マーター ポート。 マーターポートによる撮影サービス

Matterportって何?360度カメラで広がるビジネスのカタチ

マーター ポート

本記事の内容• Matterportって何? Matterport(マーターポート)とは、撮影サービスの一つで、まず専用のカメラを使って空間の撮影を行います。 その映像を元に、距離感や位置、奥行きなどを丸ごと3Dモデルとして再現します。 再現された3D映像は様々なシーンや業界で役立てることができるのですが、注目するべきはその再現度です。 6つのカメラと3つのセンサーが搭載された特殊なカメラで撮影された空間映像は非常に鮮明で、実物に近いものとなっています。 現在は専用のカメラの他にInsta360による撮影にも対応していますが、精度や画質といった面を考えるのであれば、専用カメラで撮影するのが実用的だと言えます。 3Dマッピングの実用性 精度の高い3Dマッピングを作り出せるのが凄いことだというのは何となくお分りいただけたかと思うのですが、それがどのような用途で役立つかという部分も気になるところですよね。 そこで、完成した3Dマップの利用用途として考えられそうなものをいくつか挙げてみました。 立ち入り禁止施設の見学 世の中には立ち入り禁止の場所が沢山あります。 その理由は安全上の問題だったり衛生上の問題だったり、国が立ち入りを制限していたりと様々ですが、そういう場所に入れたらと思うことはありますよね。 歴史的にとても大きな意味を持っている場所でも、崩落などの危険があるので入れないということは珍しくありません。 そんな場合でもMatterportでその場所の撮影を行えば、自宅にいながらそこに足を運んだかのような体験をすることができます。 日本国内だけでなく、海外の歴史的建造物などもこの方法を使えば、いつでも好きなときに訪れることができますね。 また、将来的にそれらの遺跡などが自然に失われてしまうとしても、Matterportで記録しておけば、調査や研究を継続して行うことができます。 会社見学 企業のPRや広報活動にもMatterportは役立ちます。 遠方や地方に本社を構えている場合や、反対に求職者が遠方に住んでいる場合などでも、Matterportがあれば両者の距離を埋めることができます。 実際に会社見学を行ったらある程度業務も制限されますが、バーチャルで行う分には一切影響がないので、作業を止めることのできない工場や企業でも、Matterportによる会社見学を利用することができます。 小学校などではよく、工場見学の授業がありますが、Matterportの技術が更に発達すれば、それらは学校にいながら完結してしまうかもしれませんね。 記録としての3Dマッピング 期間が限られている個展や展示会、お祭りの様子などを形として残しておきたいというときにも、3Dマッピングは有効です。 一度撮影してマップを作成してしまえば、いつでもそれらのデータを振り返ることが可能です。 自身の個展経験などを人にプレゼンテーションする場合にも、Matterportの空間データがポートフォリオ代わりになるので、自分の過去の活動を人に伝えやすくなります。 観光マップの作成 観光地に足を運んだ際、どの観光地にどんな順番で足を運ぼうかというのに悩んでしまう人は多いと思います。 私も旅先で、ルート選びによく迷います。 Matterportで観光マップを作成して観光客向けに公開すれば、現地に足を運ぶ前にそういった問題を解決することが可能です。 Webマップや案内看板、マップ作成は実績も多数存在するので、作成を検討している企業や自治体は、前向きに検討してみてください。 分かりやすい観光マップが流通すれば、観光客の増加にも直接的に影響を及ぼすのではないかと思います。 施設改修のモデリング 施設や博物館の展示などを大幅に改修したいと思ったとき、チームメンバーとイメージを共有することができなくて苦労するということはよくあります。 Matterportを使えば具体案を複数提案することや、自分が抱いたイメージを他のメンバーと視覚的に共有することが可能です。 実際作業に取り掛かる際も、事前に共有されたイメージに沿って取り掛かるだけなのでリスクも抑えられますし、コスト面でも最小限に留めることが可能になります。 従来であれば立体的なジオラマ等を実際に組み立てるなど、手間と時間が大幅にかかりましたが、Matterportが一般に普及すればそれらは全てカットできるようになるでしょう。 未来のアミューズメントの鍵を握る Matterportが今以上に一般的になり、多くの企業や自治体から注目を集めることができれば、将来的にはアミューズメント業界にも大きな影響を及ぼすのではないかと考えられます。 類似する技術としては360度カメラとVRの組み合わせというものが真っ先に浮かびますが、Matterportはそれらの技術と似て非なるものです。 勿論VRを利用して空間を「体験」することも可能ですが、普通の360度カメラで撮影された写真をVRで見るのとは少し趣が異なります。 例えるならば、Googleストリートビューの世界に入り込むような感覚に近いかもしれません。 全ての空間を保存するだけでなく、その正確な奥行きや臨場感まで含めて記録することができるので、本当の意味でのバーチャルツアーを味わうことができるでしょう。 遠からず、アミューズメント業界はその技術に目をつけるのではないかと私は思っています。 VRのホラーコンテンツなどは既に存在しますが、実際の廃病院や心霊スポットをMatterportで記録したお化け屋敷などが出たら、そのリアリティは相当なものになるのではないでしょうか。 現在は空間を静止画で記録することに特化した技術なので、それが現実になるのはまだ先のことになるとは思いますが、決して不可能な話ではないと思います。 技術がコストをカットする Matterportを利用することで、これまでは莫大なコストをかけていたようなことでも、大幅に経費を抑えながら実現できるようになりました。 前述したジオラマなどもそうですが、これまでは実際に見てみなければ分からなかったこと、人と共有するのが難しかったことなども簡単にシェアすることができます。 それは作品そのもののクオリティにも直結しますが、制作過程で必要となる費用にも大きな影響を与えることになるでしょう。 補修が難しい遺跡や洞窟、寺院を360度カメラで撮影し、デジタルアーカイブとして残す試みも行われていますが、Matterportにもそれが可能だと私は考えています。 補修する費用や危険性を鑑みると、採算が合わずにどうすることもできなかった歴史的建造物も、Matterportで正確に記録が行えます。 その制度は普通の360度カメラを遥かに凌ぎますし、資料としての価値も十分にあります。 補修はしたいけれど現実的な問題でどうにもできなかった。 コストを理由に自治体が諦めた。 そんな歴史の断片もMatterportが救ってくれるかもしれませんね。 終わりに 今回ご紹介した以外にも、Matterportが活躍できるシーンというのは無数にあると思います。 企業や個人の工夫次第で、この技術はいくらでも応用が利くはずです。 今後の日常生活の中で、Matterportを目にする機会は徐々に増えていくのではないかと考えられますが、企業毎のアイディアにも注目していきたいところです。 そして360度カメラの性能が更に上がれば、家庭用の機種でも、3Dマップが作成できる時代が訪れるかもしれません。

次の

【日本初】マーターポートユーザーグループ。世界遺産や文化財を実写し、行きたいを呼び込み、思い出を楽しむ。そして教育にも。|VRIO 一般社団法人VR革新機構のプレスリリース

マーター ポート

マーターポートの活用事例 マーターポートの技術を駆使するとさまざまな効果が期待できます。 実際のマーターポートの活用事例をもとにいくつかの視点から活用方法についてご紹介します。 アーカイブ マーターポートでは恒久的ではない企画展などを撮影することでその記録を残すことができます。 また、将来無くなる可能性のある洞窟や鍾乳洞といった天然の創造物なども、マーターポートでアーカイブすることで、立体模型などでの復元することも可能になります。 3Dデータやパノラマ画像でのアーカイブで、歴史的建造物の復元工事に役立てることも可能です。 展示計画 マーターポートカメラで空間をキャプチャすることにより、展示物のレイアウトを具体的に検討、イメージパースや平面図の作成がスムーズにできることから2D・3Dの両方の視点で計画をサポートいたします。 施設への集客・広報活動 マーターポートは、一般的なスチール写真だけでは伝えることのできないリアリティとインパクトを兼ね備えています。 普段は立ち入ることが難しい歴史的建造物も撮影をすることで「興味を引くきっかけ」となって集客や広報活動に役立てられます。 撮影対象はアイディア次第で広がりが有り、疑似体験のできる乗り物や特別展示などでも臨場感を感じることができます。 マーターポートの魅力 マーターポートは最新の撮影技術を搭載しており、これまでにないアーカイブ作成を可能にするツールです。 マーターポートの撮影機能にはどのような魅力があるのかを紹介させていただきます。 高画質で違和感がない マーターポートは超高画質の3Dウォークスルーを楽しむことができ、施設の中を実際に歩いて移動しているかのように感じることができます。 人間の目は違和感に対してとても敏感です。 マーターポートは人間の目に違和感を与えないパノラマ画像を高画質で作成し、ハイクオリティーで違和感のないアーカイブを制作できます。 俯瞰図で見ることが可能 マーターポートはパノラマ撮影と3Dスキャンを同時に行っているのが特徴です。 この技術により施設の内観全体を俯瞰(ドールハウス)で表示することができ、様々な角度から施設の立体的な空間イメージや特徴を掴むことができます。 俯瞰での確認はより客観的に確認することができるため、インスピレーションが生まれやすくなります。 パソコンのほかスマートフォンにも対応 マーターポートはWebで閲覧ができるサービスですのでパソコン、スマートフォン、タブレットなどから閲覧いただけます。 パノラマ画像内をウォークスルーしながら、Mattertagを通じてURLリンクにより画像、動画、その他インフォメーションなどのコンテンツを埋め込むことが可能です。 訪問者により多くの紹介や情報を提供することができます。 マーターポートでの撮影の流れ 実際にマーターポートを使ってアーカイブを作成する流れについてご紹介させていただきます。 打ち合わせ 撮影によって見せたいものや達成したい目的、その効果についてのイメージを共有し、最適な撮影方法を提案いたします。 見積もり ヒアリング結果を元にお見積もりいたします。 見積もりの予算に納得いただけましたらご発注いただきます。 撮影 現地まで撮影をしにお伺いいたします。 撮影場所に人のいない日や時間帯(定休日や営業時間外など)を選び、撮影を行います。 撮影ポイントの整理やコンテンツの追加などの編集作業を行います。 納品 完成後の公開・納品はURLのお渡しとなります。 お客様がお持ちのWebサイトなどに自由に組み込んでご利用いただくことが可能です。

次の

「マーターポート」の用途拡大、施設休館や3密回避、無観客で3Dウオークスルーが急伸

マーター ポート

不動産物件の内覧がスマホでできる。 イベントで使う施設の下見がパソコンでできる。 などなど…… 現在、さまざまな用途で活用されている「3Dバーチャルツアー」というキーワードをご存知だろうか? この「3Dバーチャルツアー」は、実際にその場に行かなくとも、インターネットにつながる環境下であれば、スマートフォンやパソコンの画面を通して、リアルかつ立体的な映像を参照でき、まるで実際にその場所を歩いて見学しているかのような体験を提供できるというものである。 Matterport(マーターポート)を使った3Dバーチャルツアー 3Dバーチャルツアーをつくるサービスは世の中に多くあるが、今回はそのなかでも急成長しているMatterport(マーターポート)について取り上げた記事である。 前回本誌に掲載されたMatterport(マーターポート)の3Dモデリングの記事は読んでいただいただろうか。 前記事にもある通りこれまで、matterportでの3Dバーチャルツアーを作成するためには、 撮影するにあたり、「Matterport PRO2」というカメラが必要だった。 そこでこの記事では、実際に早速、「Matterport PRO2」で撮影した画像で3Dバーチャルツアーを作成したものと「Insta360 ONE X」で撮影した画像で3Dバーチャルツアーを作成したものとを比較検証するとともに、それぞれの拡張性や可能性を探ってみた。 また上記を検証するにあたり、それぞれの専門家に協力を要請したので、まずはその方々をご紹介しよう。 右側奥が柴山さん。 matterportの撮影代行パートナーかつ、3撮影素材を使いシステム開発からマーケティング支援までおこなう。 サービス提供の実績として住宅、店舗、ホテル、洞窟、飲食店、イベント会場まで多岐にわたる。 音楽ライブやイベント等のVR映像の制作を行う。 今回はさまざまな分野で積極的に活用しているカメラ「Insta360 ONE X」について解説と撮影のアドバイスをしてもらう。 三脚に固定した状態で6回に分けて60度ずつ回転することで、360度の画像を撮影する。 静止画は1800万画素で360度撮影であらゆる方向を綺麗に記録する。 両者の特徴を踏まえ、実際に3Dバーチャルツアーの撮影をし比較検証してみた。 まずは、本記事でも多々連呼している撮影の「手軽さ」について。 両者のサイズ感を比較 以下の写真を見ると一目瞭然であるが、Insta360 ONE Xが圧倒的に小さい。 サイズ的にはいわゆる「手のひらサイズ」と言える。 一方Matterport PRO2は、一般的なノートパソコンよりも大きく、重量もある。 持ち運びをするには衝撃に強い専用のキャリーケースなどが必要になる。 これだけサイズが違うと撮影後の画像にも違いが出るのでは? これだけサイズが違うと撮影後の画像にも違いがが出るのでは? とも思うが、どうだろうか。 両者の撮影時間の比較 3Dバーチャルツアーは、1つの建物をいくつかのポイントに分けて撮影していく。 そのポイントの数は、建物の広さや構造によってさまざまであるが、1ポイントを撮影する時間が短ければ短いほど全体の撮影時間は短くなる。 今回の検証は13ポイントで行った。 Matterport PRO2 の総撮影時間は13分50秒(830秒)かかった。 1箇所あたりの時間はカメラの移動を含めると「63秒」となる1ポイントの撮影開始から撮影したデータiPadに反映される時間は「37秒」かかる。 1箇所あたりの撮影時間は移動も含めて「20秒」同じく撮影開始から撮影したデータがipadに反映されるまでの時間は「10秒」。 PRO2よりもカメラが軽い為、移動の実感も短縮出来る事がわかった。 これに加えて、実際の撮影にはカメラのセッティングや移動が伴うため、上記以上の時間を要することとなり、insta360は軽量で小さいことから、カメラの移動にも時間がかからないため、圧倒的にinsta360の方が撮影に要する時間は短い。 このデータは実際に取材で計測した実測値であり、体感時間に対する感想を交えても、まさに「insta360は、あっと言う間に撮影が終了した。 」と言う感覚であった。 実際の撮影画像を比較 では両機で実際に撮影し、生成した3Dバーチャルツアーの画像を比較してみよう。 今回の比較条件としては以下の通り 室内撮影での比較 ・同ポイントにて撮影 ・同目線(同じ高さ)で撮影 ・同ポイント数を撮影 顕著にわかる違いとしては、Matterport PRO2で撮影したものは、Insta360 ONE Xで撮影したものと比べると、壁や床の質感や明暗のコントラストがハッキリとしている。 加えて、完成後のデータにおいては、Matterportの特徴とも言える「ドールハウス(俯瞰図)」や「バードビュー(フロアマップ)」の各モードにおいて、顕著な違いが現れていた。 と、同時に完成した画質の鮮明さも素晴らしいと思いました。 Matterport PRO2で撮影した3Dバーチャルツアーは、結婚式場やパーティー会場など、家具や内装の質感や場の臨場感を重視する、いわゆる高級な場所の紹介に向いていると言えるでしょう。 なので、この3Dバーチャルツアーがクライアント向けの資料として重要な役割を担う場合はMatterport PRO2での撮影がおすすめだと思います。 ただ、撮影スピードと撮影にかかる時間は圧倒的にInsta360 ONE Xが早いので、時間とコスト減を勘案するとInsta360 ONE Xがおそらく向いています。 すでに、RICHO THETAやInsta360 ONE Xを保有している既存ユーザーが、カメラの新しい活用法の選択肢として3Dバーチャルツアーを検討できるようになるのは、大きいと思いました。 Matterportの技術によって、周辺機器などを購入せずに、活用の幅が広がるのは既存ユーザーにとって朗報ですね。 丸屋さん 撮影を依頼する側のお客様の選択肢が増えたことは喜ばしいことです。 これまでコストの部分で導入を迷っていた方でも、Insta360 ONE Xで撮影することがコスト減につながれば、3Dバーチャルツアー自体の導入も増えてくるでしょう。 3Dバーチャルツアーは、技術としては素晴らしいものなので、その体験がより身近なものになればいいと思っています。 例えば不動産業界では、現在リフォームやリノベーションと言った、古いものを新しくする流れが活発になっています。 古い建物があったのと同じ場所に、新しい建物を建築するためには、当たり前ですが古い建物を取り壊さなければなりません。 でも古いものは古いもので、そこで長い時間を過ごした人にとっては、さまざまな思い出や想いが詰まっています。 だからこそ、あえてその画像を3Dバーチャルツアーで手軽に、そしてよりリアルに残してあげることができたら、喜んでくれる人も増えると思いますし、そこに需要は確実にあると思います。 柴山さん 我々は今後も自分たちが保有している情報と技術を駆使して、より多くの人に3Dバーチャルツアーの素晴らしさと、未来への可能性を伝えていきたいと思います。 またその技術に触れてみたいと思った方や、活用してみたいと思ってくださった企業様を全力でサポートをしていきたいと考えています。 まとめ 国内外を問わず、世界遺産などを含めたほぼ全ての建物の内装を、インターネット上の3Dバーチャルツアーで内覧できる未来はすぐそこまで来ている。 まずは、そのワクワクするような将来性を身近な建物の撮影を通して、実際に体験してみて欲しい。 きっとMatterportに魅了されることは間違いないだろう。

次の