予言 カード。 イルミナティカードがコロナウイルスや東日本を予言!5月11日の大地震も?

2020年東京壊滅!?『イルミナティカード』が予言する恐怖の未来

予言 カード

未来を予言する伝説のカード…? あなたは、「イルミナティカード」という予言のカードをご存知だろうか。 イルミナティカードは、1995年に発売されたカードゲームである。 実は、このカードに書かれていることが、数年後の現実世界で実際に起こっていると、都市伝説で語り継がれているのだ。 実際に、未来のことを予言したと思われるカードをみてみよう…胸に置いておいてほしいことは、このカードは1995年に発売されたということだ。 つまり、カード制作時点では、2001年に起こる9. 11テロは知りようがないのだ。 同じ日に航空機が突っ込んだとされている、アメリカ国防総省の庁舎「ペンタゴン」が炎上する様子を表すカードもある。 ここまで来ると、本当に予言しているとしか思えない。 イルミナティカードには他にも、2011年の東日本大震災や2016年トランプ米大統領就任を表すものもあるらしい。 このカードには、常識では考えられないような秘めたるパワーがあるのだろうか…われわれはすごいものを見てしまった気がするぞ。 これが預言者というものか… ……………… ……………… ……………… ちょっと待って。 このカード予言しているように思えるけど…いっぱーい作っているカードの中の、ほんの一部がたまたま当たってるだけじゃね?この9. 11のも、事故っぽいものが描かれているのはわかるけど、「2001年9月11日にアメリカでテロが起こる」ってことを予言しているわけじゃないし…ていうかこのカード全部、イルミナティカード信者が無理やりあとづけしてるだけじゃね!? 冷静になってみると、ひじょーーーーーにうさんくさい感じがする。 そこで、イルミナティカードは本当に未来を予言しているのか、もしくは無理やりこじつけているのか、検証してみよう!!! 東日本大震災を予言? まずは、先ほども述べた2011年の東日本大震災での福島第一原発事故を予言しているというものだ。 そのカードがコレ。 これは確かに、3. 11で津波に襲われ、福島第一原発が起動停止になった事故と合致している。 やはり、イルミナティカードは未来を予言しているのだろうか!!! …だが、ちょっと待ってくれ。 確かにこのカードには、原発や津波について描かれている。 だがこのカードのどこに、「2011年」に「福島」で起こると書かれているのだろうか。 これでいいなら、たとえば「2005年」に「イタリア」で地震が起こり、津波や原発事故が起こっていたとしても、「予言していた」と言うことができるじゃないか。 これが予言といえるのか…? 同じような考えに陥る、もう一枚のカードがあった。 これは地震発生器が、3. 11を引き起こしたことを表している。 …これも別に東日本大震災の記載ないから、どこの地震にも当てはまるよね?てか、そもそも地震発生器ってなによ。 起こる可能性が高いことを書いてるだけじゃん。 だがこれだけでも、予言だ!と言い張る、イルミナティカード信者がいるのが、ある意味怖いポイント。 将来起こることも!? そして、予言であるのだから、今後の未来を予知している と信者が言い張る カードももちろんある! 日本の将来に関するカードを、2枚厳選してみてみよう。 まずはこちら。 このカードは横浜が壊滅状態になることを予想している…らしい。 そのホテルが「ヨコハマ グランド インターコンチネルホテル」だ。 んー確かに似てるけど… 当ホテルは、本日8月20日に開業24周年を迎えました。 これもひとえに皆さまの日頃のご愛顧とご支援によるものと、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。 今後も新たな発見と感動をご提供できるよう、更なるサービスの向上に努めてまいります。 … さんの投稿 でもこういう感じのホテルなら他にもあるんじゃない? たとえばほら。 これはドバイにある「ブルジュ・アル・アラブ」というホテル。 これも似てるよね。 やっぱ横浜限定じゃないような気がする…信者は、横浜が危ない!と言い張っているが… 極めつけはこのカード。 和光本店ね。 確認してみよう。 どれどれ… おー確かに似ていますねー。 でも有名なイギリス・ロンドンの時計台も、結構似てると思うけどなー。 で、なんで2020年とわかるんですかね? 前面に描かれている人々が着ている服の色が、赤・青・黄・緑・黒であるので、五輪を表している。 さんの投稿 …………… …………… 無理やりすぎやしませんかね!? これはこじつけにもほどがあるでしょ!服の色ってなったら、だいたい赤とか青とかになるでしょ!絵を描くときに、紫とか灰色の服をチョイスする方が驚きだよ!!! しかもオリンピックだったら、2012年にロンドンでもあったよね。 なのに、東京ピンポイントなんて…もうわけがわからないよ… 信じるものは救われる!…のか? だが信者は、「これはヤバイ」「東京壊滅だ」と口々に言い合っている。 信じる者は救われるのだろうか… …筆者はあまり信じられない。 2020年には、心のどこかにこの話をおきつつ、東京オリンピックを純粋な気持ちで楽しんでいるだろう。 このようにイルミナティカードは、予言していると言われればそのような気もするが、冷静になってみると信じがたい要素がたくさんでてきた。 何にせよ結果は2020年になってみないとわからない。 東京の街はイルミナティカードの予言のように壊滅状態になるのか、それとも平穏の中東京オリンピックが開催されるのか。 信じるか信じないかは、あなた次第だ。 参照元:、Facebook、Pinterest この記事を友達にシェアしよう!

次の

イルミナティーカード の予言の的中率は半端ない│気になる情報

予言 カード

Contents• 未来人の予言1:2020年8月開催の東京五輪について 漫画AKIRAで東京五輪の開催中止が予言されていたり、イルミナティカードでもコロンの流行、そしてそれに伴う東京五輪の開催危機の暗示と、あまり良くない予言が目立つ2020年東京オリンピック。 こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 そんな不穏な予言が目立つ中、未来人の予言にはこのようなものも・・・ 未来人原田の予言する2020年東京五輪 かつて熊本地震や、2020年東京五輪の開催を予言したと言われている 2058年から来た未来人原田。 彼の予言によると、東京五輪の開催は滞りなく行われるものの、 いくつかの国が参加をボイコットすると予言しています。 引っかかるのが「 ボイコット」という言葉。 もしコロンが原因であるならば、「 棄権」「 不参加」といったほうがしっくりする気がします。 ボイコットであるならば、思い出されるのは、1980年のモスクワ五輪。 スポーツと政治の問題が大きく話題となりました。 未来人原田の言葉の意味を考えるのであれば、それは 政治的な衝突が起きることを示唆しているのかもしれませんね・・・ 2062年から来た未来人の予言する2020年東京五輪 東北沖地震を的中させたことで知られる、 2062年から来た未来人。 彼は2020年東京五輪の開催を以下のように予言しています。 「 東京オリンピックは成功する。 開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 未来人原田の唱えた出場国問題については触れていません。 しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 スポンサーリンク 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 しかし、 気になる予言が二つありましたので、そちらをご紹介します。 2020年東京で直下型地震が起きる? 一つは イルミナティカードと言われる、未来が次々と現実になると言われる不思議なカードの予言。 これまでに、911やペンタゴンのテロ、さらには311を的中させてきたり、未来を予言するカードとして注目を集めているのですが、その中には 東京都で直下型地震を暗示しているのではないかと取れるカードが存在します。 こちらがそのカードで、その解釈は諸説ありますが、ここでは簡単に有名な説を。 右上に描かれている時計台は、銀座の一等地として有名な 和光時計台。 それに酷似していると、かねてより話題となっています。 その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 この原因は諸説あるのですが、その一つが東京を襲う直下型地震であると言うもの。 そして、 カードに登場する人物の服やネクタイなどを5色がオリンピックの5色エンブレムと配置は異なりますが、合致しています。 つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 もちろん、これには諸説ありますし、こじつけ感もあるのですが、過去に数多の予言を的中させてきたイルミナティカードの一つの可能性として、覚えておいても損はないと思います。 こちらについては、下記の記事で詳細を記載しています。 この予言も数年前から話題となっており、16日の日曜日が来る度に話題となるのですが、これまでは的中せず。 しかし、2020年に16日の日曜日が実現するのは、 2月16日(日)と8月16日(日)の2日間です。 ですが、ここで先ほどのイルミナティカードのイラストに書かれた人物のカラーがオリンピック、いや、パラリンピックの5色を表すのであるとしたら、8月16日と言う日付はまさにドンピシャのタイミングでやってきます。 と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 色々と情報を集めてみると、アジア2カ国での戦争ではありませんが、 アメリカと中国の戦争から第三次世界大戦に発展するのではと危惧する情報は多く、過去に多くの予言を的中させている ミステリー雑誌『ムー』でも、その内容を取り上げています。 となると直下型地震が原因ではなく、もしかしたら 戦争が原因で銀座の和光時計台が襲撃され、パラリンピックどころの騒ぎではなくなる・・・かもしれませんね。 感動を迎えるはずの東京五輪直後に、第三次世界大戦の勃発。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 過去に地震などを的中させてきた未来人ですが、果たして2020年以降の日本はどういった未来が待ち構えているのでしょうか。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。 今後の動向にも注目してみましょう。 また、関連記事も合わせてご確認してみてくださいね。

次の

イルミナティカードがコロナウイルスや東日本を予言!5月11日の大地震も?

予言 カード

Contents• 未来人の予言1:2020年8月開催の東京五輪について 漫画AKIRAで東京五輪の開催中止が予言されていたり、イルミナティカードでもコロンの流行、そしてそれに伴う東京五輪の開催危機の暗示と、あまり良くない予言が目立つ2020年東京オリンピック。 こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 そんな不穏な予言が目立つ中、未来人の予言にはこのようなものも・・・ 未来人原田の予言する2020年東京五輪 かつて熊本地震や、2020年東京五輪の開催を予言したと言われている 2058年から来た未来人原田。 彼の予言によると、東京五輪の開催は滞りなく行われるものの、 いくつかの国が参加をボイコットすると予言しています。 引っかかるのが「 ボイコット」という言葉。 もしコロンが原因であるならば、「 棄権」「 不参加」といったほうがしっくりする気がします。 ボイコットであるならば、思い出されるのは、1980年のモスクワ五輪。 スポーツと政治の問題が大きく話題となりました。 未来人原田の言葉の意味を考えるのであれば、それは 政治的な衝突が起きることを示唆しているのかもしれませんね・・・ 2062年から来た未来人の予言する2020年東京五輪 東北沖地震を的中させたことで知られる、 2062年から来た未来人。 彼は2020年東京五輪の開催を以下のように予言しています。 「 東京オリンピックは成功する。 開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 未来人原田の唱えた出場国問題については触れていません。 しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 スポンサーリンク 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 しかし、 気になる予言が二つありましたので、そちらをご紹介します。 2020年東京で直下型地震が起きる? 一つは イルミナティカードと言われる、未来が次々と現実になると言われる不思議なカードの予言。 これまでに、911やペンタゴンのテロ、さらには311を的中させてきたり、未来を予言するカードとして注目を集めているのですが、その中には 東京都で直下型地震を暗示しているのではないかと取れるカードが存在します。 こちらがそのカードで、その解釈は諸説ありますが、ここでは簡単に有名な説を。 右上に描かれている時計台は、銀座の一等地として有名な 和光時計台。 それに酷似していると、かねてより話題となっています。 その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 この原因は諸説あるのですが、その一つが東京を襲う直下型地震であると言うもの。 そして、 カードに登場する人物の服やネクタイなどを5色がオリンピックの5色エンブレムと配置は異なりますが、合致しています。 つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 もちろん、これには諸説ありますし、こじつけ感もあるのですが、過去に数多の予言を的中させてきたイルミナティカードの一つの可能性として、覚えておいても損はないと思います。 こちらについては、下記の記事で詳細を記載しています。 この予言も数年前から話題となっており、16日の日曜日が来る度に話題となるのですが、これまでは的中せず。 しかし、2020年に16日の日曜日が実現するのは、 2月16日(日)と8月16日(日)の2日間です。 ですが、ここで先ほどのイルミナティカードのイラストに書かれた人物のカラーがオリンピック、いや、パラリンピックの5色を表すのであるとしたら、8月16日と言う日付はまさにドンピシャのタイミングでやってきます。 と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 色々と情報を集めてみると、アジア2カ国での戦争ではありませんが、 アメリカと中国の戦争から第三次世界大戦に発展するのではと危惧する情報は多く、過去に多くの予言を的中させている ミステリー雑誌『ムー』でも、その内容を取り上げています。 となると直下型地震が原因ではなく、もしかしたら 戦争が原因で銀座の和光時計台が襲撃され、パラリンピックどころの騒ぎではなくなる・・・かもしれませんね。 感動を迎えるはずの東京五輪直後に、第三次世界大戦の勃発。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 過去に地震などを的中させてきた未来人ですが、果たして2020年以降の日本はどういった未来が待ち構えているのでしょうか。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。 今後の動向にも注目してみましょう。 また、関連記事も合わせてご確認してみてくださいね。

次の