ハイター。 ①「目に、ハイターなど家庭用塩素系漂白剤を水で薄めた除菌液が、...

切り花にハイターや漂白剤を入れると長持ちする?の真相と正しい使い方

ハイター

そもそもキッチンハイターの液体と泡の違いは? キッチンハイターは 液体タイプと 泡タイプがあります。 共通して使えない箇所もありますが、液体タイプが使えない箇所、泡タイプが使えない箇所もあります。 まずはそれぞれの特徴をみていきましょう。 キッチンハイター(液体)とは 除菌・消臭にかかる時間 約2分 漂白にかかる時間 約30分 液体タイプは、水で薄めて使います。 使い方は基本的につけおき。 そのため、大量のものをつけおく場合や、布巾をキレイにする場合に向いています。 キッチン泡ハイターとは 除菌・消臭にかかる時間 約20秒〜30秒 漂白・ぬめり除去にかかる時間 約5分 泡タイプは、物に直接吹きかけます。 そのため、排水口のぬめりを除去する場合や、時短で済ませたい場合に向いています。 キッチンハイター液体と泡、両方使えない箇所• メラミン食器• 獣毛のハケ• 水洗いできない場所や製品• 塩素系が使えないと表示にあるもの これらには、酸素系漂白剤や専用のクリーナーを使いましょう。 メラミン食器 漆器 キッチンハイター液体が使えない箇所 つけおきに使うキッチンハイターですが、以下の箇所には使用しないようにしましょう。 色柄物の繊維製品• 金属製品 キッチンハイターは漂白剤のため、色柄物にはオススメしません。 また金属製品も、サビが発生することがあり不向きです。 重曹などを使用しましょう。 天然石の製品や場所• ステンレスを除く金属製品 キッチン泡ハイターは天然石の変色の原因となりますので避けましょう。 また 液体タイプと同じく泡タイプも金属製品はNGですが、泡はすぐに流すタイプのため、ステンレスへの使用はOKです。 キッチンハイターの使えない箇所の解説は以上です。 使い方がわかればとても便利なグッズですので、ぜひ使ってみてください! 家事のコツを配信中!くらしのマーケット公式Instagram.

次の

①「目に、ハイターなど家庭用塩素系漂白剤を水で薄めた除菌液が、...

ハイター

花王CMチャンネル ハイター ブランドサイト ハイターシリーズの商品特徴・使い方・除菌コラムなどのご紹介。 ハイターは、こすっても落とせない汚れや菌まで強力に漂白・除菌。 衛生的なくらしを応援するブランドです。 各製品の用途、液性、成分、使用量の目安、使用上の注意、誤って食べたり飲んだりした時の応急処置などを公開しています。 製品画像をクリックしてご覧ください。 ハイター 製品一覧 衣料用漂白剤• 塩素系の白無地衣料専用漂白剤• 還元系の白無地衣料専用漂白剤 台所用漂白剤• つけおきしてまるごと除菌・漂白・消臭• すばやく除菌・漂白・消臭 台所のそうじ用品• 置くだけでヌメリ・ニオイをスッキリ 住居用洗剤• 高粘度ジェルがパイプ臭を解決!• 裏側のカビや水アカを強力発泡洗浄 お風呂のお手入れ品• 泡がとどまって効く!• カビ・ヌメリ こすらず撃退! トイレのお手入れ品• また、販売終了6ヶ月後までこのサイトに掲載いたします。 ご購入、ご使用の際には、製品に表示されている内容をご確認ください。 価格は販売店にてご確認お願いいたします。

次の

花王株式会社 ハイター

ハイター

次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤は、衣料用の「ハイター」と台所用の「キッチンハイター」です。 「ハイター」と「キッチンハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されています。 通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管されていてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。 特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが、一般的に知られています。 したがって、お手元の「ハイター」「キッチンハイター」に含まれている次亜塩素酸ナトリウムも、様々な条件で分解している可能性があり、濃度を特定することができません。 必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度の希釈液を作るためには、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。 塩素系漂白剤の使用には注意が必要ですので、ご使用前には必ず、各製品に表示している内容をご確認ください。 下の製品画像をクリックするとごらんいただけます。 「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安 (直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合) 0. 4杯 10ml 水1リットルに キャップ約0. 8杯 20ml 購入から1年以内 水3リットルに キャップ約0. 7杯 18ml 水1リットルに キャップ約0. 6杯 15ml 水1リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 購入から3年以内 水3リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 水1リットルに キャップ約1杯 25ml 水1リットルに キャップ約2杯 50ml (キャップ1杯は約25ml) *次亜塩素酸ナトリウム濃度 購入時期が不明な場合や、直射日光にあたる場所や高温で保管して濃度の低下が不安な場合は、購入から3年以内の濃度で調整してください。 なお、ご購入から3年以上経過した古い製品では、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合がありますので、ご使用はおすすめできません。 十分な注意が必要な製品ですので、必ず使用方法や使用上の注意をよくお読みください。 手指などへのご使用はおやめください。 皮膚についた時はすぐに水で十分洗い流してください。 スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。 薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。 使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。 更新日:2020年05月01日.

次の