プライムビデオ 家族会員。 Amazonプライムビデオを家族会員が共有する方法&デメリット

Amazonプライムビデオを家族会員でも利用するたった1つの方法

プライムビデオ 家族会員

お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員限定先行タイムセールに参加可能• Prime Now(一部地域で、最短2時間でお届け)• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ(プライム会員本人がAmazonフレッシュに登録することで自動的に利用できるようになります) あれ?Amazonプライムビデオないじゃん?? そうなんです、家族会員の本来のサービス内容の中には、は含まれていません。 なので、ふつうに自分のアカウントでログインしてAmazonプライムビデオを観ようと思っても観れません。 てことでちょっと裏技的な感じになるんですが、 本会員のアカウントでログインして、家族会員がAmazonプライムビデオを視聴する、という方法があります。 Amazonプライム会員の家族会員(家族会員じゃない人も!)が、Amazonプライムビデオを観る方法 結論から言うと、 Amazonプライム会員の家族会員は、Amazonのアプリをスマホかタブレットでダウンロードして、本会員の人のアカウントでログインするとAmazonプライムビデオが見られます。 だけでなく、やなど も同じです。 ……てか、そりゃ観れますよね、本会員のアカウントでログインしてるんですから 笑 つまりこれは、本会員の人が自分のアカウントを家族会員に貸している状態です。 なので、本会員の人が「自分のアカウントでログインしていいよ」と言ってくれさえすれば、 家族会員でなくても、友達でも誰でもこれらのサービスを楽しむことができるってことです。 Amazonプライムビデオに関しては、ログインする端末の台数制限はないようなので、家族みんながそれぞれの端末から動画が観られます。 (同時再生は台数制限アリ) とは言え、 アカウントを貸した相手が有料コンテンツを購入した場合などは、もちろんアカウント所有者本人のところに請求がいきます。 というわけで、アカウントを貸してもいい相手となると家族か、家族と同じくらい信用できる人、ってことになりますね。 友達に自分のアカウントを貸して、AmazonプライムビデオやAmazonミュージックなどのサービスを共有することは可能ですが、その友達が勝手に有料コンテンツを購入したりしない人か?ということには気をつけましょう。 Amazonプライムビデオを家族会員が共有するときの制限について• 違う動画をストリーミング再生で同時視聴できるのは、3台まで• 同じ動画をストリーミング再生で同時視聴できるのは、2台まで• ひとつの作品を同時にダウンロードできるのは、2台まで• ダウンロードした動画なら、3台以上でも同時視聴が可能• ダウンロードできる動画の数は、すべての端末の合計で25本まで ストリーミング再生(ふつうにそのまま再生すること)で同時視聴するのには台数の制限がありますが、ダウンロードした動画ならその制限はありません。 動画をダウンロードしておけば、オフラインでも動画が楽しめて、データ量の節約にもなるのでおすすめです。 旅先での長い移動時間中にも重宝します。 のオフライン視聴については、以下の記事に詳しくまとめているので参考にしてみてください。 Amazonプライムビデオを家族会員が共有するときのデメリット 本会員の利用料だけで家族会員も動画が楽しめる!……のはありがたいんですが、 デメリットがひとつだけあります。 それは、どの端末からも本会員のアカウントでログインすることになるので、 誰がどの動画を観たかという履歴や、次に観たい動画として「ウォッチリスト」に登録した動画がお互いにバレる。 ということ。 何を観たかあまり知られたくない……という人は履歴をこまめに削除するしかないですが、動画を観ている瞬間にはバレちゃいます。 絶対バレたくない!!という人は他の動画配信サービスに登録するか、自分も会費を払ってプライム会員になるしかありません。 他の動画配信サービスということで言うと、 家族や友達など、複数人で利用するのに最も利便性が高いのは です。 は、見放題の作品数が圧倒的に多いです。 ジャンルも、映画やドラマはもちろんのこと、子供向け番組からアダルト・お笑い・アイドル・鉄道・パチスロなど、かなり幅広く取り扱っているので、家族全員の好みに対応。 しかも、1人が契約するとアカウントを3つ追加できる、つまり、 4人がサービスを利用できるんです。 同時視聴も4台まで可能。 もちろんこれは、無料トライアル期間中も同じです。 そしてAmazonプライムとは違い、 それぞれ別のアカウントからログインするので視聴履歴がお互いにバレることはありません。 親アカウントは子アカウントに対して視聴・購入制限をかけることができるので、小さな子供がいる家庭でも安心して利用できます。 わたしが実際に の31日間無料トライアルを利用してみた感想や、登録・解約の手順、利用の際の注意点は以下の記事に詳しくまとめたので、気になった人は参考にしてみてください。 家族会員の変更 家族会員の登録内容を変更できるのは、Amazonプライム本会員だけ です。 家族会員は、登録内容の変更および削除はできません。 で家族会員の変更、再登録の手続きをすることができます。 家族会員の変更(すでに2名登録されていて他の人に変更)をする場合は、まずどちらかの登録を取り消し、それから新たに家族会員を登録します。 まとめ の家族会員が受けられる特典は本来配送サービスに関するものだけで、 などのサービスは受けられません。 でも、 Amazonのアプリをダウンロードして、本会員のアカウントでログインすればそれらが利用できるよ!という裏技?を紹介しました。 同じひとつのアカウントでログインするので、同時視聴に関する制限や、視聴履歴がバレる、などのデメリットもありますが、それが気にならなければかなりお得です。 わずか 月額500円で、家族まで動画見放題・音楽聴き放題になるなんてすごすぎますね。 Amazonプライム会員になっていて、まだ家族会員を登録していない人はぜひ登録して、Amazonプライム会員の特典を使いたおしちゃいましょう。 Amazonプライム会員にまだなってないよ、って人には 30日間の無料体験もあります。 学生さんはなんと6か月の無料期間(無料期間終了後は、プライム会員の半額で利用可能)があります。 そして家族で定額動画配信サービスの利用を考えている、ということなら、もおすすめです。 U-NEXTは、1人が契約すれば3つまでアカウントを追加できる、つまり、1つの契約で4人がサービスを利用できます。 しかもAmazonプライムと違って、それぞれが別のアカウントでログインするということなのでお互いの視聴履歴がバレることはないし、子供が使う場合には視聴・購入制限もかけられるので安心です。 今までAmazonプライムでじゅうぶん楽しめる!と思っていたわたしでしたが、U-NEXTのあまりの作品数の多さやジャンルの幅広さに、無料トライアルに申し込んだ初日にぐらりとに気持ちが傾いてしまいました 笑 31日間無料トライアルについては、以下の記事に詳しくまとめています。 なんとなく「高い」というイメージだった月額料金も、そのしくみを理解すればむしろ「割安」であることもわかります。

次の

amazonプライムビデオを家族全員で共有する方法と3つの注意点

プライムビデオ 家族会員

家族会員はプライムビデオは見れる? Amazonプライム会員は家族のうち誰か一人でも加入していれば、他の家族も家族会員として無料で登録することができます。 家族会員は自分とは別に2人までが登録可能で、プライム会員の様々な特典をタダで使うことができます。 しかし、 残念ながらプライムビデオは家族会員の特典対象外です、家族会員が利用できるプライム特典は以下の通りです。 お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員限定先行タイムセール• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ 上記の通りプライムビデオは対象外となっています。 プライムビデオは家族で共有出来るのか 家族会員ではプライムビデオを視聴する事は出来ないと言うことが解りました。 しかし、 プライム会員に登録している本アカウントを家族に使わせる事で共有も可能です。 他社のVODでは利用規約に第三者と共有する事を禁止すると言った記述があるサービスも多いですが、プライムビデオの規約にはそういった記述はありません。 規約違反にならないので、プライム会員に登録した本アカウントを使えば家族皆でプライムビデオを利用できます。 同時視聴は3台まで可能 複数端末から同時視聴は3台まで可能です、つまり家族3人までなら同時視聴可能です。 4台以上の端末で視聴しようとすると最後に再生した端末にエラーが発生して視聴が停止します。 また、公式サイトのヘルプには2台以上の端末から同一の作品を視聴する事は出来ません、と言った記述がありますが、現在のところ問題なく 2台以上から同一の作品を視聴する事は出来ます。 ちなみにですが、他社では端末登録台数に制限があるVODも多いですが、Amazonプライムビデオは無制限で登録できます。 何故可能なのかといえばダウンロードした動画の視聴はオフラインで行われ、動画視聴時に通信を行わないため3台以上で視聴していることをプライムビデオ側で検知出来ないからです。 3台制限はストリーミング再生でのみで適用されるルールという事です。 1つのアカウントに付き2台までダウンロードできるので、実質的に5台まで同時視聴可能になります。 それらの作品を小さい子供が見てしまうと色々と教育に悪いと思うので、視聴制限機能を使って視聴できないようにロックをかけましょう。 また、レンタル・購入を制限する事も出来るので子供が間違えてレンタルしてしまう事故を無くす事も出来ます。 プライムビデオのレンタル・購入は何の確認も無く1クリックで完了してしまうので、レンタル購入制限の設定もしっかりやっておく事をオススメします。 一応、視聴履歴を削除する方法はありますが、プライムビデオの視聴履歴の削除は結構面倒くさいです。 プライムビデオ自体にはアカウントを分けるような機能はないので、共有して使うのは中々大変だと思います。 まとめ• 家族会員ではプライムビデオは視聴できない• 本アカウントでなら共有して使える• ダウンロード機能も駆使すれば5台まで同時視聴できる• 視聴履歴や視聴履歴は家族にばれる 家族会員ではプライムビデオは使えませんが、1つのアカウントを家族と共有して使用する事は出来ます。 ストリーミング再生なら3台、ダウンロード視聴も含めれば5台まで同時に視聴できます。 ただし、視聴履歴などは家族から丸見えの状態になるので注意してください。 また、小さい子供にも使わせるなら視聴制限の設定も忘れないようにして下さい。 動画以外では、 雑誌70誌以上が読み放題、電子書籍33万冊以上読める「VOD」という言葉では収まらない巨大なエンタメサービスとなっています。 毎月付与される1200ポイントは、新作動画レンタルや電子書籍の購入に使えるだけでなく、NHKオンデマンドの支払いにも使用出来る優れものです。 私も数多くのVODを使ってきましたが最も使い勝手が良いのがU-NEXTでした、どんな方であっても満足できるサービスだと思います。 月額料金は888円と平均的な価格設定ですが、 動画2万本以外にも電子書籍(漫画)15万冊以上が配信されていて、雑誌100誌以上が読み放題になります。 更に、 毎月最大で1300円分のポイントが付与されています、これだけで月額料金を大きく上回るのでお得感が強いですね、ポイントは動画レンタルだけでなく電子書籍にも使えるので幅広い用途に使えます。 (無料期間でも最大1300ポイント付与されます) ここでしか見れない動画が多いので、 他社と被らない魅力あるサービスになっています。 関連する記事• Amazonプライムビデオは月額400円か年会費3900円で見放題を利用出来る格安の動画配信サービスとして知られています。 年会費で支払えば月額325[…]• Amazonプライムビデオをスマホやパソコンで視聴している方は多いと思いますが、テレビで視聴する方法はどんな方法があるかを調べて見ました。 このページ[…]• Amazonプライムビデオには見放題動画以外にも追加料金を支払ってレンタル視聴する動画も多くあります。 このページではAmazonプライムビデオのレン[…]• Amazonプライムビデオは安価で良質な作品が多くある動画配信サービスとして知られていますが、家族と同居している人の中には共有して使いたいと考えている[…]• Amazonプライムビデオは月額400円または年会費3900円(月割325円)で3万本以上の動画を見放題で視聴できるVODなので登録を考えている人も多[…]• 元々、amazonが提供する動画配信サービスは、有料サービスのamazonビデオのみでしたが、2015年9月にプライム会員向けの見放題動画配信サービス[…].

次の

Amazonプライムの家族会員とは?残念な点も多く全員が必須のサービスではない

プライムビデオ 家族会員

お急ぎ便が何回でも無料で利用できる• お届け日時指定便も、もちろん無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料に• プライム会員限定の先行タイムセールに参加可能• Amazonパントリーが利用できる 年会費は無料!! もちろん Amazonプライム家族会員は無料で利用することができます! なのでプライム会員1人と家族2人でかかる費用は、 1人あたり 年間1300円 月額だと約110円という計算に!! 家族会員のメリット お急ぎ便が無料で使える 一般会員であれば、商品の注文額が2000円に満たないと、配送料が360円かかります。 お急ぎ便なら514円かかりますね。 Amazonプライム家族会員であれば、お急ぎ便まで無料で使えるのて大きなメリットです。 先行タイムセールに参加できる Amazonではよく特別セールが開催されています。 「これが安く買えた!!」なんて記事を見たことありませんか。 セールが開始した瞬間になくなってしまう商品もあります。 一般会員では参加すらできません… 家族に履歴はバレない!?… 一番心配しているのは、履歴が見られないのかではないでしょうか。 家族に見られたくないものもあると思います。 でも、安心してください。 アカウントはそれぞれ独立しているため、 購入・閲覧履歴、お気に入りは一切共有されません。 最近買ったものや見たものがAmazonのトップページに表示されることもないし、いつ買ったかも分かりません。 すべての特典が利用できるわけじゃない 残念ながら「プライム・ビデオ」「Prime Music」「プライム・フォト」はプライム会員本人のみしか使えません。 なのでこれらを使いたいのであればプライム会員に登録しましょう。 登録方法 プライム会員の人が招待状を送り、それを非プライム会員が受け取ることで認証します。 プライム会員本人が、「」にアクセスします。 そしたらサイトの一番下にある「家族会員の登録案内を送る」をクリックしましょう。 自分の誕生日、招待したい家族の名前、続柄、メールアドレス、誕生日を入力して「案内状を送る」を押します。 入力したメールアドレスに登録案内が届くので、そのメールのURLを開く。 プライム会員(招待した人)の誕生日と自分(招待された人)の誕生日を入力して「家族会員に無料で登録する」をクリックして完了です。 学生限定のAmazonStudentもおすすめ 通常のAmazonプライム会員であれば年間3900円かかります。 もし学生であれば、AmazonStudent会員になることで 年間たった1900円で利用できます。 最初だけでも 無料で6ヶ月体験できて ポイントが貰えるキャンペーンも度々実施していますね。 登録にはクレジットカードかデビットカードが必要です。 まとめ 意外と知られていないAmazonプライム家族会員の紹介でした。 1人分の年会費で、家族が特典を受けられるなんて… もし、まだAmazonプライム会員でないのであれば、無料で体験できる期間があるので登録だけでもしてみるといいですよ。 プライム特典で楽しいAmazonライフを送りましょう!!.

次の