絵札 命中。 【東方ロストワード】覚醒の強化|割符の集め方&売却してはいけない絵札【東方LW】

【東方ロストワード】「チルノ」の評価とスペル・スキル

絵札 命中

ショット パチュリーのショットについて解説します。 パチュリーのショットの特徴としては、火、水、木、金、土の全属性を扱えることです。 拡散ショット. エブリアングルショット 通常弾で陰気よりの、単体攻撃です。 ブーストでの伸びは悪いですが、ブーストなしでも弾数が8と多いため、 命中が安定しています。 集中ショット. ファイブシーズン 通常弾で陰気よりの、全体攻撃です。 こちらも、ブーストによる伸びが悪いですが、ブーストなしでの弾数が5発と安定感はトップクラスです。 スペカ パチュリーのスペカを紹介します。 スペカ1. サイレントセレナ 月属性のレーザー弾で、陰気よりの単体攻撃です。 ショットとは逆に、ブースト1段階での伸びが大きく、かなり使いやすいスペカとなっています。 また、最大限までブーストすることで、月弱点の結界を最大4枚割ることができるのも魅力です。 スペカ2. ロイヤルフレア 期待威力や、弾の構成はサイレントセレナとまったく同じです。 こちらは属性が日属性となっています。 サイレントセレナに比べ総弾数が少ないので、 火力のぶれが大きくなっています。 そのため、月、日どちらでも弱点がつけない敵には、 サイレントセレナを使うほうが火力は安定します。 ラストワード. 賢者の石 質量弾で、陰気よりの全体攻撃です。 ブーストにより、火、水、木、金、土属性が追加されます。 ラストワードにふさわしい攻撃力を持っているのですが、弾数が少なくラストワードの中では 安定感が最低レベルです。 このラストワードを使うときは、 命中アップの絵札と組み合わせが必須だと個人的には思います。 気質 パチュリーの気質は花曇です。 この気質はかなり特殊で、火、水、木、金、土の5つに耐性を持つ上に、弱点は星の1つしかありません。 通常の気質が、耐性2つ、弱点2つであることを考慮すると、 かなり強い気質であることがうかがえます。 弱点を突きやすいパチュリーのスペカが、この能力によってさらなる攻撃力を生んでいます。 積極的にスペカで弱点を突いていき、高火力を押し付ける戦い方がパチュリーの基本スタイルとなるでしょう。 スキル パチュリーのスキルの特徴は、自身の注目度を下げるものが多いことです。 地味なスキルで、今のところあまり使い道がなさそうです。 スキル1. 即席魔法[隠密] 自身の注目度を下げる効果を持ちます。 ただ、このスキルを使うだけでは普通にパチュリーを狙ってきます。 そのため、紫や霊夢が持つ、自身の注目度を上げるスキルと組み合わせる必要がありそうです。 また、相手が全体攻撃をしてきた場合はあまり意味がありません。 スキル2. ファイアボルト 相手に燃焼を付与します。 簡単に相手を結界異常のできるため、今後結界異常が重要な要素になれば活躍の機会があるかもしれません。 一応、鈴仙のスキルと組み合わせることで結界をブレイクできます。 スキル3. 即席魔法[狙撃] 陰攻をアップするついでに、注目度を下げます。 陰攻アップは無難に強いですが、1段階のみなのが少し残念です。 注目度ダウンは、今のところおまけです。 特性 パチュリーの特性は、防御系によっている印象です。 3つ目の特性は、他のキャラは持っていないユニークなものになっています。 特性1. 反応魔法[耐魔] 攻撃をされたとき、確率で陰防をあげます。 発生率15%、上昇が1段階ということから、あまり使える特性ではない気がします。 特性2. 反応魔法[抗魔] 魔法使いからのダメージを20%ダウンします。 こちらは1つ目の特性と違い発生率100%なので、それなりに期待ができます。 特性3. 永続魔法[解呪] ターン開始時に、つよさ低下を1つ回復する特性です。 「つよさ低下」がどんな状態かいまいちわからいので、わかり次第効果を追記します。 連携 パチュリーの連携は、パワー連携です。 後衛に下がるだけで味方の霊力が上がるので、かなり汎用性が高いです。 強いところ1. 安定した攻撃力 パチュリーの陰攻ステータスはトップクラスで、攻撃式にも負けない攻撃力を誇ります。 それに加えて、拡散、集中ともにブーストなしの弾数が多いです。 そのため、オートモードにしたときにミスが少なく、安定した火力が期待できます。 もちろん、スペカによる攻撃力も高く、特にサイレントセレナは弾数が多いので安定した火力がでます。 強いところ2. 特殊な気質による耐性の多さ パチュリーは耐性が5属性、弱点が1属性と、他のキャラにはない強みを持っています。 この耐性の多さによって、数字以上の耐久力を実感できます。 また、ほとんどのボスにスペカで弱点をつけることから、どの探索にもつれていきやすいというのは大きなメリットです。 強いところ3. メイン探索1章に出てくるボスに強い よりメタ的な視点で評価すると、パチュリーは メイン探索1章の攻略にかなり向いています。 1章に出てくるボスは、チルノ、華扇、紫の3人なのですが、パチュリーはこの3人全員の弱点を突くことができます。 最初のおいのりでパチュリーが引けると、しばらくメイン探索の攻略に困ることはありません。 弱いところ パチュリーの弱いところをまとめます。 弱いところ1. ラストワードが安定しない パチュリー最大の弱みは、ラストワードの弾数が少なく、火力が大きくぶれることです。 そのため、ラストワードに装備する絵札は命中アップの効果がある絵札にほぼ限定されてしまいます。 ただ、攻撃力自体はそこそこありますし、全体攻撃なので、使い方を間違わなければ十分実用的です。 弱いところ2. バフ、デバフスキルが少ない もう一つ、弱い点を挙げるなら、味方の能力を上昇させるバフ、反対に敵の能力を下降させるデバフ効果を持つ攻撃やスキルが少ないことです。 スペカやグレイズを使うだけで攻撃力が上がる攻撃式と比べると、少しだけ爆発力に欠けてしまいます。 もっとも、これらのキャラと比べることができるだけで、キャラパワーはかなり高いということを示しますが… これらの効果を使わなくても基本的なスペックは高いのですが、今後この点が足を引っ張る可能性はあります。 まとめ 以上、パチュリーの評価でした。 ボス戦、周回、連系による補助と、使える局面がかなり広く、育てても腐らない優秀なキャラです。 特に、メイン探索の1章はパチュリーを主軸に戦うのがかなりおすすめで、リセマラで狙うべき優先度はかなり高いといえるでしょう。

次の

東方ロストワードの絵札について質問です。着々と絵札の数が増え、凸出来て余...

絵札 命中

東方ロストワードのリセマラ・アプリ概要 東方ロストワードにリセマラは必要? 東方ロストワードはリセマラが可能なので、なるべく好きなキャラや絵柄を当ててからゲームスタートしましょう。 詳しいリセマラ方法は後述するので、まずはリセマラ当たりランキングを確認しましょう。 [say]リセマラとは「リセットマラソン」の略語で、基本はインストールとアンインストールを繰り返し行うことです。 リセマラをすることにより、序盤から目当てのものを手に入れた状態から、ゲームスタートすることができます。 中身はキャラ1体+絵札9枚となっており、1回目のリセマラポイントとなります。 次にチュートリアル10連ガチャがあるので、こちらが2回目のリセマラポイントです。 いずれも中身はランダムなので、下記のランキングを元に狙ったキャラや絵柄を当てましょう。 東方ロストワードのガチャとリセマラ回数 4月30日(リリース日)現在、東方ロストワードは合計で40連ガチャを引くことができます。 上記の20連+報酬を受け取り、さらに20連ガチャを引けます。 ガチャは通常のガチャのほかに、フェス限ガチャが用意されています。 フェス限定キャラがピックアップされているので、ゲーム内詳細を確認しましょう。 リセマラ終了ライン 前述した通り、リセマラ終了ラインは、キャラ複数+星5絵柄になります。 とはいえ、キャラを限界突破させたい方は、絵柄よりもキャラを優先しても良いでしょう。 [say]課金、微課金、無課金に関わらずリセマラで目当てのものを当てておくのがおすすめです。 しかし、リセマラに時間をかけすぎては本末転倒なので、ある程度の妥協ラインを決めておきましょう。 また、各キャラにはスペルカードというシステムが搭載されており、そこに絵札を設定可能です。 簡単に言うと、装備システムのようなもので、キャラを限界突破することによって増やすことができます。 序盤は3体しかキャラを保有していないので、残りはリセマラで当ててしまいましょう。 なお、ログインボーナスでもキャラ配布があるので、最低でも2体は確保するのがおすすめです。 もちろん、リセマラでは星5絵柄も当てておいた方が良いです。 アプリをダウンロードする• ガチャを引く(リセマラ1回目)• チュートリアルをクリアする(ストーリースキップ可)• 名前を入力する(重複・後から変更可)• ガチャを引く(リセマラ2回目)• プレゼントから報酬を受け取る• ガチャを引く(リセマラ3回目)• こちらがリセマラ1回目となり、星5絵柄をたくさん当てることができます。 ストーリーはスキップ可能となっており、名前は重複・後から変更可能です。 バトルチュートリアル後に、チュートリアル10連ガチャがあるので、こちらがリセマラ2回目となります。 さらに、プレゼントから報酬を受け取ったら、最後のリセマラガチャを引きましょう。 合計すると40連ほどガチャを引くことができるので、上記のランキングを元に好きなキャラや絵札を狙いましょう。 ユーザーデータ削除・リセット 東方ロストワードはアンインストールでデータを削除することができます。 リセマラポイント何回目でリセマラするかにもよりますが、いずれにせよWifi環境の整った場所でリセマラを行いましょう。 C 上海アリス幻樂団 C GOOD SMILE C NextNinja.

次の

迷ったらこれを装備しよう!おすすめ絵札9枚紹介【東方ロストワード】

絵札 命中

ショット パチュリーのショットについて解説します。 パチュリーのショットの特徴としては、火、水、木、金、土の全属性を扱えることです。 拡散ショット. エブリアングルショット 通常弾で陰気よりの、単体攻撃です。 ブーストでの伸びは悪いですが、ブーストなしでも弾数が8と多いため、 命中が安定しています。 集中ショット. ファイブシーズン 通常弾で陰気よりの、全体攻撃です。 こちらも、ブーストによる伸びが悪いですが、ブーストなしでの弾数が5発と安定感はトップクラスです。 スペカ パチュリーのスペカを紹介します。 スペカ1. サイレントセレナ 月属性のレーザー弾で、陰気よりの単体攻撃です。 ショットとは逆に、ブースト1段階での伸びが大きく、かなり使いやすいスペカとなっています。 また、最大限までブーストすることで、月弱点の結界を最大4枚割ることができるのも魅力です。 スペカ2. ロイヤルフレア 期待威力や、弾の構成はサイレントセレナとまったく同じです。 こちらは属性が日属性となっています。 サイレントセレナに比べ総弾数が少ないので、 火力のぶれが大きくなっています。 そのため、月、日どちらでも弱点がつけない敵には、 サイレントセレナを使うほうが火力は安定します。 ラストワード. 賢者の石 質量弾で、陰気よりの全体攻撃です。 ブーストにより、火、水、木、金、土属性が追加されます。 ラストワードにふさわしい攻撃力を持っているのですが、弾数が少なくラストワードの中では 安定感が最低レベルです。 このラストワードを使うときは、 命中アップの絵札と組み合わせが必須だと個人的には思います。 気質 パチュリーの気質は花曇です。 この気質はかなり特殊で、火、水、木、金、土の5つに耐性を持つ上に、弱点は星の1つしかありません。 通常の気質が、耐性2つ、弱点2つであることを考慮すると、 かなり強い気質であることがうかがえます。 弱点を突きやすいパチュリーのスペカが、この能力によってさらなる攻撃力を生んでいます。 積極的にスペカで弱点を突いていき、高火力を押し付ける戦い方がパチュリーの基本スタイルとなるでしょう。 スキル パチュリーのスキルの特徴は、自身の注目度を下げるものが多いことです。 地味なスキルで、今のところあまり使い道がなさそうです。 スキル1. 即席魔法[隠密] 自身の注目度を下げる効果を持ちます。 ただ、このスキルを使うだけでは普通にパチュリーを狙ってきます。 そのため、紫や霊夢が持つ、自身の注目度を上げるスキルと組み合わせる必要がありそうです。 また、相手が全体攻撃をしてきた場合はあまり意味がありません。 スキル2. ファイアボルト 相手に燃焼を付与します。 簡単に相手を結界異常のできるため、今後結界異常が重要な要素になれば活躍の機会があるかもしれません。 一応、鈴仙のスキルと組み合わせることで結界をブレイクできます。 スキル3. 即席魔法[狙撃] 陰攻をアップするついでに、注目度を下げます。 陰攻アップは無難に強いですが、1段階のみなのが少し残念です。 注目度ダウンは、今のところおまけです。 特性 パチュリーの特性は、防御系によっている印象です。 3つ目の特性は、他のキャラは持っていないユニークなものになっています。 特性1. 反応魔法[耐魔] 攻撃をされたとき、確率で陰防をあげます。 発生率15%、上昇が1段階ということから、あまり使える特性ではない気がします。 特性2. 反応魔法[抗魔] 魔法使いからのダメージを20%ダウンします。 こちらは1つ目の特性と違い発生率100%なので、それなりに期待ができます。 特性3. 永続魔法[解呪] ターン開始時に、つよさ低下を1つ回復する特性です。 「つよさ低下」がどんな状態かいまいちわからいので、わかり次第効果を追記します。 連携 パチュリーの連携は、パワー連携です。 後衛に下がるだけで味方の霊力が上がるので、かなり汎用性が高いです。 強いところ1. 安定した攻撃力 パチュリーの陰攻ステータスはトップクラスで、攻撃式にも負けない攻撃力を誇ります。 それに加えて、拡散、集中ともにブーストなしの弾数が多いです。 そのため、オートモードにしたときにミスが少なく、安定した火力が期待できます。 もちろん、スペカによる攻撃力も高く、特にサイレントセレナは弾数が多いので安定した火力がでます。 強いところ2. 特殊な気質による耐性の多さ パチュリーは耐性が5属性、弱点が1属性と、他のキャラにはない強みを持っています。 この耐性の多さによって、数字以上の耐久力を実感できます。 また、ほとんどのボスにスペカで弱点をつけることから、どの探索にもつれていきやすいというのは大きなメリットです。 強いところ3. メイン探索1章に出てくるボスに強い よりメタ的な視点で評価すると、パチュリーは メイン探索1章の攻略にかなり向いています。 1章に出てくるボスは、チルノ、華扇、紫の3人なのですが、パチュリーはこの3人全員の弱点を突くことができます。 最初のおいのりでパチュリーが引けると、しばらくメイン探索の攻略に困ることはありません。 弱いところ パチュリーの弱いところをまとめます。 弱いところ1. ラストワードが安定しない パチュリー最大の弱みは、ラストワードの弾数が少なく、火力が大きくぶれることです。 そのため、ラストワードに装備する絵札は命中アップの効果がある絵札にほぼ限定されてしまいます。 ただ、攻撃力自体はそこそこありますし、全体攻撃なので、使い方を間違わなければ十分実用的です。 弱いところ2. バフ、デバフスキルが少ない もう一つ、弱い点を挙げるなら、味方の能力を上昇させるバフ、反対に敵の能力を下降させるデバフ効果を持つ攻撃やスキルが少ないことです。 スペカやグレイズを使うだけで攻撃力が上がる攻撃式と比べると、少しだけ爆発力に欠けてしまいます。 もっとも、これらのキャラと比べることができるだけで、キャラパワーはかなり高いということを示しますが… これらの効果を使わなくても基本的なスペックは高いのですが、今後この点が足を引っ張る可能性はあります。 まとめ 以上、パチュリーの評価でした。 ボス戦、周回、連系による補助と、使える局面がかなり広く、育てても腐らない優秀なキャラです。 特に、メイン探索の1章はパチュリーを主軸に戦うのがかなりおすすめで、リセマラで狙うべき優先度はかなり高いといえるでしょう。

次の