アニメ バトル。 おすすめの『異世界ファンタジー・バトルアニメ』24作品ランキング!

web.neustar.biz

アニメ バトル

とある科学の超電磁砲(レールガン) 現在、2020年春アニメとして4期が放送中で、美少女キャラが登場するアニメで一推しのアニメです。 こちらは、スピンオフ作品になりますが、本編よりもこちらの方が面白いと感じるぐらいです。 おすすめ理由 主人公御坂美琴の圧倒的強さと周囲の個性的キャラクターによる連携プレーが冴えわたる作品たど感じます。 【とある魔術の禁書目録】の外伝的物語にも関わらずオリジナル同等かもしくはそれ以上の人気作品といえます。 主な舞台設定は学園都市と呼ばれる仮想世界。 学生達各々が特別な能力を保持していて、それ等を駆使して迫力あるバトルや知能戦を展開していきます。 御坂美琴を中心とした友情、人間模様、クローン設定等バトル以外のドラマストーリーも見逃せない一幕となっています。 アニメのOP、ED曲も毎回作品の世界観にあっていて楽しみの一つです。 今作品はシリーズモノで続編もあり、ここから更に派生した【とある科学の一方通行】という作品もあるので飽きもこなく楽しむことができます。 いわゆるTSモノですね。 おすすめ理由 劉備に曹操、孫権などキャラ全員が美しく、またかわいらしくリファインされていています。 以外にも、史実を忠実に再現しているパートもあり、三国志ファンなら思わずニヤリ、としてしまうシーンもあります。 あまり歴史は詳しくない、という方はほかの三国志作品(横山〇輝とか蒼〇航路とか)で予習するとよいかもしれません。 もちろん、全く予備知識無しでもあまり問題ありません。 タイトルは三〇無双のパロディ、という話を聞いたことがあるのですがこの真偽のほどはわかりません。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます アカメが斬る 絶対的王政をふるう帝都に対して真の平和、市民平等の為に暗躍する暗殺集団ナイトレイドに属するアカメを主人公としたやや過激な描写が特徴的なバトルストーリー。 おすすめ理由 もちろんタイトル通りアカメが主人公ではありますが、同じくストーリー序盤より 登場するタツミが裏主人公と言っても過言ではない今作。 人間的にもバトルスキル的にもまだまだ未熟であった彼の成長過程を追っていく展開も非常に大きな見どころの一つと言えます。 ナイトレイドの面々や帝都兵士の実力者は帝具と呼ばれる強力な武器を所有しています。 この武器がそれぞれに固有の特徴を持っていてバトルシーンに大きな影響をもたらします。 帝具を使用したバトルは時に過激なシーンもあるので刺激が欲しい方にはオススメの作品となります。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます 一騎当千 三国志をモチーフに孫策伯符を主人公として学生達の覇権争いを主軸としたバトルモノです。 一風変わった設定が登場人物の多くが女性キャラクターであることです。 おすすめ理由 孫策をはじめ関羽や呂布等有名な三国志登場人物も女性キャラクターとなっています。 使用する武器は史実を参考にしたモノが多いが基本的には肉弾戦が多く作品途中よりパワーアップして気を操って攻撃したり、潜在的力を解放してド迫力バトルとなっていきます。 オリジナル三国志同様登場キャラクターも非常に多岐にわたるのでお気に入りキャラクターが必ず見つかると思います。 ほとんどの女性キャラクターは無駄にナイスバディーなので注目ポイントでもあります。 忠実に再現とまでは言えないと思いますが、今作から三国志を学べる点もあります。 本作をきっかけにオリジナル三国志にもはまってしまうかもしれません。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます ソードアート・オンライン こちらは、シリーズもかなり長い作品で、女性から見ても楽しい美少女バトルアニメといえば、この作品です。 おすすめ理由 魅力はなんといっても登場する女の子たちのキャラクター性です。 ハーレム系の作品にしては珍しく、比較的リアルなキャラクターの女の子が多く、共感しやすいのがポイントだと思います。 男気溢れるボーイッシュな妹ちゃんや、無邪気でしたたかな人工知能の女の子、ウブでクールな拳銃使いの女の子、など、共感しやすいようなキャラクターがたくさん登場します。 「かわいい」だけじゃない、強くてかっこいい女の子がたくさん出てくるところが、最大の魅力です。 主人公最強系のアニメにしては珍しく、女の子たちが「守られるだけじゃなくて、ちゃんと守る」というところが、かなりポイント高めです。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます 『ノーゲーム・ノーライフ』 バトルはバトルでも、頭脳バトル系の美少女いっぱいアニメです。 異世界が舞台ということもあり、女の子たちの衣装の奇抜さも見所の一つです。 おすすめ理由 ナイスバディな女の子もたくさん登場します。 それでも嫌味な感じがしないのは、あくまで「頭脳戦」をテーマにしているからでしょうか。 主人公と妹、二人タッグで挑む様々な頭脳戦ゲームは、男女や種族による優劣はほとんどありません。 ゲームの盤の上ではあくまで対等にバトルを続けていきます。 バトルの勝利の方法も気持ちよくて、女の子たちが惚れちゃう理由も、なるほど納得です。 頭脳戦を楽しみながら、可愛い女の子たちとのちょっとエッチでほっこりする、そんなやりとりを見られるのも、この作品の魅力です。 前作と比べ戦闘シーンが大幅にパワーアップしており、ストーリーと共にみどころが満載となっています。 おすすめ理由 美少女たちが武骨な武器を振り回して戦うビジュアルは、スパロボ的なノリが好きな人には刺さりまくると思います。 物語は、一人の少女がとある魔導書を手にするところから始まります。 少女を守る騎士たちと戦うこととなる主人公達。 個人的に好きなシーンは前作には無かったアリシアとフェイトの絡みですね。 これは号泣ですわ。 シリーズを通してOPを水樹奈々、EDを田村ゆかりが担当しています。 こちらもチェックですね。 いわずと知れた、大人気美少女バトルアニメ作品です。 深夜アニメ業界を変えた作品の一つになります。 おすすめ理由 蒼樹うめ先生「ひだまりスケッチ」と同じ方がキャラクターデザインをされたそうで、パステルカラーの愛らしい見た目がまず目に着きます。 今までの魔法少女モノのパターンをあえて崩した展開、次々と倒れていく仲間たち、ラストまで変身しない主人公など見所が満載です。 未見の方は、まずは第3話まで見ることをお勧めします。 ここで第一の衝撃があります。 そして圧巻なのが第10話です。 このエピソードはアニメ史上に残る神回といっても過言ではありません。 なぜ、ほむらが執拗にまどかにこだわるのか、二人の過去に何があったのかついに明らかになります。 だからこそ、彼女たちの戦いの苦しさや辛さ、厳しさが伝わってきます。 主人公たちの関係性、それぞれの過去、さらに時間を超えた伏線までおり混ざった、世界全体を巻き込む壮大なバトルストーリーは、1位に選ばざるをえないほどの面白さです。 誰にでも一度は見て欲しい美少女バトルアニメ作品です。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます.

次の

おすすめバトルアニメ【絶対に見るべきアニメ】

アニメ バトル

独断と偏見でおすすめバトルアニメを紹介していきます。 定期的に更新予定。 2016年6月更新 オーバーロード 2015夏アニメ アインズ・ウール・ゴウン アルベド シャルティア・ブラッドフォールン 長らく続いたオンラインゲーム【ユグドラシル】のサービス終了までのカウントダウンが始まる中、モモンガは目を閉じて仲間達との思い出を回想しながらユグドラシルの終了を待っていた。 しかし終了時刻を迎えても強制ログアウトは起こらず、自身もゲームの中に自分の作ったキャラクターとなってしまったことに気付き… いわゆる【俺TUEEE】的な展開が好きな人にはたまらない作品。 ただ他の俺TUEEEと違って、顔は骸骨、中身は普通の人なのでそこがまた面白かったりします。 ストーリーはオンラインゲーム内という異世界もののダークファンタジー。 悪役をアインズ様がガシガシ倒していっちゃうのが気持ちいい。 オンラインゲームの中なのでアインズ様の特殊アイテムを課金アイテムと言ってしまうのに笑ってしまいます。 面白いのだけど、2期ありきで制作しているのかストーリーが若干物足りない。 円盤売り上げは良かったので期待して待ってます。 あと、悪役クレマンティーヌを演じる悠木碧さんの演技は圧巻です。 COWBOY BEBOP 1988秋アニメ スパイク・スピーゲル ジェット・ブラック フェイ・ヴァレンタイン 時は2071年。 指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎ、いわゆる「カウボーイ」たちが活躍している。 カウボーイ稼業を営むスパイク・スピーゲルと相棒のジェット・ブラックは、古い漁船を改造したおんぼろ宇宙船「ビバップ号」に乗り込んで宇宙を駆け巡っている。 そんなビパップ号に奔放な美女フェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエド、犬のアインが転がり込みいろいろな騒動に巻き込まれていく。 ハードボイルド系のアニメ。 海外でも高い評価を得ている作品です。 声優も豪華で演技が素晴らしいのでのめり込んでみることができ大人も楽しめるアニメです。 最近はこの手のアニメは減りましたね。 円盤が売れないからかな? キルラキル KILL la KILL 2013年 秋アニメ 纏 流子 鮮血 鬼龍院 皐月 父の仇を探す女子高生の 纏 流子は、父の殺害現場に残されていた巨大な片太刀バサミの謎を追って 本能字学園へ転校した。 学園を支配する生徒会長の 鬼龍院 皐月が片太刀バサミの秘密を知っているという。 流子は皐月から聞き出そうとするが… とにくかく勢いのあるアニメ。 展開が非常に早く作画がもつのか?と見る方が心配になるほど。 演出としてテキストを随所にどーんと散りばめることで迫力を増しています。 ストーリーとしては、正直言うとそんなバカなというところなんですが、そのバカなというのを突き詰めていて最後まで楽しめる作品です。 女の子たちの過激な衣装も話題となり、コスプレでは大人気のキャラでした。 GANGSTA. 2015年 夏アニメ ウォリック ニコラス アレックス・ベネデット マフィア・売春婦・汚職警官…。 あらゆる悪行がはびこる犯罪都市・ エルガストルム。 その街で汚れ仕事を請け負い生きる ウォリックと ニコラスはある日請け負った新興組織壊滅の依頼で、組織によって売春を強要され暴力を振るわれていた アレックスという名の女性と出会う。 正直言うとおススメしてよいか迷うアニメ。 2期ありきで制作したのか打ち切り?と思わせるほど物語がかなり中途半端に終わります。 ただ、途中までは めちゃめちゃカッコいいハードボイルド系のアニメ。 2期あればよいのだけど、1期を制作している会社が倒産しているのでもうないかも…非常に残念。 CLAYMORE -クレイモア- 2007年 春アニメ クレア ラキ プリシラ ミリア 人間を捕食する人外の魔物「妖魔」と、妖魔を倒すために生み出された半人半妖の女戦士「クレイモア」の存在する中世ヨーロッパ的な世界を舞台に、道程を共にする少年との絆や宿敵の打倒のために生きる主人公クレアを中心に、半人半妖の身であるが故の過酷な宿命を背負いながらも己の信念や目的のために戦い続ける女戦士達の姿を描いている。 綺麗な女の子がでっかい剣をもって戦うダークファンタジー。 主要キャラに全員に悲しい物語があり、基本的には救いのない話。 女戦士には2つ名があり、それがまた中二病心をそそられてカッコいい。 ギャグ的な展開はありません。 終始暗い雰囲気のダークファンタジーが好きな人は是非見るべきアニメ。 交響詩篇エウレカセブン 2005年 春アニメ レントン・サーストン エウレカ ホランド・ノヴァク タルホ・ユーキ 14歳のレントンは英雄扱いされる父親にコンプレックスを持ち、勉強が苦手でクラスでも浮いていた。 ある日の晩、ニルヴァーシュが自宅に墜落しレントンの部屋を半壊させる。 ニルヴァーシュの中から神秘的な少女・エウレカが現れた。 そのエウレカとの出会いから物語がはじまる。 ボーイミーツガールが大好きな人は絶対ハマる名作アニメ。 船長のオランドやタルホと共に旅を続けることで少年の心の成長も描いていきます。 前半のエンディングで使用されている「秘密基地」は名曲中の名曲。 聴いているだけで心が洗われるようです。 ロボットが登場しますが、ロボットアニメが苦手な方でも楽しめる作品です。 GOD EATER 2015年 夏アニメ 木島隆一 空木レンカ 雨宮リンドウ 橘サクヤ ソーマ・シックザール 西暦2071年。 人類の対抗手段は、生化学企業「フェンリル」によって開発された生体武器「神機」とそれを操る「ゴッドイーター」だけだった。 ゲームが原作のアニメ。 作画の美しさやアクションの演出のカッコよさといい素晴らしい出来栄えです。 しかしスケジュールが間に合わず、特別編を差し込む、クール中に間に合わずストーリー途中で打ち切りになるなどマイナス要素も多く放送中はとても残念なものでした。 聖杯には、戦いの勝者の願望を叶える万能の力があるとされ、これまで三度の聖杯戦争が行われてきたが、聖杯の力を行使できた者はなかった。 1990年代のある年の秋、四度目の聖杯戦争が始まる。 バトルシーンのこだわりは群を抜いていると言えるでしょう。 熱狂的なファンも多くスマホアプリゲームでもトップセールスランキングの常連となっています。 好きな女性キャラランキングでも本作のセイバーは常に上位にランキングするほど。 見るとセイバーみたいなサーヴァントが欲しくなること間違いありません。 サムライチャンプルー 2004年 春アニメ ムゲン(無幻) ジン(仁) フウ(風) 現代より遥か昔、侍も平民も太平の世を謳歌していた江戸時代中頃の横浜。 天涯孤独の少女・フウは、「向日葵の匂いのする侍」の情報を求めて数多くのバイトをしていた。 そんなある日、ふとしたことで知り合った二人の男・ムゲンとジンを用心棒として、彼女は「向日葵の匂いのする侍」を探す旅に出ることを決意する。 2004年のアニメながら古さをまったく感じないアニメ。 現代風時代劇といった感じでしょうか。 オープニングの映像は特におしゃれにかっこよく仕上がってます。 これぞクールジャパン。 外国の方が見たら江戸時代を誤解してしまうかもしれませんが。 基本的には1話完結なので見やすいアニメです。 SAMURAI 7 2004年 春アニメ 島田 カンベエ 岡本 カツシロウ キララ コマチ 人類は数々の大戦を経て、機械化文明と農耕文明が入り混じった混沌とした時代にあった。 コメの刈り取りの時期に現れてはコメを略奪する野伏せりを撃退すべく、神無村の村人は密かにサムライを雇う事を計画する。 村の水分り(みくまり)の巫女であるキララは自ら願い出て、サムライを探しに出かけるのだが… 7人の侍がモデルのSFロボットアニメというところでしょうか。 サムライがロボットと戦うという不思議な世界観を醸し出しています。 この手のアニメって仲間に各能力みたいなものがあったりするんですが、そこは現実的なところで特にありません。 みんな普通の侍です。 なので、ロボットを出すのであれば、サムライも能力系で攻めてほしかった。 前半よりも後半にかけてワクワクしてくるアニメなのです。 生き残った人類は、巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。 城壁による平和を得てから約100年後。 いつしか人類は巨人の脅威を忘れ、平和な日々の生活に埋没していた。 しかし、巨人の恐怖は終わったわけではなかった… 実写映画版も制作され、ある意味社会現象にもなった進撃の巨人。 海外でもかなり人気の作品です。 原作は少し絵が微妙なところ それが味ともいえます がありますがアニメ版では、かなりきれいな作画となっています。 特に立体起動装置を使っての移動の躍動感の表現は圧巻。 主人公のエレンではなく、リヴァイ兵長が女子 腐含む たちに注目され グロ系のバトル物でありながら男女ともに大人気作品となっています。 世紀末救世主伝説 北斗の拳 1984年 秋アニメ ケンシロウ ラオウ ユリア トキ 西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。 だが、人類は死に絶えてはいなかった。 暴力がすべてを支配する世界となった核戦争後の大地で、途中で出会ったやを連れ、伝承者・が暴徒を相手に拳を振るう。 北斗神拳を共に修行した兄達、それぞれの宿星を持つの伝承者達が現れ、ケンシロウと激闘を繰り広げていく。 この作品に至っては、今のアニメの社会現象の比ではなかったと思います。 名言「お前はもうすでに死んでいる」は、今でも知らない人はいないでしょう。 名言が多いアニメでもあり、魅力的なキャラクターが多い作品でもあります。 若い世代の方で見てない方は今からでも見てください。 愛とは…漢の生き様とは…あなたの人生のバイブルになることでしょう。 精霊の守り人 2007年 春アニメ バルサ チャグム 短槍使いの女バルサは、青弓川に流された新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムを救う。 彼はその身に、この世(サグ)と重なって存在する異世界(ナユグ)の水の精霊ニュンガ・ロ・イム〈水の守り手〉の卵を宿していた。 チャグムの母、二ノ妃は、バルサにチャグムを連れて逃げるよう依頼する。 NHKで2016年より三年にわたって実写ドラマ化されるほど今でも原作ファンが多い作品。 美しい世界観。 そして力強く生きる民が描かれる作品です。 主人公のバルサは、30歳という年齢なのでアニメの主人公にしてはちょっと年齢がいっているなあという印象なのですが、だからこそ醸し出される人間的な深みがアニメなのに滲みでてくる作品です。 バルサに恋をするということはないですが、人間として大好きになることは間違いないでしょう。 東京喰種 トーキョーグール 2014年 夏アニメ 金木 研 霧嶋 董香 神代 利世 月山 習 人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「 喰種」が蔓延する東京。 上井大学に通う青年 カネキは喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後起こった鉄骨の落下により捕食を免れる。 しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、 半喰種となってしまう。 原作とアニメはどちらが良かったと聞かれると私は迷わずアニメを押します。 原作もヤングジャンプで人気の作品ですが、どうもごちゃごちゃしていて途中からよくわからないという印象だったのですがアニメ版ではそこをすっきりと面白くしてくれました。 またこのアニメの魅力の一つに喰種 月山役の宮野さんの演技を押したい。 宮野さんが命を吹き込むことで原作以上に月山とはどういう喰種だということが伝わってきます。 ノラガミ 2014年 冬アニメ 夜ト 雪音 壱岐 ひより 兆麻 社を持たない無名の神 夜トは、たった5円の賽銭で水道管修理やらコンビニのアルバイトなどなんでも引き受けるデリバリーゴッドである。 とある依頼を遂行中だった夜トは、不注意から 壱岐ひよりを交通事故に遭わせてしまう。 ひよりは一命を取り留めたが、幽体離脱しやすい体質になってしまい、その体質改善のために夜トと関わるようになる。 声優が実力派揃いのためそれだけで、ストーリーに入りやすい作品。 オープニング曲もカッコいい!何度も聞きたくなります。 最初は、いわゆる1話完結で主人公夜トが難事件を解決していく物語かなと思ったのですが、後半から本格的なストーリーがはじまりそこからがさらに面白くなってきます。 フルメタル・パニック! 幼少時からゲリラや傭兵として激戦地を渡り歩いてきた宗介は、平和な日常での常識が皆無で日本の生活に全く馴染めず、ひたすら失敗を繰り返す。 初めは軍事オタク扱いされて避けられていた宗介だったが、二人は次第に打ち解けていく。 バトル要素もあり、ラブコメ要素も強いアニメ。 ヒロインのツンデレっぷりはとてもかわいいのです。 ロボットが出てきますがあまりロボットバトルという感じではありませんので、苦手な方も安心してください。 シリーズで放送され、無印、ふもっふ、The Second Raidの順番。 ふもっふはからは制作会社も京都アニメーションに代わり、特にふもっふは日常ラブコメの要素が強くなっています。 2005年に3期が放送され、10年以上経過した今4期が決定しました。 4期を見る前に、3期までチェックしておきましょう。 BTOOOM! -ブトゥーム- 2012年 秋アニメ 坂本 竜太 ヒミコ 定職に就かず、自宅で日々オンラインゲーム『BTOOOM! 』に没頭していた坂本竜太はある日、南海の孤島のジャングルで目を覚ます。 そこにいる理由も分からぬまま、竜太は同じく島へ連れ去られて来た人々との、爆弾「BIM」を駆使したリアル版『BTOOOM! 』による殺し合いを強いられることになる。 話の設定としては今でいうとよくある設定。 ただ安易に異世界ではないところが好きです。 単なる殺し合いではなくて、ゲーム同様全員が頭を使いながら相手をいかにはめて殺すかという内容なので大人も楽しめる内容になっています。 一斉を風靡したクラス全員で殺し合うバトルロワイヤルを彷彿とさせるアニメ。 BLACK LAGOON 2006年 春アニメ ロック レヴィ ダッチ バラライカ ロベルタ 日本の一商社・旭日重工の社員だった 岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。 ディスクをめぐるにつれ会社からの扱いに不信を抱いた岡島は、違法な運び屋ラグーン商会から誘われ、その見習い水夫となる。 とくかく最高にカッコいいハードボイルドアニメ。 萌え要素は一切ありません。 このアニメに必要あるものか。 私の中では制作会社マッドハウスでの一番だと思っています。 たまにレヴィのセリフが、あまりに中二的すぎてネタにされることもあるのですが、そこはどっぷりはまってしまえばそれさえもカッコいいと思ってしまえるのです。 また 毎回流れるエンディングの音楽もめちゃくちゃカッコいい。 男性は特に絶対に見てほしいアニメなのです。 ワンパンマン 2015年 秋アニメ サイタマ ジェノス タツマキ 就職活動に行き詰る青年・ サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。 その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。 頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れたのだったが… 原作はもともとウェブ漫画で面白いという評判でした。 ただしイラストがあまり上手ではなかったためアイシールド21の作者がリメイクしてできたのが今の作品。 これぞバトルアニメと呼べるわかりやすい展開でした。 どんな敵もワンパンで倒してしまえるなら物語になるのかと思っていたのですが、そこはストーリーをうまく作ってありますのでご安心を。 2015年のアニメの中では海外でも圧倒的人気のアニメでした。 キャラクターもアメコミっぽいのが良かったのかもですね。

次の

web.neustar.biz

アニメ バトル

とある科学の超電磁砲(レールガン) 現在、2020年春アニメとして4期が放送中で、美少女キャラが登場するアニメで一推しのアニメです。 こちらは、スピンオフ作品になりますが、本編よりもこちらの方が面白いと感じるぐらいです。 おすすめ理由 主人公御坂美琴の圧倒的強さと周囲の個性的キャラクターによる連携プレーが冴えわたる作品たど感じます。 【とある魔術の禁書目録】の外伝的物語にも関わらずオリジナル同等かもしくはそれ以上の人気作品といえます。 主な舞台設定は学園都市と呼ばれる仮想世界。 学生達各々が特別な能力を保持していて、それ等を駆使して迫力あるバトルや知能戦を展開していきます。 御坂美琴を中心とした友情、人間模様、クローン設定等バトル以外のドラマストーリーも見逃せない一幕となっています。 アニメのOP、ED曲も毎回作品の世界観にあっていて楽しみの一つです。 今作品はシリーズモノで続編もあり、ここから更に派生した【とある科学の一方通行】という作品もあるので飽きもこなく楽しむことができます。 いわゆるTSモノですね。 おすすめ理由 劉備に曹操、孫権などキャラ全員が美しく、またかわいらしくリファインされていています。 以外にも、史実を忠実に再現しているパートもあり、三国志ファンなら思わずニヤリ、としてしまうシーンもあります。 あまり歴史は詳しくない、という方はほかの三国志作品(横山〇輝とか蒼〇航路とか)で予習するとよいかもしれません。 もちろん、全く予備知識無しでもあまり問題ありません。 タイトルは三〇無双のパロディ、という話を聞いたことがあるのですがこの真偽のほどはわかりません。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます アカメが斬る 絶対的王政をふるう帝都に対して真の平和、市民平等の為に暗躍する暗殺集団ナイトレイドに属するアカメを主人公としたやや過激な描写が特徴的なバトルストーリー。 おすすめ理由 もちろんタイトル通りアカメが主人公ではありますが、同じくストーリー序盤より 登場するタツミが裏主人公と言っても過言ではない今作。 人間的にもバトルスキル的にもまだまだ未熟であった彼の成長過程を追っていく展開も非常に大きな見どころの一つと言えます。 ナイトレイドの面々や帝都兵士の実力者は帝具と呼ばれる強力な武器を所有しています。 この武器がそれぞれに固有の特徴を持っていてバトルシーンに大きな影響をもたらします。 帝具を使用したバトルは時に過激なシーンもあるので刺激が欲しい方にはオススメの作品となります。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます 一騎当千 三国志をモチーフに孫策伯符を主人公として学生達の覇権争いを主軸としたバトルモノです。 一風変わった設定が登場人物の多くが女性キャラクターであることです。 おすすめ理由 孫策をはじめ関羽や呂布等有名な三国志登場人物も女性キャラクターとなっています。 使用する武器は史実を参考にしたモノが多いが基本的には肉弾戦が多く作品途中よりパワーアップして気を操って攻撃したり、潜在的力を解放してド迫力バトルとなっていきます。 オリジナル三国志同様登場キャラクターも非常に多岐にわたるのでお気に入りキャラクターが必ず見つかると思います。 ほとんどの女性キャラクターは無駄にナイスバディーなので注目ポイントでもあります。 忠実に再現とまでは言えないと思いますが、今作から三国志を学べる点もあります。 本作をきっかけにオリジナル三国志にもはまってしまうかもしれません。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます ソードアート・オンライン こちらは、シリーズもかなり長い作品で、女性から見ても楽しい美少女バトルアニメといえば、この作品です。 おすすめ理由 魅力はなんといっても登場する女の子たちのキャラクター性です。 ハーレム系の作品にしては珍しく、比較的リアルなキャラクターの女の子が多く、共感しやすいのがポイントだと思います。 男気溢れるボーイッシュな妹ちゃんや、無邪気でしたたかな人工知能の女の子、ウブでクールな拳銃使いの女の子、など、共感しやすいようなキャラクターがたくさん登場します。 「かわいい」だけじゃない、強くてかっこいい女の子がたくさん出てくるところが、最大の魅力です。 主人公最強系のアニメにしては珍しく、女の子たちが「守られるだけじゃなくて、ちゃんと守る」というところが、かなりポイント高めです。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます 『ノーゲーム・ノーライフ』 バトルはバトルでも、頭脳バトル系の美少女いっぱいアニメです。 異世界が舞台ということもあり、女の子たちの衣装の奇抜さも見所の一つです。 おすすめ理由 ナイスバディな女の子もたくさん登場します。 それでも嫌味な感じがしないのは、あくまで「頭脳戦」をテーマにしているからでしょうか。 主人公と妹、二人タッグで挑む様々な頭脳戦ゲームは、男女や種族による優劣はほとんどありません。 ゲームの盤の上ではあくまで対等にバトルを続けていきます。 バトルの勝利の方法も気持ちよくて、女の子たちが惚れちゃう理由も、なるほど納得です。 頭脳戦を楽しみながら、可愛い女の子たちとのちょっとエッチでほっこりする、そんなやりとりを見られるのも、この作品の魅力です。 前作と比べ戦闘シーンが大幅にパワーアップしており、ストーリーと共にみどころが満載となっています。 おすすめ理由 美少女たちが武骨な武器を振り回して戦うビジュアルは、スパロボ的なノリが好きな人には刺さりまくると思います。 物語は、一人の少女がとある魔導書を手にするところから始まります。 少女を守る騎士たちと戦うこととなる主人公達。 個人的に好きなシーンは前作には無かったアリシアとフェイトの絡みですね。 これは号泣ですわ。 シリーズを通してOPを水樹奈々、EDを田村ゆかりが担当しています。 こちらもチェックですね。 いわずと知れた、大人気美少女バトルアニメ作品です。 深夜アニメ業界を変えた作品の一つになります。 おすすめ理由 蒼樹うめ先生「ひだまりスケッチ」と同じ方がキャラクターデザインをされたそうで、パステルカラーの愛らしい見た目がまず目に着きます。 今までの魔法少女モノのパターンをあえて崩した展開、次々と倒れていく仲間たち、ラストまで変身しない主人公など見所が満載です。 未見の方は、まずは第3話まで見ることをお勧めします。 ここで第一の衝撃があります。 そして圧巻なのが第10話です。 このエピソードはアニメ史上に残る神回といっても過言ではありません。 なぜ、ほむらが執拗にまどかにこだわるのか、二人の過去に何があったのかついに明らかになります。 だからこそ、彼女たちの戦いの苦しさや辛さ、厳しさが伝わってきます。 主人公たちの関係性、それぞれの過去、さらに時間を超えた伏線までおり混ざった、世界全体を巻き込む壮大なバトルストーリーは、1位に選ばざるをえないほどの面白さです。 誰にでも一度は見て欲しい美少女バトルアニメ作品です。 「dアニメストア」「U-NEXT」で全シリーズ視聴できます.

次の