ほうれん草 味噌汁 アク抜きなし。 ほうれん草のあく抜きを失敗しない簡単な方法!やり方とコツをご紹介

ほうれん草のアク抜きについて。

ほうれん草 味噌汁 アク抜きなし

所要時間: 15分 カテゴリー:、 ほうれん草のソテーの作り方 茹でずにおいしい簡単レシピ! ほうれん草のソテー、下茹でしてから炒めていますか? ほうれん草は、アクが少し強いので、下茹でしてから調理するのが鉄則! とはいえ、一度茹でると水っぽくなってしまうことと、栄養分が流出して減ってしまうのが難点です。 そこで茹でずにソテーする方法を3つご提案。 アクの少ない品種を選ぶ アクは大きく育つほど増えていきます。 同じ重さでも株が小さいものや、水耕栽培のサラダほうれん草を選んでみましょう。 また、日本で昔から育てられている葉が薄くてギザギザの東洋品種はアクの少ない品種です。 扱っている売り場は少ないかもしれませんが、注目してみてください。 油分でコーティングしてアクを流出させない アクの成分であるシュウ酸が水溶性なので、油分でコーティングして、流出を防止させます。 多めの油で炒めましょう! 3. 水にさらしてアクを抜く たっぷりのお水にさらしてシュウ酸を減らしましょう。 ちょっとした手間と工夫なので参考にしてみてください。 もちろん下茹でしてからソテーする方がよいと思えば、下茹でしましょう! 動物性タンパク質と一緒に食べると、ほうれん草の栄養素の吸収率がアップします。 関連記事• ほうれん草のソテー3種類の材料( 2人分ずつ).

次の

ほうれん草は下茹でした方が良いのでしょうか?

ほうれん草 味噌汁 アク抜きなし

スポンサーリンク ほうれん草を味噌汁に入れる時は下ゆでする? ほうれん草を味噌汁に入れるときは必ず下ゆでをしなければいけないわけではありません。 ただ、できるのであればした方が良い、です。 ほうれん草を下茹でする理由 ほうれん草の下茹でをするのにはちゃんと意味があります。 なぜなのかというと、大きく分けると理由は2つ。 1つ目は、「下茹でをすることでエグミが減る」ことです。 ほうれん草の灰汁はエグミを感じさせるので、下茹でをした方が料理が美味しく仕上がる効果があります。 2つ目は、「ほうれん草に含まれるシュウ酸が健康に影響する」ためです。 ほうれん草に含まれるシュウ酸は摂取しすぎると尿路結石の原因になります。 味や健康に影響があるため、ほうれん草を調理する前には下ゆでをした方がいいですね。 ほうれん草の下茹でが不要という意見もあり ただし、最近のほうれん草は昔に比べるとシュウ酸の含有量自体が減っているようです。 もしエグミが気にならない方や、健康に問題が無い方であれば多少下茹でしていないほうれん草を食べたとしても特に問題はないようでよ。 味噌汁に入れるだけでしたら量も少ないですし、気にならないなら下ゆでなしで使ってもOKです^^ ネットでプロの料理人の方のレシピを見てみると、わざわざ味噌汁を作るためには下茹ではしていないようですが、前もってサッと茹でて取り分けて保存しておく方も。 味噌汁にほうれん草を全量は使わないので、他の料理に使うことも考えて、サッと茹でておくということですね。 自宅で作る場合も、前日にサッと下茹でして保存容器に入れておけばすぐお味噌汁やお浸しなどに使えるので便利ですよ。 スポンサーリンク レンジで灰汁抜きするというレシピもネットでは見かけるけど一体どうなの?と思ったことがある方も多いはず。 私も料理を作りながら、レンジで灰汁抜きができたら便利だな〜と思って 調べてみました。 結論としては、レンジでチンするだけでは灰汁は抜けません。 ほうれん草の灰汁はお湯に溶けやすく、茹でることで灰汁が抜けていきます。 ですので、灰汁自体はレンジで加熱しても抜けないということです。 ただし、少しだけ手間をかけることでレンジでも灰汁抜きできる方法がありますよ。 それは「レンジでチンした後に水にさらす」だけ! エグミの元であるシュウ酸はお湯に溶けやすい性質がありますが、水にも溶け出すことが分かっています。 ですので、レンジでチンした後に水にさらせば灰汁抜きができるので、 下茹でしたのと同じ効果が得られます^^ さらに、下茹でをすると灰汁と一緒に必要な栄養素であるビタミン、鉄分、葉酸なども水に溶けだしてしまうのですが、レンジで調理するとこの必要な栄養素も失われにくいようです。 手軽に灰汁抜きできて時短できるので、ちょっとひと手間加えればレンジ調理もおすすめですよ。 ほうれん草の下ゆでについて【我が家の場合】 我が家ではお味噌汁に入れる場合も下ゆでしたものを使用しています。 ただ、お味噌汁に使う分を下ゆでして・・・というのは面倒なので、ほうれん草が安い時にまとめて買ってきて その日のうちに鍋で一気に下ゆでしてしまいます。 水気を切ったら1回分ずつラップで包んで保存袋に入れ、すべて冷凍しています。 お味噌汁に使う時は凍ったまま鍋に入れればOKなので楽チンですよー。 下ゆでするかレンジであく抜きするか、ご自身の生活に合わせてお試しくださいね。

次の

ほうれん草の洗い方、ゆで方・あく抜き・ゆで時間

ほうれん草 味噌汁 アク抜きなし

・ほうれん草に含まれるシュウ酸が尿管結石の原因になる• ・エグミがなくなり、キシキシした食感をなくす などの理由からです。 尿管結石の原因になるとはいえ、毎日大量のほうれん草を食べなければ大丈夫です。 現在治療中や結石になりやすい方でなければ健康上の理由おそらく大丈夫かと。 治療中の方は、ドクターに確認したほうが安心です^^ また、味に関しても、エグミや苦み、食感に嫌な感じがしないのであれば特に灰汁抜きはしなくてもないかとおもいますよ。 特に、味噌やカレーなど味の濃い物と組み合わせる時には気になりません。 ただ、ほうれん草を炒め調理に使う場合、ベーコン炒めやハムや卵と炒めることが多いです。 卵などと炒める時はしっとりしたほうれん草が美味しいのでメニューによって好きな方を選んでくださいね^^ ほうれん草のえぐみ取りは?炒める場合はどうする? しんなりした食感がが嫌、でもエグミや苦みは取りたいという方もいらっしゃいますよね。 どうしても、下ゆでしたほうれん草を使うとどうもベチャっとした感じが気になります。 簡単ですよね。 水につける時に大きなボウルがなければ、ほうれん草をざく切りにして切ってからでも水につけても大丈夫ですよ。 これで、シャキっとしたまま炒め物に使えてエグミも気にならないので炒め物に使う時は水につけて灰汁抜きしてから使うのがオススメです^^ ほうれん草を炒める時【我が家の場合】 我が家では炒めものの時は下ゆでしません。 私が炒めものに下ゆでしたほうれん草を使いたくないのは、面倒だから、です。 私が炒め物を作る時は料理が面倒でパパッと作りたい時。 この時に下ゆでしてそれから・・・というのがどうにも面倒でした。 私は味や食感で気になったことはないですし、息子もぱくぱく食べてるので、子供でもエグミは感じないレベルには抜けてると思います^^ まとめ いかがでしたか? 炒め物の時は灰汁抜きせずそのままほうれん草を使っていたという方もたくさんいると思います。 下ゆでせず水につけるだけでも簡単に灰汁抜きできますし、食感や味も変わりますのでぜひ一度お試しくださいね。

次の