ツカダ グローバル ホールディング。 潮風感じる屋上のプールサイドテラス席で開催!厳選牛×大海老×フリーフロー『ハマテラス』【ツカダ・グローバルホールディング】|外食業界の新店舗、新業態など、最新情報|ニュース|フーズチャネル

Princess Sweets をおうちで!お姫様気分を味わうテイクアウトアフタヌーンティー!「プリンセステイクアウトアフタヌーンティー~白雪姫~」販売(ツカダGHD) 2020年06月22日[PR TIMES]

ツカダ グローバル ホールディング

ツカダ・グローバルホールディングの株主優待は、毎年6月末と12月末時点の株主に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、自社グループ施設内レストラン等の飲食代金割引、ホテル宿泊代金優待割引を行う『株主優待券』1枚と、保有株数に応じた額面の『QUOカード』を年2回贈呈」というものだった。 変更後は、「株主優待券」の贈呈枚数は2倍に増える一方、「QUOカード」の贈呈は廃止される。 また、ツカダ・グローバルホールディングは株主優待の変更と同時に、2020年12月期の中間配当の予想を修正し、「無配」とすることも発表している 期末配当の予想は未定。 株主優待の変更と配当予想の修正を実施した理由は、「今般の新型コロナウィルス感染症拡大に伴う、当社2020年度連結業績への影響は、現在、鋭意精査中でありますが、現時点で配当原資となる親会社株主に帰属する当期純利益において大幅な損失が見込まれております。 つきましては、誠に遺憾ではございますが、2020年度第2四半期末の中間配当を無配及び期末配当につきましては、通期連結業績を見込むことが困難な状況にあるため未定とさせていただき、株主優待につきましては変更及び廃止とさせていただくことといたしました」とのことだ。 ツカダ・グローバルホールディングの株主優待の変更は、2020年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。 株主優待で人気の「QUOカード」が廃止されたことで、失望している個人投資家は多いだろう。 新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化し、「QUOカード」の株主優待を廃止する企業は今後も増加すると考えられるため、より一層の注意が必要だ。 ツカダ・グローバルホールディングは、婚礼事業やホテル事業などを手掛ける企業。 2020年5月8日に発表した2020年12月期の第1四半期の連結業績は、売上高が102億3200万円 前年同期比21. 6%減 、営業利益が20億8800万円の赤字 前年同期は4800万円の黒字 、経常利益が25億6800万円の赤字 前年同期は3200万円の黒字 、四半期純利益が24億1700万円の赤字 前年同期は4300万円の赤字。 通期の連結業績予想は未定としている。 最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。 ザイ・オンライン編集部.

次の

ツカダ・グローバルホールディング【2418】、上期配当を無配に修正

ツカダ グローバル ホールディング

ツカダ・グローバルホールディングのみんかぶ目標株価は「503円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 523円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 474円 と判断されています。 ツカダ・グローバルホールディングは、【海外挙式、ハウスウエディング、ホテル】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

株主優待│株式情報│投資家情報│ツカダ・グローバルホールディング

ツカダ グローバル ホールディング

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 売上営業 損益率 発表日 18. 10-12 17,867 3,377 3,242 1,206 25. 3 18. 01-03 13,049 48 32 -43 -0. 9 0. 04-06 16,022 2,213 1,982 1,332 27. 9 13. 07-09 14,683 1,233 1,307 788 16. 5 8. 10-12 17,367 2,889 2,901 488 10. 2 16. 8 -14. 5 -10. 5 -59. 5 -59. ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の