歯茎 痒い。 治療もしてますが歯茎が痒いです。

歯茎がかゆいのはストレスや親知らずのせい?7つの原因と対処法!

歯茎 痒い

妊娠すると女性の体にはあちこち変化が現れ、それまでになかった不調なども起こるようになってきます。 口の中も例外ではありません。 ホルモンの変化などにより様々な口内トラブルが起こりやすくなるのです。 昔から「妊娠すると歯が悪くなる」とも言われていますので、「妊娠すれば歯や歯茎が悪くなるのは仕方のないことだ」と諦めてしまう人もいるでしょう。 しかし、妊娠しても健康なお口の状態を保ち続ける人もいますし、適切なケアで歯や歯茎に異常が起こることを防ぐこともできるのです。 妊娠によって歯茎が腫れてしまうことを「妊娠性歯肉炎」と言います。 今回はこの妊娠性歯肉炎について、原因や起こりやすい環境、どうすれば予防することができるのか、罹患したときはどのように治療できるのか等についてご説明します。 しっかりと妊娠性歯肉炎を防いで、妊娠中も出産後も良好な口内環境を保っていきましょう。 妊娠性歯肉炎とは?その原因は? 歯肉炎とは、歯茎が炎症を起こして赤く腫れたり出血しやすくなったりする状態のことを言います。 妊娠中には歯肉炎が非常に起こりやすい状態になり、妊娠をきっかけに歯肉炎を起こすものを妊娠性歯肉炎と呼んでいます。 なぜ妊娠すると歯肉炎を起こしやすくなるのでしょうか。 その原因は次の通りです。 女性ホルモンの影響 妊娠によりエストロゲンという女性ホルモンが増加します。 すると、歯茎の溝の中に住み着いているプレボテラ・インターメディアと呼ばれる歯周病細菌が増殖します。 それにより、歯と歯茎の隙間まで歯磨きがきちんとできていない状態だと歯肉炎を起こすリスクが高くなるのです。 唾液の量の変化 妊娠すると唾液の量が減り、潤いが少なくネバネバした状態になります。 唾液によって口内が浄化されなくなりますので、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。 細菌が繁殖して数が増えると、歯茎の炎症も起こりやすくなるのです。 食生活の変化 妊娠週数が進んで行くと子宮が大きくなりますので、胃が圧迫されるようになります。 常に胃がもたれたように感じる人や少量食べるだけで満腹感を感じる人も増えてきます。 いずれにしても、一度に食べられる量が減り、1日に何回にも分けてちょこちょこ食べるようになることが多いのです。 食事と食事の間の間隔が開かなくなるので、歯に食べ物が付着している時間が長くなります。 また、口の中に歯垢(プラーク)が溜まりやすくなりますので、歯肉炎を起こしやすい環境にもなるのです。 歯肉炎になりやすいその他の要因として、味覚の変化を挙げることもできます。 普段はバランスの良い食事を摂っていた人も、妊娠中は味覚や嗅覚が敏感になって、特定の食材が食べられなくなることもあります。 特に匂いが強い野菜などは、近づくだけでも吐きそうになったりすることがあるかもしれません。 そのような変化によって栄養バランスが崩れ、ビタミン類の摂取量が不足してしまいやすくなります。 とりわけビタミンBが不足すると歯肉炎にかかりやすくなりますので、注意が必要になるのです。 つわりによる口の中の不衛生 つわりによる吐き気で、歯磨きがあまりきちんとできなくなってしまうことがあります。 口の中に歯ブラシを入れるだけで吐き気を催したり、歯磨き粉の味やにおいが苦手になったりすることもあるでしょう。 歯磨きがおろそかになると、口の中が不衛生になります。 歯肉炎が起きやすい環境を作ってしまうことにもなりますので、歯磨き粉の使用を控えたりするなどの対策を考え、妊娠中も可能な限りこまめに歯磨きをする習慣を維持しましょう。 妊娠性歯肉炎の予防法 妊娠性歯肉炎は心がけ次第で予防することが可能です。 妊娠中は次のことに注意してみましょう。 普段よりも口の中の清潔を心がける 妊娠中には歯肉炎が起こりやすいことを意識し、食べたらなるべくすぐに歯を磨く、口をゆすぐということを心がけましょう。 こまめに歯を磨いたり口をゆすいだりすることで、歯肉炎の原因となる歯垢がたまらないようになります。 特に歯と歯茎の境目に丁寧にブラシを当て、1日に1度は歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってキレイに磨くようにしましょう。 栄養バランスのとれた食事をする 妊娠中は偏食になりがちですが、特にビタミン不足にならないよう、食事内容にも気を使いましょう。 普段食事のバランスについてあまり考えていなかった人も、野菜類やフルーツを意識的に食べたり、良質なたんぱく質をしっかりと摂取するように心がけたりすることができます。 妊娠中も歯科で治療やクリーニングを受ける 妊娠中は歯医者に行ってはいけない、と思っている人もいるかもしれません。 歯科医院ではレントゲンや麻酔などの胎児に良いとは思えない施術も多く実施されていますので、できれば避けたいと考える人も多いでしょう。 お口のトラブルが起こりやすい妊娠中にこそ、歯医者さんでケアしてもらうことが理想的です。 実際には、麻酔やレントゲンは基本的には首より上の処置ですので胎児に大きな影響を与えることはありませんし、どうしても被爆や薬品等が気になると言う方は歯科医師に相談して麻酔やレントゲンを控えた治療を受けることもできます。 お口の中の歯周病菌を減らすためのクリーニングも2~3ヶ月に1度は受け、歯周病にかかっている場合には悪化させないように治療を受けることが大切です。 妊娠初期で体調が安定しない方も、安定期に入ったら体調が良い日を選び、一度は歯科医院を受診するようにしてくださいね。 妊娠性歯肉炎を放っておくと歯周炎に移行してしまうことも 妊娠性歯肉炎は妊婦の約半数に現れるとされています。 妊娠中に起こるものなので、出産とともに治るのだろうと思われがちですが、実際のところはそうではありません。 妊娠中や出産後に適切なケアをせずに放置してしまうと、その後本格的な歯周炎に発展してしまう場合もあるのです。 妊娠中の歯周病は、母体だけでなく胎児にも悪影響を与えることがわかっています。 赤ちゃんが健康に育つためにも、歯肉炎にならないように、そして歯周炎に発展しないように、こまめにケアを行っていくことが大切なのです。 早産や低体重児につながることもある お母さんが歯周病になると、その炎症によって発生した物質が子宮収縮を促進してしまうことがあります。 お腹の中で成長しなくてはいけない時期に子宮収縮が起こると、早産や早産による低体重児に繋がってしまいます。 赤ちゃんがお腹の中でゆっくりと成長することができるためにも、歯周病にならないように注意していきたいものですね。 また、赤ちゃんは歯が無い状態で生まれてきますが、乳歯を形成する芽は妊娠初期から作られ始めていますので、お母さんの歯周病菌と赤ちゃんの乳歯とは無関係とは言えないのです。 お母さんが歯周病に罹患しているときにお腹にいた赤ちゃんは、通常の赤ちゃんよりも虫歯になりやすく虫歯の進行も早くなることが分かっています。 赤ちゃんの将来的な歯の健康をまもるためにも、妊娠中は普段以上にオーラルケアに力を入れる必要があります。 まとめ 妊娠中は歯肉炎だけでなく、虫歯にもかかりやすくなり、また早いスピードで進みやすくなります。 お母さんの歯茎の状態が悪かったり虫歯があったりすると、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすだけでなく、赤ちゃんの将来的な歯の健康にも悪影響を及ぼすこともあります。 妊娠がわかったら、体調の良い時期に一度歯科を受診して悪いところがないかをチェックしてもらいましょう。 その上で、妊娠期のお口の中の管理についてしっかりと相談してみてください。 お口の中をなるべく健康な状態にしておくことで、妊娠期を健康に乗り切っていきましょう。

次の

牛肉を食べた後、歯茎が痒い

歯茎 痒い

歯茎がかゆくなる原因は? 歯茎がかゆくなったりむずむずしたりするのは様々な原因が考えられます。 比較的多いケースとしては以下の7つが挙げられます。 歯周病や歯肉炎 歯茎がかゆい、とくに「痛いようでかゆい」という症状はなんらかの 歯周病の可能性があります。 または歯周病になる前の 歯肉炎でかゆみが起こっているケースもあります。 どちらにしても、かゆみが現れるのは歯茎に炎症が起きていると考えられます。 このような自覚症状がでたら、早めに歯科医の診察を受けて原因を突き止めましょう。 親知らず 親知らずがうずくことで歯茎に炎症が起きてかゆみを伴うことがあります。 ムズムズするようなかゆみがあるときは親知らずの影響を疑って見る必要がありますね。 仮に病院で智歯周囲炎(親知らずで起こる歯茎の腫れ)と診断されても、いきなり抜歯されるようなことはありません。 薬で十分対応可能なケースも多いので早めの受診を心がけましょう。 虫歯 表面に出てこない隠れた 虫歯によって歯茎に炎症が起きることがあります。 痛む人もいれば、神経にまで虫歯が及んでいる影響で歯茎がムズムズする人もいます。 セルフチェックできる虫歯ではないので、早めに歯医者さんで診察してもらいましょう。 歯ぎしりや噛み合わせ 歯ぎしりや かみ締めるクセがあると、普通の人より何十キロもの負荷が歯にかかります。 噛み合わせの悪さも同じように歯の周りへの負担を増やす原因です。 そのせいで、支えている歯周組織が過敏になったり炎症を起こしてかゆみや違和感を覚えることがあります。 ストレスや睡眠不足 ストレスで歯茎のかゆみを覚えるケースもあります。 ストレスや体調不良が続くと、唾液の分泌が減ったり、身体の免疫力が低下して異常反応を起こしやすくなるためです。 疲れていると口内炎ができやすかったりしますよね。 同じような理由で、口内の細菌が増えて歯茎に炎症が起こることがあります。 たとえ炎症がなくても、ストレスでかゆみが出ている心因性の症状もありえます。 ヘルペスウイルスに感染 ヘルペスにかかると、唇に水ぶくれができるイメージがあると思います。 ですがヘルペスは歯茎にも出ることがあります。 本格的な症状が出ると腫れあがるのですぐわかりますが、前段階で歯茎に違和感やかゆみが出ることもあるのです。 ヘルペスは疲れがたまると出やすいので、悪化する前に休養をとることが大切です。 アレルギー アレルギーで歯茎がかゆくなることもあります。 歯の詰め物や食物など口の中はアレルギーの影響を受けやすいです。 詰め物の金属アレルギーなどは自分で対処することはできません。 歯科医で別の素材の詰め物に変えてもらうことになります。 かゆい歯茎の改善方法 歯科医でチェックと歯磨き指導を まずはかゆみの原因をはっきりさせるために歯科医を受診しましょう。 たとえかゆみがなくても、 定期的に通って虫歯チェックと歯石除去してもらうことをおすすめします。 歯周病やかゆみの元となる歯肉炎の予防にもつながりますからね。 また、 歯磨き指導も受けられるので正しいブラッシング方法を学ぶこともできます。 正しい歯磨き 歯周病になると歯磨きで治すことは不可能です。 ですが、軽い歯肉炎程度のものであれば正しいブラッシングの歯磨きで改善することもできます。 やわらかい歯ブラシを選んで、歯茎をやさしくマッサージするようにひとつひとつの歯を丁寧に磨くようにしましょう。 歯と歯茎の間にブラシを斜めに当てて、プラーク(歯垢)を取り除くように磨くのがポイントです。 かゆいからといって患部をゴシゴシこすってはいけません。 歯間ブラシなどを使うのも効果的です。 血が出る場合もありますが、これは炎症により歯茎が出血しやすくなっているためです。 正しいブラッシングを続けることで健康な歯茎になり、出血やかゆみも治まります。 ストレスや疲れをためない ストレスが原因でかゆみや痛みが出ると、さらにストレスがたまる悪循環に陥ってしまいます。 リラックス出来る時間を持ったり、ストレスを発散できる方法を見つけましょう。 唾液分泌をうながしリラックス効果もあるガムを噛むのもいいですね。 疲れを翌日まで持ち越さないように入浴や十分な睡眠で取り除いてあげることも大切です。 こまめにうがいをする 口内を清潔な状態に保つことが歯茎の炎症防止につながります。 歯磨きができればベストですが、できない場合は うがいだけでも効果はあります。 うがい薬を含んでやや強めにうがいをするとより殺菌効果が上がります。 まとめ 今回は歯茎のかゆみについてお伝えしてきました。 かゆさの原因は数多くあるので、まずは診察を受けて正しい治療を始めることが最優先です。 たかがかゆみと油断せずに、病気のサインと受け取って早めの対策を心がけましょう。

次の

歯石を取ったら歯茎がかゆい?気になる対策方法のポイント|なた豆歯磨き粉比較NAVI

歯茎 痒い

1章 生えかけの親知らずの歯茎に現れる症状 生えかけの親知らずは、かゆみ、痛み、腫れや膿など、まず周囲の歯茎に自覚症状が現れることが多いものです。 こうした症状は、ただちに抜歯すべき判断材料ではありませんが、早期に親知らずの抜歯をすべきか否か、歯科口腔外科で診てもらうためのきっかけとしましょう。 親知らずの歯茎に現れる主な症状 ・かゆみ 生えかけの親知らずには、いわば、乳歯が抜けて、永久歯がはえてくるようなムズ痒い感じがあるものです。 覆っていた歯茎が押されて、親知らずが生えようとしている、初期の段階の症状です。 ・痛み 親知らずが生えてくると、歯茎が押されてムズ痒さを感じ、やがて歯茎を突き破って、痛みが出てきます。 もし、親知らずが真っ直ぐ正常に生えているなら、この痛みは一時的なもので、持続しないものですが、斜めに生えたり、隣の歯を圧迫すると、痛みや違和感が続きます。 ・腫れや膿 親知らずが歯茎を突き破って出てくる過程では、歯茎と歯の間に、汚れや歯垢がたまりやすくなります。 歯茎の間にブラッシングが行き届きにくくなるからです。 そのため、その周囲が不衛生になって、炎症を起こし、腫れや膿を生じることもあります。 歯肉炎を引き起こしている状態です。 2章 歯茎に異常を感じたらすぐ抜いた方が良い? 生えかけの親知らずでは多かれ少なかれ、1章でご紹介したような症状が現れるものです。 ただし、こうした症状が現れたからといって、早急に抜くべき判断材料とはいえません。 抜かない方が良い親知らずもあるからです。 一番虫歯になりやすいとされている第二臼歯(親知らずの手前に生えている歯)を将来失うことになっても、親知らずを移動させる治療法方があるのです。 抜かなくても良い親知らず ・真っ直ぐ生える可能性のあるもの 親知らずが真っ直ぐ健全に生えるなら、乳歯が生え変わった永久歯28本に加えて、4本の親知らずが加わり、トータル32本の永久歯を得ることになります。 真っ直ぐに生えており、将来的に悪さをしない可能性があるなら、早急に抜く必要はなく、経過観察をすべきです。 ・歯が完全に露出する可能性が高いもの 欧米人と比較すると日本人は親知らずが正常に生えないケースが多いものです。 それは、顎が小さく、歯の生えるスペースがもともと狭いからです。 しかし、まっすぐ生えていて、そのまま成長すれば、親知らずが完全に歯茎から露出して、通常の健康歯のように生える可能性があるなら、やはり抜歯を急がず、経過観察をするのが賢明です。 ・上下の親知らずがしっかり噛み合うもの 真っ直ぐに生えて、歯茎からしっかりと露出しできたなら、あとは、向かい合う親知らずとの噛合せが問題になります。 上下の親知らずが、しっかりと噛み合うなら、まったく問題がなく、既存の奥歯と同様の機能を果たします。 わざわざ抜く必要のない、残すべき親知らずといえます。 抜かない方が良い親知らずもある 前述したように、健全に生えている親知らずは、抜くべきではありませんが、生え方や近接する歯の状態によっては、保存しておいた方が良いケースもあります。 第二大臼歯(親知らずの手前に生えている歯)が重度の虫歯で抜髄をしており、その寿命が短いとわかっていた場合には、親知らずが新たな奥歯として機能できる可能性があるからです。 また、親知らずが顎の骨の深くにとどまっていて、将来的に実害がないと見られる場合も、敢えて抜く必要がないものです。 3章 抜くべき親知らずとは? 抜くべき親知らずとは、すでに口内に悪い影響を及ぼしているもの、あるいは、将来確実に悪さをする可能性のある親知らずです。 顎のスペースや、親知らずの生える方向などを踏まえ、歯科口腔外科で、総合的に判断する必要があります。 抜くべき親知らず ・斜めや真横に生えているもの 斜めや真横に生えている親知らずは、隣の歯(第ニ大臼歯)を圧迫したり、歯列を乱したりする可能性が高いものです。 自然に真っ直ぐ成長するという可能性が低く、大きな実害を及ぼさないうちに、抜歯をするのが賢明です。 ・一部しか露出できないもの 歯肉を突き破って、完全に露出できない親知らずも、抜く方が良いものとなります。 歯冠が露出せず、部分的に歯肉が覆ってしまうと、その隙間の汚れや歯垢をセルフケアでは除去できず、細菌が増殖して、虫歯や歯周病になるリスクが高くなるからです。 ・歯並びを乱すリスクがあるもの すでに、親知らずが真横や斜めに成長して、第二大臼歯を圧迫しているケースでは、早急な抜歯を検討すべきです。 歯列全体を乱して、歯並びや噛合せを狂わせる原因にもなりますし、圧迫された第二大臼歯が、歯根吸収(歯根が痩せること)を起こすリスクもあります。 4章 歯茎に違和感を感じたら歯科口腔外科で診てもらおう! 親知らずにより、歯茎にすこしでも違和感を感じたら、それをきっかけになるべく早期に、歯医者さんで診てもらうのが懸命です。 できれば、歯科口腔外科で的確な診断を受けることをおすすめします。 なぜ歯科ではなく歯科口腔外科なの? 歯科口腔外科は、歯科と口腔外科を扱っている歯医者さんです。 口腔外科とは、口内から口の周囲、顎、頬など、お口の周囲のさまざま疾患を幅広く手がけ、疾患によっては外科手術も扱える診療分野で、親知らずの難しい抜歯にも対応可能です。 親知らずを抜くべきか、経過観察をすべきか、適切な判断ができる診療科目となります。 歯科口腔外科で扱う親知らずの抜歯 一般歯科でも親知らずの抜歯を行いますが、抜歯が難しいケースでは、口腔外科に委ねるケースもあります。 口腔外科で扱う親知らずの抜歯は、主に抜歯が難しいケースですが、親知らずの抜歯全般は、最初から歯科口腔外科に任せると考えても良いでしょう。 歯科口腔外科で扱うべき、主な難抜歯は下記の通りです。 ・顎の神経に近い場合 下顎の親知らずは、顎の骨の神経の管に近接している可能性があり、歯科用CTなどで、神経組織の位置関係を把握した上で、神経を傷つけないように配慮した手術が必要となります。 下顎の神経は知覚神経なので、万一傷つけた場合には、しびれや感覚の鈍化を引き起こすリスクがあるからです。 大きく傷つけてしまった場合には、ずっとしびれが残るリスクもあるのです。 ・顎の骨の深くにある場合 親知らずが顎の骨の深くに埋まっていて、摘出しにくいケースもあります。 摘出するには、顎の骨を削るといった処置が必要があり、安全で確実な親知らずの摘出のためには、口腔外科の外科手術の技術が必要となります。 ・手術に全身の管理が必要な場合 高血圧や糖尿病といった、全身の管理が必要な手術では、口腔外科の外科手術のノウハウが必要となります。 必要に応じて、全身麻酔を施し、生体モニターで体の状態をチェックしながらの手術が求められます。 まとめ.

次の