みどりの窓口 クレジットカード。 みどりの窓口はどのクレジットカードが使える?分割ボーナス払いは?

みどりの窓口を利用すれば、140円区間であってもクレジットカード払い可能!JRの普通乗車券もちゃんとカード払いで購入できます。

みどりの窓口 クレジットカード

今回は『新幹線切符や特急券をクレジットカード払いで購入したい!』という方向けに、クレジットカードを使った購入方法についてわかりやすく解説をしてみたいと思います。 そもそも新幹線切符ってクレジットカードで買えるのかどうかがわからない方はもちろん、どのクレジットカードが購入に使えるのかわからない方もご覧ください。 カード払いで新幹線切符を買う方法: みどりの窓口に行けば購入可能: まず、クレジットカードで新幹線の乗車券を購入する、一番カンタンな方法はJR構内にある「みどりの窓口(JR系の切符売り場のこと)」に行くことです。 この窓口に行って『支払いはクレジットカードで!』と窓口の人に伝えればそれでOK。 それだけで新幹線切符をクレジットカードで支払うことが出来ます(窓口の人が勝手にカード決済処理をしてくれる)。 使えるクレジットカードはほぼすべて: では、肝心の使えるクレジットカードはどれかというと、みどりの窓口では下記クレジットカードが利用可能。 VISAカード• Mastercard• JCBカード• アメリカンエキスプレス• ダイナースクラブ これら国際ブランドと呼ばれるマークがクレジットカード券面に印刷されているカードであればどのカードでも切符購入に利用可能なので、 日本人が持っているクレジットカードの99. 9%が利用できると思って間違いないでしょう。 当然、楽天カードやイオンカード、セゾンカードの表面にもVISAやMastercardのマークが入っているため、みどりの窓口で利用可能です(詳しくは下記記事もあわせてご覧ください)。 特急券や普通乗車券もカード払いできる: こう書くと、『私は新幹線切符だけじゃなくて、到着駅から特急を乗り継いで別の駅に行きたいんだけど、そっちもカード払い出来るの?』という疑問をお持ちの方も出てくるかも…ですが、こちらも問題なくカード決済可能。 指定席券:可能• 特急券:可能• グリーン席券:可能• グランクラス:可能• 普通乗車券:可能 みどりの窓口であれば新幹線切符代を含めた指定席券代や特急券代、普通乗車券代までまとめてカード払いできるのでご安心いただければなと思います(係の人になにも伝えなくても、すべてカード払いさせてくれる)。 小さな駅でも購入可能: あと、東京駅や仙台駅、新大阪駅といったようなみどりの窓口が設置されているような大規模な駅だけでなく、地方にある小規模な駅(無人駅を除く)でも、窓口に相談をすればクレジットカードで支払い可能な場合も多いですね。 大規模なターミナル駅:みどりの窓口で可能• 小規模な駅:改札横の窓口で購入可能 とにかくカード払いをしたければ、窓口にいる駅員さんに聞いてみる、これに限ります。 券売機でカード払いをする: 次に、みどりの窓口を利用しなくても、JR構内に設置されていることが多い指定席券売機を使ってクレジットカード払いをすることも可能()。 駅構内に紫色の指定席券売機があればカード払い可能 こちらはやや上級者向け…といった感じなのではじめての方はみどりの窓口で購入してほしいなと思いますが、慣れてきたら券売機を使った新幹線切符購入にも挑戦してみてください。 みどりの窓口:色々を聞きながら購入できる• 指定席券売機:機械的に切符を購入できる 行列に並ぶ時間を短縮できる分だけ、こちらのほうが切符購入までが早いです。 ネット予約して受け取りもできる: 更にもうひとつ。 新幹線切符は今は駅でのみ買えるものではなく、インターネットを使って事前に予約&購入しておくことも出来ます。 こちらを利用すれば新幹線の指定席をあらかじめ抑えておき、ギリギリの時間に駅に向かう…なんてことも可能なので、当日、バタバタと切符を購入したくないという方におすすめ。 ネット経由で購入した新幹線の乗車券は、指定席券売機で受け取り可能です(受け取り可能な場所にクセがあるので、こちらも初心者向けではありません)。 ビューカードしか使えない時代もあった: 未だに新幹線切符がクレジットカード払いできないのではないか…と心配している方が多い背景には、過去、JR系のクレジットカードであるビューカードしか使えない時代があったからじゃないかと思う私。 しかし現在では当記事で解説させていただいた通り、ほぼすべてのクレジットカードを切符発券に使うことが出来るのでご安心ください。 20年前頃:ビューカードのみ利用可能• 現在:ほぼすべてのカードが利用可能 これも時代の流れとともに…といった変化ですね。 さぁ新幹線切符を購入しよう: ここまで新幹線切符をクレジットカードで買う方法について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 まぁとにかくもう、 新幹線切符を買いたいならみどりの窓口に行けばそれでOK。 そこでいつもどおり行き先や人数、希望する席の種類&場所などを伝えた後にクレジットカードを渡すだけでカード払いが出来てしまうので、決して難しいことはありませんよ。 以上、新幹線の切符をクレジットカード払いで購入する方法!みどりの窓口や発券機では、どのクレジットカードが使えるかを解説します…という話題でした。 参考リンク: 東京や仙台といったJR東日本エリアにお住まいの方は、新幹線切符購入でポイントが溜まりやすいビューカードを持つのがおすすめ。 こちらは電子マネーSuicaチャージにも向いているクレジットカードなので、普段からJRを使って電車移動する機会が多いなら検討ください。 詳しくは下記記事を参考にどうぞ。 cardmics.

次の

みどりの窓口とは?営業時間や使い方は?クレジットカードを利用できるの?

みどりの窓口 クレジットカード

基本的にはどのJRでもみどりの窓口や指定席券売機でクレジットカードが使えます。 支払い金額問わずで、片道160円のような少額でもクレジットカード払いができるので、現金を1円も持っていなくても電車に乗れます。 利用できるカードの種類は、それぞれのJRで発行しているクレジットカード(、、J-WESTカードなど)以外にも、VISA・MasterCard・JCB・AMEX・DinersClubなど、ほとんどのブランドのカードに対応しています。 JRによって取り扱い場所や購入できる切符の種類が異なるので、それぞれまとめてみました。 JR北海道(北海道旅客鉄道) JR北海道では、 みどりの窓口と JR旅行センター「ツインクルプラザ」、でクレジットカードが使えます。 みどりの窓口とツインクルプラザでは、乗車券・特急券・定期券・特急定期券「かよエール」・JR北海道バスの定期券などが購入できます。 指定席券売機は片道特急券、乗車券、Uシート指定席、札幌休日きっぷなど。 オレンジカードや、ツインクル旅行券はクレジットカード対象外です。 は Kitaca定期券だけがクレジットカード払い可能です。 発売はKitacaエリアのみどりの窓口になります。 また2008年から無記名Kitaca、記名Kitaca、Kitacaへのチャージは、クレジットカード払いができなくなっています。 JR東日本(東日本旅客鉄道) JR東日本ではみどりの窓口、指定席券売機、多機能券売機、JR旅行センター「びゅうプラザ」、などでクレジットカードが利用できます。 乗車券、新幹線の乗車券・指定席券・自由席券、特急券、各種定期券(定期券は新規・継続の両方ともOK)などが購入できます。 他のJRグループの交通系ICカードは定期券に限定されている所がほとんどですが、交通系ICカードのは、無記名、記名式、定期券、連絡定期券の 全てのSuicaがクレジットカードで購入できます。 クレジットカード払いでチャージできるのは、ビューカードかモバイルSuicaに限られています。 駅でのチャージは改札機を通る時のオートチャージだけができます。 クレジットカード払いならビューカードがお得 JR東日本が発行するクレジットカードで切符や定期券、Suicaなどを購入すると、ポイントが通常の3倍貯まります。 1,000円ごとに6ポイント(15円相当)が付くので、特急券や新幹線の乗車券を買う以外にも、往復で1,000円以上の乗車券を買う時は、現金や他のクレジットカードよりもお得になります。 しかも5万円未満ならサインレスで切符が購入できるので、時間が無い時もスピーディーに利用できるのもメリットです。 JR東海(東海旅客鉄道) JR東海ではみどりの窓口と指定席券売機などのきっぷ売り場でクレジットカード払いが可能です。 購入できるのは乗車券、新幹線の乗車券・指定席券・自由席券、特急券、定期券など。 JR東海の交通系ICカードのは、TOICA定期券だけがクレジットカードで購入できます。 ただし自動券売機では支払えず、取り扱いは駅の係員窓口だけです。 またチャージは現金に限られています。 JR西日本(西日本旅客鉄道) JR西日本では、 みどりの窓口と みどりの券売機(指定席券売機)、 みどりの券売機プラスでクレジットカードが使えます。 乗車券、新幹線の乗車券・指定席券・自由席券、特急券、磁気定期券、ICOCA定期券、新幹線定期券(定期券は新規・継続の両方ともOK)などが購入できます。 クレジットカードで買えるはICOCA定期券だけです。 また以前はみどりの窓口でクレジットカード(と現金)でのチャージができましたが、現在は中止されています。 JR西日本が発行するで、乗車券などを購入してもJ-WESTポイントは貯まりません。 JR四国(四国旅客鉄道) JR四国では みどりの窓口と 指定席券売機でクレジットカードが利用できます。 は高松駅、坂出駅、丸亀駅、観音寺駅、新居浜駅、今治駅、松山駅、高知駅の8ヶ所。 徳島駅にはありません。 JR九州(九州旅客鉄道) JR九州ではみどりの窓口と指定席券売機でクレジットカードが使えます。 乗車券、新幹線の乗車券・指定席券・自由席券、特急券、磁気定期券、SUGOCA定期券、新幹線定期券などが購入できます。 定期券は継続購入限定で、他の鉄道会社との連絡定期券は買えません。 SUGOCA定期券以外のは、クレジットカードで購入できません。 またチャージも現金だけです。 指定席券売機が設置されている駅は、九州新幹線全駅、小倉駅、佐賀駅、長崎駅、大分駅、宮崎駅、香椎駅、折尾駅、黒崎駅、行橋駅、別府駅です。

次の

みどりの窓口はどのクレジットカードが使える?分割ボーナス払いは?

みどりの窓口 クレジットカード

JRの乗車券を買う方法 JRの乗車券を購入する方法は大きく分けて2つあります。 実は、どちらの買い方でもクレジットカードを使って購入することが可能です。 JRの切符を買ったり、SuicaにチャージするならViewカードが絶対お得 また、 JRで使えるクレジットカードはViewカードでなければいけないと思っていませんか? 昔はそうだったのですが、 今はどのクレジットカードでも決済することができます。 SuicaのオートチャージができるのはViewカードだけですし、JR駅内で使うとポイントが普段より3倍もらえるJREカードがお得です。 初年度年会費無料で、定期的に行っている入会キャンペーンでもれなく2000円分以上のポイントがもらえたりします。 JREカードは、JRを普段から使っている人なら1枚は持っておきたいクレジットカードです。 JRの自動券売機でクレジットカードを使って買う方法 クレジットカードが使えない券売機 自動券売機でも、クレジットカードを使えるものと使えないものがあります。 よく見る普通の乗車券を買ったり、Suicaをチャージする券売機です。 このような普通の自動券売機では、クレジットカードは使えません。 ではどの自動券売機ならクレジットカードを使うことができるのでしょうか? クレジットカードが使える券売機 クレジットカードを使うことができる自動券売機は、新幹線や特急列車の指定席や定期券を発行する自動券売機になります。 紫色の券売機が目印です。 他の券売機の大体端っこにあります。 実はこの券売機、新幹線や特急のチケット以外に、普通の乗車券も購入することができるんです。 購入画面になると、右下に乗車券を購入できる項目があります。 ここから普通の乗車券を購入することができます。 利用できるクレジットカード会社の種類はJCB、VISA、Master Card、アメックス、ダイナースになります。 JRのサイトに面白いページがありまして、自動券売機での買い方を体験できるページがあります(笑) 全然体験にならないので面白半分でやってみてください(笑) みどりの窓口でクレジットカードを使って買う方法 もう一つのクレジットカードで乗車券を買う方法は、みどりの窓口を使う方法です。 みどりの窓口では、JRの運行する電車すべての乗車券を購入することができます。 みどりの窓口というと、新幹線の切符を買ったするときに利用することが多いと思われがちですが、普通の乗車券だけを購入することもできます。 今回私はみどりの窓口で乗車券を購入しました。 みどりの窓口は クレジットカード決済に対応しているので、支払いのときにクレジットカードを出してください。 切符のような紙にサインを書いて購入完了です。 注意点として、みどりの窓口は混雑していることが多いので、時間が無いときや、ただ乗車券を買うだけに窓口を使うのはちょっとと思う人は自動券売機で購入するといいでしょう。

次の