犬 アトピー 性 皮膚 炎。 犬のアトピー性皮膚炎の症状と予防対策、アトピー治療を獣医が解説

犬のアトピー性皮膚炎の治療法は?原因や症状・治療法について

犬 アトピー 性 皮膚 炎

犬のアトピーの正体とは? 今日はそんな現代病の一つ、アトピー性皮膚炎についてお話しさせていただきます。 実はこの病気、人間に限ったことではなく、犬にも存在する厄介な病気なのです。 ではそもそも、アトピーとは一体なんなのでしょう? 言葉は聞いたことがあるけれど、実際にはどういう病気なのかちゃんと説明出来ない、なんとなく言葉だけ知っている、という方も少なくないと思います。 アトピー性皮膚炎とは、アレルゲンとなる物質の吸引で発症する皮膚炎のことです。 アレルゲンとは、アレルギーの原因となる抗原物質のことで、薬物・金属・食餌中のタンパク・ノミの排泄物・花粉などが挙げらます。 もっと大雑把に言うと、その生体にとって、都合が良く有利に働く物資は免疫となりますが、都合が悪く不利に働く物質はアレルギーとなるのです。 アレルギーに個体差があるのはそのためで、自分の家の犬は大丈夫でも、お隣の犬にとってはアレルギーになってしまう、というのはこういうことなのです。 犬のアトピーを分かりやすく解説 分かりやすく、ノミアレルギー性皮膚炎を例にとって説明してみます。 ノミアレルギー性皮膚炎による痒みは、ノミが刺すからという単純な刺激によるものもありますが、ノミの唾液がアレルゲン(抗原)となってアレルギー反応を起こすことにもよります。 そのため、ノミに対するアレルギーがない犬であれば、多数ノミが寄生していても軽症で済んでしまうことがあるのです。 対して、ノミアレルギーを持つ犬にとっては軽視出来ない問題となり、獣医による適切な処置が必要になります。 先程から頻繁にアレルギー、アレルゲンという言葉が出てきていますが、実は一口にアレルギー性皮膚炎といってもその範囲は非常に広く、アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎も同じものではなく、アレルゲンとなる抗原によって区別されています。 とは言っても、生体外にあるアレルゲンに感作(特定の抗原を与え、同じ抗原の再刺激に感じやすい状態にすることを言います)して生じる皮膚炎であるということは同じです。 食餌がアレルゲンになるものを「食餌性」、アレルゲンとなった物質に接触することで発症するものを「接触性」、そして、アレルゲンとなる物質の吸引で発症するものを「アトピー性」と呼んでいます。 食餌性のアレルギー性皮膚炎は季節に関係なく起こり、犬種を問わずに発症します。 アレルギー性皮膚炎全体の発生数からみると1割程度と少ないようですが、アレルゲンとなる食物は多く、主としてタンパク質に原因があります。 犬では様々な肉類、牛乳、卵や穀物などがあげられています。 犬の接触性アレルギー性皮膚炎とは 接触性のアレルギー性皮膚炎では、生活環境中のあらゆる物質がアレルゲンとなってしまい、シャンプー・ノミ取り首輪・絨毯・食器(合成樹皮性)などとの接触により発症します。 アレルゲンと接触した部位に炎症反応が起こり、強い痒みが出て湿疹状態となります。 アトピー性(吸引性)皮膚炎は遺伝的素因として免疫グロブリンE(IgE)抗体が産生されやすい体質の犬に発症します。 犬におけるアトピー性皮膚炎の発症率は前出の2つの皮膚炎と比べてはるかに高く、ハウスダスト・花粉・ダニ・心筋などがアレルゲンとなり、これらを吸引して発症します。 さらに、症状が発現するタイプによっても「即時性」というアレルゲン感作後すぐに症状が現れるものと、「遅延型」という感作後24〜48時間後に発症するものの2つに分けることが出来ます。 いずれもアレルゲンを取り除くことによって症状は軽くなります。 いずれの皮膚炎においても、必要になってくるのは正しい治療法です。 皮膚炎の治療は長くかかってしまうことが多いので、かかりつけの獣医としっかり相談し、治るまで根気よく治療を続けてあげてください。

次の

犬のアトピー性皮膚炎の原因・症状、治療、日常ケアのポイント

犬 アトピー 性 皮膚 炎

犬アトピー性皮膚炎の痒みメカニズム アトピー性皮膚炎などアレルギー性皮膚疾患の場合、皮膚細胞の成長速度 ターンオーバー が通常よりも短くなってしまい、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。 そのため、表皮の組織が崩れて皮膚の保湿能が低下して乾燥を招いたり、アレルゲンの侵入を防ぐことができなくなったりしてしまいます。 そうなると痒みを感じる神経の先端が皮膚の表面に近いところまで伸びて外界からの刺激に対して過敏になり、痒みを感じやすくなってしまうのです。 皮膚が乾燥すると刺激に敏感になり、かゆみを伴う炎症や湿疹を生じるため掻いたり舐めたりしてしまいます。 するとさらにかゆくなり、搔き壊したり、舐め壊したりしてしまい、患部に雑菌が繁殖しやすくなるなどの悪循環を招きやすくなるのです。 カモミール(左)とオートミール(右) 皮膚を清潔に保つために、シャンプーをこまめにしているケースも多いと思います。 シャンプーの仕上げにハーブバスを加えることで不快な皮膚症状が和らぐことも。 中でも評判の高いオートミールとカモミールのハーブバスは、オートミールが神経を鎮静させて保湿し、カモミールがかゆみや炎症を和らげ、 炎症を鎮め保湿を助けるといわれています。 準備するもの• カモミール 大さじ1• オートミール 大さじ2• 水 500㏄程度• 洗面器またはバスタブ (バスタブを使う場合はハーブの量を2~3倍にしてください) ハーブバスの作り方• カモミールとオートミールを不織布の袋やガーゼで包む• 鍋に水を500㏄程度入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて1を入れ、ふたをして10分程度蒸らす• 洗面器にハーブを入れた袋ごと2を移し、水やぬるま湯を足して適温に調整する• ハーブ液が浸透するようガーゼやスポンジなどを使って皮膚全体を濡らす• 愛犬に合わせて使用を判断しましょう。 自分から足を広げ湿布されるナイト 皮膚神経の先端はかゆみの他に熱さや冷たさ、痛み、触覚などの感覚をキャッチする受容器が備わっていますが、冷たいという感覚はかゆみよりも強く感じるため、 かゆみが生じている場所を冷やすことは痒みを和らげるのに有効です。 ただ冷やすだけでも良いですが、かゆみや炎症を和らげるアロマを利用すると相乗効果が期待できます。 ナイトの場合はお腹のやわらかいところに湿疹ができやすく、舐め壊して真っ赤になってしまうことが多かったため、当時はラベンダー精油を使った冷湿布をする機会が多くありました。 よほど気持ち良かったのでしょう。 自分から足を広げてくれるほどでした。 かゆみによる精神的なストレスにも効果があったようです。 股関節形成不全のマッサージやメンタルケアなど、ナイトの一生を通してさまざまな方面で活躍してくれました。 準備するもの• 精油 、など• 洗面器• 冷水 湿布の作り方• 洗面器に冷水を入れ、精油を1~2滴垂らす 氷を入れても良い• 適切な大きさに畳んだタオルを洗面器の中に入れる• 水の表面に浮いている精油をすくうようにしてタオルに含ませ引きあげる• タオルを軽く絞り、かゆみの強い部分に当てる• ポイント3 菌の繁殖を抑える クレイローション クレイは地中から採りだされたミネラルが豊富に含まれた 粉末粘土で、 菌を取り込んで炎症を抑えたり、 皮膚の再生を促進したりする作用があります。 不快な皮膚症状がある時は患部を気にして舐めてしまい、そこに唾液が残って皮膚を刺激してしまうことがあります。 できるだけ患部を清潔に保つため、ローションでこまめに清拭してあげましょう。 材 料• ミネラルウォーター 50ml• 50ml容器 クレイローションの作り方• 材料を容器に入れてよく混ぜる• コットンにしみこませて乾燥やかゆみのあるところに塗布する• 冷暗所に保管し、1週間程度を目安に使い切りましょう カレンデュラ(マリーゴールド)オイル カレンデュラに含まれるルテインやリコピンなどのカロテノイドは 損傷した皮膚の修復や炎症緩和に役立ちます。 自分でも作ることはできますが、まずはアロマショップなどで市販されているカレンデュラオイルやカレンデュラオイルが配合されたクリームを炎症や乾燥している部位に塗ってあげましょう。 アトピーの 炎症は目や口の周り、被毛の薄いやわらかい場所に出やすいので、今までご紹介したケアに加えて併用しても良いでしょう。 おわりに 今回は犬アトピー性皮膚炎による不快な症状を和らげるために、飼い主さんご自身が家庭で行えるケアについてご紹介させていただきました。 アロマやハーブを使ったケアについては、GREEN DOGグループのでも詳しく学ぶことができます。 ご紹介させていただいた方法は愛犬ナイトや多くのクライアントさまなどで効果が出ているものですが、全てのケースに有効であるわけではありません。 治療中の場合は かかりつけ獣医師の指示を仰ぎながら取り入れていただき、初めて行う際は ほんの少しだけ皮膚の薄い場所につけてしばらく様子を見るなど、パートナーに異変が生じないか確認することをおすすめします。 次回からは身体の自然治癒力を高めるための5つのステップについてお伝えして行く予定です。

次の

犬のアトピー性皮膚炎の症状を緩和する「薬用シャンプー」について

犬 アトピー 性 皮膚 炎

犬アトピー性皮膚炎の痒みメカニズム アトピー性皮膚炎などアレルギー性皮膚疾患の場合、皮膚細胞の成長速度 ターンオーバー が通常よりも短くなってしまい、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。 そのため、表皮の組織が崩れて皮膚の保湿能が低下して乾燥を招いたり、アレルゲンの侵入を防ぐことができなくなったりしてしまいます。 そうなると痒みを感じる神経の先端が皮膚の表面に近いところまで伸びて外界からの刺激に対して過敏になり、痒みを感じやすくなってしまうのです。 皮膚が乾燥すると刺激に敏感になり、かゆみを伴う炎症や湿疹を生じるため掻いたり舐めたりしてしまいます。 するとさらにかゆくなり、搔き壊したり、舐め壊したりしてしまい、患部に雑菌が繁殖しやすくなるなどの悪循環を招きやすくなるのです。 カモミール(左)とオートミール(右) 皮膚を清潔に保つために、シャンプーをこまめにしているケースも多いと思います。 シャンプーの仕上げにハーブバスを加えることで不快な皮膚症状が和らぐことも。 中でも評判の高いオートミールとカモミールのハーブバスは、オートミールが神経を鎮静させて保湿し、カモミールがかゆみや炎症を和らげ、 炎症を鎮め保湿を助けるといわれています。 準備するもの• カモミール 大さじ1• オートミール 大さじ2• 水 500㏄程度• 洗面器またはバスタブ (バスタブを使う場合はハーブの量を2~3倍にしてください) ハーブバスの作り方• カモミールとオートミールを不織布の袋やガーゼで包む• 鍋に水を500㏄程度入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて1を入れ、ふたをして10分程度蒸らす• 洗面器にハーブを入れた袋ごと2を移し、水やぬるま湯を足して適温に調整する• ハーブ液が浸透するようガーゼやスポンジなどを使って皮膚全体を濡らす• 愛犬に合わせて使用を判断しましょう。 自分から足を広げ湿布されるナイト 皮膚神経の先端はかゆみの他に熱さや冷たさ、痛み、触覚などの感覚をキャッチする受容器が備わっていますが、冷たいという感覚はかゆみよりも強く感じるため、 かゆみが生じている場所を冷やすことは痒みを和らげるのに有効です。 ただ冷やすだけでも良いですが、かゆみや炎症を和らげるアロマを利用すると相乗効果が期待できます。 ナイトの場合はお腹のやわらかいところに湿疹ができやすく、舐め壊して真っ赤になってしまうことが多かったため、当時はラベンダー精油を使った冷湿布をする機会が多くありました。 よほど気持ち良かったのでしょう。 自分から足を広げてくれるほどでした。 かゆみによる精神的なストレスにも効果があったようです。 股関節形成不全のマッサージやメンタルケアなど、ナイトの一生を通してさまざまな方面で活躍してくれました。 準備するもの• 精油 、など• 洗面器• 冷水 湿布の作り方• 洗面器に冷水を入れ、精油を1~2滴垂らす 氷を入れても良い• 適切な大きさに畳んだタオルを洗面器の中に入れる• 水の表面に浮いている精油をすくうようにしてタオルに含ませ引きあげる• タオルを軽く絞り、かゆみの強い部分に当てる• ポイント3 菌の繁殖を抑える クレイローション クレイは地中から採りだされたミネラルが豊富に含まれた 粉末粘土で、 菌を取り込んで炎症を抑えたり、 皮膚の再生を促進したりする作用があります。 不快な皮膚症状がある時は患部を気にして舐めてしまい、そこに唾液が残って皮膚を刺激してしまうことがあります。 できるだけ患部を清潔に保つため、ローションでこまめに清拭してあげましょう。 材 料• ミネラルウォーター 50ml• 50ml容器 クレイローションの作り方• 材料を容器に入れてよく混ぜる• コットンにしみこませて乾燥やかゆみのあるところに塗布する• 冷暗所に保管し、1週間程度を目安に使い切りましょう カレンデュラ(マリーゴールド)オイル カレンデュラに含まれるルテインやリコピンなどのカロテノイドは 損傷した皮膚の修復や炎症緩和に役立ちます。 自分でも作ることはできますが、まずはアロマショップなどで市販されているカレンデュラオイルやカレンデュラオイルが配合されたクリームを炎症や乾燥している部位に塗ってあげましょう。 アトピーの 炎症は目や口の周り、被毛の薄いやわらかい場所に出やすいので、今までご紹介したケアに加えて併用しても良いでしょう。 おわりに 今回は犬アトピー性皮膚炎による不快な症状を和らげるために、飼い主さんご自身が家庭で行えるケアについてご紹介させていただきました。 アロマやハーブを使ったケアについては、GREEN DOGグループのでも詳しく学ぶことができます。 ご紹介させていただいた方法は愛犬ナイトや多くのクライアントさまなどで効果が出ているものですが、全てのケースに有効であるわけではありません。 治療中の場合は かかりつけ獣医師の指示を仰ぎながら取り入れていただき、初めて行う際は ほんの少しだけ皮膚の薄い場所につけてしばらく様子を見るなど、パートナーに異変が生じないか確認することをおすすめします。 次回からは身体の自然治癒力を高めるための5つのステップについてお伝えして行く予定です。

次の