アルペジオ コード。 練習曲「赤とんぼ」 アルペジオで弾いてみよう

コード・トーン・アルペジオを覚えよう! ギター即戦力シリーズ J

アルペジオ コード

このページの目次• 1.アルペジオとは? はじめに、アルペジオとは何か確認しよう。 アルペジオとは、コードの音を分解してバラバラに弾くことだ。 ストロークではコードを押さえ、弦をいっぺんに鳴らした。 それに対して、アルペジオではコードを押さえ弦をバラバラに弾く。 左手で通常どおりにコードを押さえ、右手で弦をバラバラに弾く。 この右手の使い方がポイントだ。 次の章で詳しく説明しよう。 2.アルペジオでは右手の動きをパターン化する アルペジオの一番のポイントは、右手の動きのパターン化してしまうことだ。 あなたが靴ひもを結ぶときのように、何も考えなくても指が動くようにしてしまうことだ。 この後に紹介する3つのパターンはアルペジオの基本的なパターンだ。 これらを覚えてしばらく練習し、頭で考えなくても自然に指が動くようにしよう。 1小節内にコードが1、2個出てくるときに使える。 コードによってベース音が異なることに注意しよう。 ベース音とは、1小節の中の1拍目と3拍目にくる、コードの中で一番低い音のこと。 4~6弦のどれかになる。 この音は必ず親指で弾く癖をつけよう。 さらに、親指以外の指もそれぞれの担当する弦を決めておく。 この指の配置に決めておくとアルペジオが簡単になる。 まとめると以下のようになる。 このように各弦を担当する指を決めてアルペジオを練習しよう。 C mやF mがやや難しい。 すべて8分音符で弾こう。 3.3.応用パターン(コードの頭でストローク) 練習パターンをクリアしたら、応用パターンとして小節頭をストロークにするパターンをやってみよう。 親指でベース音を弾く代わりにストロークするのだ。 親指で全ての弦をなでるように弾く。 以下のTAB譜では小節頭に矢印をつけた。 矢印の部分をストロークに変えてみよう。 これができるとアルペジオの演奏に変化がつき、表現力が増す。 ベース音とは何か、詳しく説明しておこう。 どのコードにも必ず1つのベース音がある。 ギターの場合は押さえたコードの中で一番低い音がベース音だ。 たとえばCコードの場合、5弦の3フレットのCの音がベース音だ。 実は、これがCコードという名前の理由だ。 反対にいうと、コードの中で一番低い音はCの音でなければならないので、Cコードを押さえるときには6弦をミュートする。 アルペジオでは小節頭にベース音を弾く。 最初にベース音を弾くことによって、それが何コードなのかがはっきり分かるので、聴き手は安心して演奏を聴くことができるのだ。 1小節1コードのみのときは、このパターンで弾くと自然な流れになる。 ポイントは小節頭の1音だけベース音を弾いて、次の小節まで親指を使わないことだ。 また1~3弦の弾く順番にも注意しよう。 どこかで順番を間違ってしまうと、リズムが狂ってしまう。 4.2.練習パターン 練習パターンを弾いてみよう。 バレーコードがないので簡単だ。 すべて8分音符で弾こう。 4.3.応用パターン ハンマリングとプリング 応用パターンもやろう。 アルペジオの中にハンマリングとプリングを取り入れてみた。 これらのテクニックを自然に取り入れられると上級者だ。 単調な演奏のアクセントになる。 ぜひ習得しよう。 このパターンはリズミカルな印象になる。 ただし1曲通してこのパターンを使うことはあまりない。 曲の一部で使うことによって演奏がスムーズに進む。 3・4小節目は、2本の弦を同時に弾かず、16分音符で分けて弾く。 すぐにコードが切り替わるため、コードチェンジが忙しいかもしれない。 コードチェンジが追い付かないときは、テンポを落とし、ゆっくり弾いて練習しよう。 5.2.練習パターン このパターンも練習パターンを弾いてみよう。 5.3.応用パターン ベースラインが下降する 応用としてベースラインが下降するパターンをやってみよう。 多くの曲で取り入れらているテクニックで、小技として覚えておくと便利だ。 このときの音の変化の感覚を覚えておくと、作曲や耳コピをするときに役立つことがある。 ギターのアルペジオ 3つのパターンのまとめ 今回はアルペジオの3つのパターンを紹介した。 これらのパターンを体で覚え、自動的に弾けるようにしよう。 慣れてきたらTAB譜を使わず、コード譜のみで、これらのパターンを弾いてみよう。 コード譜だけでアルペジオが弾けるようになれば初心者は卒業だ。 最後にもう一度、3つのパターンをまとめておく。 パターン1 パターン2 パターン3 自然に弾けるようになるまで何度でもトライしてほしい。 からご覧の方は、次はを読んでいよいよ自分の好きな曲の演奏に挑戦しよう。

次の

ギターアルペジオの弾き方

アルペジオ コード

ストロークはアップとダウンの2つの動きだけ ストロークは下の2つの動きしかありません。 ダウンストローク(上の6弦から下の1弦へ向かってかき鳴らす) アップストローク(下の1弦から上の6弦へ向かってかき鳴らす) 基本はとってもシンプルなんです。 1秒で1回のダウンストロークを4秒で4回繰り返します。 16ビートは4ビートの4倍の速さ、8ビートの2倍の速さです。 実際には基本パターンを組み合わせて使います。 アルペジオもストロークもコードを押さえて行うので、コードを覚えるのが先です。 はじめての人はまずは「Am」などの基本的なコードを押さえられるようになりましょう。 慣れてくると、コード記号(C、Dm、など)を見ただけで自然に押さえられるようになります。 アコギでは指弾きでのアルペジオは必須なので、「自然に押さえられる」というのをぜひマスターしましょう。 アルペジオ 基本パターン コードの構成音を低い音から高い音に弾く、というのがアルペジオの基本の弾き方です。 たとえば「Am」というコードは『ラ・ド・ミ』という3つの音で構成されます。 「Am」のルート音は「A(ラ)」です。 低いルート音はベース音にもなっていて、ベース音は安定した和音の響きを作るという大切なはたらきをします。 スリーフィンガーとフォーフィンガー スリーフィンガー 親指・人差し指・中指、の3本の指を使うので、スリーフィンガーピッキング。 フォーフィンガー 各指の担当は以下のようにするのが基本。 4、5、6弦…親指 3弦…人差し指 2弦…中指 1弦…薬指 ソロギターをやってるという人はフォーフィンガータイプが多いんじゃないかと思います。 アルペジをどうマスターするか アルペジオというのは指の1本1本を使って行うので、かき鳴らすだけのストロークよりも難しくなりますが、練習すればちゃんと弾けるようになります。 ここで感じをつかみましょう。 と簡単に書いちゃっても文章の説明ではなかなかわかりづらいものです。 しっかりマスターしたい方はこの本がオススメです。 このやり方は挫折の可能性がかなり高い。 スタートはかなりの勢いがあるのですが、息切れするのも早いんです。 これだと気軽な気持ちで練習できるし、十分に力をつけることもできます。 最低でも内容を覚えるくらいまでは同じ個所の練習を繰り返してくださいね。 アルペジオがなかなか上手にならない 教則本の通りにやってるのの上手にならない、という場合の一番大きな原因はひとつしかありません。 それは 練習不足。 アルペジオっていうのは日ごろやっていないような指の動きをすることなので、最初はできなくて当たり前。 焦らないでゆっくり自分の体に教えていきましょう。 継続は力っていうのは本当です。 ある日必ず「出来た!」ってなりますよ。 人間の脳や体って、繰り返せばちゃんと覚えてくれます。 逆にいうと、脳や体が覚えるまで繰り返しましょう。 ストロークとアルペジオの使い分けをフォークソングでみてみよう ストロークとアルペジオはどうやって使い分けるのか、実際に聞いたほうが理解は早いので、名曲といわれるフォークソングで紹介します。 激しさを表現するならストローク。 静かな感じならアルペジオ。 という認識の人が多いかも知れませんが、実際はそんなカッチリ決まったものでもなくて、弦へのタッチを変えることでストロークで優しさを表現することも可能です。 ずっとストロークのフォークソングの名曲 井上陽水『東へ西へ』 心のモヤモヤを訴えかけるような激しい曲です。 力まかせにかき鳴らすようなストロークで激しさを表現しています。 バンバン『いちご白書をもう一度』 激しかった学生運動や当時の彼女を思い出す内容の歌。 思い出を語るような優しいストロークです。 アルペジオで始まるヒット曲はアルペジオでやるのがオススメ 青春時代に流行った曲ならサウンドごとしっかり記憶の奥に刷り込まれているはず。 青春時代の名曲は誰でも自然にその時の情景を思い出しながら聞いてしまうものです。 思い出にどっぷり浸ってもらうためにはオリジナルに忠実であるのが一番。 ・山本コータローとウィークエンド『岬めぐり』 ・風『22歳の別れ』 ・シグナル『二十歳のめぐり逢い』 こんな名曲をアルペジオで再現すると、買い物途中のオバさんたちの多くがピタリと足を止めて制服の青春時代にタイムトリップしていくことでしょう。 ここをストロークでやっちゃうと反感しか買いません。 アルペジオからストロークへの変化もあり 前半はアルペジオ、サビはストローク、という使い方もあります。 歌の流れに合わせて、徐々に高ぶる気持ちに合わせて、という感じですね。 ひとりで弾き語りをする場合だと、歌も演奏も自分でやることになるので、演出としてアルペジオからストロークへの変化はアリですね。 上の2つのパターンからわかること いろいろアコギのストロークとアルペジオについて書いてきましたが、 ・激しい曲(激しいパート)はストローク ・静かな曲ならアルペジオもストロークも両方あり。 強弱をつけて調整する。 というのが結論じゃないでしょうか。 曲の雰囲気を損ねないように演奏する、というところをしっかりおさえておけば問題ないでしょう。 まとめ ここまでの説明でアルペジオとストロークの使い分けはある程度分かってもらえたのではないでしょうか。 コードを覚える• 激しい内容の歌、メッセージ性の強い歌はストローク• 静かな歌は弦へのタッチでストロークの強弱を調整する• ソロ演奏ならアルペジオとストロークの併用もあり• 原曲に忠実に再現できるほど当時のことが鮮やかによみがえるものです。 意図的に感動を狙って演奏するのも技のうちです。

次の

ピアノの伴奏のアルペジオパターンを覚えよう!

アルペジオ コード

Contents• 8分音符のピアノアルペジオ ピアノの場合、ギターと違ってアルペジオの伴奏パターンに、 これと言った定番がありません。 今回のアルペジオパターンはいろいろ応用が効きますので、 ぜひ使ってみてください。 弾きづらい箇所は自分で変えてOKです。 バラードなどのスローな曲で、アルペジオは8分音符で左手と右手を繋いでアルペジオします。 わかりやすく一番シンプルなキーCで解説します。 一番シンプルなアルペジオ伴奏 右手がアルペジオで、左手は音を伸ばしているだけのアルペジオです。 弾き語りなどでも使えるアルペジオパターンです。 もう一つコードを展開したアルペジオパターンです。 最初のパターンと同じコード進行ですが、音の使い方が違います。 コードが変わってもなるべく右手は同じポジションでの音使いにすると、きれいに音が聴こえます。 これも同じコード進行ですが、弾き語りでもバンドアレンジでも使える伴奏パターンです。 もう少し複雑なアルペジオにしたい方は、左手の右手のコンビネーションを使ったアルペジオパターンを見てゆきましょう。 少しだけ複雑なアルペジオ C Cadd9 9thなどを入れた場合もこのパターンが使えます。 4つ目の音が9thのDの音になっています。 右手の親指で弾く音をD、レに変えれば、Cadd9のアルペジオになります。 Cmaj7 メジャー7のBの音が入りました。 同じ感じで、AmやDmも弾けます。 この記事では、Cで説明していますが、 基本的にはどのコードでも同じです。 伴奏の場合は、左手はわりとシンプルでもいいのです。 ゆっくりテンポ用と書きましたが、ミディアムテンポで使ってもokです。 分散和音に混ざって、一部が固まったコードを弾くパターンもいいですね。 (上画像、下画像参照) わりと流れるようなアルペジオでしたら、こんな感じです。 僕は伴奏時はこのパターンが多いです。 3つ目まで左手で弾いてあとは右手で弾きます。 アルペジオパターン2 今度は、ミディアムテンポの曲などに使えるアルペジオパターンです。 今度のパターンは少し音を伸ばす箇所があります C 2拍目の裏を伸ばす感じです。 ミディアムテンポの場合は、こんな感じで一部の音符を繋ぐと、ノリが出ます。 自分の場合は、普通のコード弾きとアルペジオを混ざたりしながら、演奏することが多いです。 他のコードも基本的には同じ 基本的には他のコードも同じような指の動きでOKです。 これが一番おススメ! add9を左手で入れるアルペジオパターン 僕がもっとも使えると思うアルペジオパターンです! 実際このアルペジオパターンを覚えておけば、ポップスのピアノ曲って雰囲気は出来上がります! 左手の三つ目の音がadd9の音になって、豊かな響きにしてくれます。 このパターンをいろんなキーで弾けるようにしておけば、かなり強いです! 左手の親指がポイントです。 でも他のキーになると黒鍵が入って来ます。 黒鍵の入るアルペジオを要練習です! 左手と繋がるようにアルペジオしますので、右手は3度の音から入ります。 コードがDだとF#の音が右手の親指の音になります。 Aも押さえ方が似ているので、 Dでアルペジオができるようになれば、Aも弾けるようになります。 F mも同じような押さえ方ですので、C#mアルペジオが弾ければF mも弾けるわけです。 ですが基本的には順番は同じなので、 白鍵と黒鍵の組み合わせでもアルペジオを練習してゆきます。 いろんなコードでアルペジオを弾けるようにして行きます。 最初はなかなか難しいと思います。 ですが、 コードの押さえかたのパターンは、たくさん種類があるわけではありません。 似たような押え方が意外と多いです。 アルペジオを練習することで、 指を動かす為のいい練習にもなります。 ピアノを弾くための指、手の甲、腕の筋力もこの練習で付いてきます。 弾き語りの場合 弾き語りの場合はこれを歌いたながら弾く必要があります。 僕が初心者時代に、エルトンジョンやビリージョエルの曲を、 ピアノ弾き語りできなかったのは、歌いたいながらアルペジオできなかったからです。 弾き語りでアルペジオやる場合は、 コードを弾く練習に加えて、弾きながら歌う練習も必要となって来ます。 その場合は歌とピアノをシンクロさせる必要があります。 自分なりに崩してok! 今回解説しているアルペジオパターンですが、 僕も毎回このアルペジオパターンで弾いているわけではありません。 曲の雰囲気によって多少変えたりしています。 曲に合わないなと思ったら、自分の弾きやすい形に少し変えてみてください。 自分の弾きやすいパターンが見つける もしその中で自分が弾きやすいパターンが見つかったら、そのパターンを自分の基本パターンにしてOKです。 ピアノのアルペジオパターンは絶対このパターンで弾かないといけないとルールはありません。 自分なりの工夫が入って、自分の伴奏スタイルができて行けば理想です。 それがあなたのピアノの個性になります。 まとめ 今回はピアノのアルペジオパターンについてでした。 ピアノでアルペジオで伴奏ができると曲が美しくなりますよね。 ぜひ練習して曲に取り入れてみてください スポンサーリンク ・同じカテゴリーの記事•

次の