南野 陽子。 南野陽子の旦那がヤバすぎる?子供や離婚の噂・実家もすごかった!

南野陽子の実家は伊丹市?宝塚市に住所?自宅を父親と母親のために購入?

南野 陽子

南野陽子の旦那・金田充史の現在と離婚や子供について調査! 2011年3月3日に「ひな祭り婚」を発表した際には、 1000万円以上するハリー・ウィンストンの婚約指輪を披露して 「セレブ婚」と話題になった南野陽子さん。 出会ってわずか半年の電撃ゴールインだったそうです。 夫は 当時はインターネット関連会社社長と紹介されていましたが、 その後、 銀座にある別の医療法人の経営に携わっていたようで、 南野陽子さん本人も同法人の役員として名前を連ねていたそうです。 その医療法人から南野陽子さんの夫が刑事告訴されたというのですが、 従業員の給料は支払っていたが、税金や年金や保険料、 そのほか外部への支払いのほとんどが滞っていることが判明し契約を解除すると、 口座から勝手に引き出した金額が 2億円近いことがわかり、 使途不明金は9000万円にものぼることが発覚。 なぜ勝手に大金を引き出したのか、 週刊誌の取材に対して南野陽子さんの夫は 「横領しているという事実はないですよ。 僕のほうが横領されている。 」 と答えたそうです。 結婚した当初から怪しい噂がたくさんあったようなので さっさと別れた方が良かった気がしますが、 離婚が成立したという報道はいまのところありません。 では、その夫とはいったいどんな人物なのでしょうか。 南野陽子の旦那、金田充史の現在 こちらの男性が、南野陽子さんの旦那さんの金田充史さんです。 2011年当時はPL学園、東海大学出身、南野陽子さんより 6歳年下の39歳でした。 当初はIT会社との触れ込みがありましたが、 実際には株式会社マリオットという 人材派遣会社を経営していると言われていました。 結婚当初は資産家でお金持ちと噂されていましたが、 会社が破産し無収入になったため、 旦那の借金は全て南野陽子さんが返済しているとの噂が流れ始めました。 また 金田充史さんはバツイチだそうで、 南野陽子さんとは焼肉店で出会い意気投合したそうですが、 前妻との離婚が成立したのはその直後だったそうです。 人材派遣会社の代表と言われていましたが 会社の実態はなく、 知人との間で億単位の借金トラブルを抱えていると週刊誌で報道されたこともありました。 また クレジットカードで290万円を使い込まれた40代の女性が 返済を求め訴えたこともあるそうです。 なんだか怪しい匂いがプンプンしますよねw 南野陽子の旦那・金田充史の不倫相手が妊娠 2015年には銀座クラブのママと不倫して妊娠させていたことを『週刊新潮』が報じました。 銀座の高級クラブで毎月のように150~200万円という大金を落としていたというA氏。 「南野とはもう離婚する」などと言って30代後半の美人ママと懇意になり、 出張と偽って2人で旅行をしたり「先に子作りしよう」と 実際に産婦人科へも通ったというから驚きだ。 引用元: 記事によると不倫相手の女性のお腹がかなり大きくなっていたといいますし 妊娠していたのは事実のようですので、子供が生まれているのも事実のようです。 また、南野陽子さんの他にも俳優の加山雄三さんの娘で、 女優の梓真悠子さんとも噂があったそうで 二股交際していたのではないかとも言われているようです。 そんなにイケメンでもないようにお見受けしますので 女優さんと付き合えるっていうのは、よっぽど口がうまいのでしょうか。 これだけトラブルを抱えている人物なので、なんだか詐欺師のように感じてしまいますね。 逆にこれだけトラブルだらけなのに なぜ南野陽子さんは離婚しなかったのでしょうか??? とことん男運が悪い南野陽子 南野陽子さんが不運なのは、旦那さんに限ったことではなかったようです。 80年代にスケバン刑事でブレイクした南野陽子さんは、 事務所との金銭トラブルがあり実際に借金の肩代わりをしたり なぜかこれまで不運に見舞われすぎていたかもしれません。 恋愛に関してもうまくいかなかったようです。 これまで噂になったのは、 東山紀之さん(ジャニーズ) 『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』でブレイクした当時、 人気グループだったジャニーズの「少年隊」の東山紀之さんとの車中デートをスクープされました。 しかしジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長から「東山と付き合わないで」と電話で言われて、 あっけなく別れたそうです。 カールスモーキー石井さん(ミュージシャン) 当時結婚秒読みと言われていた2人でしたが、 カールスモーキー石井さんに二股が発覚して破局。 しかも南野陽子さんはDVを受けていたと言われているので 男運が悪いのか、男を見る目がないのか微妙ですね。 クリエイターの箭内道彦さん(CMディレクター・クリエイティブディレクター) とっても意外なカップルでしたが4年間も交際していました。 結婚秒読みとまで言われていましたが、結局別れてしまいました。 箭内さんの浮気が原因だとか、南野陽子さんが子供を欲しがったからとか 憶測があったようですが真相はわからずじまいでした。 まとめ 結婚してようやく幸せを掴んだと思ったら、 実は真逆の生活を送っていたのですね。 とっても切ないですが、これだけ悪い噂がある男性なので 誰が見てもさっさと別れてしまう方が良さそうですね。

次の

南野陽子の実家は伊丹市?宝塚市に住所?自宅を父親と母親のために購入?

南野 陽子

南野陽子プロフィール 1967年6月23日 オーディション 純だね陽子 1967年6月23日(恥ずかしすぎて) - - 1987年度グラフ賞 1987年度新人俳優賞(スケバン刑事) - 0回 代表曲 ()内はオリコン最高順位 87年:話しかけたかった(1位) 87年:はいからさんが通る(1位) 87年:吐息でネット。 (1位) 他多数 ホームページ 地味だった芸能界デビュー 南野陽子の芸能界デビューは、1984年の秋に放送開始されたドラマ『名門私立女子高校』の一生徒役で、あまり華々しいものではありませんでした。 翌年発売したデビュー曲『恥ずかしすぎて』もオリコン最高順位57位止まりで、デビュー当時の南野陽子は、意外にもパッとしないアイドルだったのです。 しかも南野陽子はレコードデビュー当時18歳の高校3年生で(18歳の誕生日がデビュー)、アイドルとしてはかなり遅い部類に入るデビューでした。 このように南野陽子のデビューはあまり順調ではなく、当時の過剰供給となっていた新人アイドルの状況や年齢の問題を考えると、すぐにアイドル界から消える可能性も十分に考えられる状況だったのです。 2代目・麻宮サキ襲名!! アイドルとして厳しいスタート切った南野陽子ですが、芸能界デビューからちょうど1年が差し掛かったところで転機が訪れます。 その転機とは、斉藤由貴が主演したドラマ『スケバン刑事』の次期シリーズとなる『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の主演でした。 スケバン刑事は斉藤由貴が主演した1作目もかなりの衝撃作でしたが、2作目の衝撃は想像の遥か上をいっており、なんと南野陽子演じる主人公の少女は、子供のからずっと鉄仮面を被らされて生きてきたという衝撃的な設定だったのです。 この鉄仮面にまつわる話は、大映ドラマなどの過剰演出ドラマが多数あった1980年代の中にあっても正気を疑るレベルで、ツッコミどころも満載だったのですが、当時の若者達はこの設定だけで『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』に引き込まれたのです。 (笑) 更に、『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』では南野陽子のセリフが土佐弁全開で、決め台詞の『おまんら、許さんぜよ! 』は当時の流行語にもなりました。 何はともあれ、南野陽子はこのドラマで爆発的な人気を得ることになります。 ちなみに、2018年の大河ドラマ『西郷どん』の幾島役を降板した斉藤由貴の代役として南野陽子が選ばれましたが、『スケバン刑事』当時のことを知る人間にとってこのことは、何かの因縁めいたものを感じざるを得ません。 』という深夜(1時00分から1時30分)のラジオ番組を担当し、これが大人気となりました。 この番組は制作側の不祥事などもあり終了してしまうのですが、番組終了後から16年後に『南野陽子 今日はナンノ日っ! 』という番組が同じニッポン放送で放送開始され5年間続くなど、今でもファンの間では伝説的な番組となっています。 更にこの『ナンノこれしきっ! 』というフレーズは、ラジオを飛び出し南野陽子の決め台詞やちょっとしたキャッチフレーズなどとしても使われていた記憶もあります。 80年代後半のアイドルファンの心をもっとも掴んだアイドル そんなこんなで人気を得た南野陽子は、6枚目のシングル曲の『楽園のDoor』(1987年1月10日発売)から13枚目のシングル曲『秋からも、そばにいて』(1988年10月8日発売)まで8作連続でオリコンチャート1位を獲得します。 ・話しかけたかった(1987年4月1日発売) ・はいからさんが通る(1987年12月2日発売) ・吐息でネット。 (1988年2月26日発売) などのヒット曲もこの間に生まれたものです。 このように大きな人気を得た南野陽子は、中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に『アイドル四天王』と称され1980年代後半のトップアイドルとして君臨します。 そしてこの4人の中で、当時のアイドルオタクの心をもっとも掴んだのが南野陽子でした。 不良役ばかりだった当時の中山美穂、そもそもが不良っぽい工藤静香、人気面で他の3人の後塵を拝していた浅香唯、これら3人に比べ南野陽子は清楚っぽく愛らしい雰囲気で正に『正統派アイドル』だったのです。 特に歌がうまいわけでなかったのにもかかわらず、南野陽子がオリコンチャート1位を連発したことは、当時の正統派アイドルとしての地位が由来しているものと考えられます。 紅白歌合戦に出場できなかった謎 南野陽子は、意外にもNHKの紅白歌合戦に1度も出演していません。 特に1988年の紅白に出演できなかったことは、未だにファンの間で議論を呼ぶ出来事となっています。 この年は、最大のヒット曲である『吐息でネット。 』を発売し、大河ドラマにも出演していたため紅白初出演は確実視されていたのですが、結果は落選で、その後も南野陽子がNHK紅白歌合戦に呼ばれることはありませんでした。 ヒット曲があったのにNHK紅白歌合戦に出演できなかった人は何人かいますが、その中でも南野陽子は、フィンガー5や観月ありさらと並び、NHK紅白歌合戦の選考における最大レベルの謎とされています。 その後は女優として開花 他のアイドルの例に漏れず、南野陽子は1990年代に入りアイドルとしての活動が先細りになっていきます。 しかしこの次期、南野陽子はテレビドラマ・映画または主演・脇役問わず数々の作品に出演し、女優としての才能を開花させるのです。 特に1992年は、『寒椿』、『私を抱いてそしてキスして』という2本の映画に主演し、日本アカデミー賞主演女優賞(最優秀主演女優賞のノミネート)も獲得するなど大活躍でした。 その後も南野陽子の女優としての活動は順調で、現在も様々な作品に出演し続けています。 バラエティタレントとしても活躍 2000年代に入ると、南野陽子はバラエティでの活躍も増えはじめ、『笑っていいとも!』などの人気番組にもレギュラー出演することになります。 『笑っていいとも!』以外にも、2000年以降はゲスト出演はもちろんレギュラー出演するバラエティ番組が増え、更には何本かの番組では司会も担当しました。 このように南野陽子は、今世紀に入ってからも女優業やタレント業で大成功を収めています。 親友2人の死を乗り越えて・・・ 南野陽子は、可愛らしいルックスからポスト松田聖子とまで称されながら18歳で自殺したアイドル・岡田有希子と堀越高校の同級生でした。 岡田有希子は南野陽子がレコードデビューした当時、既に順調な芸能活動を始め、レコード大賞の最優秀新人賞も獲得していました。 このような経緯から、岡田有希子は同級生ながら南野陽子の目標とする人物だったそうです。 また、南野陽子は白血病にかかり38歳の若さで亡くなった本田美奈子とも同級生で、彼女とは高校卒業後も仲の良かったとのことです。 この2人と同級生なのは、南野陽子に限らず同じ年代の堀越学園芸能活動コースに通っていた皆がそうなのですが、いずれにせよ、この2人の同級生たちは重い十字架を背負って現在を生きているのかもしれません。 私の好きなナンノ楽曲 私が好きな南野陽子の楽曲は、 『 はいからさんが通る』 です。 『はいからさんが通る』は曲はもちろん、南野陽子が主演した同名映画のほうもアイドル映画として完成していると思います。 後は定番ですが『吐息でネット。 』もお気に入りですね。 南野陽子のおすすめ商品 ベストアルバム こちらは、南野陽子の芸能活動30周年を記念して作られたベストアルバムです。 『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』DVD こちらは、上記で紹介した『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』DVDで、4本セットの1本目となります。 『はいからさんが通る』DVD こちらは、上記で紹介したした映画『はいからさんが通る』のDVDです。 アンケート 関連記事 ・ ・ ・ ・ 名前:究極DD 年齢:思ったより若い 所在地:関東平野(情報が関東に偏る) 性格:生まれ持ってのデータ厨 好きなもの:女性アイドル 好きな番組:ザ・ベストテン 好きなドラマ:大映ドラマ 嫌いなもの:男性アイドル Twitter: カテゴリー• 9 アーカイブ アーカイブ プライバシーポリシー.

次の

【画像】南野陽子の夫『黒い経歴』金田氏が逮捕間近でも離婚しない理由

南野 陽子

南野陽子プロフィール 1967年6月23日 オーディション 純だね陽子 1967年6月23日(恥ずかしすぎて) - - 1987年度グラフ賞 1987年度新人俳優賞(スケバン刑事) - 0回 代表曲 ()内はオリコン最高順位 87年:話しかけたかった(1位) 87年:はいからさんが通る(1位) 87年:吐息でネット。 (1位) 他多数 ホームページ 地味だった芸能界デビュー 南野陽子の芸能界デビューは、1984年の秋に放送開始されたドラマ『名門私立女子高校』の一生徒役で、あまり華々しいものではありませんでした。 翌年発売したデビュー曲『恥ずかしすぎて』もオリコン最高順位57位止まりで、デビュー当時の南野陽子は、意外にもパッとしないアイドルだったのです。 しかも南野陽子はレコードデビュー当時18歳の高校3年生で(18歳の誕生日がデビュー)、アイドルとしてはかなり遅い部類に入るデビューでした。 このように南野陽子のデビューはあまり順調ではなく、当時の過剰供給となっていた新人アイドルの状況や年齢の問題を考えると、すぐにアイドル界から消える可能性も十分に考えられる状況だったのです。 2代目・麻宮サキ襲名!! アイドルとして厳しいスタート切った南野陽子ですが、芸能界デビューからちょうど1年が差し掛かったところで転機が訪れます。 その転機とは、斉藤由貴が主演したドラマ『スケバン刑事』の次期シリーズとなる『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の主演でした。 スケバン刑事は斉藤由貴が主演した1作目もかなりの衝撃作でしたが、2作目の衝撃は想像の遥か上をいっており、なんと南野陽子演じる主人公の少女は、子供のからずっと鉄仮面を被らされて生きてきたという衝撃的な設定だったのです。 この鉄仮面にまつわる話は、大映ドラマなどの過剰演出ドラマが多数あった1980年代の中にあっても正気を疑るレベルで、ツッコミどころも満載だったのですが、当時の若者達はこの設定だけで『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』に引き込まれたのです。 (笑) 更に、『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』では南野陽子のセリフが土佐弁全開で、決め台詞の『おまんら、許さんぜよ! 』は当時の流行語にもなりました。 何はともあれ、南野陽子はこのドラマで爆発的な人気を得ることになります。 ちなみに、2018年の大河ドラマ『西郷どん』の幾島役を降板した斉藤由貴の代役として南野陽子が選ばれましたが、『スケバン刑事』当時のことを知る人間にとってこのことは、何かの因縁めいたものを感じざるを得ません。 』という深夜(1時00分から1時30分)のラジオ番組を担当し、これが大人気となりました。 この番組は制作側の不祥事などもあり終了してしまうのですが、番組終了後から16年後に『南野陽子 今日はナンノ日っ! 』という番組が同じニッポン放送で放送開始され5年間続くなど、今でもファンの間では伝説的な番組となっています。 更にこの『ナンノこれしきっ! 』というフレーズは、ラジオを飛び出し南野陽子の決め台詞やちょっとしたキャッチフレーズなどとしても使われていた記憶もあります。 80年代後半のアイドルファンの心をもっとも掴んだアイドル そんなこんなで人気を得た南野陽子は、6枚目のシングル曲の『楽園のDoor』(1987年1月10日発売)から13枚目のシングル曲『秋からも、そばにいて』(1988年10月8日発売)まで8作連続でオリコンチャート1位を獲得します。 ・話しかけたかった(1987年4月1日発売) ・はいからさんが通る(1987年12月2日発売) ・吐息でネット。 (1988年2月26日発売) などのヒット曲もこの間に生まれたものです。 このように大きな人気を得た南野陽子は、中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に『アイドル四天王』と称され1980年代後半のトップアイドルとして君臨します。 そしてこの4人の中で、当時のアイドルオタクの心をもっとも掴んだのが南野陽子でした。 不良役ばかりだった当時の中山美穂、そもそもが不良っぽい工藤静香、人気面で他の3人の後塵を拝していた浅香唯、これら3人に比べ南野陽子は清楚っぽく愛らしい雰囲気で正に『正統派アイドル』だったのです。 特に歌がうまいわけでなかったのにもかかわらず、南野陽子がオリコンチャート1位を連発したことは、当時の正統派アイドルとしての地位が由来しているものと考えられます。 紅白歌合戦に出場できなかった謎 南野陽子は、意外にもNHKの紅白歌合戦に1度も出演していません。 特に1988年の紅白に出演できなかったことは、未だにファンの間で議論を呼ぶ出来事となっています。 この年は、最大のヒット曲である『吐息でネット。 』を発売し、大河ドラマにも出演していたため紅白初出演は確実視されていたのですが、結果は落選で、その後も南野陽子がNHK紅白歌合戦に呼ばれることはありませんでした。 ヒット曲があったのにNHK紅白歌合戦に出演できなかった人は何人かいますが、その中でも南野陽子は、フィンガー5や観月ありさらと並び、NHK紅白歌合戦の選考における最大レベルの謎とされています。 その後は女優として開花 他のアイドルの例に漏れず、南野陽子は1990年代に入りアイドルとしての活動が先細りになっていきます。 しかしこの次期、南野陽子はテレビドラマ・映画または主演・脇役問わず数々の作品に出演し、女優としての才能を開花させるのです。 特に1992年は、『寒椿』、『私を抱いてそしてキスして』という2本の映画に主演し、日本アカデミー賞主演女優賞(最優秀主演女優賞のノミネート)も獲得するなど大活躍でした。 その後も南野陽子の女優としての活動は順調で、現在も様々な作品に出演し続けています。 バラエティタレントとしても活躍 2000年代に入ると、南野陽子はバラエティでの活躍も増えはじめ、『笑っていいとも!』などの人気番組にもレギュラー出演することになります。 『笑っていいとも!』以外にも、2000年以降はゲスト出演はもちろんレギュラー出演するバラエティ番組が増え、更には何本かの番組では司会も担当しました。 このように南野陽子は、今世紀に入ってからも女優業やタレント業で大成功を収めています。 親友2人の死を乗り越えて・・・ 南野陽子は、可愛らしいルックスからポスト松田聖子とまで称されながら18歳で自殺したアイドル・岡田有希子と堀越高校の同級生でした。 岡田有希子は南野陽子がレコードデビューした当時、既に順調な芸能活動を始め、レコード大賞の最優秀新人賞も獲得していました。 このような経緯から、岡田有希子は同級生ながら南野陽子の目標とする人物だったそうです。 また、南野陽子は白血病にかかり38歳の若さで亡くなった本田美奈子とも同級生で、彼女とは高校卒業後も仲の良かったとのことです。 この2人と同級生なのは、南野陽子に限らず同じ年代の堀越学園芸能活動コースに通っていた皆がそうなのですが、いずれにせよ、この2人の同級生たちは重い十字架を背負って現在を生きているのかもしれません。 私の好きなナンノ楽曲 私が好きな南野陽子の楽曲は、 『 はいからさんが通る』 です。 『はいからさんが通る』は曲はもちろん、南野陽子が主演した同名映画のほうもアイドル映画として完成していると思います。 後は定番ですが『吐息でネット。 』もお気に入りですね。 南野陽子のおすすめ商品 ベストアルバム こちらは、南野陽子の芸能活動30周年を記念して作られたベストアルバムです。 『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』DVD こちらは、上記で紹介した『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』DVDで、4本セットの1本目となります。 『はいからさんが通る』DVD こちらは、上記で紹介したした映画『はいからさんが通る』のDVDです。 アンケート 関連記事 ・ ・ ・ ・ 名前:究極DD 年齢:思ったより若い 所在地:関東平野(情報が関東に偏る) 性格:生まれ持ってのデータ厨 好きなもの:女性アイドル 好きな番組:ザ・ベストテン 好きなドラマ:大映ドラマ 嫌いなもの:男性アイドル Twitter: カテゴリー• 9 アーカイブ アーカイブ プライバシーポリシー.

次の