プロ コントローラー switch。 Nintendo SwitchのProコントローラーは高いけど買い? 購入してみた

web.neustar.biz: 「2020最新版」Switch Pro コントローラー (ブルー) スイッチ プロ コントローラー 無線 Bluetooth接続 ジャイロセンサー HD振動 日本語説明書付き: ゲーム

プロ コントローラー switch

Contents• Nintendo Switch Proコントローラー レビュー Nintendo SwitchのProコントローラー(プロコン)はヨドバシカメラの実店舗で購入しました。 同商品は です。 Proコントローラー(プロコン)の大きさと形 箱からProコントローラーを出してみました。 思っていたより 分厚く、どっしりしています。 重さは約246gなので、ジョイコンを外したNintendo Switch(約297g)より、少し軽い程度です。 コントローラーの大きさと分厚さはこんな感じです。 折れ曲がっている影響で見た目以上の厚みになります。 形は Nintendo Switch本体とは異なり、携帯には不向きです。 Nintendo Switch本体よりも分厚く、 携帯性はありません。 カバンに入れて持ち運ぶのには向きません。 まぁ、Proコントローラーを持ち運んで使おうという人は殆どいないと思いますので大丈夫ですね。 Proコントローラー(プロコン)の操作性 Nintendo Switchは 携帯できることを売りにしているため、本体付属のジョイコンのボタンの大きさや配置に難があり、 従来の家庭用ゲーム機と比べ操作性は劣ります。 それはNintendo SwitchのジョイコンとProコントローラーを並べて比較すれば、 触らずとも明らかな事実です。 Proコンはジョイコンと比べ、 ボタンのサイズ自体が大きくなり、間隔も広くなっているのでボタンを押し間違いにくくなっています。 Nintendo Switchのジョイコンは特に L、Rボタンが本体を薄くするために細くなっており、ZL、ZRとの押し間違いが頻繁に起こりやすい設計になっています。 Proコントローラーの場合は、 L,Rボタンはしっかりと太めに作られて押しやすくなっています。 並べて比較してみれば 一目瞭然です。 Nintendo Switchは L,R,ZL,ZR ボタンの大きさが携帯性のために操作性が大きく犠牲になっていることが分かります。 Proコントローラーを使えば、 LとZL、RとZRの押し間違いは起こりにくくなります。 ボタンを多く使うゲームほど Proコントローラーの方が操作性が良く、遊びやすさを感じられます。 コントローラーの握りやすさと操作性は Proコントローラーの方が上です。 Wii UのGamePadと同様に、 加速度センサー/ジャイロセンサーも搭載しています。 NFC(近距離無線通信)にも対応しているので、 プロコンの上部中央にamiibo(アミーボ)を置けば反応してくれます。 ただし、Proコントローラーは モーションIRカメラには非対応です。 モーションIRカメラを使うゲームを遊ぶ場合は Joy-Con(ジョイコン)を使用する必要があります。 Joy-Con(ジョイコン)から変更して分かったこと 私のNintendo Switchのプレイスタイルは、ドックを利用してテレビに繋いで遊ぶ『 TVモード』と、Joy-Con(ジョイコン)を取り付けて持ち運ぶ『 携帯モード』の2つの利用がメインです。 Proコントローラーを買う前は 『TVモード』の時は、Joy-Con(ジョイコン)をグリップに取り付けて遊んでいました。 Nintendo Switchを『TVモード』から『携帯モード』に切り替えるたびに 「Joy-Con」を取ったり外したりするのが若干面倒でした。 Proコントローラーを購入してからは、 Nintendo Switchに「Joy-Con」を取り付けたままです。 『TVモード』で遊ぶ時はプロコンで遊び、『携帯モード』で遊ぶ時は、「Joy-Con」が付いたままのNintendo Switchを遊ぶので、 「Joy-Con」を付けたり、外したりする手間がなくなりました。 かっこよくNintendo Switchの「Joy-Con」を抜き差しする 任天堂のプロモーションビデオを全否定するような遊び方ですが、『TVモード』と『携帯モード』の切り替えが多いユーザーは Proコントローラーを買うと幸せになれると思います。 Proコントローラー はPCで使用可能らしいよ 購入した後に調べて分かったことですが、 Nintendo SwitchのProコントローラーはPCでも利用可能であると、ゲーム系大手メディアのIGNが伝えていました。 Nintendo SwitchのProコントローラーは、Bluetooth機能付きのPCでも使用できることが明らかになった。 これは任天堂がこれまで言及してこなかった機能だ。 パソコンゲーム用にNintendo Switchのプロコンを買う人は少ないと思いますが、 PCで使えることはマイナスにはなりませんね。 Proコントローラーがおすすめなのはこんな人 ここまで長々とNintendo SwitchのProコントローラーについて書いてきましたが、まとめると、 Proコントローラーの購入がおすすめなのはこんな人です。 Nintendo SwitchのJoy-Conの操作性に不満がある人• Joy-Conの取り外しが面倒な人• 任天堂純正のUSB充電ケーブルが欲しい人 Nintendo Switch本体には 充電用のUSBケーブルは付属していません。 任天堂純正のUSB充電ケーブルを手に入れるには、現時点ではか かの二択しかありません。 充電用の純正USBケーブルは単品では売っていません。 (2017年3月22日時点) 任天堂はを行っています。 不安な人は純正のケーブルを使用したほうが良いでしょう。 外出先でも快適にNintendo Switchを充電しながら遊びたいという人は、Proコントローラーを購入するという選択肢はアリだと思います。 ちなみに、Nintendo Switch なので、Proコントローラーを複数持っていれば揉めることなく多人数プレイも楽しくできそうです。 追記: プロコンは高いという人は という選択肢もあります。 Proコントローラーのスティックは壊れやすいと聞いてて心配だという人はをすると良いでしょう。

次の

Nintendo Switch ProコントローラーをPCで使う方法

プロ コントローラー switch

【 本記事のターゲット 】• ニンテンドースイッチを持っている• Proコントローラーが欲しい&プレイは上手くなる?• Proコントローラーと通常のJoy-Conの違い 今回はニンテンドースイッチで利用出来る「Proコントローラー」に関して、通常コントローラー「Joy-Con」との違いや様々なゲームをProコントローラーでプレイしてみてどうなったか?上手く出来たかどうかなど、実体験を通してご紹介してみたいと思います。 mog自身、自分で言うのもあれですが結構ゲーマーです。 さかのぼる事30年以上前、幼稚園児の頃からずっとゲームが好きで、基本やり始めたゲームは大抵友達の中で1番を取らないと気が済まないタイプ... ニンテンドースイッチの標準コントローラーはJoy-Conと言われており、皆さんご存知の下記タイプ。 上記で1プレイ用にも利用出来ますし、左右のコントローラーを分離して下記のように小さいコントローラーで複数人数で楽しむ事も可能ですよね。 凄く良く出来ていると思うのですが... 標準コントローラーだとインターネット対戦などで上手くいかない部分もあり... Nintendo Switch Proコントローラー購入レポ。 充電方法・接続手順・Joy-conとの比較 Proコントローラー、スマブラ仕様のスペシャルエディションを調達 mog家がニンテンドースイッチのProコントローラーを調達したのが2018年11月16日... ちなみに下記通常版のProコントローラーだと500円安く7000円くらいでゲット可能です。 性能に違いはないので、特にこだわりが無い方は通常のProコントローラーで良いかと。 上記の通りAmazonでポチッと手軽に購入で来ます。 そして... ピンポーン。 スマホのアダプタで充電可 という事で早速開梱。 中に入っていたのは下記Proコントローラー本体とUSBケーブルになります。 USBケーブルは伸ばしてみた所、多分1m50cmでしょうか... こちらのUSBケーブルですが、ProコントローラーとUSB-TypeCで接続出来るようになっていました。 ちなみに、仮にアダプタが無い方はニンテンドースイッチの背面にあるUSBポートに接続してみましょう。 こちらでも問題なく充電可能です。 ここのUSBポート、何の為にあるんだろう?と思っていたのですが、Proコントローラーで充電などに利用する事があるんですね。 充電すると、下記の通りProコントローラーの上部アイコンがオレンジ色?に光ります。 充電が完了すると、このランプが消えるといった仕様になっていました。 Proコントローラー登録・接続手順は簡単。 本体のUSB端子に接続するだけで自動登録 このProコントローラー... そういえばどうやってスイッチ本体と接続するんだろう?と疑問に思う方も多いかと。 通常Joy-conであれば、スイッチの左右のソケットに装着するだけで接続完了するのですが、Proコントローラーは当然ソケットに装着なんて出来ないですよね... これはProコントローラーの箱の裏に記載されていたのですが... 上記記述の右側上部の「スイッチ本体への登録が必要」欄を見てみると、スイッチとProコントローラーをUSBケーブルで接続すればOKです。 あ、さっき充電出来るかどうかで試しに接続したな... と思って、本体の設定・コントローラーを実際に見てみると... 無意識のうちに登録出来ていた様です(苦笑)。 ちゃんとProコントローラーのアイコンが表示されていますよね。 登録された後はJoy-conと使い勝手は一緒です。 Joy-Conとの比較。 スティック・ボタンが大きい&位置が違うので誤動作が少ない さて、気になる標準コントローラーJoy-ConとProコントローラーの比較です。 一体何が違うのか... 分かりやすいように、通常のJoy-ConとProコントローラーを並べながら見ていきましょう。 まずは正面からです。 上記左がProコントローラー、右がJoy-Conになりますね。 見て分かる通り、メインスティックとボタンが一回り大きいですよね。 見ても分かるかと思いますが、これ実際に操作してみるとこれ以上に大きく感じます。 このボタンが大きいかどうかで、使いやすいかどうかはmog自身はそんなに感じなかったのですが、一番大きいと思ったのは、スティックやボタンの下にある場所がProコントローラーだと左右にズレているんですよね。 これスイッチをプレイしている人なら分かるかと思いますが、特に右側の下にあるスティックって無意識のうちに勝手に当たってしまったりするんですよね。 Proコントローラーだと真下にスティックがないので、誤動作がほぼないです。 あと後ほど紹介しますが、Proコントローラーの左下にある十字キーが結構使い勝手が良い。 Joy-Conには十字キーないですからね。 上記並べて写真をとってみても、グリップ部分や本体が分厚いのが分かるかと。 mog自身まだ使い始めたばかりなので、若干違和感ありますが、これは直に慣れそうです。 Proコントローラーだと上記の通り結構ボタンがデカいです。 通常のJoy-Conだと下記のような感じ。 そこまで差はないかと思いますが、mog自身マリオカートなどのアイテムを持っている状態などの時には若干やりやすいですね。 Proコントローラー対応ソフトを確認しておく必要有り これはあんまり意識しなくても良いかもしれませんが... 一応Proコントローラーは対応しているソフトが決まっています。 HPでも確認出来るかと思いますが、上記ニンテンドースイッチのソフトパッケージの下の方に、Proコントローラーが対応しているかどうかといった記述があります。 上記が拡大写真、ここに対応と記載されているソフトに関して、Proコントローラーが利用出来るそうです。 mog家は現在下記ソフトを持っているのですが... スプラトゥーン2• スーパーマリオオデッセイ• マリオカート8デラックス• ぷよぷよテトリスS• この帽子が上手く使いこなせるかどうかが、クリア出来るかどうかというポイントにもなってきます。 その中でもひと際難しいのが帽子投げ&ホールドで足場を作ってジャンプするというアクション。 これをすると、マリオが空中で二段ジャンプするような感じになるのですが、Joy-Conでこれをやろうとするとヒップドロップ等になってしまって中々出来なかったりします。 基本一緒のはずなのですがタイミングが良く合うようになりましたね。 その2:マリオカート8デラックス、アイテムが持ちやすい・ドリフトがしやすい 次にマリオカート8デラックス。 ネタ作りというのもあったのですが、一時期かなり頑張りましたね。 対戦RATEも10000overとなっています。 以前マリオカートのオンライン対戦に勝つ為のポイントを下記記事にてご紹介していますので、良ければこちらご覧下さい。 で、Proコントローラーでマリオカートをするとどうなるか... これもボタンが大きいからか、まず押す時にズレない&押しっぱなしでもそんなに苦痛にはならないですね。 Joy-Conの場合だとアイテムホールドした状態でのドリフトが結構難しかったりやりにくかったりしたのですが... Proコントローラーがこのあたり快適に利用出来るような感じがしました。 その3:スプラトゥーン2、ボタンの誤動作がかなり減ったがそんなに変わらず 次にスプラトゥーン2。 こちらも一時期かなりハマりましたね... mog自身Wii Uの「1」からプレイしているので、まだたまにやる事があるのですが、とりあえずウデマエXに辿り着いたので今は一息ついています。 ちなみにスプラトゥーン2に関しても、ウデマエXプレイヤーの実戦内容・攻略法という形で、別記事にて纏めていますので良ければご覧下さい。 さて、スプラトゥーン2をProコントローラーでやるとどうなるか... はっきり言って、ほぼ変わらないです(苦笑)。 うーん、エイムが合うようになって来たような気はしますが、これはProコントローラーという訳ではなさそう... Joy-Conだと、たまに右下にあるスティックに当たってしまう事があったのですが、それが無くなった... というくらいでしょうか。 やりやすいとは思いますが、Joy-Conでも十分問題ないレベルかと。 その4:ぷよぷよテトリスS、圧倒的に使いやすい&十字キー最強 最後に最近購入したぷよぷよテトリスS&ぷよぷよeスポーツ。 mog自身、子供の頃からぷよぷよが大好きで、こちらもとりあえず対戦レートは10000突破しています。 今12000くらいだったかな... こちらに関しても下記別記事にて攻略法を纏めているので、良ければどうぞ。 で、このぷよぷよをProコントローラーで実戦したらどうなるか... これがぷよぷよにしろテトリスにしろ、中々操作が難しい... よく1列ズレたりします。 TIPS:バッテリー持続時間が長い。 一度充電すれば40時間、Joy-conの倍以上 あと全体に言える事ですが、Proコントローラーのバッテリーの持ちはかなり良いです。 任天堂の公式HPの仕様によると、下記バッテリーの持続時間は下記の通り。 Switch本体: 約2. 5時間~6. 5時間• Joy-Con: 約20時間• Nintendo Switch Proコントローラー: 約40時間 これだけ見ると、Joy-Conのたった2倍か... と思うかも知れませんが、mog自身それ以上に持続しているような気がする... まぁプレイするゲームによっても違うとは思いますが。 普通にゲームプレイし続ける分には1週間は持つんじゃないでしょうか。 まだ最初に充電してから一度もバッテリーが切れていないので... Joy-Conだと結構充電切れが発生する事がありますが、Proコントローラーだと最悪充電しながらでもプレイする事も出来ますしね。 例に上げると、モバイルバッテリーを足下に置いといて、USBケーブルで充電しながらプレイするとか... Joy-Conだとオプション付けてない限りはスイッチ本体で充電しないといけない=プレイ出来ないので... 最後に 今回はニンテンドースイッチで利用出来るProコントローラーに関して、Joy-Conと比較などをしながら実際に利用してみた体験を元にメリットなどをご紹介しました。 はっきりいって、通常プレイだけであればJoy-Conで十分です。 が、やはり対戦ゲームなどはProコントローラーは効力を発揮するかも。 所々良い部分が出てくるので、それだけで若干相手よりはアドバンテージがあるんじゃないでしょうか。 Proコントローラーの購入を検討しているという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

次の

Nintendo SwitchのProコントローラーは高いけど買い? 購入してみた

プロ コントローラー switch

ニンテンドースイッチの標準コントローラー• 左右別々にして2人プレイができる• 左右どちらにもジャイロセンサーがある• 左右どちらにも加速度センサーがある• 赤外線カメラは右コントローラーのみ• 1セット追加購入すれば4人同時プレイが可能 本体にも付属している標準コントローラーである Joy-Con の最大の特徴は、左右それぞれが独立したコントローラーになる点です。 例えばマリオカート8デラックスであれば、コントローラーを追加購入しなくても2人でプレイできます。 コントローラーが小さい割に、大人が持ってもしっかりとホールドできるのが利点です。 Nintendo Switch Pro コントローラー• Joy-Con よりも操作しやすい• ジャイロセンサーや加速度センサーあり• 本体のドックに有線接続できる• 充電しながらプレイできる• 赤外線カメラなし(通常のゲームでは不要)• 値段が高い 通称プロコン。 サイズが小さい Joy-Con と違い、ずっしりとしたコントローラー。 Wii や WiiU のプロコン同様、本気でゲームをやる人向けに作られています。 マリオオデッセイや ARMS は Joy-Con のほうが操作しやすいですが、スプラトゥーン2は確実に Pro コントローラーがあったほうが楽です。 長時間のプレイでも疲れにくいので、ヘビーユーザーであれば用意しておきたいコントローラーです。 専用コントローラーについている機能 Joy-Con と Pro コントローラーが持つ機能は基本的に同じです。 違いを挙げるなら、赤外線カメラ(モーションIRカメラ)の有無と、Joy-Con のみ内側に SL, SR ボタンが付いている点です。 共通している機能は次の通りです。 Nintendo の正規ライセンス商品• 連射機能がある• 有線接続なので電池切れの心配がない• テレビモードでしか使えない• 無線でプレイできない• ジャイロセンサーがない• 加速度センサーがない• バイブによる振動がない• NFC がない(amiibo を読込めない) ファミコン時代から独自機能をもったコントローラーを販売していた HORI から、 連射機能がついたコントローラーが登場です。 ただ、できないことが多すぎて、Swich 用のソフトをプレイするには物足りないコントローラーです。 ジャイロセンサーや加速度センサーがないため、スプラトゥーン2をプレイするのはほぼ不可能です。 コントローラー自体を動かす必要のない Minecraft や、過去のゲームをリメイクして配信されているゲーム用に使えます。 値段相応の性能と考えてください。 ワイヤレスホリパッド for Switch• Nintendo の正規ライセンス商品• 加速度センサー搭載• ジャイロセンサー搭載• ワイヤレスで接続できる• USBで充電可能• 重さ 170g と軽い• バイブによる振動がない• NFC がない(amiibo を読込めない)• 有線接続できない ついにホリから、格安版プロコンの販売が開始されます。 振動用のバイブや amiibo 読み込み用の NFC が無いなど、プロコンよりも機能が省かれているため価格が抑えられています。 前項のホリパッドよりは Switch 用として最適化されているので、安くワイヤレスコントローラーを入手したい方にはちょうど良い製品です。 Switch 用ホリクラシックコントローラー• Nintendo の正規ライセンス商品• ゲームキューブコントローラーの配置そのもの• 有線接続なので電池切れの心配がない• テレビモードでしか使えない• 無線でプレイできない• ジャイロセンサーがない• 加速度センサーがない• バイブによる振動がない• NFC がない(amiibo を読込めない) まさにスマッシュブラザーズ Special を意識して作られたとも言える ABXY ボタンの配列。 既存のゲームキューブのコントローラーを使う方法も後述していますが、スマブラ用にコントローラーを追加で購入しようと思っているなら、プロコンよりもキー配置が最適化されたコントローラーの方が間違いなく操作性は良いです。 さすが、かゆいところに手が届く HOLI らしい製品です。 BEBONCOOL Switch コントローラー• 無線でのプレイが可能• ジャイロセンサーあり• 加速度センサーあり• HD振動あり• Nintendo ライセンス商品ではない• NFC がない(amiibo を読込めない) ホリパッドと比較すると持っている性能差は歴然です。 ただ Amazon のレビューを見ると、良し悪しの評価が2つに別れています。 値段は Pro コントローラーの半分以下ですが、性能もそれなりです。 Joy-Con ではなく普通のコントローラーで遊びたい人向けですが、長期に渡ってスイッチで遊びたい人であれば Pro コントローラーをおすすめします。 過去の Nintendo ゲーム機のコントローラー それでは本題となる、過去のゲーム機で使っていたコントローラーを再利用できるのか?について説明していきましょう。 Wii リモコン プラス Switch に USB 接続すると、PS3 や PS4 のコントローラーが使えるようになってしまう、驚きの機器を最後に紹介しておきます。 この製品に対して外部コントローラーを Bluetooth 接続することで、スイッチの本体側では有線接続されたかのように認識させてしまう機器です。 これがあれば、前述の Wii U Pro コントローラーも使えるようになってしまいます。 詳しい情報は Amazon レビューを参考にしてもらうのが、一番わかり易いです。 実体験による情報が多く掲載されているので、使いたいコントローラーに合ったものを見つけられるのではないでしょうか。 (商品としては怪しげですが、実は結構売れています。 ) まとめ.

次の