じゅう み は くどく とう。 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 漢方薬の基礎知識大辞典

【十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)の解説】~皮膚の症状のための日本生まれの漢方薬~

じゅう み は くどく とう

「大草原生まれのNS乳酸菌」 モンゴルの大草原から採取した乳酸桿菌(かんきん)です。 日本で市販されている乳酸菌の多くは球菌で、これらはもともと腸内にある共生菌なので、わざわざ摂る必要もありません。 この乳酸菌では消化力もさほどなく、発酵のスピードもゆっくりです。 NS乳酸菌は人間の体内には少ない生菌で、球菌の10~100倍の大きさがあるため、一晩で増殖し、アミノ酸やビタミンも多くつくることができます。 3種の乳酸菌が腸内の消化を助けます。 NSー5株…… 脂肪の分解 NSー8株…… タンパク質の分解 NSー9株…… 糖の分解 NS乳酸菌は「生きた共生性の大型桿菌(かんきん)」 消化力と発酵のスピードが他の乳酸菌に比べて抜群に優れています。 共生性の大型桿菌のため、生命力が強く、腸まで生きたまま届き、腸内環境を整えます。 NS乳酸菌に期待される効果• ・腸内を浄化し、乳酸菌などの善玉菌を増やし、腸内細菌叢(そう)を改善します。 ・消化力が高いので、有毒ガスである硫化水素とアンモニアを分解します。 ・「幸せ感」の栄養素・ドーパミンやセロトニンを作ります。 ・腸のぜん動運動が活発化しますので、便通が改善、免疫力を高める働きをします。 ・過食気味の現代人の消化力を助け、貴重な潜在酵素量と消化酵素量を節約します。 ・カルシウムを消化のよい乳酸カルシウムに変え、吸収率を高めます。 ・腸内の酸度が上がるので、腸の連続蠕動(ぜんどう)が活発化し、毎日の便通と便量が増加します。 ・腸内免疫力が強化されます。 アレルギー体質の改善やインフルエンザなどのウィルスを抑えるという効果も期待されています。 カロリーも低いので肥満防止や動脈硬化の防止に期待されています。 食物繊維も豊富。 ・レシチンは、動脈硬化の予防や、脳を活性化するため認知症の予防にも期待されています。 ・サポニンは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの血液中の余分な脂質を洗い流し、また抗酸化作用もあるので、体の酸化(=老化)防止にも期待されています。 ・オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌などの腸内有用菌(善玉菌)を増やすので、お腹の調子がよくなります。 また、砂糖に近い甘味があり低カロリー、食品に旨味やコクを与えます。 ・その他、脂質、炭水化物、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸なども含んでいますので、自然のバランス栄養食ともいえます。 原材料 プレーン:大豆(国産)、米油、オリゴ糖、NS乳酸菌 ハチミツレモン:大豆(国産)、米油、オリゴ糖、ハチミツ、レモン汁、NS乳酸菌 賞味期限 製造より1年(冷凍保存) 保管方法 要冷凍(-18度以下) 召し上がり方 召し上がる分は冷蔵庫にて解凍後、保管は冷蔵庫にて、1週間から10日を目安に、なるべく早くお召し上がりください。 1日大さじ2杯(約60g)を目安に、お好みの甘味をつけたり、塩コショウ、油などでドレッシングとして野菜サラダなどにも合います。 発酵による自然な酸味もお楽しみいただけます。 毎日大さじ山盛り2杯で1個が約1週間分の目安です。 価格 1セットでの販売になります。 ・「豆汁グルト」は、生きたNS乳酸菌で発酵させていますので、冷蔵庫のなかでも少しずつ発酵します。 酸味が増してくることもありますが、腐敗ではなく発酵ですので、安心してお召し上がりください。 ・「冷凍便で到着後、召し上がらない分は冷凍保存でお願いします。 NS乳酸菌は冷凍すると 冬眠状態になり、冷蔵解凍でまた目覚めてきます。 ・お召し上がり時は、パックから清潔なスプーンなどで他の器に移してからお召し上がりください。 まれに、ピンク色の「酵母菌」が発生することがあります。 乳酸菌と同様、酵母菌も食品の発酵を促す微生物で、ともに発酵食品の製造になくてはならないものです。 害になる菌ではありませんので安心してお召し上がりください。 ・頑固な便秘も1週間くらいでスルッと。 やはり強力な桿菌、NS乳酸菌が生きているからでしょうか。 ・ストレスによる荒れていた皮膚の症状が劇的に良くなりました。 腸内環境の改善によって、ドーパミンやセレトニンの分泌も活発になったと思われますよ。 ・長年悩んでした春先の花粉症の症状が出なくなりました。 やはり毎日少しずつ食べ続けること、生きた乳酸菌を毎日取り入れることが大事ですね。 ・ひどいアトピー症状が、ずいぶんと軽くなりました。 今まで便秘症でもあったし、食べるものを変えると身体が変わることを実感しています。 ・鬱症状で会社に行けなくなっていた息子が、外へ出られるようになりました。 幸せ感をもたらす快感ホルモンの「セロトニン」は、実は腸内菌の働きがあるからなんですね。 ・乳がん患者さんの予防としてお勧めしています。 大豆には女性に必要な栄養素、イソフラボンが多く含まれていますからね。

次の

【十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)の解説】~皮膚の症状のための日本生まれの漢方薬~

じゅう み は くどく とう

体力中等度なものの皮膚疾患で、発赤があり、ときに化膿するものの次の諸症: 化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、湿疹・皮膚炎、水虫 十味敗毒湯は皮膚に赤みやときに化膿がある方のじんましん、湿疹・皮膚炎などを改善します。 かゆみを抑え、膿を排出させる働きがあります。 用法・用量 1日3回、次の量を食前又は食間に水またはお湯にて服用してください。 成人(15才以上) 1回4錠 7才以上15才未満 1回2錠 7才未満 服用しないこと 成分・分量 12錠中 十味敗毒湯乾燥エキス2. 60gを含有しています。 日局サイコ 2. 5g オウヒ 2. 5g 日局キキョウ 2. 5g 日局センキュウ 2. 5g 日局ブクリョウ 2. 5g ドクカツ 1. 5g 日局ボウフウ 2. 5g 日局カンゾウ 1. 5g 日局ショウキョウ 1. 0g 日局ケイガイ 1. 5g 上記生薬量に相当する 添加物として、無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸Mg、乳糖水和物を含有する。

次の

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 漢方薬の基礎知識大辞典

じゅう み は くどく とう

【おススメタイプ】 分泌物が多くなく、患部が乾燥している皮膚疾患の方に。 【特徴】 体内に蓄積した皮膚病の原因となる悪い毒を発散させて中和します。 【効果】 化膿性皮膚疾患と急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫 【飲み方】 1日2~3回、1回1包を食前または食間(食事と食事の間)の空腹時に服用する。 【成分】 荊芥 ケイガイ 防風 ボウフウ 柴胡 サイコ 桔梗 キキョウ 川きゅう センキュウ 茯苓 ブクリョウ 甘草 カンゾウ 生姜 ショウキョウ 樸そく ボクソク 独活 ドッカツ 【アドバイス】 タイプが合わないと皮膚症状が悪化することもあるので、注意が必要です。 【現場からの意見】 現場では見かける頻度は少ないです。 体内から悪い毒を発散してくれ、症状を改善してくれます。 この漢方薬は体を温める漢方薬なので、赤みが強く熱をもった湿疹など熱症状が強いタイプの方には不適です。 水虫でもジュクジュクタイプではない、乾燥タイプの水虫です。 大人ニキビにも使われたりしているようですが、熱症状が強い方には不適です。 効果では大きく症状名だけ書かれていますが、皮膚病の症状の出方は様々で、体質のタイプで使う漢方薬も変わります。 ここを見誤ると、皮膚症状は改善するどころか、むしろ悪化するケースもあります。 タイプが合えば、だいたい10日以内で、なんとなくいい感じだとわかると思います。 また、甘草が入っており、こちらを取りすぎてしまうと、偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇、浮腫など)を引き起こす可能性があるので、ほかの甘草が入った製剤(など)との併用には注意が必要です。 (甘草1日量上限目安7. 5g、市販薬では5g).

次の