ポケモン性別不明。 【ポケモン剣盾】遺伝の仕組みを徹底解説!初心者向け【ポケモンソードシールド】

性別不明

ポケモン性別不明

概要 乱数調整なしで6Vメタモンはまず手に入らない 対戦において不可欠であるポケモン厳選。 それに大きく貢献してくれる6Vメタモンを、自力で手に入れるのはほぼ不可能です。 サーチやポケトレで高個体メタモンを狙ってもせいぜい4V。 運が良くて5Vが手に入るかどうかです。 乱数調整というグレーな手法を使わないと6Vメタモンはまず手に入らないため、乱数に頼りたくない、乱数のやり方がわからないという方は代用となるポケモンを用意しましょう。 解説 6Vメタモンの代わりになる7匹のポケモン 名前 グループ 歩数 コイキング 水中2、ドラゴン 1280歩 マリル 妖精、水中1 2560歩 グレッグル 人型 2560歩 コロモリ 飛行、陸上 3840歩 スコルピ 虫、水中3 5120歩 フシギダネ チコリータ トロピウス ナエトル ユキカブリ 植物、怪獣 5120歩 デスマス 不定形、鉱物 6400歩 タマゴグループは全部で13種類あり、それぞれに属して最も孵化歩数の少ないポケモンが上記の7体です。 植物、怪物のグループは何匹か候補がありますが、フシギバナが対戦で活用される機会が多いので、フシギダネがおススメ。 性別不明ポケモンの厳選をするなら4Vメタモンで スターミーやゴルーグといった性別がないポケモンの場合、メタモン以外でタマゴを発見することができません。 もし性別不明のポケモンを厳選するのであれば、4V以上の高個体値メタモンを複数用意しておく必要があります。 大まかな流れは基本的な厳選と同じ。 どんどん高個体を生み出しては、育て屋に預け替えることを繰り返してVの箇所を増やす。 4Vメタモン2体用意した厳選の場合です。 コイキングだけ未計測。 ただし途中で6Vのオニゴーリやヤドランが作れて、それを親にしてマリルやデスマスの6Vを作ったので正確な数値ではないです。 あくまで目安に。 合計で1000個以上の孵化をしていて、3DSを2台使っての作業だったので、20時間ぐらいかかりました。 国際孵化も狙っていたのでグレッグルとマリルの色違いもゲッツ。 ある時ふっと6Vが当たる感覚なので、気長に取り組んでください。 6V作るのがしんどい場合は、攻撃、特攻それぞれが抜けた5Vを用意するのも一つの選択肢です。 なので高個体を作るまでの過程で、メタモンよりも時間がかかります。 性別不明には対応していない 上記でも解説しましたが、性別不明のポケモンはメタモン以外との組み合わせではタマゴが生まれません。 スターミー、ゴルーグのようなポケモンを厳選する場合は、高個体のメタモンを用意するのが唯一の方法です。 こうやって書いてみると、いかに6Vメタモンが優秀であるかがよくわかります。

次の

性別不明

ポケモン性別不明

タマゴグループが「性別不明」のポケモン 29• 5100歩• 5100歩• 5100歩• 5100歩• 6375歩• 6375歩• 5100歩• 5100歩• 6375歩• 10200歩• 5100歩• 5100歩• 3825歩• 5100歩• 5100歩• 5100歩• 10200歩• 6375歩• 5100歩• 5100歩• 5100歩• 2550歩• 5100歩• 10200歩• 10200歩• 5100歩• 6375歩• 5100歩• 5100歩.

次の

ポケモンBW 厳選する時性別のあるポケモンと性別不明のポケモ...

ポケモン性別不明

今回は国際孵化と固定孵化と言われる方法の併用で色違いを狙う方法を紹介します。 国際孵化によって色違いの確率が飛躍的に上がるのは紹介した通りです。 ・変わらずの石を持たせると性格が100%遺伝 ・個体値や特性、性別、色違いかどうかの判定は卵ができる前に決まっている。 赤い糸と変わらずの石を持たせてタマゴを作った場合、生まれてくるポケモンの個体値の遺伝箇所、残り1箇所の個体値、性格、性別、特性、色違いかどうかなどの情報は卵ができる前に決まっています。 正確なタイミングは、一個前のタマゴを受け取るor受け取らないを選択した時に決まります。 どちらを選んでも次にできるタマゴの情報がこの時点で確定します。 固定孵化とは 上記の能力の決定タイミングを利用して色違い孵化をする方法があります。 通常の国際孵化では色違いが出た時にA抜き5Vなどの理想個体ができる確率が6分の1でしたが、固定孵化では3分の1にすることができます。 国際孵化を行う際に以下の方法で厳選します。 これは一例ですので応用してください。 1 コイキング(孵化歩数が少ない為)国籍が違う6V同士を育て屋に預ける。 必ず赤い糸、変わらずの石を持たせる。 メスは夢特性。 2 セーブする。 3 自転車で走りタマゴができたら受け取り孵化をして色違いか確認する。 4 色違いでなければリセットする。 5 ゲーム再開したら自転車で走ってタマゴができたら受け取りを 拒否してセーブする。 この3~5を色違いが出るまで繰り返します。 先ほど言った通りタマゴを拒否した時点で次にできるタマゴの情報が決まります。 もし色違いなら、拒否した時点で色違いが確定します。 色違いが出たら6以降へ。 6 色違いを確認したらジャッジに見せて個体値と特性、性別を確認して リセットします。 7 ゲーム再開後、タマゴができる前に育て屋から親を回収してセーブします。 この状態で次に孵化したポケモンの色違いが 固定されます。 これにより次に預けたポケモンがコイキング以外でも色違いにすることができます。 ・赤い糸を持たせない 固定孵化のメリット 例えば夢特性のミニリュウを狙っていた場合、C抜け5Vを狙うことが多いと思います。 その場合、通常の国際孵化の場合はAが抜けたり、C抜け理想個体が出ても、通常特性では失敗になりますよね?しかし、固定孵化なら親を変えて孵化できるのでA抜きが理想個体の特殊アタッカーの親に変えれば理想個体となります。 Sが抜けてしまうような場合でも、ポケモンの種類によっては採用できる個体になる可能性もあります。 こうした理由から固定孵化をする人が多いです。 基本的にコイキングで色違いが出た時の遺伝箇所、性別、特性になります。 性別はコイキングは5:5なので、比率が違うポケモンの場合は変わります。 コイキングの時に夢特性でも、通常特性のポケモンを預ければ通常特性を狙えます。 A抜け5Vの夢特性ならこんな感じに もっと楽に色違いを入手したい方はSV法を試してみてください。 SV法とは SV法で色違いを簡単入手方法は自分のソフトの種類によって変わります。 パッケージ版 ダウンロード版 おすすめ さらに簡単に色違いを入手する方法.

次の