里芋 下 処理。 里芋の下処理|楽天レシピ

里芋の下処理でぬめり取りや下茹での方法は?

里芋 下 処理

里芋は煮物・揚げ物・サラダ・グラタン・変わったところではチップスにしたりと、ジャガイモ料理で作る物でしたら、殆どの料理を作ることが出来、便利な食材です。 里芋はジャガイモよりカロリーも糖質も低めになります。 ほくほく&とろ~りとした食感がたまりません。 その里芋をレンジで下処理をして保存をしておくと便利です。 しかし、里芋の皮を剥くのが面倒であったり、里芋の皮を剥く際にかゆみが出るのが欠点、かゆみが出るのは里芋に含まれるシュウ酸カルシウムというかゆみ成分によるものです。 このかゆみを防ぐためにもレンジを使ってしっかり下処理を行えば回避できますので、レンジで里芋を下処理する方法が是非知りたいと思うので調べてみたいと思います。 里芋の下処理を行う際には、 里芋の大きさや個数・レンジの機種の違いによっても異なりますが、目安として里芋5個なら、加熱時間は600Wのレンジで4~5分が目安になります。 レンジにかける前に、皿に水を少しかけることで蒸気が全体的に回ります。 最初は少な目の加熱時間から試して、様子を見ながら時間を伸ばしていくと安心です。 あまり加熱し過ぎると水分が飛んでしまい固くなってしまうので、注意して下さい。 竹串を刺してみて、固いようであれば1分ずつ加熱して様子を見てみましょう。 レンジを使えば、忙しい時にも短時間で簡単にできる里芋の下処理の方法です。 下処理さえしておけば、煮物や汁物などにアレンジが自在に行えて便利です。

次の

里芋の冷凍の保存方法!生でもできるか、下処理の仕方や皮は剥くか、期間も

里芋 下 処理

水けをきり、時間があれば、ざるや新聞紙などに広げ、しっかりと乾かす。 小ぶりな里芋は切らずにそのまま煮ても。 工程3 水けをきってボウルに入れ、塩適量をふって手でもむ。 流水でぬめりを洗い流し、ざるに上げる。 豚肉としょうがを焼く 工程4 しょうがは薄切りにする。 豚肉は2. 5センチ幅、1センチ厚さほどの大きさに切る。 工程5 鍋にサラダ油少々をひいて強めの中火で熱し、4を入れる。 豚肉を返しながら全体に焼き色をつけ、 脂が多く出たら紙タオルに吸わせて除く。 煮汁と里芋を加えて煮る 工程6 Aを加え、煮立ったら里芋を加える。 時々アクを取って混ぜながら、中火で約30分間、煮汁が少なくなるまで煮る。 絹さやは筋を除き、サッと塩ゆでして湯をきる。 照りを出して仕上げる 工程7 里芋に竹串がスッと入るくらい柔らかくなったら、みりん少々を回しかける。 工程8 鍋を前後に揺すり、材料を底から返して汁けをとばし、照りを出す。 器に盛り、絹さやを斜め半分に切ってあしらって完成。 工程2 同様に、1の対面の皮をむく。 工程3 残った部分をそれぞれ2回に分けて均等にむくと、側面が六面 上から見ると六角形 になる。 色が変わらないように、むいたそばから水に放す。 下ゆでする 工程4 3の水けをきって鍋に入れ、かぶるくらいの水と塩少々を加え、中火にかける。 煮立って泡がたくさん出てきたら、ざるに上げて流水でぬめりを洗い、水けをきる。 煮含める 工程5 鍋にAを合わせて中火で煮立て、4を加える。 再び煮立ったら弱火にし、紙タオル 不織布タイプ などで落としぶたをして、30分間ほど煮る。 竹串がスッと入るくらい柔らかくなったら火を止める。 えびあんをつくる 工程6 えびは殻をむいて背ワタを除く。 洗って水けを拭き取り、粗く刻む。 かたくり粉大さじ1を倍量の水で溶いておく。 工程7 5の鍋を再び中火にかけ、煮立ったらえびを加える。 えびの色が変わったら里芋を取り出し、 器に盛る。 とろみがついたら里芋にかけ、柚子の皮を添えて完成。

次の

里芋の冷凍の保存方法!生でもできるか、下処理の仕方や皮は剥くか、期間も

里芋 下 処理

里芋の下処理の必要性 里芋はとてもクセがある野菜で、同じ粘りがある山芋が生で食べられるのに対し、里芋は必ず火を通さないと食べられません。 里芋の下処理をする主な理由は、 里芋独特のぬめりを取ることです。 ぬめりをわざと残して調理してもよいのですが、ぬめりが多いとそのせいで熱伝導率が悪くなって味が染み込みにくくなります。 また煮汁がにごったり、粘りが出たりもしますから、自分で食べる分には構わないかも知れませんが、お節用など見た目をきれいに作るためにはやはり下処理は必要です。 さて下処理をする場合、いろいろなやり方のパターンがあるのを御存知でしょうか。 そのなかで今日はもっとも一般的に知られている方法をご紹介しますが、 その前に、里芋が泥つきの場合の皮の洗い方をまずさっと見ていきましょう^^ 里芋の皮の洗い方 畑から取ってきたばかりで泥がそれこそいっぱいついている場合には、家に持ち込む前に外で大きな泥は落としておきましょう。 保存方法についてはでお伝えしていますが、大量にある場合、今回使う分だけを洗うようにしてくださいね。 たくさん洗わなくてはいけないときには、桶などに水をため、そこにゴロゴロと里芋をいれ、攪拌させながら水を何度か取り替えると泥がよく取れます。 ですが、このやり方だとかなり時間がかかりますので、家庭で作る程度の量でしたら、ふつうの亀の子だわしなどで、流水の下で洗いながらこすって落とすのがおすすめです。 きれいに洗ったあとは、皮をむいて均等に食べる大きさに切ります。 そして以下のいずれかの方法で下準備します。 <塩を使ったぬめり取りの方法> 里芋を皮を剥いて食べる大きさに切る ボールに里芋をいれ、塩を多めにふりかけ (里芋200グラムに対して大さじ1くらいを目安に) 塩の摩擦で里芋の表面を擦る感覚でぬめりを取る。 流水で芋を擦り合わせる感じで塩と里芋表面のぬめりをよく洗い流す 一番手っ取り早く、お湯を沸かす時間を考えなくていいので時短になります。 お味噌汁や煮っ転がしで汁にとろみをつけたいときには、この状態で味付け調理に入ります。 一方、さきほどもお伝えした通り、汁にとろみをつけたくない場合や、汁を濁したくない料理には、下茹でをしたほうが出来上がりが見た目よくなります。 仕上がりをよりきれいに調理したい場合には、米粒をひとつまみ鍋にいれて水から下茹でをするとよいのです。 お米のとぎ汁でも同じ効果が得られます。 この理由はお米にはデンプンがもともと含まれていますが、デンプンは水とともに加熱すると粘り気を出すという性質を利用したもので この粘り気が、1.里芋のアクを吸着し 2.里芋にもデンプンがしみこむことによって里芋がくずれないように保つ効果があるのです。 お湯だけで茹でこぼしをするか、お米を入れて茹でこぼすかは好みですが、より色にこだわってきれいに作りたいお節の筑前煮などは、お米でゆでる方法のほうがきれいにできると思いますよ。

次の