エクセル 右 クリック ショートカット。 Excel】文字揃え(左・中央・右)・縮小して全体を表示するショートカットキー・便利技まとめ

右クリックなしでエクセルのメニューを開く、覚えておくと便利なショートカットキー

エクセル 右 クリック ショートカット

こんにちは。 エクセル (Office 365) に関する質問です。 マウスで右クリックしたときと同じ内容を、キーボードの右クリックキー使って表示したいのですが、できません。 (フォント選択から、セル塗りつぶし、フォントカラー等を選択できるウィンドウ) しかし、現在、右クリックキーを使用すると後者のウィンドウが出てきません。 これが出るようにする方法をご教示頂けないでしょうか。 また、このフォント関連のウィンドウ内を移動するのにも、マウスしか使えない状態です。 これをキーボードのみでする方法はありますでしょうか。 内容別にセルの色を変えるとき等、ショートカットでセルの書式設定を呼び起こすか、マウスを使う方法しか知らなく、少々じれったく感じております。 よろしくお願い申し上げます。 lillyandさん、こんにちは。 マウスで右クリックしたときと同じ内容を、キーボードの右クリックキー使って表示したいのですね。 手元の Surface 4 の タッチパッドの右クリックで確認した所、フォント関連のウィンドウもマウス操作と同じ様に表示されました。 フォント関連のウィンドウ内を移動するのには、マウス操作と同じ様にタッチパッドを指で移動する事で操作可能でした。 もしかすると使用しているキーボードによって何か設定が違うのかもしれませんね。。。 ご利用のパソコンのメーカーのサポートに、設定方法など一度お問合せしてみてはいかがでしょう。 ---以下署名--- マイクロソフトコミュニティはユーザー同士の情報交換の場所です。 アカウントは二段階認証でセキュリティを強化し、乗っ取り被害から身を守りましょう。 microsoft.

次の

【Windows 10】マウスを右クリックしなくても右クリックメニューを表示する方法

エクセル 右 クリック ショートカット

「アプリケーションキー??」あまり使わないキーなのですが キーボードの右下、 Altと Ctrlの間にあります。 操作するファイルやフォルダなどを選び「アプリケーションキー」を押すと マウスの右クリックと同じメニューの一覧が表示されます。 画面の何もないところでも「アプリケーションキー」を押すと、 右クリックと同じメニューの一覧表示がされます。 「 Enter」キーを押すと決定します。 マウスの左クリックと同じ操作になります キーボードを使ったキー操作だけで「 マウスの右クリックのメニュー操作」ができますね。 「 Shift」を押しながら「 F10」を押します。 普段使わない「アプリケーションキー」いつ使うんだろう?っていうか何の為のキー?と思っていたでしょう。 実は 右クリックメニューの表示をしたい場合に役に立つんですね。 アプリケーションキーが無いキーボードの場合には、「 Shift」を押しながら「 F10」のショートカットキーを使うとマウスの右クリックと同じ操作ができます。 矢印キーとEnterキーの組み合わせでマウスを使わなくてもメニューの操作ができますね。 「マウスが故障」なんてことが無い方がいいのですが、そんな緊急事態にもキーボードでなんとかマウスと同じ様な操作は可能です。 でも、マウス操作の方が作業効率がいい場合もありますので予備のマウスを持っておくことをオススメします。 以上、【Windows】マウスを使わずに右クリックをキーボードで表示させる方法の紹介記事でした。

次の

右クリックなしでエクセルのメニューを開く、覚えておくと便利なショートカットキー

エクセル 右 クリック ショートカット

1.セル内を編集する([F2]) Excelはセルの選択状態に関していくつか種類がありますが、大きく分けて、「カーソルキーでセル間を移動できる」状態と「カーソルキーでセル内部を移動できる」状態に分かれると思います。 前者は「コマンドモード」や「入力モード」などがありますが、後者は「編集モード」と呼ばれます。 セル内の情報を編集したりするとき、ダブルクリックしてセルを編集モードにしている方も多いと思いますが、Excelでは、[F2]を押すと、一発でこの「編集モード」の状態になります。 キーボードだけで操作したいときに重宝するショートカットキーです。 例えば下記のシーンを見てください。 C17のセルが選択された状態です。 その上のC16セルの名字と名前の間にスペースがあるのでこれを詰めたいところです。 C16セルにマウスを持ってダブルクリックしても良いのですが、カーソルキーですぐ上に移動して[F2]でセルの中に入れば、キーボードだけで操作が完結します。 セル内を編集することはExcelの基本なので [F2]ショートカットの利用シーンは多い 2.書式の設定([Ctrl]+[1]) セルの書式設定は、セルの文字サイズ、文字の色、フォント、罫線、文字の配置やセルの塗りつぶしなどを設定するダイアログです。 これは[Ctrl]+[1]を押して表示することができます。 今挙げた基本的なものは、デフォルトではExcelの「ホームタブ」の中のリボンに表示されているので、わざわざ書式設定ダイアログを立ち上げることは少ないかもしれませんが、ショートカットの方がExcel上部にマウスを持っていく手間は少ないでしょう。 ショートカットを使わない場合は、セルを右クリックしてメニューから出すか、デフォルトの状態では画面上部のリボンの中の「ホーム」タブ内にあるメニューから操作します。 セルの挿入/削除は、行全体(列全体)を選択した状態で行うと行(列)の挿入/削除になります。 おそらく単独のセルの挿入・削除よりも使用機会が多いと思いますが、そのときにこのショートカットが役に立ちます。 また、セル(もしくは行/列全体)をコピーした状態で、この挿入コマンドを使用すると、空白セル(空白行/列)ではなくコピーした内容が挿入されるので、一度セルを作ってからコピー&ペーストするひと手間がなくなります。 行全体を選択して「コピー」をした状態。 ここで「参照先」欄に移動したいセルを入力して [OK] ボタンをクリックすれば、そのセルに移動できます。 [Ctrl]+[G] で「ジャンプ」ダイアログが表示される 「ジャンプ」ダイアログは、一見するとあまり活用用途がなさそうですが、応用すると表中に多数ある空白セルの入力作業を効率よく行うことができます。 空白セルを1つひとつ選択して入力する大変な作業を、空白のセルだけを選択して入力できるようになります。 手順は、次の通りです。 1 入力対象となる表全体を選択して、[Ctrl]+[G] キーを押します。 2 「ジャンプ」ダイアログで「セルの選択」をクリックします。 3 「選択オプション」ダイアログで「空白セル」を選び、[OK] をクリックします。 4 これで対象の表にある空白セルがすべて選択されます。 これで空白セルをすべて選択することができ、例えば書式を一括して変更するのにとても便利になります。 「ジャンプ」ダイアログから「セル選択」で空白セルだけを選択することができる 6.同じ値を選択範囲に入力([Ctrl]+[Enter]) セルを複数選択し、それらの書式を一括して操作することは簡単です。 ですが、それらにすべて同じ内容を入力する場合はどうすればよいでしょうか。 この操作もショートカットで行うことができます。 範囲を選択して値を入力し、確定時に [Ctrl]+[Enter] を押すと、選択範囲すべてに同じ値が入力されます。 同じ値を複数のセルに入力する時に便利です。 範囲を選択し、値を入力してから、[Ctrl]+[Enter] で複数セルに同時入力。 一時的に簡易に並び替えたいときは、セルを右クリックして現れるメニュー内にある「並べ替え」を活用すると良いですが、何度も並び替え直したりする場合は「フィルター」を作成したほうが楽です。 またその範囲を選択した状態でもう一度同じショートカットを押すとフィルターが解除されます。 このショートカットキーは、文字の入力が続いている最後のセルまでジャンプするためのショートカットです。 文字入力が続いている行までジャンプ。 空白があると、その手前まで選択される となりのセルが空白の状態でこのショートカットを押すと、今度は次の文字入力があるセルまでジャンプします。 例えば、上図のようにB13が空白の状態で、B12セルを選択してこのショートカットを押すと、今度はB14にジャンプします。 このショートカットは、Shiftを押しながら行うと、すべて選択状態にしながらジャンプできるので、表全体を選択したいときなどに、マウスをドラッグせずすばやく選択状態にすることができます。 Excelでは先程も触れた「フィルター」機能で50音順などに並べ替えることができますが、それができるのも各セルがふりがなの情報を持っているからです。 ハイパーリンクでは、よくWebページのURLを設定しておく用途が多いかと思いますが、実際には、Webページだけでなく、PC上のファイルを開いたり、もしくは現在のExcelファイル上の別のシートを参照することもできます。 シート数が多くなってきたときや頻繁にシート移動する際に、ハイパーリンクで別シートを設定しておくと便利だ ショートカットを使った操作を動画で比較 今回紹介したショートカットのいくつかを使って、実際の操作ではどのようにして使うのかを見ていくために、今回は動画を作成しました。 実際にここまでスムーズに操作することはないので、極端な例ではありますが、ショートカットのイメージはわくと思います。 動画では以下の作業を行っています。

次の