トーマス コーエン。 未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来 (PHP新書)

コロナは地球の帯電による量子飛躍(クオンタムリープ)

トーマス コーエン

掲示板の目次は以下をクリックし右側です 泣いて生まれてきたけれどさんの衝撃的な記事 「ウィルス感染が病気の原因だ」という学説が、そもそも詐欺!新型コロナウイルスは存在しない!!Dr. 例えば、以下の様な事例は循環論法となる。 結論Aの前提をたどっていくと元のAに行き着き、「AだからAである」と述べているに過ぎないことになる。 これでは命題自体の絶対的な説明が行われておらず、何も証明できていないのと同じである。 すなわち、証明すべき結論を前提として用いてはいけないということである』 管理人注:問題(A)反応(B)解決(C) 6分55秒エブリン・ロスチャイルドの発言 我々は皆,その機会に向かって進まなければならないのだと思います。 そして課題はまた,我々が国際通貨に向かうべきかどうかだと思うのです。 なぜなら,投機や通貨の複雑性が貿易国間だけでなく,個人の間でも苛立ちを起こしているからなのです...... その後のナレーション この世界通貨には世界政府が伴うのです。 そこで現在彼らが勃発させた様なもう一つの悲劇的な戦争を防ぐにはそれが必要だと彼らは主張しているのです。 これには古典的な問題,反応,解決の手法です。 問題を作る連中が大衆に解決を受け入れえるように操作し,自分たちに更なる権力が手に入るようにするのです。 彼らはこの方法かもしくは別の方法に専念するつもりなのです。 そうしなければ彼らは全てを失ってしまうのです。 疑問は私たちがどのように反応するかという事です。 注:イルミナティの代理人デヴィッド・アイクはこれを繰り返しているわけです 人類操作技法~ 『しょうがない』と言い出したら思考停止~あとは右向け右に従うだけなのです。 有名芸能人をスケープゴートにすれば効果は抜群 クオンタムリーク 新型コロナウイルスに関する情報は、すべて遺伝子の話のすり替えです。 つまり、新型コロナウイルスの存在を明らかにした科学論文はなく、新型コロナウイルス感染症という病気は捏造でしかありませせん。 新しい感染症の存在を言うためには、病原体の存在を明らかにすることが条件です。 病原体の存在が明らかにできない専門家が、この国の舵取りブレインの役割を果たしている現状を踏まえて、国民一人一人がこの国の行く末を考えるときに来ています。 病原体の存在で検索すると 関連動画 新型コロナウイルスは、本当に存在するのか? 新型コロナウイルスは、本当に存在するのか?多くの日本人が、信じている新型コロナウイルスという恐ろしい病原体は、本当は存在しないという説が海外で広まりつつあります。 日本では、このような考え方をする人が少ないのは、テレビの情報に洗脳されているのかも。 今回は、新型コロナウイルスの存在の有無を、遺伝子バンクに登録されているデータから考えてみましょう。 徳島大学全学共通教育履修の手引 The Microwave injured Masses? Canary Warnings About 5G And Covid-19 マイクロ波が大衆を傷つけるー5GとCOVID-19についてのカナリアの警告 警告のビデオ一覧~やはり原因は5Gですね。 6Gも射程内? 日本語字幕可 以下は必読です トーマスコーエン博士 コロナを語る~日本語字幕可 ウィルスとは、何かから伝染するものではないという、画期的な研究結果が、トーマス・コーエン博士より提唱されています。 ウィルスといわれるものは、放射能や電磁波によって毒された細胞が有害物質を排出しようとする働きで、その際タンパク質とともに検出される物質 DNAやRNAなどの破片 が「ウィルス」の正体です。 「ウィルス」とは細胞から排泄される毒物なのです。 したがって、感染するものではありません。 また、ワクチンにはアルミニウム、水銀などの金属が含まれており、それが体内で放射能、電磁波をより多く吸収させることについても、コーエン博士は言及しています。 私たちは、製薬業界を肥え太らせるためにわざわざお金を払って、自らの身体を弱らせる医療を受けてきたのですね。 ここまで辿りつけるかどうか分かりませんでしたが、ここでコロナウィルス全般について触れずにはいられません。 もし皆さんが話を聞きたいならですが。 (聴衆から聞きたいという声)そうですね。 繰り返しになりますが、もしルドルフ・シュタイナーを知っていたら、この試練への答えをご存じでしょうが、それでも具体的に解明しなければなりません。 1918年に最大のパンデミックであるスペイン風邪が大流行した後で、シュタイナーはそれがどういうことだったのかと聞かれました。 シュタイナーはこう答えました。 「ウィルスは単純に、我々の細胞の有毒な排泄物です。 ウィルスは我々のDNAやRNAの破片がいくつかのたんぱく質と共に細胞から排出されたものなのです。 こうしたことは細胞が毒に侵されると起こります。 何も原因はないのです」と。 まず最初に考えてください。 皆さんが著名なイルカのドクターで何百年、というか長期にわたり北極圏でイルカの研究をしてきたとします。 イルカは健康でしたが、ある時電話がかかってきて「フレッド、たくさんのイルカが北極圏で死んでいる。 調査に来てくれないか」と頼まれます。 その時に質問を一つするとします。 皆さん、手を挙げてください。 「遺伝子構造を調べるためにイルカを診たい」という人は何人いますか?誰もいないですね。 くだらない質問でした。 それでは「このイルカとあのイルカがウィルスを持っているかを調べさせてください。 伝染病かもしれませんから」と言う人は?あちらの男性ですね。 それでは、このような表現で失礼しますが「この水に誰か糞をしましたか?」という質問です。 エクソンバルディーズ号の原油流出のようにです。 誰かいますか?全員ですね。 そうです。 それが起こったことでした。 細胞が毒に侵されて、自ら浄化するために我々がウィルスと呼ぶ破片を排泄したのです。 現在のウィルス理論であるエクソソームやアメリカ国立衛生研究所の所長がウィルスの複雑さについて述べている最新のトークを見ていただくと、ウィルスは何者かという現在の考え方と今の話が完全に一致していることが分かります。 私が子どもの頃の話で、まさに当てはまる話があります。 子供の頃、家の外には湿地帯がありました。 カエルが湿地帯いっぱいに住んでいて夜になると陸に上がって来るため、窓をテープで目張りしなければなりませんでした。 春になると大騒ぎでしたが、そのうちにカエルは全部いなくなったのです。 遺伝病だったと思う人はいますか?カエルがウィルスに罹ったと思う人は?誰かが殺虫剤を水に入れたのだと思う人は?それが起きたのです。 病気は被毒です。 ワクチンの理由も、、、これはちょっと飛ばします。 それでは、1918年になにが起こったのでしょうか。 過去150年に起きた大きなパンデミックの時は毎回、地球の帯電による量子飛躍(クォンタムリープ)があったのです。 1918年、1917年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。 生体系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りはいわば仮死状態になるのです。 興味深いことにその生体の寿命は延びるのですが、病状は悪化します。 その後第二次世界大戦が始まり、次のパンデミックはレーダー機器の導入で世界中が覆われた時でした。 地球全体がレーダー場で覆われたのです。 人類は初めてそのような状態にさらされました。 1968年は香港風邪でした。 その時、地球は初めてバンアレン帯という保護領域を持ちました。 これは要するに太陽や月、木星、その他の惑星からの宇宙場を統合し、地球に住む生命体にまき散らすのです。 人類は放射能を排出する周波数の衛星をバンアレン帯の内側に配置し、その後6か月以内にウィルスによる新たなパンデミックが発生しました。 ウィルス性とされた理由は、人が被毒したし、毒を排出してウィルスのように見えたのでインフルエンザによるパンデミックだと考えたのです。 1918年のパンデミックの際は、ボストン保健局が伝染性を調査することにしました。 信じられないような話ですか、彼らは何百人ものインフルエンザ患者の鼻水を吸い出し、これをまだ罹っていない健康な人に接種したのです。 ですが接種された人で、具合が悪くなる人は一人もいませんでした。 これを何度も何度も繰り返しましたが、伝染病であることを実証出来なかったのです。. 馬でも試しました。 明らかにスペイン風邪にかかっている馬の頭に袋を被せ、馬が袋の中でくしゃみをしたら同じ袋を次の馬に被せるということをやりましたが、病気になった馬は一頭もいませんでした。 アーサー・フィルステンバーグの「見えない虹」 Arthur Firstenberg " The Invisible Rainbow" という本にこのことが書かれていますので、興味のある方はお読みください。 地球の電化を年代順に一つずつ追って行き、どのようにして半年以内にインフルエンザの新しいパンデミックが世界中で発生したかが書いてあります。 普通はどう説明するでしょうか。 どのようにカンザスから2週間で南アフリカに到達するでしょうか。 世界中で同時に、同じ症状が現れたのです。 当時の移動手段は馬や船であったにも関わらずです。 説明はなく、何が起きたか分からない、とだけ述べられました。 しかし考えてみてください。 皆さんのポケットに入っていたり、手首に付けている機器の電波や周波数を使って、日本へ瞬時に信号を送り届けることが出来ますね。 信じない方がいるかもしれませんが、我々は電磁場に囲まれており、秒速で世界中とコミュニケーションが取れるのです。 ただ注意を払っていないだけなのです。 ここで最後に指摘したいと思います。 地球の電化という劇的な量子飛躍が過去6か月の間にありました。 皆さんよくご存じですね。 5Gと呼ばれています。 今では放射線を発する衛星が2万個もあります。 同じように放射線を発する物は皆さんのポケットや手首にもあり、いつも使っていますね。 それは健康にはそぐいません。 このように言うのは申し訳ありませんが、健康にはよくないのです。 それは水の構造を破壊する機器です。 皆さんの中に、そうは言っても我々は電気的な存在ではないし、ただの物質だという人がいたら、その人は心電図や皮膚電位図、あるいは神経伝達検査には構わないでください。 我々は電化した存在であり、化学物資は電気的刺激によるただの副産物なのです。 最後に質問するので当ててください。 世界で初めて5Gで完全に覆われた都市があります。 それはどこでしょうか。 (聴衆から「武漢」という答え)その通りです。 ですから、こうしたことを考え始めると我々は今、実存的危機に直面しています。 人類がいまだかつて出会ったことのないものです。 ここで旧約聖書のような予言をするつもりはありませんが、これは未曽有の出来事です。 何百、何千という衛星が地球を覆い尽くしているのです。 ところで先ほど言おうとしたのですが、これはワクチンの質問とも実は関係があります。 こうしたことを思い知らされた出来事がありました。 一年ほど前に私のところにある患者が来ました。 まったく健康で、サーファーでブローカーもしていました。 そして、電気技師として裕福な人のためにWi-Fiシステムを設置する仕事もしていました。 電気技師の死亡率は非常に高いのです。 でも彼は元気でした。 ところがある時、腕に怪我をしたので金属プレートを腕に入れました。 その3か月後、男性はベッドから起き上がることが出来なくなり、不整脈も出て完全に崩壊してしまいました。 影響を受け易いかどうかは体に入っている金属の量と、細胞内の水質と関係があります。 人にアルミニウムを接種すると、接種された人は増加した電磁場を吸収する受容体となるのです。 これがまさに今、我々が体験している、種の荒廃ともいうべき大混乱です。 最後にもう一つ、ルドルフ・シュタイナーの言葉を引用したいと思います。 ちなみにこれが書かれたのは1917年頃で、今とは違う時代です。 「電気的な存在がなかった時代、大気に電気的影響が渦巻いていなかった頃」この話は1917年のことです。 「人間でいることはたやすかった。 それだけに今、とにかく人間でいるためには、百年前と比べてはるかに強く霊的能力を伸ばすことが必要である。 」霊的能力を高めるにはどうしたらよいかということは皆さんに委ねたいと思います。 今の時代、人間でいることほど難しいことはありません。 ご清聴ありがとうございました。 訳:福浜恵子様 動画~ コーエン博士はサイトカインストームについては触れていませんが..... 日本語字幕で ノーベル賞受賞者は全く違うことを言っているが おまけ~志村けんはやっぱり死んだふりと思う根拠 そういえば9.11の航空機もCGであることがバレています。 5G実験中に鳥がばたばたと...... トーマスコーエン博士の記事とダブル部分もありますが最後にこうあります 『北海道内で感染者が爆発的に広がった、北海道雪まつり会場で5Gのテストが行われていたことも偶然ですし、 昨年10月武漢省で5Gを導入。 その二か月後、新型コロナウイルス が蔓延したのもたまたま。 韓国は世界一5Gが多い都市(2位中国、3位アメリカ)。 イタリアはヨーロッパで最初に5G開始していたことも無関係。 トランプ大統領の自宅や不動産物件とイスラエルでは5Gの導入は行わないのも偶然ですよね。 5Gで使用される 60GHz周波数帯は酸素分子を吸収するスペクトルであり。 分子レベルで電子の軌道を狂わせ、血液中のヘモグロビンと酸素の結合能力を阻害。 つまり酸欠状態になること、新型コロナによる肺炎が放射線誘導性の肺損傷に似ていることも全く関係がありませんよね』と。 アイクインタビュー概要(上) 第一回と同じようなレーニン流展開をしている。 デヴィッド・アイクはバランサーと呼ばれている アジェンダ21の行動計画 ロックダウンに抗議する人々~米国では銃で武装した集団も登場したが1日200ドルで雇われたクライシスアクターのようだ。 あわよくばマーシャルローに繋げたいところだろうがそうはうまくは運ばない。 今回の奥の院の懐刀はタビストックに違いない 【5G問題まとめ】危険なミリ波の開始は6月!保険会社は扱い拒否!米で児童8人がほぼ同時に癌! D. アイクインタビュー概要(中) コロナ後の世界を暗示する海外記事、「解決策」に要注意(上) コロナ後の世界を暗示する海外記事、「解決策」に要注意(中) コロナ後の世界を暗示する海外記事、「解決策」に要注意(下) コロナ感染者水増しは完全な詐欺 長野で地鳴~5月11日に厳重注意 測量学の権威が警鐘 「東日本大震災の直前と同じ兆候出現」 ~長野も出てきます キチガイ医のブログより 御用の感染症研究所でもPCRは偽陽性が多い旨が書いてある。 陽性になったからといってコロナとは限らないということで、むしろコロ珍以外である可能性が高い。 ちなみに検査キットには インフルエンザウイルス アデノウイルス マイコプラズマ クラミジア その他でも陽性になることが記載されているとか。 No title 自分なりに調べてみました。 内海先生が書いている通り、PCR検査説明書に記載されています。 7%と戦後最悪 8日日経は大幅高でダウも続伸だがゴールドマンとアムロが先物一手売り。 JPモルガンは反対の動き。 5月11日午後に地震か?手口を見るといやな予感がする。 ガールズチャンネルでもピーチクパーチクと大騒ぎ さてはてさんの5.11の記事~富士山ドッカ~ンか? 続きの記事~ ザウルスさんの動画 日本語字幕を引き出す方法 米失業率はもっと高い~日本のクジラがリーマンの時のようにせっせせっせと買っているみたいだね。

次の

コーエン兄弟

トーマス コーエン

トーマス・コーエン医学博士の 5G普及とコロナ感染増加に関する YouTube動画を送り アーサーさんの所見を求めたところ 昨夜就寝しようと思った頃電話が。 トーマス・コーエン医学博士の 衝撃的な動画をよく見つけたね!と 褒めていただいたまでは良かったが それから延々1時間アーサー節炸裂。 コロナ感染拡大地域と 5Gのアンテナ設置地域が ぴったりと当てはまる プラス バイオエタノール燃料を使用している という点でも。 アメリカではとうもろこしを主原料に 作られるバイオエタノール その他の地域では小麦や植物廃油など 各国混合率は異なるけれど 石油に混ぜられて販売されている。 モンサントが開発した発がん性物質 EUや世界では禁止農薬となった グリホサードが大量に使用された 穀物を原料に作られたエタノールが 大気汚染に関係無い訳は無い!と 息巻くアーサーさん。 5Gに関しては 日本でもいち早くコロナ感染が 確認された札幌では 雪まつりで大規模な 5G電波地上波放送の実証実験。 現在国内のみならず世界中に 設置が急がれる5Gアンテナから 放出される電波による人体への 影響は全く検証されていない。 それどころか、アンテナ設置地域と コロナ感染増加率が全く一緒という 不可思議な現象を誰も説明しない。 明日の文化放送のラジオ番組で 息巻くつもりだ!と。 私がアーサーさんに送った トーマス・コーエン医学博士の YouTube動画は既に削除されており (よほど誰かに都合が悪かったのか?) 日本語訳されていない 1時間25分に及ぶ博士の動画は まだYouTube上に残っています。 動画内で紹介されている シュタイナー博士の著書を含む 数々の著作を一つずつ読み進め 現状を理解しようと努めたい。 環境汚染と電波の嵐とに 包まれた私達の肉体を 健やかに保つためには 何をすれば良いのか 私なりに思索を深めていきたい そう願っています。 日本政府の対応からも分かるように どうもこの国は国民を守るという 真摯な姿勢に欠けているように思う。 マスク二枚ではどうにもならないので 自分たちの身を守る術を ひとりひとりが模索していくしか 生き延びる方法はない そんな気がしています。 これ以上通信速度が速まって 誰に何の得があるのでしょう? そろそろ「足るを知る」ことを 地球の人類は学ぶべき時なのでは。 娘に買って帰るよう依頼したこの一冊は アーサーさんにまず熟読してもらい 解説して貰うことに。 私の錆びた英語では3年位理解するのに かかりそうだから、そうお願いすると 快くお引き受けくださいました!笑 いつかこの一冊を元にアーサーさんが 電磁波に覆われた今の地球に関して 講演してくださる日がくるかも。 そちらもお楽しみに!• 6 recent comment.

次の

トーマス・コーエン博士 コロナについて語る 講演

トーマス コーエン

経歴 [ ] 生い立ち [ ] 兄のジョエルはに、弟のイーサンはに、郊外ので生まれた。 父親のエドワードはで経済学を、母親のレナはで美術史を教えていた。 また、兄弟の上にデビィという姉がいる。 少年時代から兄弟は読書や映画鑑賞を趣味としていた。 ジョエルが貯めたお金で撮影用機材を購入し、近所で仲間を募って映画を撮り始めたこともあった。 この頃製作した映画には、当時兄弟の好きだった映画のリメイクのほかに、を主人公にしたオリジナル作品も有ったという。 二人はのを卒業。 ジョエルはで映画製作を学ぶ。 一方イーサンはで哲学を学んだ。 ニューヨーク大学を卒業後、ジョエルはアシスタントとして映画やの製作現場で働くようになる。 ジョエルは映画監督のと知り合い、彼が監督した『』()の編集助手となった。 その後もライミは、コーエン兄弟の友人として公私共に親密な交際を続けている。 映画製作者として [ ] このころプリンストン大学を卒業したイーサンが、ジョエルの住むを訪れてくる。 兄弟は共同で脚本の執筆を開始、後にそれを彼ら自身の手で映画化した処女作『』()を発表する。 同作は低予算での製作ながら、完成度の高いとして好評を博した。 この作品で兄弟はの監督賞を受賞し、一躍界で注目される存在となる。 その後兄弟は大手スタジオのと契約する。 そして20世紀フォックスからのバックアップを受けて『』()、『』()、『』()といった話題作を次々に公開する。 特に『バートン・フィンク』は同年度ので、、の主要3部門を制覇、兄弟の国際的な知名度を向上させた。 を数多く起用し、巨額の製作費を掛けた『』()では興行的に惨敗を喫したものの、捲土重来を期した次作『』()は批評家たちに絶賛され、兄弟に初の()をもたらした。 海外での評価も高く、この作品で兄弟は二度目のカンヌ国際映画祭監督賞を受賞している。 『ファーゴ』は2014年からTVシリーズ『』となり、兄弟が製作総指揮を務めている。 『』()は公開当時は興行的にも批評的にも微妙な評価だったが、現在ではとして一部の熱狂的なファンから絶大な支持を受けている。 2000年代に入ってもコーエン兄弟は意欲的に作品を発表していく。 主演の『』()は、映画のが700万枚を超える売上 を挙げるという話題作となった。 翌年の『』()では往年のを髣髴させる白黒映画の製作に挑戦。 『バートン・フィンク』『ファーゴ』に続き三度目のカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。 『』()、『』()も興行的に成功を収め、批評家たちからの評価は高くとも一般受けはしないという兄弟に貼られたレッテルを返上する活躍を見せた。 『』()ではを含むアカデミー賞4部門を受賞。 批評家たちから『ファーゴ』に匹敵する傑作だと賞賛され、全世界で1億6000万ドルを上回る興行収入を挙げた。 翌年に公開された『』()も全米興行収入初登場1位という大ヒットを記録。 2年後には『』()で全世界興行収入が『ノーカントリー』を上回る、2億5千万ドルを記録し、コーエン兄弟のキャリアにおいて最大のヒット作となる。 その後も『』()で、を受賞。 2015年にはの審査員長に就任。 同映画祭では史上初となる兄弟揃っての審査員長となった。 映画製作 [ ] 便宜上、『』()までは監督・脚本にジョエル、脚本・製作にイーサンがそれぞれ別個にクレジットされてきたが、実際はどちらも兄弟の共同作業であり、『』()からは監督・脚本・製作はすべて兄弟の連名となっている。 また、コーエン兄弟は ロデリック・ジェインズ( Roderick Jaynes)という変名で映画の編集作業も行っている。 特徴 [ ] コメディ色の強いスリラー映画、もしくはスリラー色の強いコメディ映画、特にユダヤ的な笑いを用いたものを得意としている。 作品のテーマとして、特にやを取り扱うことが多い。 脚本 [ ] 基本的に兄弟が制作する映画は彼ら自身が書き上げた脚本に基づくものであるが、物語の大まかな枠組みとして既存の文学作品などからモチーフを借りてくることも多い。 特に兄弟の小説への傾倒は顕著である。 『ミラーズ・クロッシング』はの『』や『』を 、『ビッグ・リボウスキ』はの『』を 、『バーバー』はの『』や『』をそれぞれ参考にしている。 『オー・ブラザー! 』ではの古典『』の翻案がなされた。 撮影 [ ] 技術的な特徴としては、移動撮影や複雑なカット割りの多用が挙げられる。 撮影監督として処女作の『ブラッド・シンプル』から3作目の『ミラーズ・クロッシング』までをが、4作目の『バートン・フィンク』以降の『バーン・アフター・リーディング』を除くすべての作品をがそれぞれ担当している。 配役 [ ] 兄弟は彼らの制作映画にしばしば特定の俳優たちを起用することで知られる。 、、、、らが「コーエン組」として認知されている。 しかし近年では兄弟が名声を得たことによる作品のビッグ・バジェット化に伴い、等のスター俳優の起用が増え、彼らの出演機会は以前と比べ相対的に減少しつつある。 音楽 [ ] 映画中の音楽はが一貫して作曲している。 評価 [ ] 兄弟はの常連であり、『バートン・フィンク』(1991年)で同映画祭初の主要3部門(パルム・ドール、監督賞、男優賞)を制覇したのを皮切りに、『ファーゴ』(1996年)、『バーバー』(2001年)でも監督賞を、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013年)で審査員特別賞をそれぞれ受賞している。 では、『ファーゴ』(1996年)で脚本賞を受賞し、『ノーカントリー』(2007年)では作品賞や監督賞など、計4部門を受賞。 名実ともに現代のアメリカ映画界を代表する巨匠として注目を集める存在である。 私生活 [ ] ジョエルは1984年に『ブラッド・シンプル』に主演したと、イーサンはに『ミラーズ・クロッシング』の編集助手を担当したとそれぞれ結婚した。 どちらの夫婦もニューヨーク在住である。 ジョエルは『』でを、妻のマクドーマンドはをそれぞれ受賞している。 2011年に兄弟で受賞。 作品 [ ] 監督作品 [ ]• Blood Simple(1984年)• Raising Arizona(1987年)• Miller's Crossing(1990年)• Barton Fink(1991年)• The Hudsucker Proxy(1994年)• Fargo(1996年)• The Big Lebowski(1998年)• O Brother, Where Art Thou? (2000年)• The Man Who Wasn't There(2001年)• Intolerable Cruelty(2003年)• The Ladykillers(2004年)• Paris, je t'aime (2006年)• No Country for Old Men(2007年)• Burn After Reading(2008年)• A Serious Man(2009年)• True Grit(2010年)• Inside Llewyn Davis(2013年)• Hail, Caesar! (2016年)• The Ballad of Buster Scruggs(2018年)脚本・製作も担当 その他 [ ]• The Evil Dead(1981年)- 編集助手• 魔界からの逆襲 Fear No Evil(1981年)- 編集• Crimewave(1985年)- 脚本• Bad Santa(2003年)- 製作総指揮• Gambit(2012年)- 脚本• Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption(2014年)- 脚本• Fargo(2014年)- 製作総指揮(テレビシリーズ)• Bridge of Spies(2016年) - 脚本• Suburbicon(2017年) - 脚本 主な受賞 [ ]• 1996年度 『』• 2007年度 『』• 2007年度 『ノーカントリー』• 2007年度 『ノーカントリー』• 2007年度 『ノーカントリー』• 1996年度 監督賞 『ファーゴ』• 2007年度 監督賞 『ノーカントリー』• 1991年度 『』• 1991年度 『バートン・フィンク』• 1996年度 監督賞 『ファーゴ』• 2001年度 監督賞 『』• 2013年度 審査員特別賞 『』• 2018年度 『』• 1996年度 作品賞 『ファーゴ』• 2007年度 監督賞 『ノーカントリー』• 2007年度 脚本賞 『ノーカントリー』• 1985年度 監督賞 『』• 1996年度 作品賞 『ファーゴ』• 1996年度 監督賞 『ファーゴ』• 1996年度 脚本賞 『ファーゴ』 脚注 [ ] 注釈 [ ]• (参照:2009年4月4日)• Music、2008年11月7日。 (参照:2009年4月4日)• (参照:2009年4月4日)• Russell p. Production Notes(『ビッグ・リバウスキ』の製作秘話、ユニバーサル・ピクチャーズ版DVD収録)• (参照:2009年4月4日)• 百科事典『』の「コーエン兄弟」の項目より。 映画ナタリー 2016年2月10日. 2016年2月10日閲覧。 参考文献 [ ]• Carolyn R. Russell 2001. The Films of Joel and Ethan Coen. , Publishers. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語)• - (日本語)• - (日本語)• - (日本語)• - (日本語)• (英語) - コーエン兄弟の映画を紹介するサイト• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の