新日本プロレス入門順。 新日本プロレスの先輩、後輩について詳しいかた教えてください!最近...

新日本プロレス

新日本プロレス入門順

時期としては、力道山の3回忌にあたる1965年ではないかと思われる。 場所は、力道山の墓がある池上本門寺だ。 力道山の墓地は今よりシンプルで、まだ墓石があるだけである。 日本プロレス一団体ということは、日本のプロレスラーは、すべて揃っていたということだ。 その後、昭和プロレス史に名を残すレスラーが並んでいる。 人によっては、「このレスラーとこのレスラーが同じ団体の頃があったのか」と、改めて感慨があるかもしれない。 ……といった前置きはともかくとして、ここにいるレスラーたちのすべてがわかった人は、昭和プロレス、それも昭和40年代のプロレス通として胸を張れるだろう。 では、前列左からいってみよう。 米良明久。 この頃、サンダー杉山やグレート草津をいびったことは自ら認めている。 鈴木勝義。 吉原功とともに日本プロレスを退団し、ヒロ・マツダと国際プロレスを旗揚げ。 吉原功とヒロ・マツダの関係が悪くなると、マティ鈴木も渡米してアメリカでプロレスを続けたが、途中、2年間、ジャイアント馬場の全日本プロレスな助っ人参戦している。 北沢幹之。 高崎山猿吉、高崎山三吉、新海弘勝、魁勝司と名前を変えた。 ゴリゴリのアントニオ猪木派といわれたが、引退後はUWFに移った。 このブログでは、『喜劇駅前茶釜』で、ジャイアント馬場にボディスラムを食らったシーンをご紹介した。 平野愿一。 アマレス(日本大学)出身の平野岩吉である。 アントニオ猪木の日本プロレス復帰と入れ替わるように、取り組みから名前が消えた。 大熊元司。 こちらはもうおなじみである。 このブログでは、ジャイアント馬場の付き人としてご紹介した。 ジャイアント馬場の付き人といえば、その左となりもそうだ。 草津正武。 後のグレート草津。 しかし、この人はレスラーとしても、付き人としても、フロントとしても評判は決して良くない。 お馴染みの昭和プロレスラーの若き日の姿 では、後列をやはり左から順に見ていこう。 現役時代のマサ斎藤は、アメリカ生活が長かったが、スタートは日本プロレスだった。 日本プロレス生え抜きではないが、日本プロレス崩壊まで在籍した。 その後は、吉原功とのつながりで、国際プロレスのリングにも上がったようだ。 ジャイアント馬場やアントニオ猪木よりも入門は早い。 後の日本プロレス興行代表取締役社長。 社長になってからもしばらくはリングに上っていた。 後のグレート小鹿。 Youtubeの動画で確認すると、ジャイアント馬場の試合も、アントニオ猪木の試合もセコンドを務めている。 吉村道明。 この人がいたからこそ、日本プロレスは黄金時代を築けたといっても過言ではない。 豊登道春。 力道山の3回忌後、日本プロレスを追放される。 ジャイアント馬場。 昨日の会では、こんな激レア・アイテムも展示されていました。 — 市瀬英俊 gbtsubame 今回はとくに説明の必要はないだろう。 ユセフ・トルコ。 日本プロレス時代の大試合のレフェリーといえば、沖識名かユセフ・トルコだった。 九州山義雄。 日本プロレス崩壊後、大木金太郎が新日本プロレスでアントニオ猪木と戦ったときに姿を見せていた。 遠藤幸吉。 日本プロレスの経営陣の一人だが、この人の評判は最悪である。 この後、成り行きで東京プロレスほか、多くの団体を経験するが、その人の良さを考えると、金網デスマッチの鬼の形相が哀しく思えてくる。 人格者のようにいわれるが、アントニオ猪木除名事件におけるふるまいや、国際プロレスから新日本プロレスへの移り方など、そうとは思えない行動もある。 本間和夫。 3年前の2014年に亡くなったことを、グレート小鹿が自分のブログで知らせている。 豊登道春と行動をともにして、引退時は国際プロレスだった。 白いトランクスと俊敏な動きは、寺西勇のメンターであることがわかる。 この頃は、すでに退団して渡米の計画を立てていたのかもしれない。 なお、アントニオ猪木は、この時期渡米していた。 さて、あなたは何人わかったかな?.

次の

3年A組で棚橋弘至と柴田勝頼の泣ける話が話題に。新闘魂三銃士から袂を分けた2人が再び新日本プロレスで再開。

新日本プロレス入門順

新日本プロレスからプロレスデビュー 1998年2月、立命館大学在学中に新日本プロレス入門テストに合格する。 1998年4月、大学卒業後、新日本プロレスに入門する。 1999年10月、プロレスデビューする。 2001年6月、鈴木健想とタッグチーム「キング・オブ・ザ・ヒルズ」を結成する。 2002年6月、佐々木健介、鈴木健想、ブルーウルフと「スウィングロウズ」を結成するが、年内に解散する。 プロレスエース宣言「俺は!新日本のリングで!プロレスを!やります!」 2002年2月1日、当時は、プロレスが格闘技人気に押され、新日本から主力選手が流出し、新日本プロレスの観客動員が落ち込み大ピンチであった。 アントニオ猪木がリング上に主力選手を集め、この現状をどう考えるかを一人一人に問うた。 会社への不満や移籍した選手への怒りを示す選手が多かったが、棚橋弘至は「俺は!新日本のリングで!プロレスを!やります!」と宣言した。 交際女性から刺される(十年後にいじられる) 2002年11月、交際していた女性に刃物で刺され、重傷を負う。 棚橋は解雇も覚悟したが、会社からは「スキャンダルをプラスにするぐらいに頑張れ」と言われ、治療して引き続きプロレスラーを続けることになった。 この事件は十年後にいじられることになる。 試合復帰・U-30王者・新闘魂三銃士は自然消滅 2003年2月、試合に復帰し、若手の底上げのためU-30王座を提唱した。 王座決定リーグ戦で勝ち抜き、初代王者となった。 2003年6月、吉江豊と組み、IWGPタッグ王座を獲得する。 2004年、将来のエース候補とされていた棚橋弘至、中邑真輔、柴田勝頼の3人が「新闘魂三銃士」となったが、3人ともこれには乗り気が無く、盛り上がらず、自然消滅した。 IWGP王者として君臨・矢野通と「髪の毛を切った切らないの抗争」 2006年7月15日、IWGP王座決定トーナメントを勝ち抜き、IWGPヘビー級王座を獲得する。 2007年8月、G1クライマックスで初優勝する。 2007年10月、結婚したことを公表した。 2009年1月4日、2008年に中邑真輔が武藤敬司にとられたIWGPヘビー級王座を奪還する。 2009年12月、プロレス大賞MVPを受賞する。 2010年、矢野通と「髪の毛を切った切らないの抗争」をする。 2011年、IWGPヘビー級王座10回防衛に成功し、プロレス大賞MVPを受賞する。 (2012年1月まで11回防衛) レインメーカーとの抗争・さらばIWGP 2012年1月4日、鈴木みのるに勝ちIWGPヘビー級王座を防衛した後、リングに上がって挑戦表明をしたオカダカズチカに「IWGPは遠いぞ。力で上がってこい」と言い、挑戦受諾は保留する。 2012年2月、短期間に実績を上げてIWGP挑戦権を獲得したオカダカズチカに敗れ、ベルトを獲られる。 打撃技で歯を飛ばされるという屈辱を受ける。 2013年10月、IWGP王者のオカダカズチカに挑戦し敗れる。 その際に、十年前の事件をいじった。 高橋裕二郎「おまえが俺に負けた過去は消せない。 もう一つ、お前には十年前に消せない過去があったよなあ。おれも刺されるほど愛されてみてーなあ」 棚橋弘至「たしかに過去は消せない。 みんな背負って生きていくんだ」 強引技で1・4東京ドームのメインイベンターに君臨・「さらばIWGP」の1年後いつのまにかIWGP王者 2013年11月、インターコンチネンタル王者中邑真輔への挑戦が決まる。 3年連続で1・4東京ドームのメインを務めていた棚橋弘至は、「IWGPヘビー級選手権・オカダカズチカvs内藤哲也」と「インターコンチネンタル選手権・中邑真輔vs棚橋弘至」のどちらがメインにふさわしいかアンケートを実施するという強引技で、結果的に見事メインを勝ち取り、4年連続のメインを務めた。 2014年10月、AJスタイルズに勝ち、IWGPヘビー級王座史上最多となる7度目の戴冠を達成する。 「さらばIWGP」宣言の1年後にいつの間にか王座に就くことに成功する。 オカダを泣かせることに成功・1年後にリベンジされる 2015年1月4日、東京ドームのメインで、IWGP挑戦者オカダカズチカを負かせて泣かせることに成功する。 2015年8月、G1クライマックスで2度目の優勝を達成する。 2016年1月4日、IWGP王者オカダカズチカに挑戦するが敗戦する。 内藤哲也との抗争・内藤哲也の「正論中の正論」により強引技は失敗 2016年11月、インターコンチネンタル王者・内藤哲也への挑戦が決定する。 その後、インターコンチネンタル選手権をメインにするという強引技をねらったが、特にこれといった展開は無く、内藤哲也の「IWGPをメインにするべき」という「正論中の正論」により消滅した。 2017年1月4日、インターコンチネンタル王者・内藤哲也に挑戦したが敗れる。 2017年1月5日、中西学、田口隆祐と組み、BUSHI、EVIL、SANADAのNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦しベルトを獲得する。 インターコンチベルトを内藤から奪還、ベルトを修繕しツイート、その後なぜか新作ベルト登場 2017年6月11日、インターコンチネンタル王者・内藤哲也に挑戦し、テキサスクローバーホールドでギブアップさせベルトを奪還する。 内藤哲也が壊したベルトを修繕したことをツイッターで公表したが、その後なぜか、まもなく新しいベルトが造られた。 棚橋弘至のすごいところ 新しいファンを開拓 棚橋弘至は、2000年代初頭、新日本プロレスの観客が徐々に減り観客席の列が1列また1列と減らされていくのを間近で見ていた。 棚橋弘至は、この原因を冷静に分析し、問題点を改善して新日本プロレスを再浮上させた。 棚橋一人で全部やったわけではないであろうが、本人と周囲の関係者の発言から棚橋が中心となって進めたことは間違いない。 ストロングスタイルからの脱却 棚橋弘至は、道場に掲げられていた創設者アントニオ猪木の肖像画をはずしたという話は、すでによく知られている。 ストロングスタイルに縛られているマイナス面を「ストロングスタイルの呪い」と名づけ、それからの脱却を目指した。 流血試合を減らし、プ女子を開拓 昔からプロレス会場の観客は大部分が男性であった。 「プロレスは血を出すから怖い」と思っている女性が多かった。 これを変えるため、流血試合を減らし、女性でも楽しめる試合を構築していった。 広報活動 積極的に広報活動を行った。 イベント・テレビ・ラジオ・SNSなど種々の媒体で広報活動を行った。 試合中継の地上波放送を行っているテレビ朝日以外のテレビ局にも新日本の選手が出演するようになった。

次の

新日本プロレスの先輩、後輩について詳しいかた教えてください!最近...

新日本プロレス入門順

時期としては、力道山の3回忌にあたる1965年ではないかと思われる。 場所は、力道山の墓がある池上本門寺だ。 力道山の墓地は今よりシンプルで、まだ墓石があるだけである。 日本プロレス一団体ということは、日本のプロレスラーは、すべて揃っていたということだ。 その後、昭和プロレス史に名を残すレスラーが並んでいる。 人によっては、「このレスラーとこのレスラーが同じ団体の頃があったのか」と、改めて感慨があるかもしれない。 ……といった前置きはともかくとして、ここにいるレスラーたちのすべてがわかった人は、昭和プロレス、それも昭和40年代のプロレス通として胸を張れるだろう。 では、前列左からいってみよう。 米良明久。 この頃、サンダー杉山やグレート草津をいびったことは自ら認めている。 鈴木勝義。 吉原功とともに日本プロレスを退団し、ヒロ・マツダと国際プロレスを旗揚げ。 吉原功とヒロ・マツダの関係が悪くなると、マティ鈴木も渡米してアメリカでプロレスを続けたが、途中、2年間、ジャイアント馬場の全日本プロレスな助っ人参戦している。 北沢幹之。 高崎山猿吉、高崎山三吉、新海弘勝、魁勝司と名前を変えた。 ゴリゴリのアントニオ猪木派といわれたが、引退後はUWFに移った。 このブログでは、『喜劇駅前茶釜』で、ジャイアント馬場にボディスラムを食らったシーンをご紹介した。 平野愿一。 アマレス(日本大学)出身の平野岩吉である。 アントニオ猪木の日本プロレス復帰と入れ替わるように、取り組みから名前が消えた。 大熊元司。 こちらはもうおなじみである。 このブログでは、ジャイアント馬場の付き人としてご紹介した。 ジャイアント馬場の付き人といえば、その左となりもそうだ。 草津正武。 後のグレート草津。 しかし、この人はレスラーとしても、付き人としても、フロントとしても評判は決して良くない。 お馴染みの昭和プロレスラーの若き日の姿 では、後列をやはり左から順に見ていこう。 現役時代のマサ斎藤は、アメリカ生活が長かったが、スタートは日本プロレスだった。 日本プロレス生え抜きではないが、日本プロレス崩壊まで在籍した。 その後は、吉原功とのつながりで、国際プロレスのリングにも上がったようだ。 ジャイアント馬場やアントニオ猪木よりも入門は早い。 後の日本プロレス興行代表取締役社長。 社長になってからもしばらくはリングに上っていた。 後のグレート小鹿。 Youtubeの動画で確認すると、ジャイアント馬場の試合も、アントニオ猪木の試合もセコンドを務めている。 吉村道明。 この人がいたからこそ、日本プロレスは黄金時代を築けたといっても過言ではない。 豊登道春。 力道山の3回忌後、日本プロレスを追放される。 ジャイアント馬場。 昨日の会では、こんな激レア・アイテムも展示されていました。 — 市瀬英俊 gbtsubame 今回はとくに説明の必要はないだろう。 ユセフ・トルコ。 日本プロレス時代の大試合のレフェリーといえば、沖識名かユセフ・トルコだった。 九州山義雄。 日本プロレス崩壊後、大木金太郎が新日本プロレスでアントニオ猪木と戦ったときに姿を見せていた。 遠藤幸吉。 日本プロレスの経営陣の一人だが、この人の評判は最悪である。 この後、成り行きで東京プロレスほか、多くの団体を経験するが、その人の良さを考えると、金網デスマッチの鬼の形相が哀しく思えてくる。 人格者のようにいわれるが、アントニオ猪木除名事件におけるふるまいや、国際プロレスから新日本プロレスへの移り方など、そうとは思えない行動もある。 本間和夫。 3年前の2014年に亡くなったことを、グレート小鹿が自分のブログで知らせている。 豊登道春と行動をともにして、引退時は国際プロレスだった。 白いトランクスと俊敏な動きは、寺西勇のメンターであることがわかる。 この頃は、すでに退団して渡米の計画を立てていたのかもしれない。 なお、アントニオ猪木は、この時期渡米していた。 さて、あなたは何人わかったかな?.

次の