一度 きり の 人生 嵐。 『一度しかない人生をどう生きるか』という考え方の危険性

人生一度きり!絶対に後悔しないで済むたった1つの方法とは?

一度 きり の 人生 嵐

人生に勝ちも負けもありません。 どうしたら勝ちになるのだろうか。 楽しんだら勝ちという定義なら、楽しむしか勝てない。 でも、いったい何を対象にして勝ったのでしょうか。 勝ちの基準に、楽しむと比較できる事柄があるのなら、楽しんでも勝ちとならないケースがある。 楽しんでも負け。 この勝ち負けの基準が誰にも分からないから、勝ち負けの判断は誰にもできない。 生きるのは、ただ生きるということがあるだけだと思います。 あなたが言われるように、楽しい時は、楽しいことに気がついていません。 楽しい時が過ぎて楽しかったことに気がつくだけです。 この楽しかったこと(過去)に気がつくために、今を楽しく生きるということはできません。 楽しく生きることに気負っていては、楽しめない。 のびのび生きることに必死になるようなものです。 ヒトによって言葉の感覚が違うので、何とも言えないのかもしれません。 楽する、楽しむ、窮屈な思いをする、苦しい思いをする、怖い思いをする、 互いに相反する、重なることはないのでしょうか? マラソンや駅伝は、テレビでしか見たことがないのですが、選手は楽そうではなくて、結構苦しそうです。 では、選手はマラソンや駅伝を勝つためにだけ遣っているのでしょうか。 どう見ていても、もはや先行者に追いつくことは無理そうです。 スタートの時点でさえ、一位、二位などの高位は難しいと本人も、周囲も思っていることが多いのではないでしょうか。 テレビで見ている範囲では、「勝つため、楽するため」というよりは「負けるため、苦しい思いをするため」に参加しスタートしているようです。 私は、単にその辺の体力経験ともに不足の一人としてハイキングなどをたまにします。 たまに登るので、滅茶苦しいです。 私の横を、爺さん婆さんが結構楽しげにゆっくり&すーっと登って行かれることも多いです。 私のこの苦しげなハイキングは強制されたものでも、体力健康作りのためでもありません。 クロスバイクでサイクリングロードを走ることもありますが、結構きついです。 どれもこれも、苦しいけれども、楽ではないけれども、楽しいとも思うのです。 時々は怪我をしたり、非常に危険で怖いこともありますが、それさえもさほど嫌なことにはなりません。 その怖さを避けるために、ハイキングやバイクを止めたり、控えたりするのは、本末転倒だと思っています。 『苦しくない&楽である』に反することを一切しないとなると、『冷暖房完備の完全空調の温水プールで浮いている』ことになるのかもしれませんが、2日目にはやりたくなくなるでしょう。 学校の難しい勉強や、仕事で難しいことなどは、当然、ある程度は失敗するのです、惨めな経験だって少なくないけれど、成功というか、なんとか出来ることもあって、それがうれしいので、勉強や仕事を他人から強制されたり、餌で釣られなくても、自分から遣るのだと思います。 楽する、楽しむ、苦しい思いをする、怖い思いをするなどは、ごちゃ混ぜに経験するのではないでしょうか。 自分がサッカーや、化学、英作文、書道などに没頭邁進してしまうと、それに時間も、頭脳も色々ととられます。 他のことができないことになり、窮屈であるという見方も出来るのかもしれませんが、本人としては、没頭邁進できるということが楽しいので、窮屈で困るとは実感しないと思います。 人生に勝ち負けがあるかどうかしれませんが、どうやって見るのですかね。 いつの時点で、どうやって見るのでしょうか。 『人生楽しんだモン勝ち』は、【人生はその本人が満足すれば良いじゃないか、本人が楽しく生きられれば良いじゃないか】ということだとすると、苦しくても、辛いことや失敗が多くても、成功経験がほとんどなくても、楽だったことなど記憶にないほどの状態でも、楽しくやってきた、頑張った感覚を感じながら生きてきたということなら、それで良いじゃないかということではないでしょうか。 昔の奴隷でも、、、、、流浪者でも、、、、、 ドンキホーテは、きっと楽しく生きたと思います。

次の

人生一度きり!仕事や恋愛で後悔しない生き方&前向きになれる名言

一度 きり の 人生 嵐

人生は、1度きり この言葉はよく耳にします。 今、私は71歳になりました。 この歳になり、この言葉が重くのしかかってきます。 自分の人生は、35歳で表面処理の会社を立ち上げ 休みもなく 夢中で仕事に取り組んでいました。 資金繰り、お得意さん、人の問題、新しい技術、円高不況等 その時、助けてくれたのが 先人の言葉、名言です。 その一つが 人生は一度きり。 人生の終わりに後悔しないこと。 今回は、人生は一度きりの名言をまとめました。 役立てば幸いです。 『人生は1度きり』 今日も1度きり 明日も1度きり 過去も1度きり いつの瞬間もたった2度きり たくさん泣いて たくさん悩んで たくさん後悔して たくさん転んで たくさん傷ついて たくさん学んで たくさん感謝して たくさん笑って 1度きりの人生 自分らしくあれ! 1. 生きていく中で傷ついて 迷うこともあるかも知れません。 でも人にはそれでも前に 進まなきゃいけないときがあります。 一歩を踏み出す勇気がなければ 自分の人生はそのまま止まった ままになってしまいます。 結局のところこれから先どっち 行くかは自分次第なんですね。 後悔は「一生」 あまり先のことばかり考えてると 色んな「不安」が頭をよぎって すごく疲れてしまいます。 だからあんまりかんがえすぎずに 後悔しない一日を! 2. これはあなたの人生です。 やりたいことをやろう、もっと。 何かが気にいらないのなら、変えよう。 仕事が気に入らないのなら、やめよう。 時間がないなら テレビを観るのをやめよう。 運命の人を探しているなら、やめよう。 あなたが好きなことを始めたとき 運命の人はそこにいるだろう。 分析しすぎるのはやめよう。 人生はシンプルだ。 全ての感情が美しい。 何かを食べる時は どんなときも最後の一口まで感謝しよう。 新しい事、新しい出会いに対して 腕をひろげて心を開こう。 私たちはそれぞれの 違いの上に成り立っている。 次に会う人に 何に夢中になっているかたずねよう。 そしてあなたの感動的な夢を共有しよう。 もっと旅しよう。 たとえ道に迷ったとしても 新しい自分を発見できる。 チャンスは一度しかおとずれない。 しっかりと掴もう。 人生とはあなたが出会う 人々によって形成される。 彼らとともに作り上げていくものだ。 さあ、始めよう。 人生は短い。 夢に生きよう。 情熱を分かち合おう。 出典:人生を変えるほどのメッセージ This is your life! 悠々自論 死を前にした人が語った後悔している20のこと 1. 他人がどう思うかなんて 気にしなければよかった。 2. もっと幸せを噛みしめて生きればよかった。 3. もっと他人のために尽くせばよかった。 4. あんなにくよくよ悩まなければよかった。 5. もっと家族と一緒に時間を過ごせばよかった。 6. もっとひとにやさしい言葉をかけてやればよかった。 7. そんなに心配しなければよかった。 8. もっと時間があったなら。 9. もっと冒険して、思い切って生きればよかった。 10. もっと自分を大切にすればよかった。 11. 他人の言うことより もっと自分の直感を信じればよかった。 12. もっと旅に出ておけばよかった。 13. あんなにがむしゃらに働かなければよかった。 14. 一瞬一瞬をもっと大切に生きればよかった。 15. 子供たちに好きなことをさせてやればよかった。 16. 最後に言い争いをなどをしなければよかった。 17. 自分の情熱に従えばよかった。 18. もっと自分に正直に人と接すればよかった。 19. あのとき、本音を言ってしまえばよかった。 20. なにかひとつでも目標を達成すればよかった。 思い切りいきたいものです。 1000人の死を見届けた大津秀一医師 1.健康を大切にしなかったこと。 2.たばこをやめなかったこと。 3.生前の意思を示さなかったこと。 4.治療の意味を見失っしまったこと。 5.自分のやりかたをやらなかったこと。 6.夢をかなえられなかったこと。 7.悪事に手を染めたこと。 8.感情に振り回された一生を過ごしたこと。 9.他人に優しくなれなかったこと。 10.自分が一番と信じて疑わなかったこと。 遺産をどうするかを決めなかったこと。 自分の葬儀を考えなかったこと。 故郷に帰らなかったこと。 美味しいものを食べておかなかったこと。 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと。 行きたい場所に旅行しなかったこと。 会いたい人に会っておかなかったこと。 記憶に残る恋愛をしなかったこと。 19.結婚をしなかったこと。 20.子供を育てなかったこと。 21.子供を結婚させなかったこと。 22.自分の生きた証を残さなかったこと。 23.生と死の問題を乗り越えられなかったこと。 24.神仏の教えをしらなかったこと。 25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと。 ひとつ一つの言葉を噛みしめて 後悔しない生き方を照らし合わせて 毎日を過ごします。

次の

嵐 ワイルド アット ハート 歌詞&動画視聴

一度 きり の 人生 嵐

お好きな所から読めます• 人生一度きりという事実に真正面から向き合う あなたが今この地球に生まれて、あなたの人生を選んだのはあなた自身です。 そしてあなたが選んだその人生はたった一度きりしか味わえません。 ゲームのように「ダメだったからもう一度最初からプレイしよう」なんてことは出来ないんです。 人生は後戻りが出来ない レベル1から始まったあなたは日々経験値を積み重ねていき、少しずつレベルアップしていきます。 最初はスライムだった敵が、スライムナイトになり、キングスライムになり、いつぞや仲間になったり。 (ドラクエ好きにしか伝わらない。 笑) 今のあなたはレベルいくつですか? 僕は年齢で考えたらレベル35くらいになってるのかなぁ。 レベルが上がってくると、どんどん出てくる問題のスケールも大きくなってくるじゃないですか。 ここで重要なのは、一度上がったレベルは元には戻らないってことです。 レベル34になったらレベル33には戻れないってことです。 人生一度きりという事実に向き合うというのは、良い意味でも悪い意味でも、 後戻りが出来ないということと向き合うことなんです。 たった1度の人生だから後悔のないように生きたいじゃないですか。 だから、まずは後戻りできないという事実に向き合ってください。 つまり後悔のない人生を歩むためには、今日、今この瞬間からのあなたの行動が重要になるということです。 そして、もう1つ重要なことがあります。 人生はいつ終わるか分からない 「あぁ、今日もやりたいこと出来なかった」 「また明日やればいいや」 よく 「明日やろうはバカ野郎」なんて言われます。 多くの人は、明日も明後日も生きていることが前提で人生を歩んでいます。 正直、自分もそうです。 しかし、人生はいつ終わるか分からないという事実にもっと目を向けませんか? 僕がその事実に目を向け始めたのは忘れもしません・・・2011年3月11日に起きた東日本大震災。 多くの人が地震や津波によって命を落としました。 彼らはその日が来る前日も、その日も、直前まで「明日は当然やってくる」と思って生きていたはずです。 当たり前のことだと信じていたはずです。 しかし、その当たり前は自然の驚異によって打ち砕かれたのです。 衝撃でした。 自分の母親の実家が福島にあるのですが、自分の親戚が原発事故で避難を余儀なくされ、今までの日常が奪われるのを間近に見てきました。 このように、当たり前、当然、日常というのはどれだけ貴重で希少で、奇跡的なものなんだという事実に目を向けるべきです。 あなたが明日も生きているなんていう保証はどこにもありません。 僕自身だってそうなんです。 この記事を書いて、外出中に交通事故に遭って死んでしまうかもしれません。 それは誰にも分からないことなんです。 いかに、生きていることが奇跡的なことなのかをまずは知ってください。 人生はいつ終わるか分からないのです。 そして、それが腑に落ちたら生きている間に出来ることを精一杯やろうという気持ちが芽生えてくるはずです。 あなたは、あなた以外の人生は歩めない 人生一度きりということと向き合う上で避けて通れないのがこの事実です。 あなたは、高橋一生の人生を歩むことは出来ませんし、広瀬すずの人生を歩むことも出来ません。 僕はという人間の人生しか歩むことが出来ないということです。 他人の人生をうらやんでいるうちに、あっと言う間に人生は終わってしまいます。 後悔のない人生を生きたいなら、まずはあなたがあなた自身の人生をしっかりと歩む決断をすることです。 あなたがあなたの人生を歩み始めない限り、何も変わらないし、昨日までと同じ毎日がこれからもやってくることになります。 人生が終わる瞬間に後悔する人としない人の違い 人生が終わる瞬間はほとんどの場合で自分では選べません。 多くの場合、無慈悲に裁定が下されるものです。 今この瞬間にこの世から旅立つとしたら、あなたは人生を後悔なく終わらせることが出来ますか? 人生が終わる瞬間に後悔する人と後悔しない人がいます。 後悔する人というのは、極端な話ですがいつ死のうが後悔する人です。 後悔しない人というのは、いつ死んでも後悔しない人です。 この違いは何だと思いますか? それは「人生の目的」に向かって全力で突き進んでいるかどうかの違いです。 この人生の目的というのがキーワードになります。 絶対に人生を後悔しないで済むたった1つの方法とは? ここからは 『人生の目的』についてグッと掘り下げていきます。 ところで人生には 「絶対に後悔しない人生」と 「後悔するかもしれない人生」の2つがあります。 まず最初にそのことに触れておきます。 以前、僕はあるネットの記事の中で『死ぬときに後悔すること25』という箇条書きのリストに出会いました。 以下、引用させてもらいます。 死ぬときに後悔すること25 1 健康を大切にしなかったこと 2 たばこを止めなかったこと 3 生前の意思を示さなかったこと 4 治療の意味を見失ってしまったこと 5 自分のやりたいことをやらなかったこと 6 夢をかなえられなかったこと 7 悪事に手を染めたこと 8 感情に振り回された一生を過ごしたこと 9 他人に優しくなかったこと 10 自分が一番と信じて疑わなかったこと 11 遺産をどうするかを決めなかったこと 12 自分の葬儀を考えなかったこと 13 故郷に帰らなかったこと 14 美味しいものを食べておかなかったこと 15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと 16 行きたい場所に旅行しなかったこと 17 会いたい人に会っておかなかったこと 18 記憶に残る恋愛をしなかったこと 19 結婚をしなかったこと 20 子供を育てなかったこと 21 子供を結婚させなかったこと 22 自分の生きた証を残さなかったこと 23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと 24 神仏の教えを知らなかったこと 25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと 『死ぬときに後悔すること25』より抜萃 大津秀一(緩和医療医=終末期医療の実践医)著 発行:致知出版社 これを読んで絶対に人生を後悔したくないと思いました。 そして、この中でも特に 『22 自分の生きた証を残さなかったこと』が一番胸に響きました。 自分の生きた証を残して死にたい。 自分の生きた証が残せなかったら、絶対に後悔するだろうなと思ったのです。 25項目、どれもちゃんとやっておこうと思ったのですが、死ぬときにそんなに思い出して死ねるとは限らないじゃないですか。 恐らく一番強烈に後悔を感じることがあるはずです。 僕の場合は自分の生きてきた証を残せるかどうかだと思いました。 もっと言えば、人生の目的を明確にしてそこに向かって進んでいたという証を残せたら、後悔は少なくなるんだと思います。 前置きが長くなりました。 ご覧のように後悔しないための方法というのはたくさんあります。 ただ、ここでお伝えしたいのは、 絶対に後悔しないで済む方法です。 後悔するかもしれない人生と絶対に後悔しない人生の違い ここまで読んできて、 「でもこれって絶対に後悔しないとは言い切れないじゃない」と思われた方も多いと思います。 実際に僕もそう思います。 あることとは・・・ それは、 天命です。 天命を明確にすることなしに、絶対に後悔しない人生はありえません。 逆に、天命を明確にすることが出来れば絶対に後悔しない人生が歩めます。 その理由をお伝えします。 それはあなたのお母さんのお腹の中にあなたが命として宿る前にさかのぼります。 ・・・ 前世を終えたあなたは天からまた命を授かります。 (授けるのは神かもしれませんし、集合意識なのかもしれませんし、宇宙の原意識なのかもしれませんし、そこは一旦置いておきます。 ) その時に「何のために命を授けるのか」という天命も一緒に授かるのです。 要するに「この世で何をなし遂げるために生まれるのか」ということです。 天命を授かったあなたは天からあなたのお母さんを見つけます。 そして、あなたは天命を明確に持った状態であなたのお母さんのお腹に命を宿します。 そして十月十日が経ちあなたはお母さんから生まれてきたのです。 しかし、赤ちゃんとして生まれたあなたはその天命を忘れてしまいます。 これは天から与えられる最初にして最難関の試練と言えます。 なので、生まれてきたらまずやるべきことは、「何のために生まれてきたのか」を思い出すことなんです。 多くの人は、天命を外側に探しに行こうとします。 しかし天命は他人から与えられるものでもないし、どこかに落ちているものでもないし、見つけに行って探せるものではないのです。 なぜなら、すでにあなたの内側に存在しているからです。 ただ単純に忘れてしまっているだけなのです。 そして、もし仮にその天命を思い出し、天命に従い行動を初めてそこに心意体が一致した時に、あなたは絶対に後悔のない人生を歩み始めることが出来るのです。 そんなことが出来るのか? 出来るんです。 ですが、一瞬で出来るようになるかどうかは保証が出来ません。 しかし、確実に天命に出会う方法を自分はこの方法以外に知りません。 天命を見つけて迷いのない人生を歩むたった1つの方法 天命とは「何をしたら後悔なく死ねるのか?」ということです。 天命を見つけるためにやるべきたった1つの方法とは・・・ それは「志」を出すことです。 あなたの内側から志を出して、それをあなたの人生の旗として掲げることです。 これが、天命を探求する第一歩になります。 で、僕の師匠は武学士のレノンリー氏です。 師匠が言うには実は志には七段階あるとのことです。 陽志 陰志 魂志 ・ ・ ・ ・ 自分は魂の志、「魂志」まで出しています。 これ以降について今は実践中のためまだ出ていません。 しかし師匠は「最終的には志と一体になるんだ。 」という話をしてくれます。 最初の方は、志を持っている状態なので「have」の状態です。 それが最終的には、志そのものになる「be」の状態になるというのです。 もし自分が志と一体となれば、それがすなわち天命です。 もし天からあなたに天命を授けた人が見えていたら、天命に向かって突き進んでいるあなたを中途半端なところで見殺しにはしないはずです。 つまりまとめると、絶対に後悔しない人生を歩むための唯一の方法とは、まずは志を明確にし、少しずつ志を進化させていくこと。 そして最終的に志と一体となって突き進むことです。 これ以外に絶対に後悔のない人生を生きる方法を僕は知りません。 志の7段階のうち最初の3つをご紹介 で、先ほどの志の7段階について、陽志・陰志・魂志と出してきましたで、簡単に触れておきたいと思います。 陽志とは 陽志は自分の人生の中で身体が熱くなるぐらい嬉しかったり喜びを感じた経験から出す志のことです。 陰志とは 陰志とは自分の人生の中で身体が震えるほど悔しかったこと、悲しかったこと、辛かった経験から出す志のことです。 魂志とは 魂志とは、自分の死を直視した時に本当の魂の望みを知ることによって導き出す志のことです。 正直、魂志まで出せただけでもかなり自分の人生が変わりました。 人生に1本軸が通る感じがあり、生きる目的がだいぶ明確になりました。 なので毎日の行動のブレが少なくなり、仕事などの目的も明確になりました。 志に従って生きているという実感が得られ毎日の充実感も増したように感じます。 自分の志を出すためには? ここで、どうやったら自分の志を出せるのか?という疑問が出てくると思います。 実は、志を出すためには適切な環境下であなた自身に適切な質問を投げかけないといけません。 それを可能にするのが、僕も2017年の年末から実践しているです。 志体術は身体を知り、身体の内側から志を出していきます。 迷いのないあなただけの志を見つけたい方は、にご参加ください。 さて、その志体術の中で最も大切にしているのが 「ある習慣」です。 正直、この習慣を身につけるだけでも人生がより豊かになるはずです。 ブレない人生を歩むために身につけたい習慣とは? 結論から言いますと、その習慣とは「禮法」です。 禮とは簡易文字で「礼」です。 日本には、禮に始まり禮に終わるという言葉があります。 志体術でも同じ考え方です。 禮に始まり禮に終わる。 禮が全ての始まりで、禮がしっかり出来ないと正しい志も出せないと言われています。 志体術で実践する禮法はサムライの禮と呼ばれ、こちらは21段階あります。 その一段階目の禮法が 正体禮法(せいたいれいほう)という禮のやり方です。 この正体禮法が出来ないとその後の20の禮法は出来ないと言われています。 逆に、この正体禮法だけでもしっかり習得し習慣化が出来れば、あなたの人生は劇的に変化するかもしれません。 というのも、正体禮法にはあなたの身体をあなた本来のあり方に戻す力があるからです。 なぜ日本には禮に始まり禮に終わるという言葉があるのか。 それは自分の状態を禮法によって整えることで相手に影響を及ぼすという考え方があったからです。 まさしくサムライの禮である正体禮法も同様です。 自分の状態をしっかりと調整する役割があります。 神道で言うところの「禊(みそぎ)払い」です。 禊払いをするとあなたの心の汚れである罪穢れが取れ、あなた本来の心や身体の状態に戻ります。 これをニュートラルの状態(普通の状態)と言います。 つまりどんどんニュートラル度が高くなり、普通度が増せば増すほど本来のあなたになります。 そしてこのニュートラルの状態は他からの影響を受けないためめちゃめちゃ強くなります。 つまり、自分の状態が目の前の現象を創り出すという創造主の感覚に近づきます。 このように正体禮法を実践することで、心も体もクリーンな状態になります。 このクリーンな状態でのみ、迷いのない真にあなたに根差した「志」が出せるのです。 ただ、この正体禮法はやり方がなかなか難しいのです。 正しく出来ているかどうかのチェックはかならず対人ワークでやる必要があります。 もしチェックしないと自分が正しいと思い込んでいるだけで終わってしまう可能性があるため危険です。 なので、あくまで対人ワークでのチェックを行う前提で正体禮法を習得して下さい。 では、最後に正体禮法のやり方とチェック方法をご紹介して終わりにします。 正しい正体禮法とは まとめ いかがでしたか? 人生は一度きりです。 あなたの人生ですから僕がとやかく言うことはこれ以上ありません。 しかし、死ぬ瞬間に「あぁいい人生だった!」と思って死んでいきたいじゃないですか。 僕はそうやって死んでいけたら最高だなと思っています。 だからあえて「絶対」という強い言葉を使ってお伝えしてきました。 僕自身そうやって自分の生きる意味を探求してきたからこそ、とも出会えたんじゃないかなと思います。 そして今こうして人に伝える側になりました。 これが僕の志に根差した行動ということです。 もしあなたが志体術を実践して「志」を明確にして生きたいというなら、僕はあなたをお待ちしています。 志を立てて世の中をもっと豊かにより面白くしませんか?.

次の