お力添えさせていただきます。 「お力添え」の例文・使い方・類義語|敬語/年賀状/いただき

お力添えを使った例文|感謝/お礼/挨拶/依頼・書き方や注意点

お力添えさせていただきます

さて話をもとにもどしますね。 今回の取引で先輩が目上の人に力を借りたのは事実です。 でもその大恩ある目上の人に「ご尽力いただき」=「力をつくしていただき」なんて使うのって失礼じゃないですか? だって目上の人に力をつくしてもらうんですよ! あなたはどう思いますか? ということで今回は「ご尽力いただき」という言葉は目上の人に使ったら失礼になるのか。 そして失礼かどうかの結論が出てから言葉の 意味もきちんとみてみましょう。 さらに実践で使えるように 例文を紹介します。 そのうえであなたの会話の幅が広がるように 類語もみてみましょう。 似たような意味の言葉でいろんな類語を使うことで会話の幅が広がるんですよ。 それではまいりましょう。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼なの? 目上の人にわざわざ力をつくしてもらう「ご尽力いただき」という言葉。 ちょっと考えると目上の人に使う言葉としては失礼なような気もします。 でもこの「ご尽力いただき」には目上の人への敬意と感謝の心があふれている言葉です。 「尽力」に尊敬の意味でつける接頭語「 ご」をつける。 さらに「~してもらう」という言葉の謙譲語の「 いただき」。 相手に敬意を表し、相手に敬意を持ちへりくだって言う謙譲語までつけているんです。 どれだけ 相手への敬意が高いんだ!という言葉だったんです。 ということで「ご尽力いただき」は 目上の人に使っても何の問題もありません。 プロジェクトを成功させるために先輩にご尽力いただきました• ご尽力いただき本当にありがとうございます• 我が社が契約できるように大変 ご尽力いただき感謝いたしております• 日ごろから弊社商品の口コミに ご尽力いただき、まことにありがとうございます• 弊社の業績アップは ご尽力いただきましたお取引様のおかげです 心から感謝と敬意を伝えたいときに使う「ご尽力いただき」という言葉。 言葉って、ほんのちょっと言い方を変えるだけで自分の気持ちを相手に伝えることができるんですね。 類語 相手に敬意と感謝の心を表す「ご尽力いただき」という言葉。 せっかくですから類語もみてみましょう。 似た意味の言葉をいろいろ使えると会話で幅がでてきますから。

次の

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

お力添えさせていただきます

自分について使う場合は、「ご」をつけない「尽力」とします。 ちょっとの努力ではなく全力で頑張ります!とアピールするニュアンスになります。 例文としては「会社の信用回復に尽力します」ですとか「問題解決に尽力いたします」など、「これから頑張ります」という自分の意欲を相手に伝える場合に「尽力」を使います。 ビジネスメールでは「微力ながら尽力させていただく所存です」が、失礼のない言い回しとして定番化しています。 「たいしたことはできませんが」というニュアンスの、丁寧なクッション言葉と組み合わせて使用するケースが多いことが特徴といえます。 「尽力」単独で使った場合、やや謙虚さに欠ける失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 例文としては ・「微力ながら尽力いたします」 ・「力不足ではありますが尽力いたします」 のように使います。 すでに説明しましたように、「ご尽力」は「全力を費やして助ける」ニュアンスですが、 「お力添え」はニュアンス的に「ちょっと手を貸してもらう」程度のことになります。 「助けてもらうためにかけてもらった労力の度合」の軽重で、どちらの表現を使うべきかを判断します。 隣の部署にいる先輩社員が、ビジネス上のマナーをアドバイスしてくれたことは「お力添え」、上司が一緒に休日出勤してあなたを手伝ってくれたら「ご尽力」が適当、のように考えられますが、明確な線引きや客観的な基準はどこにもありません。 手伝ってもらったあなた自身の判断になります。 誰かにしてもらった手助けの内容が、例えば「ちょっとした協力」程度にもかかわらず「ご尽力」を使ってしまうと、お礼のつもりが逆に「もっと手伝ってくれると思ったのに」という、失礼な嫌味と受け取られかねません。 外部からのアドバイス程度であれば、深く気にせずに「お力添え」を使いましょう。 今回は「ご尽力いただき」と、その代表的な類語である「お力添え」について説明して参りましたが、いかがでしょうか。 「あぁ、これまで深く考えもせずに使ってしまっていたのはマナー違反だったかなぁ」などと気づいていただけたら嬉しい限りです。 今回は長くなるので割愛しましたが、「ご尽力いただき」の類語は他にも「ご支援いただき」「お骨折りいただき」など、丁寧な言い回しがいくつかあります。 このような類語の使い分けは、一朝一夕にできるようにはなりません。 まずは「ご尽力いただき」と「お力添えいただき」だけでも、今後は正しく使い分けるように意識してみましょう。 取引先や目上の人の、あなたへの評価も「マナーをわきまえた人物」へと徐々に変わっていくことでしょう。

次の

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

お力添えさせていただきます

「お力添え」の意味 「お力添え」の意味は助けること 「お力添え」は、助けることを意味する「力添え」に、丁寧あるいは尊敬を示す接頭辞「お」を付けて表現した言葉です。 助けてもらったときや、相手に力を貸してもらいたいときに使用します。 「お」を付けない「力添え」は、目上の方以外からの援助に対して使うもので、友人や後輩などからの助けに対して「皆さんの力添えがあってこそ達成できました」というように表現できます。 一方、目上の方に対しては「お」を付けて、「お力添えいただき、ありがとうございました」などと使います。 よく使われる類語は「尽力」 「お力添え」の類語としてよく使われるものとしては、「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などです。 「ご尽力を賜りました」「ご協力ください」「ご支援に感謝します」というように「お力添え」の代わりに使うことができます。 ただし、「ご尽力」以外の言葉は「お力添え」に比べると少しカジュアルな表現になるため、フォーマルな場面では使用を控えたい言葉です。 「援助」「助力」「応援」なども類語 「お力添え」はサポート・フォロー・アシストという意味合いがある言葉です。 類語に多用されている漢字は「援」「助」「力」で、例として「援助」「助力」「応援」「助太刀」などが挙げられます。 そのほか「加勢」「加担」「助勢」「味方」なども言い換えが可能なもので、どれも助けるという意味がある言葉です。 「お力添え」の使い方 「お力添え」は自分に対して使えない 「お力添え」の意味は助けることですが、助けてもらう側が使うものであって、助ける側が使う言葉ではありません。 助けていただく側が、相手の助力を婉曲に指して使います。 つまり、相手の力を少しだけ貸していただくという言い方をすることによって、相手を立てることに結びつけた表現が「力添え」です。 したがって自分の行為に対しては、たとえ「お」をつけない「力添え」であっても、「力添えさせていただきます」というような使い方はできません。 自分に使える「お力添え」以外の言葉 「お力添え」の類語として挙げた「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などは、「ご」を外すことで力を貸す側も使うことができます。 例を挙げると、「尽力させていただきます」「協力させてください」「支援します」というような、自分の言動に対しても使える言葉です。 また「ご尽力いただきました」「ご協力をお願いします」「ご支援を賜ります」というように、相手の言動に対しても使用できます。 「尽力」には努力が含まれる 「尽力」は文字通り力を尽くすことで、単に力を貸すだけではありません。 ものごとに対して精一杯力を注ぐという状態を指します。 そのため援助をお願いするときではなく、助けていただいたときのお礼の言葉としてふさわしいものといえます。 注意したい点は、「尽力」を使うときに「尽力を尽くす」と言ってしまわないようにすることです。 「尽力」は力を尽くすことを意味するため、「尽力を尽くす」という言い回しでは「尽くす」が重なってしまうからです。 「お力添え」を使ったビジネスでの例文 お礼を述べる「お力添え」を使った例文 「お力添え」はよく使われるシーンは、援助をいただいたことへのお礼を述べるときです。 使用例としては以下のようなものがあります。 「このたびはお力添えを賜りありがとうございました。 」 お礼を述べるときには、「ご尽力」で言い換えできます。 「このたびはご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。 」 というように、そのまま置き換えても問題はありません。 援助をお願いするときの例文 援助をお願いする場合にも「お力添え」を使うことができます。 「今後ともお力添えをいただきますよう、お願いいたします。 「重ねてのお力添えを、お願い申し上げます。 」 目上の方に援助をお願いする場合には、「お力添え」を「ご尽力」と言い換えることは避けます。 「尽力」には努力を強いる意味合いがあるため、尊敬語としてふさわしくないからです。 自分が力を貸す側のときの例文 自分が力を貸す側のときには「尽力」を使うことをおすすめします。 改まった場所でも失礼にならず、使いやすい言葉だからです。 以下に例文を挙げて置きます。 「誠心誠意、尽力させていただく所存です。 「微力ながら、尽力して参ります。 」 まとめ 「お力添え」が尊敬語であることを覚えておくと、誤った使い方を避けられます。 類語である「ご尽力」などの使い方とともに例文といっしょに覚えておくと、ビジネスの現場で落ち着いて対処できるでしょう。 尊敬語と謙譲語を正しく使いこなして、失礼のない言葉遣いをしてください。

次の