スミチオン 芝生。 スミチオン乳剤

家庭園芸用スミチオン乳剤

スミチオン 芝生

魚毒性 通常の使用方法では、水産動物に対する影響は少ないですが、養魚田、水産動物を飼っている池、水槽などに飛散・流入しないよう注意して下さい。 慢性毒性 ラットや犬に対して1〜2年間連続投与して調べた結果、影響は認められていません。 催奇形性 植物に散布されたスミチオンは、植物による代謝、光や空気による分解や蒸散などにより徐々に減少していきます。 また土壌中の含量も、土壌微生物による代謝などで減少していきます。 スミチオンの代謝・分解は比較的速く、作物や土壌に蓄積しません。 つまり、スミチオンは効能・効果だけでなく、人や環境に優しいという、エコロジカル・ニーズをいち早く先取りしていた殺虫剤なのです。 農業を営んでおられる方でなくとも、家庭園芸向けの書物・雑誌などで、この名前をご存知の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。 これからも、農業分野から家庭園芸まで、植物の常備薬として、どうぞスミチオンをお役立下さい。 稲、果樹、野菜の各種害虫への広い殺虫スペクトラム。 害虫が薬剤に接触すること・薬剤の付着した植物を食べることによって効果を発揮します。 植物の体内に食入した害虫にも有効です。 卵から成虫までの各ステージでの高い殺虫効果。 人間や家畜、鳥などの温血動物に対して影響が少なく、害虫に対して選択的に効きます。 ボルドー液と混用する場合は散布直前に行い、できるだけ早く使用してください。 ただし、その他のアルカリ性の強い農薬との混用はさけてください。 桃の初期散布(5〜6月)には薬害のでることがあるので注意してください。 稲(箱育苗)のイネシンガレセンチュウに使用する場合は下記の事項に注意してください。 1)発芽期〜緑化期の使用は薬害を生ずるおそれがあるのでさけてください。 2)軟弱徒長苗、ムレ苗などの場合は薬害を生ずるおそれがあるので使用しないでください。 3)土壌が極端に湿潤な場合は使用しないでください。 イネシンガレセンチュウの本田における防除に使用する場合、散布適期は出穂の頃であるので時期を失しないように散布してください。 なお効果を高めるためには出穂始めとその1週間後の2回散布が望ましいです。 水稲種子の吹付け処理の場合は、専用の種子消毒機を使用し、乾燥種籾に均一に付着するよう所定薬液を吹付けて乾燥してください。 なお処理後、長期間保存する場合には、薬液処理を行ったことを明記し、まちがいのないようにしてください。 本剤を本田の水稲に対して希釈倍数300倍で散布する場合は、所定量を均一に散布できる乗用型の速度連動式地上液剤少量散布装置を使用してください。 クワゾウムシに対しては成虫が桑樹に集まる4月下旬から6月頃に散布してください。 成虫の活動は長期間にわたるので発生状況に応じて追加散布してください。 桑に対して影響があるので、給桑予定している桑葉にはかからないようにしてください。 かきのミノガ類に使用する場合、幼虫が大きくなると効果が劣るので若令幼虫期に時期を失しないように散布してください。 果樹のカメムシ類に対しては発生に応じて所定使用回数以内で繰返し散布してください。 自動車、壁などの塗装面、大理石、御影石に散布液がかかると変色する恐れがあるので、散布液がかからないよう注意してください。 あぶらな科作物、さといも、ソルゴには薬害を生じるおそれがあるので、付近にある場合にはかからないように注意して散布してください。 本剤を空中散布及び無人航空機による散布に使用する場合は次の注意を守ってください。 散布は各散布機種の散布基準に従って実施してください。 少量散布(8倍液)の散布には、微量散布装置以外の散布器具は使用しないでください。 無人航空機による散布にあっては散布機種に適合した散布装置を使用してください。 散布中、薬液の漏れのないように機体の散布配管その他散布装置の十分な点検を行ってください。 特定の農薬(混用可能が確認されているもの)を除いて原則として他の農薬との混用は行わないでください。 水源池、飲料用水、養殖池等に本剤が飛散流入しないように十分注意してください。 散布終了後は次の事項を守ること。 使用後の空の容器は放置せず、安全な場所に廃棄してください。 機体の散布装置は十分洗浄し、薬液タンクの洗浄廃棄液は安全な場所に処理してください。 希釈倍数250倍で散布する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の地上液剤散布装置を利用してください。 梨の早生赤種、りんごの旭およびその近縁種には薬害のでることがあるので使用はさけてください。 宿根かすみそうに使用する場合、開花期には薬害を生じることがあるので、この時期の使用は避けてください。 あぶらな科作物には薬害を生ずるおそれがあるので、付近にある場合にはかからないように注意して散布してください。 ひのきに対しては個体によって落葉、枯損にいたるおそれがあるので、付近にある場合にはかからないように注意して散布してください。 ほうれんそうに使用する場合、幼苗期には薬害を生ずるおそれがあるので注意してください。 牧草地に散布した場合は、散布直後の放牧はさけてください。 まめ科牧草のアルファルファゾウムシに使用する場合は、幼虫発生期〜成虫発生初期に散布してください。 なお、防除適期等については病害虫防除所職員等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 かんきつのミカンツボミタマバエ防除に使用する場合は、成虫の発生初期に樹冠部及び主幹部を中心とした樹の内部、樹冠下の地表面に散布するのが効果的です。 フラーバラゾウムシに使用する場合は、植物防疫所、病害虫防除所等関係機関の指導のもとに実施してください。 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。 なお、農業改良普及センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 安全使用・保管上の注意• ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意してください。 ミツバチの巣箱及びその周辺に飛散するおそれがある場合は使用しないでください。 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけてください。 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。 誤飲などのないよう注意してください。 解毒剤としては硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤が有効であると報告されています。 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。 眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。 皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。 付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。 散布の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。 作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。 かぶれやすい体質の人は取扱いに注意してください。 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないこと。 本剤を使用した苗は養魚田に移植しないでください。 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。 空中散布または無人航空機による散布で使用する場合は、河川、養殖池等に飛散しないよう特に注意してください。 散布後は水管理に注意してください。 街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜などに被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

次の

スミチオン乳剤|作用と効果使用方法

スミチオン 芝生

芝生が枯れた時はまずは原因を知るのが大切です。 自宅の庭で芝生を育てている人であれば、芝生が枯れてしまうことを一度は経験しているのではないでしょうか。 芝生が枯れる時は、じわじわと枯れてくるので、気づいたときには手遅れで、原因がわからず焦ってしまう事も多いのですが、大切なのは、冷静になって原因を突き止めること。 原因を知ることでそれなりに対処することができます。 高麗芝は、比較的丈夫な芝生なので、枯れてしまうなどのトラブルも少ないのですが、西洋芝は気温、湿度、乾燥などにデリケートで、病害虫などにも弱い性質のために、枯れてしまう確率が多くなりがりなので注意が必要です。 芝生が枯れる原因として、手入れ方法を間違った、手入れをサボった、病気や害虫の被害、芝生の生育温度による枯れなどが考えられます。 そのまま何もしないでも自然と回復する場合もありますが、何か対処をしないと枯れの被害が広まってしまう可能性が大きいので、このページを参考にして対処してください。 水不足で芝生が枯れる 芝生は水不足で枯れることがある。 芝生も植物なので、成長するには水分が必要となります。 当然、水やりをサボっていると芝生が枯れる原因となります。 芝生は、春と秋には自然に降る雨で水分を補給することができますが、夏は暑さで水不足になりやすく、芝生が枯れてしまう可能性が大きくなります。 特に、西洋芝の中には、暑さや乾燥に弱い種類があるので、水不足にならないように注意が必要です。 詳しく見る 対処方法 水やりをサボって芝生を枯らしてしまった場合は、まず十分な水やりをしばらく続けて様子を見ます。 葉だけが枯れていて、根や茎が枯れていない場合は、新芽が出てくる可能性があります。 特に、春〜夏にかけての芝生の成長期であれば、緑の芝生が復活する可能性が大きいので、諦めずに水やりを続けてみましょう。 寒地型芝生が夏に枯れてしまった場合は、そもそも芝生を植えた地域が、寒地型芝生の生育地域ではなかった可能性があります。 この場合は、寒地型芝生を諦めて暖地型芝生を植え直すか、耐暑性の高い寒地型芝生に植え直す必要があります。 水はけが悪い土壌、サッチが蓄積された芝生では、水はけ・風通しが悪くなり、春はげ症、さび病、ブラウンパッチなどの病気の原因となります。 病気となった芝生は、部分的に枯れたり剥げたりします。 間違った芝生の手入れ方法に心当たりがない場合は、芝生の病気が原因かもしれません。 詳しく見る 対処方法 病原菌が原因で病気になっている場合は、病気にあった殺菌剤を散布します。 軽い症状でれば放置しておいて自然に回復する場合もありますが、周りに被害が拡大する病気もあるので、早めに対処する必要があります。 害虫が発生して芝生が枯れる 芝生の葉が食害の被害に遭った場合は早めの対処を。 サッチが蓄積された芝生、水はけ・風通しが悪い芝生では、害虫が発生しやすくなります。 シバツトガ、スジキリヨトウ、スジコガネなどの害虫の幼虫が芝生の葉を食べたり、芝生を黄色く変色させたりするので、芝生の葉が食害の被害に合っているようであれば、芝生の害虫が原因です。 詳しく見る 対処方法 芝生の害虫を見つけた場合は、早急に害虫を駆除する必要があります。 放置していると害虫が増殖し被害がどんどん拡大していくからです。 シバツトガ、スジキリヨトウ、スジコガネを駆除できるスミチオンやオルトランなどの殺虫剤を散布します。 害虫による被害の場合は、芝生が完全に枯れたわけではないので、害虫を駆除することができれば、芝生は徐々に回復する事ができます。 芝刈り時の「軸刈り」が原因で枯れる 軸刈りで光合成が出来ずに枯れる。 軸刈りとは、伸びすぎた芝生を一度に短く刈り、芝生の成長点まで一緒に刈ってしまうことです。 葉の緑色の部分がなくなり、枯れてしまったように見えます。 そして、成長点まで刈られてしまった芝生は、葉がないために光合成が出来ずにやがて枯れてしまいます。 詳しく見る 対処方法 根や茎に十分な栄養が蓄えられており、春から夏の芝生の成長期であれば、新芽が出てきて復活することが多いので、しばらく様子を見てください。 それでも復活しない場合は、芝生が完全に死んでいますので、ターフカッターなどを使い枯れた部分を切り出して、新しい芝生を植え直す必要があります。 芝生の草の一種です。 雑草を駆除しようとして、誤ってラウンドアップなどの芝生用以外の除草剤を使ってしまうと、芝生が枯れてしまいます。 また芝生用の除草剤でも、真夏の暑い時期で芝生が弱っている時に除草剤を使用したり、決められた濃度以上で除草剤を散布してしまうと、芝生がかれてしまう可能性があります。 詳しく見る 対処方法 芝生用以外の除草剤を使ってしまった場合は、回復する可能性はありません。 逆に、除草剤を散布した周囲の芝生も枯らしてしまう可能性があるので、枯れた部分より広めに芝生を剥がして植え直す必要があります。 芝生用の除草剤で枯れてしまった場合は、回復の余地があります。 春から夏の芝生の成長期であれば、十分な水やりを続けることで回復する可能性があります。 しかし、切り芝の中には、いつまでまっても新芽が出てこないで、枯れたままの状態が続くことあります。 生産地で切り出した時期が古かったり、輸送時・保管時に蒸れで腐っていたり、水不足などで根がすでに枯れていた可能性が考えられます。 詳しく見る 対処方法 周囲の切り芝は新芽が出てきても、枯れた状態の切り芝は復活することはまずないと思います。 この場合は、新たに切り芝を購入して、枯れた部分を植え直したほうが、手早く緑の芝生を作ることが出来ます。 寒地型芝生が夏に枯れる場合は、芝生の生育気温を確かめよう。 高麗芝やバミューダグラスなどの暖地型芝生は、気温が低くなると休眠期に入ります。 休眠期に入った芝生は枯れて茶色く変色します。 本州では11月から3月ごろが芝生の休眠期となります。 寒地型芝生が夏に枯れてしまった場合は、芝生が夏の暑さに耐えきれなかったのが原因です。 詳しく見る 暖地型芝生の対処方法 暖地型芝生の場合は、冬になり枯れてしまいますが、春になって暖かくなると新芽が出はじめ、再び綺麗な芝生を作るので、放置しても問題ありません。 一年中緑の芝生を楽しみたい場合は、ウィンターオーバーシードという手法を使って芝生を維持する必要があります。 詳しく見る 寒地型芝生の対処方法 水やりの回数を増やすなどして、夏の暑さを乗り越える方法もありますが、そもそも、寒地型芝生が育つ地域ではない可能性が大きいです。 温量指数を参考にして、暖地型芝生か、暑さに強い寒地型芝生を植え直す必要があります。 間違った手入れ方法など自分で自覚していれば、解決も早いのですが、心当たりが無く、見た目で判断できないことも多くあります。 このような場合でも、焦ったり落ち込んだりする必要はありません。 芝生は丈夫な植物なので、放置しておいて水やり・肥料をしていれば自然と復活する場合もありますし、枯れた部分だけを植え直すことも可能です。 芝生と長く付き合っていくには、芝生の枯れというトラブルは避けることはできませんので、諦めずにひとつひとつ対処してきましょう。

次の

スミチオン乳剤

スミチオン 芝生

4月12日( 日) そこには負けられない戦いがある くぅ~っ!! 見えない敵は コロナだけではない・・・。 春になると花や草木が目覚め始めるが、 他にも厄介な害虫も活動を始める・・・。 今回はそんな 見えない敵と戦うくだらない様子をご覧頂こう。 見えない敵が多い世の中だが、今こそ力を結集し屈せず勝ち抜こうではないかっー!! Enjoy the SHIBAFU at home 今週もよろ芝生~! まず芝庭の作業 カットは16㎜で継続。 幾ばくかの頭をはねる程度だが、全く刈れない事はないけど・・・(哀) まぁ、 横への広がりを促し、数か月後の密度の増した芝庭を目指してかね。 庭を眺めていると、こんな場所があちこちに点在していることに気づいた。 干上がり、固まったウ〇コのようなもの・・・。 恐らく、ミミズの糞塚が雨で崩れて固まってしまったものなのかな・・・? なんだか知らんが、どうせここに芝生が生えてないならコアリングしてしまえっ!! ってことで、えいっ!! 同様に散見された箇所を片っ端からコアリングしてみたら、殆どが粘土質の個所ばかりだった。 抜いたコア達の山。 (ウ〇コみたい・・・。 加トちゃんが昔、「ウ〇コ、ち〇ち〇」ってやってたね。 かけたわけではないが・・・。 何十年もの間、老若男女を問わず、世界中に笑いを届け続けた 志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。 ミミズは粘土質の土壌が好みなのか? 水はけ悪く、腐った?カビた?感じなのか?・・・謎。 いづれにしても、局所的だが柔らかい砂に変わったので根も伸びやすくなり、ここにも緑の葉を出してくれることを願う。 今週はこの後の 見えない敵との戦いに備えて施肥はキャンセル。 施肥しても良かったのかな・・・? 本日の芝庭はこんな感じ。 ちなみに、昨年同時期に撮影した芝庭の様子。 アングルが若干違うけど・・・。 密度、濃さも負けてる感じがする・・・ 影のせいで濃く見えるだけかな・・・ 負け惜しみ 「千里の道も一歩から」 焦らず参ろうではないか・・・ でも意外に悔しい 見えない敵とは・・・ 正確には、見えないのではなく、 土中に潜んでいるので表面上は見えないだけなのだが・・・(汗) でも、これが厄介者なのだ。 なにせ、苦労して育てた芝生の根や葉、茎を食い荒らしてしまうのだ(怒怒怒) コガネムシの幼虫 芝生の根の先端あたりに生息し、根を食い荒らします。 被害がひどくなるとシバが簡単に抜けたりはがれたりします。 スジキリヨトウの幼虫 葉先を好んで食べるため先端部分が白く枯れる。 芝刈りしたわけでもないのに葉先が白く枯れている場合は、 ヨトウの食害が疑われます。 enjoy-gardening. 多発すると広範囲に枯れる。 sc-engei. enjoy-gardening. これらの害虫駆除に私が使用しているのが「 スミチオン乳剤」。 庭全体に散布しといたぞ。 ミミズもこの薬剤に反応して出てくることもあるが、 椿油粕の方が断然効果ありだ。 効いたかどうかは、今後の 芝生の生長具合を見ながら判断するしかない。 なにせ 見えない敵だから・・・(汗) 草木が芽吹く、春 毎年、義母より頂くチューリップ。 今年も花を咲かせましたが・・・、なんだろう。 いつもより咲き揃わないんだよねぇ。 まだ気温が低いのかなぁ。 朝晩はまだまだ肌寒いし、日中も暑いなぁって感じる日がまだ少ない?! でも着実に春は来てる 過ぎたのかよね。 そしてこちら、 モッコウバラは開花宣言発表!! 俺も私もって順番待ちしているかのように蕾たちが沢山。 満開となる見頃は5月かね。 昨年はGW突入となった4月27日の記事で満開の モッコウバラを紹介してました。 今年は少しだけ枝を誘引したので、昨年とは若干違う見え方になることを期待! 終わりに 緊急事態宣言が出されて初の週末。 私も例に漏れず、テレワークになりました。 毎日芝庭が見れて嬉しい限り。 希望を言えば、 ウッドデッキから珈琲片手にノートPCで仕事をしながら、 密度の濃い芝庭を眺めて・・・。 そんな事できたらいいなぁ~、なんて。 でも、我が家にはウッドデッキがない 作ったら芝庭が無くなる。 ない物ねだりはやめて、目先の事を一つづつクリアしていきましょう! まずは コロナ撲滅!! そのためには我慢しなきゃ。 もういい加減、意識を変えなきゃ、ね。 不要不急の外出など、 後日できることは後回し。 延期出来ない 大事な命を守りましょ。

次の