デボンレックス。 デボンレックス

甘えすぎ注意!!黒猫が大人気アニメのキャラに似ているデボンレックス!

デボンレックス

代表的な巻き毛の猫と言えばコーニッシュレックスという猫が有名です。 コーニッシュレックス以外にも世界には個性的で可愛い毛をした猫が多く存在します。 その中にでボンレックスという巻き毛の猫種がいます。 今回ご紹介するのは、巻き毛のかわいいデポンレックスです。 デボンレックスとは デボンレックスが品種改良されるようになるきっかけは1960年のイギリスにあります。 当時、デボンという町に住んでいたベリル・コックスという女性は、近所にたまたま巻き毛の猫がいるのを発見しました。 ベリルはこの猫を連れて帰り、元々飼っていた猫と交配させました。 すると見つけた猫と同じく巻き毛の被毛を持った子猫が生まれたのです。 その後、デボンレックスより以前品種改良された同じ巻き毛の猫コーニッシュレックスと交配させましたが、生まれた子猫はどの個体も直毛でした。 同じ巻き毛を持っていてもコーニッシュレックスとデボンレックスは遺伝子の違う猫だったのです。 その後、1960年代の内に猫の血統団体であるGCCFに正式な猫種として認められます。 1979年にはアメリカのCFAにおいても品種として認定されました。 デボンレックスの特徴、性格 デボンレックスの特徴はくるくるとカールした被毛です。 コーニッシュレックスと同じような被毛のタイプですがこちらの方が巻きが緩やかようです。 体長は猫の中では小型~中型ぐらいに入りとてもスリムな体つきをしています。 よく前記したコーニッシュレックスに似ていると言われますが、デボンレックスの方がV字型の顔に大きく尖った耳をしているという特徴があります。 他にも鼻やひげ、骨の太さなどにおいてもコーニッシュとは異なる部分が見られます。 性格は非常に活発で遊び好き、運動好きです。 飼い主にもよく懐き甘えます。 機嫌が良いと犬のように尻尾を振ることからプードルキャットなどとも呼ばれます。 また、遊びなどでありあまるエネルギーを発散しなければ、カーテンやクッションにじゃれてボロボロにするといういたずらをすることもあります。 部屋にキャットタワーを置く、おもちゃをあげるなどしてあげるとよいでしょう。 飼い主が忙しくても自分で遊ぶ猫ですが、根はとてもさみしがり屋です。 本当は一人でいるのが好きではないのでよくかまってあげられる人向きです。 さらに他の種類の猫が苦手という一面もあるので、複数飼育するなら同種にしたほうがよいでしょう。 犬などの異種ペットと仲良くなれる猫でもあります。 デボンレックスの値段、購入 デボンレックスの値段は約15万円~20万円ほどです。 もしキャットショーで賞を取れるような器量の良いデボンレックスなら20万円~30万円することもあるでしょう。 購入に関しては、希少な猫なので日本のペットショップではまず見かけません。 日本にもブリーダーが存在しているのでそこで子猫を譲ってもらうか、海外から輸入するしか方法はないでしょう。 海外から輸入するという方法は価格は通常購入の倍かかり、手続きも大変です。 国内でよい個体を見極めて買うのが理想的ですが、輸入する場合は信頼できる輸入代行業者に依頼するのがオススメです。 デボンレックスの寿命、健康 デボンレックスの寿命は13才~15才と平均的な猫の寿命のようです。 健康に関しては近親交配などを経て人工的に生み出された猫なので遺伝的な疾患が見られます。 主な症状は皮膚、神経、血液、心臓、関節などの疾患です。 具体的な病名としては、てんかん、失神、肥大型心筋症、ひじやひざの形成不全、脱臼などになります。 短い被毛の猫ですから冬の寒さに弱く、ウィルス、風邪などにも注意が必要です。 またデボンレックスは個体によっては血液型がBやABというものもいます。 怪我で輸血する際などに困りますから知っておいたほうがよいでしょう。 デボンレックスの被毛等のケア デボンレックスは毛がくるくると縮れているので一見お手入れが大変そうに思えますが見た目ほど手はかかりません。 一日一回ブラッシングしてあげるという気持ちでいれば大丈夫でしょう。 縮れ毛の猫は被毛が短く、とかす回数も少ないものの、皮膚の病気などにかかりやすいという面もあります。 毎日なでたり触ったりして皮膚の状態を確かめましょう。 それほどまめに入れる必要はありませんが汚れてしまった時用に、猫用シャンプーなどを購入しておくと安心です。 またデボンレックスはその大きめな耳が汚れやすいというところもあります。 ひげも切れやすいところがあります。 デポンレックスの特徴を知ろう デボンレックスはくるくるとカールした毛が可愛く、それでいて元気な甘えん坊な性格をしています。 他にも犬や他の動物、子供などとも仲良くできる優しいところも持っています。 まだ日本ではほとんど販売されておらず希少な猫です。 もし興味を持ったならブリーダーさんなどに頼んで一度子猫を見せてもらうとよいでしょう。

次の

猫のデボンレックス、性格や特徴、販売価格は?輸入はできる?

デボンレックス

子猫の値段/相場について国内にブリーダーが少ないようですが現在でも入手可能です。 小まめにネットをチェックしてみましょう。 子猫の値段は17万~25万円が相場といったところです。 ちなみに被毛の模様がはっきりしているもの、顔の頬骨が張っているものが人気です。 スポンサーリンク デボンレックスの飼い方について 初心者 一人暮らし マンション こども - 飼い方/飼育ポイント 食事 過食させないようにしましょう。 ケア 耳の中が汚れやすいので週1回はお手入れしてあげましょう。 ブラッシングは時々でOKです。 被毛が薄くヒゲも切れやすいので頻繁にお風呂に入れるのはNG。 濡らした温かいタオルで拭いてあげるだけでOKです。 健康 膝のお皿が外れてしまう膝蓋骨脱臼や股関節形成不全には注意が必要です。 環境 ジャンプ力があり、ビックリすほど運動量が多いので他のペットとの同居には注意が必要です。 おしゃべり好きなので集合住宅などで飼うときにも注意が必要です。

次の

【猫の品種】デボンレックスが1ページでまるわかり~特徴・歴史から性格・お手入れの仕方まで

デボンレックス

その子猫はカーリーと名付けられた。 ベリル・コックスとその夫は、雄猫であったそのカーリーと、複数の1950年ににて誕生した。 の雌との交配を試みた。 カーリーと同様に巻き毛を特徴とするコーニッシュレックスとの交配であったが、そこから生まれてきた子猫らは皆が直毛を持っていた。 カーリーの持つ巻き毛の遺伝子がコーニッシュレックスのそれとは別種の突然変異体であるということがそうして示されたのちに、様々な猫種との異種交配を経て、コーニッシュレックスと別個の一猫種としての「デボンレックス」が、その原産国たる英国にあってのうちに公認を獲得。 それからしばらくを経てもではコーニッシュレックスと同種のものと見做されていたが、1979年になるとついに、キャット・ファンシアーズ・アソシエーション CFA によって、米国の地でも「デボンレックス」が認められたのであった。 特色 [編集 ] 印象的な眼に、際立って大きな耳、そしてなによりもその縮れた被毛を特徴とするデボンレックスは、「プードルキャット」 プードル猫 という異称を持ち、その風貌は「小さな妖精のような」などと表現されている。 デボンレックスの 強度の縮れを有するコーニッシュレックスのそれとは違って、その被毛は細やかに波打っており、その歴史を通して多様な品種群との異種交配を経てきたことから、あらゆる色と模様の個体が存在している。 基本的には短毛種。 ところが特にに行われたを含む様々な猫種との交配の結果として、デボンレックスには長毛の個体が誕生することがある。 遺伝性の痙攣発作を起こすことがある。 それは黎明の頃に行われていたに因むものである。 カーリーの親らが互いに近縁関係にあったことは確実であり、デボンレックスの作出と定着のためにはそうした同系交配が不可欠であった。 その気質上の傾向については、「プードル・キャット」なる異称の背景となった「慌しさ」 に加えて、満ち溢れる冒険心と好奇心などといったものが指摘されている。 その鳴き声は静かで、気分の良い時はしきりに喉を鳴らす。 出典 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウェブ [編集 ].

次の