水溝つまりの原因】• ・髪の毛などの体毛• ・洗剤や石鹸カス お風呂場の排水溝つまりのよくある原因が、上記2つです。 とくに、お風呂場の場合は髪の毛・体毛などが洗剤や石鹸カスでどろどろに溶けて固まるつまりが多いようです。 排水溝内でつまっているだけならいいですが、排水管までビッシリつまっているとつまり解消が難しくなるので日頃から予防・掃除を徹底したほうがいいでしょう。 また、お風呂場の排水溝から水が逆流してくるようなときは、排水枡など別の箇所で問題が起こっていることもあります。 もしも、水が逆流してくるという人は下記記事をチェックしてみてください。 お風呂場の排水溝つまりの直し方 お風呂場の排水溝つまりの直し方をご紹介したいと思います。 専用の道具を使った解消法と、スーパーやドラッグストアなどで手に入れられる道具を使った方法があるので自分が使えそうな解消法がないか探してみてください。 ラバーカップ(すっぽん)を使った排水溝つまりの直し方 最初に思いつかれるのが、「ラバーカップ(すっぽん)」を使った方法かと思います。 ラバーカップ(すっぽん)とは、トイレのつまりを直すときにも使われる棒の先端にゴムのカップがついたつまり解消用の道具です。 使い方は簡単で、排水口にカップを密着させて、ゆっくり押し付けて一気に引くだけです。 これで、排水口内のつまりが引っ張り上げられて水が流れていくようになります。 ちなみに、このラバーカップよりも更に強力な吸引力を持っているのが次に紹介する「真空式パイプクリーナー」です。 真空式パイプクリーナーを使った排水溝つまりの直し方 ラバーカップと同様に、筒の先端にゴムのカップがついているのが真空式ポンプです。 重曹とお酢とお湯を使った排水溝つまりの直し方 家に特に道具はないけれど、重曹とお酢がある場合。 そこに、お湯を加えると排水口のぬめりや汚れによるつまりを溶かすことができます。 分量は、重曹(カップ1)、お酢(カップ2)、お湯(蛇口から直接)です。 手順も簡単で、重曹を排水口に降りかけ、上からお酢を全体に回しかけます。 その後、1時間ほど放置したらお湯を蛇口やシャワーから直接かけてつまりや汚れを洗い流します。 排水口を直接触らなくていいので、楽ですよね。 しかし、排水トラップにつまりが起きている場合などは、やはり分解して掃除をしなければなりません。 その方法については、次で紹介いたします。 排水トラップを分解清掃する排水溝つまりの直し方 通常、排水管の入り口には排水トラップ(封水筒)と呼ばれる部品が被さっています。 この排水トラップ(封水筒)内にぬめりや汚れがついていると、つまりの原因となり、水が流れないといったトラブルが起こります。 そのため、この部分でつまりが起きている場合は排水トラップを分解して掃除をしなければなりません。 とはいっても、単純な構造をしているのでゴム手袋とスポンジ、洗剤があれば掃除ができます。 排水口には、カバー、ヘアキャッチャー、排水トラップ(封水筒)の3つの部品が入っています。 カバーの取り外しは持ち上げるだけです。 ヘアキャッチャーと排水トラップ(封水筒)は、反時計回りに回すと外すことができます。 カバーとヘアキャッチャーはもちろん、排水トラップも普段掃除ができない裏側までスポンジで綺麗に磨いてください。 また、排水トラップを取り外した後の排水口内部にも汚れが溜まっているので、掃除用ブラシやスポンジを使って汚れを落とすと完璧です。 排水トラップを分解して掃除をすると軽度なつまりの症状は改善されます。 しかし、排水口の奥の排水管部分まではスポンジなどを突っ込んで掃除することはできませんよね。 そういった場合は、次に紹介する液体パイプクリーナーを使うといった方法があります。 液体パイプクリーナーを使った排水溝つまりの直し方 使い方は簡単で、排水トラップを分解して排水管に直接液体パイプクリーナーを流しいれるだけです。 使用する液体パイプクリーナーの使用方法を守って使うようにしてください。 この方法で軽度な排水管内のつまりは溶かすことができます。 しかし、つまりが固まっていて水が全く流れないといった場合は次に紹介する「ワイヤーブラシ」を使った解消方法がおすすめです。 ワイヤーブラシで排水管掃除 ワイヤーブラシとは、名前通り「ワイヤーがついたブラシ」です。 パイプクリーナーとも呼ばれます。 使い方も簡単で、排水管内にワイヤーブラシを入れてつまりの塊を突つくだけです。 これで、つまりに穴が空いて、水が一気に流れるようになります。 物理的な方法で効果もあるのですが、排水管の奥の方でつまりが出来ているとワイヤーが届かないことがあります。 また、つまりの塊が大きい・固いといった場合はワイヤーブラシでは対応できません。 そういった場合は、高圧洗浄やトーラー作業などを業者に依頼するといいでしょう。 洗面所の排水溝つまりの原因 洗面所の排水溝つまりの原因の多くは、「髪の毛」によるつまりです。 洗面所で髪を洗うわけでもないのに、そんなにつまるものなのかと思ってしまいますよね。 しかし、洗面所で髪を洗っていなくてもドライヤーで髪を乾かしたり、スタイリング剤で髪の毛を整えている間に意外と抜け毛が落ちていたりします。 また、洗面所の排水溝・排水パイプなどはお風呂場などに比べて細いのできちんと掃除や予防をしておかないとよくつまるようになるので注意しましょう。 洗面所の排水溝つまりの直し方 それでは、洗面所の排水溝つまりの直し方をご紹介したいと思います。 排水溝というよりも、ヘアキャッチャー、排水パイプの2箇所でのつまりの直し方になります。 ヘアキャッチャーの排水溝つまりの直し方 はじめて一人暮らしをする人や、ワンタッチ式のヘアキャッチャーを使っている人がよく遭遇するヘアキャッチャーの排水詰まりの場合は、掃除をするだけで修理ができます。 もしも、洗面台の排水口部分に髪などが詰まっているのでしたら、今から紹介する方法で掃除をしてみましょう。 必要な道具 ゴム手袋、歯ブラシ、スポンジ、液体パイプクリーナー。 液体パイプクリーナーはどこで買う? 液体パイプクリーナーは、ドラッグストアやスーパーなどで売られています。 普通の食器用洗剤ではなく、排水管用の洗浄剤として売られているので分からなければお店の人に聞いてみてください。 注意点 液体パイプクリーナーを使う際は、換気をよくして使用するパイプクリーナーの説明や注意書きをよく読んでから使いましょう。 また、他の洗剤と混ざると有毒なガスが発生するため、他の洗剤は使わないように注意しましょう。 手順 手順といっても、ヘアキャッチャーを取り外して掃除をして、排水管を液体パイプクリーナーで掃除するだけですので、誰でもできるかと思います。 ゴム手袋をしてヘアキャッチャーを外す 詰まりが既に発生している場合は、ゴム手袋を着けてヘアキャッチャーを取り外します。 ヘアキャッチャーで詰まりが発生していた場合は、ヘアキャッチャーを取り外すと水が流れていくはずです。 歯ブラシとスポンジで洗っていく 歯ブラシやスポンジを使って、ヘアキャッチャーにこびりついた髪の毛や石鹸カスを取り除きます。 液体パイプクリーナーを排水口に流す ヘアキャッチャーの汚れを取り除いたら、液体パイプクリーナーを排水口に流して、3~5分ほど待ったあと、水でしっかり洗い流します。 排水パイプや排水管のヌメリ・汚れもこれで流れていきます。 ヘアキャッチャーを戻す パイプクリーナーを水で流し終わったら、ヘアキャッチャーを元に戻して完了です。 S字トラップの排水溝つまりの直し方 排水口のヘアキャッチャーよりも奥にある、S字トラップやP字トラップなどのトラップ部分で排水詰まりが起こってしまった場合も修理が可能です。 状況にもよりますが、道具さえあれば、初めての人でもできるかと思います。 必要な道具 ウォーターポンププライヤー、バケツ、ゴム手袋、雑巾、ブラシ。 注意点 作業する際は、誤って給水管の部品を外さないように注意しましょう。 ナットが硬くて取り外せない場合は、錆び取りスプレーなどを使って回し易くしてから取り外しましょう。 その際にも、他のパイプを傷つけないように慎重に作業しましょう。 手順 洗面所・洗面台の下にあるパイプは、ナットを取り外すことでパイプを取り外すことができるようになっているものが多いです。 パイプを取り外すことができれば、後は掃除をするだけです。 バケツを排水パイプの下に置く 既に詰まりが発生している場合は、排水パイプを取り外す際に大量の水が流れてくることがあります。 そのため、作業前に排水パイプのしたにバケツを置いておきましょう。 飛び散りが気になる場合は、雑巾などを敷いておくのもいいでしょう。 パイプを固定しているナットを外す ウォーターポンププライヤーを使って、パイプを固定しているナットを取り外しましょう。 金属製のもので、錆びて取り外しがしにくい場合は錆び取りスプレーなどを使ってから作業するととりやすくなります。 パイプを取り外す ナットを取り外したら、パイプを取り外します。 パイプのヌメリや汚れなどを掃除する パイプのトラップ部分で詰まりが発生している場合、ひどいヌメリや汚れが発生しているかと思います。 それらを、ブラシなどを使ってきれいに掃除します。 元に戻す パイプの掃除が終わったら、逆の手順でパイプを元に戻して完了です。 念のため、水をしばらく流して水漏れが起こっていないか確認しておきましょう。 排水溝つまりの修理の料金 排水溝つまりがどうしても解消できない、排水枡がつまっていても自分では修理できないといった場合は業者に依頼しますよね。 しかし、水道業者は現地見積りが基本であり、料金体系も業者によって大きく異なるので利用するのが不安という人もいるかと思います。 そこで、参考例として生活救急車の台所の排水溝つまりの修理料金をご紹介したいと思います。 出張料・見積り料無料で現地見積りもしていますので、相見積りなどをご希望の際はお気軽にご連絡ください。 排水溝・排水管つまりの修理料金表 作業内容 作業料金 トーラー機使用(3mまで) 30,000円 トーラー機使用時追加費用(3m超1m当たり) 3,000円 高圧洗浄機使用(3mまで) 50,000円 高圧洗浄機使用時追加費用(3m超え1mにつき) 3,000円 追加修理作業 現場お見積り 夜間早朝料金 (20:00~07:59までの受付) 8,000円• 最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。 生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。 また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。 排水溝つまりの直し方(台所・お風呂場・洗面所など)まとめ 今回は、排水溝つまりの原因や直し方、業者に依頼した場合の費用などについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 排水溝つまりはよくあるトラブルで軽度なつまりであれば、自分で直してしまうこともできます。 ただ、異物がつまっていたり、重度のつまりが起こっているような場合は業者でないと対応できないこともあります。 そういった場合は、業者によって料金体系が異なるので複数業者に相見積りを取ってから依頼するのが安心です。 生活救急車でも、調査を含まない見積りは無料で対応しており、他の業者との相見積りも承っております。 お困りの際は、現場見積りをお気軽にご依頼ください。

次の