意見 類語。 「見識」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!

「齟齬(そご)」の意味とは?ビジネス上での注意点と類語を解説!

意見 類語

公開日: 2018. 05 更新日: 2018. 05 「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い 「見解」という言葉をご存知でしょうか。 「見解を明らかにする」「見解を示す」などとニュースや新聞などで、見聞きしたことがあると思います。 なんとなく使われ方から、意味がイメージできますよね。 では、「見解」についてしっかりと説明できるでしょうか。 知ってはいても、使い方には自身がないと人も多いのではないでしょうか。 また、「見解」には「考察」や「意見」や「見方」などと、似たような言葉がたくさんあります。 全部を区別するのは非常に難しいですが、正しく使うためにはきちんと使い分ける必要があります。 そこで今回は「見解」の意味と使い方、類語との違いについて解説していきます。 「見解」をきちんと覚えて、言葉の知識を深めましょう! 「見解」の使い方と例文 「見解」は物事に対する自分の考え方や解釈、言いたい事柄を表す場合に使います。 考えを求められその場で即座に返すものではなく、じっくりと考えた上でしっかりとまとめられた意見を「見解」と言います。 「見たものをどうしてそのように理解したのか」ということを「見解」と覚えておくと分かりやすいです。 主に、 「見解」は政府などの公式の機関が、公の問題に関して言及するような場面で使うことが多いです。 例えば、「災害対策に関して、専門家の見解が発表された」といった場合は「災害対策についての、専門家の考え方や見かたが発表された」という意味になります。 よく使われる言い方に「見解の相違」があります。 「見解の相違」は「考え方や解釈がお互いに食い違っていること。 意見が一致しないこと」を意味します。 言い回しとしては、 ・見解を明らかにする ・見解を述べる ・見解を示す ・見解を言う ・見解を表明する ・個人の見解 などとなります。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・後で見直すためにも、紙に自分の見解をまとめておく。 ・警察は事件に関する見解を明らかにした。 ・政府は国交問題についての、見解を発表した。 ・是非、あなたの見解を聞かせてもらえないでしょうか。 ・見解の相違をお互いに認め合わないと、話し合いが前に進まなくなってしまうよ。 ・今回の不祥事に関しての、会社の見解を発表する。 ・危険性のある市販薬に関して、専門家の見解によると...。 ・この薬が肌荒れにものすごく効くというのは、あくまでも個人の見解である。 ・何だかしっくりこないから、見解を異にする。 ・父の見解によると、虫刺されは絆創膏を貼っておけばそのうち治ってしまうらしい。 「見解」と「考察」の違い 「考察」の意味は 「物事を明らかにするためによく調べて考えること」です。 「考」は「調べる。 調べる事柄」、「察」は「調べて明らかにすること」を意味します。 物事を明らかにするため、しっかりと考えること・よく調べて考えをめぐらすことを表します。 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断、解釈の仕方」 「考察」は「物事を明らかにするために、しっかりと調べて考えること」 「見解」と「考察」では意味が異なります。 「結果をもとにどうしてこうなったとのかとじっくり考えること」が「考察」で、「深い考慮」や「推測」というニュアンスが含まれます。 「考察した上で見解を明らかにする」などと言うことができます。 例文 ・現代の若者文化について考察する。 ・関連する事柄をいろいろ調べて、その事件の原因を深く考察する。 ・あの時、主人公が筋違いなことを言ったのは犯人を探し出すためであったというのが、映画の考察である。 「見解」と「意見」の違い 「意見」の意味は、 ・思うところ。 考え ・思うところを述べて人を諌めること です。 ある事について持っている考え・ 道理や利害を説いて他人を改めるように忠告することを表します。 「意見を述べる」「意見が分かれる」「少数意見」「後輩が意見した」などと言います。 「意見」は「ある物事についての考え。 自分の思うことを述べ、人の過ちを諌めること」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 「意見」と「見解」はほぼ同じ意味ですが、使い方が少々異なります。 「見解」は公の問題について正式な機関が言及する場合に使いますが、「意見」は私的な考えをを表す場合に使います。 身近に使われている言葉としては、「意見」となります。 例えば、「意見を述べます」とは言いますが、「見解を述べます」とはあまり言いませんよね。 また、「意見」よりも「見解」の方が「熟考した」というニュアンスが強くなります。 例文 ・その対策について、自分の意見を述べる。 ・お客様のご意見をもとに、商品の改善を進めていく。 ・あの人に意見をすると、後で何をされるか分からないよ。 「見解」と「見方」の違い 「見方」の意味は、 ・見る方法。 見よう ・見て考える方法。 考え方 です。 「見方」は「見る方法。 ある立場からの考え方。 また、その考え」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 「見方」と「見解」では意味が異なります。 「見方」は、立場ごとの考え方や異なる立場においての考え方の違いを表すときに使います。 「ものの見方」「私の見方」「見方を変える」といったように使います。 「見方」は、「見解」を出す上での方法ということになります。 また、「見方」には「見る方法。 見よう」という意味がありますが、「見解」には含まれません。 例文 ・美術館での絵の見方としては、単純に力を抜いて鑑賞すれば良い。 ・単なる庶民の私と社会的立場が上の友人とでは、ものの見方が違う。 ・人間は住む世界によって、ものの見方が異なるだろう。 「見解」と「解釈」の違い 「解釈」の意味は 「文章や物事の意味を、受け手の側から理解すること。 また、それを説明すること」です。 「解釈」は「語句や物事などの意味内容を理解し、説明すること。 解き明かすこと」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 「見解」にも「解釈」の意味が含まれますが、「見解」は理解した上でさらに自分の考えを見いだすことになります。 「解釈」は理解するだけに留まります。 例えば、映画などで「なぜAはBを殺したのか」という場合。 解釈をする場合は「何かAとBはもめていたのだろう」と思うことで、見解する場合は「二人の間にお金に関するいざこざがあった」と考えることです。 「見解」の方が、より深く考えるという意味になります。 また、「解釈」には「説明する」という意味が含まれますが、「見解」には含まれません。 例文 ・この本を読んでいても、いまいち解釈することができない。 ・あなたの解釈は間違っていると思うよ。 ・ここの英文、君は何て解釈してみた? 「見解」と「所見」の違い 「所見」の意味は、 1. 見たところのもの。 見た事柄。 観察や診断などの結果 2. 意見 です。 「所見」は「極めて簡単な感想」ということなので、「パッと見た感じ」「一見して」などの言葉に言い換えられます。 「所見」は「考え・意見。 見た上での判断や考え」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 「所見」と「見解」は似ている感じがしますが異なります。 「所見」は「見た上での判断や考え」などと、その場でパッと出した考えという意味合いになります。 一方で、「見解」は「しっかりと考慮した上でまとめられた考え」を表します。 「見解」の方が、「十分に考えられた」というニュアンスが強くなります。 ・事故の原因について、専門家としての所見を求める。 ・作品をご覧になった、先生の所見をお聞かせ願います。 「見解」と「所感」の違い 「所感」の意味は、 ・善悪の行為によって引き起こされる果報 ・心に感ずるところ。 感想 です。 事に触れて心に感じたこと・心に感じ思う事柄を表します。 「所感」は「心に感じたところ。 感想」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 「所感」と「見解」では意味が異なります。 「見た結果での考え方や評価」という意味の「見解」の方が、若干客観性が高いです。 「所感」は心に思ったものだけでなく、今後につながるような反省や改善点なども含まれるので、より具体的だと言えます。 「所感」は改まった表現なので、ビジネスシーンで使うことが多いです。 例文 ・今回のことについて所感を述べる。 ・まず最初に、私から所感を述べさせていただきます。 ・研究もここで一区切りついたので、みなさんに所感をまとめてもらいたいと思います。 「見解」と「感想」の違い 「感想」の意味は 「心に浮かんだ思い。 感じ」です。 あることについて、感じたり思ったりしたこと・物事について心に感じたことを表します。 「映画の感想を述べる」「読書感想文」「ビールを初めて飲んで見た感想」などと言いますよね。 「感想」は「あることについて、感じたり思ったりしたこと」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 「感想」と「見解」では意味合いが異なります。 「感想」には好き嫌いや美醜などと個人的な思いが含まれますが、「見解」はあくまでも論理的な考え方であって、個人の思いは含まれません。 例えば、「絵の感想」だったら「絵を見て自分がどう感じたのか」で、「絵の見解」であったら「その絵はどのようにして作られたかなどと考えること」を表します。 「見解」の方がやや堅いイメージです。 例文 ・本を読んだ感想を原稿用紙3枚にまとめあげる。 ・私の自己制作映像を見たら、是非感想をお聞かせください。 ・どれが面白そうか、映画の感想を読む。 「見解」と「見識」の違い 「見識」は、 ・物事の本質を見通す、優れた判断力。 また、ある物事についてのしっかりとした考え ・気位 です。 「見識」は「物事の本質を見通す優れた判断力。 また、それに基づいたしっかりとした考え」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 このように、「見識」と「見解」では意味が異なります。 「見解」は公の問題に関しての考え方で、「見識」は物事の根本の本質を見通し正しい判断を下す能力ということです。 「見解」というものは人によって異なりますが、「見識」は知識に基づいた判断力のためだいたい人と同じものになります。 例文 ・彼女は高い見識があるので、リーダーに推薦した。 ・上司は陶芸に関しての高い見識を持っている。 ・あの人は見識張っているだけで、実はものすごく薄っぺらいよ。 「見解」と「見聞」の違い 「見聞」の意味は 「見たり聞いたりすること。 みきき。 また、そうして得た知識や経験」です。 行動して得たことではなく、見たり聞いたりして知識や知見を得ることを表します。 「見聞」は「実際に見たり聞いたりすること。 また、それで得た経験や知識」 「見解」は「物事に対する考え方や価値判断。 解釈や評価の仕方」 このように、「見聞」と「見解」では意味が異なります。 例えば、「見解を広める」といった場合は「ある物事に対する自分の考えを周りに広める」ということになりますが、「見聞を広める」といった場合は「見たり聞いたりして、豊富な知識や経験を得ること」を意味します。 主に、「見聞する」「見聞を広める」「見聞が広い」などと使います。 例文 ・見聞しているうちに、考え方が周りに影響されていく。 ・見聞を広めるためにも、色々な場所へ旅に出る。 ・様々な経験をしたため、彼は見聞が広い。 「見解」の英語 「opinion」「point of view」など 「見解」は英語で、 ・opinion ・point of view ・perspective などになります。 例文です。

次の

【見解】と【意見】の意味の違いと使い方の例文

意見 類語

「共感(きょうかん)」とは、「他人の考えや意見・主張に対して、そうだと感じること」を意味する言葉です。 共感は日常生活でも頻繁に使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 共感の本来の意味や定義を解説するとともに、例文や使い方についてわかりやすく解説していきます。 また、類語・言い換え語との違い、対義語の意味についても触れていきます。 「共感の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 共感とは?|意味と定義をわかりやすく解説! 「共感」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「共感」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、共感の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 共感の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 共感の類語・言い換え語 「共感」には複数の類語・言い換え語があります。 シチュエーションによっては、共感を使うよりも適切な言い換え語を使うべきタイミングがあります。 ここで共感と近い意味を持つ言葉や、言い換えに使える言葉を把握しておきましょう。 共感の類語・言い換え語1|同感(どうかん) 「その人と同じように感ずる、または考えること」を「同感」と表現します。 共感は、その人の考えや意見に対して「その通りだと思う」と同じ意見を持つことを指しますが、「同感」の場合は、その人と同じような感覚を覚えたり考えたりすること自体を指します。 また、「同感する」と使うだけではなく「私はAさんと同感だ」と、同じ感情や意見を持っていることを表現する使い方もあります。 I have empathy for the way you think. (私はあなたの考えに共感する。 ) 共感の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、共感の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

「見識」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!

意見 類語

スポンサーリンク 「ご指摘」の意味や使い方は? まず最初に 「ご指摘」の詳しい意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「ご指摘」は「指摘」という名詞に敬語の接頭辞「ご」を付けた、丁寧な言葉です。 「指摘」の「指」は、文字通りには手先の指のことですが、漢字の成り立ちをみると、てへんに旨という字から成り立っています。 旨は 「スープが旨い(うまい)」といった語句からも分かる通り、 「おいしい食べ物」という意味があります。 このため 「指」は元来は手においしい食べ物を持つことを示し、転じて「指さす」ことを表すようになりました。 一方「摘」はてへんに「啇」というつくりになっています。 「啇」にはそもそも「多い」という意味があり、元来は果実をたくさん拾い集めることを示したとされます。 ここから 「摘」は、 「つかみ取る」、「選び取る」こと、さらには 「要点をまとめる」、「他人の秘密を発表する」といった意味にも広がりました。 こうしたことから、 「指摘」は 「全体の中から大事なこと、注意すべきことなどを具体的に取り出して、はっきり示すこと」という意味になります。 単に指し示すだけでなく、とりわけ「多くの中からあやまりを指し示し、暴き出すこと」という意味合いを強く持ちます。 また 「指でつかみ取る、摘み取る」という動き自体を示すこともあります。 この丁寧な形が「ご指摘」ですから、主にはビジネスシーンなどで、「こちら側の間違いなどを指し示していただく」という趣旨で使われることが多い言葉だといえます。 「ご指摘」の言い換え方は? 次に 「ご指摘」の言い換え方について見ていきましょう。 「ご指摘」を言い換える言葉をまとめておきますね。 ご教示• ご指導• ご意見 「ご指摘」の言い換え方をご紹介しましたが、ここに例示したそれぞれの語句が、「ご指摘」と全く同じ意味で、どれを言い換えに使用しても不都合がないかというと、そうではありません。 スポンサーリンク やはりおのおのにニュアンスが異なりますので、使用する際には注意が必要です。 例えば「」は 「教えていただく」という意味になります。 「やり方についてご教示願います」などと使います。 また「」では、表面的な操作法というよりも、ものごとの中身や意義、技術そのものを深く、長期間教わるというイメージがあります。 一方「ご鞭撻」は 「努力するよう励ますこと」という意味ですので、一般にはビジネスの挨拶文などで 「今後ともご指導、ご鞭撻たまわりますよう、よろしくお願いします」などと、定型的に使うことが普通です。 「ご指摘」は前述したように、 「全体の中から誤りを見つけて、指し示す」といった意味合いがあります。 基本的には悪い点をあぶり出す、取り出すという用例が一般的です。 このため、言い換える場合としては 「当方の誤りをご教示くださり、誠に恐れ入ります」や、 「ご意見をいただいた点につきましては、早急に善処いたします」といった言い方が適切となるでしょう。 「ご指摘」の類語や敬語・例文を教えて! 最後に 「ご指摘」の類語や敬語、例文を見ていきましょう。 「指摘する」の類語には次のようなものがあります。 要望する• 指示する• 名指しする• 指さす• 指名する• 指定する• もの申す• 異議を唱える• 摘発する 敬語表現の「ご指摘」の類語としては、 「ご要望」、「ご教示」、「ご意見」、「お示し」、「ご指定」、「ご指名」などとなります。 「ご指摘」の例文としては次のようなものが挙げられます。 先般ご指摘いただいたとおり、早速修正させていただきます。 当方の手落ちにつきまして、ご指摘くださりまことにありがとうございました。 契約書の案文を作成いたしましたので、ご一読の上、訂正箇所等がございましたら、ご指摘のほどをお願い申し上げます。 「ご指摘」の類語や例文をまとめてご紹介しました。 類語や例文を知ることでその言葉に対してより一層、理解が深まると思うので是非、参考にしてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご指摘」の 詳しい意味や正しい使い方、そして言い換え方や類語、例文について詳しくご紹介しました。 同じような言葉でも使うシーンによってはしっかりと選ばないといけませんし、正しい認識で相手に伝える為には意味もしっかり理解しておかないといけませんね。

次の