建設 業 キャリア アップ システム。 建設キャリアアップシステム(CCUS)登録

建設産業・不動産業:建設キャリアアップシステム

建設 業 キャリア アップ システム

【建キャリ登録した?】建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリット 【建キャリ登録した?】建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリット• 2019. 21更新 今回は建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリットを取り上げます。 業界がこぞって建設キャリアアップシステム登録をしよう!という流れになっていますが、知り合いの業者さんは登録していないし、登録要請はあるけど別になくても仕事は来るのでまだ登録しなくてもいいかなと思いますよね?とはいえこのまま放置しておくのも…とも思っていませんか? この板挟み状況は、建設キャリアアップシステム登録のメリット・デメリットを知ることにより解消されます。 この記事を読むことで、建設キャリアアップシステム登録を前向きに考えることが出来るでしょう! ではさっそく説明を始めましょう。 令和2年1月1日以降、新規で外国人実習生が雇用できなくなる。 国交省は建設分野の技能実習生の受入れに当たり、下記事項を義務化しました。 申請者(雇用先)が建設業法第3条の許可を受けていること• 申請者(雇用先)が建設キャリアアップシステムに登録していること• 技能実習生を建設キャリアアップシステムに登録すること よって建設キャリアアップシステムの登録を行っていないと令和2年1月1日以降、新規で外国人実習生を雇用する事は不可能です。 また実習生の雇用が決まってから登録するにしても、事業者登録の登録完了までに1~3か月の期間を要するので、実習生を速やかに受け入れることが困難になります。

次の

行政書士が代行します!建設キャリアアップシステム

建設 業 キャリア アップ システム

1.建設キャリアアップシステムとは 建設業が将来にわたって、その重要な役割を果たしていくためには、現場を担う技能労働者(技能者)の高齢化や若者の減少といった構造的な課題への対応を一層推進し、建設業を支える優秀な担い手を確保・育成していく必要があります。 そのためには、個々の技能者が、その有する技能と経験に応じた適正な評価や処遇を受けられる環境を整備することが不可欠です。 建設業に従事する技能者は、他の産業従事者と異なり、様々な事業者の現場で経験を積んでいくため、個々の技能者の能力が統一的に評価されにくく、現場管理や後進の指導など、一定の経験を積んだ技能者が果たしている役割や能力が処遇に反映されにくい環境にあります。 こうしたことから、技能者の現場における就業履歴や保有資格などを、技能者に配布するICカードを通じ、業界統一のルールでシステムに蓄積することにより、技能者の処遇の改善や技能の研鑽を図ることを目指す「建設キャリアアップシステム」の構築に向け、官民一体で取り組んでいるところです。 平成31年4月、建設キャリアアップシステムの本格運用が始まりました。 事業者は、商号、所在地、建設業許可情報を登録します。 登録により、技能者には、ICカード(キャリアアップカード)が配布されます。 現場を開設した元請事業者は、現場情報(現場名、工事内容等)をシステムに登録し、技能者は現場入場の際、現場に設置されたカードリーダー等でキャリアアップカードを読み取ることで、「誰が」「いつ」「どの現場で」「どのような作業に」従事したのかといった個々の技能者の就業履歴がシステムに蓄積される仕組みとなっています。 また、建設業退職金共済制度における証紙の貼付状況が確実かつ容易になるとともに、技能者・事業者がそれぞれ就業実績や資格取得などの状況を確認することを通して、更なる技能の研鑽や資格の取得につなげていくことが可能になります。 さらに、建設業を一旦離れ再入職する際に、離職以前に習得した資格・研修や現場経験を客観的に証明できるといった活用が期待されます。 技能者を雇用する専門工事業は、雇用する技能者の水準を客観的に把握できるとともに、その施工力をアピールすることが可能となります。 人材の育成に努め、優秀な技能者を抱える専門工事業者は、これを発注者や元請企業にアピールすることにより、受注機会の拡大につなげていくことが期待できます。 現場を管理する元請企業は、システムを活用し、社会保険加入状況の確認など、現場管理の効率化、現場のコンプライアンスやトレーサビリティの確保を図ることが期待できます。 また、優秀な人材を抱える専門工事業者の選定に活用できるほか、顧客に対して施行に携わる技能者のスキルをアピールするといった活用も可能となります。 既に独自の就労履歴システムを運用している事業者においては、建設キャリアアップシステムとの連携により、システムの拡充や合理化を図ることも可能です。 さらに、技能者の能力評価基準の策定を通じて、将来的には専門工事業者の評価にもつなげていきたいと考えています。 3.詳細について 運営主体である(一財)建設業振興基金において、システムのメリットや利用方法、システムに関するQ&Aなどを掲載した専用サイトを開設し、システムの周知・普及に努めております。 また、システムをわかりやすく紹介した動画も作成しております。 こちらもご覧ください。 【外部リンク:(一財)建設業振興基金】 4.建設キャリアアップシステム運営協議会 建設キャリアアップシステムの円滑かつ適正な運営を進めるための合議体として、行政と建設産業関係団体で構成される「建設キャリアアップシステム運営協議会」を設置しております。 <開催状況> 第1回総会(平成29年6月30日) 【外部リンク:(一財)建設業振興基金】 第2回総会(平成29年11月6日) 【外部リンク:(一財)建設業振興基金】 第3回総会(平成30年3月30日) 【外部リンク:(一財)建設業振興基金】 第4回総会(平成30年8月10日) 【外部リンク:(一財)建設業振興基金】 5.建設キャリアアップシステムの普及・利用促進に向けた建設業関係団体説明会 建設業関係団体を一堂に集め、システムの概要や期待される効果、普及・利用促進に向けた取組等について説明会を開催しています。 <開催状況> 第1回説明会(平成29年11月15日) 第2回説明会(平成30年6月21日) 、、 、、 、、 、 5.その他 これまでの検討経緯.

次の

任意?強制?建設キャリアアップシステムに登録しないとどうなる?

建設 業 キャリア アップ システム

システムへの登録は義務ではありません 現状、建設キャリアアップシステムへの登録は任意とされており、登録しないことによる罰則等はありません。 ただし、状況によっては登録が必須となる場合もあるため注意が必要です。 外国人技能実習生を受入れる場合は登録が必要です 建設分野では外国人技能実習生の失踪が最多となっており、この対策の一環として技能実習および外国人建設就労者受入事業の受け入れ基準の見直しがなされています。 このコラムは建設キャリアアップシステムをテーマに作成しているため、見直しの詳細については省略させていただきます。 詳細につきましてはをご覧ください。 この見直しで追加された項目で建設キャリアアップシステムについてのものがあり、次のように定められています。 申請者が建設キャリアアップシステムに登録していること• 技能実習生、外国人建設就労者を建設キャリアアップシステムへ登録すること この見直しは2020年1月より施行されることとなっています。 また、在留資格「特定技能」での受入れ基準の見直しについては、既に 2019年4月 施行されています。 このため、技能実習、外国人建設就労者受入事業および特定技能での受入れを予定している場合、建設キャリアアップシステムの登録が必須であると認識しておく必要があります。 外国人材の受入れを行っていないなら、登録不要? 上記で外国人材の受入れを行う場合、登録が必須であると説明させていただきました。 では、外国人材の受入れを行っていない、予定もないため登録をしないといった場合、どういったことが考えられるのでしょうか。 経営事項審査の加点項目への影響 経営事項審査では「技術力」および「その他社会性」の項目で改正が予定されています。 技術力 知識及び技術又は技能の向上に関する取り組みの状況(W 10)を新設し、技術者ではCPD( 継続教育 )の取得単位を評価、技能者では建設キャリアアップシステムでのレベルアップを評価する。 (2021年4月改正予定) 建設業法において建設工事の従事者は知識、技術、技能の向上に努めることが求められており、継続的な教育意欲促進といった観点で、新たに追加された評価項目となります。 また、「その他社会性」の項目においては、 経理状況(W 5) の改正も予定されており、建設業経理士について単に資格を保有しているだけではなく、登録経理士講習実施機関に登録された登録経理士( 経理に関して継続的に知識の向上に努めている経理士 )を加点対象とするといった改正もなされています。 影響はある?? 経営事項審査基準の改正で、建設キャリアアップシステムへ登録する技能者レベルによって技術力の評価がなされ、さらに継続的な教育意欲促進に取り組んでいるとして技能者のレベルアップも評価対象となります。 評価対象が増えるということは、経営事項審査における評点への影響は当然出てきます。 ただし建設キャリアアップシステムにおいて技能者の能力は4段階にレベル分けされるのですが、 現時点(2019年11月)で、この能力を評価する「認定能力評価基準」が決定しているのは登録基幹技能者制度のある35業種のうち、鉄筋技能者、型枠技能者等9業種にとどまっています。 この基準が決定するまでは、適正にレベル分けを行うことができません。 このため例外としてレベル4が与えられる「登録基幹技能者」の資格保有者を除き、多くの方はレベル1でのスタートとなります。 つまり認定能力評価基準が整備されるまでは、大きな差はつきにくいということになります。 認定能力評価基準の整備にはもうしばらく時間を要すると思われますが、時期が早いか遅いかというだけで、経営事項審査結果への影響は発生するため早めに準備をしておくべきです。 公共工事への影響 公共工事等への影響については今後、注意深く見守っていく必要があります。 なぜかというと、知っている方もいると思いますが、既に独自の活用を開始または検討している発注機関があります。 いくつかの事例を紹介します。 活 用 事 例 【山梨県】 総合評価落札方式による土木一式工事において、事業所および技能者の登録が行われている場合、評価点2点を加点 【長野県】 ・総合評価落札方式において、現場でシステムを運用する企業の評価を検討 ・登録業者等に対し、入札参加資格付与における客観点数での加点を検討 【福岡県】 2019年度より入札参加資格審査における地域貢献活動(働き方改革)の評価項目で事業者登録を選択項目の一つとする 3県での取り組みを紹介しましたが、上記以外でも栃木県、静岡県、熊本県、宮城県などでもシステム登録に伴う加点を検討している模様です。 こういった動きは、今後さらに広がっていく可能性があります。 自社の地域の発注機関の状況、方針等、情報収集を欠かさず、慌てることがないように準備が必要といえます。 元請事業者からの登録依頼も 現在、このシステムを登録を進めていくために、元請事業者を中心に働きかけを行っているようで、登録事業者は元請事業者が多数となっています。 このシステムでは、施工体制台帳、現場入場者の確認等、元請事業者が行う事務の効率化も目指しているのですが、効果を出すためには下請事業者のシステム登録が必要です。 このため、元請事業者よりシステム登録をするよう依頼される可能性もあります。 また、ある程度登録事業者が増えてきた場合は、登録事業者の中から下請事業者を選ぶといったことも考えられます。 機会があれば建設キャリアアップシステムへの対応について元請事業者に話を聞いてみて下さい。 結論は? あくまでも私の考えですが、いずれ登録をせざるを得ない状況になると思います。 国は5年以内にすべての業者が登録することを目指しています。 今後も登録を進めるために、経営事項審査基準の更なる改正、建設業許可への活用等、様々な施策を打ち出してくるのではないでしょうか。 このシステムの是非はともかく、登録は避けられないのかなと感じています。

次の