ジャーマン ポテト。 ジャーマンポテト (我が家の味) レシピ・作り方 by さかな3103|楽天レシピ

ジャーマンぽてと 和田中本店

ジャーマン ポテト

コストコ|ジャーマンポテト|1,280円 こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている 『ジャーマンポテト(GERMAN POTATO)』(品番:96388)。 ご家庭で仕上げの調理をして完成させる半惣菜で、980g入ってお値段は1,280円(税込)です。 100gあたり約131円という計算になりますね。 ジャーマンポテトといえば、じゃがいもとベーコン、たまねぎを炒め合わせた料理。 本品の場合は、皮が赤いいわゆるレッドスキンポテトが使われています。 その他にズッキーニ、マッシュルーム、コーン、パセリも入っていて、いろどりがきれいですね~。 写真右側に見える袋は付属のハーブソルトです。 調理はオーブンまたはフライパンを使います。 オーブンの場合は、アルミの器がそのまま使えますよ(フタは取る)。 ハーブソルトのクセが強いので入れる量に注意 これで20分ですが、まだ火の通りが甘いですね~。 オーブンの性能にもよりますが、さらに加熱してもよさそう(編集部ではさらに15分延長しました)。 じゃがいもの赤い皮がとても華やかで、パクっといってみますと、わりとネットリとした歯ごたえですね。 ズッキーニはシャキシャキしてジューシー感あり。 ベーコンの肉々しさ、たまねぎやコーンの甘みがよいアクセントになっています。 ただ、気になるのがハーブソルトです。 けっこうクセが強いテイストで、1袋全部入れると味が強すぎてしまうんですね。 特にローズマリーのフレーバーが濃くてエグミを感じさせ、鼻に抜ける香りがお薬のようになってしまいます。 このハーブソルトを使用する場合は、半分くらい残したほうがよさそうですね~。 * * * 『ジャーマンポテト』は、具材は悪くないものの、付属のハーブソルトがけっこう罠なのでご注意を。 ラベルで紹介されているオーブン調理だと、調味料の量を後から調整するのが難しく、火も通りにくいのが難点です。 なのでフライパンで調理するのが無難。 その際も、くれぐれもハーブソルトを入れすぎないようにしてください。 おすすめ度.

次の

ジャーマンポテトの意味、発祥と名前の由来、日本生まれのドイツ料理

ジャーマン ポテト

ジャーマンポテトは何料理? ジャーマンはドイツのことですから、ジャーマンポテトはドイツ料理・・・と思いきや、ドイツには「ジャーマンポテト」という名前の料理はないそうです。 当然と言えば当然かもしれません。 例えば、海外で肉じゃがを「ジャパニーズポテト」などと言われても、まったくピンとこないのと同じようなものなのかもしれません。 「ジャーマンポテト」自体は、あくまでも「ドイツ風のいも料理」という意味あいの料理に過ぎないようです。 ただし、ドイツにも当然似たような料理があって、「ブラート・カルトッフェルン(炒めいも)」が、いわゆる「ジャーマンポテト」と同じ料理になるようです。 ドイツ語だとすごい料理のようですが、日本語に訳するとなんとも素っ気ない名前に感じてしまいますね。 逆にいえば、ドイツではそれくらい基本的な料理とも言えそうです。 【スポンサーリンク】 ジャーマンポテトの作り方・レシピ ジャーマンポテトは、日本でもメジャーな料理だと思います。 学校給食なんかで出ることもありますし、家庭の献立の副菜としても活躍しますよね。 そんなジャーマンポテトの作り方レシピはいたって簡単です。 材料 ・じゃがいも ・ベーコン(ウインナーでも可) ・玉ねぎ ・塩コショウ ・コンソメ ・ニンニク ・パセリ ・マヨネーズ 手順と隠し味のマヨネーズ 1 ジャガイモ、玉ねぎ、ベーコンを適度な大きさに切ります。 ジャガイモはある程度薄めに、スライスしたほうが火を通しやすいです。 一度下茹でしてから炒める場合は、ごろっとした切り方でもOKです。 2 油でニンニクを焦げないように炒めてからベーコンを炒めます。 3 2に玉ねぎを加えて軽く炒めます。 4 3にジャガイモを加えて、ジャガイモが柔らかくなるまで炒めます。 5 塩コショウを軽くして、コンソメとマヨネーズで味を調えます。 6 最後にパセリを振りかけて完成! 仕上げのマヨネーズをかけるかどうかはお好みですが、まろやかさと酸味が加わるので私はよく入れています。 以上「ジャーマンポテトとは何料理?味付けの決めてはコンソメ・マヨネーズ!」でお伝えしました。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。 【スポンサーリンク】.

次の

ジャーマンぽてと 和田中本店

ジャーマン ポテト

コストコ|ジャーマンポテト|1,280円 こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている 『ジャーマンポテト(GERMAN POTATO)』(品番:96388)。 ご家庭で仕上げの調理をして完成させる半惣菜で、980g入ってお値段は1,280円(税込)です。 100gあたり約131円という計算になりますね。 ジャーマンポテトといえば、じゃがいもとベーコン、たまねぎを炒め合わせた料理。 本品の場合は、皮が赤いいわゆるレッドスキンポテトが使われています。 その他にズッキーニ、マッシュルーム、コーン、パセリも入っていて、いろどりがきれいですね~。 写真右側に見える袋は付属のハーブソルトです。 調理はオーブンまたはフライパンを使います。 オーブンの場合は、アルミの器がそのまま使えますよ(フタは取る)。 ハーブソルトのクセが強いので入れる量に注意 これで20分ですが、まだ火の通りが甘いですね~。 オーブンの性能にもよりますが、さらに加熱してもよさそう(編集部ではさらに15分延長しました)。 じゃがいもの赤い皮がとても華やかで、パクっといってみますと、わりとネットリとした歯ごたえですね。 ズッキーニはシャキシャキしてジューシー感あり。 ベーコンの肉々しさ、たまねぎやコーンの甘みがよいアクセントになっています。 ただ、気になるのがハーブソルトです。 けっこうクセが強いテイストで、1袋全部入れると味が強すぎてしまうんですね。 特にローズマリーのフレーバーが濃くてエグミを感じさせ、鼻に抜ける香りがお薬のようになってしまいます。 このハーブソルトを使用する場合は、半分くらい残したほうがよさそうですね~。 * * * 『ジャーマンポテト』は、具材は悪くないものの、付属のハーブソルトがけっこう罠なのでご注意を。 ラベルで紹介されているオーブン調理だと、調味料の量を後から調整するのが難しく、火も通りにくいのが難点です。 なのでフライパンで調理するのが無難。 その際も、くれぐれもハーブソルトを入れすぎないようにしてください。 おすすめ度.

次の