春の 彼岸 の 入り は いつ。 【毎年よ彼岸の入りに寒いのは】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

2020年のお彼岸はいつ?春・秋の時期や常識を知って備えよう

春の 彼岸 の 入り は いつ

仏壇の掃除• お墓の掃除、お参り• 彼岸法要、合同彼岸会に参加する 以下で詳しく見ていきましょう。 春の彼岸は仏壇の掃除をする 仏壇がご自宅にある場合は、仏具などの掃除をしましょう。 まずはご先祖様に 「今から掃除します」としっかり伝えます。 そして、はたきで上から順にホコリを払っていき、そのあとは固く絞ったタオルで優しく拭きあげます。 掃除が完了したら、果物やお菓子などを供えて手を合わせましょう。 春の彼岸はお墓の掃除とお墓参りをする お墓に着いたら、まずはお墓の掃除をしましょう。 墓石に水をかけて洗い流し、タオルでしっかりと磨いていきます。 墓石だけではなく、雑草を抜いたり、ゴミ拾いをしたり、お墓周りの清掃も忘れずに行ってください。 掃除が終わったら今度はお参りです。 線香を上げて、お供えものをして ご先祖様にしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。 彼岸のとくに中日は霊園が混雑しやすくなっています。 もし可能であればなるべく空いている時間を確認しておけば、静かにご先祖様を供養できるでしょう。 春の彼岸にお寺である彼岸法要や合同彼岸会に参加する 彼岸には、お寺で彼岸法要や合同彼岸会が仏事として行われます。 合同彼岸会に参加するには「お布施」が必要となり、3,000円~5,000円が相場となっています。 また、自宅にお坊さんをお招きして、お経を読んでもらうこともできます。 その場合もお布施が必要となり、相場は30,000円~50,000万円となっています。 春の彼岸は自分自身の修行の期間 彼岸はご先祖の供養だけではなく、「六波羅蜜(6つの正しい行い)」を実践し「欲や煩悩から解脱して悟りの境地に達する」という修行の意味もあるのです。 六波羅蜜とは以下の6つの修行になります。 六波羅蜜(6つの正しい行い)• 布施(ふせ):見返りを求めることなく、他人に分け与えることを惜しまない• 持戒(じかい):戒律を守り、悪いことをしない• 忍辱(にんにく):困難に耐え忍び、辛抱強くやり遂げる• 精進(しょうじん):何事にも精一杯努力する• 禅定(ぜんじょう):穏やかで動じない心をもつ• 智慧(ちえ):物事を正しく判断し、深く理解しようとする 日頃から気をつけたいのですが、なかなか実践するのは難しいことばかりですよね。 ただ、彼岸の期間だけでも実践するように心がけましょう。 彼岸はご先祖様に感謝を伝えるだけではなく、 この世にいる私たちが六波羅蜜を実践すべき期間でもあるのです。 春の彼岸にぼたもちやおはぎをお供えする理由 春の彼岸にぼたもちやおはぎをお供えする理由はさまざまですが、たとえば以下のようなものがあります。 小豆の赤色には魔除け、邪気払いの効果がある• もち米とあんこを「合わせる」ことがご先祖と我々を「会わせる」という語呂になっている• 当時は貴重であった砂糖を使うことにより、ご先祖に感謝の気持ちを伝えていた どんな理由であれ、春の彼岸にぼたもちをお供えするのは、ご先祖へ感謝の気持ちのあらわれなのですね。 彼岸に供えるぼたもちとおはぎの違い ぼたもちとおはぎって見た目が似てますが何が違うのでしょうか? 名前の違い 春の彼岸に作られるのは「ぼたもち」です。 ぼたもちの名前は春の花である「牡丹(ぼたん)」が由来となっています。 一方「おはぎ」の方は秋の彼岸で作られ、 おはぎの名前は秋のお花である「萩(はぎ)」が由来とされています。 大きさの違い 「ぼたもち」は牡丹の花のように大きく丸く、「おはぎ」の方は萩の花のように小さく細長い形で作られるのが特徴です。 あんこの違い ぼたもちは「こしあん」、おはぎは「粒あん」で作られるという違いがあります。 春になると小豆の皮が固くなるので、粒あんのままでは食べづらいため、春のぼたもちにはこしあんが利用されているのです。 春の彼岸は精進料理を作ってお供えする お彼岸にはご先祖の供養とともに、自分自身の修行という側面もあります。 手間のかかる精進料理を作り、仏前にお供えするとともに自分たちも食べるという、精進料理の修行をするための期間でもあるのです。 精進料理とは肉や魚は使わず、野菜、果物、海藻類を主に用いて作った料理になります。 しかし、野菜の中でもニラ、にんにく、らっきょうなど臭いのきつい食材は使いません。 また精進料理には以下のような細かいルールがあります。 精進料理のルール• 5つの調理法(生・煮る・焼く・揚げる・蒸す)を用いなければならない• 5つの味付け(甘い・辛い・すっぱい・苦い・塩辛い)をしなければならない• 5つの色(赤・白・緑・黄・黒)を使った献立にしなければならない• 素材は余すところなく使わなければいけない。 精進料理はただの菜食主義などではなく、食材に動物を使わないことにより「いのち」「殺生」について考えなおすための料理になっています。 しかし、野菜や果物も「いのち」になります。 「自分が生きていくには、他のいのちを奪わないといけない」ことを知り、すべての食材に感謝の気持ちをこめて食べるようにしましょう。 精進料理のメニューに決まりはありませんが、赤飯や彼岸そば、うどん、精進揚げなどがよく作られます。 まとめ 春の彼岸は、ご先祖がいる「あの世」と我々が今生きている「この世」がもっとも近づく期間になります。 だから、春の彼岸にはお墓参りをしてご先祖を供養するのですね。 まとめ• 2020年(令和2年)春の彼岸の日程は3月17日(火)から3月23日(月)• 春の彼岸の迎え方は「仏壇掃除」「お墓参り、掃除」「合同彼岸会の参加」などがある• 春の彼岸では「ぼたもち」や「精進料理」をお供えする 春の彼岸は先祖に感謝するだけでなく、自分の修行の期間でもあります。 彼岸法要や合同彼岸会に参加して、ご先祖に想いを寄せて自分自身を見直してみるのもいいかもしれません。 また、彼岸は お墓参りをすることから家族や親せきが集まる絶好の機会でもあります。 ぼたもちや精進料理を囲んで、故人を偲ぶのもいいでしょう。 仕事や家事・育児で忙しい方も、今年の彼岸は1日でもいいのでご先祖に想いを寄せる時間を設けてみてはいかがでしょうか。

次の

2020年・2021年の春と秋のお彼岸の期間や迎え方と準備や御供えについて|仏壇ナビ

春の 彼岸 の 入り は いつ

春の お彼岸(ひがん)と、秋のお彼岸、年に2回お彼岸がありますね。 お彼岸には「お墓参りに行く」という方も多いと思いますが、お彼岸だけではなく、お盆にも、お墓参りに行きますよね? お彼岸とお盆、どちらもお墓参りに行くのに何が違うのでしょう? 今回は、お彼岸の意味や、お盆との違いについて調べて行きましょう。 お彼岸とは? お彼岸とは、 雑節(ざっせつ)のひとつです。 雑節とは、二十四節気(にじゅうしせっき・1年間を24等分したもの)、五節句(ごせっく・季節の節目の行事)のほかに、季節の移り変わりをより適確につかむために設けられた特別な暦日(れきじつ・こよみで定められた日)です。 彼岸は、春分(しゅんぶん・二十四節気のひとつ)と秋分(しゅうぶん・二十四節気のひとつ)を中日とし、前後それぞれ3日間を合わせた7日間のことを指し、この期間に行う仏事を 彼岸会 ひがんえ といいます。 最初の日を「彼岸入り(ひがんいり)・彼岸の入り(ひがんのいり)」、最後の日を「彼岸明け(ひがんあけ)・彼岸の明け(ひがんのあけ)」と呼びます。 関連: 関連: 関連: 「彼岸」は仏教用語です。 仏教では、 今私たちがいる煩悩や迷いに満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。 この此岸にある者が六波羅蜜(ろくはらみつ・菩薩になるための方法)の修行をすることで 煩悩や悩みの海を渡って辿り着く悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といいます。 お彼岸は、 極楽浄土に想いを馳せ、より彼岸に近づけるよう修行をする期間といわれています。 また、 彼岸は西、此岸は東にあるので、秋分と春分は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、彼岸(極楽浄土・あの世)と此岸(この世)が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったのだそうです。 2020年のお彼岸はいつ? 2020年のお彼岸は下記のようになります。 そのため、家族や親戚が集まってお寺や自宅でお坊さんにお経をあげてもらったり、お墓参りをして先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈る行事として定着しています。 現在、日本で全国的に行われている行事の多くは、地域によって旧暦で行われたり、新暦で行われたりしています。 お盆についても、7月13日~7月16日までのところと月遅れの8月13日~8月16日までのところ、旧暦のお盆のところがあります。 ご先祖様があの世から私たちのところへ帰ってくるといわれており、私たちはご先祖様をお迎えし、供養し、再びあの世へ送り出します。 また彼岸と此岸が通じやすくなると考えられ、先祖供養が行われます。 」 どちらも先祖供養をすることに違いはありませんが、上記のような違いがあるようです。 お彼岸とお盆の違いがわかりましたね。 悟りを開いて彼岸に近づく修行をする人は、私たち一般人の中にはいないのかもしれませんが、ご先祖様に感謝し、供養する人は多くいらっしゃると思います。 今の自分があるのはご先祖様のおかげと感謝をし、今の自分がどんなふうに生きているのか、墓前で報告をするとご先祖様も喜んでくださるのではないでしょうか。 関連: - , , , ,.

次の

2020年のお彼岸はいつ?春の彼岸入り・秋の彼岸入りの日程を解説|終活ねっとのお坊さん

春の 彼岸 の 入り は いつ

供養 作成日:2020年02月05日 更新日:2020年04月15日 2020年のお彼岸はいつ?春・秋の時期や常識を知って備えよう• この記事は小さなお葬式が書いています 毎年お彼岸の時期になると、故郷へ帰省して家族でお墓参りに訪れる方もいるでしょう。 お彼岸という言葉を知っていたり使っていたりしても、時期を聞かれると答えられない方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、 2020年のお彼岸の期間や お彼岸とは何かをご紹介します。 お彼岸の期間がいつなのかを知っていれば、スケジュールも立てやすくなるでしょう。 知っておくと役立つお墓参りの仕方もあわせてご紹介するので、自信がない方はぜひ参考にしてください。 お彼岸入りは9月19日、お彼岸明けは9月25日、中日(秋分の日)は9月22日です。 秋分の日は連休最終日でシルバーウィークと重なります。 2020年のお彼岸入りにすること お彼岸入りには家族や親戚が集まり、一緒に仏壇やお墓の掃除やお参りをする方もいるでしょう。 しかし実際は母親や年長者に任せており、細かいことはあまり知らないという方もいるかもしれません。 お彼岸の準備は自分ひとりでもできるのが理想でしょう。 2020年のお彼岸初日のお彼岸入りには何をすればよいのかご紹介します。 お仏壇や仏具を清めてお墓を掃除 お彼岸入りを迎えたら、まずは お仏壇やお墓の掃除をします。 家にお仏壇がある場合は、お仏壇や仏具を丁寧に掃除しましょう。 特に目立った汚れ以外にも、ほこりをかぶっている部分があれば拭いて取り除きます。 お墓がある場合は、墓石のすみずみまできれいにすることが大切です。 普段はお参りに行った際に軽く墓石を拭くだけの方も、細かい部分まで手入れをします。 墓石も含め、お墓周辺の掃除を徹底的に行う姿勢が求められるといえるでしょう。 お供えするお菓子の準備 お仏壇やお墓にお供えするものを準備します。 お供えものでメジャーなのは、 花や果物、ぼたもち、おはぎ、落雁などのお菓子です。 お菓子をお供えものとして準備する場合は、賞味期限が長いものを選びましょう。 お供えものに細かな決まりごとはありません。 故人が好きだったものを基準に、お供えものを準備してもよいです。 何をお供えすればよいか困っている方は、故人が好きだったものを思い返してみましょう。 先祖や家族のことを思う お彼岸入りも含め、お彼岸の時期は 先祖や家族のことを思うことも大切です。 お仏壇やお墓の掃除は、先祖のことを考えたり先祖に感謝したりするきっかけにもなるでしょう。 先祖についてもっと知りたいと思ったら、年長者に話を聞いてみるのもおすすめです。 離れて暮らす家族がいる場合は、お彼岸に帰省したときに先祖について話すのも家族を身近に感じられてよいでしょう。 家族団らんの時間をなかなか確保できない現代人にとって、お彼岸は家族を思う貴重な時間を作る大切なものといえるのではないでしょうか。 お彼岸入りから人生を見つめ直す期間に入る お彼岸は、日ごろの自分の人生について見つめ直す期間でもあります。 本来お彼岸とは、悟りの世界にいたる期間です。 六波羅蜜(ろくはらみつ)にある6つの徳目を悟ることができれば、死後に極楽浄土へ行けるといわれています。 6つの徳目とは、 布施(親切)・持戒(言行一致)・精進(努力)・忍辱(忍耐)・禅定(反省)・智慧(修善)です。 悩みや苦労があればひとつずつ確認してみるとよいでしょう。 試練ある人生を渡るための6つの教えでもありますので、お彼岸のときに人生を見つめ直すことは大切です。 知っておきたいお墓参りの作法 「正しいお墓参りの作法を身につけている」と自信をもっていえる方は、どのくらいいるでしょうか。 お墓参りに準備するもの、お供えするもの、お参りの仕方などチェックしておくと安心なポイントはたくさんあります。 お墓参りをしたことがない方も、中にはいるでしょう。 この機会にお墓参りの作法について、確認しておくことをおすすめします。 お墓参りに準備するもの お墓参りに準備するものは以下のとおりです。 忘れものをしないように、すべてそろえた状態でお墓参りに行きましょう。 あらかじめリストを作っておくと安心です。 ・お花 ・お供えもの ・線香 ・ライター ・ろうそく (1)お墓の掃除 お墓の掃除は、墓石よりも 先に墓石の周辺から始めます。 霊園や納骨堂に管理費用を支払っている場合は、管理者が共用部分をメンテナンスしているため、共用部分の掃除は必要ないでしょう。 墓石の周辺に雑草やごみがある場合は、きれいに掃除します。 墓石の周辺がきれいになったら、墓石の掃除をしましょう。 墓石は天然石を使用しているため、洗剤を使用するのは避けます。 柔らかい布やスポンジを使って、優しく拭き取るように掃除しましょう。 近くにほかの墓石がある場合は、ごみや水洗いした際の水が流れないよう気を付けることが重要です。 (2)お供え お供えものを置く前に、墓石がシミにならないよう半紙などを置きます。 その上にお供えものを置くとよいでしょう。 お参り後は お供えものは持ち帰るのが、近ごろのマナーになっています。 墓石へのかけ水もお供えもののひとつです。 たくさん墓石に水をかけて問題ありません。 ほかにも、花を供えるのもおすすめです。 香りが強いものやトゲのあるものは、避けるとよいでしょう。 迷う場合は、故人が好きだった花を選びます。 ほかにも故人が好きだった飲みものや食べ物をお供えするのもおすすめです。 (3)お参り お供えものを置いたら、持ってきた線香にライターで火をつけます。 火がついたら手で線香を振るようにして火を消しましょう。 口で吹き消すのはマナー違反です。 線香の火を消したら、墓石の前で合掌をしましょう。 複数人でお墓参りに行く場合は、故人からみて最も近い関係の人から順にお参りするのがマナーです。 お彼岸の意味と由来 ここからは、お彼岸の意味と由来についてご紹介します。 お彼岸についてより深く知ることによって、先祖供養をするときも気持ちのこもった供養ができるでしょう。 知識のひとつとして、知っておいても損ではありません。 「彼岸」は仏教の言葉 彼岸という言葉が指しているのは、 煩悩を脱した悟りの境地です。 仏教の世界では、三途の川を境にして生きている人間が住む世界を此岸と呼びます。 そして、三途の川の向こうの世界である極楽浄土を彼岸と呼ぶのです。 彼岸には、極楽浄土のほかに仏道の修業をするという意味もあります。 昔の人は仏道の修業を日ごろはしていなかった場合でも、彼岸になると祈っていました。 東から出て西に沈む太陽に祈ることで、自分も自由な場所に行けるように祈っていたのではないでしょうか。 「彼岸」はインドが由来 彼岸とは、仏教でいう極楽浄土を意味する古代インド語の サンクスリクット語である パーラミター、パーラムに由来する言葉です。 この言葉には、「彼方へ行った」や「最高」などの意味があります。 生きている間についた心の汚れや、欲などすべてのものから解放されることこそが仏教では彼岸に値するのです。 この思想が、日本独特の先祖供養などの習慣に反映されていきました。 お彼岸に家族や親戚が集まってお墓参りに行くというのも、元をたどればインドが由来だったことがわかるでしょう。 よくある質問 Q:お彼岸が春分の日と秋分の日にあるのはなぜ? A:日本の仏教では、西のはるか遠くに極楽浄土があるとされています。 真東から真西に太陽が進む日は1年の中でも珍しいでしょう。 極楽浄土に一番近いお彼岸には、極楽浄土と太陽は同じ1本の線の上にあります。 この時期に先祖供養を行えば、極楽浄土が自分を待ってくれているのではという思いから日本でお彼岸の習慣が生まれました。 風習が今も受け継がれており、春分の日と秋分の日が閣議によって毎年決められています。 Q:お彼岸の春と秋の行事に違いはある? A:お彼岸は春と秋の2回ありますが、どちらも行事の内容で 大きく違う点はありません。 先祖供養をして、お墓参りをします。 違いがあるとしたらお供え物です。 春のお彼岸の場合はぼたもちを、秋のお彼岸はおはぎをお供えします。 春は牡丹の花が咲くためぼたもち、秋は萩の季節であるためおはぎと名前を変えているだけで同じ食べものです。 Q:お彼岸にお墓参りをするのはなぜ? A:お彼岸にお墓に参るのは、 日本独自の習慣で仏教に共通するものではありません。 お彼岸は、極楽浄土は西にあると考える浄土教の影響を受けています。 お彼岸は太陽と極楽浄土が同じ線上にある時期と考えられました。 お彼岸に先祖供養をすれば、極楽浄土に自分も行けるかもしれないということで、お彼岸のお墓参りが慣習化されたのです。 Q:お彼岸とお盆の本来の意味の違いは? A:お彼岸は先祖を供養するとともに、極楽浄土に自分が死んでも行けるように悟りの境地を目指すものです。 一方で、お盆は先祖が極楽浄土から帰ってくるからと、迎え火や送り火をして先祖を供養するのがメインとなります。 先祖が帰ってきているかどうか、極楽浄土に自分が行けるように願いながら供養するのかといった根本的な部分でお彼岸とお盆の意味は違うのです。 Q:彼岸会ってなにをするの? A:彼岸会とは、日本で盛んに行われている 年中行事のひとつです。 「盂蘭盆会(うらぼんえ)」や「施餓鬼会(せがきえ)」と同じくらい重要な年中行事として位置づけられています。 彼岸会では お寺に人を集めて故人を供養します。 同時に「六波羅密」を悟り、日ごろの自分自身の生き方に活かすものです。 日本を除き仏教国では、彼岸会は大変珍しい年中行事だといえるでしょう。 Q:お彼岸にお墓参りやお金をくれた人へのお礼は? A:品ものやお金をくれた人には、お礼をするのがマナーです。 お彼岸に家族や親戚が集まりお墓に参るときに、お供えものやお金をくれる方もいるでしょう。 基本的には 電話や手紙でお礼をします。 品ものをお礼として渡す際は、 回忌法要と似たようなもので問題ありません。 お茶やお菓子、ミニタオルなど定番のものを選んでおけば相手に対して失礼になることもないでしょう。 まとめ お彼岸はお盆に帰れなかった方も、故郷に帰省して先祖を供養するよいチャンスです。 お正月やお盆と違い、毎年決まった日にちではありません。 お彼岸の中日は、国民の祝日として年に2回確保されます。 先祖への感謝だけではなく、自分自身を見つめ直す機会として家族と離れて暮らしている方は帰省されるのもよいでしょう。 では、お葬式のサポートから寺院の手配までさまざまなサービスでお客様をサポートしています。 お彼岸に家族で先祖を供養したのをきっかけに、自分自身の今後について考えてみたいと思った方はぜひ一度、小さなお葬式へご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の