足利フラワーパーク イルミネーション 混雑。 足利フラワーパークのイルミネーション気になる開催日程や料金は?混雑についても|akiko's blog

足利フラワーパークのイルミネーション気になる開催日程や料金は?混雑についても|akiko's blog

足利フラワーパーク イルミネーション 混雑

足利フラワーパークイルミネーション2019!いつから?混雑予想など! 足利フラワーパークイルミネーション2019! 足利フラワーパークイルミネーションといえば先ほども言いましたが三大イルミネーションの1つ! すごいですね~ 余談なんですが、この足利フラワーパークイルミネーションは、実は3年連続で全国1位を誇るイルミネーション! これはかなり期待できますね! といってもそこまですごいイルミネーションなので気になるのはその混雑ぶり! 混雑していてイルミネーション楽しめない!! なんてことになりたくないですよね。 というわけで早速行ってみましょう! 足利フラワーパークイルミネーション2019基本情報 名前 足利フラワーパークイルミネーション 光の花の庭 フラワーファンタジー2019 住所 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607 電話番号 TEL. 0284-91-4939 点灯時間 16:30~21:00 土日祝は21:30まで 休園日 12月31日 足利フラワーパークイルミネーション2019いつから? さて今年足利フラワーパークイルミネーション2019はいつからなのか。 今年2019年の足利フラワーパークイルミネーション2019は、 2019年10月26日(土)~2020年2月5日(水) までとなっています。 光と花のコラボレーション~光とアメジストセージの融合~ 10月26日~11月中旬まで フラワーパークのクリスマス~クリスマスファンタジー~ 11月下旬~12月下旬まで ニューイヤーイルミネーション~光と冬咲きボタンの競演~ 2020年元旦~2月5日まで となっています。 行く期間によって見れるイルミネーションのテーマが変わるのでいつ行くのか?決めたいですね。 問題は・・・! 駐車場なんです。 足利フラワーパークイルミネーション駐車場情報 専用駐車場はある? 足利フラワーパークイルミネーションの専用駐車場があります。 しかも無料!! 平日であれば特に問題はないのですが、土日祝または、休み前の日。 この辺りは激混みになります。 駐車場で駐車できる場所を探すことに時間を費やすことになることでしょう。 そして一番混むのはやっぱりクリスマスシーズン! クリスマスシーズンはカップルたちがこぞってイルミネーションをみにきます。 カップルだけは無く、女性同士の友人たち、ファミリー層だってきます。 なので、この12月中の土日祝、または24日、25日あたりは要注意です。 なので駐車場確保は絶対にできるようにしておきたいですね。 これをしておくだけで当日の駐車場探しをしなくて済みますからね。 あくまでも、無料専用駐車場が満車になってしまったら・・・の場合になりますが・・ それは、駐車場を予約しておくこと。 今の時代んです 今は本当に便利ですよね。 というサイトで予約をしておけば駐車場に困ることはありません。 かなり便利なサイトなのでお出かけ前にチェックしておきたいですね。 できればこういう予約サイトなどをしっかり利用して時間をうまく効率よく使いたいですね。 必ず確保するには? イルミネーションの点灯時間は午後16時半から開始ですね。 なので! これより一足先に現地へ着いて先に駐車しちゃいましょう! 時間をつぶすにはなんとでもなりますが、車が停められないのはかなり痛い! なので、点灯時間より早くに現地入りして駐車してしまえば必ず確保できます。 あとは先ほど言った駐車場の予約をしておくか・・になります。 お昼に楽しむ場合は、ちょっと料金が変動します。 一応書いておきますね 期 間 大 人 子 供 2019. 01月01日 ~ 04月12日 300円 ~ 1,200円 200円 ~ 600円 2019. 04月13日 ~ 05月26日 900円 ~ 1,800円 500円 ~ 900円 2019. 05月27日 ~ 06月30日 500円 ~ 1,200円 300円 ~ 600円 2019. とても綺麗でした。 でもその素晴らしさに感動することでしょう。 料金も安いし! 絶対にいい思い出になるのは間違いなし! 今年はぜひこの素晴らしいイルミネーションを堪能してみてくださいね。

次の

足利フラワーパーク・イルミネーション2019の期間や時間・混雑予想!

足利フラワーパーク イルミネーション 混雑

車にカーナビを搭載している方って結構いらっしゃると思うので、 ナビに、「あしかがフラワーパーク」の施設名や住所、電話番号を入力すれば、 あとは簡単にナビ様が案内してくれるんですが。 Cは、 佐野藤岡I. Cです。 少し進むと左手にローソンが見えてくるので、ローソンのある交差点を左折。 また、しばらく道なりを進んで行くと、「フラワーパーク入口」の看板が出てくるので、 その看板に従って右折していけばOKです^^ 混雑もなければ、佐野藤岡I. Cが3つあるので、 自分の都合のいいI. Cで降りるといいですね! まず、1つ目が、 佐野田沼I. Cです。 佐野田沼I. Cを降りて、信号を右折で県道16号線に入る。 しばらく道なりで、ローソンのある交差点があるので、そこを右折です。 Cです! 足利I. Cを降りて、信号を右折して国道293号線へ。 しばらく進むと、右手にローソンのある交差点に差し掛かるので、 そこを左折で県道40号線に入る。 そのまま道なりを進んで行き、県道67号線で左折です。 Cについて。 太田桐生I. Cで降りたら、「桐生 足利」方面へ向かいます。 只上交差点を右折で国道50号線の桐生バイパスへ。 しばらく道なりを進み、久保田町交差点に差し掛かるので、 そこを左折で県道20号線に入ります。 T字路になるまでひたすら道なりを進み、T字路で左折です。 さすが、イルミネーションにも力を入れているだけありますよね! 足利フラワーパークから10分ほど歩くことになるんですが、 それほど遠い感じはしません。 開催時期になると、テレビやメディアでも取り上げられたりするのも、 結構、見かけたりしますしね。 なので、この時期は結構混雑したりなんです。 とは言っても、大藤まつりのほうがすごいようですが。。。 それで、足利フラワーパークのイルミネーション時期でより混雑が予想されるのが、 イルミネーションが始まったばかりの時期(10月中旬)や12月のクリスマス時期なので、 そこを外せば比較的、混雑は気にせずに楽しむことができます。 しかし、折角なら、クリスマスのデートでイルミネーションをって方もいるかと。 しかし、足利フラワーパークのこの時期の夜の部門は、15時半から入園可能なので、 イルミネーション点灯前から入園することが出来るんです! なので、この点灯前から入園しておくことが、混雑回避方法です。

次の

足利フラワーパーク 雨の日のイルミネーションは綺麗?雨天時の混雑と感想

足利フラワーパーク イルミネーション 混雑

あしかがフラワーパークの営業時間は、季節や花の開花状況によってかなり変わってきます。 ここではある程度の目安をお伝えします。 まず春秋の営業時間は午前9時~午後6時になっています。 上記の時間があしかがフラワーパークの基本の営業時間になります。 そして夏冬の営業時間は午前9時~午後5時を基本に営業しています。 長期休みの方も多そうな季節ですが、この時には通常期より営業時間がちょっと短くなります。 しかし、初夏や冬の期間に関しては、5時以降も来場できるチャンスがあります。 それが4~5月の期間に行われる「大藤まつり」や11月以降に行われる「イルミネーション」などの各種のイベント期間です。 イベント期間中は、営業時間が延長され午後9時頃まで営業します。 この時間帯があしかがフラワーパークの営業時間で、一番遅いタイミングになっていますね。 営業時間 ・春秋:午前9時~午後6時 ・夏冬午前9時~午後5時 ・大藤まつり/イルミネーション開催時期:午前9時~午後9時 入場チケット あしかがフラワーパークの入場チケットですが、こちらも花の咲き具合などによって入場チケットの値段も変動します。 大体9時から18時ごろまでの通常営業を行っている時には、大人の方なら最低300円、最大1,800円程度まで上下します。 ただ基本的には、大体1,000円くらいで購入できると考えれば大丈夫でしょう。 あしかがフラワーパークの混雑:イベント 藤とイルミネーションのコラボが楽しめます 「大藤まつり」は4月中頃から5月にかけて行われるイベントです。 名前からもわかるように、藤の花を鑑賞できます。 中でも見所となっているのが、1,000㎡の近い大きさを持つ紫藤です。 樹齢は150年にも及び、近づくと空を埋め尽くすような藤棚に圧倒されてしまいます。 もちろん、これだけの大きさの藤は他の植物園にもなかなか例がありません。 この他にも白や黄色に咲いた藤の花も見られる、花好きにはとっても魅力的なイベントになっています。 特に6時以降は藤の花がライトアップされ、一層美しさに磨きがかかります。 ライトアップ時は、かなりの混雑が予想されます。 特に週末の土日などに行くのは、覚悟が必要です。 ・ イルミネーション「光の花の庭」 藤とイルミネーションのコラボが楽しめます あしかがフラワーパークの中で、もう1つ大きな人気を集めるイベントがあります。 それがあしかがフラワーパークが11月から2月中旬に行っているイルミネーション「光の花の庭」です。 こちらは主に夜に行われるイベントであり、植物園中でイルミネーションが行われます。 この時使われる電球の数は450万個にも及び、「ハウステンボス」「さっぽろホワイトイルミネーション」と共に日本三大イルミネーションの1つに数えられる程です。 イルミネーションには思わず息を呑むような美しさがあります。 特にクリスマス前後は、カップルなどが多く訪れるので、植物園全体が混み合います。 ・ あしかがフラワーパークの混雑:スポット 魅力的なイベントを行う、あしかがフラワーパーク。 ではどんな所で特に混雑するのでしょうか? 駐車場 まずあしかがフラワーパークの駐車場は、かなり混雑するスポットです。 これには、あしかがフラワーパークに車でアクセスしやすいことが上げられます。 何しろあしかがフラワーパークは、首都圏から90分程度で到着できるのです。 休日にドライブがてら、行ったりするにもちょうど良いですね。 また、あしかがフラワーパークには6000台分の駐車場があるのですが、その内、常に解放されているのは300台程度になります。 朝の早い時間にできないと、他の駐車場が開くまで車で待たなければなりません。 チケット窓口 続いて混雑するのが、チケット窓口です。 混雑している時は利用者も多いだけに、あしかがフラワーパークのチケット売り場はすぐに行列ができてしまいます。 ゆっくり昼頃に来てしまった場合だと、ズラッと並ぶ混雑の列に巻き込まれてしまうかもしれません。 レストラン あしかがフラワーパーク内にあるレストランが「レストラン ウェステリア」。 周囲に咲く花々を見ながら、軽食などを楽しめます。 風景を味わいながら食事ができることもあって、夕食時には多くの人が訪れ混雑します。 繁忙期にはかなり待つ可能性もあるので、気を付けましょう。 あしかがフラワーパークの混雑:回避方法.

次の