細川 藤孝。 細川幽斎(ほそかわ ゆうさい)とは

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

細川 藤孝

田辺城資料館内にある細川幽斎像。 南禅寺天授庵蔵の肖像画を元に制作されたもの 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の出演者、第2弾が発表され話題を集めています! 大河ドラマでは主人公・明智光秀と苦楽をともにした盟友であり、親戚でもある細川幽斎(ゆうさい=藤孝)は、今後注目を集めること間違いなし!の戦国武将。 細川家というと全国的には熊本のお殿様というイメージですが、その礎を共に築いたのは京都でした。 歴史のポイントを予習しておくと、よりドラマのストーリーを楽しむことができますよ。 細川幽斎は明智光秀に並ぶ織田信長の超優秀な家臣だった まずは、細川幽斎とはどういった人物なのかをご紹介します。 幽斎は、織田信長と同じ歳であった戦国武将です。 幽斎とは足利将軍や織田信長に使えた家臣で、苦楽をともにした同僚であり友人でした。 さらには信長が光秀の娘・お玉と 幽斎の息子・忠興を結婚させ、親戚関係にもあったんです。 最初に細川家が信長から与えられた領地は西岡地域(現在の京都府長岡京市・向日市)でした。 このときから「長岡」姓を名乗ります。 その後、約10年治めた西岡を信長へと返し、幽斎と忠興親子は天正8(1580)年8月に丹後国 (今の京都府北部ですね)を信長から与えられ移封。 丹後支配の拠点で、鳥取攻めの拠点ともなる宮津城を築城し、本城としました。 突然の「本能寺の変」で幽斎は出家&隠居@田辺城 舞鶴にある田辺城 by写真AC 丹後の領主になってからわずか2年後、天正10(1852)年6月2日、光秀が 主君・信長を討つ「本能寺の変」の知らせをうけます。 信長に対する追悼の意味を示すために髪を下ろして、幽斎玄旨(ゆうさいげんし)と名乗り、家督を息子・忠興に譲り、 舞鶴の田辺城にて隠居します。 関ヶ原の戦いで東軍・徳川家康についた細川家にふりかかった西軍・石田三成の仕打ち そこから18年後・・・。 秀吉の死後、着々と実力をつけてきた徳川家康に対し、石田三成らが次第に不信感をつのらせた内部対立がきっかけで「関ヶ原の合戦」 が勃発します。 細川家は東軍・家康の味方につくことを決断、家康に従い忠興は多くの大名とともに 西軍の上杉景勝討伐のため会津へ出兵中のころ、ついに三成と家康が対決することに・・・。 三成は細川忠興に対して容赦のない仕打ちをします。 容赦ない仕打ちその1: 盟友光秀の娘であり忠興の美人妻・ガラシャを人質に 宮津市にあるガラシャ像 大坂城にいた三成は大名夫人を人質にとり優位にたつことを考えます。 しかし、忠興の妻、お玉(洗礼名:ガラシャ)は人質となることを断り、大坂・玉造にあった細川家の屋敷に立てこもり、キリスト教の教えにより自害はせず、家来に命じて命を絶ちます。 38歳でした。 容赦ない仕打ちその2:忠興の留守を狙ってか?隠居中の父・幽斎(藤孝)攻め=田辺城籠城戦で大ピンチ 1万5000人の敵陣に取り囲まれていることがわかる籠城図 「田辺籠城戦」は、全国的にはあまり知られていないですが、聞くととんでもない逆転エピソード!まさに「埋も歴史」じゃないでしょうか! 細川家を批判する手紙を三成から受け取った丹波、但馬、九州の大名たちが次々と挙兵し、約1万5000人もの大軍が丹後へと押し寄せ、ついには籠城戦へ突入。 幽斎軍は大軍相手にたった500人で田辺城を守ります。 絶体絶命のピンチに陥った幽斎のところへ、天皇から「停戦せよ」との命が。 落城寸前のところで、幽斎は難を逃れます。 苦難を乗り越えた先にあったのは、細川家の九州の大!大名!!への大出世でした。 なぜ、細川幽斎は1万5000人もの大軍を相手に、たった500人で対抗できたのか、なぜ、天皇は停戦命令を出したのか……ちゃんと理由がありました。

次の

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

細川 藤孝

「細川幽斎」(ほそかわ・ゆい/文3年(4年)~慶長15年(10年))とは、 細川藤孝(ほそかわ・ふじたか)の名でも知られる のントにして。 一時期「」姓を名乗っていた時期もあるが、ここでは「」で統一する。 その能力• の歌を受け継ぐ流伝承者・ 実枝から、歌の義「古今伝授(こきんでんじゅ)」を受けた当時一の伝承者で、近世歌学を大成させた文化人。 ・ からを学び、 貞・荷から術の印可を得、流の故実(術・術・礼法)を から相伝される等、武芸般に通じる武人。 の師・ 武野紹にを学んだ人。 の路上で突っ込んできた暴れをを掴んで投げ飛ばしたり、 の屋敷のが何して取り押さえようとしたのを、が悲鳴をあげるほど手を握り潰した、握撃に武闘。 側室を持たず、生涯一人の妻・ をた妻。 と言われる嫡男・ 忠のに和歌を取り入れ、理を解いた。 とさばきにの 美食。 音曲も嗜み、の芸談を筆録したの伝書「世子六十以後申楽談儀」を写本したものが原書の一つになっている手書生。 より直系の鑑定の印加を受けた利き。 文芸に関する著述を多数残した。 有識故実(古来の官職・・装束の研究)にの有識者。 ……というにも程がある芸の数々を誇った、 「芸の」。 あまりのぶりの為か「」での顔グラは毎作何か恨みでもあるのではと邪推しそうなぐらいない。 概要 氏の傍流・守護、三淵員(三淵養子)の子に生まれる。 その後三淵はの英が継ぎ、の・元常の養子となって 守護を継いだ(ということになっていた…理由は後述)。 の13軍・ に仕えていたが、 や によって義が畳で押さえ込まれorの乱射でぶち殺されると、とともに義のの覚慶(後の )を救い出して流寓する。 ちなみにこの時、嫡男・忠は僅か1歳。 連れ戻す猶予もなく置き去りにされ、に救われる形で生き延びている。 忠がああなったのってやっぱりこれが原因なのでは? の の元に逗留した際に、 と誼を通じて を紹介され、助をめた。 はやを追い出し、孝は室町御所を取り戻し義昭を第15軍につけることに成功する。 ここまでを見るとの忠臣なのだが、との仲が悪くなるとあっさりについた。 ただしこれは時流を見定めた孝の判断の正しさが明されており、名を存続させる為の冷なの一環であると考えられる。 以降は畿内を転戦し、を攻めてさせる手伝いなどをし、丹後を与えられた。 この時によくつるんでいたのがで、の仲介で・たま(後の)と嫡男・忠によるでより結びつきを強固なものとする。 しかしがを起こし、助を乞われるも、への忠節を示すが如く・忠ともども髻を落として助を拒んだ。 この時当をし、督を忠に譲って斎玄旨と号する。 結果としてはにも助を断られ、で に。 によってした。 その後、が台頭してくると、今度はからへと麗に替え。 この時期にがに戻ってきているが、2人の間には特にわだかまりはなかったようだ。 そして慶長2年(17年)に義昭が死去するが、葬儀を執り行う者が一人としていなかったため、見かねた斎が葬儀を執り行う。 この通り、限の礼節は備えていた。 の死後は に接近する。 の際には、忠とその・元、忠の二人のが征伐に出し、自分は居であるを守備していた。 この 「の戦い」での攻防は二ヶに及び、厳しい籠戦を斎と妻・、三男・幸、甥・三淵行と共に耐えぶ。 ただしこの時、攻め手には斎の子が多くおり、攻撃に消極的だった。 その後、「古今伝授の継承を絶やす事は出来ない」として、からの停戦の働きかけがあった。 ところが斎はこれを断り、「をに討ち死にする覚悟」を示して『古今集明状』を子である 宮智仁親王に、更に『抄』と『二十一代和歌集』をに献上した。 師の本気を感じた宮は・ に奏請し、めて正式の勅使が敵味方両軍を訪れ、はされる。 に寄せていた西軍は斎による足止めを食らった恰好で、結果として関ヶ原の本戦に参加する事は出来ず、後の東軍の一因ともなった。 但し妻を失い 嘆き悲しみ怒り狂う忠からは「最後まで戦い抜いて討ち死にしなかった」として、不仲になった時期がちょっとだけある。 いうなよ与一郎。 その後、は関ヶ原の軍功によって豊前を治める大名となった。 ・忠利の転封に伴って肥後に移った後は、も輩出しても続いている肥後の祖となる。 斎はにて々自適のな生活を送った後、歳で死去した。 その他「細川幽斎」の詳細については 参照の事。 細川幽斎の養子入り先 細川幽斎が養子に入った氏のは、上述の通り長い間上守護と考えられていた。 ところが、史料を追っていくと細川幽斎と、した元常の時代がに合わないのである。 そもそもなぜ細川幽斎が上守護に養子入りしたことになったか、簡単にを追っていこう。 時は、幕府から『寛永諸系図伝』の編集のため先祖を聞かれた孫の。 すでに細川幽斎が亡くなっていたために、彼はのに先祖について尋ねた。 ところが聞かれたも大体このような認識だった。 「が!が関係者に聞いてきたが祖は、養は刑部少という官途らしい。 まあはより格上の州に養子入りしているので関係ないがな、!」 というわけで困ったの人々、「刑部少、刑部少…?あっ!上守護だな!」ということで上守護を自分たちの先祖と認識したようだ。 さらに後世、上守護の文書類が自分のにあったため、子孫すら細川幽斎の養子入り先を上守護と勘違いしていったようだ。 しかし、史料を丹念に読んでいった結果、元で、守護に入りした、がどうも養子入りした先であったようだ。 つまり養は刑部少の、そのは守でで、の言と合致したのである。 ではなぜ上守護の史料が肥後にあったのか。 4年、元常は病にせり、自分のに伝来する様々な品物を、菩提寺である永に預けた。 それから1世紀近くたった13年、土行孝の臣・玉翁は、参勤交代中立ち寄った永にの伝来品を発見した。 かくして上守護の史料もその中にあり、肥後に伝わっていったのである。 細川幽斎と油 を暗殺され、と共に流浪していた頃の話。 困窮し篭の油さえ欠く状況ながらも、 の読めないが本を読むためのりが欲しいと言い出したため、に中もぐりこんで油を盗み続けた。 ある時、油泥棒に気づいたが待ち伏せしていたところに現れた細川幽斎は を投げ飛ばすをなぜか発揮せずに捕まったのだが、その際に 「勉強の為だから盗んでもは怒らないはずだ」 というでを呆れさせた。 以降は盗む必要なく、が油を分け与えたと言われている。 細川幽斎のお子様教育 斎の嫡男・忠は若い時分から気性が荒く、一時期は僧籍に入れようかという話まで出たという。 前述の流浪時代にほっ出してたからグレたんだろという説はさておき、忠が悪さをしても怒鳴りつけるでなく いひ出し とりかへされぬ ものなれば 言の葉残せ はたつとも (色々言っても仕方ない時は、歌でも詠んでみなさい。 の立つような事があってもね) という和歌を送り、考えさせるというなを行っている。 忠の成人後も、臣からそのしい気性に困る事を訴えられた際、 つの渡る 澤には つながぬ駒も 放れざりけり (居心地の良い沢辺にを放してもないように、 情深いのもとでは、人を繋ぎ止める必要もありません) との和歌を送って考えるよう促し、臣を大切にする事の重要さを伝えている。 結果、同様の立な教養人になりましたとさ。 細川幽斎と鯉料理 斎は、• の中に嫌がらせで火箸を仕込まれても、でごと火箸を断ち切って調理した• 木の上に薄を敷いてをさばいたが、切りつけは見事な上、薄には傷一つついていなかった といった程、が得意だった。 何事もで解決するのが一番だ! 時には礼儀作法がなっていないと、みたいな事を言ったりもしていたらしい。 細川幽斎ととっさのフォロー ある時、会の最中に自慢の碗「 筒(つついづつ)」が落ち、五つにてしまった。 当然するであったが、すぐさま細川幽斎は、 筒 五つにわれし碗 咎をばに 負いにけらしな と「」の「 つの 井筒にかけし まろがたけ 過ぎにけらしな 見ざるまに」という歌のを創り、の機嫌をなおしたという。 さすが教養人、とっさのフォローも文化的である。 戦国大戦では・・・ にもとして参戦した斎。 しかしそのは2特技しの隊と、上記のぶりは微も考えられない程...... どころかのである軍としては、むしろ低い方という有様だった。 せめて柵くらい持ってほしかったところである。 まあ 采配持ちを考慮すればよりは優れているのだが。 計略の 有識故実は独自計略の采配である。 が持っている 不屈の采配と同じく武が上がって兵も回復するのだが、統率が高い程兵が多く回復する計略となっており、基本的には不屈の采配の上位計略である。 ちなみに「有 職故実」ではない。 とは言え長時間計略に乏しく、高の武将が気味のでは、効果時間が長いのを持つか、計略のから長時間攻めたいかかれこととの相性がいいくらいである。 をにしたver. 0では武断として、老人の姿で登場。 1で魅となった。 計略の 趣佳は有識故実同様武と兵を同時に上げる計略だが、こちらは特技忠持ちが持つ「忠」の量で兵が決定される。 こちらも編成と状況を選ぶが、強な計略だったため、大幅な下方修正を受けてしまった。 正直そんなにの功績があるとは思えないのだが、なぜか寄りの武将になっている。 内政 群雄伝 S1 魅 野望 武将録 S1 魅 78 野望 教養 伝 采配 81 智謀 野望 戦才 B 智才 A 政才 A 魅 78 野望 録 智謀 伝 采配 智謀 81 世記 采配 66 智謀 野望 78 録 統率 66 知略 下創世 統率 知略 81 教養 統率 武勇 知略 統率 武勇 知略 創造 統率 武勇 知略 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【戦国武将に学ぶ】細川藤孝~朝廷が命を守った文化人大名~(オトナンサー)

細川 藤孝

将軍・足利義輝に仕える 戦国時代には多くの戦国大名が誕生し、歴史の表舞台に登場しました。 そのような中で幕臣として仕えた藤孝は、一体どのような出自だったのでしょうか。 藤孝の生まれから永禄の変まで 室町幕府・第13代将軍の足利義輝です。 藤孝は、天文3年(1534)三淵晴員の次男として京都東山に生まれました。 7歳のときに伯父・細川元常の養子となり、将軍・足利義藤(後の義輝)から偏諱を受けて、幼名の萬吉から「藤孝」を名乗るようになります。 その後は幕臣となり義輝に仕えましたが、永禄8年(1565)に永禄の変が勃発。 これにより義輝は三好三人衆に暗殺され、その弟の義昭も興福寺に幽閉されてしまいます。 藤孝は兄らと協力してこれを救い出すと、義昭の将軍就任を目指して奔走することとなりました。 明智光秀との出会いとその関係性 藤孝の盟友といわれる明智光秀です。 光秀の盟友といわれる藤孝ですが、光秀の前半生が謎に包まれているため、二人の出会いについてもはっきりしたことはわかっていません。 イエズス会宣教師ルイス・フロイスの記述によれば、光秀はもともと藤孝の家臣だったようです。 足利将軍家に仕えていた藤孝は光秀と共謀し、義昭を上洛させることを計画します。 上洛の援護を受けてくれる者はなかなかいませんでしたが、光秀が信長と交渉して援助を得ることに成功。 義昭は上洛を果たし、藤孝は将軍を奉じて入京した信長に従いました。 長岡藤孝を名乗り信長に仕える 藤孝の計画通り上洛して15代将軍となった義昭でしたが、やがて信長との関係が悪化すると京を追放されてしまいます。 藤孝はそんな義昭を見限り、信長に恭順を示したのです。 信長の家臣として活躍! 元亀4年(1573)上洛した信長を出迎えた藤孝は、恭順の姿勢を表し信長の家臣となりました。 これにより藤孝は山城国長岡の知行を認められ、名字を改めて長岡藤孝と名乗るようになります。 信長の武将となった藤孝は、山城淀城の戦いで功績を挙げ、畿内を転戦するようになりました。 高屋城の戦い、越前一向一揆征伐、石山合戦、紀州征伐、信貴山城の戦いとさまざまな戦いで結果を残し、光秀の与力としても活躍したようです。 嫡男・忠興が光秀の娘・ガラシャを娶る 嫡男の忠興は光秀の娘・玉を娶りました。 天正6年(1578)信長の薦めにより、嫡男・忠興と光秀の娘・玉(ガラシャ)が結婚することとなります。 二人はともに16歳という若さで、信長はこの婚姻に満足していたようです。 二人の間には、忠隆・興秋・忠利という三人の男子と二女が生まれました。 玉は美貌の持ち主で、忠興はこの妻をことさら愛していたようです。 庭から妻を見たという職人の首をはねたり、のちに妻を幽閉したりしたなどの過激なエピソードも残されています。 信長の死後の藤孝 信長の家臣として活躍した藤孝でしたが、やがて「本能寺の変」が起こり、信長がこの世を去ります。 主君を失った藤孝はその後どのような行動に移ったのでしょうか。 剃髪し家督を譲る 本能寺の変のあと、にわか天下人となった光秀は「山崎の戦い」で羽柴秀吉軍と対立することになります。 光秀はこのとき、盟友だった藤孝に味方につくよう再三依頼しました。 ところが藤孝はこの要請を拒否、剃髪して田辺城に隠居し、家督を息子の忠興に譲ります。 あとを任された息子も光秀からの要請に応えず、光秀と関係が深かった筒井順慶も参戦を断ったため、光秀は敗死する結果となりました。 藤孝にとって光秀は、もともと自分の下で足利将軍家に仕えた存在です。 盟友だったとはいえ、光秀の支配下に入ることは許せなかったのかもしれません。 田辺城の戦いの経緯 田辺城の二重櫓です。 その後の藤孝は秀吉に仕え、山城西ヶ岡に3000石を与えられました。 紀州征伐や九州平定での戦功により大隅国3000石も加増されるなど武将としても優れていた藤孝でしたが、主に文化人として千利休らとともに重用されたようです。 しかし慶長3年(1598)に秀吉が死去し、今度は親交のあった徳川家康に接近。 慶長5年(1600)に石田三成が挙兵すると、家康側だった藤孝は三男・幸隆とともにわずか500ほどの兵力で田辺城を守ることとなります。 この「田辺城の戦い」では1万5000もの大軍に囲まれましたが、藤孝側の士気は高く、藤孝の歌道の弟子が多くいた敵方の戦意も低かったため、長期戦にもつれこみました。 最終的には勅命によって「関ヶ原の戦い」の2日前に講和が結ばれ、戦いは終了しています。 残された逸話について 教養人としても知られる藤孝です。 戦国の世を戦略的に生きた藤孝ですが、秀吉も重用したように、実は文化人として大きな影響力をもつ人物でもありました。 当代随一の教養人として知られる 藤孝は和歌・茶道・蹴鞠といった文芸のほか、囲碁・料理・猿楽などにも造詣が深かったといわれています。 剣術・弓術など武芸の素質も高く、腕力もあり遊泳術にも優れていたようです。 また歌人・三条西実枝(にしさねき)からは「古今伝授」を受けていました。 これは『古今和歌集』の解釈を秘伝として師から弟子に伝えたもので、「田辺城の戦い」の際にはこれを知る者が藤孝だけだったため、後陽成(ごようぜい)天皇が勅命で藤孝を助けたともいわれています。 藤孝には後陽成天皇の弟宮・八条宮智仁(はちじょうのみやとしひと)親王をはじめとして、公家から武将までさまざまな門人がいました。 藤孝と小夜左文字 藤孝の愛刀として知られるのが、短刀・小夜左文字です。 この刀には悲しい逸話が残されています。 ある日、左文字の所有者だった浪人の妻が盗賊に殺され、左文字が奪われました。 残された息子は掛川の研師に弟子入りし、盗賊が左文字の研磨にやってきたときに仇討ちしたのです。 この逸話を耳にした当時の掛川城主・山内一豊は、この研師を召し抱えて左文字を入手しました。 この刀を懇願して譲ってもらった藤孝は、仇討ち話と西行法師の歌の一節から「小夜左文字」と名づけ、その後も愛蔵したそうです。 武芸に秀で茶の湯でも 藤孝は戦国武将として優秀だっただけではなく、教養人としても優れた才能を発揮しました。 関ヶ原の戦いの時点ですでに70歳近かった藤孝は、その後も京都で隠居生活をし、江戸時代に入った慶長15年(1610)に亡くなります。 残された和歌には江戸時代のものもあるため、彼は最後まで文化人として過ごしたといえそうです。 歴史の授業ではあまり詳しく語られないかもしれませんが、文武両道の藤孝の勇姿は、日本史上でも突出していたといえるでしょう。 <関連記事>.

次の